ムメイサの隠れ家

放送中の深夜アニメの各話毎の感想を中心に更新しています。全話視聴したアニメ作品の総評なども。

「今期終了アニメ(3月終了作品)の評価をしてみないかい?12」

ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人のピッコロさんの企画。2011年3月に終了したアニメを評価してみようというものです。企画について詳しくはリンク先で御覧下さい。
<前回の企画の結果>
・企画「今期終了アニメを評価してみないかい?11(12月終了アニメ)」 各項目の評価点ランキング、ベストキャラクター賞、ベストOP・ED賞、ベスト声優賞の発表

(一部引用させていただきます。他部門や各部門賞についてはリンク先で。)
(1) 24.25 刀語
(2) 23.53 侵略!イカ娘
(3) 23.45 屍鬼
(4) 23.29 アマガミSS
(5) 23.24 そらのおとしもの f <<フォルテ>>


毎回企画の結果予想をしているけど今期も3位までは完璧に、五作品中四作品は当ったけど見ていなかった海月姫がもう少しくるんじゃないかと4位に入れて一つ外してしまった。ノイタミナ枠はある程度視聴者を絞りつつも他とは一味違う作品を作るのでこの企画では比較的高評価を受ける傾向にあるけど細かいところでどう人気が動いているのか予想しづらい。

前期の評価で目に留まった点はずば抜けて高いものがないけど全体的に高評価だったという点で、それはまさに自分も昨年の秋アニメで感じていたことであり多くの人がそう感じていたのではないかと思うしまさに感想の縮図になっているなと。

評価人数が一番多かったのは「俺妹」で、個人的に点数も大事だけどそれ以上に”最後まで見続けた人が多い作品はそれ自体が評価に値する”とも思っているので話題性を作り出して多くの視聴者層を獲得したあの作品はやはり凄いものだったのだなとも感じた。

細かいところもいろいろあるけどきりがないので簡単だけど前回の雑感はこんなもので。
ピッコロさん今回も大変な集計作業お疲れ様でした!


ここからが今回の企画。
STAR DRIVER<スタードライバー>輝きのタクト 1 【通常版】 [DVD]魔法少女まどか☆マギカ 6 【完全生産限定版】 [Blu-ray]とある魔術の禁書目録 第6巻 〈初回限定版〉 [Blu-ray]
『今期終了アニメ(12月終了作品)の評価をしてみないかい?12』

<今期の終了作品で自分が最後まで視聴した作品>
RioーRainbow Gate!ー リオ レインボーゲート
魔法少女まどか★マギカ
IS<インフィニット・ストラトス>
これはゾンビですか?
放浪息子
フラクタル
レベルE
夢喰いメリー
お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!
STAR DRIVER 輝きのタクト
とある魔術の禁書目録II
(放課後のプレアデス)


今期は12(11)作品。

※実際に項目ごとに点数を付けてみてブログのアルファベット評価及び個人的な作品への好感度とは若干前後することがありますがそれは評価方法の違いということで。また以前に参加したこの企画の記事とは基本的に基準を合わせる作業はしていませんのでご了承を。
また放課後のプレアデスは企画には入っているものの独自の判断で評価には加えません。


<今期終了アニメの個人的評価>

★RioーRainbow Gate!

ストーリー 2
キャラクター性 3
画 4
演出 3
音楽 4
総合的な評価 3

総合点・・・19

ストーリーはあまりよくないけど肩の力を抜いて視聴できるというか不思議と変なテンションで楽しめる作品でわりと好印象。何気に一番印象に残ったのは音楽演出だったかも。


★魔法少女まどか★マギカ

ストーリー・・・5
キャラクター性・・・5
画・・・3
演出・・・5
音楽・・・5
総合的な評価・・・5

総合点・・・28

常に先が気になるストーリー展開と少数精鋭で短い間ながらも惹き付けたキャラクターは秀逸。終わり方に関しては解釈次第で不満点も残りそうだけど自分の中ではあれは救いのあるENDで概ね満足した。大物作品だったけど作画はそれ程良い印象もなかったかな。


★IS<インフィニット・ストラトス>

ストーリー・・・1
キャラクター性・・・2
画・・・5
演出・・・2
音楽・・・3
総合的な評価・・・1

総合点・・・14

ストーリーは面白くなかった。キャラクターは可愛いけど新しいキャラが増えるたびに既存のキャラの扱いが適当になるところは悪印象。作画は良くあのキャラクターデザインも含めて満点に。演出は戦闘面でただ早いだけで臨場感を感じさせなかったのでマイナス。


★これはゾンビですか?

