ムメイサの隠れ家

放送中の深夜アニメの各話毎の感想を中心に更新しています。全話視聴したアニメ作品の総評なども。

9月も終わりですね

9月もあっという間に過ぎ去ってしまいました。これで今年も残すところあと3ヶ月、早いものですね。今回は9月のアクセス解析でのサーチワードを検証してみます。
アクセス解析9月

1・2・5・7位で跳びぬけたサーチ数を誇るのは「ひぐらし 放送中止」というワード。記憶に新しい放送中止事件ですね。アクセスが増えるにしてもこういう記事で増えるというのはあまり喜ばしいことではありませんね。今後こういったこと(犯罪=漫画・アニメ・ゲームと結びつける社会の風潮)が無くなるように願っています。本当にいいことは犯罪がなくなることですが。

3・11位は「school days 放送中止」これはあの事件無しにしても放送中止になる内容でしたが(笑)それでも上記のような風潮で中止されたということも事実ですね。

4・8・9・16~18・20位は「らき☆すた 第22話 ここにある彼方」関連の検索。この話の検索はその他の話に比べてもずば抜けて多かったので、京アニ+感動のシナリオの影響力を改めて実感しました。

6位になぜか「ムメイサ」が44www


とまあこんな感じでしたが、はっきり言ってこの検索数には驚いています。ここにある彼方の68でも爆発的なのに、600台があるとは。今後こういう検索爆発はもう無いでしょう(笑)

[ 2007/09/30 22:39 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

これはよいw


元ネタは知らないのですがこれは良い!kanon好きの方なら十分楽しめるクオリティです。@が邪魔ですが、コメを消せば問題ないでしょう。エコノミーはどうにもなりませんがw

ハヤテのごとく! 第27話 「ハヤテ大地に立つ」

白皇学院の理事長の気まぐれで執事バトル大会が開催されることになる。その大会にはハヤテをはじめとし多くのキャラが参加する事になった・・・
仮面男クラ○ス
新キャラ理事長登場。なんか雪路とかぶる馬鹿キャラっぽいなw
アバンの時の理想の執事が具体的にハヤテの事を示しすぎだろw
理事長と執事の過激なシーン赤面し顔を背けるヒナギク
普段は強気でも、そっちの面はまだ弱いようですね。そこがいいんですがw
関係ないけどポエムの執事を見てストロベリー・パニックのキャラを思い出した。

スカイガールズ 第13話 「攻龍出港」

ついに攻龍が出航するが遼平は船酔いによる脱水症状で倒れてしまう。そんな時ワームの襲撃を受けるも弱気になる遼平を見た音羽のメンタルは低下しレイジンが動かなくなってしまう・・・

エリーゼは部屋の装飾やりすぎだろw
緊張感がないように見えるけど実は4人の中では一番闘いに対する思いは深刻な様子。
そのギャップが良く、なかなか良いキャラクターだなという印象です。

ワーム久々にきたな~
このアニメで主な敵ですが実に久々の登場w
先週に引き続き緋月が何か意味深な発言をしていましたね。
このアニメの最後の敵は緋月達の組織とかになるのかな?

やはり最後の提供は全て七恵なのかw
あの力の入れようはまさか七恵もソニックダイバーのパイロットに?
いや、ただスタッフがむn(ry
スカイガールズ Vol.1 スカイガールズ Vol.1
川澄綾子;後藤沙緒里;伊藤静;辻あゆみ;藤原啓治;白石涼子 (2007/10/31)
ジェネオン エンタテインメント

この商品の詳細を見る

明日の最萌

明日のアニメ最萌トーナメントにはつかさが登場します!
しかし相手に楓が・・・楓も好きなキャラですが今回は負けていただきましょう。
つかさ2つかさ3dondake
つかさ6 わーい つかさ 私が教えてあげるよ~
つかさ4 つかさ1
つかさ5つかさ はぅ~

最萌


※追記
玉青は苦戦しながらもなんとか3回戦進出!(玉青戦詳細)次はおそらくティアナだろうから厳しそうだな。みゆきさんはやはり大差で敗退;なぜにみゆきさんだけここまで人気が無いのかorz(みwiki戦詳細)留奈がヒナギクを倒したからこうなるのは分かっていたけど瀬戸の花嫁の人気がかなり高いですね。つかさも次を勝てばいよいよ瀬戸勢のエース(?)との一騎打ちか。

