ムメイサの隠れ家

放送中の深夜アニメの各話毎の感想を中心に更新しています。全話視聴したアニメ作品の総評なども。
月別アーカイブ  [ 2013年04月 ] 

≪ 前月 |  2013年04月  | 翌月 ≫

DRAGON BALL THE MOVIES 『とびっきりの最強対最強』 『燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦』

DRAGON BALL THE MOVIES #05 ドラゴンボールZ とびっきりの最強対最強 [DVD]
『とびっきりの最強対最強』
映画第五弾クウラ襲来編。この映画は見た回数が少なめだったのでキャンプや仙豆やクライマックス以外の場面はあまり覚えていなかったけどクウラと悟空にはそんな因縁があったのか。もしクウラがあそこで止めなければ悟空が地球にたどり着けなかったと思うと複雑。

面白いけど尺不足で全体的に流れが巻かれていて戦闘もあっさりめだったという感じも。クウラとの戦闘ではもう少し各場面に貯めがほしかった。ただピッコロさんの活躍度はかなり高めで最後もピッコロさんENDなのでその筋のファンの方にはお勧めw クウラの中尾さんも上手い具合にフリーザの演技との違いを見せていてそんなところも見もの。

そして何気にファイヤードラゴン出演の最後の映画でもあるのかな。13~15号の映画では居たか詳しく覚えてないけどそれ以降は間違いなく居なかったし。


DRAGON BALL THE MOVIES #08 ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦 [DVD]
『燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦』
映画第八弾ブロリー編。たぶんDBの映画でも一番見た回数が多い作品で各場面の台詞からBGMまでほとんど頭に残っていた作品だけど久々に見てもやっぱり面白かった。

クウラの50分に対してブロリーは尺が60分弱あったのでそれが大きかったのかもしれない。アニメDBは尺が余ると戦闘のぶつかり合いを引き伸ばすけどそういうところこそ面白いとも思うしこの映画はそういう要素でクウラよりもだいぶバトルの印象が強かった。

ヘタレなベジータ、格好良すぎでもはやネタ的なピッコロさんの登場場面、面接ってのは嘘つき大会なんかという悟空、クリリンの翼をください、武天老師の活躍、悟空とブロリーの因縁、ブロリーの強大な悪役性など見所満載。

しかしブロリーは強すぎる。おそらくスーパーサイヤ人2の亜流のような感じなんだろうけど、悟空の全力かめはめ波を至近距離で受けてノーダメージな時点で少なくともセル完全体以上、少年時代の悟飯の正式な2でも勝てるかどうか。この時点でデブ魔人ブウに近い力を持っていたかも。バイオは弱かったけどあれは生まれたての別の存在だったからか。

一人ドラゴンボール祭り(`・ω・´)

DRAGON BALL Z #46 [DVD]
これが超ベジットだ

最近久々の映画を見てから旧作の映画が見たくなったので何作か借りてきて一人ドラゴンボール祭りを開催中。VHSで残しているのもけっこうあるけどテープが劣化していかれたりデッキがもう使えなかったりするので持っているものも含めてレンタルで(;^ω^)

劇場版を見たいと言っているのになんで冒頭がベジットかと言うと本編のこの部分も久々に見たいと思ったので46巻を借りて映画に先駆けて見たため。やはりドラゴンボールの戦闘はいい。アニメでは尺稼ぎも兼ねて戦闘にオリジナル要素と追加描写を加えるけどその部分こそがDBたる所以で原作を場面の教本としつつ演出でそれをより魅力的に仕上げている。

ベジットになる話は漫画では会話だけで直ぐに合体するけどアニメでは悟空とベジータが戦闘を行うところなどが良い例で、他にも悪く言えば尺稼ぎだけどいい意味で盛り上げるオリジナル要素が沢山ある。実際時間稼ぎすぎだろと思うところもあるけどw

戦いにおけるキャラクターの動かし方もCGでスピード感を出すだけの最近の映画のバトル作画よりもよっぽどいいと改めて感じた。ベジットが接近して体当たりから回し蹴りにつなげる場面の描写なんかも凄く良かった。それからなんと言ってもBGM演出。曲もいいけど演出も上手い、アニメの各場面に合わせて流れると臨場感が最高。

そんなこんなで久々の本編も大いに楽しめた!あとは劇場版DBZをいくつか借りてきたのでそれも久々に楽しみたい\(^ω^)/ なんだかんだで映画効果はあるなとw

お風呂は・・・入んないんすか?

