ムメイサの隠れ家

放送中の深夜アニメの各話毎の感想を中心に更新しています。全話視聴したアニメ作品の総評なども。
月別アーカイブ  [ 2007年04月 ] 

≪ 前月 |  2007年04月  | 翌月 ≫

らき☆すた 第4話「やる気の問題」

遅刻をしたこなたの言い訳ネタが2つ、最初のほうは特筆すべきことはないとして(あげるとすれば先生もネトゲやってたってことぐらいか)2つめのほうは・・・

 先生「泉、いずみー  なんや遅刻か」
こなた「ストーップ!遅刻じゃないですー!」
 先生「うぉ」
こなた「商店街の前で女の子がぶつかってきまして、その子がいきなり私の手を掴んで走り出したんです!んで、話を聞くとどうやらタイヤキを盗んだので逃げているらしいんですが、なんで私まで巻き込まれなきゃならんのかって思ったんですけど、しょうがないのでタイヤキ屋から隠れるために喫茶店に入って・・・」
 先生「うぐぅ!ツッコミどころ満載や!でもつっこんだらあかんねんやろうなあ
   教師として、人として!」


kanonキタ━━━(゚∀゚)━━━ !!!!
先生うぐぅ!と言ってしまった時点でツッコんでしまっているのではw?

つよきす Cool×Sweet

N・H・Kにようこそ!かなにかを見ていた時にCMでヒロイン全員がツンデレをうたい文句にしていたので当時はツンデレの定義も詳しく知らなかった未熟者でしたがとりあえず見始めました。

主人公の近衛素奈緒(ツンデレ)は幼い頃に分かれた(引越しで)片思いの相手対馬レオと竜鳴館学園で再会する。やっと再会できたのはいいが素奈緒は物語の9割以上は対馬レオに対して素直になれずツンツンしてしまう。その他にも生徒会との戦いなども織り交ぜた学園ラブコメ

総評
話の大半が生徒会長霧夜エリカとの戦いで
主人公は毎回「トサカきた!」とか「名前ネタはNG!」
言ってるばっかりだし、つまらなかったです・・・(・_・)
恋愛シミュレーションの主人公が女なのはやっぱり無理があるのですかね?

声優に関しては中原麻衣さんがあの手のキャラも巧く演じていて流石に力のある声優さんだなと思いました。それと館長の声が若本さんだったのはうけましたw

つよきす Cool×Sweet 第1幕
OP「素直になれない」 ED「open」

主な声優
近衛素奈緒:水樹奈々 対馬レオ:豊永利行 鉄乙女:井ノ上奈々
蟹沢きぬ:藤田咲 霧夜エリカ:中原麻衣 椰子なごみ:小林ゆう
伊達スバル:子安武人  橘平蔵:若本規夫 w

最後に個人的なこのアニメの評価 

ハヤテのごとく! 第五話 「不用意なボケと優しさが不幸を呼ぶ」

三千院家の親戚、愛沢家の愛沢咲夜がやってきて突如
ハヤテに芸人になるための指導を始める。
マリアは紅茶をきらしてしまい、ハヤテに
おろしたてで百着あればハヤテの借金を全額返済できるカシミヤのコート
を着てそれを汚さないように(ここ重要w)
紅茶を買ってくるように依頼する。
その買い物中にハヤテはどこか変わった少女鷺ノ宮伊澄と出会い
関わってはいけないと思いつつも困っている人を見過ごせない性格が
災いしてか関わってしまい、またもや騒動に巻き込まれることに・・・

ハヤテのごとく! 第4話 「はぢめてのおつかい~こちらスネーク。誰も応答しない」

ナギの忘れた弁当を届けに白皇学院に赴いたハヤテは
木にのぼって降りられなくなった桂ヒナギクと出会う

N・H・Kにようこそ!

題名を見て、NHKのアニメなのか?と気になって見てみると・・・

IHON IKIKOMORIYOUKAI

キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!