本日はみゆきさん登場ですよ

みwikiパニックみwikiパニック
みwikiパニックみwikiパニック
今日のアニメ最萌トーナメントみゆきさんの正念場です!
一回戦の投票率と対戦相手を見たら、勝ち目はほとんど無いと言っても過言ではない。
らき☆すたレギュラーではなぜか不遇のみwikiさんに皆様の愛を!
玉青も忘れずに入れなければ。相手がハヤテ勢と王女だから厳しくなりそうだw

最萌

School Days 第12話 「スクールデイズ」

誠と言葉がよりを戻したことで捨てられた世界は・・・

これは私が見てきたアニメ史上最も酷いラストでしたね^^;
このアニメに対してこの言葉は誉め言葉になると思いますがw
ついにあの男に天誅ならぬ人誅がくだったわけで、私を含める多くの視聴者の望み続けた展開となったわけですが、なんだろうこの後味の悪さは・・・

無論誠に対しての同情は一切ありませんし、この展開になることを望んでいたのですが、やはりアニメといえどもこういうシーンを見ていて良い気などするはずも無く、なんだか異様な欝気分になりました。これはおそらく誠の死を願いつつもそのシーンを見てもスッキリとするものでは無く、今までの欝展開への鬱憤をはらす場所が無かったからなんでしょうね。

誠が最低すぎて世界が誠に殺意を抱くのは分かりますが、それと近いくらいに世界も最低でしたね。自分がしたことが返ってきただけだから世界にも同情の余地はないな。

<総評>
実況ありで見てたから良かったものの、一人で見ていたら欝しか残らないようなアニメでしたね。そう感じさせることができるということは、このアニメとしては成功したといえるのでしょうが。話題性もありで、常に次の話が気になるという点では下手なアニメよりは楽しめたのかなと思う点もあります。キャラクターは最低なやつらばかりでしたねw

School Days 第1巻(初回限定版)

個人的なこのアニメの評価 C

実況つきで見ていたのでそれほど欝にならずに見れました。あまり好きな作風では無かったけど毎回続きは気になったし、誠の最低さが視聴者の一体感をうんだという事は評価に値すると思います。しかし、もしも実況や感想サイトなどが無く一人で見るならば、ただの欝アニメで終わったとも思います。とりあえず作品の完成度やスタッフの力は感じました。もっと高く評価しても良いと思いますがそれは作風の好みの問題なので。

ながされて藍蘭島 第26話 「飛び出して、藍蘭島」

やっとカイリュウ様のもとに辿り着いた行人とすずだが、あやねがカイリュウ様を怒らせてしまい助けを求めることはできず。それでも妹を助けるために島を出ようとする行人。すずをはじめとする島のみんなも本心では行人に島を出て行って欲しくないと思いつつも行人のために力を合わせ・・・
あやねラスト
あやねは最終話までこんな役w
行人とすずがあやねの悲鳴をカイリュウ様の叫び声と勘違いしてるのがうけたw
カイリュウ様もあれで怒って、ヒゲを戻したら沈まるというのもなんだかなあ(笑)

アイドルマスターXENOGLOSSIA 第26話 「月とペンギン」

ヌービアムの消滅によりアウリンが発動、世界に危機が訪れる。残ったアイドル達は自らを犠牲にして地球を守るという意思を示す。春香・伊織・真もアイドルだけを犠牲にはできないと共に向かうことに・・・

最終話は意外にもやよいの出番とセリフが多かったな。
あのシーンで伊織と真は完全に死んだと思った、どうやって生き残ったんだ?

整備班がアイドル達が地球を守るのはマスターを守るついでみたいに言ってたけど、
真はヒエムスからそんなに慕われてたのかな?
結局アイドルがなんなのかもよく分からなかったし
雪歩の「ヌービアムが約束を守った」というセリフも理解不能できませんでした。

アウリンを開くことで人類全てをミシュリンクにというテルロウ博士の考えは結局なんだったんでしょうね?アウリンは人類を滅亡させるものみたいだし、カラスが復讐のために狂った博士のプランを利用していたというところでしょうか?

