ムメイサの隠れ家

放送中の深夜アニメの各話毎の感想を中心に更新しています。全話視聴したアニメ作品の総評なども。
月別アーカイブ  [ 2007年07月 ] 

≪ 前月 |  2007年07月  | 翌月 ≫

ひぐらしのなく頃に解 第4話 厄醒し編其の参「予定調和」

ひぐらしのなく頃に解の簡易感想いきます。

ついに綿流しの日がやってきてしまいました。そして毎回時報となる富竹(と鷹野さん)は相変わらずの死(笑) なんかもう、この人は死んでも惨劇と言う印象が消えてますw 
さらに入江が自殺してしまいました。入江の出番ってあの変態パートだけかw

完全にアニメオリジナルストーリーな訳ですが、今回の編では圭一達は全員スルーなんですかね?だとしたらなぜわざわざ詩音をこういう形で登場させたか分かりませんね、皆殺し編あたりで梨花の心理描写を分かりやすくするためでしょうか。どっちにしても厄醒し編は沙都子が中心であることは間違いありません。この編では絶対に大災害の補完をするはずなので、沙都子だけが生き残って雛見沢大災害を眼のあたりにするとかそんなオチだと予想します。

ゼロの使い魔~双月の騎士~ 第4話 「ヴァリエールの三姉妹」

ゼロの使い魔4話の感想です。

らき☆すた 第17話 「お天道様のもと」

胸の差
「周りの人を見ていると、姉妹って片方が片方の何かを吸収してるよね」
とこなたと話していたことをみなみに告げるゆたか、
みゆきさんと姉妹のように仲が良かったためにその話を聞き胸の差を納得するみなみ
「なるほど・・・吸収か」とつぶやくところがなんともw
しかし相手があのみゆきさんでは比べてもね^^;
みゆきさんのスカートを無言で引っ張ってるところとかは可愛いですね^^

ハヤテのごとく! 第18話 「レアカードは水着です」

白皇学院の臨海学校に参加するハヤテであったが、向かった先には妙なクリエイターがいて臨海学校は滅茶苦茶にされてしまう・・・・
臨海学校1
OP前のセリフに
ナギ「なんだ、急に夏休みエピソードか?」
ハヤテ「ローテーションの都合上、18話と20話を急遽入れ替えたようです」

スカイガールズ 第4話 「休日の街角」

冬后中佐の粋な計らいで初めての休みをもらった3人は街にくりだす。
休日を満喫する3人であったが可憐が兄様からもらった万年筆を落としてしまい・・・
万年筆
今週は兄様で始まり兄様で終わりましたw
カフェで休憩してるときに兄様の話題がでてきたけど、可憐も詳しいことを
知らないということは、兄様は既に死んでいるか最初から居なかったなんて
展開もありそうだなと思いました。

ハヤテ
新キャラハヤテ速水登場。
拾った万年筆をとどけただけなのに痴漢と思われホウキでたたかれるとは、
ハヤテ並の不運キャラw?
街で会って次の日に軍で再会、なんてベタなんだw
コックじゃなくて通信士なのか、じゃあなんで料理してるんだ?
それにしても凄い落し物発見能力だな、きっとハーヴェストを使っているに違いない(ぇ
何気にドネルケバブ屋のところの背景にいるしww
関係ないがドネルケバブを見るとjojoのジョセフのやり取りを思い出すw

スカイガールズ4話
瑛花さんもだいぶ丸くなってきたのか普通に仲良くなってますね。
お茶を差し入れるところなんか完全にツンデレw
レアチョコを見て我を忘れたところを見られてツンツンしているところが面白かったw
音羽は喰いすぎw

来週は特訓話か、けっこうスローペース。敵はいつごろから出てくるんだ?

ひだまりスケッチ

声優を見て後藤邑子さんがいたので釣られて見る事にw

物語はいわゆるほのぼの系ストーリーというやつですね。
それとストーリーの時系列がハルヒの様にバラバラになっていました。

全体的にゆるい話が多くてテンポもそれほど良くはなかったけどどの話もまったりと楽しめるし、個人的にはゆのの可愛さでも十分アクセントになっていたので楽しめましたw

それから吉野家先生が面白かったですw
写真集をだしたり、後夜祭でゲリラライブをしたり、あんな先生が担任だったらいいな~(笑)

ヒロさんも好きだったけど終盤はほとんどメデューサのネタキャラだった気がw
背景で人形とかが勝手に動いてたりするシーンが多かったけどあれはスタッフの遊び心かな?

