ムメイサの隠れ家

放送中の深夜アニメの各話毎の感想を中心に更新しています。全話視聴したアニメ作品の総評なども。

アイドルマスターXENOGLOSSIA 第26話 「月とペンギン」

ヌービアムの消滅によりアウリンが発動、世界に危機が訪れる。残ったアイドル達は自らを犠牲にして地球を守るという意思を示す。春香・伊織・真もアイドルだけを犠牲にはできないと共に向かうことに・・・

最終話は意外にもやよいの出番とセリフが多かったな。
あのシーンで伊織と真は完全に死んだと思った、どうやって生き残ったんだ?

整備班がアイドル達が地球を守るのはマスターを守るついでみたいに言ってたけど、
真はヒエムスからそんなに慕われてたのかな?
結局アイドルがなんなのかもよく分からなかったし
雪歩の「ヌービアムが約束を守った」というセリフも理解不能できませんでした。

アウリンを開くことで人類全てをミシュリンクにというテルロウ博士の考えは結局なんだったんでしょうね?アウリンは人類を滅亡させるものみたいだし、カラスが復讐のために狂った博士のプランを利用していたというところでしょうか?

展開など分からないことが多くてあまり感情移入できないラストでした。
課長は最後までカッコイイ役でしたw 最初の方に寝返ると予想してごめんなさい(笑)

<総評>
舞-HiME ・舞-乙HiMEのスタッフだから終盤がこういう展開になることは予想が付いていたけど、いろいろと説明不足のまま終わってしまった勘があり展開についていけませんでした。物語の核心部になると思っていたトゥリアビータの目的やミシュリンクプランがあっさりと片付けられてしまったので個人的には面白みに欠ける終盤でした。石田さん(カラス)もあんなにあっさり終わるとはね・・・ロボットと人間の恋愛を描くという試みもあったのですが、これは斬新すぎて正直ついていけませんでしたw

アイドルマスター XENOGLOSSIA (1)
OP「微熱S.O.S!!」 OP2「残酷よ希望となれ」 ED「悠久の旅人~Dear boy」
初期のOPは軽快でなかなか気に入っています。

主な声優
天海春香:井口裕香 萩原雪歩:堀江由衣 水瀬伊織:田村ゆかり 秋月律子:中原麻衣
菊地真:喜多村英梨 双海亜美:名塚佳織 ジョセフ・真月:中多和宏
三浦あずさ:櫻井智 如月千早:清水香里 リファ:ゆかな カラス:石田彰
高槻やよい:小清水亜美 名瀬:能登麻美子 空羽:高橋美佳子 楢馬:小野大輔

これを見て分かりますが豪華ですね。ちょっと脇役の律子に中原さん、なぜならばそれわトリオにまで豪華な布陣でしたw 他にも組織には柚木涼香さんもいたし、何気に加藤英美里さん・ささきのぞみさんの、かがみとパティもいたんですね、気がつかなかったw

井口裕香さんは始めてみるけど、キャラと合っていてよかったと思います。
堀江由衣さんの雪歩はなんだか合わなかった気がしますね。単に私が堀江さんのファンで、扱いが良くなかったからという理由だけかもしれませんがw
石田さんはああいう謎めいたキャラはいいですね、あっさり死にましたが^^;

個人的なこのアニメの評価 

前述の通り終盤に面白みが欠けていたと思います。序盤もそこまで面白いわけではなかったけど全体を通してそこそこ楽しめたとは思います。次回予告は好きでしたw

アイドルマスター XENOGLOSSIA 第25話 「春の雪」

全てのアイドルがインベルと春香がヌービアムの元へ行くことを望んだ。春香はインベルと共にトゥリアビータ本部へ向かい・・・
アイマス25
壮大な展開だけど、なんだかよく分からないな。
インベルは春香を雪歩に合わせるためにあの場に行きたがったのか?

やよいがタクシーに乗った場所大宮じゃんw そして意外なところにやよいファンいたw
増殖したリファはなぜか人間狩りを始めてるw
グランドロッジの猫のやつらあっけないな、なのはの脳みそ以上だww

真はやっと本来の自分を取り戻したようですね。
ネーブラが禊にヒエムスを殴って二人の仲を取り持つ、
空気を読んでわざと殴られるなんてヒエムスはいいやつだなw

雪歩は半分狂ってしまったな、しかし春香の懸命な説得で
千早と自分の歩んできた道の誤りに気づき正気に戻りました。

ウルトゥリウスから春香と雪歩を守ったヌービアムはコアまで損壊。
最後に出てきた幕のようなものは一体のアイドルが消滅して何かの
バランスが崩れたから出てきたってことかな、次回はいよいよ最終回です。