ストーリー・・・2
キャラクター性・・・4
画・・・4
演出・・・3
音楽・・・3
総合的な評価・・・3

総合点・・・19

ストーリーはシリアスな本筋は正直つまらなかったけど日常ギャグ回は面白かった。そう思わせるのはキャラクター性が良かったからかな。あとは全体的に可も無く不可も無く。


★放浪息子

ストーリー・・・5
キャラクター性・・・4
画・・・3
演出・・・5
音楽・・・4
総合的な評価・・・5

総合点・・・26

思春期の心情描写と物語との絡め方が非常に巧い作品で何気なく見ていたけど中盤あたりからは毎週が楽しみだった。ストーリーは二鳥や千葉さんの成長物語としては凄く良く纏まっていた。ただ高槻さんの方をややないがしろにした結果でもあるので(その結果巧く纏まったからそれはそれで良いのだけど)そちらのキャラ面でマイナス1ということで。


★フラクタル

ストーリー・・・1
キャラクター性・・・1
画・・・3
演出・・・3
音楽・・・3
総合的な評価・・・1

総合点・・・12

長編か逆に映画並の尺にしていればそれなりだったかもしれないけどこの作品でアニメの1クールという尺は中途半端すぎるように感じた。長いと思えば長いし短いと思えば短い。最後まで世界観に移入できなかったことやどのキャラクターに対しても共感できなかったので好感はもてなかった。


★レベルE

ストーリー・・・4
キャラクター性・・・4
画・・・3
演出・・・3
音楽・・・3
総合的な評価・・・4

総合点・・・21

流石富樫作品という安定した面白さ。初めてみるものの相当過去の作品ということで個人印象としてなんとなく新鮮さを感じなかったこともありそこで乗り切れなかったところだけど全体的によくできた作品だった。ということでハンターハンターの続きもよろしく。


★夢喰いメリー

ストーリー・・・1
キャラクター性・・・2
画・・・4
演出・・・2
音楽・・・4
総合的な評価・・・1

総合点・・・14

可愛いキャラクターとやたらと重い世界観がミスマッチだった。暗い世界観の中でも明るい日常とのメリハリがあれば良かったけどそれも無かったのでひたすら物語が暗い。そんなシリアスな作風の中に何かテーマがあったかというとそっちの面でも微妙だし中途半端だったかな。作画は良かったけど戦闘時に止まるようなスローモーションが多い演出は気になった。


★お兄ちゃんのことなんか(ry

ストーリー・・・4
キャラクター性・・・4
画・・・3
演出・・・3
音楽・・・4
総合的な評価・・・4

総合点・・・22

ストーリーはギャグ性で評価、常に安定した"酷さ"があったと思う。そして増えるたびに巧く噛み合っていくキャラクター達にもインパクトがあって面白かった。


★STAR DRIVER 輝きのタクト

ストーリー・・・4
キャラクター性・・・4
画・・・5
演出・・・4
音楽・・・4
総合的な評価・・・4

総合点・・・25

勢いと爽やかさに好感が持てる作品だった。終盤は尺が不足気味で足りないと感じる部分もあったけど続きは劇場版ENDにしないでよくまとめてくれた。それをされたら酷い評価だったかもしれないw ミズノ編後の変なコンビで尺を使わなければもっと纏まった気がするが。


★とある魔術の禁書目録II

ストーリー・・・3
キャラクター性・・・5
画・・・4
演出・・・2
音楽・・・4
総合的な評価・・・4

総合点・・・22

嵐のように間髪入れずに新編と新設定や新専門用語が出てくる魔術サイドの連続ストーリーにはちょっとうんざりもした。それから少し一パターンすぎる戦闘や時折違和感を覚えるレベルの意味不明な演出などが気になった。そのあたりはもっと工夫して改善してほしい部分だけど上条さんや一方通行さんのカリスマ性溢れる主人公キャラクターを始めサイドにも魅力的なキャラが揃っていたりと作品としての力はやはり感じる。




