ムメイサの隠れ家

放送中の深夜アニメの各話毎の感想を中心に更新しています。全話視聴したアニメ作品の総評なども。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

とある魔術の禁書目録Ⅱ 第22話 「天罰術式」

禁書222-1
「ふざけんじゃねえよ…!何が科学が弟を殺しただ。その医者だって初めから死なせたくなかったに決まってんだろ!お前たち二人とも助けたかったに決まってんだろ!!」

上条さんの正論目録!
上条さんのお説教シーンはちょっと理想論すぎたり精神論すぎたりでいつもどこかで引っ掛かりを感じなくもなかったのだけど今回はいつになく正論に感じたというか賛同できたw と言うよりは相手の動機があまりにも酷すぎたということもあるのかな(;^ω^)
禁書222-2
ゾンビ状態で復活した一方通行さんの顔ww
視聴者的には笑ってしまったけどあれに迫られる木原クンは恐かっただろうなw

打たれ弱さが弱点のはずの一方さんがやたら打たれ強くなっていたのは痛みの感覚すらなくなっていたからなのか極限の精神力が肉体を凌駕したのか。その双方という感じかな。

事件解決の決め手となった有能なインデックスさん!
一期では最後のエンゼル編まで目立った活躍がなかったような記憶があるけど今期はいろいろな編で活躍してるな。五和さん登場でヒロインの座を危ぶんでいたのもどこふく風w

木原「殺してやるぅ!」ドカ!ドコ!
おい木原クンindexを止めろよwww
インデックスに近づく木原を阻止しようと一方さんが必死に押さえ込んでるとかならともかく、
作戦のキーになるそれをガン無視で一方さんを蹴り続ける木原の図がシュールすぎたw

禁書222-3
「ふざけんじゃねえよ…!何が科学が弟を殺しただ。その医者だって初めから死なせたくなかったに決まってんだろ!お前たち二人とも助けたかったに決まってんだろ!!事故が起きたアトラクションの方もそうだ、人を傷つけるために動かしていたわけじゃない、笑顔を作りたかったんだよ!!お前の弟は自分の置かれた状況を全部知った上で、それでもお前を助けたいって願ったんじゃねぇのか?そんな人間が、科学に対して復讐してほしいなんて言うと思ってんのか!?お前の幸せを誰よりも願っていた人間が!!!…………価値ならあっただろ!お前の弟の決断があったからこそお前は今もこうして生きてるんだろ。だったら価値はあったんだ!その価値はお前が一番分かってなくちゃいけないんじゃないのか!?………全く同じ境遇の人間に今の一言が叫べるのかよ!俺には出来ない!だから反論する!そんな生き方は間違ってんだよ!!あの時、お前の弟は世界で一番凄いことをしたんだ。そこに泥を塗るのか?ずっと科学を憎みながら死んでいったってそんな言葉で台無しにしちまうのかよ!?」

今回の説教台詞長いなww
途中相手のセリフも入ったけどこの畳み掛けるような説教の連続は流石上条さん!
相手がセリフのたびにうぅ・・・とよろけて精神にダメージを受けていたところに笑ったw

それにしても今回のヴェントの動機は酷かった。物事の捉え方なんて人それぞれなので一概には言えないけどなんでそれで科学を怨むのと^^; それまでの描き方に加えてこの適当な動機で敵としてもキャラクター性に魅力を感じず物語の緊迫感も欠けてしまった感じ。

まぁどうしてこうなったか考えるとたぶん心が不安定な時にローマ正教のやつに目をつけられて洗脳され利用されたってとこだろうけど。ある意味リアルではあるけどどうもなー。

トドメの上条さんナックル炸裂!
これだけ深くめりこめばこれで終了だろう。よかったよかった(ノ∀`)

禁書222-4
「キィィィィィィハラァアアアアアアアアアアアアアアア!!!!」
一方通行さんの凄い叫び。こんな状態になっても木原という単語だけは忘れないあたり一方さんの中で木原クンの存在は相当大きいということだけは間違いないw