アイドルマスター XENOGLOSSIA 第24話 「復興暦百八年」

トゥリアビータの本部を掴んだグランドロッジの猫は、世界中を巻き込んで
総攻撃を開始する。一方、あずさはテルローの暗殺に向かい・・・

リファを逃がしたのはトレースしてトゥリーアビータの本部をつきとめるためだったのか。
千早はインベルに捨てられたショックで乱心したようですw

最後に千早がやったなんとかはミシュリンク計画の終着点に見えるけど、
なんで今までやらなかったんだ?カラスが組織を牛耳っていたせいか?
アイドルと人間の融合の効果はやっぱりエヴァみたいなやつか。

最後の敵かと思っていたカラスも死んだっぽい(?)ので、次回以降は雪歩との戦いになるのかな。それにしてもカラスって普通の人間だったのか。

アイドルマスターXENOGLOSSIA 第23話 「RUN!」

アイドル5体のコア全てを集めようとモンデンキントに総攻撃を仕掛けてくるトゥリアビータ。相手は3体のアイドルとエピメテウスの山、それに対し、ネーブラとテンペスターズのコアだけのモンデンキントが抵抗を試みる・・・
20070906094451.jpg
千早はもとから狂っていたが完全に狂ったなw
課長は相変わらずカッコイイな、もうこの人が主役でいいよw

東京\(^o^)/オワタw
真はただあずさの気を引きたくてあんなことをしているようですね^^;
エピちゃん沸きすぎ、しかも周りを虫みたいに飛んでるだけで全く役に立たないw

春香のやつ、ついにやりやがった。
とうとうロボットに告白してしまいました、なんというw
しかもそれを聞いた途端に前に春香を捨てたインベルはコロっと態度を変え、
今度は千早をゴミのように射出。
インベルは最低だな(笑)

ED見て、最終回か?と思いましたが26話までありそうですね。
朔達がリファを使って何かを企んでいるのか?

アイドルマスター XENOGLOSSIA 第22話 「鍵とバット」

トゥリアビータに取られないようにネーブラを虚数空間に封印しようと、アイドルチームを解散させ、基地をのっとる朔の組織。それに対してジョセフ課長はそんなことはさせまいと仲間達を集めて立ち上がる・・・

課長カッコイイ!!
マシンガン持ってる相手5,6人を素手で倒すってどんだけw
それにしても純喫茶ムッシュは何気に登場回数多いなw

千早はインベルに心酔しすぎ。
あんなに大切にしてもどうせまた裏切られるんだからやめとけww
雪歩はやっぱり利用するためだけに手なづけたのか。

アウリンというのは5体のアイドルが揃うことによって発生する、世界を崩壊させる災いとか。このアニメの展開がエヴァに近いから、その効果もエヴァの映画みたいなやつなのかな?
でも、カラスが人類全てがミシュリンクになると言っていたからそれとは違う展開なんだろうな。とりあえず今後に注目です。

アイドルマスターXENOGLOSSIA 8 [DVD]アイドルマスターXENOGLOSSIA 8 [DVD]
竹内浩志

バンダイビジュアル 2008-02-22

アイドルマスターXENOGLOSSIA 21話 「最後の・プリン」

あずさと千早の過去が明らかになってきた今回。
さらにトゥリアビータによる強行的な作戦も開始される。

ミシュリンクの意味はアイドルと人間の完全な融合体、
ヴァスタルトとはその失敗作ということでいいのでしょうか。

過去話の最後のほうに起こった事件はあずさ養父母の意見の違いが原因だろうけど状況が良く分からなかったな。あれじゃあ単なる浮気の腹いせに見えなくも無い(笑)

インベルは春香を裏切って千早に乗り換えたと思ったら、
今度は千早に春香の写真を見せ付けていました(笑)
ロボットだから別にいいけど人間だったら伊藤誠並のキャラではw?

