ムメイサの隠れ家

放送中の深夜アニメの各話毎の感想を中心に更新しています。全話視聴したアニメ作品の総評なども。

STEINS;GATE 第1話 「始まりと終わりのプロローグ」

STEINS;GATE Vol.1【初回限定版】 [Blu-ray]
なるほど、よく分からん!原作未プレイ。いろいろな時間軸やら並行世界やらが入り乱れているようで一話段階だと現状把握が難しい。いやでもここで分かったら逆に問題だろうけどw
時間軸のおかしさを認識しているのは倫太郎だけみたいだけどこれは最初の屋上に行ったシーンが関係しているのかな?あれが人工衛星墜落と関連した何かなのだろうしあのあたりから時空がおかしくなっているのかも。

送ったメールが過去に届いていたのはどういうことなのか。何らかの原因で局地的に時が戻されていてその時にメールを送ったからとか?その後の街中での超常現象はそこから倫太郎が28日の世界に戻る描写だとか。

でもそのメールは送受の時間も合わなければ送信記録すら残ってないのに講義中にまゆりに送ったメールは日時もちゃんと合っているのが残っているようで、それを見るとあれを送った講義段階ではやはり28日でその後クリスと会って死亡を確認して会館から出てメールを送ったのが23日と時間がずれていたことになるのか?

でもそこだけ時間が狂っていたとしてもなぜ相手の携帯に受信記録はあって送信記録はないのか、ダルの陰謀?いやむしろまゆり(とその携帯)が特別という方が妥当かも。なんだかまゆりとのメールのやり取りが時空変動の重要なタイミングっぽい気がするんだよな。

第二の28日には教授が直前で逃げ出していたようでそれは講義での倫太郎の恫喝が影響しているのかもしれないし第一の28日(23日)の出来事は第二世界(仮)の世界に影響を与えているようにも思うけど、なら死んだクリスなどはどうなるのか・・・

ちなみにクリスに関しては15分前に会っていたという意味深な話もあったし、死の直前に聞えた叫びは宮野さんの声だったと思うのであれは倫太郎のものだろうし、そのあたり少なくとも2順だけでなく何順も世界を渡り歩いている倫太郎の存在があるのだろうなと。


そんなこんなで一話完。この出来事は偶然生じたことなのか何者かの陰謀があるのかそれとも単なる勘違い(主人公の精神の中だけで起こっている事象)なのか、まだいろいろと分からない事だらけで今後のストーリーも予想がつかないけどタイムパラドックス系の(?)ネタは好きなので物語の謎には興味惹かれた。

なんとなく二大ヒロインっぽいまゆりとクリス二人が存在することよって起こされるどうのこうのと予想するけどどうなるのか。ちなみに事前段階の周囲の噂では倫太郎のキャラが痛いのでそれが受け入れられるかという懸念の声がちらほらあったように思うけど花田先生はそのあたりキャラの見せ方は巧いしなんてことなかったかもw
関連記事
にほんブログ村 アニメブログへ
ブログランキング参加中。押していただけると励みになります。
どうも


>街中での超常現象

なんなんでしょうねコレ・・・
主人公の精神世界だったのか、
もしくは人がすべて消えた世界に行ったのでしょうか・・・

>死の直前に聞えた叫びは宮野さんの声だったと思う

あ、そうなんですか;
八階から聞こえたので中鉢博士のかと思いましたww
まだ声を聴いただけで声優の名前が出てくる領域にはいないもので;

>倫太郎のキャラが痛いのでそれが受け入れられるか

クリスに携帯を取られたときは
うわぁお;もうやめたげて・・・ってなりました。
ただ結構すんなり受け入れられたので花田先生はやり手だなとw


というわけで始まりましたね。
同じく原作未プレイなのでこの先が楽しみです。
名前を書いたメタルウーパー、電話レンジ(?)、ブラウン管のTVと
なにやらあやしいものが結構出てきていますね。
それにクリスと会った直後の携帯の砂嵐や
三回に分けて送られたメールも気になります。
ただ原作がある分ネットでのネタバレには十分注意しないと;


それでは、また
[ 2011/04/07 03:07 ] [ 編集 ]
MEETπさん
>もしくは人がすべて消えた世界に行ったのでしょうか・・・

時間の違いなのか空間の違いなのかが分かりませんね。
またはその両方?

