ムメイサの隠れ家

放送中の深夜アニメの各話毎の感想を中心に更新しています。全話視聴したアニメ作品の総評なども。

【推理小説】 星降り山荘の殺人

星降り山荘の殺人 (講談社文庫)星降り山荘の殺人 (講談社文庫)
倉知 淳

講談社 1999-08-10


ドンデン返しが凄いオススメの推理小説という紹介を見つけて読んでみた。

この作品はゲーム『うみねこのなく頃に』の真実の赤字風に作者が絶対の真実を読者に提示しつつ物語が進行するところに特徴があったけど、

その手の化かし合いに関しては前述したうみねこで散々慣らされていたので特に苦もなく看破できたし予めドンデン返し系の小説ということを知っていたこともあってかなり早い段階からこう仕掛けてくるのだろうなということは概ね予想がついて実際その通りに収まった。

ある意味そうやって看破することこそ推理小説を読む上での目的かもしれないけどドンデン返しの醍醐味は予想できずに驚いてこそなので事前にそういった情報を入れずまた似た仕組みの作品で鍛えられていなかった方がより楽しめたのではないかという思いもある。

しかし簡単な内容だったかというとそうでもなく現場の状況など細かい部分まで全て推理できたわけではないので仕掛けを見破ったからとそれだけでは満足できないかもしれない。

とりあえずドンデン返し系なら一つ前に読んだハサミ男や綾辻先生の館シリーズの方がよりお勧めかな。特に館シリーズの十角館は凄い。この作品みたいに作者から与えられる情報で揺さぶられたいというならゲームうみねこのなく頃にをやってみても面白いかも。

【推理小説】ハサミ男

ハサミ男 (講談社文庫)ハサミ男 (講談社文庫)
殊能 将之

講談社 2002-08-09

ネットでお勧め推理小説を検索していたらドンデン返し系でお勧めということで読んでみたけど確かに面白いドンデン返しのある作品で種明かしに差し掛かったところでは「は?」という感じで呆気にとられた。でも破綻していなくて思い返すとあーなるほどと各場面の様子やほんの微かにあったかなかったか程度の違和感も納得できて面白い仕掛けだった。

小説は読みながら自身の頭の中でその世界と景色を思い浮かべるものだけどその頭の中で描いてきた景色の一部がとある場面を境に一変するというところがこの作品の一番面白いところだったと思う。調べるとドラマ版もやったらしいけどそれではこの作品の肝であるそういった面白さが表現できないのではないかなと思ったけどどうなのだろう。

マレー鉄道の謎

マレー鉄道の謎 (講談社文庫)マレー鉄道の謎 (講談社文庫)
有栖川 有栖 鷹城 宏

講談社 2005-05-13

有栖川有栖氏の作品はこれが初めて。複雑に絡み合う各人物の行動の謎をなぜそうしたのかと視点を二転三転させながら考えていき最終的に誰が得をするのか、背景を考えその犯人に至るアプローチが面白かった。

密室トリックは全く解けず、答えを聞いてもそれがうまくいくのか?と少し疑問でもあったけど作中に伏線は張ってあったので納得はした。ただ個人的にどうも嘘の密室・密室の幻想などは好きだけど細工をして密室にする類のネタはそれ程好みではないかもしれない。そちらの方が普通のパターンなのだろうしそろそろ馴染んでいかないといけないけど。

この作品は推理作家賞の作品ということで確かに登場人物の絡め方や組立は面白かったけどインパクト的にはそれ程大きくなかったかなという印象も。綾辻氏の大胆で怪奇的な(?)作風に馴染みすぎたか、間に読んだ占星術殺人事件などが印象に強かったからか謎の大きさにしても臨場感にしても少し緩やかで毒気が足りないという印象は受けたかもしれない。

次はもう一冊くらい有栖川氏を読んでみるか、それともそろそろ外国の有名作家の作品を読んでみるか。まだほとんど読んでいないので選択肢はいくらでもある。クリスティの「アクロイド殺人事件」は有名すぎてネタバレが先行しているので読むつもりにはならないけど(笑)

奇面館の殺人

奇面館の殺人 (講談社ノベルス)奇面館の殺人 (講談社ノベルス)
綾辻 行人

講談社 2012-01-06

久々の綾辻先生の館シリーズ。読み進めていくと分かったつもりになっている部分が劇中で次々に反証されていく流れになっていて舞台や設定の印象や固定観念を先行させることで仮面の単純な真相を隠すフェイクの部分は良くできていてなかなか面白かった。

