RSS

企画

ごちうさ

PCゲーム

ゆずソフト

鋼殻のレギオス 第24話 「胎動する都市」 (最終回)

今回で最終回なのか。結局あの英語パートに何の意味があったのか分からなかった(笑)


サヴァリスワベさん呆気なさすぎ(゜д゜)
比較的序盤から最後には牙を向きそうなキャラを描写してきたのに、最後は新しい剣を手に入れたレイフォンさんに一瞬で吹っ飛ばされるという、アンパンマンさながらの展開(笑)
レイフォンさんが無敵なのはよく分かるけどいくらなんでもやっつけすぎるだろ・・・

ここでリーリンの持ってきた刀意味ないじゃんと思ってるとなぜか天剣と融合を開始!
なんでそうなるのか少しは説明してくれないと意味が分かりません><

レイフォンの刀サーフィンは吹いたw
なんじゃそりゃって感じでw これでバックが次回予告BGMだったら完璧だったのに(笑)

ニーナの思念「レイフォーーーン!」
汚染獣へのラストアタックシーンの笑顔のニーナ隊長の演出は意味不明で笑ったw

最後は汚染獣を倒して「アクシズグレンダンが離れていきます!」で終了。

レイフォンがリーリンとのいちゃいちゃをフェリにからかわれて終わりで平和に見えるけど、
描かれていない部分で実はニーナは精神崩壊しているはず。なんというBAD END^^;
これでご都合主義でニーナだけが無事だったらハゲの立場がないからな。


<総評>
世界観や設定が壮大で興味を惹かれる部分も多かったけど、
全体的に演出や構成などの面で盛り上げに失敗していた気がする。

特にそれを感じるのが英語パート。意味が分からないので毎回あのパートはギャグにしかなってなかったし、最後まで本編の流れを切ってまで毎話のように挿入した意図が全然見えなかった。その部分について投げっぱなしのENDだったということもあるけど、せめて日本語でやっていれば見方も違ったかもしれない。なんであんな演出したのか理解不能。

異世界の汚染獣をツェルニのレーザーで撃った時に人が悲鳴を上げた次週への引きについても何の説明もなく理解できなかったし、英語パートの人(サヤ)が絡んだ部分についての説明不足は深刻で、そのパートに冠することは全てにおいて微妙だったと思う。

シャーニッド編の「約束は誠実じゃなかった」などの部分も説明不足で心情が掴みきれなかったし、原作未読だといろいろな部分で説明の不足を感じた。と言ってもこういう事に関しては原作既読者の方がもどかしさを感じるものとも思うけど。私も今期の某作品でそうなので。

あとはレイフォンと敵の戦いが呆気なさすぎたり、ニーナとレイフォンの再会シーンの演出は何かおかしいだろと場違いな雰囲気を感じたり、演出面でも気になるところは多かった。

ギャグ回に関してはそれなりに面白かったのでそっち向きのスタッフなのかもしれない。

鋼殻のレギオス第1巻 (限定版) [DVD]
OP「Brave your truth」 ED「ヤサシイウソ」 ED2「愛のツェルニ」
あーいーのつぇーるーにー(笑)

主な声優
レイフォン:岡本信彦 ニーナ:高垣彩陽 フェリ:中原麻衣
カリアン:子安武人 シャーニッド:谷山紀章 ハーレイ:阪口大助
リーリン:高橋美佳子 サヴァリス:諏訪部順一 アルシェイラ:渡辺明乃

なんだか岡本さんのイメージがここ2作品でハーレム剣士になってきたw


個人的なこのアニメの評価 

全体的な説明不足が響いて少し残念な感じに。
それでも途中からは自分なりに作品の見方を改めたのでそれなりには楽しめた。
関連記事

コメント

英語、字幕さえあれば。

レギオス。
お色気は個人的には気に入ってるけど。
異世界の住人達サイドではが英語ばっかりしゃべるだけで、字幕さえも無いなんて、理解不能も当然。
採点は、おれもD。
ギャルに関してはB。少し高め。

こんばんは。

演出は特に終盤は上滑りしてる感がありましたね…。
けれどそれに対するムメイサさんのツッコミが的確で笑えるので、「明日のれいほん!」シリーズは何気に楽しみにしてました(笑