<ベストキャラクター賞>
★キュゥべえ (魔法少女まどか☆マギカ)
「この宇宙のために死んでくれる気になったらいつでも声をかけて。待ってるからね♪」
まどか☆マギカはかなりエグい作品でもあったけど常に楽しい(?)気持ちも持って見れたのはこのキュゥべえのキャラクターあってこそ。怪しいを通り越してあそこまで露骨にやることで強い関心を惹く、今までにはいそうでいなかった新しいキャラクターなんじゃないかな。


<ベストOP賞>
・『コネクト』 (魔法少女まどか☆マギカ)
裏の主人公ほむらの詞であったというところも面白いし曲調や背景絵も良かった。

<ベストED賞>
・『Cross Over』 (STAR DRIVER 輝きのタクト ED1)
夕方アニメ・青春というフレーズを連想させる曲調や背景絵演出などが良かった。


<ベスト声優賞・男性>
☆子安武人 (レベルE:クラフト)
禁書陣とも迷ったけど今回は子安さんで。

<ベスト声優賞・女性>
★喜多村英梨 (お兄ちゃん:高梨奈緒 まどマギ:さやか)
お兄ちゃんは視聴前は作画的にもとっつきにくく中身もいろいろアレだったけど喜多村さんのコミカルな演技だからこそすぐに馴染めたという印象が大きい。声優個人の力で作品の印象を良い方向に持っていけるというのは凄いこと。(勿論それだけでなく作品のテンポや演出の面白さというのもあったけど)
関連記事
にほんブログ村 アニメブログへ
ブログランキング参加中。押していただけると励みになります。
俺の評価
IS・・・戦闘シーンは迫力あったが、仲間との活躍シーンは少ない。それに反して、5人のギャルをpickUPは良くも悪くも各個性の引き立ては上手かった。(お色気に関しては)
特にシャルルはもう絶品。箒は日笠キャラの特徴がよく出ていた。男勝りな所と○っぱいなどのお色気のギャップがいい。
この作品で各キャラの嫁選定の現象が起きた。
ていうかそれに関してだけは取り柄なアニメかも知れない。
BDの売り上げはまどマギとの格差は否めないが2位である。
夢喰いメリー・・・正直何か期待外れなアニメ。キャラにしてもストーリーにしてもインパクトがない。
但し、いさなちゃんは個性が出ていて嫁ノミネートにしたい程であった。彼女絡みがなければ切っていた所。

これはゾンビですか?

ギャグ展開やお色気は満点な作品。セラの捥ぎ立てなお色気衣装は堪らない。
あと顔芸少女はインパクトあったな。(笑)

お兄ちゃんのことなんか~からね!!

一見恥づいタイトルだが、マニアックどころか「そこまでやるんかい!!?」の突っ込みがやたら際立ったアニメ。
変態マニアックなアニメだが、その馬鹿馬鹿しさが面白さを引き立てていると思う。

ヨスガだったら露骨過ぎなエロは何か気が牽けた部分があったからね。


スタードライバー

各キャラのお色気シーンは夕方でありながらするシーンや美男子の宝塚的な演出はいい意味で馬鹿馬鹿しい作品であった。

「綺羅星!!」や「アプリボウゼ」は名(迷?)台詞だった。


[ 2011/06/05 10:08 ] [ 編集 ]
ガブリエルさん
>この作品で各キャラの嫁選定の現象が起きた。
ていうかそれに関してだけは取り柄なアニメかも知れない。

ここが一番ポイントを抑えている気がしますね。それがあるアニメは強い。

>但し、いさなちゃんは個性が出ていて嫁ノミネートにしたい程であった。彼女絡みがなければ切っていた所。

これは同感かも(笑)

