ムメイサの隠れ家

放送中の深夜アニメの各話毎の感想を中心に更新しています。全話視聴したアニメ作品の総評なども。

お姉ちゃんのねぼすけ

ごちうさ再12
「妹達の頼みなら断れないな~」
ごちうさ再放送最終話も面白かった!!
朝のココアとチノちゃんとの会話。一緒に寝てたのはチノちゃんが袖を離さなかったからと言われてココアが大好きな自覚が芽生えていたせいで反論できずぐっとなるチノちゃんに対して「パンの美味しそうな匂いがしたのかな~?」と交わしてしまうココアの天然さw

普段はアレだけ積極的にくるココアなのにこういうところでは鈍感で突き放してきて天然たらしの厄介さを感じさせる。それに対して機嫌を損ねるチノちゃんの自分の気持ちを汲んで欲しいという想いと調子に乗せてベタベタされたくないという複雑な心境、そんな距離感がいいw

最終回ココアは「妹達の頼みなら断れないな~」と上機嫌に姉を気取る場面やマヤとメグにたかられてフラフラと街を連れまわされてしまう駄目なところが良かったw

「服よりもハーブティー気に入って欲しいなぁ~♪」
シャロの気を取り直した接客スマイルも好きw これがサービッシュ!!など最終回でも存在感溢れる桐間さん(・∀・) シャロといえばこの再放送枠のCMに出てくる率が異常で円盤CMで兎に土下座してたり青山さんにこれはいかがわしいアニメのBlu-rayですかと尋ねられて困ってたり嫁コレCMでカフェインハイテンション状態で出てきて「私達がお嫁さんになっちゃうよ♪イッェェエ~~イ♪」を二連続でやっていたりと大活躍で笑ったw

「ほら、早くお薬もってココアちゃんのところに」夜の雪の街の天使千夜さん!!

「お姉ちゃんのねぼすけ…」
チノおおおおおおおおおおお!この最終回の締め方が好きすぎる。このチノちゃんとココアの距離感と描き方というのはおそらくアニメは漫画以上に強調したところがあるのではないかと思うけどそれによってこの一期の軸はこれだったという明確なテーマ性も感じられて月刊誌の日常4コマとはまた違うアニメ作品ならではの魅力が出たと思うので良かった。

そんなこんなでごちうさ再放送もついに終了。改めて見てもチノちゃんのココアに惹かれていく過程とその変化が詳しく見られて面白い。一クールの間にこれだけココアに溶かされたチノちゃんは二期ではどうなってしまうのかw 二期はおそらく来年の春になると思うけどこの続きも大いに期待したいっ!\こんなにすきなことは~ないしょなのおおおおおおお/ 完。

ココアちゃんは十分サンタさんよ

ごちうさ再11
「枕元にプレゼント置かなきゃ、お姉ちゃんとして♪」
ごちうさ再放送11話も面白かった!!
クリスマス回。この回は雰囲気の演出が特に好きな話で最初のクリスマス市の様子だったりラビットハウスで皆で働くキラキラした様子だったりココアがプレゼントを置きに行く場面や夜への場面転換の雪の降る街の静けさなどいろいろな演出とその雰囲気が印象に残る。

サンタココア!この話の夜場面のサンタココアの描写が好きすぎる(*´д`*) 「本番はここからだよ♪」と悪戯に目を光らせる無邪気なところもいいし「お姉ちゃんとして♪」と姉気取りなところもいい。こういうところが姉キャラと妹キャラの両方を楽しめるココアのキャラの強みというか、末っ子ココアが背伸びして姉として振舞いたがる可愛さが出ていると思う。

チノちゃんのデレが凄いことに。前回でラスト3話くらいからは一気に進行すると書いたけど中でもこの話からの変化は特に強くてアバンから市場の買い物ではしゃぐココアを見るだけで赤面してしまうところなんかは相当だったw

大繁盛のラビットハウス!マヤが遠慮なく「珍しいー」と言っているのが酷いw 対照的に客は青山さん一人の甘兎庵^^;基本的にこの店客いないなw 前に繁盛した時はココアが来た時でラビットハウスもココアが来たことで今までにない大盛況、ココアの集客力が凄すぎる!

