ムメイサの隠れ家

放送中の深夜アニメの各話毎の感想を中心に更新しています。全話視聴したアニメ作品の総評なども。

今年度最後の更新

いよいよこれが2007年、私がブログを始めて初年度最後の更新となりました。
4月中旬よりスタートしたブログですが皆様のご声援もありなんとか続けることができました。本当にありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願いします。
話は全く変わるのですが、本日はコミケ3日目に行ってきました。

[ 2007/12/31 22:37 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

2007年声優アウォーズ!&アニソン大賞!!!

ハピゆきさんのサイトAAA~悠久の風~ にて企画された
「2007年声優アウォーズ!&アニソン大賞!!!」にお誘い頂き参加しました。

みなみけ 第13話 「恋のからまわり」

年末に差し掛かり新年を迎えるための予行演習と称した夏奈のお遊びが始まる・・・
みなみけ13-1
冬馬とはいい意味で、マコトとは悪い意味で別の出会い方をしたかったという内田。
確かに巧い指摘でその通りだと思うけど本人を目の前にそれはあまりにも酷いwww
吉野が放った一言のせいで場が大混乱に、持ち主の内田としてはあれはたしかに最悪だw
このシーンを見ると吉野は内田の着物と見抜いてあえて悪ふざけをしているようにも見える、もしこれを狙って発言したなら夏奈の考察どおりおそるべし吉野w

藤岡は夏奈に、リコは藤岡に電話するも夏奈とケイコが電話しているため繋がらない。
2時間もかけ続けたのにこれは酷い、藤岡はつくづく不幸キャラだなw
夏奈「携帯欲しさに百点という栄誉を、学生の魂を売った穢れた百点なのさ!」
また百点を取ったケイコに対する夏奈の変な言いがかりが、もはや無茶苦茶すぎるwww

らっきー☆ちゃんねる~陵桜学園放課後の机~ 第13回

ラジオ「らっきー☆ちゃんねる~陵桜学園放課後の机~第13回」の簡単な感想を。
らき☆すたラジオ13回

なんじゃこりゃー

ニコニコ動画の紹介です。これはなんとも言いがたい作品ですなwww

来期のアニメ視聴予定

今期は意外と時期への引継ぎが多く8作品も残りました。
ということで来期はそれほど多くの新アニメの視聴はなさそうです。



<現段階での視聴予定>

「君が主で執事が俺で」・・・ゴットゥーザ様!!!
「みなみけ~おかわり~」・・・果たして今期程の面白さは出せるか?
「PERSONA」・・・中原・沢城・阿澄さんがいるので。
「狼と香辛料」・・・とりあえず視聴。
「H2O」・・・とりあず視聴w

レビューは君主・みなみけ・ペルソナを予定しています。

来期の作品は妖怪とかと戦うようなイメージの作品がかなり多い気がします。そういうのは個人的にはそれほど好きじゃないので(作品にもよる)、来期はあまり見るものがないかも。ARIAや絶望は今まで見てなかったから見れないし。中には予想以上に面白い作品も出てくるだろうのでそれに期待します。何気にフルメタの再放送もあるとかw

[ 2007/12/29 11:59 ] 雑記 | TB(0) | CM(2)

スカイガールズ 第26話 「それぞれの…」

ワームの製造基地ネストを殲滅してから半年後、解散したソニックダイバー隊の隊員達は各地で新しい生活をスタートさせていた。そこに冬后からの手紙が届き・・・
スカガ最終話1
瑛花は元から軍人だからパイロットを続けている様子。瑛花の操縦技術の前ではビッグバイパーも形無しらしい、ワームももういないしビッグバイパーはどうするんだろう?そのまま配備するみたいだけど通常の兵器としては強力すぎるような、新たな争いの火種になりそう。
可憐は学校に戻ったのか、タクミ効果で男性恐怖症は見事克服したようですw
フラグ立ってたけど結局タクミとは付き合ってないっぽいけど、どうなんだろう?