ひだまりスケッチ Vol.1
OP「スケッチスイッチ」 ED「芽生えドライブ」
OPはかなり好きですね、基本的に声優さんが複数で歌う曲は好きかも。

主な声優
ゆの:阿澄佳奈 宮子:水橋かおり ヒロ:後藤邑子
沙英:新谷良子 智花:釘宮理恵 吉野屋先生:松来未祐
校長:チョー 大家さん:沢城みゆき うめ先生:蒼樹うめ

ゆの役の阿澄さんは初のレギュラーらしいですがキャラに合っていて良かったです。
水橋さんはなぜかユーノ君しか思い浮かばないw 演技は良かったです^^
ゴトゥーザ様キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!
と言っても今回は知っていたのでそういう驚きはさほどなく(笑)
新谷さんはミルフィーユの印象が強いけどいろいろな分野をこなしますね。
松来さんは吉野家先生のノリを演じるのが巧かったですw
※最後の蒼樹うめさんは声優ではなく原作の作者ですw

個人的なこのアニメの評価 

キャラが気に入って、演じている声優さんも良かったので楽しめました。

(ひだまりスケッチ特別編 前編の感想)
(ひだまりスケッチ特別編 後編の感想)

School Days 第4話 「無垢」

相手の体にしか興味の無い誠は、言葉が自分の思い通りにならないことに苛立ちを感じ始め2人は気まずい雰囲気に。そのことを世界に相談した誠は世界と「特訓」することになった・・・・
スクールデイズ4話
誠と言葉は屋上でのいきなりあんなシーンから・・・
「頑張るっていったじゃないか」
とかまた人のせいにしてるし、その後も謝ってるけど絶対反省してないな。
そのくせ電車で勝手に拗ねてるし最低すぎるwww
言葉も誠に惚れるだけあって普通じゃないな、恋愛小説の読みすぎw

世界と誠の相談聞いてて思ったが場所の問題じゃないだろ。
もちろんそれもあるだろうけどこの場合順序の問題じゃない?
二人ともそれを当然のことのように考えすぎだろ。

世界も遂に動き出しましたね、特訓とか言ってあんなことを、
誠も特訓中に欲情、結局相手は誰でもいいのかこのケダモノは。
誠「今度また特訓の続きを・・・」 もうだめだこいつはw
いっそこの話で特訓を目撃した言葉が誠を殺して終わりでも良かったかもw

School Daysビジュアル・ガイドブック (JIVE FAN BOOK SERIES) School Daysビジュアル・ガイドブック (JIVE FAN BOOK SERIES)
ピーズサイテック (2005/09)
ジャイブ

この商品の詳細を見る

風のスティグマ 第16話 「父と子と」

ゆかりがテレビのプレゼントで温泉旅行を当て、綾乃はいつもの3人に和麻と煉を加えて温泉旅行にくりだす。しかしその裏には恐るべき陰謀が隠されていた。さらに温泉には偶然にも和麻の父厳馬が来ていた・・・・
宗主wwwww

宗主wwwww
今までも何度もこんなことしてるけど今回は特に露骨だな。一生に一度の頼みと称してゆかりと七瀬に頼むなんて、煉も流石に呆れ気味。和麻にはまたあっさりとばれてるし(笑)
「男と女、そして温泉。もはやこれを超えるシチュエーションはあるまいこれなら今度こそ間違いが・・・んふっ!完璧だ!!」
と一人妄想してほくそ笑む宗主、本当に最高のギャグキャラだw
しかし厳馬が丸投げ温泉に向かったという話を聞き愕然、ありえない偶然だなw

露天
煉はあの3人と一緒に行動してても全く不自然じゃないな。
和麻も「男は黙って露天風呂」と変なこだわりを持ってるなw
てっきりあの場面で厳馬と遭遇かと思いきやキャサリンと遭遇、キャサリンは和麻の
「あんなもの」まで見てしまったそうですw これで綾乃よりも相当リードだな、
コンヨークしたことよりもそっちを自慢したほうが綾乃のショックもでかかったのではw?