主人公の佐藤達広は引篭もり、その原因はN・H・Kの陰謀だと考えている
ある日突然中原岬という少女が現れ、佐藤を「プロジェクト」に抜擢し引篭もり脱出を図る

とまあそんな話ですが、
このアニメの見所はやはり佐藤君のダメ人間っぷりでしょうw
引篭もり・エ ロ画像収集・盗撮・自殺未遂・ネトゲ中毒・悪徳商法にはまるetc
佐藤君は悲鳴も含めてよく叫んでましたね~(笑)

この話は妙にリアルである意味アニメを逸脱していた部分もあったかとw
途中でちょっと飽きましたがなかなか面白かったです

N・H・Kにようこそ! 通常パック<オリジナル無修正版>第1巻
OP「パズル」 
ED1「踊る赤ちゃん人間」 ED2「もどかしい世界の上で」

主な声優
佐藤達広:小泉豊 中原岬:牧野由依 山崎 薫:阪口大助 柏瞳:小林沙苗

そういや登場人物も少なかったな~
佐藤君の声はオコジョさんの槌谷君の人ですw(←知ってる人いるのかw?)
基本的にそんなに有名な人はいなかったですね、坂口さんくらいかな?

最後に個人的なこのアニメの評価 

2クールで中盤以降飽きることも多かったですが、なかなか面白かったです。

ハヤテのごとく! 第3話 「世界の中心でアイを叫んだり叫ばなかったりな獣とロボと執事」

執事長クラウスにより取り行われた
適正試験に無事(?)パスしたハヤテだった

アイドルマスターXENOGLOSSIA 第4話「餃子とアメリカンドック」

いろいろな確執があり仲の悪かった春香と伊織が
互いに共通する部分を見つけ、共通の敵(真w)を持つことにより
多少打ち解け始めた

ネーブラ直すのはやっ!(ノ゚ο゚)ノ
あれだけひどい壊れ方だったのに、、優秀なスタッフだな~

伊織はただ自己顕示欲が強いキャラだと思っていたら
あんな一面を持っていたのかφ(..)
最後のホットドッグなにもかかってね~(´Д`)いやがらせかw?

雪歩もやっと出番が増えてきた! 
しかし未だにボケとツッコミくらいか・・・
パイロットとしての能力はどうなんだろう?最終話までに乗れる時がくるのか!?
このままボケ役だけなんてダメ!絶対!!

そういえばあの学校の生徒は一体?
カモフラージュに普通の生徒もいるのか?
今までの話ではそんな雰囲気なかったと思ったが・・・見直してみるかな


OPも慣れてきて気にいってきた
「私がた・ち・む・か・う」のところがいい
ただIDOLの激突シーンの効果音は無いほうがいいと思うが・・・

次の記事を書く活力に よろしければ押してください^^

ハヤテのごとく! 第二話 第2話 「三千院ナギの屋敷と、新たなる旅立ち」

昨日から見始めて早速はまりましたw
1話のレビューは雑記の中ということで2話から今さらですが書きます^^;

見たいアニメが増えていく

昨日はちょっと時間があったものだったのでまず
「エル・カザド」というアニメを見始めました
けっこうシリアスそうな話ですがなかなか面白そうだなと思い見ることにしました

主な声優
ナディ:伊藤 静 エリス:清水 愛

主人公は伊藤静さんかー今まで見てきたアニメで演じてた時と感じが違うな~
 
それと知人からの紹介で「ハヤテのごとく!」を見始めることにしました

[ 2007/04/26 00:59 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

らき☆すた 第3話「いろいろな人たち」

今回はまずは制服の衣替えのネタから、かがみが
衣替えの時期にクラスの一人くらいは冬服のまま来る人
がいるのよね~っと言っていたそばからつかさが・・・

キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

やっぱりつかさはかわいいなあ~w
毎回あの真面目なんだけどドジなところに癒されます(゜▽゜)

いぬかみっ!