>ギャグ展開やお色気は満点な作品。セラの捥ぎ立てなお色気衣装は堪らない

ストーリーは目立たないけどここは良かったですよね。

>変態マニアックなアニメだが、その馬鹿馬鹿しさが面白さを引き立てている

そう感じさせるようなテンポや演出もよかったと思います

>各キャラのお色気シーンは夕方でありながらするシーンや美男子の宝塚的な演出はいい意味で馬鹿馬鹿しい作品であった。

いい意味でと思わせてくれる作品はどんな飛び抜け方であれ名作たりえますな。
[ 2011/06/05 20:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
今期終了アニメ(3月終了作品)を評価してみないかい?12(1/2)
今期終了アニメ(3月終了作品)を評価 してみないかい?12(1/2) &nbsp; &nbsp; &nbsp; この記事は 【ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人】 の ピッコロ様の 「今期終了アニメ(3月終了作品)の評価してみないかい?12」 の イ
『今期終了アニメ(3月終了作品)の評価をしてみないかい?12』
ゼェハァ、ゼェハァ……や、やっと書けた! いつもTB等でお世話になっている、ピッコロさんの企画に参加させていただきました。僭越ながら、3月終了作品に点数をつけさせてもらいます。あくまでも個人的な意見なので、そこら辺はご容赦を…。
[2011/06/03 21:26] 冴えないティータイム
「今期終了アニメ(3月終了作品)の評価をしてみないかい?12」に参加させていただきます
「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」のピッコロさんから有難くもお誘いを受けましたので、今回も参加させていただきました。 しとらすの場合はどのシーズンもそれほど数を見る方ではないのですが、今期はいつも以上に少なめだったような気がします。そして途中で
プロフィール

Author:ムメイサ
カテゴリー
アーカイブ

2017年 07月 【7件】
2017年 06月 【8件】
2017年 05月 【16件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【38件】
2017年 02月 【13件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【15件】
2016年 11月 【7件】
2016年 10月 【13件】
2016年 09月 【14件】
2016年 08月 【14件】
2016年 07月 【12件】
2016年 06月 【14件】
2016年 05月 【9件】
2016年 04月 【13件】
2016年 03月 【15件】
2016年 02月 【10件】
2016年 01月 【7件】
2015年 12月 【27件】
2015年 11月 【16件】
2015年 10月 【26件】
2015年 09月 【34件】
2015年 08月 【17件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【32件】
2015年 05月 【26件】
2015年 04月 【27件】
2015年 03月 【20件】
2015年 02月 【18件】
2015年 01月 【33件】
2014年 12月 【35件】
2014年 11月 【38件】
2014年 10月 【26件】
2014年 09月 【26件】
2014年 08月 【14件】
2014年 07月 【22件】
2014年 06月 【20件】
2014年 05月 【17件】
2014年 04月 【14件】
2014年 03月 【37件】
2014年 02月 【32件】
2014年 01月 【34件】
2013年 12月 【26件】
2013年 11月 【29件】
2013年 10月 【29件】
2013年 09月 【23件】
2013年 08月 【17件】
2013年 07月 【27件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【25件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【27件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【37件】
2012年 12月 【26件】
2012年 11月 【27件】
2012年 10月 【34件】
2012年 09月 【28件】
2012年 08月 【26件】
2012年 07月 【39件】
2012年 06月 【35件】
2012年 05月 【30件】
2012年 04月 【43件】
2012年 03月 【36件】
2012年 02月 【36件】
2012年 01月 【20件】
2011年 12月 【34件】
2011年 11月 【25件】
2011年 10月 【72件】
2011年 09月 【42件】
2011年 08月 【52件】
2011年 07月 【53件】
2011年 06月 【45件】
2011年 05月 【49件】
2011年 04月 【59件】
2011年 03月 【36件】
2011年 02月 【47件】
2011年 01月 【49件】
2010年 12月 【43件】
2010年 11月 【43件】
2010年 10月 【43件】
2010年 09月 【42件】
2010年 08月 【41件】
2010年 07月 【40件】
2010年 06月 【41件】
2010年 05月 【38件】
2010年 04月 【41件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【45件】
2010年 01月 【49件】
2009年 12月 【42件】
2009年 11月 【36件】
2009年 10月 【35件】
2009年 09月 【57件】
2009年 08月 【47件】
2009年 07月 【46件】
2009年 06月 【58件】
2009年 05月 【63件】
2009年 04月 【52件】
2009年 03月 【52件】
2009年 02月 【39件】
2009年 01月 【51件】
2008年 12月 【61件】
2008年 11月 【61件】
2008年 10月 【68件】
2008年 09月 【69件】
2008年 08月 【59件】
2008年 07月 【63件】
2008年 06月 【50件】
2008年 05月 【49件】
2008年 04月 【47件】
2008年 03月 【59件】
2008年 02月 【68件】
2008年 01月 【64件】
2007年 12月 【62件】
2007年 11月 【70件】
2007年 10月 【63件】
2007年 09月 【59件】
2007年 08月 【52件】
2007年 07月 【51件】
2007年 06月 【31件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【21件】

アクセスランキング
検索BOX・タグ一覧
カウンター