あのお母様って博士はなんか死んでるっぽいな、カラスが全てを操ってるのかなやはり。
千早はわざわざ春香に見せ付けるために来たのかwww

アイドルマスター XENOGLOSSIA キャラクターボーカルアルバム Vol.1アイドルマスター XENOGLOSSIA キャラクターボーカルアルバム Vol.1
TVサントラ 如月千早(清水香里) 天海春香(井口裕香) 菊地真(喜多村英梨) 秋月律子(中原麻衣) 双海亜美(名塚佳織)

アイドルマスターXENOGLOSSIA 第20話 「かえりみち」

雪歩とインベルの裏切りを認めたくない春香は無理に明るく振舞う。
その行為は周囲の人の目にどううつるのか・・・・
ゼロ
完全な鬱展開だな・・・
トゥリアビータがアイドルのコア5つを集めようとしているとか
そのへんの新しい情報は入ったけど、今週はほとんど話が進んでないぞ。

春香は無理に明るく振舞ってたわけだけど、あまりの奇行に狂ったかと思ったw
主人公がうだうだしてるのはあまり好きではないけど、今回ばかりは仕方ないか。
親友と恋人両方を一度に無くしたようなものだし、その上殺されかけたわけだし。
インベルを恋人のように認識していること事態がどうかとも思うけど、
今さらそんなこと言ってもしょうがない^^;

課長はなにやら上役を脅迫しておりましたw
リファは捕まったのか、カラスは話題にも出さないところを見ると見捨てたのか?

次回は過去話かな?終わりが近づいてるけどスローペース。
終盤の時間は足りるのか?

アイドルマスター XENOGLOSSIA 6 [DVD]アイドルマスター XENOGLOSSIA 6 [DVD]

バンダイビジュアル 2007-12-21

アイドルマスターXENOGLOSSIA 第19話 「サヨナラ」

インベルが千早に奪われモンデンキントはほとんどのアイドルを奪われたことに、さらに戦いの場には最後のアイドル、テンペスターズが出現する。そこでジュネーヴの最高機関でさえ管轄外という裏でモンデンキントを牛耳る一団はアイドル全てをまとめて破壊しようとウルトゥリウスを発射する・・・・
アイマス
雪歩ひでーな・・・
春香をゴミのように容赦なく吹っ飛ばしてました。
これは黒いといってもシエスタさんなんてもんじゃないw
それにしてもあれで死なない春香の生命力も流石だな。

テンペスターズが急に出現し、ウルトゥリウスから亜美達を守って死亡(?)
テンペスターズ強いな、ヌービアムとインベルに楽勝。しかもエピちゃんが全く止められなかったビームを止めたし。けっこうカッコイイ散り方だとは思うけど、今まで数年間も真美を連れまわしてどこにいたんだこいつは?急に出てきてあんな行動されても訳がわからん。

モンデンキントを裏で牛耳る組織は何を考えてるんでしょうね?カラス達が人類をミシュリンクにしようとしていて、その反対の立場を取る連中なのかな?カラスが計算どおりにいってないところを見ると、けっこう凄い組織なんでしょうね。朔の計算違いはただのマヌケw
次回はまた平和な話なのか?
あれ、春香は敵に連れて行かれたんじゃないのか?

アイドルマスター XENOGLOSSIA 第18話 「夜」

月見島がトゥリアビータの強襲を受け、亜美は人質となり他の者は皆殺しにされてしまう。即座に亜美を助けに向かおうとする春香と伊織だが上から待機命令を出されて身動きがとれず、その時雪歩が二人の前に現われて・・・
aimas
うわっ!いきなり凄い展開きた!!
このスタッフが容赦ないのは知ってるけど大量虐殺をするとは、
亜美も終わったと思ったけど人質にされて無事だった。

雪歩普通に基地内歩いてるけど、モンデンキントの警備雑すぎだろw
あんなとこにいるのに足取りをつかめていないってどんだけ無能な調査班なんだw
それにしても雪歩がここまでやるとはね、、、にぶそうに見えて実は凄い。

やはりヒエムスは真か。
相変わらず操縦の腕は段違いのようで伊織はやられる一方、
真は自分を拒絶したポンコツを見事に打ちのめしました(笑)
亜美をかばったり、伊織を殺さないあたり完全に冷徹には徹っしきれないようですね。

雪歩にキーを奪われて唖然とする春香。
親友だと思っていた雪歩に裏切られたのであの反応は当然かな。
千早握力強すぎだろww

次週はテンペスターズがでるのかな?
課長と小野さんのせいで集中できない、アッー!!(笑)

アイドルマスター XENOGLOSSIA 第17話 「迷子の兎」

朔響に素性を疑われ始めた雪歩は行動を起こし基地に戻れなくなってしまう。偶然にも街で春香と遭遇し始めてできた友達を失いたくないと思いつつも、自分の一番大切なものへの想いが勝り雪歩は春香のもとから去る・・・・
アイマス17羽
子供が何人も並んでたシーンを見ると雪歩もリファのように作られた生命体なのかな?
それにしては普通に年も取っているみたいだし普通の孤児だったという方が妥当かな。
やっぱりこういう展開になりましたね、今後は春香と戦うことになるのでしょう。

やよいと伊織はいまだにサンタを信じているらしい、そんなことでまた言い合いをw
インベルにオセロ機能つけたのだれだよw?
あんなものつけなければハーモナイズのシンクロ率も下がらなかったんじゃねw?