>八階から聞こえたので中鉢博士のかと思いましたww
まだ声を聴いただけで声優の名前が出てくる領域にはいないもので;

注意していたわけではないので確証はないですがたぶんそうだったかなと。

>それにクリスと会った直後の携帯の砂嵐や
三回に分けて送られたメールも気になります。

このあたりが鍵なんでしょうけどね、
今の段階ではまだ全然分からんですな。
[ 2011/04/08 19:31 ] [ 編集 ]
私も未プレイ
いろいろ難しそうなアニメですよね
とりあえずまゆしいかわいいです!
TVKではDOG DAYSの次にやってるので宮野さんのギャップがすごい
[ 2011/04/10 22:51 ] [ 編集 ]
リ:バースさん
>いろいろ難しそうなアニメですよね

ゲーム未プレイ組にも納得できるものを見せてもらいたいですが果たして・・・

>TVKではDOG DAYSの次にやってるので宮野さんのギャップがすごい

両方ともある意味爽やかではありますが性格は真逆ですね(笑)
[ 2011/04/11 00:12 ] [ 編集 ]
ゲームをプレイした人によるとかなりはしょられてるらしいですね。

例の誰も居ない秋葉原は、衛星が墜落したラジ館を中心に立ち入り禁止になっていて、その帯の外には野次馬が凄い事になっているという描写があるらしいです
でもオカリンと視聴者視点からだと人が消えてしまってるんで、その辺がなんか秘密っぽいらしいです

送信履歴からメールが消えた謎は…タイムマシン物らしいので歴史改変の影響なんじゃないかなと…
オカリンの28日朝の行動は
オカリン自身の記憶→タイムマシンの講義を聴きに
周りの記憶→落下した人工衛星を見物に
と食い違ってます。つまり、「オカリンがしたはずの行動」すら歴史改変の影響で変化しているということです。
オカリンの例のメールはクリスが死んでたから送ったものなので、もしクリスが生きてる事に歴史が変わってしまえば、オカリン自身の記憶では送ったはずでも、変化した歴史の中のオカリンの行動は「メールは送ってない」ということになり、結果的に携帯に送信履歴がないのではないでしょうか?
じゃあなんで「出してない事になった」メールがダルの携帯に、一週間も前に着信してるのかってことになってまた良くわからないことになるのですがw

ラボメンの三人のやり取りがものすごくツボに入ってしまいました
もう謎なんかいいからあのままずっと日常コントするアニメでもいんじゃね? ってぐらいにw
[ 2011/04/14 03:00 ] [ 編集 ]
もわもわんさん
>オカリンの例のメールはクリスが死んでたから送ったものなので、もしクリスが生きてる事に歴史が変わってしまえば、オカリン自身の記憶では送ったはずでも、変化した歴史の中のオカリンの行動は「メールは送ってない」ということになり、結果的に携帯に送信履歴がないのではないでしょうか?

上書きされる前からそれまでにいたオカリンの行動を考えるわけですね。これはなかなか面白い考えだと思います。そう考えると空間移動しているのはオカリンの魂だけということになるのかな?でも受信の方には履歴があってそのあたりも考えてもすっきりするところにまでは至れないですね難しい。

>ラボメンの三人のやり取りがものすごくツボに入ってしまいました
もう謎なんかいいからあのままずっと日常コントするアニメでもいんじゃね?