昨年見た3つ目のアニメ「いぬかみっ!」
この作品に関してまず最初に言うべきことは・・・

変態が多すぎw

しかも主人公の川平啓太が全裸になる場面が異常に多いです
(原作のラノベじゃどうやって表現しているのか気になりますねw)
その結果何度も警察官に捕まり、刑務所仲間に付けられた名は「裸王」
あれだけ留置所に入れられた主人公も珍しいのではw?

個人的に好きな話は
啓太が全裸で旅館をよじのぼる話
啓太が河原崎に魔道具で女のスク水着せられて警察官に捕まった時に
趣味だと言い張って切り抜けた話

下着ドロの師匠が帰ってきた話 です
(下着ドロの師匠の声は杉田智和さんがw)

とまあそんな変態アニメですが、最終話の予告で
「ここまで応援してくれた君も立派な変態だ」みたいに言われましたねw
全体的にハイテンションでかなり面白かったです
次回予告の仮名さんのナレーションもかなりうけますw

いぬかみっ! VOL.1っ!! 特別装丁版
OP「ヒカリ」歌:堀江由衣  ED「友情物語」歌:Aice5
ヒカリは気に入ってます、EDも明るくて好きです

主な声優
ようこ:堀江由衣 川平啓太:福山 潤 はけ:中村俊洋  仮名史郎:速水 奨 
なでしこ:名塚佳織 赤道斎:若本規夫

堀江由衣さんは何をやらせてもうまいですね、どちらかといえば
ようこみたいなキャラの方が多い気もしますが。
福山潤さんをこの後見たのはコードギアスのルルーシュ役だったかな、
大分声が違いますがこちらが地声に近いそうです。
若本さんは相変わらずの巻き舌をwしかしものすごい変態役だったな~w

最後に個人的なこのアニメの評価 A-

最後の4話くらいは正直つまらなかったですが、全体的に面白かったです。
そして私はこれを超える変態アニメを見たことがない!

灼眼のシャナ

ハルヒを見終わり次に何を見ようかと、当時の自分はまったく検討もつかない状態でしたがイラストの"いとうのいじ"さん繋がりで見始めました

1話を見た第一印象はシリアスで暗い話というものでした(-_-;)
主人公(だと思う)の坂井悠二は1話でいきなり死んでるし、
敵の燐子(りんね)のキューピーみたいなやつはキモイしw

ただ見ていくにつれてシリアスとコメディーがバランス良く散りばめられていて
最初の印象とは違い楽しく見ることができました(≧▽≦)

途中吉田一美とのバトルなども挟みますがw
基本的にはシリアスな話で戦闘はきっちりとこなしています

戦闘などはいいのですがアニメでは如何せん設定や
用語の説明が不足
していた気がします(それを言ったらハルヒなんて・・・w)
原作は未だに未読ですがそっちのほうが面白そうな気がします
ただ聞いた話では小説ではシャナと吉田のバトルが泥沼化しているとか。
なんだかなぁ~( ・_・)_θ☆

まあこの作品については・・・
「うるさいうるさいうるさい!」
に尽きますね(笑)
灼眼のシャナ
1期OPテーマ 「緋色の空」 1期EDテーマ 「夜明け生まれ来る少女」
2期OPテーマ 「being」   2期EDテーマ 「紅の静寂」
OPでは1の方が好きですね「風になびかせ 線を~」
の部分がけっこう好きです。EDは2つめは聞いて無いです( ̄□ ̄;)

主な声優
シャナ:釘宮理恵 坂井悠二:日野 聡 吉田一美:川澄綾子w
アラストール:江原正士 マージョリー・ドー:生天目仁美

他にも有名人多数ですがこの辺までで(;^^)
ヴィルヘルミナ辺りはかかないと怒られますかね?w

とにかく灼眼のシャナは釘宮さんでしょうw
この時は気にしてませんでしたが川澄さんも後にいろいろなアニメで見ることに、
生天目さんにはとあるアニメでショックを与えられましたw

余談
しばらくして「ゼ○の使い魔」という作品を見て既視感を感じました(笑)

