ムメイサの隠れ家

放送中の深夜アニメの各話毎の感想を中心に更新しています。全話視聴したアニメ作品の総評なども。
月別アーカイブ  [ 2014年07月 ] 

≪ 前月 |  2014年07月  | 翌月 ≫

純情ロマンチカ TVアニメ第3期決定!!!

ロマチカ2番外編1
アッー番外編2
ロマチカ2番外編3

純情ロマンチカ 第3期決定!!

ロマンチカきたああああああああああああああああああああああああああ溢れ出した衝動がアッーーー!!!

まさかの第三期ww 一期と二期の放送が2008年だったので流石に続きはもうないだろうと思っていたけど6年程経ってからまたこの作品のアニメ化の話題を見ることになろうとはw
正直な話あまりにも意外すぎてキターというよりも笑いがこみ上げてしまった(ノ∀`)

いやーでも一期も二期もキャラ・ギャグ・ラブストーリー(心情描写)とバランスよく楽しめた作品だし続きのアニメ化の話題は嬉しい。同作者の世界一初恋も同等からそれ以上に好きだったし現在放送中のLOVE STAGE!!も楽しんでいるけど、この作品こそが始まりでこの作品と出会わなければそれらも見ていなかったのだろうなと思うといろいろ感慨深い。

それから純ロマの3期があるということは世界一初恋第3期実現の可能性もけっこう高いと見て良さそうでそれも凄まじく楽しみにw 『Hybrid Child』のOVA、横澤さんの映画化、そして純ロマTVアニメ第3期と勢いの止まらない中村春菊先生ワールドが凄すぎるw


・純情ロマンチカ2 第12話 「終わり良ければ全て良し」 (最終回)

あれ?カーターさんの出番なし?一期で名前を聞いただけでピーンときたキャラなので今期は期待していたのだが、もしかして存在しないのか・・・?

いや、そんなことあるはずがない。彼は必ずエゴイスト組の前に現われるはず、
つまりこれは3期への伏線だッ!

どうでもいいけど何気に2008年の時点で三期があることを見抜いていたらしいw
これの通りになったということは三期ではついに未知なる男カーターさん登場か!?

もーもきゅんそー♪

モモキュン4
モモキュンソード4話が面白かったw
このアニメはこういうのでいいんだよというまさに求められし内容だった感じでサービスもギャグも光った回だった。特にヒロイン達が触手責めにあっている時に男陣がやる気なく「ナ、ナンテキョウアクナコウゲキダー(棒)」「このぉーぜったいゆるせねぇー(笑)」「天に代わって、成敗してくれる//」と台詞だけそれっぽく言って動かず喜んで鑑賞してたとこは笑ったw

安倍晴明なんて黒幕の一員っぽいのにこんなギャグキャラになって本編では大丈夫なのかとw 天女隊は相変わらずの使えなさw イカTUEEEEEE!普通に鬼より強いんだけどw 雉はあんな能力があったのかよw猿と犬が男の人型になったらと思うと嫌だな^^; カリン可愛い。大坪さんはキャラによっては無理があることもあるけど嵌ればいい感じでこの声は好き。

精霊使いの剣舞 第3話 「魔王殺しの聖剣」

精霊使い3-1
「おにい……ちゃん?」
魔王殺しの聖剣こと銀髪少女エスト登場!
エストかわええええええ!エストとウィクロスしたい(^ω^) そんなこんなで一瞬にして赤黄青の信号メインヒロインズが喰われた気がするw それにしてもこの展開もよくやるというか、主人公がベッドで目覚めた時点でもう布団の中に裸の少女が居ると思ってしまったw

ハナヤマタ 第4話 「プリンセス・プリンセス」

ハナヤマタ4-1
「う、うん…ありがとう多美お姉ちゃん♥」
キマシ!!!!!最近このアニメに関して○○○○じゃのうを使いすぎているので別の表現でw
それにしても思った以上に百合っぽさのある作品というか、そっち目線で見ると相関関係もだいぶごちゃごちゃになってきた感じだけどこれヤヤちゃんはいろいろ大変だろうなと(ノ∀`)

まだ見てます(・ω<)

