RSS

企画

ごちうさ

PCゲーム

ゆずソフト

To LOVEる -とらぶる- 第26話 「ララ」 (最終回)

トラブル26-1
闇「勘違いしないでください貴方は私のターゲット。他の(ry」
最終回はツンツンしながらもなんだかんだで皆助けてくれる様子w


トラブル26-2
最後なだけに服を溶かして粘着する触手などエロ大奮発。
触手でありながら服だけを溶かして最後は液状に変化するとかある意味凄い兵器w
唯や天条院達はリトの助っ人というよりもエロの助っ人に来ただけに思えてきたw

トラブル26-3
リトの夢エロすぎだろw
2クール目ではずっと鈍ってたけどここにきてこのアニメの要のリトのエロ妄想復活かw
ブランクを感じさせないハーレム妄想とか流石はエロ妄想に定評のあるリトさんだ。

トラブル26-4
「ありがとう二人のおかげでやっと自分がどうしたいか分かった」
結局リトの原動力は全てエロだったということですね←結論
あんなハーレム状態で急に悟りを開いたようなこと言い出しても説得力の欠片もないw

記憶を消すのはララの発明が巧くいったためしがないとか強引な理論で閉めたなw
最後はララが新たに転校してくるとか先週適当に書いた予想どおりになるとはw

最終話はありきたりな展開だとは思うけど、いつものつまらないギャグ展開もなかったし、
エロ展開もあったので序盤みたいな感じで意外と見れた。やっぱりその2点が大事だ。


<総評>
前半1クールの間はレンやピカリーの暴走話以外は普通に見れたし内容もTo LOVEるしてる感じでなかなか良かった。6話11話12話13話あたりが最盛期かな。

ようはセンスの無いギャグ展開をしないでドタバタエロ展開(トラブル)をやっていれば面白いということ。にも関わらず2クール目に入ると作品の売りであろうエロ展開やキャラクターなどの長所を消して短所の一方で脚本を構成するという理解しがたい行為に出て、後半は面白い話がほとんど皆無というような最低な作品になってしまった。

既存キャラも巧く使えなかったし、くだらないギャグを延々と繰り返すだけの脚本が最低
後半の展開のつまらなさは今まで切らなかったアニメの中では郡を抜いてた気がする・・・

中でも特に猿山関係の二つの話とマジカルキョーコは酷かった。
ずっとつまらない話が続いて温泉回で挽回できなかった時点で完全にアウトだったか。

前半は見れたのに後半はここまでつまらないというのは規制についてとかで製作陣と局側での確執とかいろいろな内部での騒乱とかがあったんじゃないかと推測する。

To LOVEる 第3巻
OP「forever we can make it!」 ED1「ラッキーチューン」 ED2「kissの行方」

主な声優
結城梨斗:渡辺明乃 ララ:戸松遥 西連寺春菜:矢作紗友里
金色の闇:福圓美里 古手川唯:名塚佳織 結城美柑:花澤香菜 天条院沙姫:川澄綾子
レン・ルン:大浦冬華 ザスティン:子安武人 猿山:吉野裕行 校長:緒方賢一

ララ役の戸松さんはなかなか良かったと思う、演技の幅もけっこうありそう。
福圓さんは黒猫でイヴをやっていたようなのでそのまま繋がりってところかw

古手川唯が名塚さんだったって今始めて知った(゜д゜)
今までに自分が聞いてきた演技には無かったタイプなだけに全く気が付かなかった、
声優の演技で「あの人だったのか!?」と驚かされる瞬間というのはいつも面白い(笑)

川澄さんはまた淫乱キャラをw


個人的なこのアニメの評価 F

前半の良さを考えればこれは低すぎだけど、後半はそれを全て帳消しにしてなおかつマイナスにもっていくくらいあまりにも酷かった。最終回は序盤みたいな感じでそこそこ見れたけど中盤以降の挽回には当然足らず。1クールで止めておけば違った結果になったと思う。
関連記事

コメント

流石に「終わり良ければ全て良し」って訳にはいきませんよねw
最終回は演出担当がかのこんの監督だった点と、ばいばいメモリーくんを使う辺りからほぼ原作にあるネタだった点で救われたかな?
さんざん原作レイプしておきながら原作のネタで締めくくるやり方に批判的な意見も多いみたいですけど。


ちなみに原作ファンからは5話目以降から(11話目、12話目を除いて)結構叩かれてましたね。

なにはともあれ、声優の方々、最後まで辛抱強く見続けた方々、お疲れ様でした。
スタッフへの労いなんか無いからな!ヽ(`Д´)ノ

里恭さん

>流石に「終わり良ければ全て良し」って訳にはいきませんよねw
そう思えればいいんですけどそれで済ますにはあまりにも・・・ね(笑)

>最終回は演出担当がかのこんの監督だった点と、ばいばいメモリーくんを使う辺りからほぼ原作にあるネタだった点で救われたかな?

