RSS

企画

ごちうさ

PCゲーム

ゆずソフト

アスラクライン2

アスラクライン2 1 [DVD]
副葬処女の定めを知った智春は神操緒の魂が減ってしまうことを恐れて力を使えなくなってしまった。そんな智春を守るために力を使い続ける奏は消耗し非在化の危機が迫る。次々に傷ついていく仲間達、智春は世界の悲しい連鎖を断ち切ることができるのか・・・


もともと原作は序盤~中盤は登場人物や伏線を散りばめるスローな展開で後半からそれが巧く絡み合って一気に盛り上がるというイメージで、今期はその盛り上がりの部分にあたるので一部を除いて全体的に盛り上がりに欠けた前期と比べると格段に良くなったと思う。

特に一巡目の世界に飛んで二巡目の世界で演操者や副葬処女になっていたキャラクター達の境遇や信念・覚悟が明かされていく辺りからがアスラクラインの本番と言っても過言ではないと思う。助走の長い作品ではあるけどこの辺りから大きく変わる。

最後のオリジナル展開もバトルに関しては盛り上がったし、原作にはなかった(精神的な意味ではある)キャラへの救いもあってその後エピローグで平和な日常が描かれているシーンなどは凄く良かった。こういうのは原作と分岐したENDという感じで二度楽しめていい。


ただ欠点としてはオリジナル展開にしたにもかかわらず中途半端に原作を踏襲したことによる”軽さ”が目立ったところ。例えば氷羽子の行動動機が原作に登場するとある人物が出ていないだけに完全に変わってただの狂気混じりの探求者になってしまっていたところ。

氷羽子が最後に科學部に入部しようとしているシーンがあるあたりはアニメとしてのあのキャラを通した巧い落とし方だったとは思うけど、命を掛けてまで戦うキャラの行動動機の大幅な変更は原作読者としては気になる部分だった。

もちろんそれ故に同じアスラクラインでも互いの愛や信頼という面で部長・氷羽子組と智春・高月組の差がより分かりやすく出たことにもなったけど、差があまりにも明らかに大きいのに戦力の差がそれ程でなくて契約者と悪魔の絆の力の重みの描き方が少々薄くなってしまったとも思う。これについては鋼の能力が圧倒的と解釈するべきなんだろうけど。

二巡目の朱浬さんが心臓を貫かれて粉々に粉砕されても生きていた理由も原作と同じ展開なのに設定を変えているから理解できないままで、そういう雑なツギハギが見えた部分も。

それから”契約”を完全に改変してしまったところ。あの部分は世界観の重さなどを出すために変えてはいけないしそのシーンを直接描くわけではないから変える必要も無かったと思う。ハーレム的な雰囲気で終わらせるために敢えて変えたんだろうけどこれは悪かった。

一巡目の世界編にしてもこのアニメは一期から直貴に関する描写が悪かったために直貴関連の謎について惹かれなかったし、ゼットンを倒して救われたというのも微妙だった。


しかしこれはあくまで原作を読んでいれば気にかかる程度の話で、そうでなければ描写足らずの部分は少なからずあるとしてもなかなか良い雰囲気を出せていたのではないかと思う。

原作既読だと気になる点も多いけど逆に足りない説明でも理解できるというメリットもあったし、最後のオリジナルラストは原作とは違った楽しみ方ができたので個人的に高評価。

アスラクライン2 1(初回限定版) [DVD]
OP「オルタナティヴ」 ED「彼方のdelight」
OPはサビの激しさが、EDは作品の悲しい因果の世界観に合っていて良かった。
ちなみに最後の終わり方を考えるとEDはむしろ原作の雰囲気にこそピッタリかなとも。

主な声優
夏目智春:入野自由 水無神操緒:戸松遥 嵩月奏:野中藍 アニア:矢作紗友里
黒崎朱浬:田中理恵 塔貴也:川田紳司 橘高冬琉:甲斐田裕子 鳳島氷羽子:高梁碧
佐伯玲士郎:森久保祥太郎 大原杏:豊崎愛生 橘高秋希:平田宏美

入野さんは終盤での智春の熱いシャウトや偽直貴・真直貴の三役となかなかの熱演。
これは演出についてだけど直貴登場時のEDでのCAST表示は隠すべきだろ('A`)