最後に個人的なこのアニメの評価 B-

アイドルマスターXENOGLOSSIA 第3話 「アイドルとマスター」

今回はアイドルマスターになるための訓練
が始まり、誰も動かせなかったインベルを
春香が主人公パワーで動かすという話

課課のジョセフって人の言動を見てると
舞-乙HIMEのナギ大公的なキャラの雰囲気を感じる
いつ寝返るか分からんから注意すべきだなw

インベルはロボットのくせにうじうじしすぎ
外にでるのが恐いって、、
あんたはN・H・Kにようこそ!の佐藤君かっ!!
挙句の果てに春香監禁してるしw
ブライト艦長呼んできて修正してもらったほうがいいね( ̄∀ ̄)

水瀬伊織は久我なつき的なキャラなのかな?
似たようなシーンがあったな~w

アイドルマスターXENOGLOSSIA 第2話 「アイドルのマスター」

普通のアイドルを夢見ていた春香は、iDOLの本当の意味を知らされとまどっている模様そりゃそうだろw アイドルじゃなくてただのパイロットだしねw

原作とはこの辺りで話が分岐してるのかな?
原作でもロボットってことは・・・まず無いかw

春香は結局はその話を受けることにしたようです
そうしないと話進まないしね

舞-HIMEの頃のはるか(cv柚木)の様なヨゴレ(?)役
今回は小清水さんがやるのか~w
あのシリーズじゃはるかは全体を通してボケ役だったから
今回もそんな感じなんだろうな

今回も柚木さんでてるしまた「あの、ぶぶ漬け女!」
ってセリフやってくれないかなw
無口キャラって書いてあるから無理か・・・

田村ゆかりは単なるデコキャラか?

アイドルマスターXENOGLOSSIA 第1話 「上京ペンギン」

アイドルマスターか~
だいぶ前にCMでやってた気がするな、たしかアイドル育成ゲームだっけ?
ってな感じでなぜか見始めることにゞ(ーー*)(なぜだ?

最初のシーンからなぜか意味深に重々しい雰囲気だな
とか思いつつも見ていると・・・

堀江由衣キタ━━━(゜∀゜)━━━ !!!

ということで堀江由衣さん登場!
まあそれだけです、、大ファンなものでつい^^;

話が進んでいくとアイドルが「iDOL」というロボット(?)
ということがが判明(゚Д゚)
どうやらロボットアニメだったようだ!!

てっきりアイドル関係の話だと思っていたから
思いっきり虚をつかれた(。・_・。)
ここまで予想と違ったのはひぐらしのなく頃に以来かな~w

その他の声優の配役を見て、あれ?この声優陣って・・・
と思い調べると「舞-HIME」シリーズと同じであろうスタッフ
ということが分かった

「舞-HIME」シリーズは個人的にも高評価
のアニメなのでこの作品の今後にも期待したいo(*°∀°)o

あのスタッフってことは最後は仲間同士で争って
石田さんが敵ってことなんだろうな~(笑)

OP「微熱S.O.S!」 ED「悠久の旅人 ~Dear boy」

主な声優
天海春香:井口裕香 萩原雪歩:堀江由衣 水瀬伊織:田村ゆかり 
高槻やよい:小清水亜美 秋月律子:中原麻衣 如月千早:清水香里
リファ:ゆかな 鈴木空羽:高橋美佳子 大道楢馬:小野大輔  
宗方名瀬:能登麻美子 カラス:石田彰

これだけいると誰が「主な」かが分からんな~
最近は小野さんと高橋美佳子さんの出番が多いようでw

涼宮ハルヒの憂鬱2

前回に引き続き「涼宮ハルヒの憂鬱」について書きます

OPテーマ「冒険でしょでしょ?」:平野綾
EDテーマ「ハレ晴レユカイ」:平野 綾/茅原実里/後藤邑子

両曲とも大好きです(゜▽゜〃)
昨年の初夏はほとんどこの2曲を聴いていましたw
軽快でテンポの良い曲が好きなものでハレ晴れは1回聞いたときから気に入りました!
キャラクターの動きも素晴らしいです!!