ほう、流石はかのこんですな~エロ展開のレベルが一味違う。
そして最後辺りの脚本は原作だったのですか、どうりで普通に見れたわけです。

>ちなみに原作ファンからは5話目以降から(11話目、12話目を除いて)結構叩かれてましたね。

しかし今から考えればあの辺りはまだ良かったですけどね、(勿論ピカリーやレンの話は除きますが)後半の酷さは一つの歴史に残りそうですよw

>なにはともあれ、声優の方々、最後まで辛抱強く見続けた方々、お疲れ様でした。
声優の方達は良く演じていたと思います。
個人的に特に名塚さんには新たな魅力に気付かされました。

私は原作を少ししか知らないので試し程度の気持ちで見ていたのでいいとして、里恭さんを始め根っからの原作ファンの方達こそ本当にお疲れ様でした。

原作ファンの方達がこの内容でも最後まで見続けた理由には原作への強い愛があるのでしょう。そのように皆様を熱中させる原作というものもいつかは手にとってみたいと思いました。

初めましてクリミアです。

このアニメが酷かったのは、

①原作者がスタッフらに、とにかく自由に書いてくれ(口出しするつもりはない)と言った。

②このアニメ監督の加戸誉夫曰く
「テレビアニメ1話は原作2話分なので、ある程度の要素を原作から頂いて、オリジナルでまとめてしまえば、内容をコントロールしやすいのかなと思いました」
(キャラムック2参照)

これも原因の一つだったのです。

結局ジーベック側だけが悪いわけじゃなかったのです。


クリミアさんはじめまして

確かに①を聞く限りでは原作者との対話不足もこの酷さの原因の一つかとは思いますが、逆を言えば誓約なしで作れたわけですしやり方次第でいくらでも面白くできたと思います。やはりアニメ製作者の力不足が一番の原因でしょう。

というのはあくまでも個人的な考えで、DVDの売り上げを見るとこのアニメは成功している分類に入りそうなので、世間的にはこの製作者は有能ということになるのかもしれません。いくら良い作品でもDVDが売れなければ話になりませんしね。

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

To LOVEる -とらぶる- 最終話 「ララ」

今期視聴で一番株大暴落だったことは断言する[E:annoy]★ 触手のオンパレード、リトの妄想オンパレードから

To LOVEる -とらぶる- 第26話「ララ」

とりあえず、最終回の感想だけは書きます。

「ToLOVEる-とらぶる-」第26話(終)

  第26話「ララ」(終)デビルーク王の仕掛けた罠に行く手を阻まれたリトだったが、友人達の助けもあり、王の待つ宇宙船へと一歩ずつ近づいていく。ララはリトのところに駆けつけようとするが、デビルーク王に制止される。夕暮れ時、タイムリミットまであと僅かという...

To LOVEる -とらぶる- 第26話 「ララ」

最終回を見て思ったこと、それは・・・ 全話、リトの妄想話だけで作っておけば批判はなかったんじゃないかということw むしろ、良作にな...

To LOVEる 第26話

第26話「ララ」明らかに猿山は余計wなぜお前も乗るww

To LOVEる -とらぶる- 第26話 「ララ」

さき「トラブルついに最終回ですわ!ついに最終回ですわ!」 リト「2回も大声で言わんでいい」

To LOVEる -とらぶる- 第26話「ララ」 (最終回)

何とか収拾をつけたって感じの最終回でしたね。 ほんと1クールで終わらせとけばよかったものを… 前回未登場のメインキャラは今回にとってあったのね。 春菜を迎えに来たレンがいつの間にかルンになっていたのには吹いたw さまざまな事情があったのだろうが、パ...

To LOVEる -とらぶる- 第26話 「ララ」

強引だけど、無難だった。 というか、余計な事をしてないんだよね。 リトの夢で何故か二人は裸とか、スライムが服溶かして触手とか、 まぁ...