千夜「ココアちゃんは十分サンタさんよ♥」
キタワァ(n'∀')η!!!さり気ないけどこの一言は千夜さんがココアと出会った事によってできたこれまでの思い出とこれからの時間など全てを含めて感謝しているという感じで千夜さんにとってそれがどれだけ大きなものだったのか、ココアへの想いの強さが感じ取れる重要な台詞でもある。それを聞こえないくらいにさっと言ってしまうというところも良かった。

他にも各シーンのチノちゃんの可愛さとかマッチ売りのシャロとかアニマルイヤーをつけて店にやってきて「似合う~?」と聞くマヤメグとか市場でのココアサンタの「ふぁっふぁっふぁ~」とそのプレゼントに涙ぐんで感激するシャロの「ココアぁ…」とか取り上げたい場面と台詞がまだまだ沢山あるけど見返したら当時の感想でだいたい触れていたのでそちらでw

まだまだ私と躍ってもらうよ!

ごちうさ再10
「チノちゃん私が居なくて寂しくなってるのかな~♪」
ごちうさ再放送10話も面白かった!!
ココアの甘兎庵お泊り回。同居してから初めて離れたことで揺れ動くチノちゃんの心情やその挙動、それからしきりに「私が居なくて寂しがってないかな~♪」と上機嫌にお姉ちゃんぶるココアの様子が可愛い!ココアはあれで意外とさっぱりしているというか近くに居る時と離れている時で二人の押し引きが逆になっているようなところも面白い。

「活きのいい氷削りたてだよっ!」甘兎庵看板娘心愛が可愛い^^ この話だけ特に繁盛している感覚がある甘兎だけどココア効果が大きかったのかな。勉強タイムの私服描写にパジャマ描写も可愛かった。そしてココア風呂も再び!

チノちゃん!!マヤ・メグ・リゼも大活躍な話だけどある意味チノちゃん無双でもあって物語後半からはどんどんココアに懐いていっている様子が強くなっていくチノちゃんだけどここからのラスト3話はそれが特に強く出ていてその心の動きも周りのキャラに弄られる描写も実に魅力的(^ω^) 物語のテーマ性も感じさせるチノちゃんの描写に注目ッ!

「もう寝るのー!><」この台詞はシャロの中でも特に好きで印象に残ったものの一つ。「シャロちゃん♥今から恐い話する?」と優しい声で囁く千夜さん、こんな一場面までシャロ弄りを楽しんでいるところがいいw そして直ぐ後のあんこを連れてきたココアを見て「やめて~そんなのつれて来ないでぇ~!」というシャロも好きw

「お帰りなさいお姉ちゃん♪妹喫茶だよ♪」
フルール・ド・ラパンのライバル店現る(ぇ チノちゃんは後の台詞を聞くにココアとの比較に試してみたかったのだろうけどこういうのを一緒にやるあたりもココアに影響されたが故かw

魑魅魍魎も恥じらう乙女です

ごちうさ再9
「おじいちゃんにお呪いをかけてあげるね♪いつかウサギさんになれますように~♪」
ごちうさ再放送9話も面白かった!!
青山先生のスランプ回。だけどその裏でマスターがティッピー化した決定的要因のような部分も仄めかされる幼少ココア登場の回想シーンは可愛くもありちょっとダークでもあるw

ティッピーの魂と爺さんの肉体はどこにいったのか・・・ ビビッドレッド・オペレーションのせいで爺さんの肉体の方はそういう構図しか浮かんでこないのが嫌だw ってこれはたぶん当時の感想でも書いてたかなw ビビオペと言えば奇しくもこのアニメと出演者の被りが多くてココア・シャロ・メグ役の三人がメインで競演してたっけ。