RAIL WARS!はまだ見てる。なぜかと問われれば・・・・・

レールウォーズ

ビッグマム三重鳩胸
「「そこにおっぱいがあるからじゃーーーーー!!!」」

レールウォーズは一話を見た限りじゃけっこう苦しいかなという感じだったけどこのスタンスで見る分には悪くないというか変にストーリーが凝ってない分むしろいいかもしれない。伊豆回は実に良かったw 精霊使いの剣舞といい個人的に今期はけっこう割り切った視聴ができている感じで作品によって楽しみ方を変えてけっこう上手く回せているんじゃないかなと。

人生は二話で既にペースを掴めていたので三話もなかなか楽しめた、「大リーガー」と「腕相撲大会の優勝者にはおかず一品の楽しい家庭」のところのいくみが面白かったw モモキュンはこれもRAIL WARS!と近いというかスタンス次第で気楽に見れる良い意味でテキトーな作品かなと。ハナヤマタは・・・レズレズじゃのう、ヤヤちゃんのナル大好きっぷりが好きw

逆にまじもじるるもはあまり楽しみ方を見い出せなかったので脱落、内容はレールもモモキュンもそんなに変わらない気がするけど、やはりそこにおっp(ry あとは六畳間の侵略者!?と東京ESPが内容的なものなのか後発組故の視聴疲れなのか2話で早くも流し見になってしまっていたので3話を超えられるかどうか微妙なところ。他はまたどこかで触れられれば。

それにしてもこの記事は単に魔乳秘剣帖(とクェイサー)のネタがやりたかっただけ感が見え見えだけど、放送終了から3年近く経っても依然としてちょくちょくネタを入れたくなる魔乳の影響力ってw

ハチャメチャーナレーンアーイジッジョーノーソーノサーキニーwww

ラブステージ
LOVE STAGE!!の3話が面白すぎたw
放送前は特に期待してなかったけど1話を見てあれけっこう面白いんじゃない?となってこの3話で一条龍馬の覚醒と共に一気に覚醒した感じw 龍馬がなぜか勢いに任せてそのまま突っ走ってしまったシーンはまさにえぇぇー(ノ∀`)となる神展開w兄貴介入の修羅場も笑ったしちょっと無意味に近い印象の謎の劇画風演出や時を遡った演出もその無駄さが逆に笑えてアクセントになっていてキャラ・ストーリー・演出全てで面白い3話だったw

アッーな場面のピンク映像は演出というよりは規制対策だったのかなwそれにしてもなぜいきなりあそこまでいったのかあの男w 最後に竜馬が聖湖に泣きついたところで女性一同が歓喜して写真を撮りまくっていた場面も笑ったw あとは漫画研究会に居るあのメガネマンは泉水を狙っているホモォさんな可能性が高いと今までの経験が告げている・・・・・。

そんなこんなでこの三話で一気に今期の中でも特に楽しみな作品の一つになってきたw

普通の女子高生が【ろこどる】やってみた。 第4話 「マネージャーとかついてみた。」

ろこどる4-1
水が滴るなにゃこが色っぽ可愛い!
今週も良いなにゃこ描写だった!着替えのヘソシーンだったり最後の後ろからの際どい写真だったり健全に見えて(?)けっこう露骨にそういうシーンは入れてくるアニメw

普通の女子高生が【ろこどる】やってみた。 第3話 「着てみた。脱いでみた。」

ろこどる3-1
「それーーー♪」
ステージ上で脱いでみたなにゃこがエロかった(;´Д`)
今回はゆるキャラ&新キャラ登場についに菜々子たちの衣装も完成、さらにステージで水着ショーと盛りだくさんの内容だった!菜々子たちが上着を脱ぎ捨てた瞬間のおおおお!という歓声、だんだん変な(ある意味正当な?)ファン層もついてきたようでw

Free!-Eternal Summer- 第3話 「別れのバタフライ!」

フリー2 3-1
「はいっ!」
遙に褒められて喜ぶ怜ちゃんがよかった!
一期同様に三話は怜回!前期も面白い話だったけど怜がいいキャラしてるからメインの話は安定して面白い。しかし怜は遙・渚・凛とカップリングの組み合わせが一番多いキャラだよなとw 中でも特に遙に対する憧れの先輩という関係性とその距離感が好きで今回最後に憧れのハルに努力を認められて弾ける笑顔を見せた展開は実に良かった(*´д`*)