<そしてついに遭遇する二人>
決闘
ぶっ!なんだこの戦い、このアニメの中じゃ今までで一番熱いんですがw
なんか展開が別のアニメになってるみたいだ、それにしても二人とも建物破壊しすぎだろw

<和麻が風呂に行ったと聞きもしかしたら厳馬もと気づく煉達だが>
遅かった
時既に遅しw  
この2回目は和麻と厳馬の遭遇のシーンもなしに
煉の驚きの次のカットからいきなり始まっている演出が良かった。

風呂で第3ラウンドまでやってるし、いつまで続ける気だこの2人は(笑)
厳馬「これ以上はホテルに迷惑だ」
って、何を今さらw 最初のやりあいから大迷惑だろwww
結局この旅館の修理代は宗主が払うことになったのかな?一応神凪家の関係者がらみだし。そういえばキャサリンはエロエロ女の意味は分かるんだなw

最後のオチも笑えた、また戦いになりそうだなw 来週からは本編か?

ながされて藍蘭島 第17話 「とりかえて、魔法」

ちかげは書物の山から魔法書を見つけ、それを悪用し島中の人間を動物に、動物を人間に変える魔法実験をおこなった。ほとんどの者が自分の姿が変わったことにすら気がついていないが、村の外れに住んでいた行人とすず、まちを盾にしてなんとか難を逃れたあやねがちかげに立ち向かう・・・・
変身
序盤からぱな子さん登場、ちかげを圧倒する威圧感はさすがですねw
みんな自分の姿が変わったことに気がついてないのか、
すずは声的にあの姿でも可笑しくは無いな、とんかつはなぜリアルにw
からあげの奥さんは人間のほうが声もあってるなw
ゆきのとくまくまは無理があるだろw
まちは神出鬼没で自由気ままに飛び廻るところが意外と合ってるかもw

アイドルマスター XENOGLOSSIA 第17話 「迷子の兎」

朔響に素性を疑われ始めた雪歩は行動を起こし基地に戻れなくなってしまう。偶然にも街で春香と遭遇し始めてできた友達を失いたくないと思いつつも、自分の一番大切なものへの想いが勝り雪歩は春香のもとから去る・・・・
アイマス17羽
子供が何人も並んでたシーンを見ると雪歩もリファのように作られた生命体なのかな?
それにしては普通に年も取っているみたいだし普通の孤児だったという方が妥当かな。
やっぱりこういう展開になりましたね、今後は春香と戦うことになるのでしょう。

やよいと伊織はいまだにサンタを信じているらしい、そんなことでまた言い合いをw
インベルにオセロ機能つけたのだれだよw?
あんなものつけなければハーモナイズのシンクロ率も下がらなかったんじゃねw?

石田が"お母様"を連呼して組織内の違う派閥の博士達を皆殺しに。
トゥリアビータにも急進派(闘争派)と穏健派があるようですね、
組織の最高クラスの幹部っぽい石田を初めとするアイドルチームは前者のようです。
「一つ、お教えしておきましょう。博士ではなく、お母様です」
そこは重要なのか、変なところにこだわる人だなw

量産型エピちゃんが攻めてまいりました、来週は激しい戦いになりそうですね。
シンクロ率が下がったインベルが動けるのか、
雪歩が名瀬に残したものはなにかの策謀なのか
などに注目です。

次回予告はふんどしw
声が小野大輔さんと高橋美佳子さんだから面白いなw 護君の2人を思い出した。

アイドルマスター XENOGLOSSIA 5 [DVD]アイドルマスター XENOGLOSSIA 5 [DVD]

バンダイビジュアル 2007-11-23

ななついろ★ドロップス 第4話 「夏色のプールサイド」

星のしずくを発見するも、水が恐くてとることができないすもも。そんなすももをライバルとして見かねた結城(アスパラ)は指導として24時間以内にそのしずくを取ることを指示する・・・・ななついろ4話
今回の題名を見てなぜか「恋と欲望のプールサイド」を思い出したw
あの学校の先生授業休みすぎじゃない?しかも代理は全てあのフィグラーレ男w
変なところで結城の石蕗フラグが立ったっぽい。
すももの水へのトラウマは1・2はどうでもいいとして3が全てかな。
撫子はもう普通に聖杯戦争しずく集めに参加してるけどいいんだっけ?
2話でやってた信じられる者同士のなんたらで良くなったのかな、良く覚えてないな。
アスパラの正体を一瞬で転校してきた結城と見破るあたりは流石に冷静だ、
といってもあれはアスパラが間抜けなだけかw

