ムメイサの隠れ家

放送中の深夜アニメの各話毎の感想を中心に更新しています。全話視聴したアニメ作品の総評なども。

スカイガールズ 第26話 「それぞれの…」

ワームの製造基地ネストを殲滅してから半年後、解散したソニックダイバー隊の隊員達は各地で新しい生活をスタートさせていた。そこに冬后からの手紙が届き・・・
スカガ最終話1
瑛花は元から軍人だからパイロットを続けている様子。瑛花の操縦技術の前ではビッグバイパーも形無しらしい、ワームももういないしビッグバイパーはどうするんだろう?そのまま配備するみたいだけど通常の兵器としては強力すぎるような、新たな争いの火種になりそう。
可憐は学校に戻ったのか、タクミ効果で男性恐怖症は見事克服したようですw
フラグ立ってたけど結局タクミとは付き合ってないっぽいけど、どうなんだろう?

源さんはついにエリーゼをお持ち帰りしたようですw
物語中盤からエリーゼを狙い続けてきた源さんの野望がついに成就。実際の動機はそんなに不純ではないみたいですが(笑)エリーゼは気兼ねなく生活できているみたいだし、とりあえず幸せになってよかった。ヒロ君と七恵はくっつかないで破局でいいよクソが
音羽は島に戻ってまた海女さんをやっているのか、しかしあの島は懐かしい。

スカガ最終話2
おじいさんは久々の出番、音羽が剣で闘ったと聞き上機嫌w
兄様キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!
最終話にしてやっと兄様と可憐の対面が実現。結局顔は最後まで見せなかったというw
序盤は兄様は実在しない、もしくはワームではないかと疑っていましたが普通でしたw
半年じゃあまり変わらないだろうけどエリーゼは何一つ変わってなかったなw
先週の予告で音羽と遼平が付き合ってるのかと思ったら迎えにきただけだったのか。

スカガ最終話3
最後まで風呂、これぞスカイガールズw最後の飛行よりも風呂シーンでこのアニメらしいと思いました。それだけこういうシーンが多かったんでしょうねこのアニメはw
今後は平和のシンボルとしてソニックダイバーが活躍していくらしく2期生も世界各国から勢ぞろい、そして最後はアイーシャの意識も回復してのハッピーエンドでした。

とーおーいうーみのはてー 退避、退避ー!(TV前から)


<総評>
終始マイペースを貫き通したアニメでした。展開がほとんど進まずに序盤はじれったく思うこともありましたが、途中からはこのどこかシリアス味が欠けるけど気楽に楽しめる展開がスカイガールズの醍醐味だと思うようになりました。また特にこれが面白いという話もありませんでしたが、特にこれがつまらないという話もなく常に安定したペースで楽しめたアニメでもありました。
スカイガールズ Vol.9 [DVD]
OP「Virgin's high!」 ED1「True Blue」 ED2「Diamond Sparkle」
OPはなかなか好きです。ED1は好きですが2は好きではないです。

主な声優
桜野音羽:川澄綾子 園宮可憐:後藤沙緒里 一条瑛花:伊藤静 エリーゼ:辻あゆみ
アイーシャ:片岡あづさ 冬后蒼哉:藤原啓治 速水たくみ:白石涼子 橘遼平:谷山紀章
藤枝七恵:堀江由衣 緋月玲:間島淳司 嵐子:比嘉久美子 晴子:石川桃子

川澄さんはセイバーや美坂香里のようなクールなキャラから、のだめやこのアニメの音羽のようなアホの子まで幅広い演技の持ち主ですね。音羽はすごくアホでした(誉め言葉)w
後藤さんと辻さんは可憐・エリーゼのキャラと巧く合っていたので良かったです。
伊藤さんは最近は大活躍ですね。どうもツンデレだとあのキャラと被るなと思いましたw
藤原さんは相変わらずひろしでしたw

個人的なこのアニメの評価 B-

藍蘭島か写真かクリスマスパーティーの話を削って最終決戦をもう少し盛り上げてくれればとも思いましたが、最終話の締め方がこのアニメらしく良かったので好印象です。それにしてもなぜ提供画面が毎週七恵さんというこだわりを持っていたのか謎www

スカイガールズ 第25話 「音羽、ふたたび」

ついにワームと人間の存亡を賭けた最終決戦が始まる。ビッグバイパー隊の援護をうけてネストのコアに迫るソニックダイバー隊であったが、ネスト内部には想像以上のワームが潜んでいた。作戦の核となるアイーシャをコアに辿り着かせるために瑛花・エリーゼ・可憐がその身を呈して道を開き・・・
スカガ25-1
ビッグバイパーの戦闘力が以前よりだいぶ落ちているように思えるな、ビームの威力も前に見たときより低いし、ファンネルも無くなってるし。ワーム側はなぜ亀しか出さないのか疑問w緋月はなんだかんだで結局ツンデレだったのかw
冬后を助けるために負傷しつつもツンとした態度をw冬后×瑛花濃厚だけどまさか(ry
今週の敵の攻撃はなぜか触手ばかりだったけど、ワーム側は本当に戦う気あるのかw?