>私も今期の某作品でそうなので

アスラクラインでしたっけ?
私はレギオスもどちらも原作未読なのですが、設定が複雑なところは共通しているようですね。
アニメでは文字を使えない分、設定に関する説明は難しいのかなぁという気はします。

ガブリエルさん

>異世界の住人達サイドではが英語ばっかりしゃべるだけで、字幕さえも無いなんて、理解不能も当然。

ほんとうに字幕でもあれば少しは違ったでしょうね。
あれではあの演出の製作者の意図すら伝わってきませんでした。

>ギャルに関してはB。少し高め。
私はギャル評もDくらいかな(ぉ

ソウロニールさんこんばんは。

>演出は特に終盤は上滑りしてる感がありましたね…。

戦闘BGMなど一話から少し滑ってる感じもしていたのですけどね。しかしあの曲に関しては合っているかは別としていつの間にかお気に入りですが(笑)

>けれどそれに対するムメイサさんのツッコミが的確で笑えるので、「明日のれいほん!」シリーズは何気に楽しみにしてました(笑

ウホッ!嬉しいこと言ってくれるじゃないの! ありがとうございます。 私にとってこの作品は文字のみの感想の書きやすさという意味ではなかなかの相性だったと思います。

>アニメでは文字を使えない分、設定に関する説明は難しいのかなぁという気はします。

そう思います。この点についてはいろいろ思うこともありますがコメント文章では表現し辛いところでもありますが、なんらかの形で意見交換でもしてみたいところではありますね。密かに録音しているラジオでも使うか・・・声が酷いのでおそらくしませんが(笑)

ちなみにアスラクラインについては設定や用語の難しさという点もありますが、原作の主人公の一人称という部分がほとんど死んでしまっているのも気になっています。

はじめまして、アツキといいます。原作既読者です。
レギオスは今のところ「鋼殻のレギオス」「レジェンド・オブ・レギオス」「聖戦のレギオス」「ぼくとレギオスの旅」という四つの作品でできています。(「ぼくと~」だけ別の方が書いてます)謎の英語パートは「レジェンド~」一巻「リグザリオ洗礼」のワンシーンです。
ストーリーはレギオス世界創世をめぐるもので、本編の方でたまに「?」と思うところはこの作品を見れば半分ぐらいは解消できるかと思います。
アニメは原作とは全然違う展開(サヴァリスが小物だったりレイフォンがゲットライドしたりマイアスVSツェルニがなかったりリーリンがあっさり帰っちゃったり)ですが、あれ以降の話をやろうと思ったら「レジェンド~」の話をしなかったら絶対できません。
(リーリンの右目とかゼロ領域とかイグナシスとか)。
もしかしたらレジェンド単体でアニメになるかも。
僕としては鋼殻よりレジェンドの方が好きなので、結構うれしいかもです。
ちなみに不条理なことに二―ナは精神崩壊してません。なんでも昔電子精霊に助けられた時(三話参照)に半身が電子精霊になったからだからだとか。
レジェンド日本語版フルバージョン(DVD特典)がYOUTUBEにあったので貼っておきます。
パート1
http://www.youtube.com/watch?v=c_s1FjcTEyE
パート2
http://www.youtube.com/watch?v=rOO8ZyWR_IY
パート3
http://www.youtube.com/watch?v=K2WBN7NEOzA&feature=related

アツキさんはじめまして。

補足ありがとうございます^^

そのお話を伺う限りではレジェンド編を挟んだ演出というよりは尺の方に問題があったようですね。勿論アニメーターはそれも考慮して演出しなければなりませんが。やはりアニメとしては原作のプロモーション的な要素が強かったように思いますね。

>ちなみに不条理なことに二―ナは精神崩壊してません。なんでも昔電子精霊に助けられた時(三話参照)に半身が電子精霊になったからだからだとか。

なんと!?でもいわれて見れば序盤のあの話があれば納得できそうですね。
しかしそうなると一人だけ精神崩壊のディンさんが不憫でならないですね^^;

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

「鋼殻のレギオス」第24話(終)

  第二十四話「胎動する都市」(終)「レイフォンのところに連れて行ってください!」リーリンの願いはゴルネオを動かすのか・・・?ニーナを連れ去ったサヴァリスと、それを追うレイフォンが激しくぶつかり合う!その行方は?最強の汚染獣ダインスレイフが、ツェルニと...