フィグラーレの2つの学園についてフィグ男が語ってたけど、片方の学園の制服がすももの母親がすももに作った衣装ということや、すももの母が長期不在のところから見て、おそらくすももの母はフィグラーレになにか関係しているということでしょう。
それにしても石蕗はイケメンすぎwww

ひぐらしのなく頃に解 第3話 厄醒し編其の弐「無力」

ひぐらしのなく頃に解の簡易感想いきます。

村人の沙都子に対する嫌悪はずっと続いていた。
あそこまで露骨に差別するのは酷いな、後の展開には必要なシーンな訳ですが。

亀田君登場。
K(圭一)との出会いで今後の彼の人生に大きな変化が(笑)
原作では確か祟殺し編で出てきていました、前作では省かれてしまっていたけど今回登場させてくれたのは嬉しいですね。できれば圭一とのアイコンタクトもやって欲しかったが時間的に仕方が無いか。

梨花の独り言の謎が序々に明らかに。
夜な夜な梨花がうぐぅな声と会話しておりましたw 原作での登場は皆殺し編だったので、
そこまで引っ張るのか次週あたりに登場するのか気になります。

もう綿流しが来てしまうようですね、皆殺し編とも違うみたいなので今回のラストは雛見沢大災害を補完する形で終わるのではないかと思います。

ストロベリー・パニック

世間では風当たりの強い作品という認識で、今まで見ていなかったのですが行きつけのブログの背景がこれになっていたので見てみました。見てみると完全な百合アニメでした、全話を通して男が一人も出てこなかったアニメを見たのは始めてかもしれません^^;

世間的にはいろいろ言われているのを目にしますがなかなか面白いというのが第一印象でした。ストーリーも読めそうでなかなか読めず、最終話まで目が離せない展開でした。
特にあの口先の魔術師(地球温暖化の人)の性格が急に変わるところとかは読めないw

個人的には特に玉青のキャラクターが気に入っていました。
次回予告での暴走も面白いし、渚砂の悲鳴を録音して興奮していたり、その他にも相合傘の話やエトワールに「私の渚砂ちゃん」と主張するあたりが本当に面白かったですw 次回予告の中では渚砂そっちのけで変な詩を詠んで妄想していたやつ、渚砂の夢の内容を執拗に聞くやつ、静馬に花をもらいに行こうとする渚砂を「いいえ」一言で止めるやつなどが印象に残りましたw

基本的に百合はそんなに好きではないのですが、
渚砂と玉青のような控えめ(?)なものであれば普通に見れると思いました。

できれば渚砂は最後までそっちの方向に目覚めないで欲しかったし、もし目覚めるなら玉青ENDで頼む、と思って最後まで鑑賞しておりました。自分の気に入っている可愛いキャラ同士なら百合も可とか、そんな感覚が芽生えたみたいですw

そんな考えで見ていたので最終回のショックは大きかったです・・・
このENDはSHUFFLE! と同じくらい気に入らない終わり方でした(´・ω・`)
全体を通して静馬の心情が良く分かりませんでした、序盤は変態だったけど徐々に落ち着いたり、途中で香のことを吹っ切ったと思えばまだ暗かったりで自分勝手すぎるキャラですね、このキャラさえいなければどんなに平和だったかなんて思います。まあ、そうだとしたら物語自体全く別物になっていますが。とにかく玉青が好きだったのでこんな意見を^^;

アニメ最萌トーナメントでも渚砂人気が低い理由があのENDで分かった気がします。
逆に千華留さんの人気が異様に高いのは主要キャラの中で唯一まともだったからでしょう。
あの人こそエトワールに向いてると思うのだが、自由がなくなってしまうか^^;
千華留さん主体の話ももっと欲しかったなw


ストロベリー・パニック 3 通常版
OP「少女迷路でつかまえて」 OP2「くちびる白昼夢(デイ・ドリーム)」
ED「秘密ドールズ」 ED2「苺摘み物語」
OP1は一回聞いたときから気に入りました、畑さんの作詞の曲はそういうのが多いですねw