この回のココアは満面の笑顔で犬の真似をするところや夕暮れの公園の見返りシーンが可愛い!それから「悩める相談者さんからお手紙が届いたよー♪」とごっこ遊びっぽく無邪気に楽しんでいるところも何気ないけど好きな描写(^ω^) 自分の制服を着る青山さんを見て完全に固まった後「今度こそリストラだー><」と跪くところも面白いw

チノちゃんかわえええええええ!アバンの寝ているココアを注意する様子一つをとっても関心が強まっていて互いの距離が縮まっているのを感じさせて、終盤ティッピーに自分はもう大丈夫だと伝えて逆に励ます場面などもそうだけどこのアニメのメインの一つであるチノちゃんの変化という部分は改めて見ても丁寧でしっかりと伝わるように描かれているなと。

甘兎で千夜さんが手持ち無沙汰な場面が描かれているけど甘兎はココアが手伝いに来た時を除いていつも空いてるような(;^ω^) シャロが店に入ってきた時にお面で脅かす千夜さんと追い討ちをかけるあんこのシーンも好きw それからリゼの「魑魅魍魎も恥じらう乙女です♪」はなぜか頭から離れず昨年の名言企画でも取り上げた印象深い台詞w

君はイケナイ夜の女王だ…

ごちうさ再8
「お姉ちゃんなのに…チノちゃんの隣で泣いちゃダメ…!」
ごちうさ再放送8話も面白かった!!
温泉プール&映画鑑賞回。水着の方に目がいって忘れがちになるけど水着に着替える前、施設に入る前の僅かな時間だけ見られる夏私服姿の可愛さにも注目で短い時間しか見られないレアな服装でもある。リゼの格好もいいしココアのワンピース姿も可愛い!

水着ココアかわえええええええ!実はビキニ初挑戦なんだ♪と少し恥じらいながらも上機嫌に話すところや映画館での涙目描写などこの回のココアの破壊力はかなり高く初見の時後半ぐんぐん掴まえてきたココア株を決定的にしたのはこの話だったなと再確認した(笑)

(先輩つまらなそう!そんなに私と一緒は退屈ですかぁぁあ~!?)
リゼとの会話で勘違いして涙目なシャロとその台詞の言い方が面白可愛いw

他にも破壊力抜群な千夜さんやリゼの水着姿に柔軟体操、移り気なココアに怒るチノちゃんのラストシーン、それから映画館でココアに髪を拭かれるチノちゃんに対して千夜さんに髪を拭かれるシャロの構図とその後のチノちゃんとシャロの会話なども面白く見所!

そしてどう見てもノンフィクションな『うさぎになったバリスタ』の内容が気になりすぎるw
経営難の時代のラビットハウスと甘兎との対立を軸に描いた話みたいだけどチノパパとマスター(ティッピー)がかなり声を張り上げて言い争っていてそこに妖艶な甘兎の千夜さんの祖母が絡んできてなぜかマシンガンの音まで聞こえてきて、その上青山さんが自己投影したヒロインらしき人も出てダンディーなマスターに口説かれているというカオスっぷりw

マシンガンはチノパパが軍人のリゼパパと知り合いという伏線と絡んでいて実際に起こったことなのかなw 「君はイケナイ夜の女王だ…」番宣だけでもいいからこの映画の大雑把な映像が見てみたい。エイプリルフール企画とかでやってくれないかな(ノ∀`)

本音隠せなくなる

ごちうさ再放送7
「初めて姉妹っぽい喧嘩できてちょっと嬉しかった、かも♪」
ごちうさ再放送7話も面白かった!!
物語後半はテーマ性が強く出る作品で前回の第6羽くらいからは急激にココアとチノの距離が縮まっていくけどこの話も初めての喧嘩を経てより二人の「姉妹」としての絆が深まっていくところが良く描かれている。それでもココアは常にマイペースだけどそれに振り回されながらもう怒ってないのにどう話していいか分からないチノ側の心情や挙動などが魅力的。