源さんはついにエリーゼをお持ち帰りしたようですw
物語中盤からエリーゼを狙い続けてきた源さんの野望がついに成就。実際の動機はそんなに不純ではないみたいですが(笑)エリーゼは気兼ねなく生活できているみたいだし、とりあえず幸せになってよかった。ヒロ君と七恵はくっつかないで破局でいいよクソが
音羽は島に戻ってまた海女さんをやっているのか、しかしあの島は懐かしい。

スカガ最終話2
おじいさんは久々の出番、音羽が剣で闘ったと聞き上機嫌w
兄様キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!
最終話にしてやっと兄様と可憐の対面が実現。結局顔は最後まで見せなかったというw
序盤は兄様は実在しない、もしくはワームではないかと疑っていましたが普通でしたw
半年じゃあまり変わらないだろうけどエリーゼは何一つ変わってなかったなw
先週の予告で音羽と遼平が付き合ってるのかと思ったら迎えにきただけだったのか。

スカガ最終話3
最後まで風呂、これぞスカイガールズw最後の飛行よりも風呂シーンでこのアニメらしいと思いました。それだけこういうシーンが多かったんでしょうねこのアニメはw
今後は平和のシンボルとしてソニックダイバーが活躍していくらしく2期生も世界各国から勢ぞろい、そして最後はアイーシャの意識も回復してのハッピーエンドでした。

とーおーいうーみのはてー 退避、退避ー!(TV前から)


<総評>
終始マイペースを貫き通したアニメでした。展開がほとんど進まずに序盤はじれったく思うこともありましたが、途中からはこのどこかシリアス味が欠けるけど気楽に楽しめる展開がスカイガールズの醍醐味だと思うようになりました。また特にこれが面白いという話もありませんでしたが、特にこれがつまらないという話もなく常に安定したペースで楽しめたアニメでもありました。
スカイガールズ Vol.9 [DVD]
OP「Virgin's high!」 ED1「True Blue」 ED2「Diamond Sparkle」
OPはなかなか好きです。ED1は好きですが2は好きではないです。

主な声優
桜野音羽:川澄綾子 園宮可憐:後藤沙緒里 一条瑛花:伊藤静 エリーゼ:辻あゆみ
アイーシャ:片岡あづさ 冬后蒼哉:藤原啓治 速水たくみ:白石涼子 橘遼平:谷山紀章
藤枝七恵:堀江由衣 緋月玲:間島淳司 嵐子:比嘉久美子 晴子:石川桃子

川澄さんはセイバーや美坂香里のようなクールなキャラから、のだめやこのアニメの音羽のようなアホの子まで幅広い演技の持ち主ですね。音羽はすごくアホでした(誉め言葉)w
後藤さんと辻さんは可憐・エリーゼのキャラと巧く合っていたので良かったです。
伊藤さんは最近は大活躍ですね。どうもツンデレだとあのキャラと被るなと思いましたw
藤原さんは相変わらずひろしでしたw

個人的なこのアニメの評価 B-

藍蘭島か写真かクリスマスパーティーの話を削って最終決戦をもう少し盛り上げてくれればとも思いましたが、最終話の締め方がこのアニメらしく良かったので好印象です。それにしてもなぜ提供画面が毎週七恵さんというこだわりを持っていたのか謎www

こどものじかん

とある小学校に新任教師として赴任した青木は、いきなり前任の教師が辞めた問題のクラス3年1組の担任に任命される・・・

作品内容で放送予定を中止するテレビ局が出てきたということで話題性があったので、動画配信サイトで視聴していました。確かに凄い数の規制でほとんど意味すら分からない会話も多かったですね。個人的には、そこは規制するほどのシーンなのかと疑問に思うところも多かったですが、いろいろな法律に引っ掛かるのかもしれませんね、でもあれだけ規制するならなぜアニメ化したのかが謎ですw

ほとんどロリコンホイホイアニメだったのですが、レイジの話などは深い部分もあったと思います。最終話も思ったよりも良い内容で、ああいう一部の視聴者へのサービスばかりをやっているよりもそっちを軸にすれば良かったとも思いました。でもそうするとDVDも売れないでしょうし、やっぱりこれしかないのでしょうね。

こどものじかん 1科目 [DVD]
OP「れっつ!おひめさまだっこ」 ED「ハナマル☆センセイション」

主な声優
青木大介:間島淳司 九重りん:喜多村英梨 鏡黒:真堂圭 宇佐美々:門脇舞以
宝院京子:田中涼子 小矢島:石上裕一 白井紗江:沢海陽子 レイジ:杉田智和

青木と宇佐の声優はご愁傷さま二ノ宮くんの峻護と真由の人か。
杉田さんは男でヤンデレというキャラを演じていましたw

個人的なこのアニメの評価 D-

最終話は良かったしつまらないということもないです。内容でも教師と現代っ子と両親という深いテーマもあったと思います。規制自体をネタとして楽しむこともできるかもしれませんが、個人的にはそういう内容のやりすぎだと思うし、好きな作風ではなかったです。