ゆずこ
ゆゆ式の3話が面白かったw
一話と二話の段階ではまだ微妙でどうなんだろうという感じだったけどそのハイテンションっぷりにも少しずつ慣れてくると三話のネタと演出の暴走感で覚醒した感じw 最初はあっちこっち系の作品かと思っていたけどキルミーベイベー系のノリの作品かもしれない。

三話は「お風呂は入らないんすか」などで目の色がやたら変わっていたところや「500円払うから続けてもらえませんかね」の発想が面白かったw ゆずこがいいキャラしてる。しかしCVが大久保さんで唯ちゃん好きで百合なピンク髪というと某キャラが(ry


青春ラブコメ4-1フォトカノ4ー1
他春アニメについても少し、RDGは3話までは展開も流れもおとなしかったけど4話の学園編から少し面白くなりそうな気配が出てきた。米澤さんキャラはAnotherの赤沢さん以来だけどPAではなかなか重宝されているようで。しかしあのPCの爆発はAnotherなら・・・

逆に魔王様はギャグ展開のロケットスタートから本筋に入ることで少しだけ失速の気配も出たので今後どうなるか。変態王子は女の子キャラは可愛いけどああいう作品にほしい勢いの面では今ひとつかな。マジェプリとヴァルヴィレイブはなんとも言えないけど後者はテンプレなようでいて読めない展開になってきたところはいい。「俺と契約しろ」アッー!

二期ものは基本的に安定、それから青春ラブコメも意外と安定している。しかし戸塚キュンがヒッキーの事をあそこまで好きなのはいったいなぜw フォトカノは2話で片鱗を見せてからはひたすらマイペースで暴走を繰り返していてある意味一番ぶれのない作品(笑)

俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 第4話 「俺の妹のライバルが来日するわけがない」

俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 1(完全生産限定版) [Blu-ray]
俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 第4話 「俺の妹のライバルが来日するわけがない」

とある科学の超電磁砲S 第3話 「超電磁砲量産計画(レディオノイズけいかく)」

とある科学の超電磁砲S 第1巻 (初回生産限定版) [Blu-ray]
とある科学の超電磁砲S 第3話 「超電磁砲量産計画(レディオノイズけいかく)」 感想

はたらく魔王さま! 第4話 「勇者、心の温かさに触れる」

魔王様4-1
天使の子ロリエミリア!
勇者エミリアさんの幼少時代が可愛かった(^ω^) ぴかしゃさんもいい演技するなー。今回はエミリアの経歴が見られたけど子供時代の純真さを見た後に復讐心を増大させてああいう大人に育てられたところを見ると教団の存在もどうにも胡散臭く感じる。魔王の様子などを見てもこの勇者と魔王の対立の構図には何やら裏がありそうな気配も。

リトルバスターズ!

リトルバスターズ! 9 (全巻購入特典「テレビ非公開「秘密」エピソードDisc」応募券付き)(初回限定版) [Blu-ray]

ミッションスタートだ!

こーのいったっみきーみのせい


なんという絶叫MADw
最近ほとんどMAD検索もしなくなったけど偶然検索に掛かったのを見てみたら凄まじい音MADだったw ゴリ押しすぎるけど思った以上にちゃんと歌詞に合わせてるところも凄いw

ディオがダイアーさんを殺した場面に「急に飛びかかってきたので咄嗟に・・・」と一話のダニーを蹴った場面の台詞を入れたギャグやこーのいったっみ♪をこーの阿っ呆がー!で歌った序盤の部分が特に面白かったw

変態王子と笑わない猫。 第2話 「妖精さんは怒らない」

変態王子2-1
「変態変態変態馬鹿変態!ケダモノ発情期!いつ!いつしたの!?こっちが寝てる時!?初めてなのに初めてだったのに!どうなるのどうするのどうしてくれるの!?」

小豆梓ちゃん可愛い(^ω^)
変態王子に振り回されてわーわー言ってる各場面が可愛かった^^
石原さんは前回は特別は感じなかったけどこうなると実に合ったいい演技をしているなと。それにしても月子ちゃんだけでなく小豆梓ちゃんまでこの可愛さとは…こういうアニメでヒロインが二人共可愛いというのは割と珍しい感じでもあるけどその面ではハイレベルな作品かも。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 第3話 「俺の友達が眼鏡を外すわけがない」

俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 1(完全生産限定版) [Blu-ray]
俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 第3話 「俺の友達が眼鏡を外すわけがない」感想

とある科学の超電磁砲S 第2話 「寿命中断(クリティカル)」

とある科学の超電磁砲S 第1巻 (初回生産限定版) [Blu-ray]
とある科学の超電磁砲S 第2話 「寿命中断(クリティカル)」 感想

はたらく魔王さま! 第3話 「魔王、新宿で後輩とデートする」

魔王様2-1
「ま、真奥さん、その、私・・・」
ちーちゃんの積極的なアプローチが可愛い(;´Д`)
序盤からここまで積極的に来るとは。予想以上のちーちゃんの攻勢が良かった!(^ω^)