そして何気にシャロ無双な今回w 挙動や台詞的にシャロの強みが全開で発揮されている話でもあって各場面一つ一つの台詞と演出が面白い。あんこに追い詰められて「舌噛むから…!」というのもいいし甘兎の外で座り込んでいる場面でココアの話を聞いた時の「そ、そんなに…?」という言い方もいいし店の中のあんこを見て「あいつが怖いの!私の顔を見るなり噛み付くから!」という台詞の「から!」も実に良くてCVの強みも良くマッチしている。

その後のココアとシャロの強盗ネタは千夜さんの反応の良さも含めて面白いw チラシ配りはBlu-rayのCMにも使われているシャロの兎への土下座ネタやリゼがフルールを宣伝してしまうところなどが好きw フルールはいかがわしいお店なのかと青山先生、毎回のように出てくる話題だけど改めてみるとこのアニメはこのネタ多すぎだろw

シャロ「この物置よーーー!」
桐間さんの家は慎み深い良いお家です。実際アニメではそれ程はひどくないけど漫画だと相当ボロボロという話を聞いたことがあってそっちverでも見てみたかったなという気もw Blu-rayではシャロの家が漫画verになりますとかだったら(ry 両親は稼ぎに出ているらしいけどどんな人なんだ^^; なんにしてもシャロはここで無駄な気負いが一つなくなって良かった。

さすらいウサギ呼んじゃったよ

ごちうさ再6
「お散歩に行こうー♪」
ココア!ごちうさ再放送6話も面白かった!
この話はAパートの休日にチノちゃんと散歩に出かけるお姉ちゃんココアが可愛すぎる!あの私服姿に「お散歩行こうー♪」と上機嫌に誘いにくるところやクレープ屋を見つけて「お姉ちゃんに任せなさい♪」と姉を気取る様子などが実にいい(・∀・)

休日までクレープ屋で働くシャロ。父ちゃん日曜日まで働いて…という巨人の星の一シーンを思い出した(ぇ そんなシャロの滅多に食べられないクレープを狙ったように破壊したあんこ&千夜さんコンビが悪魔過ぎるw このコンビはシャロ弄りが好きすぎだろとw

ここで一番面白かったのはレトロモダン月間の千夜さんの服を見て「甘兎もそのうちフルール・ド・ラパンよりいかがわしくなるんじゃない?」というシャロでこの言葉にはフルールがいかがわしいという認識が既に入っているところが笑える。前にリゼがバイトに来た時もそれらしい発言があったけどフルール=いかがわしいはシャロの中で確信的らしいw

そしてこの話はチノちゃんのココア達との距離感が大きく動く話でもあってマヤとメグの絡みもあって初めての感情を抱きより皆との距離を縮めるチノちゃんの姿も印象的なエピソード。マヤメグも最初に見た時よりキャラに愛着があるので二順目以降はより可愛く映る。

ココアに誑かされて憧れを抱くメグという関係も好きw リゼはアバンでツインテが可愛いと言われて凄くいい気になっていたところやロゼスタイルが良かった。チノちゃんにとってロゼさんは初めて気軽に話しかけられた外部の人(と思い込んでいる)ということで終盤の話ではあれだけの憧れを抱いているのだなとその出会いの部分も繰り返し見ると味が出てくる。

パトリオットサーブ!