やりとり描写はいいですよね
これだけでもなかなか楽しめそうですv-42
[ 2011/04/15 21:57 ] [ 編集 ]
二話の話になっちゃうんですが、ジョンタイターが世界線という話をしていたので…これ例のメールに当てはめられるんじゃないかなと

ジョンタイターの話があの世界で正しいとしたら
過去へ遡って自分を生む前の親を殺した場合、殺した本人が消えたりはせず、彼が生まれた親の死んでない世界線と、今自分が殺した事で分岐した親が死んで彼が生まれていない世界線が出来る…ということですので

オカリンの携帯から過去のダルの携帯へメールが送られた場合も、ダルの携帯が受信したそのメールは消えたりはせず、クリスが死んでオカリンがメールを送った世界線と、メールが受信された事で分岐したクリスが生存していてメールの送られていない世界線が出来る…となりませんかね?

オカリンや視聴者からすると送信した履歴が消滅して受信した履歴だけが残ってるみたいなおかしな感じですが、これは「クリスは死んでいない」世界線のオカリンの携帯だからで、実際には
「クリスの死体を見たオカリン」が居る世界線では彼の携帯にはちゃんと送信履歴が残っているのではないかと

まさにムサイメさんのおっしゃられるとおりにオカリンの魂というか意識というか、そんなものだけが動いてしまった(あるいは上書きされるはずが取り残されてしまった?)のですかねー……
[ 2011/04/16 01:52 ] [ 編集 ]
もわもわんさん
>メールが受信された事で分岐したクリスが生存していてメールの送られていない世界線が出来る…となりませんかね?

自分の頭は今少しこんがらがってますが^^;
なるほどあれが分岐になったとするとクリスについては納得できる気がします。

>オカリンや視聴者からすると送信した履歴が消滅して受信した履歴だけが残ってるみたいなおかしな感じですが、これは「クリスは死んでいない」世界線のオカリンの携帯だからで、実際には
「クリスの死体を見たオカリン」が居る世界線では彼の携帯にはちゃんと送信履歴が残っているのではないかと

あーなるほど。オカリン視点から見るとちょっと複雑ですが一歩引いたところから見るとそういうのはありそうですね。でもそうなるとオカリン本人は意識だけが移動したという感じになりそうですよね、携帯は時空間移動できていないことになると。