ドラゴノーツ 第13話 「光臨-示された道標-」

第四のオリジナルドラゴンの前に次々にやられていくリンドブルムユニット達。そんな時乙姫が最終手段としてアジアを吹き飛ばすほどの爆弾を持って特攻をかけるが・・・
ドラゴ13
トアって何のために自分から捕まったんだ?
自分から捕まっておいて今度は出してくださいと屈辱的なことをさせられてるしトアが何をしたいのかが全く分からんwまあそれが物語の核心部なんだろうけど。とりあえず主人公やトアの捕まって脱走のループが長すぎる気がするんだが(笑)

ムメイサ award 2007

このブログを始めるキッカケになったのは昨年のこの時期にネットサーフィンをしていた時にとある感想ブログで2006年の面白かったアニメのまとめをしていたのを見かけてから、そのサイトに暫く通って感想を読んでいるうちに自分でも書きたくなったというものでした。

ということで私のブログでも2007年に個人的に面白かったアニメのまとめを、
「ムメイサ award 2007」と題してお送りいたします。

対象作品は2007年度中に一話でも放送され、終了したアニメ全てです。
部門は「アニメ優秀賞(複数)」「アニメ特別賞」「アニメ最優秀賞」「キャラクター賞(男女3名ずつ)」「主題歌賞(OP/ED共に3曲ずつ)」「声優賞(最優秀男女1名・他男女2名ずつ)」となっております。数に特に意味はありません、気まぐれですw

アニメの好き嫌いというものは人それぞれなので他の人から見たら「エゴだよそれは」的なものになると思いますが、それでもかまわないという方は続きにお進み下さい。もしよろしければ、風子のお友達になってくだsご意見・ご感想などを下さい。

[ 2007/12/27 23:09 ] .感想系記事 アニメ感想 企画類 | TB(-) | CM(-)

ナイトウィザード The Last Episode 「ハッピー・バースデイ」

シャイマールに覚醒したエリスを利用し世界破滅を目論むゲイザーについに背き総力を上げてのゲイザー討伐を命じるアンゼロット。利害の一致した大魔王達とも共同戦線を張り、柊はエリスの心を取り戻すために再びシャイマールに挑む・・・
ナイト13-1
くれはの亡骸を抱いている悲壮感と、エリスを助けに行く柊の決意。
柊「灯、くれはを頼む」 灯「柊蓮司、あなたは?」
柊「俺は!エリスを助け出す!!」
このアバンは最後の決戦を盛り上げる演出として非常に良かったです。

Myself;Yourself

小学5年の時に両親の都合で東京へ引っ越した日高佐菜は、5年後に単身で故郷に戻ってきた。そこで佐菜は幼馴染の初恋の相手であった菜々香と再会するが・・・

後半は予想だにしない欝展開でした。キャラクター達が予告で王道ラブコメって言ってたけど、どこら辺が王道ラブコメなのか説明してもらいたいw

佐菜と菜々香の過去の設定を考えると欝展開が入らないという訳にはいかないのでそこは問題ないと思うのですが、菜々香メインの割には菜々香ストーリーの尺が足りない気がしました。最終話で互いのトラウマで慰めあうだけで終わるというのがどうも・・・

菜々香メインなら双子と星野さんとヤンババの話はやらなくても良かったのでは?星野さんはともかく、双子は駆け落ちするよりも佐菜と菜々香を支える友達として側についていて欲しかったです。あと麻緒衣は本編ではほとんど絡んでなかった気が^^;
最終話ではまたもやドス黒い血が、スクイズの伊藤誠Pが絡むとこうなるのかw?