スカガ25-2
ウイルスに対するワクチンをワームが既に持っていたというところまでは良かったけど、弟が出てきてそれを人間に戻したらワームが全滅というのは、なんとも強引な締め方だと思った。弟を人間に戻すシーンも、ちょっとあっけなさすぎたかな。

スカガ25-3
何はともあれBAD ENDは似合わない番組なので犠牲もなく作戦を終えたのは良かったですね。(アイーシャはおそらく生きているでしょう、ビッグバイパー隊は・・・ご愁傷様w)

次週最終回は大団円で終わるのかな。平和なこのアニメらしくていいと思うけど、あと少しだけでもサービス話を削って最終決戦をやってくれれば良かったとも思います(笑)

スカイガールズ 第24話 「決戦」

翔べなくなった音羽を外したまま最終作戦が告げられるが、最後まで全員で戦いたいという瑛花・可憐・エリーゼ・アイーシャ、そして遼平の熱い想いが音羽を再び立ち上がらせる・・・
スカガ24
最終決戦直前で一気に盛り上がってきました!
今までのいろいろなフラグは回収されすぎだろとも思いましたが、平和に暮らす我々にはわかりませんが最終決戦で死地に赴く前というものはこういうものなのかもしれません。

源さんがエリーゼを特別視するのはそういう理由があったのか。これでもしあの写真が加工物でおばあさんも実際にはいなかったら・・・なんて詮索はやめときましょう(笑)
可憐×タクミは今までかなり遅い進行だったけど上記の補正で一気に進行しましたね。そういえば兄様の出番は結局あれで終わりなのか?最初は重要キャラだと思ってたのに。
副艦長は嫌われ役をかいつつもクルーの安全を第一に考えるいい人でした。

この話を見ると今までの間延びしたお気楽展開が嘘のようですね。このアニメに関してはどちらかと言えばシリアスな展開の方が異端と言えるでしょうかw盛り上がってきたので残り2話に期待です。どうでもいいけど今週と来週の題名は逆にしたほうが良い気がします。

スカイガールズ 第23話 「失われた翼」

音羽の双子の弟優希はワームのメッセンジャーとなりネストの場所を知らせ、そこで待つと伝え去った。音羽は再会した弟がワームになっていたことがショックで精神に大きなダメージを負ってしまい・・・
スカガ23
瑛花は大佐にフラグ立ちまくりですねw
医務室におやっさんがいるのはまだ分かるけど源さんは自重しろw

アイーシャの話によると本物の優希は既に死んでいて現れたのはコピーのようですね。
コピーするときに記憶の一部まで残っているみたいなのでこれは音羽にはきつい。
メッセンジャーを使って軍を誘い込むのはどういう狙いなんだろう、一掃する気なのかな?

最終作戦は音羽が単独でネストに潜入してシステムを書き換えること。
序盤のほうから影で動いてきた緋月の計画はたぶんこれのようですね。
そして来週からはいよいよ最終決戦が始まるようです、これ26話までなのか。

スカイガールズ 第22話 「サザンクロス・ホーリーナイト」

クリスマスの楽しさを知らないアイーシャのためと称してクリスマスパーティーを開く音羽達。激戦を潜り抜けてきた攻龍にしばしの休息の時が訪れるが・・・
スカガ22
音羽とエリーゼは自分達が楽しみたいのが見え見えだな、何気に瑛花と可憐もw
源さんはエリーゼの頼みなら聞かないわけが無い、それにしても速水への態度が酷いw
館長は本当に周囲に気が配れるいい人だ。あの二人の漫才まで楽しむとはねw
電飾をするのはいいけど零神に巻きつけちゃいざって時に出撃できないだろうが。
整備のオヤッサンはそっけないふりをしておいて相当ノリノリw
副艦長は夕子先生に、普段はあんなでもやはり本質はw

最後は珍しく空気の読めないワームが襲来したと思ったら音羽の弟でした。知能と記憶があるようでちょっと意外でした。予告を見ると敵側からの宣戦布告みたいだけど、操られているのか、それとも心の底から完全に敵に回ってしまったのかが気になるところ。来週はショックを受けた音羽のシンクロ率が下がって飛べなくなるっぽいですね。残り2話で締めくくるには若干足りない気がしますが果たして・・・

スカイガールズ 第21話 「共闘」

ビッグバイパー部隊の初陣に立ちはだかるワームはかつて冬后を落とした因縁の相手であった。完全に消滅させないと復活する強敵に対し、ソニックダイバー隊とビッグバイパー隊の共同作戦が実行される・・・
スカガ21
やっぱりビッグバイパー強いなw
強力なレーザーだけでなくファンネルまでついているとは、前にビッグバイパーではワームを完全に倒せないって言ってたけどあの設定どうなったんだ?