あとはなんで過去のダルに飛んだかですよね。これはあの死んだクリスを見た時がその時間だったということではないかと予想しますが。
[ 2011/04/17 01:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
新アニメ「Steins;Gate」第1話
  第1話「始まりと終わりのプロローグ」「トゥットゥルー!」岡部はまゆりとともにラジオ会館に来ていた。中鉢博士のタイムマシンの発表会に衝撃音が聞こえ、屋上に向かった岡部...
[2011/04/06 16:49] 日々“是”精進!
STEINS;GATE シュタインズゲート 第1話 始まりと終わりのプロローグ
STEINS;GATE シュタインズゲート 第1話 始まりと終わりのプロローグ あらすじ 舞台は日本、オタクの聖地である秋葉原。 主人公、岡部倫太郎こと鳳凰院凶真はドクター中鉢のタイムマシン理論の発表...
[2011/04/06 17:01] crystal cage
春の新アニメ STEINS;GATE 第1話 「始まりと終わりのプロローグ」
春の新アニメ STEINS;GATE     ●キャスト   岡部 倫太郎(おかべ りんたろう)=CV  宮野真守 牧瀬 紅莉栖(まきせ くりす)=CV  今井麻美 椎名 まゆり(しいな まゆり)=CV 花澤香菜  橋田 至(はしだ いたる)=CV ...
STEINS;GATE 第1話「始まりと終わりのプロローグ」
トゥットゥルー♪ まゆしぃかわいい(*´ω`*) 厨二病乙! オカリンなんでこんなに想像力豊かなのw 謎と伏線がいっぱいでダークな世界観が面白そう。 ゲームやってないから話理解できなそうな予感w
[2011/04/06 17:41] 空色きゃんでぃ
STEINS;GATE 第1話「始まりと終わりのプロローグ」 感想
STEINS;GATE Vol.1【初回限定版】 [Blu-ray]posted with amazlet at 11.04.06メディアファクトリー (2011-06-22)売り上げランキング: 14Amazon.co.jp で詳細を見る 原作未プレイだから謎だらけだった。 ...
Steins;Gate 第1話 「始まりと終わりのプロロ...
さてさて、ようやくやって参りました。今期期度No.1作品シュタインズ・ゲート、通称シュタゲ。他記事で何度か書いている通り、原作はプレイ済。とは言え、神ゲー言って奉る程の信者...
STEINS;GATE 第1話「始まりと終わりのプロローグ」
今期一の期待作シュタゲがついに放送開始! 私は原作(PC版)をつい1ヶ月半ほど前にクリアしたばかりなんですが、こうして物語の最初の部分を見るといくつもの伏線が散りばめられているんだな~と改めて思...
Steins;Gate 第1話「始まりと終わりのプロローグ」
運命の幕開け。
[2011/04/06 18:12] ミナモノカガミ
Steins;Gate 第1話 「始まりと終わりのプロローグ」 簡易感想
これこそが「運命石の扉-シュタインズ・ゲート-」の選択! アニメという名の新しい世界線―――― 新番組第3弾「Steins;Gate」の感想。 OPED本編すべてがスタイリッシュな映像に満足な1話でした。 やはり今期の大本命は「シュタゲ」に決まりだッ!
[2011/04/06 18:41] attendre et espérer
Steins;Gate #01 「始まりと終わりのプロローグ」
どうしよう…意味が解らない/(^o^)\
アニメ「STEINS;GATE」第1話
アニメ「STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)」の第1話『始まりと終わりのプロローグ』感想です。 【内容】 テレ玉:04/05(火)26:05~ サンテレビ:04/05 26:05~ チバテレビ:04/06 25:30~ テレビ愛知:04/06 26:30~ TOKYO MX:04/07 25:30~ テレビ神奈川:04/09 26...
[2011/04/06 19:03] 腐女子のオタク感想文+
Steins;Gate 第1話「始まりと終わりのプロローグ」
5pb.×Nitroplus制作のゲーム原作だがプレイはしていないので、このアニメが初見。「CHAOS;HEAD」と似た作風で、SFのようにも見えるが空想科学小説ではなく、妄想科学小説と定義するのがふさわしい登場人物たちの振る舞い。現実と妄想の境界線が曖昧なドラマには、渋谷か
Steins;Gate 第01話
[関連リンク]http://steinsgate.tv/第1話 始まりと終わりのプロローグ岡部倫太郎は幼馴染の椎名まゆりとタイムマシン理論の発表を行う中鉢博士の公演を聞きに来ていたその理論を聞いた倫太...