しかし事件的なスケールは小さめでそれは黒猫館以降落ちてきていて、かつこの作品には黒猫館のような舞台の大規模な仕掛けや暗黒館のような総決算的な物語のカタルシス的なものも無かったので館シリーズとしては少々平凡すぎるかなという印象もあった。

これはこれで楽しめたことも本当だけど。ここまでこのシリーズを読んできた中ではやはり十角館と時計館の出来が抜けているかな。個人的には黒猫館も好きだった。今後館シリーズの物語性や謎の難易度や総合的な印象について纏めてみるのもいいかもしれない。

占星術殺人事件

占星術殺人事件 (講談社文庫)占星術殺人事件 (講談社文庫)
島田 荘司

講談社 1987-07-08

以前より話題では聞いていて興味のあった本でついに読んだけど面白かった。ある意味劇中のキャラ達が撹乱していたからこそそうなったとも思える3つの事件の巧い具合に繋がらない謎は難解で、また最後の締めくくりの手記など心を揺さぶる物語も印象に残った。

個人としては動機と犯行可能だった人物の合致で犯人の目星はつけられたけど、それだと第一の事件の密室はどう説明する?とそこは別犯人で考えたりもして完全には繋げられず最初の手記の事も明確には明かせなかったので推理達成度は半分と言ったところだった。密室トリックは言われてみればそんなに単純なこと、と思えるけど失念していた。

しかし最初のいきなりの手記は眠い時に読んだら劇中の御手洗と同じようになんだこれと感じ最初が退屈で読む気が失せそうになったり、後半も話が脱線して早送りしたい部分もあったのでそのあたりのテンポでは若干読み辛いところもある作品だったかもしれない。

ただスケールの大きな謎にしてもその解決と犯人の告白にしても納得できる締めくくりであって内容としては面白かった。推理小説では理解よりも納得が優先されることがあると思うけどその点この作品の最後の手記の締めくくりは実に鮮やかだったと感じる。

霧越邸殺人事件

霧越邸殺人事件 (新潮文庫)霧越邸殺人事件 (新潮文庫)
綾辻 行人

新潮社 1995-01

久々の推理小説。館シリーズも終えたのにまたも綾辻行人さんの作品だけどなかなか他の人へ移っていくとっかかりがない。島田荘子の占星術殺人事件とやらを読んでみたいのだけど見つからず今回もまた馴染みの作家さんという流れで。

ネタバレなしで書くとこの話は世界観雰囲気が良く物語として面白かった。いつもながら本格的な舞台雰囲気も良いけど深月の魅力など良く伝わってきたしやはり人物描写が魅力的。個人的に今回の謎は細かい部分は解けなかったけど動機の面で掴めるところがあり犯人自体は特定できたので人物描写に納得性と整合性があったと思う。

館シリーズは細かい叙述トリックなどが多かったけどもう少し大雑把に動機などから捉えるという読み方をする自分には性に合って読み易いということもあったかもしれない。

事件以外の部分では若干のファンタジー性が絡んでそこが気になる人には合わないかもしれないけどあくまで事件自体は論理的に解けるのでこれくらいは割り切れるし問題なかった。しかし若干学芸知識の披露が多すぎるところでだれた部分があったかな。

大胆なトリックの鮮烈さでは『十角館』、謎と物語雰囲気を総合すると『時計館』あたりが今まで読んできた同作家の中でも特にインパクトがあった作品だけど、この作品は雰囲気と人物性などを合わせるとそれらに次いで面白かったかもしれない。世間的にあまり評価の高くない『黒猫館』も個人的には好きだったりするのだが。

[推理小説] 暗黒館の殺人 (下)

暗黒館の殺人 (下) (講談社ノベルス)暗黒館の殺人 (下) (講談社ノベルス)
(2004/09/10)
綾辻 行人

商品詳細を見る

前巻に引き続き解答編の下巻に。相当長い物語なのであまり考えないで読み進めてしまっているけど詳細な謎解き要素よりも物語要素の方が強い作品かもしれない。

☆第八回更新 (終わりまで)

[推理小説] 暗黒館の殺人 (上)

暗黒館の殺人 (上) (講談社ノベルス)暗黒館の殺人 (上) (講談社ノベルス)
(2004/09/10)
綾辻 行人

商品詳細を見る

ついに綾辻行人の館シリーズの最終作へ。この本だけあまりにも分厚いため今までなんとなく回避してきたけどこれまでの他館シリーズは全作を読んできたのでこの締めくくりは読まなければならないだろうということでついにチャレンジ。