戸松さん野中さんは前期でも書いたとおり役に嵌っていて良い演技だった。

矢作さんは大人アニアになった時の演技の雰囲気が良かった。
あとは橘高秋希役の平田宏美さんあたりが役に嵌っていて印象的。


個人的なこのアニメの評価 B-

前半は積み重ねて後半面白くなる作品だと思うので今期はなかなか良い盛り上がりだった。ただその作品特性的に分割にしてしまうと一期単体ではなかなか波に乗れないところだし、分割よりも普通に2クールやった方が良かった。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内人気ページ

プロフィール


Author:ムメイサ

カテゴリー

アーカイブ

2019年 07月 【4件】
2019年 06月 【4件】
2019年 05月 【8件】
2019年 04月 【7件】
2019年 03月 【15件】
2019年 02月 【23件】
2019年 01月 【23件】
2018年 12月 【8件】
2018年 11月 【7件】
2018年 10月 【11件】
2018年 09月 【6件】
2018年 05月 【5件】
2018年 04月 【13件】
2018年 03月 【16件】
2018年 02月 【30件】
2018年 01月 【33件】
2017年 12月 【11件】
2017年 11月 【4件】
2017年 10月 【10件】
2017年 09月 【8件】
2017年 08月 【8件】
2017年 07月 【8件】
2017年 06月 【8件】
2017年 05月 【16件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【37件】
2017年 02月 【13件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【15件】
2016年 11月 【7件】
2016年 10月 【13件】
2016年 09月 【14件】
2016年 08月 【14件】
2016年 07月 【12件】
2016年 06月 【14件】
2016年 05月 【9件】
2016年 04月 【13件】
2016年 03月 【15件】
2016年 02月 【10件】
2016年 01月 【7件】
2015年 12月 【27件】
2015年 11月 【16件】
2015年 10月 【26件】
2015年 09月 【34件】
2015年 08月 【17件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【32件】
2015年 05月 【26件】
2015年 04月 【27件】
2015年 03月 【20件】
2015年 02月 【18件】
2015年 01月 【33件】
2014年 12月 【35件】
2014年 11月 【38件】
2014年 10月 【26件】
2014年 09月 【26件】
2014年 08月 【14件】
2014年 07月 【22件】
2014年 06月 【20件】
2014年 05月 【17件】
2014年 04月 【14件】
2014年 03月 【37件】
2014年 02月 【32件】
2014年 01月 【34件】
2013年 12月 【26件】
2013年 11月 【29件】
2013年 10月 【29件】
2013年 09月 【23件】
2013年 08月 【17件】
2013年 07月 【27件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【25件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【27件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【37件】
2012年 12月 【26件】
2012年 11月 【27件】
2012年 10月 【34件】
2012年 09月 【28件】
2012年 08月 【26件】
2012年 07月 【39件】
2012年 06月 【35件】
2012年 05月 【30件】
2012年 04月 【43件】
2012年 03月 【36件】
2012年 02月 【36件】
2012年 01月 【20件】
2011年 12月 【34件】
2011年 11月 【25件】
2011年 10月 【72件】
2011年 09月 【42件】
2011年 08月 【52件】
2011年 07月 【53件】
2011年 06月 【45件】
2011年 05月 【49件】
2011年 04月 【59件】
2011年 03月 【36件】
2011年 02月 【47件】
2011年 01月 【49件】
2010年 12月 【43件】
2010年 11月 【43件】
2010年 10月 【43件】
2010年 09月 【42件】
2010年 08月 【41件】
2010年 07月 【40件】
2010年 06月 【41件】
2010年 05月 【38件】
2010年 04月 【41件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【45件】
2010年 01月 【49件】
2009年 12月 【42件】
2009年 11月 【36件】
2009年 10月 【35件】
2009年 09月 【57件】
2009年 08月 【47件】
2009年 07月 【46件】
2009年 06月 【58件】
2009年 05月 【63件】
2009年 04月 【52件】
2009年 03月 【52件】
2009年 02月 【39件】
2009年 01月 【51件】
2008年 12月 【61件】
2008年 11月 【61件】
2008年 10月 【68件】
2008年 09月 【69件】
2008年 08月 【59件】
2008年 07月 【63件】
2008年 06月 【50件】
2008年 05月 【49件】
2008年 04月 【47件】
2008年 03月 【59件】
2008年 02月 【68件】
2008年 01月 【64件】
2007年 12月 【62件】
2007年 11月 【71件】
2007年 10月 【63件】
2007年 09月 【59件】
2007年 08月 【52件】
2007年 07月 【51件】
2007年 06月 【31件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【21件】

検索BOX・タグ一覧