Myself ; Yourself Vol.1
OP「Tears Infection」 ED「キミと夜空と坂道と」 OPはなかなか好きです。

主な声優
日高佐菜:立花慎之介 八代菜々香:小清水亜美 織部麻緒衣:金田朋子
若月修輔:子安武人 若月朱里:田村ゆかり 持田雛子:村田あゆみ
藤村柚希:豊口めぐみ 星野あさみ:中原麻衣

小清水さんはアホの子からこういうキャラまで幅広い役柄をこなしますね。
金朋さんは自分の見たアニメとつながりがなく今までほとんど見たことがなかったので調べてみたらフルメタのボン太くんやってたのかw声質が独特で叫び声とか凄かったなw
田村ゆかりさんは今年はどの時期も大抵はいた気がするな。それだけ出番が多かった。
中原さんは周知のとおり黒い演技をやらせてもはまりますねw

個人的なこのアニメの評価 D

常に驚くような展開があって楽しめたけど、他キャラの欝展開をやりすぎてメインストーリーが中途半端になってしまったと思います。最終話はちょっと詰め込みすぎかな。

D.C.II ~ダ・カーポⅡ~

ストーリーは良く分からないので省略。本当に何がしたかったんだろうこのスタッフは?
D.Cシリーズの続編で世界は繋がってるみたいなのに世界観について一切説明なしなのはなぜ?さくらさんとかはいるみたいだし、朝倉だっているんだから最低限そこの設定ぐらい明かしてくれないと続編の面白みがないと思う。パラレルワールドなら仕方ないけど。

義之と朝倉姉妹やさくらとの関係も何一つ明かされなかったし。朝倉姉妹(特に妹)は完全に空気。登場してきた意味すらなかったような演出だった。1話で小恋ルートに入ったけど、最終話までみるとなぜ小恋ルートにしたのかその意味が全く分からなかった。
序盤はともかく終盤になると小恋は異常なまでの空気キャラで、欠席しても気づかれなかったり、別れ話を切り出した次の話で義之は何一つ気にしていないなどと最低待遇のヒロインだったと思う。まあ実際に最低なのは付き合う気もないくせに「いいよ」とか偉そうにOKした義之なんだけどw

美夏の話では、あれだけ嫌がらせしていた最低の生徒達が一転して最終話にあんなことやってても説得力がね。そもそも美夏がロボだとばれたのは由夢を助けたからで、それから嫌がらせしておいて、委員長の弟を助けたら一転というのもおかしな話。
最後の締め方はなんだかアニメの方向を転換した強引な締め方だったとも思う。小恋ルートにしないで最初から美夏ルートにしておけば違った見方もできたんだろうけど・・・

D.C.II~ダ・カーポII~ Vol.1 (初回限定版) [DVD]
OP「サクラキミニエム」 ED「優しさは雨のように」両曲とも良かったけどEDはかなり好き。

主な声優
桜内義之:浅沼晋太郎 朝倉音姫:高垣彩陽 朝倉由夢:堀江由衣
白河ななか:茅原実里 月島小恋:南條愛乃 雪村杏:岡嶋妙 天枷美夏:あおきさやか
花咲茜:やなせなつみ 杉並:岸尾だいすけ 板橋渉:山口勝平 芳乃さくら:田村ゆかり

由夢は空気だったしキャラとも合っていなかったので、正に堀江さんの無駄遣い。
茅原さんも少しななかのキャライメージと合わなかった印象があるな。
小恋役の南條さんはあまり見ないけど、なかなか良かったと思う。
岡嶋さんはこういう不思議系(?)をやらせても意外とハマるかもしれないと思ったw
あおきさんは最初は声に違和感を感じたけど最後は慣れた。慣れるもんだなぁ。

個人的なこのアニメの評価 

設定を一切明かさなかったのが個人的には大きかった(悪い意味で)。とりあえず全体を通して下手な脚本だったと思う。更に原作の評判が良いので始まる前に期待していたので、その反動もあったかも。

BAMBOO BLADE 第13話 「先生たちと生徒たち」

室江高と成明高との練習試合。初心者揃いの成明高の皆は珠姫の実力を目にし・・・
バンブー13-1
剣道部をやめて調理部に入ろうと考える芽衣。妄想時のほわほわ感が可愛いw
付き合いで入ったのにその人達が止めたんじゃ普通にそういうこと考えるだろうな。しかし、
珠ちゃんに面を打たれ何かに目覚めた様子。
M属性と百合とも取れますが(ぇ。純粋に珠ちゃんのかっこよさに惚れ込んだのでしょうw
「たまかっこいい」「たま気持ちいい」珠ちゃんの魅力にメロメロの芽衣w
他の部員たちも全員が惚れこんでるし、珠ちゃんの魅力恐るべし!
その他キャプは小手を外され腕に当てられた時のショック顔と心理描写などw