To LOVEる -とらぶる- 第26話 「ララ」

ギドがリトに与えた使命、-宇宙一の男になること- リトが日没までにギドの元に辿りつかなければ、地球は滅亡してしまう。 それを阻止するた...

TVアニメトラブル26 ハンカチとティッシュは必須!涙と笑いとエロが満載の最終回!

前回のあらすじ:ララの父親、ギドのUFOが日本に侵攻、リトが日没までにギドのもとにたどりつかなければ、地球は滅亡させるというのです...

To LOVEる -とらぶる- 第26話(最終話) 『ララ』 感想

■To LOVEる-とらぶる- 『バイバイ・・・リト』 最初っからリトの妄想を全面に出して、それオンリーで話し作れば良かったんじゃね?; ...

アニメ「To LOVEる -とらぶる-」最終第26話の感想

アニメ「To LOVEる -とらぶる-」最終第26話の感想です。 最終回もサービス満載 by0時

To LOVEる 第26話「ララ」

第26話「ララ」 この涙で全て良し!そんな最終回 いろいろと話題を提供してきたTo LOVEるもこれで最終回。 個人的な感想・・・このララの涙...

To LOVEる-とらぶる- 第26話“ララ”

   唯のおかげで何とか危機から逃れられたリト。それにしてもあの時助けが来なければリトは宇宙船に着かずに地球はゲームオーバーだったで...

【最終話】To LOVEる -とらぶる- 第26話「ララ」

現在文句なしに今年最低のアニメ。アニメのクオリティーもさることながら、スタッフはToLOVEるの何が面白いのか何もわかっていない。わかっていれば、23話のようなあってはならないキャラ崩壊エピソードや、魅力の無い宇宙人中心のエピソードなんて作らないはず。 もう...

To LOVEる -とらぶる- 第26話 「ララ」

トラブルもこれで最終回、とりあえずおつかれさまです。 今回は正直トラブルの終わった後に、CLANNADの予告があるかないかの方が気になってし...

To LOVEる -とらぶる- 第26話(最終回)「ララ」 感想。

想像以上のラストに感動。

To LOVEる-とらぶる- 第26話(最終回)『ララ』

さすが最終回、サービス全開(≧∇≦) もしかして乳首が・・・・・!!(゚ロ゚屮)

To LOVEる -とらぶる- 第26話(最終話)「ララ」

To LOVEる -とらぶる- 第26話(最終話)「ララ」

To LOVEる 第26話 「ララ」

最後の最後は読めたなあ個人的には序盤までは、To LOVEるらしいといましょうか。そんな感じあったのですけれども 最後の最後のあの発明品が出...

ToLOVEる 第26話(最終回 ララ

脱がして、3Pにすれば良いとでも? 第26話(最終回 ララ

To LOVEる -とらぶる- 第26話(終)

第26話『ララ』To LOVEる 第1巻To LOVEる 第2巻To LOVEる 第3巻無事に、リトはララの所へたどり着くことができるのでしょうか?

To LOVEる -とらぶる- 第26話 「ララ」

最後がよければ全てよし…なんて言わないからね(笑) 地球の運命を賭けデビルーク王の元に向うリト。 沙姫も手を貸してくれます。「あくま...

To LOVEる -とらぶる- 第26話「ララ」(最終話)

どちらのヒロインも選ばない+「私たちの戦いはこれからだ」と、がっかりのループオチで終えた「To LOVEる -とらぶる-」最終話。 地球の命運を握るというリトの障害物競走も危機感薄く、サブヒロインたちの最後のチームワークを見せたかったみたいだが、なぜか服だけ溶か...

疾風伝&トラブル&新嘉坡GPアロンソV&ダルに完敗

はアスマ班が換金所で暁とバトルに突入した展開で 今回は1時間SPでアスマVS飛段の所は割と良かったし 他の所が微妙だったが次も1時間SPでアスマが死亡だし To LOVEるは大阪2週遅れも連続2話を放送する展開で 今回は前半でリトが宇宙船に向かう所で御

To LOVEる -とらぶる- 第26(最終)話

ご無沙汰の更新…To LOVEる最終回です。地球の運命をかけてリトが走り続けます。

ToLOVEる -とらぶる- 第26話(最終回)。

『To LOVEる-とらぶる-』 今週のお話は、第26話(最終話) 『ララ』。 ストーリーは…。 デビルーク王の仕掛けた罠に行く手を阻まれたリトだった...