展開など分からないことが多くてあまり感情移入できないラストでした。
課長は最後までカッコイイ役でしたw 最初の方に寝返ると予想してごめんなさい(笑)

<総評>
舞-HiME ・舞-乙HiMEのスタッフだから終盤がこういう展開になることは予想が付いていたけど、いろいろと説明不足のまま終わってしまった勘があり展開についていけませんでした。物語の核心部になると思っていたトゥリアビータの目的やミシュリンクプランがあっさりと片付けられてしまったので個人的には面白みに欠ける終盤でした。石田さん(カラス)もあんなにあっさり終わるとはね・・・ロボットと人間の恋愛を描くという試みもあったのですが、これは斬新すぎて正直ついていけませんでしたw

アイドルマスター XENOGLOSSIA (1)
OP「微熱S.O.S!!」 OP2「残酷よ希望となれ」 ED「悠久の旅人~Dear boy」
初期のOPは軽快でなかなか気に入っています。

主な声優
天海春香:井口裕香 萩原雪歩:堀江由衣 水瀬伊織:田村ゆかり 秋月律子:中原麻衣
菊地真:喜多村英梨 双海亜美:名塚佳織 ジョセフ・真月:中多和宏
三浦あずさ:櫻井智 如月千早:清水香里 リファ:ゆかな カラス:石田彰
高槻やよい:小清水亜美 名瀬:能登麻美子 空羽:高橋美佳子 楢馬:小野大輔

これを見て分かりますが豪華ですね。ちょっと脇役の律子に中原さん、なぜならばそれわトリオにまで豪華な布陣でしたw 他にも組織には柚木涼香さんもいたし、何気に加藤英美里さん・ささきのぞみさんの、かがみとパティもいたんですね、気がつかなかったw

井口裕香さんは始めてみるけど、キャラと合っていてよかったと思います。
堀江由衣さんの雪歩はなんだか合わなかった気がしますね。単に私が堀江さんのファンで、扱いが良くなかったからという理由だけかもしれませんがw
石田さんはああいう謎めいたキャラはいいですね、あっさり死にましたが^^;

個人的なこのアニメの評価 

前述の通り終盤に面白みが欠けていたと思います。序盤もそこまで面白いわけではなかったけど全体を通してそこそこ楽しめたとは思います。次回予告は好きでしたw

エル・カザド

女賞金稼ぎのナディはシュナイダー博士殺害の容疑で賞金首となっていた少女を保護する以来を受ける。エリスを匿っていた占い師にエリスを南に連れて行くように頼まれたナディはエリスを連れて南の地ウィニャイマルカを目指す・・・

この作品は演出としてBGMで盛り上げる事が多かったですが、どれもなかなか良いBGMで良い演出だったと思います。ただし、最後のローゼンバーグ戦の時にも思ったのですが、音楽演出に頼りすぎて中身が無いというか、分かりづらいところが多く監督が自分の演出に酔っているような印象を受けることもしばしばありました。

とりあえず変態は凄かったですね(笑)
L・Aはとにかく凄い変態でした。声優の演技は迫真のものであったと思います。
最後はやっと変態にも春が来たかというところで・・・意外に可哀想なキャラでしたw
その変態を作りしローゼンバーグもまた変態!まさかあそこまで狂ってるとは予想外w

なぜかタコスにもこだわりのあるアニメw
アミーゴタコスの登場回数は異常w しかも最終話でブルーアイズが就職してるしw
「タコタコタコ~スおいしいタコス~いけてるタコスはアミ~ゴタッコッス!」
出すぎて歌詞覚えたwww
テレビアニメ『エル・カザド』DVD 1 (初回限定盤)
OP「光の行方」 ED「romanesque」 すてっばいすてっ!

主な声優
ナディ:伊藤静 エリス:清水愛 ブルーアイズ:久川綾
ローゼンバーグ:三宅健太  L・A:宮野真守 リカルド:立木文彦 リリオ:井上麻里奈

個人的に伊藤静さんは今まで見てきたキャラの中で一番はまり役だったと思います。
清水愛さんも役に合っていましたね。「いえっさ」
久川さんはナレーションを含めてお疲れ様です(笑)
宮野さんは変態専門声優として完全な地位をかくりt(ry とりあえず巧かったです。私が見たアニメではこれが初めての配役なので、今後ガンダムを見る時などにL・Aのイメージが残りそうで恐いですねw
立木www 同時期にらき☆すた見ていたせいでどうも変な印象がありますがカッコイイ役だったと思います。「地獄で飲もうぜ、アミーゴ」