石田が"お母様"を連呼して組織内の違う派閥の博士達を皆殺しに。
トゥリアビータにも急進派(闘争派)と穏健派があるようですね、
組織の最高クラスの幹部っぽい石田を初めとするアイドルチームは前者のようです。
「一つ、お教えしておきましょう。博士ではなく、お母様です」
そこは重要なのか、変なところにこだわる人だなw

量産型エピちゃんが攻めてまいりました、来週は激しい戦いになりそうですね。
シンクロ率が下がったインベルが動けるのか、
雪歩が名瀬に残したものはなにかの策謀なのか
などに注目です。

次回予告はふんどしw
声が小野大輔さんと高橋美佳子さんだから面白いなw 護君の2人を思い出した。

アイドルマスター XENOGLOSSIA 5 [DVD]アイドルマスター XENOGLOSSIA 5 [DVD]

バンダイビジュアル 2007-11-23

プロフィール

Author:ムメイサ
カテゴリー
アーカイブ

2017年 04月 【29件】
2017年 03月 【38件】
2017年 02月 【13件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【15件】
2016年 11月 【7件】
2016年 10月 【13件】
2016年 09月 【14件】
2016年 08月 【14件】
2016年 07月 【12件】
2016年 06月 【14件】
2016年 05月 【9件】
2016年 04月 【13件】
2016年 03月 【15件】
2016年 02月 【10件】
2016年 01月 【7件】
2015年 12月 【27件】
2015年 11月 【16件】
2015年 10月 【26件】
2015年 09月 【34件】
2015年 08月 【17件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【32件】
2015年 05月 【26件】
2015年 04月 【27件】
2015年 03月 【20件】
2015年 02月 【18件】
2015年 01月 【33件】
2014年 12月 【35件】
2014年 11月 【38件】
2014年 10月 【26件】
2014年 09月 【26件】
2014年 08月 【14件】
2014年 07月 【22件】
2014年 06月 【20件】
2014年 05月 【17件】
2014年 04月 【14件】
2014年 03月 【37件】
2014年 02月 【32件】
2014年 01月 【34件】
2013年 12月 【26件】
2013年 11月 【29件】
2013年 10月 【29件】
2013年 09月 【23件】
2013年 08月 【17件】
2013年 07月 【27件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【25件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【27件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【37件】
2012年 12月 【26件】
2012年 11月 【27件】
2012年 10月 【34件】
2012年 09月 【28件】
2012年 08月 【26件】
2012年 07月 【39件】
2012年 06月 【35件】
2012年 05月 【30件】
2012年 04月 【43件】
2012年 03月 【36件】
2012年 02月 【36件】
2012年 01月 【20件】
2011年 12月 【34件】
2011年 11月 【25件】
2011年 10月 【72件】
2011年 09月 【42件】
2011年 08月 【52件】
2011年 07月 【53件】
2011年 06月 【45件】
2011年 05月 【49件】
2011年 04月 【59件】
2011年 03月 【36件】
2011年 02月 【47件】
2011年 01月 【49件】
2010年 12月 【43件】
2010年 11月 【43件】
2010年 10月 【43件】
2010年 09月 【42件】
2010年 08月 【41件】
2010年 07月 【40件】
2010年 06月 【41件】
2010年 05月 【38件】
2010年 04月 【41件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【45件】
2010年 01月 【49件】
2009年 12月 【42件】
2009年 11月 【36件】
2009年 10月 【35件】
2009年 09月 【57件】
2009年 08月 【47件】
2009年 07月 【46件】
2009年 06月 【58件】
2009年 05月 【63件】
2009年 04月 【52件】
2009年 03月 【52件】
2009年 02月 【39件】
2009年 01月 【51件】
2008年 12月 【61件】
2008年 11月 【61件】
2008年 10月 【68件】
2008年 09月 【69件】
2008年 08月 【59件】
2008年 07月 【63件】
2008年 06月 【50件】
2008年 05月 【49件】
2008年 04月 【47件】
2008年 03月 【59件】
2008年 02月 【68件】
2008年 01月 【64件】
2007年 12月 【62件】
2007年 11月 【70件】
2007年 10月 【63件】
2007年 09月 【59件】
2007年 08月 【52件】
2007年 07月 【51件】
2007年 06月 【31件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【21件】

アクセスランキング
検索BOX・タグ一覧
カウンター