[2011/04/06 19:33] まぐ風呂
STEINS;GATE 1話感想
「Phantom」などで知られるニトロプラス原作のゲームのアニメ化です。 私はゲームをしないので原作未プレイ。従って、ほとんど事前知識なくシュタゲの世界に入りました。 舞台は秋葉原。 ボロ雑居ビルの...
Steins;Gate #01 「始まりと終わりのプロローグ」
 すごく厨二病です……
[2011/04/06 20:06] つれづれ
STEINS;GATE 第1話  「かってに改蔵」みたいな最終話だったらどうしよう・・・。
■STEINS;GATE                 事前人気と独特なキャラデザで放送前から春アニメで一番気になっていたSTEINS;GATE。 とりあえず第1話を観て思った事は、 「かってに改蔵」みたい...
[2011/04/06 20:36] めもり~る~む
STEINS;GATE 第1話「始まりと終わりのプロローグ」感想
大本命来ました! ちなみに原作プレイ済みです。 中身はというと随分と詰め込んでますね。 45分アニメを30分アニメに凝縮したような感じかな。 そして原作に忠実なのでニヤニヤしながら見る事が出来ました。 ちょっと色合い暗いのでもう少し明るい色合いにすれ...
[2011/04/06 21:02] らび庵
Steins;Gate #1
【始まりと終わりのプロローグ】 STEINS;GATE Vol.1【初回限定版】 [Blu-ray]出演:宮野真守メディアファクトリー(2011-06-22)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る ブラウンは天の叔父さんです ...
[2011/04/06 21:15] 桜詩~SAKURAUTA~
STEINS;GATE 第1話「始まりと終わりのプロローグ」
マッドサイエンティストを自称する岡部倫太郎こと鳳凰院凶真(笑) 秋葉原のラジオ会館でのドクター中鉢のタイムマシン理論の発表会に行くが…。 牧瀬紅莉栖に話しかけられたことから、倫太郎の運命はカオス...
[2011/04/06 21:20] SERA@らくblog
Steins;Gate 第1話「始まりと終わりのプロローグ」
『秋葉原を拠点に活動している発明サークル、未来ガジェット研究所(通称:ラボ)の設立者、岡部倫太郎はサークルメンバーで幼なじみの椎名まゆりとともに、ラジ館で行われる中鉢博士の講演へと足を運んだ。講...
[2011/04/06 21:21] Spare Time
『Steins;Gate』#1「始まりと終わりのプロローグ」(先行放送)
「シュタインズゲートに関わる何かが起きていることは確かだ」 ゲーム未プレイ。 ニコニコさんでの先行配信がありましたね。 全く何の予備知識も得ないまま、視聴したのですが、 アイタタ~な厨二病を抱えるオカリン、こと岡部倫太郎が主人公。 自らを狂気のマッド...
STEINS;GATE #1 4/6 あらすじと感想
 きっと、携帯電話の内部時計が狂ってるんですよw。  話題のアニメが始まりました。第1印象は、雰囲気が「CHAOS;HEAD」に似てるなぁ、です。  今回は主人公たち、岡部 倫太郎くん、椎名 まゆりちゃん、牧瀬 紅莉栖ちゃんの紹介と事件の発端?あるいは結末?の
[2011/04/06 21:45] Specium Blog MkII
【2011年春アニメ】『STEINS;GATE』第1話『始まりと終わりのプロローグ』レビュー♪(自称『マッドサイエンティスト』倫太郎を中心とした『想定科学モノ』ですが先の展開が楽しみです!)
今回は 2011年4月放送開始アニメ 『STEINS;GATE』第1話『始まりと終わりのプロローグ』 レビュー♪     春アニメの中でも前評判の高い作品 で期待していました!   元々は 2009年10月に発売された『想定科学ADV』というジャンルのゲーム で...
[2011/04/06 21:54] 私的UrawaReds&SubCul
STEINS;GATE 1話
ラ・ヨダソウ・スティアーナ。 というわけで、 「STEINS;GATE」1話 バナナぷにゅぷにゅの巻。 シナリオで魅せてくれるタイプの正統派SFというのが第一印象。 ゲームの導入っぽいなと思ったら原作...
[2011/04/06 22:08] アニメ徒然草
STEINS;GATE 【1話】 「始まりと終わりのプロローグ」
STEINS;GATE、1話(先行放送)。 春アニメ4本目。 ※注意 この作品は、カテゴリーにありませんのでご注意ください。 まだ、レギュラー化