冬后の過去話が明かされたけど、なんで冬后は飛べなくなったんだろう?
ここまで見てきて体が悪いようには見えないけど、その理由も知りたかった。
とにかく今回の話で瑛花からの好感度は上がったなw

少ないながらも七恵さんの出番があると提供画面の「今週の七恵さん」コーナーのために出てきたのでは、と疑ってしまうなw この扱いハヤテの西沢さんと似てる気がする。
来週はクリスマスパーティーか、ここまで来てもまだこういう話を(笑)

スカイガールズ 第20話 「そのファインダーに映るもの」

速水が食料庫から偶然にもこの世界においては紙と同様に貴重なものであるカメラフィルムを発見する。音羽達は写真などただの静止画と主張するアイーシャに対し、写真にこめられた想いは永遠に残るものだと説明し・・・
スカガ20
速水は自然体を取ろうとするのは立派な心がけだが、盗撮ともとれる行動だな。
七恵さんは想い人の電子写真に頬ずり。これは見られたくない場面だろうなw
写真を撮りたがってもらう艦長。この人は何気に面白いキャラw
大佐と瑛花の2ショット。この二人の組み合わせは多いのでもしかしたら・・・
源さんのあの目付き。源さんのエリーゼを見る目が危険なものに思えてきましたw

周王博士は音羽を「最後のワームと接触した人間」と言っていましたが、あの弟を連れ去った光がそうなのか、それとも他にも何か過去にあったのか、果たしてその真意は?
今週のワームはかなり強かったな、今までの中では郡を抜いた戦闘力。ワームにも個性があるのでやはり強い奴と弱い奴、更には空気を読める奴もいるようですね(笑)

来週はいよいよビッグバイパー部隊が合流。確かに強いけどビッグバイパーの攻撃って殲滅できない上に耐性付けるんじゃなかったっけ?

スカイガールズ 第19話 「アイーシャ・クロニクル」

周王博士により明かされる過去のワーム誕生の秘話・・・
スカガ19-2
ワームはWepons Of Raid Machineの略称だそうです。

今週はついにワームのルーツが明かされました。ワームはナノマシンの治療プログラムが自立的にネット上で増殖し、地球を一つの生命体と捉えて、地球を治療するという目的で地球の癌細胞とみなした人類に対し攻撃を仕掛け始めたということらしいです。一時期ワームが地球から姿を消したのは、人類が核によるワーム殲滅に成功したからではなく、その行為によって人類の多くが死滅したからワームが人類が自滅したと勘違いしたからということでした。緋月がアイーシャがワーム誕生の元のような存在と言っていたのは、その治療プログラムの実験体となった唯一の人間がアイーシャだからでした。ちなみにソニックダイバーはアイーシャのデータから作り上げた対ワーム用兵器でした。

ワームやソニックダイバーの誕生秘話が明かされたわけですが、周王博士は音羽について何か思うところがある様子、やはり音羽と弟はワームと深い関わりがあるのでしょうか。

スカガ19
食糧事情によりソニックダイバー隊による魚捕獲計画が。
思わず笑ってしまった七恵さんは副館長から睨み付けられてしまいました(笑)
コックのオヤジはまたかw いい加減自重しろwww

今週は内容を倒置してお送りしましたが、前半の魚話は果たして必要だったのか(笑)
まあ、ああいう平和な展開がこのアニメの醍醐味だと思うので別にいいですがw
しかし来週もまた^^; このペースで最後はどういう締め方するんだろうw?

スカイガールズ 第18話 「侵入者」

音羽は甲板から過去に弟を連れ去った謎の光を目撃する。その直後攻龍内部に1セルの人に擬態したワームが出現。次々に分裂を繰り返すワームの前に攻龍は窮地に陥る・・・
スカガ18
弟ってあんな消え方したのか、演出が軽いわりに大事件だなw
今回のワームはなぜか音羽だけを狙っていた模様。先週弟が出てきたから関係があると思うけど、なんの説明も無く終わったからな。結局先週でてきた弟はなんだったんだ?