ねえもっといっしょしよ

赤崎さすけ
今週の百花繚乱、赤崎さんの猿演技が可愛かったw
今期は見ないななんて思ってたけどまさか猿役で出てくるとは、そしてその猿演技でも魅せてくれるとは。昨年このブログのawardではMVPの声優さんで十分評価しているつもりでもさらに良い演技を見せてくれる・・・今後も赤崎さんの活躍から目が離せないッ!(^ω^)

ムシブ
ムシブギョーw
テレ東の夕方アニメがエロいと話題だったので見てみたらたしかに深夜アニメ並だったw
夕方でこういうのを見るとなんでこれが夕方でwというまた別の面白さがある(笑)

お春さんが暖簾を上げる場面の描写なんて魔乳秘剣帖クラスだったし火鉢ちゃんのふんどし・着替え・風呂サービスやちんぽう流ネタなども目立ちすぎwそして今回サービスが多かったと思えば次回予告でも早速エロシーンと方向性が一貫してて笑ったw

火鉢の声は特に気にしないで見ていて竹達さんっぽいなと思っていたら大久保さんだった。その二人はゆるゆりでそっくりなキャラとして共演したことがあるけどこうして勘違いしたあたりやっぱりけっこう似ている声質だと思う。

エロ展開に加えて主人公のキャラとKENNさんの声もそこそこ面白いし、火鉢はなかなか可愛いし、夕方で完全にノーマークだったけどこれはけっこう見れるアニメかもしれない。

まだ海の色がコバルトの時代・・・

COMPLETE SONG COLLECTION OF 20TH CENTURY MASKED RIDER SERIES 08 仮面ライダーBLACK

戦え!仮面ライダーBLACK!!

ニコニコで毎週配信されていた仮面ライダーBLACKもついに終了。やはり演技や戦いから良い意味での暑苦しさみたいなものを感じる作品で南光太郎役のてつをさんの「どうしたんだ!大丈夫か!?」「ゆ”る”さ”ん”!!!」「のぶひこーーー!!!!」などの台詞や怪人と生身で戦い合うあのアクションの熱演は記憶に色あせない通り久々に見ても最高だった。

今見ると突っ込みどころも多すぎる作品でニコニコで見ることでさらに面白くなった面も多々あった。三神官に対する容赦ないつっこみや一場面毎に急にロケ地ごと変わる豪快な撮影に対してのつっこみなども面白かった。「今週の縦穴」「いつもの病院」「いつもの採石場」みたいな定番のコメントが出来ていたのは笑ったw

初めて見たときは最終回がBAD ENDっぽくて後味が悪かった覚えもあるけど、シャドームーンは最後の場面でのぶひこに戻ったという見方もできるシーンがたしかにあったのでそれに気がついた分以前よりも納得はできたかもしれない。ただそうなるとRXのシャドームーンはなんなのかとまた疑問も。あとかつみときょうこの扱いや創世王の後を継いでくれないなら地球を巻き込んで自殺するぞ!なラスボスっぷりは相変わらず酷いとも思ったりw

怪人では紅鮭とカニの強さや何気に終盤まで生き残った蝙蝠怪人が印象に残った。コガネムシを使って人間社会を荒らした倉持さんことビルゲニアの話もなかなか、親が会社を退職して退職金を叩いて購入した黄金虫も失ったサトル君の家はあの後どうなったのかと、まったくフォローなしのブラックすぎるストーリーも印象的w

そんなところも含めて面白かった。BGM演出もいいしシャドームーンのデザインなどもいいけどBLACKはなんと言っても南光太郎の存在、あのキャラの爽やかさに熱さにアクションの力強さ、変身ポーズのキレなど総じた「男前さ」がこの作品の最大の魅力だった。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 第2話 「信じて送り出したお兄さんが携帯美少女ゲームにドハマリしてセクハラしてくるようになるわけがない」

俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 1(完全生産限定版) [Blu-ray]
俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 第2話 感想