今週のアニメ一言感想(12/18火~12/24月)

D.C.II~ダ・カーポII 第12話 「心の掛け橋」
美夏が委員長の弟を助けた途端に学校の奴らの態度変わりすぎだろ、そもそも由夢を助けたことでロボットとばれて阻害されてきたんじゃなかったのか?子供を轢いといて車の運転手はでてこないし、もしや逆に運転手がw?小恋に至っては存在すら忘れられる始末wもはや滅茶苦茶だなwようやく別れ話を切り出したけど最終回はどういう終わり方になるんだろう、誰のルートでもない俗に言うハーレムENDになりそうな気がしてきた。

Myself;Yourself 第12話 「赤い記憶」
なんていうか中途半端な欝作品になってきたという印象。最後はスクイズみたいな超欝展開で終わるのか、それとも主張どおりの王道ラブコメで終わるのか、伊藤誠Pの動きに注目w

ご愁傷さま二ノ宮くん 第12話 「歩き出そうよ」 (最終話)
ネバーエバーランドのあのマスコットキャラは何考えて作ったんだ、ありゃ潰れるよw最終話もシリアス展開だったけど最後の最後はこのアニメらしく締めたな。(総評)

灼眼のシャナⅡ 第12話 「清秋祭始まる」
ついに本編が進みそうだ。フィレスとかいうやつは風絶くらい張れ。ヴィルヘルミナはなんでマージョリーに協力を頼む、ややこしいことになるだけな気がするんだが。それだけフィレスが強大ということと、ヴィル本人となにか関係がありそうな事と関連してるのかな?

キミキス 第12話 「passing rain」
なぜかデレた二見さん、なぜ?明日夏まで一輝にフラグ立ってるしどうなることやら。
星野さんはかなり積極的にきたな、しかしあれで付き合っていないというのがおかしい。
マオ姉とサックスは微妙な空気かな、柊とお嬢様の犬にもフラグがw

レンタルマギカ 第12話「聖夜に捧げるレクイエム」
今回は短編(?)。このアニメはシリアスな回以外は面白い気がする。最後はよく分からなかったけど、みかんちゃんは酔っていたのか?EDは猫屋敷さんだけ浮いてたなw


これからはいよいよ最終回ラッシュの時期、今週(12/25火~12/31月)に終わるのはダメーポ、マイユア、ナイトウィザード、こどものじかん(?)、みなみけ、の5作品かな。キミキスとレンタルマギカって何気に2クールだったのか。

みなみけ 第12話 「クリスマスとかイブとか」

タケル叔父さんがサンタに変装しているところを目撃してしまった千秋はそれ以来クリスマスに夢を見ることができなくなってしまっていたが・・・
みなみけ12-1
またタケル叔父さんの失態か、本当に情けないシーンでばかり使われるキャラだなw
それを見て半泣きで呆然と立ち尽くす千秋。普段はあんなでもやはり純粋な子供ですねw
藤岡はいいやつだな~。これで夏奈からの株もちょっとは上がったかな。

『ふんどしサンタフェスタ』久々にふんどしきたwこの後のニュースで・・・
「ふんどしサンタフェスタは死傷者もなく無事に終了しました」
ふんどしにプレゼントを包むのは不衛生ではないかと(ry」
頻繁に死傷者出てるのかよw一体どんなイベントなんだふんどしサンタフェスタwww
ふんどしでプレゼント包むって不衛生ってレベルじゃねーぞ!ここが一番吹いたw

ハルっち

ニコニコ動画の紹介です。今1位みたいだから紹介の必要はないかもしれませんがw

40%の時から完成を待ち侘びていた力作がついに完成したようです!
この人はプロなのかな、そうじゃないとしてもその道で通用するのではw
そしてこのハルヒ可愛すぎるだろw みくるは中の人がそのままw

ハヤテのごとく! 第39話 「よいこの友達 借金執事万歳!」

理事長に執事力を奪われて三千院家を出たハヤテは理事長の元によびよせられ・・・
ハヤテ39
伝説の執事服ってあれのどこが執事服だw
それを見て真っ赤になるヒナギク。どうせならヒナギクにハヤテを剥かせれば(ry
戦闘シーンは元ネタを知らないので良く分からなかったな、覚醒後の執事服は聖闘士?
西沢さんはついに皆勤を逃すかなんて思い始めた時間に登場w
自動販売機のシーンで締めたのは良かった。でもハヤテは相変わらず鈍感w