主な声優
蒼井渚砂:中原麻衣 花園静馬:生天目仁美 涼水玉青:清水愛
此花光莉:松来未祐 鳳天音:甲斐田裕子 南都夜々:桑谷夏子
奥若蕾:野川さくら 源千華留:中島沙樹 月館千代:斎藤千和

中原さんの演じるアホの子は良かったです。
生天目さんは高貴な方を演じることが多いのかなw
清水愛さんは演じたキャラの良さもあり最高でした^^
夜々は桑谷さんだったのか、最後まで気がつかなかったな。

個人的なこのアニメの評価 B-

卒業後だとか学園の外の世界だとかそういった概念は排除して見れば楽しめると思います(百合に耐性がないときついですが)。本当はもっと好きだけどSHUFFLE!と同様に最後の展開が嫌いなのでB-にしました。

ゼロの使い魔 ~双月の騎士~ 第3話 「聖職者の剣」

ゼロの使い魔3話の感想です。

らき☆すた 第16話 「リング」

<携帯電話を新しくしたこなた>
携帯
待ちうけ画像がハルヒで曲が恋のミクル伝説w
今週はこれを皮切りにハルヒパロが凄く多かったな~

ハヤテのごとく! 第17話 「あなたのためにメイっぱいナギ倒します」

漫画賞に自作を投稿したナギだがあっけなく落選、そこには人生経験が足りないというアドバイスが載っていた。ナギは人生経験を豊富にするために普段の自分がしないこと、マリアさんの手伝いをすることにしたのだが・・・・・
マジデス
アバンのキャラ髪型的に西沢さんかと思ったw
実態はナギの描いた漫画、マジカル☆デストロイ、ナギは30分まるまる放送と宣言。
予告でそれは違うということをすでに知っているが本当にやったら打ち切りの可能性が^^; 「S○S団の超監督を凌ぐ才能を・・・」とナギは言っているが、
発想的には似たようなものかもしれないけど、むこうは役者が揃ってるしな(笑)

スカイガールズ 第3話 「飛翔」

訓練を積み重ね好成績を残した瑛花はソニックダイバーの初フライトを向かえる。しかしテスト中にシンクロ率が急に低下し窮地に陥る、緋月玲にも見捨てられそうになったその時・・・・
スカイガールズ3
今週はものすごくベタな展開でしたね。
瑛花はかなり努力をして成績もいいにも関わらずシンクロ率が低いけど、
対照的な成績の音羽は才能だけでどうにかしてしまうというありがちな展開。
何度注意しても名前で呼ぶ音羽に対して最終的に瑛花は、
「もう瑛花でいいわよ」
このセリフは絶対にあると思っていましたw

サービスw
サービス、サ~ビスゥ~
このアニメだんだんサービスが増えてきたようなw

新キャラ多数登場
新キャラ
エメレンツィアっぽいキャラは無口のイメージがあったけど関西弁。無口で関西弁って
珍しいな。なんだか声がキャライメージと合っていないような気がしました。
レイジンの整備士(右絵)はどのアニメにもいるタイプの男ですねw

次回は可憐中心の話みたいですね、
なんだか"あに様"という単語が異様に多くでてきそうな回だな(笑)
あの万年筆を拾っていたのはおそらくOPで料理してる男ですね。

School Days 第3話 「すれ違う想い」

言葉の家に招待された誠は、言葉の妹心になんで名前で呼ばないの?と質問される。何気ない質問であったが、言葉にも呼び方は大事と念を押され名前で呼び合うようになる2人。恋人っぽくなったと言葉は喜ぶのだが誠は・・・・
スクールデイズ3話
なにやら苛めっ子タイプの4人が登場、更に世界の友達らしき女に誠と言葉が一緒に帰るところを目撃されて世界にチクられていました。周りからは誠と世界が恋人に見えるみたいですね、普通そーだろうな。何気ないシーンだけど、今後誠が世界に乗り換える布石の1つでは?と個人的に予想します。

世界のバイト先はたぶんファミレスか喫茶店みたいだけど
なんだあの制服はwww
あれでファミレスってことは無いな、ひぐらしのエンジエルモートよりも酷いw
やっぱりBARとか?でも刹那のたのんだメニュー的には喫茶店っぽいが。
どっちにしても真っ当な高校生が働く場所ではないな(笑)

世界と誠の関係を探る刹那、
これは刹那も誠争奪戦に加わると見ていいんですかね?