ココア5
ごちうさ再放送5話も面白かった!
初見の時は後半からブーストが掛かってどんどん惹き込まれたアニメだったけどそのターニングポイントになっているのがこの第5話で改めて見てもやはりキャラの可愛さやその特徴を発揮した絡みなどが本格的に力を発揮し始めている回だと思う。

特にココアが自分の中で後半グンと掴まえてきたのはこの話のAパートでの面白可愛い挙動の数々というのが大きかった。自分から店を休むと言い出しておいて止めてくれなくて落ち込んでトボトボ階段を登って行くアバンのシーンは特に好きな場面の一つw

球技大会特訓シーンの千夜さんはいろいろ酷いwわざとやってるんじゃないよね!?とつっこむココアだけどそれも分かる行動と台詞の数々だったw ごちうさはこのコンビも魅力!と再放送感想で書いたけどこれを見たらこの二人よく友情が続いたなと(ノ∀`)

シャロおおおおお!リゼの甘兎での着物姿をすかさず見に行っていたりフルールでバイトするリゼに対するリアクションが可愛かった。特に「若干染まってま~す」のところのギャグとプレゼント用のグラスをアドバイスする場面の笑顔の可愛さが最高で印象的(^ω^)

今回のリゼはサービス全開!二度の着替えシーンに甘兎の着物にフルールのいかがわしい衣装にビジュアルで魅せてくれた。パトリオットサーブでワインを割ってしまうところや三軒の店での「いらっしゃいませー」ネタも面白い。そしてその挨拶をココアに可愛いと言われて「そうか?//」と気を良くしているところもリゼらしい可愛さ。そうやって誉められるとすぐ調子に乗るところは前回ティッピーの占いで言われてたまんまという繋がりも面白い(笑)

そしてココアが「チノちゃんのお父さんは私のお父さんも同然だよ」と言う場面でチノちゃんの表情描写が演出されるところは今後のストーリーを見てもこういうことの積み重ねがああいう形になると先を知って見て尚味わえる1シーンだと思う。その場面のココアの「やだやだーそんな寂しいこと言わないでー」という台詞の雰囲気も好きw それから今回はマヤとメグも今まで以上に絡んできて父の日のプレゼントについて話しながら帰るシーンが可愛くていい。

息子に勝手に大切なワインを寄贈されたティッピーwwwここのティッピーのリアクションも好きw リゼの父がチノパパの友人と分かったけど二人の繋がりは軍の方だったのかジャズの方だったのかが気になる。そしてその二人が古くからの友人ということで、ココアが来る前からチノとリゼが知り合っていたのも二人が引き合わせたのだろうと。

香風家では中学生になって自分も店を手伝いたいというチノちゃん、だけど父親としては賛成してやりたい反面娘の幼さはもちろんあまり他人と打ち解けられないチノちゃんの性格を考えてもどうしても心配、一方天々座家もバイトをしたがっている娘を他所に出すのは心配、そこで友人である両父親同士が話し合ってその両方にとって良さそうだと判断してラビットハウスで共に働かせてみることにしたのではないかとか勝手に妄想が広がる。

そんなこんなで、父の日をテーマに各キャラの可愛く暖かい側面を掘り下げつつもサブタイとAパートでは千夜さんが大暴れで、だけどリゼメイン回でシャロも可愛く今後へ向けてココアとチノの距離を更に縮めつつマヤ&メグの可愛いところまで描いたのだからこの話はやはり様々な魅力が詰まっている。ここからの後半の物語も楽しみだ。それにしても一言書こうと書き出してこんなに長くなってしまうとは、わたしもわたしとおどろきました。ナンデ?ナンデ!?

こんなに好きなことは

ココア3
内緒なのおおおおおおお!!!
再放送三話も面白かったいやっふぅーい!
この話はシャロの登場にお泊り会やフルールの疑惑などが見所だけどカップを買いに行った店内でのココアの挙動一つ一つが面白可愛いなと改めて。特に入店直後のはしゃぐ様子が実に可愛くあそこだけでも見る価値がある!(^ω^) それから手が触れ合ったシャロを見つめるポワポワな表情もいいし「それは変わった趣味ですなー」という謎口調も面白かったw

そんなココアも可愛いんだけどやはりなんと言ってもシャロの登場とそのインパクトは絶大でCV的に台詞のイントネーションも面白いキャラなので既に馴染んでいる今見ると一つ一つの台詞も初見の倍くらい楽しめるんじゃないかなと。