革命機ヴァルヴレイヴ 第1話 「世界を曝く」

1/144 ヴァルヴレイヴ (革命機ヴァルヴレイヴ)
革命機ヴァルヴレイヴ 第1話 「世界を曝く」感想

とある科学の超電磁砲S 第1話 「超電磁砲(レールガン)」

とある科学の超電磁砲 Blu-ray BOX〈初回限定生産〉
とある科学の超電磁砲S 第1話 「超電磁砲(レールガン)」感想

フォトカノ 第2話 「学園天国」

フォトカノ2-1
「シャッターチャンスだ!」
なんだwwwこの展開wwwwww
なんであの場面で咄嗟にその反応が出るのか、そして勝手に撮影して弱みを握ったぞー!とにやにやの主人公の並外れた思考と展開があまりにも酷過ぎて笑ったwww

はたらく魔王さま! 第2話 「勇者、仕事優先で魔王城に泊まる」

はたらく魔王様2-1
ツンデレ勇者襲来!
魔王を直ぐにでも殺すという勢いで出てきたその話でこの表情であるw もうこの時点でちょろい人と言うかこの後どうなるかが分かってしまう(ノ∀`) ということで魔王様二話。一話は予想以上に面白かったけど二話も面白く今期の中でも期待作品になってきた(^ω^)

映画 『ドラゴンボールZ 神と神』 感想

劇場版 DRAGON BALL Z (ドラゴンボールゼット) 神と神 2013年 4/30号 [雑誌]
ドラゴンボールZの映画を見に行ったので軽く感想を。本編のネタバレを含むのでご注意を。
プロフィール

Author:ムメイサ
カテゴリー
アーカイブ

2017年 04月 【29件】
2017年 03月 【38件】
2017年 02月 【13件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【15件】
2016年 11月 【7件】
2016年 10月 【13件】
2016年 09月 【14件】
2016年 08月 【14件】
2016年 07月 【12件】
2016年 06月 【14件】
2016年 05月 【9件】
2016年 04月 【13件】
2016年 03月 【15件】
2016年 02月 【10件】
2016年 01月 【7件】
2015年 12月 【27件】
2015年 11月 【16件】
2015年 10月 【26件】
2015年 09月 【34件】
2015年 08月 【17件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【32件】
2015年 05月 【26件】
2015年 04月 【27件】
2015年 03月 【20件】
2015年 02月 【18件】
2015年 01月 【33件】
2014年 12月 【35件】
2014年 11月 【38件】
2014年 10月 【26件】
2014年 09月 【26件】
2014年 08月 【14件】
2014年 07月 【22件】
2014年 06月 【20件】
2014年 05月 【17件】
2014年 04月 【14件】
2014年 03月 【37件】
2014年 02月 【32件】
2014年 01月 【34件】
2013年 12月 【26件】
2013年 11月 【29件】
2013年 10月 【29件】
2013年 09月 【23件】
2013年 08月 【17件】
2013年 07月 【27件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【25件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【27件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【37件】
2012年 12月 【26件】
2012年 11月 【27件】
2012年 10月 【34件】
2012年 09月 【28件】
2012年 08月 【26件】
2012年 07月 【39件】
2012年 06月 【35件】
2012年 05月 【30件】
2012年 04月 【43件】
2012年 03月 【36件】
2012年 02月 【36件】
2012年 01月 【20件】
2011年 12月 【34件】
2011年 11月 【25件】
2011年 10月 【72件】
2011年 09月 【42件】
2011年 08月 【52件】
2011年 07月 【53件】
2011年 06月 【45件】
2011年 05月 【49件】
2011年 04月 【59件】
2011年 03月 【36件】
2011年 02月 【47件】
2011年 01月 【49件】
2010年 12月 【43件】
2010年 11月 【43件】
2010年 10月 【43件】
2010年 09月 【42件】
2010年 08月 【41件】
2010年 07月 【40件】
2010年 06月 【41件】
2010年 05月 【38件】
2010年 04月 【41件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【45件】
2010年 01月 【49件】
2009年 12月 【42件】
2009年 11月 【36件】
2009年 10月 【35件】
2009年 09月 【57件】
2009年 08月 【47件】
2009年 07月 【46件】
2009年 06月 【58件】
2009年 05月 【63件】
2009年 04月 【52件】
2009年 03月 【52件】
2009年 02月 【39件】
2009年 01月 【51件】
2008年 12月 【61件】
2008年 11月 【61件】
2008年 10月 【68件】
2008年 09月 【69件】
2008年 08月 【59件】
2008年 07月 【63件】
2008年 06月 【50件】
2008年 05月 【49件】
2008年 04月 【47件】
2008年 03月 【59件】
2008年 02月 【68件】
2008年 01月 【64件】
2007年 12月 【62件】
2007年 11月 【70件】
2007年 10月 【63件】
2007年 09月 【59件】
2007年 08月 【52件】
2007年 07月 【51件】
2007年 06月 【31件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【21件】

アクセスランキング
検索BOX・タグ一覧
カウンター