Steins;Gate(シュタインズ・ゲート) 第1話『始まりと終わりのプロローグ』
ニコニコ動画で先行配信のシュタインズ・ゲートを見てきました。 まず思ったのが、視聴を続けないとさっぱり分かりませんね。 というのも、ゲームは未プレイです。 友達に面白いからアニメ見ろよ、...
[2011/04/06 22:36] 洒落た乾杯でも…
Steins;Gate 第1話 「始まりと終わりのプロローグ」 感想
ゲームの方は未プレイです。ネットだと話題になってる作品のようですね。 カオスヘッドとはなんか関係あるのだろうか?カオスヘッドの主人公は引き籠りのようですが今作の主人公は厨二病   秋葉原じゃん・・・ ここはボークス横のガシャポンだな。 機関が送り…
[2011/04/06 22:42] 起源風景
(感想)Steins;Gate -シュタインズ・ゲート- 第1話「始まりと終わりのプロローグ」
(感想)Steins;Gate -シュタインズ・ゲート- 第1話 「始まりと終わりのプロローグ」 原作未プレイとしては、"訳がわからないよ"というのが素直な感想ですが、 だからこそ、今後果たしてどうなっていくのかを推測して楽しめますね☆
[2011/04/06 22:44] aniパンダの部屋
STEINS;GATE 第1話 「始まりと終わりのプロローグ」 感想
厨二病に天然少女にオタク? 2010年春アニメ第3弾♪シュタゲ え?どういう事なの??←1話を見終わった感想(ぇ) 【関連サイト】 http://steinsgate.tv/index.html
Steins;Gate 第1話 『始まりと終わりのプロローグ』 感想
SFものということで期待していますが、マッドサイエンティストものと呼ぶべきか。Steins;Gate 第1話 『始まりと終わりのプロローグ』 のレビューです。原作ゲームは未プレイ。
[2011/04/06 23:07] メルクマール
Steins;Gate 第1話 「始まりと終わりのプロローグ」 感想
自称、狂気のマッドサイエンティスト、鳳凰院凶真を名乗る岡部倫太郎。 まさか主人公が厨二病とは、思いませんでしたよ。 謎だらけで、1話を1回見ただけじゃサッパリな内容でしたが、今後どうなるのか ...
[2011/04/06 23:09] ひえんきゃく
シュタインズゲート第1話『始まりと終わりのプロローグ』の感想レビュー
前評判も人気上々で、ニコニコ動画の先行配信が24万アクセス越えで話題の『STEINS;GATE(シュタインズゲート)』、いよいよ始まりましたね。 個人的には、Twitterのラノベクラスタでメチャクチャ評価が高い印象なのでとても楽しみです。 文章を読むことが好きな層に受けて...
Steins;Gate(シュタインズ・ゲート) 第1話 感想「始まりと終わりのプロローグ」
Steins;Gate(シュタインズ・ゲート)ですが、評価の高いアドベンチャーゲームのアニメ化です。岡部倫太郎は白衣を着たイケメン大学生ですが、狂気のマッドサイエントを自称し、特務機関から狙われている妄想を捨て切れません。未来ガジェット研究所で発明などをしていま
Steins;Gate 第1話「始まりと終わりのプロローグ」
原作はプレイ済みなので… 「(ネタバレ防止のため)ネタ感想になるが大丈夫か?」 「大丈夫だ。問題無い」 TVアニメ「STEINS;GATE」オープニングテーマ「Hacking to the Gate」【初回限定盤】(2011/04/27)いとうかなこ商品詳細を見る
[2011/04/06 23:26] せーにんの冒険記
アニメ「Steins;Gate」 第1話 始まりと終わりのプロローグ
Steins;Gate(限定版) 特典 電話レンジ(仮)マスコット付ストラップ付き(2011/06/23)Sony PSP商品詳細を見る 人だ、人がどうして消えた。 春の新番(私にとっての)第3弾。 「Steins;Gate」第1話のあらすじ...
[2011/04/06 23:53] 午後に嵐。
STEINS;GATE 第1話「始まりと終わりのプロローグ」
OP「Hacking to the Gate」【初回限定盤】2011年春の新作アニメ第4弾! 今期の中では、一番の話題性を誇るこの作品。
[2011/04/07 00:27] 明善的な見方
Steins;Gate ‐第1話 『始まりと終わりのプロローグ』
本文はネタばれを含みます。ご注意ください。画像はクリックで拡大されます。 お、おう……? う‐む、感想書きにくいですね(苦笑)でも、雰囲気が気に入ったので、ちとレビューしてみようかな。これからの展開が凄く楽しみです。 ところで話は変わるんですが、この作