精霊使いの剣舞 第1話 「剣と学院と火猫少女」

精霊1-1

「あんたがあたしの契約精霊になりなさい!」

  ( ゚д゚) 
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_ 
  \/    /
     ̄ ̄ ̄
 
  ( ゚д゚ )
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_ 
  \/    /
     ̄ ̄ ̄

  (^-^)ニコッ
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_ 
  \/    /

さばげぶっ! 第2話 「ツインテールのワナ」

さばげぶっ! 6 (特装限定版) [Blu-ray]

さばげぶっ! 第2話 「ツインテールのワナ / 精神トレーニング / 沈黙のKILL or DIE」 感想

人生相談テレビアニメーション「人生」 第2話 『反省』

人生2-1
体育会系かわいい!
初見時はあんな状態でだからこそ逆にこのアニメ行けるぞという感覚も持った第一話だったけど予想通りとでも言うか早速2話で楽しみ方も分かってきて割と掴まえてきたw

やはりこのアニメはネタの面白さを楽しむというよりも女の子キャラクターの可愛い・エロい・かわいいといった描写を中心に楽しんでいくものなんだなと。キャラデザや規制によっては何もインパクトが残らないけどその点も全然問題ないしなかなかいい。感覚としては若干エロ比重が増したくらいでGJ部とかなり近いと思う。

2014年夏アニメ第一話一言感想②

ヤマノススメ セカンドシーズン1巻 [Blu-ray]LOVE STAGE!! 限定版 第1巻 [Blu-ray]まじもじるるも (1) [Blu-ray]
2014年夏アニメの個別で感想を書いてない作品の第一話のざっとした感想その二。(ひめゴト/モモキュンソード/まじもじるるも/ヤマノススメ セカンドシーズン/LOVE STAGE!!/残響のテロル/六畳間の侵略者!?/東京ESP)

黒執事 Book of Circus 第1話 「その執事、披露」

セバスチャンは貿易の会談のために完璧な舞台をセッティングする。あくまで執事として…
黒執事3 1-1
小野D「私がスター?とんでもない。
   私はあくまで執事ですから。


早速セバスチャンの決め台詞キタ━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!!
しかしシャンパンタワーのシーンは流石の神業だったけどこの程度ではまだこの男の本領ではないなとも感じた。セバスがノリにノッていたらバックであの歌付きのBGMが流れ始めてギャラリーが感涙して褒め称えるうような展開になるはずなのでwそしてそういうのが大好きなのがこの男セバスチャンw 名解説員アグニさんや子爵の登場が待たれる(笑)

普通の女子高生が【ろこどる】やってみた。 第2話 「遊びに行ってみた。」

ろこどる2-5
木曜アニメ、うさぎ、和菓子・・・う、、頭が
なんてことは置いといて、奈々子は不器用だけど一生懸命仕事をしているのが認められるという良い話だった。二話まで見てアイドルにも地元プッシュにも偏りすぎないで友情や日常をメインに緩く可愛く暖かくというコンセプトが伝わってきてなかなかいいと思う。

Free!-Eternal Summer- 第2話 「邂逅のストローク!」

フリー2 2-1
「流石お前が惚れ込んだだけのことはある」
宗介に見透かされる凛の心!
この場面ではまだ遙に興味を持っているのかと思ってたけどこの言葉にはそういう意味があろうとは。まあこの角度と眼力は中村春菊先生の作品でもよく見たような気がするし"やはりこの男"とw ということで早速予想以上に本性を表していた宗介がインパクト抜群だったw

ハナヤマタ 第1話 「シャル・ウィ・ダンス?」

ハナヤマタ1-1
「いいですよ。連れて行ってあげます。あなたが望むなら不思議な世界へ──。だから・・・私と一緒に踊ってくれますか?」
金髪少女!!!某アニメの影響で最近気になって仕方がない属性w
ということで金髪少女の誘いで始まったハナヤマタ。やはりきららフォワードはストーリーやファンタジー色が強めのようで日常というよりは青春部活弱ファンタジー系と言えそうかな。

2014年夏アニメ第一話一言感想

月刊少女野崎くん 第1巻 [Blu-ray]人生相談テレビアニメーション 人生 Vol.1 [Blu-ray]グラスリップ (6) [Blu-ray]
2014年夏アニメの個別で感想を書いてない作品の第一話のざっとした感想。(幕末Rock/グラスリップ/白銀の意思 アルジェヴォルン/RAIL WARS!-日本國有鉄道公安隊-/SAOⅡ/アルドノア・ゼロ/人生/アカメが斬る!/月刊少女野崎くん)