個人的なこのアニメの評価 

全体的に悪くはないのですが、内容が浅い印象はありました。終盤はあっさりしていたし、話も各話ごとに締めるケースが多かったので1クールの方が良かったと思います。

もえたん

このアニメに関しては超上級者向けという印象を持ちました。とりあえずエロとカオスが絶え間無い話だったと思います。幼女・魔法少女・変身シーンだとかそういった属性が揃ってないと見るのは厳しいなという印象です。

ということで私にとっては完全にレベル外(属性外)なので萌えを感じることも無く、全くのめり込むことなもなく、ほとんど飛ばし見で終了しました。萌えがなければストーリーが大事ですが、それが崩壊してますしねw たぶんこのアニメはそういう風な低い評価と、スタッフ最高という風な評価に二分されるのではないかと思います。

個人的なこのアニメの評価 F

これだけは言っておきますが別にこのアニメが面白いという感想についての批判は一切ありません。誰しも好みは分かれるものですから。

ひぐらしのなく頃に解 第12話 皆殺し編 其の七 「雛見沢症候群」

ひぐらしのなく頃に解12話の簡易感想いきます。
この一週間いろいろとありましたがテレ玉では無事放送されました。

死亡推定時刻が合わないことから鷹野が犯人ではないかと目星をつける大石。そのような考え方は百年以上も人生を繰り返してきた梨花にとって未だかつて浮かんだことが無いものであった。直後、小此木から入江が犯人であると連絡を受け誰が本当の敵なのか分からなくなる梨花であったが、自分を心配して駆けつけた信じられる仲間たちに全てを語ることを決心する・・・

「雛見沢症候群」「東京」といよいよ物語の裏の部分の設定が明かされてまいりました。いきなりこんな話をされても梨花のことを信じるあたり圭一達は本当に良い仲間ですね。鬼隠し編で圭一に謝り続けたオヤシロ様の祟りの正体も、目明し編で詩音を驚かせた気配の正体も分かりましたね、そう正体はあぅ~でしたw何もできなかった申し訳なさから謝ってたって、むしろそのせいで症状が悪化したような(笑)

入江もやられたっぽいし、大石と熊ちゃんも死亡。狙撃までいるとは山狗恐るべし。

時が経つのは早い・・・

本日はアクセス数が過去最高を記録し、2000を突破いたしました。先週全力でレビューしていたらき☆すたが終わり、もうこれ以上のアクセスは2度と無いだろうと思っていましたが、school days・ひぐらし騒動の検索が爆発しそれを突破しました。(ひぐらしも放送中止school days 最終話 「放送中止」 )特にひぐらしの方はあんな駄文にも関わらず大勢の方が拍手してくださり、この一件に関する皆の心の結束というものを感じました。

話は変わりますがこのブログを設立して5ヶ月弱が経過し、初めてレビューを始めた作品も次々に放送終了する次期となってまいりました。本当に時がたつのはあっという間ですね。このブログを開設してからいろいろなことに手を出してきたムメイサですが、(二次小説・MADを初めとする動画作成・改造曲・適当なイラストetc)最近ではサウンドノベル製作にも少しだけ触手を伸ばしております。本当にどれをとっても中途半端の素人作業で、銀玉で銀さんの行きつけのラーメン屋がカレーを始めたら潰れたというような状態にならないかと心配ではあるのですが、これからもいろいろなことにチャレンジしていきたいと思っております^^

こんな中途半端なブログですがこれからもよろしくお願いします。

[ 2007/09/24 23:55 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

魔法少女リリカルなのはStrikerS

幼い頃なのはに救助されたスバル・ナカジマはなのはに憧れ管理局の魔導師になり人命救助することを決意する。そして管理局の新人魔導師となったスバルは八神はやて、高町なのは、フェイト・Tの設立した特殊部隊、機動六課に配属される・・・

なのはシリーズ最新作です。このシリーズでは初めての2クール作品で、今までのシリーズにもあったストーリー進展の遅さが気になる部分もありましたが、全体的には良いできで楽しむことができました。しかし、作画崩壊の回数も妙に多かったなw