ちなみに「恋のミクル伝説」も勿論好きですよ(゚-゚*)
後藤さんは実に巧く音痴に歌いますね~


主な声優
涼宮ハルヒ:平野綾 キョン:杉田智和 長門有希:茅原実里 
朝比奈みくる:後藤邑子 古泉一樹:小野大輔 
朝倉涼子:桑谷夏子 鶴屋さん:松岡由貴  

こんなもんでいいかな?谷口・国木田はともかくキョンの妹は入れるべきかなw

見た時点では誰も知らなかったのですが、まず最初に、、

後藤邑子さん最高!
  _  ∩
( ゚∀゚)彡 ゴトゥーザ様!ゴトゥーザ様!
 ⊂彡

って感じにw
2話で部室に連れてこられたシーンから最高でしたあの声は反則ですよ^^;
現実の知り合いはみくるの批判家ばかりですがあの容姿と声を持つお方に対して許せん!
キョンとともに粛清に向かわねばwってことで最初はみくる好きになりましたw

ただ、原作を読むとみくるよりも長門の方が好感度が高かったです。
とくに消失の長門はいいですね(メガネは除いて)
メガネ属性のない私から見れば、10話で眼鏡属性無い発言をして
長門の眼鏡を外させた時に「キョン、よくやった!」とか思いました(笑)
メガネ属性の方ごめんなさい^^;
茅原さんはまだあまり多くの作品には出演していないようですが実に良かったと思います。

朝比奈さんと長門まあ結局は両方好きです(無論ハルヒもですがw)
どちらかといえば朝比奈さ(ry

「ゲームが弱く語り好き」であり
「ニヒルな見た目は好青年」であり
「閉鎖空間では過激」 であるw
SOS団副団長古泉一樹
涼宮ハルヒの憂鬱 古泉一樹 キャラクターソング

SOS団の中では一番日陰のポジションにいる古泉ですが、語り好きということもありその声優は重要でしょう。美少年キャラはけっこう高い声で優男にされてしまう事が多いように感じますが古泉がそうならないで良かったです。

小野さんの声は何か裏がありそうな感じでいいですね
ピッタリだったと思います。こんなことを気にするのは私がただ単に古泉好きだからですねw
別にBLが好きなわけでは断じてないですよw

平野さんと杉田さんのこと何も書いてなかった・・・
もちろん言うまでも無くあの2人もすごく良かったですよ、
しかし長くなってしまうので続きは書けたらいつかということに( ̄▽ ̄;A

最後に
個人的なこのアニメの評価 
涼宮ハルヒの憂鬱 1 通常版

当ブログについて

<ブログ方針など>
このブログはアニメに関する事を中心に更新しているブログです。
過去に見たアニメや現在放送中で見ているアニメの感想などを書いていくつもりです。

ここの感想はあくまでも個人の主観なのでもし当ブログを見て不快に思う方がいらっしゃれば見られるのをお控えくだい。また仮に作品について面白くないなどと書いてある場合でも決してそれを楽しむ方を批判するものではありませんのでそこはあらかじめご了承ください。

なお感想は一部が砕けた感じの表現になっており時には皆様の機嫌を損ねてしまうことがあるかもしれませんが極力気をつけたいとは思いますのでご協力お願いします。客観的に見ても著しく不適切な場合などは修正削除にも応じますので指摘していただければ幸いです。

また当ブログは最後まで見たアニメ作品に対して独自のアルファベット評価を導入しておりますがその意図や基準については個人的評価についてをご覧下さい。



<リンク・コメント・トラックバックについて>
当ブログはリンク・コメント・トラックバックはフリーです。記事と全く関係ないものや好ましくないものに関しては削除させていただくこともありますが御了承ください。


<コメント>
記事に全く関係ない内容であったりコピペのみの貼り付けはご遠慮ください。(用事などの場合はどの記事にコメントしていただいても問題ありません)。またどの作品の感想も基本的に先の展開を知らない事を前提としているのでネタバレに繋がるコメントはご遠慮願います。