黒猫館の殺人

黒猫館の殺人 (講談社文庫)黒猫館の殺人 (講談社文庫)
(1996/06/13)
綾辻 行人

商品詳細を見る

『黒猫館の殺人』の概の出題範囲、P273鮎田冬馬の手記その4まで読んでその時点での個人的な大まかな推理を。

※途中までは273Pまでのみに触れた内容ですがその後最後まで読んだのでその部分に関しては追記という形でその下に続いています。

時計館の殺人

時計館の殺人 (講談社文庫)時計館の殺人 (講談社文庫)
(1995/06/07)
綾辻 行人

商品詳細を見る

館の中と外を同時進行させていく独特な展開は健在で序々に人物関係が明らかになっていく物語性や奇抜なトリック、それからホラー風味も感じさせるストーリー展開が面白かった。
続きはネタバレありの簡単な感想。(※前作の迷路館のネタバレも含むので注意!)
プロフィール

Author:ムメイサ
カテゴリー
アーカイブ

2017年 07月 【7件】
2017年 06月 【8件】
2017年 05月 【16件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【38件】
2017年 02月 【13件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【15件】
2016年 11月 【7件】
2016年 10月 【13件】
2016年 09月 【14件】
2016年 08月 【14件】
2016年 07月 【12件】
2016年 06月 【14件】
2016年 05月 【9件】
2016年 04月 【13件】
2016年 03月 【15件】
2016年 02月 【10件】
2016年 01月 【7件】
2015年 12月 【27件】
2015年 11月 【16件】
2015年 10月 【26件】
2015年 09月 【34件】
2015年 08月 【17件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【32件】
2015年 05月 【26件】
2015年 04月 【27件】
2015年 03月 【20件】
2015年 02月 【18件】
2015年 01月 【33件】
2014年 12月 【35件】
2014年 11月 【38件】
2014年 10月 【26件】
2014年 09月 【26件】
2014年 08月 【14件】
2014年 07月 【22件】
2014年 06月 【20件】
2014年 05月 【17件】
2014年 04月 【14件】
2014年 03月 【37件】
2014年 02月 【32件】
2014年 01月 【34件】
2013年 12月 【26件】
2013年 11月 【29件】
2013年 10月 【29件】
2013年 09月 【23件】
2013年 08月 【17件】
2013年 07月 【27件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【25件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【27件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【37件】
2012年 12月 【26件】
2012年 11月 【27件】
2012年 10月 【34件】
2012年 09月 【28件】
2012年 08月 【26件】
2012年 07月 【39件】
2012年 06月 【35件】
2012年 05月 【30件】
2012年 04月 【43件】
2012年 03月 【36件】
2012年 02月 【36件】
2012年 01月 【20件】
2011年 12月 【34件】
2011年 11月 【25件】
2011年 10月 【72件】
2011年 09月 【42件】
2011年 08月 【52件】
2011年 07月 【53件】
2011年 06月 【45件】
2011年 05月 【49件】
2011年 04月 【59件】
2011年 03月 【36件】
2011年 02月 【47件】
2011年 01月 【49件】
2010年 12月 【43件】
2010年 11月 【43件】
2010年 10月 【43件】
2010年 09月 【42件】
2010年 08月 【41件】
2010年 07月 【40件】
2010年 06月 【41件】
2010年 05月 【38件】
2010年 04月 【41件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【45件】
2010年 01月 【49件】
2009年 12月 【42件】
2009年 11月 【36件】
2009年 10月 【35件】
2009年 09月 【57件】
2009年 08月 【47件】
2009年 07月 【46件】
2009年 06月 【58件】
2009年 05月 【63件】
2009年 04月 【52件】
2009年 03月 【52件】
2009年 02月 【39件】
2009年 01月 【51件】
2008年 12月 【61件】
2008年 11月 【61件】
2008年 10月 【68件】
2008年 09月 【69件】
2008年 08月 【59件】
2008年 07月 【63件】
2008年 06月 【50件】
2008年 05月 【49件】
2008年 04月 【47件】
2008年 03月 【59件】
2008年 02月 【68件】
2008年 01月 【64件】
2007年 12月 【62件】
2007年 11月 【70件】
2007年 10月 【63件】
2007年 09月 【59件】
2007年 08月 【52件】
2007年 07月 【51件】
2007年 06月 【31件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【21件】

アクセスランキング
検索BOX・タグ一覧
カウンター