個人的に登場から二つ目の台詞の「リゼ先輩、どうしてここに?」という言い方一つとっても頭を離れなかったけどやはり再度見てもこの言い方は良いものw 「このすべらかなフォルム…」なんかも特に好きな台詞の一つ。ちなみに初見で一番好きだったのは千夜家お泊り回の「もう寝るのー!」かなw 弄りたくて仕方ないシャロの愛らしいキャラが素晴らしい。

それから千夜さんの「そうなの。だから放っておけなくて…」という描写が千夜とシャロの関係性を表わすと共にいつもはお茶目な千夜さんの中にある本当の優しい部分というのを感じさせていい。あとフルールのチラシを見た瞬間の「こ、これは…!」という反応も好き(ノ∀`)

リゼはココアに同年代と思われていて「いまさら!?」とつっこむところや中学生服を着るところにココア風呂に入るところなどが印象的。チノちゃんはアバンのココアとのコーヒータイムでの照れ隠しでツンとするところやフルールでの「子供じゃないです」などが可愛い^^ 何気にココアと一緒にお風呂に入ることの抵抗もなくなっていて「賑やかになったねー」と振られて素直に頷く様子もありこの時点でかなり距離を縮めているなと。

フルール・ド・ラパンのチラシを見ると『OPEN』と書いてあるけどあの店ができたのは最近なのかな?ロップイヤーは「店長の趣味よ」とシャロ、さり気なく爆弾発言w 世界観的にもし今後店長が出てくるとしたらかなめものハルカさん的な女性キャラになるのかなw

ということでなぜか三羽まで書いてしまった。放送中アニメの感想も滞りだしているのにこれはいかん。と言いつつもこの再放送に触れてる時が特に楽しいというのもホンネだっ><

好きなんだつまりななな

ごちうさ再放送2
内緒なのおおおおおおお!!!
再放送二話も面白かったいやっふぅーい!
千夜さんの登場にBパートの甘兎でのチノちゃんの反則的なあんことの触れ合いシーンなどが印象深い話だけど今回はAパートのココアの各描写の可愛さが凄まじいと改めて感じた。

最初の語りもいいし迷子のボケボケなシーンもいいし野良兎と戯れる場面や千夜さんとすぐに仲良くなってしまうその掛け合いなど各描写がとことん可愛かった。そして制服のスカートと太もも描写、特に道でリゼと出会って立ち止まった瞬間に少しだけ前がピラっとなるその演出のセンスが素晴らしかった!ココアで魅せるための演出が散りばめられている。

あぁーココア可愛い。なんてそればっかりになってるけどまあ基本的な感想は初見のときに書いているのでこの再放送では主にそこに焦点を当てて見ていくことになるのかなとw

千夜に関して。先まで見ると千夜にとってシャロは友達というよりも妹や家族という感覚が近そうで他に友達がいるという話もないのでココアは初めて出来た親友ということになる。後にクリスマス回で「ココアちゃんは十分サンタさんよ」という台詞もあり、前述した背景に加えてそういうところを見ても千夜にとってココアがいかに大切な友達か、その出会いがいかに大きかったかということが伝わってくる。そういう場面を見た後から見るこの二人の出会い、そして日常での仲良しな描写はまた一段と味わい深く見れるところがあるんじゃないかなと思う。

リゼはツッコミ役とし大奮闘していた。迷子シーンといいココアだけでも凄いボケなのにそこに千夜さんまで加わって強力コンビを結成してかつまだシャロも居ないので大忙し、もしかしたら今が一番忙しいのかもw 前の感想でも書いたけど着物が似合うよと言われて「そうか?ふふふ♪」と気を良くするところが可愛い。おだてに弱いところもリゼの魅力。