プロフィール


Author:ムメイサ

カテゴリー

アーカイブ

2019年 12月 【3件】
2019年 11月 【2件】
2019年 09月 【3件】
2019年 08月 【4件】
2019年 07月 【4件】
2019年 06月 【4件】
2019年 05月 【8件】
2019年 04月 【7件】
2019年 03月 【15件】
2019年 02月 【23件】
2019年 01月 【23件】
2018年 12月 【8件】
2018年 11月 【7件】
2018年 10月 【11件】
2018年 09月 【6件】
2018年 05月 【5件】
2018年 04月 【13件】
2018年 03月 【16件】
2018年 02月 【30件】
2018年 01月 【33件】
2017年 12月 【11件】
2017年 11月 【4件】
2017年 10月 【10件】
2017年 09月 【8件】
2017年 08月 【8件】
2017年 07月 【8件】
2017年 06月 【8件】
2017年 05月 【16件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【37件】
2017年 02月 【13件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【15件】
2016年 11月 【7件】
2016年 10月 【13件】
2016年 09月 【14件】
2016年 08月 【14件】
2016年 07月 【12件】
2016年 06月 【14件】
2016年 05月 【9件】
2016年 04月 【13件】
2016年 03月 【15件】
2016年 02月 【10件】
2016年 01月 【7件】
2015年 12月 【27件】
2015年 11月 【16件】
2015年 10月 【26件】
2015年 09月 【34件】
2015年 08月 【17件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【32件】
2015年 05月 【26件】
2015年 04月 【27件】
2015年 03月 【20件】
2015年 02月 【18件】
2015年 01月 【33件】
2014年 12月 【35件】
2014年 11月 【38件】
2014年 10月 【26件】
2014年 09月 【26件】
2014年 08月 【14件】
2014年 07月 【22件】
2014年 06月 【20件】
2014年 05月 【17件】
2014年 04月 【14件】
2014年 03月 【37件】
2014年 02月 【32件】
2014年 01月 【34件】
2013年 12月 【26件】
2013年 11月 【29件】
2013年 10月 【29件】
2013年 09月 【23件】
2013年 08月 【17件】
2013年 07月 【27件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【25件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【27件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【37件】
2012年 12月 【26件】
2012年 11月 【27件】
2012年 10月 【34件】
2012年 09月 【28件】
2012年 08月 【26件】
2012年 07月 【39件】
2012年 06月 【35件】
2012年 05月 【30件】
2012年 04月 【43件】
2012年 03月 【36件】
2012年 02月 【36件】
2012年 01月 【20件】
2011年 12月 【34件】
2011年 11月 【25件】
2011年 10月 【72件】
2011年 09月 【42件】
2011年 08月 【52件】
2011年 07月 【53件】
2011年 06月 【45件】
2011年 05月 【49件】
2011年 04月 【59件】
2011年 03月 【36件】
2011年 02月 【47件】
2011年 01月 【49件】
2010年 12月 【43件】
2010年 11月 【43件】
2010年 10月 【43件】
2010年 09月 【42件】
2010年 08月 【41件】
2010年 07月 【40件】
2010年 06月 【41件】
2010年 05月 【38件】
2010年 04月 【41件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【45件】
2010年 01月 【49件】
2009年 12月 【42件】
2009年 11月 【36件】
2009年 10月 【35件】
2009年 09月 【57件】
2009年 08月 【47件】
2009年 07月 【46件】
2009年 06月 【58件】
2009年 05月 【63件】
2009年 04月 【52件】
2009年 03月 【52件】
2009年 02月 【39件】
2009年 01月 【51件】
2008年 12月 【61件】
2008年 11月 【61件】
2008年 10月 【68件】
2008年 09月 【69件】
2008年 08月 【59件】
2008年 07月 【63件】
2008年 06月 【50件】
2008年 05月 【49件】
2008年 04月 【47件】
2008年 03月 【59件】
2008年 02月 【68件】
2008年 01月 【64件】
2007年 12月 【62件】
2007年 11月 【71件】
2007年 10月 【63件】
2007年 09月 【59件】
2007年 08月 【52件】
2007年 07月 【51件】
2007年 06月 【31件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【21件】

検索BOX・タグ一覧