[2011/04/07 02:41] 冴えないティータイム
「Steins;Gate シュタインズ・ゲート」 #01『始まりと終わりのプロローグ』
 「始まりと終わりのプロローグ」 秋葉原を拠点に活動している発明サークル、未来ガジェット研究所(通称:ラボ)の設立者、 岡部倫太郎はサークルメンバーで幼なじみの椎名まゆりとともに、ラジ館で行われ...
STEINS;GATE 01話『始まりと終わりのプロローグ』
宇宙には、始まりはあるが終わりはない。無限。 星にもまた、始まりがあるが自らの力をもって滅び行く。有限。
[2011/04/07 07:01] 本隆侍照久の館
STEINS;GATE 第1話「始まりと終わりのプロロ...
これは抗える者たちへの神からへの最後通告と言えよう----------。今期一番の話題作と言っていいでしょう、今作。作画とか、雰囲気はさすがの出来だったかと。あえてモノクロっぽく見...
STEINS;GATE 01話『始まりと終わりのプロローグ』 感想
偉大なる自然現象。
[2011/04/07 08:17] てるてる天使
STEINS;GATE #01 始まりと終わりのプロローグ
シュタゲ 第1話。 春アニメ感想第4弾は大人気ゲームのアニメ化作品。 ちなみに原作は未プレイです。 以下感想
[2011/04/07 08:38] 窓から見える水平線
Steins;Gate #01「始まりと終わりのプロローグ」 感想
秋葉原を拠点に活動している発明サークル、未来ガジェット研究所(通称:ラボ)の設立者、岡部倫太郎はサークルメンバーで幼なじみの椎名まゆりとともに、ラジ館で行われる中鉢博士の講演へと足を運んだ。講演...
[2011/04/07 11:24] 書き手の部屋
STEINS;GATE 第1話 「始まりと終わりのプロローグ」 感想
第1話「始まりと終わりのプロローグ」 感想は続きから
[2011/04/07 20:24] あめいろな空模様
Steins;Gate:1話感想
Steins;Gateの感想です。 さてさて頭の中に「?」がいっぱい出るアニメが来ましたよ(笑)
[2011/04/07 22:47] しろくろの日常
STEINS;GATE #01「始まりと終わりのプロローグ -Turning Point- 」
宮野はまり役すぎるwwww あの中二病厨二病の真っ最中の青年役には、宮野のハイテンションボイスが似合ってますね。 原作をやったことないのでわかりませんが、概ね原作ファンにも及第点ってことなんでし...
[2011/04/07 22:53] 制限時間の残量観察
STEINS;GATE 第01話 感想
 STEINS;GATE  第01話 『始まりと終わりのプロローグ』 感想  次のページへ
[2011/04/08 06:14] 荒野の出来事
STEINS;GATE 第1話「始まりと終わりのプロローグ」(4月2週 水曜日)
秋葉原で活動する自称マッドサイエンティストの岡部倫太郎は、幼馴染の椎名まゆりと一緒に、中鉢博士の『タイムマシン発明成功記念会見』を見にいく。 会見が始まる前、屋上で大きな物音がする。岡部が様子...
[アニメ]Steins;Gate -シュタインズ・ゲート- 第1話「始まりと終わりのプロローグ」
この作品も凄いの一言。ぐうの音も出ない。初回から狂喜乱舞するような狂気が溢れ出る美味テイストでした。
シュタインズゲート・・・第1回「始まりと終わりのプロローグ」
2011/04/07 放送分 総評! 評価グラフの詳細に関しては以下の記事をご参照ください。 http://superunkman.blog39.fc2.com/blog-entry-1222.html 自称マッドサイエンティストは何をしたいのか ...
Steins;Gate 1話 「始まりと終わりのプロローグ」 感想。
今期はシュタゲの感想でも書かせて頂こうかなと思っています。(出来るだけネタバレ無しで。 #1を見た感想としてはゲムをやってからアニメ見た方が楽しめるかと(ぉぃw >>ということで、シュタインズゲート #01 始まりと終わりのプロローグ 感想です.+゚*。:゚
[2011/04/10 00:24] 追憶の本屋
新作アニメ Steins;Gate シュタインズ・ゲート #01「始まりと終わりのプロローグ」 レビュー キャプ
宇宙には始まりはあるが終わりはない 無限 星にもまた始まりはあるが自らの力をもって滅び行く 有限 叡智を持つ者こそもっとも愚かであることが歴史からも読み取れる これは抗える者達に対する神からの最後通告といえよう と、1人ブツブツ呟くサークル・未来ガジェット
[2011/04/10 01:20] ゴマーズ GOMARZ
プロフィール