お受けしたコメントはなるべくお返ししたいとは思っておりますが100%の返信を管理上の義務としない事をご了承ください。荒らし行為、上から目線、攻撃的な口調と受け取れるコメントは削除対象・禁止対象にさせていただきます。記事に対して意見・反論などがある場合はそういう時こそ冷静な口調でお願いします。


<トラックバック>
お受けしたトラックバックについては極力お返ししたいとは思っておりますが受けたら絶対に返さなくてはいけない、それをしないこと=失礼だとは考えておりません。自分が活動していくにあたって負担にならない程度に気楽に使っていきたい機能だと考えております。なので送らなかったから、返さなかったから敵視しているなどということもないですし、またこちらからのTBに関しても同じように気楽に対応していただければ幸いです。



最後に、管理人はまだまだ未熟者であり文章能力にも長けておりませんが自分が思ったことを言葉足らずであっても分かり易く書き記すことを心がけています。よろしく願いします。

ムメイサ

[タグ] ブログ運営
[ 2007/04/18 20:57 ] 当ブログについて | TB(0) | CM(0)

涼宮ハルヒの憂鬱

今回は「涼宮ハルヒの憂鬱」について書きます

近年アニメを見なくなっていた私を再びアニメ界に引き込んだ作品です(*°▽°)
この作品ではなくてもそうなったかもしれませんが
ひとつのきっかけになったことは確実ですッ!
「確実!そうコーラを飲んだらゲップが出るっていうくらい確実じゃッ!」byジョ(ry

この作品から受けた衝撃は数多くありますが
注目すべきは私が原作未読であったことです( ゜▽゜;)

原作未読者の方なら共感していただけると思いますが
第一話を見てまず思ったことは・・・

なんだこりゃ!?( ・_・)

でしたw

登場人物の紹介もなしでいきなり「文化祭の自作映画」
って・・・まさに前代未聞のアニメです

そんな状態だったので1話はキョンの言うように
「ストーリーを追う気も失せて」適当に流しました(≧□≦)

2話は1話になっていて(見て無い人には意味不明だろうな^^;)
そこから本格的に見始め徐々にはまっていきましたw

声優・演出・絵など、どれを見ても素晴らしい作品でした。さらに私はこの後原作も読んでみて、アニメがいかに原作に忠実かということを思い知らされました。後に見る大抵のアニメは原作よりもクオリティーが落ちることがほとんどでしたがこの作品は違いました 素晴らしいことですね(^▽^) もちろん原作と違った良さをだす作品も好きですよ。

長くなりそうなので声優や歌などについてはまた後日に(*^‐^)_且
余談ですが一通り見終わった後に1話を見るとかなりおもしろかったですw
特に古泉のわざとらしい演技がうけましたw

この記事の続き
涼宮ハルヒの憂鬱

らき☆すた 第2話 「努力と結果」

2話目を見て、面白い!

画面を左右で割ってるシーンが2回あったけど
あのシーンは両方とも面白かったw
最初はつかさはほとんど寝てるだけだし
次はこなたがパソゲーしてるだけw

あとは最後のバイトのネタも面白かった
平野綾さんもあのやる気の無い演技はうまいな~

何気にけっこう小ネタも入ってるな
クレーンキャッチャーに「ケロロ軍曹」が
太鼓の達人で「ハレ晴れユカイ」が
本屋のバイトのシーンに「SHUFFLE!」のシアが

話の場面が移り変わるのにも慣れてきて
あまり気にならなくなってきたし内容も気に入った。

意見は人それぞれだと思うけど見るとけっこうはまるかもw

らき☆すた 第1話 「つっぱしる女」

京アニの作品ということで見てみることに

OPを見て、チアダンス関係の話なのか?
とか思っていると・・・・・全く関係ねーw
OPの動きの多さに比べて中身はほとんど動かないしw

チョココロネの話で1話終わるかと思ったw
ものすごく長い雑談だったな~

1話を見てけっこう話が飛び飛びなので内容が掴みずらかったが
(ハルヒ1話ほどじゃあないがw)概ね学園コメディーのようだ。
その後調べて見ると原作は4コマらしい。
はあ~なるほどなるほど(..)