チノちゃんはあんこに触れる場面の可愛さがやばすぎる!私服と髪型も可愛い(^ω^) それからまだ無表情可愛い時期というか台詞やツッコミが淡々として短いキレがあるとこもこの序盤ならではの特徴で、ココアと一緒に登校する場面で「チノちゃんもこっちの方向なんだ♪」と言われて「こっちの方向なんです」と復唱気味に淡々と返すところなんかが面白いw

二週目からは記事にしないつもりだったけど気がついたら書いていたという。なんか普通の放送中アニメよりも力が篭ってるようなw ということで一度見た人はそんなところも楽しみながら、そして初見の人にも是非見て欲しいものですな( ー`дー´)キリッ
プロフィール

Author:ムメイサ
カテゴリー
アーカイブ

2017年 03月 【32件】
2017年 02月 【13件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【15件】
2016年 11月 【7件】
2016年 10月 【13件】
2016年 09月 【14件】
2016年 08月 【14件】
2016年 07月 【12件】
2016年 06月 【14件】
2016年 05月 【9件】
2016年 04月 【13件】
2016年 03月 【15件】
2016年 02月 【10件】
2016年 01月 【7件】
2015年 12月 【27件】
2015年 11月 【16件】
2015年 10月 【26件】
2015年 09月 【34件】
2015年 08月 【17件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【32件】
2015年 05月 【26件】
2015年 04月 【27件】
2015年 03月 【20件】
2015年 02月 【18件】
2015年 01月 【33件】
2014年 12月 【35件】
2014年 11月 【38件】
2014年 10月 【26件】
2014年 09月 【26件】
2014年 08月 【14件】
2014年 07月 【22件】
2014年 06月 【20件】
2014年 05月 【17件】
2014年 04月 【14件】
2014年 03月 【37件】
2014年 02月 【32件】
2014年 01月 【34件】
2013年 12月 【26件】
2013年 11月 【29件】
2013年 10月 【29件】
2013年 09月 【23件】
2013年 08月 【17件】
2013年 07月 【27件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【25件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【27件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【37件】
2012年 12月 【26件】
2012年 11月 【27件】
2012年 10月 【34件】
2012年 09月 【28件】
2012年 08月 【26件】
2012年 07月 【39件】
2012年 06月 【35件】
2012年 05月 【30件】
2012年 04月 【43件】
2012年 03月 【36件】
2012年 02月 【36件】
2012年 01月 【20件】
2011年 12月 【34件】
2011年 11月 【25件】
2011年 10月 【72件】
2011年 09月 【42件】
2011年 08月 【52件】
2011年 07月 【53件】
2011年 06月 【45件】
2011年 05月 【49件】
2011年 04月 【59件】
2011年 03月 【36件】
2011年 02月 【47件】
2011年 01月 【49件】
2010年 12月 【44件】
2010年 11月 【43件】
2010年 10月 【43件】
2010年 09月 【42件】
2010年 08月 【41件】
2010年 07月 【40件】
2010年 06月 【41件】
2010年 05月 【38件】
2010年 04月 【41件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【45件】
2010年 01月 【49件】
2009年 12月 【42件】
2009年 11月 【36件】
2009年 10月 【35件】
2009年 09月 【57件】
2009年 08月 【47件】
2009年 07月 【46件】
2009年 06月 【58件】
2009年 05月 【63件】
2009年 04月 【52件】
2009年 03月 【52件】
2009年 02月 【39件】
2009年 01月 【51件】
2008年 12月 【61件】
2008年 11月 【61件】
2008年 10月 【68件】
2008年 09月 【69件】
2008年 08月 【59件】
2008年 07月 【63件】
2008年 06月 【50件】
2008年 05月 【49件】
2008年 04月 【47件】
2008年 03月 【59件】
2008年 02月 【68件】
2008年 01月 【64件】
2007年 12月 【62件】
2007年 11月 【70件】
2007年 10月 【63件】
2007年 09月 【59件】
2007年 08月 【52件】
2007年 07月 【51件】
2007年 06月 【31件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【21件】

アクセスランキング
検索BOX・タグ一覧
カウンター