Author:ムメイサ
カテゴリー
アーカイブ

2017年 10月 【10件】
2017年 09月 【8件】
2017年 08月 【8件】
2017年 07月 【8件】
2017年 06月 【8件】
2017年 05月 【16件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【37件】
2017年 02月 【13件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【15件】
2016年 11月 【7件】
2016年 10月 【13件】
2016年 09月 【14件】
2016年 08月 【14件】
2016年 07月 【12件】
2016年 06月 【14件】
2016年 05月 【9件】
2016年 04月 【13件】
2016年 03月 【15件】
2016年 02月 【10件】
2016年 01月 【7件】
2015年 12月 【27件】
2015年 11月 【16件】
2015年 10月 【26件】
2015年 09月 【34件】
2015年 08月 【17件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【32件】
2015年 05月 【26件】
2015年 04月 【27件】
2015年 03月 【20件】
2015年 02月 【18件】
2015年 01月 【33件】
2014年 12月 【35件】
2014年 11月 【38件】
2014年 10月 【26件】
2014年 09月 【26件】
2014年 08月 【14件】
2014年 07月 【22件】
2014年 06月 【20件】
2014年 05月 【17件】
2014年 04月 【14件】
2014年 03月 【37件】
2014年 02月 【32件】
2014年 01月 【34件】
2013年 12月 【26件】
2013年 11月 【29件】
2013年 10月 【29件】
2013年 09月 【23件】
2013年 08月 【17件】
2013年 07月 【27件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【25件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【27件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【37件】
2012年 12月 【26件】
2012年 11月 【27件】
2012年 10月 【34件】
2012年 09月 【28件】
2012年 08月 【26件】
2012年 07月 【39件】
2012年 06月 【35件】
2012年 05月 【30件】
2012年 04月 【43件】
2012年 03月 【36件】
2012年 02月 【36件】
2012年 01月 【20件】
2011年 12月 【34件】
2011年 11月 【25件】
2011年 10月 【72件】
2011年 09月 【42件】
2011年 08月 【52件】
2011年 07月 【53件】
2011年 06月 【45件】
2011年 05月 【49件】
2011年 04月 【59件】
2011年 03月 【36件】
2011年 02月 【47件】
2011年 01月 【49件】
2010年 12月 【43件】
2010年 11月 【43件】
2010年 10月 【43件】
2010年 09月 【42件】
2010年 08月 【41件】
2010年 07月 【40件】
2010年 06月 【41件】
2010年 05月 【38件】
2010年 04月 【41件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【45件】
2010年 01月 【49件】
2009年 12月 【42件】
2009年 11月 【36件】
2009年 10月 【35件】
2009年 09月 【57件】
2009年 08月 【47件】
2009年 07月 【46件】
2009年 06月 【58件】
2009年 05月 【63件】
2009年 04月 【52件】
2009年 03月 【52件】
2009年 02月 【39件】
2009年 01月 【51件】
2008年 12月 【61件】
2008年 11月 【61件】
2008年 10月 【68件】
2008年 09月 【69件】
2008年 08月 【59件】
2008年 07月 【63件】
2008年 06月 【50件】
2008年 05月 【49件】
2008年 04月 【47件】
2008年 03月 【59件】
2008年 02月 【68件】
2008年 01月 【64件】
2007年 12月 【62件】
2007年 11月 【70件】
2007年 10月 【63件】
2007年 09月 【59件】
2007年 08月 【52件】
2007年 07月 【51件】
2007年 06月 【31件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【21件】

アクセスランキング
検索BOX・タグ一覧
カウンター