鋼殻のレギオス 第24話「胎動する都市」(最終話)

この作品もついていけなかった…_| ̄|○ 英語のシーンで一気に冷めたなあ。 それでも切らずに最後まで見たのは フェリとリーリン がいたからですね。 フェリがすごくいい味出してましたね。 スク水にメイド服とコスプレ方面でも大活躍w 【ニコニコ動画】フ...

鋼殻のレギオス 第24話「胎動する都市」

結局、レジェンド編はどんな話だったんでしょうか(汗) サヴァリスは、廃貴族の力を欲しニーナを攻撃。 レイフォンが来るが、時遅くサヴ...

鋼殻のレギオス 第24話(最終話) 「胎動する都市」 感想/総評

ちょっと強引にまとめた感のある最終回でした。

鋼殻のレギオス 最終回「胎動する都市」

ツェルニを襲う汚染獣の攻撃。 あの壊れた建物には実は避難していない人が…ってことはないよね。 廃貴族を外に出すためニーナを痛めつけようとするサヴァリス。 ドSだね♪ 廃貴族はニーナからサヴァリスへ。 強大な力を手に入れたサヴァリスはフォンフォン苛め開

鋼殻のレギオス 24話「胎動する都市」

サイハーデンの刀を届けるためにゴルネオに頼み込むリーリンだけど、ゴルネオにとってレイフォンは仇だし、それを傍で一番見てきたシャンテ...

アニメ「鋼殻のレギオス」 第24(最終)話 胎動する都市

鋼殻のレギオス13 グレー・コンチェルト (富士見ファンタジア文庫)(2009/05/20)雨木 シュウスケ商品詳細を見る いつかまた、グレンダンの大地で、...

鋼殻のレギオス 第24話(最終回)「胎動する都市」

スーパーサヴァリスタイム! と思ったら、やっぱりスーパーふぉんふぉんタイムでした(ノ∀`*) ニーナから引っぺがした廃貴族の力を手...

(アニメ感想) 鋼殻のレギオス 第24話 「胎動する都市」

鋼殻のレギオス第5巻 (限定版) [DVD]クチコミを見る ニーナを連れ去ったサヴァリスと戦うレイフォン・・・。その頃、リーリンは天剣を届けるためゴルネオの協力を得、レイフォンの元へと向かっていた・・・。 ↑よろしければポチって押して頂けると励みになります。コ

鋼殻のレギオス 第24話「胎動する都市」

最終話「胎動する都市」 スタッフロールの順番はニーナだけどリーリンがメインヒロインっぽかったですね~ お話は廃貴族の力を手に入れた...

鋼殻のレギオス 第24話「胎動する都市」

「刀よ! 天剣よ!! 全ての力をここにっ!!」 サヴァリスとの戦い、そしてダインスレイフとの戦い!! 鋼殻のレギオスもついに最終回!    ...

鋼殻のレギオス 第24話(最終回)「胎動する都市」

ゴルネオ・ルッケンスに汚染獣ダインスレイフの下へ連れて行って欲しいと頼むリーリン・マーフェス。レイフォン・アルセイフは自分の兄弟子ガハルド・バレーンの仇だというゴルネオだが、それを承知の上で他に頼む者がいないリーリンに、シャンテ・ライテは「ふざけるな」...

(アニメ感想)鋼殻のレギオス 第24話「胎動する都市」

第24話「胎動する都市」 「レイフォンは俺の兄弟子、ガハルドさんの仇だ」 「知っています。でもゴルネオさんしか頼る人がいないんで...

鋼殻のレギオス 第24話 胎動する都市

廃貴族をニーナから取り出そうとするサヴァリス。

『鋼殻のレギオス(CHROME SHELLED REGIOS)』 レイフォン・アルセイフ

『鋼殻のレギオス』のレイフォンです。 彼のコスチュームについては、ユニフォームorバトルスーツ、どちらにしようか非常に迷ったんです...