一方さんのパーソナルリアリティーは新しい段階へ
よく分からなかったけど外部から演算能力の供給が戻ってそれまで初めて無しで闘っていた時の状態と混ざって進化したのかな。今度はベクトルを集めて結合し放出する力とか?でもそれじゃ今までとあんまり変らないか、よく分からんけど次回で説明があるんだろう。

木原クン死亡?あれじゃ流石に助からないだろうけどこういうやられ方をするキャラは稀にサイボーグ化とかして生き残ることがあるからまだ分からんw


ということで編終了。前回までは良かったんだけど木原クンの変なシーンやヴェントのキャラなどで今回はちょっと微妙かも。個人的に禁書は全体的に入りの数話はいいけど終盤の落としで萎む傾向にあるかもしれない。一期のシスターズ編などは最後まで好きだったけど。
関連記事
にほんブログ村 アニメブログへ
ブログランキング参加中。押していただけると励みになります。
>禁書は全体的に入りの数話はいいけど終盤の落としで萎む傾向にあるかもしれない。

全く同意です。原作では盛り上がるシーンなはずなのに、サラッと流されていたりして・・・。特に、アニメ2期はひどいような。

>おい木原クンindexを止めろよwww

アニメスタッフ何考えてるんだ・・・とか思いました。原作だとインデックスは打ち止めを巻き込まれないように机の陰に下ろしてから処置してましたし、一方通行もインデックスを守るように木原の妨害をしていたハズなのですが。
せめて机の反対側に立たせておけばマシだったのでは・・・。

>一方さんのパーソナルリアリティーは新しい段階へ

相変わらずバッテリー切れなので、演算能力はありません。木原のセリフがヒントっぽいですが、次回考察が入るはずです。とりあえず、普段の能力とは全く別物です。
[ 2011/03/20 11:31 ] [ 編集 ]
>全く同意です。原作では盛り上がるシーンなはずなのに、サラッと流されていたりして・・・。特に、アニメ2期はひどいような。

演出の問題もありますがこのあたりはやはり脚本ですかね。各編序盤はわくわくさせるものがあるのですが収束にかけてどうも盛り上がっていかないのですよね。

>原作だとインデックスは打ち止めを巻き込まれないように机の陰に下ろしてから処置してましたし、一方通行もインデックスを守るように木原の妨害をしていたハズなのですが。

えぇーこれは酷いですね。そういう描写だったら納得いったのですがあのシーンの一方は完全にダウンしていましたし仰るようにインデックスと木原の距離も近すぎましたよね、これは演出の問題でしょう。

>とりあえず、普段の能力とは全く別物です。

ほう完全に別物なのですか。演算なしで発生させる能力となると科学と言うよりむしろ魔術というように見受けられますが?科学サイドにいながら魔術も使えるようになったとか?それは次回の注目点ですね。
[ 2011/03/20 15:24 ] [ 編集 ]
>科学サイドにいながら魔術も使えるようになったとか?

すみません。ちと表現が悪かったですね。普段操っている、通常の物理法則に従うベクトル以外のモノを制御した結果があの黒翼です。魔術でないのは土御門のような暴走が起こっていないことから分かります。

>相手の動機があまりにも酷すぎた
アニメだけだと本当に動機が酷いように見えるので少しフォローを。ヴェントが本当に憎んでいるのは、科学ではなく自分自身なのです。自分が弟の命を食い潰したと考えてますから。ヴェントの天罰術式は敵意を向けられることで効果を発揮します。つまり、他人から常に敵意を向けられていないと効果が無いわけで、天罰術式自体がヴェントの贖罪でもあるわけです。

そのあたりを察した上で、上条さんは説教のあと「少しだけおまえを救ってやる」と言っているわけです。その結果、天罰術式の発動に必要な十字架が破壊されました。この辺を把握してからヴェントを見直すと、少し印象が変わりませんか?
[ 2011/03/20 18:41 ] [ 編集 ]
>すみません。ちと表現が悪かったですね。普段操っている、通常の物理法則に従うベクトル以外のモノを制御した結果があの黒翼です。

