ムメイサの隠れ家

放送中の深夜アニメの各話毎の感想を中心に更新しています。全話視聴したアニメ作品の総評なども。

世界一初恋2 第12話 「Love is a bitter-sweet.」 (最終回)

世界一初恋2 12-1
「ああ、そうか。これが…恋か──」
物語の締めくくりは全ての始まりの"初恋"の物語!
高野さんがどうして律を好きになったのか。この作品の全ての原点である部分、それを初めて高野さん視点から見る始まりの物語はまさに最終話にふさわしいエピソードだった!

世界一初恋2 第11話 「Love makes the world go round.」

世界一初恋2 11-1
「分かった…これからは言う──」
普段の迫りっぷりとのギャップが抜群な素直な高野さんw
珍しく素直だったものだからたった一言で律っちゃんもたじたじだったし、たまにこういう角度から攻めてくる高野さんの気まぐれな破壊力は油断できないw

世界一初恋2 第10話 「Love goes never without fear.」

世界一初恋2 10-1
「その代わり…今直接俺に言え──」
これぞ高野さん!今週も期待を裏切らない迫りっぷりw
風邪ということで弱ってるのかなと思わせておいてエレベーターを降りた瞬間にあの勢いだったから笑ったw 律高野編はこの強引さを見たらテンションが上がる(ノ∀`)

世界一初恋2 第9話 「Love is blind.」

世界一初恋2 9-1
「できるんなら俺…毎日でも会いたいです」
斜め角度でスマートに決める雪名さんが格好良すぎるw
雪名さんのこの角度と口調と台詞回しが抜群に嵌りすぎていた。やはりこの男には高野さんや羽鳥さんの秘めたる熱き情熱とは別角度の攻めの鋭さがあるw

世界一初恋2 第7話 「Actions speak louder than words.」

世界一初恋2 7-1
「夜の仕事をしているもので、今度是非─」
お茶目に嘘をつくノリノリなイケメン高野さんに笑ったw
今回は格好いい高野さん祭!しかしおばちゃんは二人の仕事を怪しみはすれど二人の関係が(ryなところは全く気がついていないようだしまだまだこの世界の住人として甘いなと(ぇ

世界一初恋2 第5話 「Follow love and it will flee, flee love and it will follow thee.」

世界一初恋2 5-1
「俺が一緒に居たいんだよ───」
今週もストレートに迫る情熱溢れる高野さんw
話は再び律高野編!電車内でのシーンなどは先週の予告から楽しみだったけど期待通りの高野さんクオリティだったw そして今週はついに律っちゃん側からも大きな動きが!?

世界一初恋2 第4話 「Delay in love is dangerous.」

世界一初恋2 4-1
「それは…俺に行かないで欲しいと言ってるのか?」
開始早々からテンションMAXな羽鳥さんw
羽鳥さんは普段は固いイメージがあり恋愛でもネガティブになることが多いけど乗ってる時は格好良くも恥かしい台詞を次々と繰り出してくる。先週の内容を経て今週は絶好調だとw

世界一初恋2 第3話 「Lingering love breeds mistake.」

世界一初恋2 3-1
「優とだったら趣味の話で盛り上がるのにさ─」
ギロッと嫉妬心全開な視線を送る静かに熱い羽鳥さんw
ということで今週は久々に吉野編。千秋を巡る羽鳥さんと柳瀬の鬩ぎ合いはますますヒートアップ!この組の話は嫉妬心をあから様に出してぶつかり合う熱さが好きだなw

世界一初恋2 第2話 「One cannot love and be wise.」

世界一22-1
「頼む。気をつけて──」
律っちゃんの心を揺さぶる高野さんの抜群の緩急w
鬼上司として怒鳴っていたかと思えば急に優しい声になりさり気無く肩を叩きつつ相手の心配までして見せるこの緩急…なんというテクニシャン!これはドッキューン!となってしまうのも無理はないw しかし職場でもこの調子とはなんという出版業界LOVE

世界一初恋2 第1話 「A good beginning makes a good ending.」

世界一21-2
「俺ん家で寝ればいつでも起こしてやるのに──」
早速高野さんの積極的発言キタアッー!
ということで始った世界一初恋第2期だけど初っ端から相変らず高野さんが熱いw
そしてそれに惑わされる律の反応の数々・・・一話からこれぞという世界観を魅せてくれる!
プロフィール

Author:ムメイサ
カテゴリー
アーカイブ

2017年 02月 【12件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【15件】
2016年 11月 【7件】
2016年 10月 【13件】
2016年 09月 【14件】
2016年 08月 【14件】
2016年 07月 【12件】
2016年 06月 【14件】
2016年 05月 【9件】
2016年 04月 【13件】
2016年 03月 【15件】
2016年 02月 【10件】
2016年 01月 【7件】
2015年 12月 【27件】
2015年 11月 【16件】
2015年 10月 【26件】
2015年 09月 【34件】
2015年 08月 【17件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【32件】
2015年 05月 【26件】
2015年 04月 【27件】
2015年 03月 【20件】
2015年 02月 【18件】
2015年 01月 【33件】
2014年 12月 【35件】
2014年 11月 【38件】
2014年 10月 【26件】
2014年 09月 【26件】
2014年 08月 【14件】
2014年 07月 【22件】
2014年 06月 【20件】
2014年 05月 【17件】
2014年 04月 【14件】
2014年 03月 【37件】
2014年 02月 【32件】
2014年 01月 【34件】
2013年 12月 【26件】
2013年 11月 【29件】
2013年 10月 【29件】
2013年 09月 【23件】
2013年 08月 【17件】
2013年 07月 【27件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【25件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【27件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【37件】
2012年 12月 【26件】
2012年 11月 【27件】
2012年 10月 【34件】
2012年 09月 【28件】
2012年 08月 【26件】
2012年 07月 【39件】
2012年 06月 【35件】
2012年 05月 【30件】
2012年 04月 【43件】
2012年 03月 【36件】
2012年 02月 【36件】
2012年 01月 【20件】
2011年 12月 【34件】
2011年 11月 【25件】
2011年 10月 【72件】
2011年 09月 【42件】
2011年 08月 【52件】
2011年 07月 【53件】
2011年 06月 【45件】
2011年 05月 【49件】
2011年 04月 【59件】
2011年 03月 【36件】
2011年 02月 【47件】
2011年 01月 【49件】
2010年 12月 【44件】
2010年 11月 【43件】
2010年 10月 【43件】
2010年 09月 【42件】
2010年 08月 【41件】
2010年 07月 【40件】
2010年 06月 【41件】
2010年 05月 【38件】
2010年 04月 【41件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【45件】
2010年 01月 【49件】
2009年 12月 【42件】
2009年 11月 【36件】
2009年 10月 【35件】
2009年 09月 【57件】
2009年 08月 【47件】
2009年 07月 【46件】
2009年 06月 【58件】
2009年 05月 【63件】
2009年 04月 【52件】
2009年 03月 【52件】
2009年 02月 【39件】
2009年 01月 【51件】
2008年 12月 【61件】
2008年 11月 【61件】
2008年 10月 【68件】
2008年 09月 【69件】
2008年 08月 【59件】
2008年 07月 【63件】
2008年 06月 【50件】
2008年 05月 【49件】
2008年 04月 【47件】
2008年 03月 【59件】
2008年 02月 【68件】
2008年 01月 【64件】
2007年 12月 【62件】
2007年 11月 【70件】
2007年 10月 【63件】
2007年 09月 【59件】
2007年 08月 【52件】
2007年 07月 【51件】
2007年 06月 【31件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【21件】

アクセスランキング
検索BOX・タグ一覧
カウンター