らっきー☆ちゃんねる~陵桜学園放課後の机~ 第12回

ラジオ「らっきー☆ちゃんねる~陵桜学園放課後の机~第12回」の簡単な感想を。
今週はクリスマスの話題とあるある川柳といった、出演者の皆さん曰くまったりとした回。
らき☆すたラジオ12回

機動戦士ガンダムOO 第12話 「教義の果てに」

アザディスタン王国では改革派と保守派の対立が深まり、民族紛争にまで発展する。そこに武力介入する刹那だが、かつて自分が置かれた状況と重なった悲惨な現場を目撃し・・・
プロフィール

Author:ムメイサ
カテゴリー
アーカイブ

2017年 06月 【8件】
2017年 05月 【16件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【38件】
2017年 02月 【13件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【15件】
2016年 11月 【7件】
2016年 10月 【13件】
2016年 09月 【14件】
2016年 08月 【14件】
2016年 07月 【12件】
2016年 06月 【14件】
2016年 05月 【9件】
2016年 04月 【13件】
2016年 03月 【15件】
2016年 02月 【10件】
2016年 01月 【7件】
2015年 12月 【27件】
2015年 11月 【16件】
2015年 10月 【26件】
2015年 09月 【34件】
2015年 08月 【17件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【32件】
2015年 05月 【26件】
2015年 04月 【27件】
2015年 03月 【20件】
2015年 02月 【18件】
2015年 01月 【33件】
2014年 12月 【35件】
2014年 11月 【38件】
2014年 10月 【26件】
2014年 09月 【26件】
2014年 08月 【14件】
2014年 07月 【22件】
2014年 06月 【20件】
2014年 05月 【17件】
2014年 04月 【14件】
2014年 03月 【37件】
2014年 02月 【32件】
2014年 01月 【34件】
2013年 12月 【26件】
2013年 11月 【29件】
2013年 10月 【29件】
2013年 09月 【23件】
2013年 08月 【17件】
2013年 07月 【27件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【25件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【27件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【37件】
2012年 12月 【26件】
2012年 11月 【27件】
2012年 10月 【34件】
2012年 09月 【28件】
2012年 08月 【26件】
2012年 07月 【39件】
2012年 06月 【35件】
2012年 05月 【30件】
2012年 04月 【43件】
2012年 03月 【36件】
2012年 02月 【36件】
2012年 01月 【20件】
2011年 12月 【34件】
2011年 11月 【25件】
2011年 10月 【72件】
2011年 09月 【42件】
2011年 08月 【52件】
2011年 07月 【53件】
2011年 06月 【45件】
2011年 05月 【49件】
2011年 04月 【59件】
2011年 03月 【36件】
2011年 02月 【47件】
2011年 01月 【49件】
2010年 12月 【43件】
2010年 11月 【43件】
2010年 10月 【43件】
2010年 09月 【42件】
2010年 08月 【41件】
2010年 07月 【40件】
2010年 06月 【41件】
2010年 05月 【38件】
2010年 04月 【41件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【45件】
2010年 01月 【49件】
2009年 12月 【42件】
2009年 11月 【36件】
2009年 10月 【35件】
2009年 09月 【57件】
2009年 08月 【47件】
2009年 07月 【46件】
2009年 06月 【58件】
2009年 05月 【63件】
2009年 04月 【52件】
2009年 03月 【52件】
2009年 02月 【39件】
2009年 01月 【51件】
2008年 12月 【61件】
2008年 11月 【61件】
2008年 10月 【68件】
2008年 09月 【69件】
2008年 08月 【59件】
2008年 07月 【63件】
2008年 06月 【50件】
2008年 05月 【49件】
2008年 04月 【47件】
2008年 03月 【59件】
2008年 02月 【68件】
2008年 01月 【64件】
2007年 12月 【62件】
2007年 11月 【70件】
2007年 10月 【63件】
2007年 09月 【59件】
2007年 08月 【52件】
2007年 07月 【51件】
2007年 06月 【31件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【21件】

アクセスランキング
検索BOX・タグ一覧
カウンター