さばげぶっ! 第1話 「入部」

さばげぶっ! 6 (特装限定版) [Blu-ray]

さばげぶっ! 第1話 「入部!」 「入部と言ったな?あれは嘘だ」 「本当はリアルなサバゲをやるつもりでした」 感想

普通の女子高生が【ろこどる】やってみた。 第1話 「【ろこどる】はじめてみた。」

ろこどる1-1
ろこどる!
”るこどる”と読み間違えていたけど”ろこどる”だったのかw タイトルにやってみたとついているあたりニコ動とかのそんなノリの作品になるのかななんて思ってたけど緩い日常ベースでヒロインもなかなか可愛かったので悪くなく割と見易い一話の入りだった。
プロフィール

Author:ムメイサ
カテゴリー
アーカイブ

2017年 05月 【12件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【38件】
2017年 02月 【13件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【15件】
2016年 11月 【7件】
2016年 10月 【13件】
2016年 09月 【14件】
2016年 08月 【14件】
2016年 07月 【12件】
2016年 06月 【14件】
2016年 05月 【9件】
2016年 04月 【13件】
2016年 03月 【15件】
2016年 02月 【10件】
2016年 01月 【7件】
2015年 12月 【27件】
2015年 11月 【16件】
2015年 10月 【26件】
2015年 09月 【34件】
2015年 08月 【17件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【32件】
2015年 05月 【26件】
2015年 04月 【27件】
2015年 03月 【20件】
2015年 02月 【18件】
2015年 01月 【33件】
2014年 12月 【35件】
2014年 11月 【38件】
2014年 10月 【26件】
2014年 09月 【26件】
2014年 08月 【14件】
2014年 07月 【22件】
2014年 06月 【20件】
2014年 05月 【17件】
2014年 04月 【14件】
2014年 03月 【37件】
2014年 02月 【32件】
2014年 01月 【34件】
2013年 12月 【26件】
2013年 11月 【29件】
2013年 10月 【29件】
2013年 09月 【23件】
2013年 08月 【17件】
2013年 07月 【27件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【25件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【27件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【37件】
2012年 12月 【26件】
2012年 11月 【27件】
2012年 10月 【34件】
2012年 09月 【28件】
2012年 08月 【26件】
2012年 07月 【39件】
2012年 06月 【35件】
2012年 05月 【30件】
2012年 04月 【43件】
2012年 03月 【36件】
2012年 02月 【36件】
2012年 01月 【20件】
2011年 12月 【34件】
2011年 11月 【25件】
2011年 10月 【72件】
2011年 09月 【42件】
2011年 08月 【52件】
2011年 07月 【53件】
2011年 06月 【45件】
2011年 05月 【49件】
2011年 04月 【59件】
2011年 03月 【36件】
2011年 02月 【47件】
2011年 01月 【49件】
2010年 12月 【43件】
2010年 11月 【43件】
2010年 10月 【43件】
2010年 09月 【42件】
2010年 08月 【41件】
2010年 07月 【40件】
2010年 06月 【41件】
2010年 05月 【38件】
2010年 04月 【41件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【45件】
2010年 01月 【49件】
2009年 12月 【42件】
2009年 11月 【36件】
2009年 10月 【35件】
2009年 09月 【57件】
2009年 08月 【47件】
2009年 07月 【46件】
2009年 06月 【58件】
2009年 05月 【63件】
2009年 04月 【52件】
2009年 03月 【52件】
2009年 02月 【39件】
2009年 01月 【51件】
2008年 12月 【61件】
2008年 11月 【61件】
2008年 10月 【68件】
2008年 09月 【69件】
2008年 08月 【59件】
2008年 07月 【63件】
2008年 06月 【50件】
2008年 05月 【49件】
2008年 04月 【47件】
2008年 03月 【59件】
2008年 02月 【68件】
2008年 01月 【64件】
2007年 12月 【62件】
2007年 11月 【70件】
2007年 10月 【63件】
2007年 09月 【59件】
2007年 08月 【52件】
2007年 07月 【51件】
2007年 06月 【31件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【21件】

アクセスランキング
検索BOX・タグ一覧
カウンター