言葉の妹の心はかなり天真爛漫だな、キョンの妹クラスかw
さりげなく鋭い指摘を入れるあたり全てが計算かも知れませんが^^;
最後に誠が「言葉と一緒だと疲れる・・・」と世界に愚痴を、
だったら早く別れろボケ!相手の体にしか興味がない本当に最低の男ですw

これで後に言葉と別れて世界と付き合うことになるか、それとも言葉と付き合いつつ世界と刹那を弄ぶかでしょう。しかしこの話は電車内や駅などの公共の場でいちゃいちゃすることが多いなw
School Days 第1巻(初回限定版) School Days 第1巻(初回限定版)
TVアニメ (2007/09/26)
AVEX GROUP HOLDINGS.(ADI)(D)

この商品の詳細を見る

風のスティグマ 第15話 「キャサリン・リターンズ」

綾乃にリベンジするために修行として一般人の前で手当たり次第に妖魔狩をするキャサリン。和麻にこのままでは綾乃には勝てないと忠告され、怒って和麻と対決するも一瞬で敗れてしまう。キャサリンは和麻をコーチとして雇い特訓をして綾乃に再戦を申し込む・・・
マック
なんとかは高いところが好きとか^^;
今週もキャサリンが派手に暴れていましたw
「あんなのが街をうろついていたら皆さんも迷惑でしょう?」
と信号機の上で得意げになっているが、
あんたがうろついてる方がよっぽど迷惑だろwww
どうでもいいがあのフラグ古典的だな~(笑)

ワクド
マクドナルド回なだけにワクドナルド登場
二人が綾乃の反応を見越していじるところが面白かったw

宗主はまたもやw もうそれだけですかこの人はw
このシーンは先週の使いまわしで手抜きだったけど、その手抜き感が逆に良かった。
この際宗主は最終話までこのシーンと縁側の茶だけでいいやw

個人的にオチは橘警視が来て和麻を持っていくと面白かったと思うのだが。
今週もけっこう面白かった、やはりこういう話のほうが面白いですね。
次回も緩めの話のようなので期待できそうです^^
風の聖痕(5)─緋色の誓約─

アイドルマスター XENOGLOSSIA 第16話 「アイドルとアイドル」

春香はやよいにつれられガールズサンタコンテストに出場しする。そこでやよいのところの社長の目にとまり本物のアイドルになってしまい、アイドルとしての忙しい生活を送ることにになり、インベルにかまってやれずハーモナイズにも影響がで始める・・・・
青汁
真は完全にトゥリアビータになじんでるな、千早と良いコンビになるかも。
春香はいつまでインベルを"部活の男の子"として隠し通せるのかw
インベルの正体と"内面"を知っている視聴者から見ると、この会話での
やよいのイメージと現実とのギャップが面白いですね。
しかも今回の話では春香とインベルが一線を越えたという誤解まで(笑)
どうでもいいが純喫茶ムッシュの青汁890円って高えw

サンタ
ガールズサンタコンテストって参加者自由っぽいのにテレビ放送あるのか?
伊織は相当嫉妬していましたね、伊織にとってもアイドルは憧れみたいですからね。しかし
あの髪型で「夜勤明けはきついわぁ」というセリフを聞くとかなり年老いて見える

課長www
前回入院したと思ったらあんな物を書いていたとは、しかもあの表紙w
水着回でのサービス(逆)といい妙なところで気合入れてるな(笑)

<インベルに新機能オセロ搭載!>
オセロ
かまって欲しいってもはやペットか、しかも前回見つかったからって
堂々と本人に盗撮映像を見せてる
しww

春香が忙しくなりかまってもらえなくなるとインベルは夜な夜な一人でオセロを起動w
あれはキテたなw 今後シンクロ率が下がって春香をのせなくなる時期がありそうだけど
応援しといて(いろいろな服装を盗撮するためw)かまってもらえなくなったらキレるのか。
やっぱりダメロボットだこいつ。

雪歩は完全に正体を表しはじめましたね、最後は凄い握力も披露(笑)

新OPを見ると亜美の妹がいたましたね。
ネーブラとヒエムスが戦っていたところを見るとヒエムスのパイロットは真かな?
エピちゃんは大量にいたけど簡単に吹っ飛ばされてたなw
雪歩はどうなるのでしょうね、テンペスターズあたりに乗るのかな?