プロフィール


Author:ムメイサ

カテゴリー

アーカイブ

2019年 12月 【3件】
2019年 11月 【2件】
2019年 09月 【3件】
2019年 08月 【4件】
2019年 07月 【4件】
2019年 06月 【4件】
2019年 05月 【8件】
2019年 04月 【7件】
2019年 03月 【15件】
2019年 02月 【23件】
2019年 01月 【23件】
2018年 12月 【8件】
2018年 11月 【7件】
2018年 10月 【11件】
2018年 09月 【6件】
2018年 05月 【5件】
2018年 04月 【13件】
2018年 03月 【16件】
2018年 02月 【30件】
2018年 01月 【33件】
2017年 12月 【11件】
2017年 11月 【4件】
2017年 10月 【10件】
2017年 09月 【8件】
2017年 08月 【8件】
2017年 07月 【8件】
2017年 06月 【8件】
2017年 05月 【16件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【37件】
2017年 02月 【13件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【15件】
2016年 11月 【7件】
2016年 10月 【13件】
2016年 09月 【14件】
2016年 08月 【14件】
2016年 07月 【12件】
2016年 06月 【14件】
2016年 05月 【9件】
2016年 04月 【13件】
2016年 03月 【15件】
2016年 02月 【10件】
2016年 01月 【7件】
2015年 12月 【27件】
2015年 11月 【16件】
2015年 10月 【26件】
2015年 09月 【34件】
2015年 08月 【17件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【32件】
2015年 05月 【26件】
2015年 04月 【27件】
2015年 03月 【20件】
2015年 02月 【18件】
2015年 01月 【33件】
2014年 12月 【35件】
2014年 11月 【38件】
2014年 10月 【26件】
2014年 09月 【26件】
2014年 08月 【14件】
2014年 07月 【22件】
2014年 06月 【20件】
2014年 05月 【17件】
2014年 04月 【14件】
2014年 03月 【37件】
2014年 02月 【32件】
2014年 01月 【34件】
2013年 12月 【26件】
2013年 11月 【29件】
2013年 10月 【29件】
2013年 09月 【23件】
2013年 08月 【17件】
2013年 07月 【27件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【25件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【27件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【37件】
2012年 12月 【26件】
2012年 11月 【27件】
2012年 10月 【34件】
2012年 09月 【28件】
2012年 08月 【26件】
2012年 07月 【39件】
2012年 06月 【35件】
2012年 05月 【30件】
2012年 04月 【43件】
2012年 03月 【36件】
2012年 02月 【36件】
2012年 01月 【20件】
2011年 12月 【34件】
2011年 11月 【25件】
2011年 10月 【72件】
2011年 09月 【42件】
2011年 08月 【52件】
2011年 07月 【53件】
2011年 06月 【45件】
2011年 05月 【49件】
2011年 04月 【59件】
2011年 03月 【36件】
2011年 02月 【47件】
2011年 01月 【49件】
2010年 12月 【43件】
2010年 11月 【43件】
2010年 10月 【43件】
2010年 09月 【42件】
2010年 08月 【41件】
2010年 07月 【40件】
2010年 06月 【41件】
2010年 05月 【38件】
2010年 04月 【41件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【45件】
2010年 01月 【49件】
2009年 12月 【42件】
2009年 11月 【36件】
2009年 10月 【35件】
2009年 09月 【57件】
2009年 08月 【47件】
2009年 07月 【46件】
2009年 06月 【58件】
2009年 05月 【63件】
2009年 04月 【52件】
2009年 03月 【52件】
2009年 02月 【39件】
2009年 01月 【51件】
2008年 12月 【61件】
2008年 11月 【61件】
2008年 10月 【68件】
2008年 09月 【69件】
2008年 08月 【59件】
2008年 07月 【63件】
2008年 06月 【50件】
2008年 05月 【49件】
2008年 04月 【47件】
2008年 03月 【59件】
2008年 02月 【68件】
2008年 01月 【64件】
2007年 12月 【62件】
2007年 11月 【71件】
2007年 10月 【63件】
2007年 09月 【59件】
2007年 08月 【52件】
2007年 07月 【51件】
2007年 06月 【31件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【21件】

検索BOX・タグ一覧