最後に緋月が連れてきた謎の女アイーシャは『ワーム誕生の元となった』という。
サービス中心に緩めの展開が続いていたこのアニメもいよいよ物語の核心部に入るようですね。音羽がアイーシャを一瞬弟と見間違えたあたりに弟が消えた事、そして音羽とゼロのシンクロ率が高い事などの真相が隠されているのかもしれません。

今週は珍しく主人公らしい活躍の音羽でした、可憐は相変わらず空気ですが^^;
個人的には開始直後からいきなり急展開という演出はあまり良いとは思いませんでした。まあ、今までの展開が緩すぎるから丁度良いのかもしれませんがw

スカイガールズ 第17話 「南の島のスカイガールズ」

音羽達は電気ウナギっぽいワームと戦い、相手の消滅間際の放電によって機体のコントロールを失い無人島に流れ着き、ナノマシンの効果も切れてそこで救助を待つことになるのだが・・・
スカガ17話
ついに消滅の余波に巻き込まれたか。今回に限らず今まででもなぜ巻き込まれなかったのか不思議なくらいの爆発が起こってるからな、今回はついに巻き込まれてしまいました。
野生児(島育ち)なだけありこういう状況では逞しく頼りになる音羽。しかしそれでも最近の
瑛花・エリーゼ主軸の流れはそのままで、またもや音羽・可憐は目立たずという印象。

ソニックダイバーは単独でも命令すれば動くのか。なら遠隔操作で良くね?
しかもエリーゼの脱出用のイカダを作った器用さは異常www
コックの親父はまた、そんなにエリーゼが好きかw 速水が可哀想だw

来週いよいよ終盤に向かって急展開というところかな?弟も来るみたいだし。
提供画面ほとんど出番が無くても七恵にこだわるな、スタッフはそこまでw
プロフィール

Author:ムメイサ
カテゴリー
アーカイブ

2017年 08月 【8件】
2017年 07月 【8件】
2017年 06月 【8件】
2017年 05月 【16件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【38件】
2017年 02月 【13件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【15件】
2016年 11月 【7件】
2016年 10月 【13件】
2016年 09月 【14件】
2016年 08月 【14件】
2016年 07月 【12件】
2016年 06月 【14件】
2016年 05月 【9件】
2016年 04月 【13件】
2016年 03月 【15件】
2016年 02月 【10件】
2016年 01月 【7件】
2015年 12月 【27件】
2015年 11月 【16件】
2015年 10月 【26件】
2015年 09月 【34件】
2015年 08月 【17件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【32件】
2015年 05月 【26件】
2015年 04月 【27件】
2015年 03月 【20件】
2015年 02月 【18件】
2015年 01月 【33件】
2014年 12月 【35件】
2014年 11月 【38件】
2014年 10月 【26件】
2014年 09月 【26件】
2014年 08月 【14件】
2014年 07月 【22件】
2014年 06月 【20件】
2014年 05月 【17件】
2014年 04月 【14件】
2014年 03月 【37件】
2014年 02月 【32件】
2014年 01月 【34件】
2013年 12月 【26件】
2013年 11月 【29件】
2013年 10月 【29件】
2013年 09月 【23件】
2013年 08月 【17件】
2013年 07月 【27件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【25件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【27件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【37件】
2012年 12月 【26件】
2012年 11月 【27件】
2012年 10月 【34件】
2012年 09月 【28件】
2012年 08月 【26件】
2012年 07月 【39件】
2012年 06月 【35件】
2012年 05月 【30件】
2012年 04月 【43件】
2012年 03月 【36件】
2012年 02月 【36件】
2012年 01月 【20件】
2011年 12月 【34件】
2011年 11月 【25件】
2011年 10月 【72件】
2011年 09月 【42件】
2011年 08月 【52件】
2011年 07月 【53件】
2011年 06月 【45件】
2011年 05月 【49件】
2011年 04月 【59件】
2011年 03月 【36件】
2011年 02月 【47件】
2011年 01月 【49件】
2010年 12月 【43件】
2010年 11月 【43件】
2010年 10月 【43件】
2010年 09月 【42件】
2010年 08月 【41件】
2010年 07月 【40件】
2010年 06月 【41件】
2010年 05月 【38件】
2010年 04月 【41件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【45件】
2010年 01月 【49件】
2009年 12月 【42件】
2009年 11月 【36件】
2009年 10月 【35件】
2009年 09月 【57件】
2009年 08月 【47件】
2009年 07月 【46件】
2009年 06月 【58件】
2009年 05月 【63件】
2009年 04月 【52件】
2009年 03月 【52件】
2009年 02月 【39件】
2009年 01月 【51件】
2008年 12月 【61件】
2008年 11月 【61件】
2008年 10月 【68件】
2008年 09月 【69件】
2008年 08月 【59件】
2008年 07月 【63件】
2008年 06月 【50件】
2008年 05月 【49件】
2008年 04月 【47件】
2008年 03月 【59件】
2008年 02月 【68件】
2008年 01月 【64件】
2007年 12月 【62件】
2007年 11月 【70件】
2007年 10月 【63件】
2007年 09月 【59件】
2007年 08月 【52件】
2007年 07月 【51件】
2007年 06月 【31件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【21件】

アクセスランキング
検索BOX・タグ一覧
カウンター