ベクトル以外のものですか何だろう、今のところ想像がつきませんね。

>ヴェントが本当に憎んでいるのは、科学ではなく自分自身なのです。

これについては自分の方が死ねばよかったという台詞からもアニメ組にも伝わってきました。その心を守るためにはめちゃくちゃであっても敵を作り憎むしかなかったということも分かります。しかしそれでもこれで”科学を”憎むというのは無茶があるだろう、酷い考えだと微妙に納得いかない心境でもありました。本文で書いたとおりある意味リアルであるとも思えますが。

設定については個人で納得できるかどうかというところなのですが問題はキャラクターとしての演出面で「劇中であまりにも小物風に描きすぎた」ことも関係しているかと。例えば最初の登場でいきなり顔芸を見せたのはその時点で大物キャラで無いことが分かってしまいましたし、ファミレスでの戦闘時の演出も正直悪かったし、さらに台詞回しなども含めてどうしても敵としてまたキャラクターとしての魅力に欠けていたと個人的には感じました。

これは決してけなすわけではなくですね。
弁解も含めた補足ありがとうございました。
[ 2011/03/20 18:58 ] [ 編集 ]
はじめまして

インデックスを無視したのは、木原くンにとってもはや任務なんかどうでもよかったからと解釈しました。

あの一方さんに対する攻撃は一朝一夕で身につく物ではないだろうし、よっぽど殺したかったんだと思います。

あまり忠実に命令をきくようなタイプではなさそうですし、自身の欲望を優先させたとか。

それとも、打ち止めにウイルスを入れることまでが命令でその後の事は無関心だったのかも?


どちらにしろ、よっぽど殺したかったんだろうなと思いました。
いったい一方さんは何をしたのかが気になる所ですが。
[ 2011/03/20 22:46 ] [ 編集 ]
砂積さん はじめまして
>インデックスを無視したのは、木原くンにとってもはや任務なんかどうでもよかったからと解釈しました。

なるほどこれはありそうかもしれませんね。元々そういう間柄だったようですしそれに髪までむしられては逆上しても当然かもしれません。

>それとも、打ち止めにウイルスを入れることまでが命令でその後の事は無関心だったのかも?

これはむしろインデックスが阻止できるとは思っていなかったのかも。普通あんな娘がこの状況を打破できるなんて思いませんしね。
[ 2011/03/21 06:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
とある魔術の禁書目録?:22話感想
とある魔術の禁書目録?の感想です。 双方の主人公の戦いが決着!
[2011/03/20 14:15] しろくろの日常
とある魔術の禁書目録II 第22話 「天罰術式」
対峙する相手は固まったところで決着迫る、「とある魔術の禁書目録II」の第22話。 AT-Xは放送されましたが地上波では地震特別報道のため休止となるそうです。 残り期間が少ないため2話一挙放送とか変則的...
[2011/03/20 19:16] ゆる本 blog
【とある魔術の禁書目録? 第22話-天罰術式】
君の声が今もまだ、ここにあるから。
[2011/03/20 21:38] AQUA COMPANY
とある魔術の禁書目録II 第22話 「天罰術式」
「きぃぃはぁらぁぁぁあああああああアアアアアアァァァァァァァァ!!!」 岡本さんすげぇwww 最後はえらく声が甲高くなってたw もはや悲鳴に近い声だった気がする(つ∀`)
[2011/03/21 05:25] リリカルマジカルSS
とある魔術の禁書目録 Ⅱ #21「天罰術式(てんばつじゅつしき)」
「そんな人間が科学に対して復讐してほしいなんて思ってんのか!  お前の幸せを誰よりも願っている人間が!」 科学を憎み、魔術を極めんとす。
[2011/03/21 11:52] 月の満ち欠け
とある魔術の禁書目録II 第22話「天罰術式」(3月4週 水曜日)
天使氷華に邪魔されて思うように力を発揮できないヴェント。意地で放った全力の一撃は当麻ですら反応できないほどの威力だったが、自身の体への反発も大きく、そのスキを逃さず当 ...
とある魔術の禁書目録・・・第22回「天罰術式」
2011/03/20 放送分 総評! 評価グラフの詳細に関しては以下の記事をご参照ください。 http://superunkman.blog39.fc2.com/blog-entry-1222.html フハハハハッ!!たまんねぇなぁ!! いまさ...
プロフィール