次回予告が面白いw
課長「『ジョセフ・真月のお茶しませんか?』講師のジョセフ・真月です。」
亜美「アシスタントの双海亜美です」
課長「という企画を売り込もうと思うのですが」
亜美「テレビなめんなよ♪」
優しそうな口調であんなセリフをいうのがなんともw そこの印象が強すぎてあまり次回予告の内容を覚えてませんが、次回は雪歩との別れの話みたいですね。

アイドルマスター XENOGLOSSIA 3 [DVD]アイドルマスター XENOGLOSSIA 3 [DVD]
プロフィール

Author:ムメイサ
カテゴリー
アーカイブ

2017年 06月 【8件】
2017年 05月 【16件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【38件】
2017年 02月 【13件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【15件】
2016年 11月 【7件】
2016年 10月 【13件】
2016年 09月 【14件】
2016年 08月 【14件】
2016年 07月 【12件】
2016年 06月 【14件】
2016年 05月 【9件】
2016年 04月 【13件】
2016年 03月 【15件】
2016年 02月 【10件】
2016年 01月 【7件】
2015年 12月 【27件】
2015年 11月 【16件】
2015年 10月 【26件】
2015年 09月 【34件】
2015年 08月 【17件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【32件】
2015年 05月 【26件】
2015年 04月 【27件】
2015年 03月 【20件】
2015年 02月 【18件】
2015年 01月 【33件】
2014年 12月 【35件】
2014年 11月 【38件】
2014年 10月 【26件】
2014年 09月 【26件】
2014年 08月 【14件】
2014年 07月 【22件】
2014年 06月 【20件】
2014年 05月 【17件】
2014年 04月 【14件】
2014年 03月 【37件】
2014年 02月 【32件】
2014年 01月 【34件】
2013年 12月 【26件】
2013年 11月 【29件】
2013年 10月 【29件】
2013年 09月 【23件】
2013年 08月 【17件】
2013年 07月 【27件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【25件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【27件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【37件】
2012年 12月 【26件】
2012年 11月 【27件】
2012年 10月 【34件】
2012年 09月 【28件】
2012年 08月 【26件】
2012年 07月 【39件】
2012年 06月 【35件】
2012年 05月 【30件】
2012年 04月 【43件】
2012年 03月 【36件】
2012年 02月 【36件】
2012年 01月 【20件】
2011年 12月 【34件】
2011年 11月 【25件】
2011年 10月 【72件】
2011年 09月 【42件】
2011年 08月 【52件】
2011年 07月 【53件】
2011年 06月 【45件】
2011年 05月 【49件】
2011年 04月 【59件】
2011年 03月 【36件】
2011年 02月 【47件】
2011年 01月 【49件】
2010年 12月 【43件】
2010年 11月 【43件】
2010年 10月 【43件】
2010年 09月 【42件】
2010年 08月 【41件】
2010年 07月 【40件】
2010年 06月 【41件】
2010年 05月 【38件】
2010年 04月 【41件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【45件】
2010年 01月 【49件】
2009年 12月 【42件】
2009年 11月 【36件】
2009年 10月 【35件】
2009年 09月 【57件】
2009年 08月 【47件】
2009年 07月 【46件】
2009年 06月 【58件】
2009年 05月 【63件】
2009年 04月 【52件】
2009年 03月 【52件】
2009年 02月 【39件】
2009年 01月 【51件】
2008年 12月 【61件】
2008年 11月 【61件】
2008年 10月 【68件】
2008年 09月 【69件】
2008年 08月 【59件】
2008年 07月 【63件】
2008年 06月 【50件】
2008年 05月 【49件】
2008年 04月 【47件】
2008年 03月 【59件】
2008年 02月 【68件】
2008年 01月 【64件】
2007年 12月 【62件】
2007年 11月 【70件】
2007年 10月 【63件】
2007年 09月 【59件】
2007年 08月 【52件】
2007年 07月 【51件】
2007年 06月 【31件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【21件】

アクセスランキング
検索BOX・タグ一覧
カウンター