ティアとの騒動でなのはさんを魔王たらしめた出来事がありましたが、あの時点ではなのはの過去が明かされていなかったわけで、私はなのはの余命は短いのか?などと考えていたので、それなら怒るか、と考えていましたがそんなことは全く無かったわけで(笑)それならばいくら思い通りにいかないからってティアナにあそこまですることは無いですよねw クワットロを壁貫通砲で倒した時も「ばかな、人間じゃ不可能」みたいなことを言われてましたしね。まさに魔王!ヴィヴィオは良くあれだけの攻撃受けて生き残ったな。

終盤はだいぶ盛り上がったわけですが、新人の戦いで面白かったのはティアナぐらいで、主人公のスバルも、エリオ・キャロの仲良しコンビも面白くなかったです。特にキャロとルーテシアの巨大召還獣戦は最低でしたw レベルの差があるから仕方ないけどやはりメインはなのはさん達でしたね。

それと敵を含めてキャラが多すぎてほとんど名前を覚えないまま終わりました。小野大輔さんのキャラ名も覚えていません。クロノ君は来るの遅すぎ、あれじゃZZの最後の艦隊と変わらないな。ユーノ君もほとんど出番なしw そんな中ヴァイス陸曹はけっこう好きでした。ティアナ×ヴァイスフラグが立ったかと思いきやEDを見た限りそれは無さそうですね。

魔法少女リリカルなのはStrikerS Vol.1
OP1「SECRET AMBITION」 OP2「MASSIVE WONDERS」
ED1「星空のSpica」 ED2「Beautiful Amulet」
シリーズ恒例のOPは水樹奈々さん、EDは田村ゆかりさんの構成。どの曲も良かったと思います。

主な声優
高町なのは:田村ゆかり フェイト:水樹奈々 八神はやて:植田佳奈
スバル:斎藤千和 ティアナ:中原麻衣 エリオ:井上麻里奈 キャロ:高橋美佳子
シグナム:清水香里 ヴィータ:真田アサミ シャマル:柚木涼香 リインフォース??Г罎??

水樹奈々さんはフェイト大人verの方が声が合っている気がしますね。
斎藤千和さんは何役やってたんだろう?かなり多かったな。
中原麻衣さんは熱演だったけど、どうもあのMADばかり思い浮かぶw
高橋美佳子さんのキャロは良かったですね。

個人的なこのアニメの評価 B-

熱い展開や激しいバトルアクション、おまけに成人間近。もはや魔法少女であるかどうかは怪しいものですが(笑)なかなか面白かったです。

ゼロの使い魔~双月の騎士~ 「さよならの結婚式」

ゼロの使い魔12話(最終話)の感想です。

久々に・・・

らき☆すたも終わったことだし、今週は久々に早く寝ます。
といってももう12時半ですがw

[ 2007/09/24 00:28 ] 雑記 | TB(0) | CM(2)

ハヤテのごとく! 第26話 「お届けまで29分でしたので、 規定通りの料金でお支払いお願いします……は、遠い前世紀の話」

記憶喪失ネタの漫画を描きたいと言うナギのためにワタルの店に資料を借りに行くハヤテ。その途中でギルバートと戦闘、さらに西沢さんと出会う。西沢さんに以前の告白の答えを聞かれ、はぐらかそうとするハヤテは・・・・
記憶喪失

スカイガールズ 第12話 「さよなら追浜」

攻龍への転属が決まり追浜基地を離れる音羽達。兄様から離れることを寂しがる可憐に音羽は基地に来てもらえばいいとアドバイスをし、可憐の兄様が基地にくることに。しかし、緊急出動の要請で可憐は出動しすれ違ってしまう・・・
スカガ12
兄様きたああああああああ!!!
一言もセリフ無かったけど兄様登場。一応架空の人物ではなかったようですね(笑)
さすがは瑛花さん、エリーゼを完全に飼いならしているw
エリーゼは意外に場の空気を読める子みたいですね。瑛花さんとはいいコンビかもw

そしていよいよ攻龍へ。これから戦いも本格的になりそうだな。
緋月が何か裏の部分について博士なる人と話していたのも気になりますね。
どうでもいいけど、このアニメの提供画面七恵ばかりじゃねw?

ぶっ!