Author:ムメイサ
カテゴリー
アーカイブ

2018年 05月 【5件】
2018年 04月 【13件】
2018年 03月 【16件】
2018年 02月 【30件】
2018年 01月 【33件】
2017年 12月 【11件】
2017年 11月 【4件】
2017年 10月 【10件】
2017年 09月 【8件】
2017年 08月 【8件】
2017年 07月 【8件】
2017年 06月 【8件】
2017年 05月 【16件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【37件】
2017年 02月 【13件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【15件】
2016年 11月 【7件】
2016年 10月 【13件】
2016年 09月 【14件】
2016年 08月 【14件】
2016年 07月 【12件】
2016年 06月 【14件】
2016年 05月 【9件】
2016年 04月 【13件】
2016年 03月 【15件】
2016年 02月 【10件】
2016年 01月 【7件】
2015年 12月 【27件】
2015年 11月 【16件】
2015年 10月 【26件】
2015年 09月 【34件】
2015年 08月 【17件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【32件】
2015年 05月 【26件】
2015年 04月 【27件】
2015年 03月 【20件】
2015年 02月 【18件】
2015年 01月 【33件】
2014年 12月 【35件】
2014年 11月 【38件】
2014年 10月 【26件】
2014年 09月 【26件】
2014年 08月 【14件】
2014年 07月 【22件】
2014年 06月 【20件】
2014年 05月 【17件】
2014年 04月 【14件】
2014年 03月 【37件】
2014年 02月 【32件】
2014年 01月 【34件】
2013年 12月 【26件】
2013年 11月 【29件】
2013年 10月 【29件】
2013年 09月 【23件】
2013年 08月 【17件】
2013年 07月 【27件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【25件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【27件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【37件】
2012年 12月 【26件】
2012年 11月 【27件】
2012年 10月 【34件】
2012年 09月 【28件】
2012年 08月 【26件】
2012年 07月 【39件】
2012年 06月 【35件】
2012年 05月 【30件】
2012年 04月 【43件】
2012年 03月 【36件】
2012年 02月 【36件】
2012年 01月 【20件】
2011年 12月 【34件】
2011年 11月 【25件】
2011年 10月 【72件】
2011年 09月 【42件】
2011年 08月 【52件】
2011年 07月 【53件】
2011年 06月 【45件】
2011年 05月 【49件】
2011年 04月 【59件】
2011年 03月 【36件】
2011年 02月 【47件】
2011年 01月 【49件】
2010年 12月 【43件】
2010年 11月 【43件】
2010年 10月 【43件】
2010年 09月 【42件】
2010年 08月 【41件】
2010年 07月 【40件】
2010年 06月 【41件】
2010年 05月 【38件】
2010年 04月 【41件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【45件】
2010年 01月 【49件】
2009年 12月 【42件】
2009年 11月 【36件】
2009年 10月 【35件】
2009年 09月 【57件】
2009年 08月 【47件】
2009年 07月 【46件】
2009年 06月 【58件】
2009年 05月 【63件】
2009年 04月 【52件】
2009年 03月 【52件】
2009年 02月 【39件】
2009年 01月 【51件】
2008年 12月 【61件】
2008年 11月 【61件】
2008年 10月 【68件】
2008年 09月 【69件】
2008年 08月 【59件】
2008年 07月 【63件】
2008年 06月 【50件】
2008年 05月 【49件】
2008年 04月 【47件】
2008年 03月 【59件】
2008年 02月 【68件】
2008年 01月 【64件】
2007年 12月 【62件】
2007年 11月 【70件】
2007年 10月 【63件】
2007年 09月 【59件】
2007年 08月 【52件】
2007年 07月 【51件】
2007年 06月 【31件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【21件】

アクセスランキング
検索BOX・タグ一覧
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。