世間では賛否両論らしいけど、
個人的には主人公の無気力さとか他のキャラには
無い特殊属性とかは面白いと思う

つかさは普通に好きですw
とにかく2話以降も見ることにします

オープニングテーマ
『もってけ!セーラーふく』 スピーディーで結構いいですね

主な声優
泉こなた:平野綾    柊つかさ:福原香織  
柊かがみ:加藤英美里  高良みゆき:遠藤綾
プロフィール

Author:ムメイサ
カテゴリー
アーカイブ

2017年 03月 【32件】
2017年 02月 【13件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【15件】
2016年 11月 【7件】
2016年 10月 【13件】
2016年 09月 【14件】
2016年 08月 【14件】
2016年 07月 【12件】
2016年 06月 【14件】
2016年 05月 【9件】
2016年 04月 【13件】
2016年 03月 【15件】
2016年 02月 【10件】
2016年 01月 【7件】
2015年 12月 【27件】
2015年 11月 【16件】
2015年 10月 【26件】
2015年 09月 【34件】
2015年 08月 【17件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【32件】
2015年 05月 【26件】
2015年 04月 【27件】
2015年 03月 【20件】
2015年 02月 【18件】
2015年 01月 【33件】
2014年 12月 【35件】
2014年 11月 【38件】
2014年 10月 【26件】
2014年 09月 【26件】
2014年 08月 【14件】
2014年 07月 【22件】
2014年 06月 【20件】
2014年 05月 【17件】
2014年 04月 【14件】
2014年 03月 【37件】
2014年 02月 【32件】
2014年 01月 【34件】
2013年 12月 【26件】
2013年 11月 【29件】
2013年 10月 【29件】
2013年 09月 【23件】
2013年 08月 【17件】
2013年 07月 【27件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【25件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【27件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【37件】
2012年 12月 【26件】
2012年 11月 【27件】
2012年 10月 【34件】
2012年 09月 【28件】
2012年 08月 【26件】
2012年 07月 【39件】
2012年 06月 【35件】
2012年 05月 【30件】
2012年 04月 【43件】
2012年 03月 【36件】
2012年 02月 【36件】
2012年 01月 【20件】
2011年 12月 【34件】
2011年 11月 【25件】
2011年 10月 【72件】
2011年 09月 【42件】
2011年 08月 【52件】
2011年 07月 【53件】
2011年 06月 【45件】
2011年 05月 【49件】
2011年 04月 【59件】
2011年 03月 【36件】
2011年 02月 【47件】
2011年 01月 【49件】
2010年 12月 【44件】
2010年 11月 【43件】
2010年 10月 【43件】
2010年 09月 【42件】
2010年 08月 【41件】
2010年 07月 【40件】
2010年 06月 【41件】
2010年 05月 【38件】
2010年 04月 【41件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【45件】
2010年 01月 【49件】
2009年 12月 【42件】
2009年 11月 【36件】
2009年 10月 【35件】
2009年 09月 【57件】
2009年 08月 【47件】
2009年 07月 【46件】
2009年 06月 【58件】
2009年 05月 【63件】
2009年 04月 【52件】
2009年 03月 【52件】
2009年 02月 【39件】
2009年 01月 【51件】
2008年 12月 【61件】
2008年 11月 【61件】
2008年 10月 【68件】
2008年 09月 【69件】
2008年 08月 【59件】
2008年 07月 【63件】
2008年 06月 【50件】
2008年 05月 【49件】
2008年 04月 【47件】
2008年 03月 【59件】
2008年 02月 【68件】
2008年 01月 【64件】
2007年 12月 【62件】
2007年 11月 【70件】
2007年 10月 【63件】
2007年 09月 【59件】
2007年 08月 【52件】
2007年 07月 【51件】
2007年 06月 【31件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【21件】

アクセスランキング
検索BOX・タグ一覧
カウンター