昨日の最萌、すずは大差で負けてしまいました。藍蘭島はそこまで人気が無かったのか。すずが負けるのはデータ上分かっていたとして、意外なのが江戸前留奈が桂ヒナギクを倒したということ。(試合結果詳細) アンチ勢力からの偽標工作なども絡んでたんだろうけど、それでも巨大なハヤテのごとく勢のトップがここで潰れるのは予想外。すずが負けた以上どっちが勝っても変わらないけど、これでみwiki、つかさのところにいる瀬戸燦も驚異的な存在になったというわけか。ちなみにヒナギクが潰れたことであのブロックは魔王が突破する可能性もでてきた、無論ヴィヴィオに勝てばの話だが。ちなみに私は魔王に入れますがw
最萌
明日はkanonから秋子さんと香里が登場。負けるだろうけど一票入れるとするか。

忘れるところだった

すず・ゆの 最萌
最近ごたごたしてて忘れるところでしたが今日の最萌には、すずゆのが出ていました。すずは対戦相手的に敗戦濃厚でしょうが1票いれます!これが私の愛だ!!
最萌

プロフィール

Author:ムメイサ
カテゴリー
アーカイブ

2017年 02月 【9件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【15件】
2016年 11月 【7件】
2016年 10月 【13件】
2016年 09月 【14件】
2016年 08月 【14件】
2016年 07月 【12件】
2016年 06月 【14件】
2016年 05月 【9件】
2016年 04月 【13件】
2016年 03月 【15件】
2016年 02月 【10件】
2016年 01月 【7件】
2015年 12月 【27件】
2015年 11月 【16件】
2015年 10月 【26件】
2015年 09月 【34件】
2015年 08月 【17件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【32件】
2015年 05月 【26件】
2015年 04月 【27件】
2015年 03月 【20件】
2015年 02月 【18件】
2015年 01月 【33件】
2014年 12月 【35件】
2014年 11月 【38件】
2014年 10月 【26件】
2014年 09月 【26件】
2014年 08月 【14件】
2014年 07月 【22件】
2014年 06月 【20件】
2014年 05月 【17件】
2014年 04月 【14件】
2014年 03月 【37件】
2014年 02月 【32件】
2014年 01月 【34件】
2013年 12月 【26件】
2013年 11月 【29件】
2013年 10月 【29件】
2013年 09月 【23件】
2013年 08月 【17件】
2013年 07月 【27件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【25件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【27件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【37件】
2012年 12月 【26件】
2012年 11月 【27件】
2012年 10月 【34件】
2012年 09月 【28件】
2012年 08月 【26件】
2012年 07月 【39件】
2012年 06月 【35件】
2012年 05月 【30件】
2012年 04月 【43件】
2012年 03月 【36件】
2012年 02月 【36件】
2012年 01月 【20件】
2011年 12月 【34件】
2011年 11月 【25件】
2011年 10月 【72件】
2011年 09月 【42件】
2011年 08月 【52件】
2011年 07月 【53件】
2011年 06月 【45件】
2011年 05月 【49件】
2011年 04月 【59件】
2011年 03月 【36件】
2011年 02月 【47件】
2011年 01月 【49件】
2010年 12月 【44件】
2010年 11月 【43件】
2010年 10月 【43件】
2010年 09月 【42件】
2010年 08月 【41件】
2010年 07月 【40件】
2010年 06月 【41件】
2010年 05月 【38件】
2010年 04月 【41件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【45件】
2010年 01月 【49件】
2009年 12月 【42件】
2009年 11月 【36件】
2009年 10月 【35件】
2009年 09月 【57件】
2009年 08月 【47件】
2009年 07月 【46件】
2009年 06月 【58件】
2009年 05月 【63件】
2009年 04月 【52件】
2009年 03月 【52件】
2009年 02月 【39件】
2009年 01月 【51件】
2008年 12月 【61件】
2008年 11月 【61件】
2008年 10月 【68件】
2008年 09月 【69件】
2008年 08月 【59件】
2008年 07月 【63件】
2008年 06月 【50件】
2008年 05月 【49件】
2008年 04月 【47件】
2008年 03月 【59件】
2008年 02月 【68件】
2008年 01月 【64件】
2007年 12月 【62件】
2007年 11月 【70件】
2007年 10月 【63件】
2007年 09月 【59件】
2007年 08月 【52件】
2007年 07月 【51件】
2007年 06月 【31件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【21件】

アクセスランキング
検索BOX・タグ一覧
カウンター