RSS

企画

ごちうさ

PCゲーム

ゆずソフト

花咲くいろは 第11話 「夜に吼える」

いろは11-1
打ちのめされる緒花の心
今回に関してはだいぶ否定的な意見なのでそういうのを読みたくない方はご遠慮を。


いろは11-2
今回の話は正直つまらなかった。こういう回にそういう感想を持つことが多いしそんなこと書くと「ちょっとでも不穏な雰囲気漂うキャラに厳しい回があったら全部否定するんだろ?」と思われそうだけどキャラに厳しい展開が悪いというよりは今回は展開にもどのキャラの言動にも共感できなくてしらけて見ていたという感じがする。緒花と考の互いの恋愛心情も脚本家の好みかもしれないけど自分にとってあまり好感の持てるものではなかった。

クレーマー緒花。気持ちは分かるしマス○ミの陰湿な仕事っぷりも露呈されたけど雑誌記事の評価に反感を持ってクレームをつけにいくなんて展開には正直うーんと。これは凛としながらも内心傷ついている御婆さんのためにはなるかもしれないし緒花の猪突猛進なキャラもよく表わされてはいるのだけど、雑誌の評価程度でそんな事する必要ないだろとか前の雑誌ではいい記事書かれてたんじゃないの?とか視聴者として持つ見解や情報が引っ掛かりとなって展開にのめりこめない。ちなみにあのヤラセ雑誌は新ホテルからの金の匂いがする。

汚い仕事で稼ぐ金も─母親の言う事は正論だし分かる。でもあのクズ男との適当な別れ話を先に聞かされては・・・まあこの人は緒花及び視聴者に最低なところを見せて反感を持たせつつも割と筋が通った行動を取って反面教師になるようなキャラなのだろうけど。

デモ緒花。これは痛い(ノ∀`) それに『目覚めよ』ってなんかの宗教みたいだぞw

考ちゃんのバイト先の女・・・何露骨に嫌そうな顔して服の袖掴んでんのあいつ?考が知り合いの女に話しかけるだけで不審な顔をしながら背中に隠れて袖を掴むとかこれは仮に彼氏彼女の関係だったとしても異常だしうざいことこの上ない。ましてや付き合ってもいないで。

告白されたけど返事を保留しておいてなんとなくそのまま。正直考ちゃんも酷いと思った。職場での様子を見ると言い寄られることにも周囲から弄られることにも嫌な気はしていないようだし、緒花が駄目だったらそのままキープしておいたあの人と・・・という無自覚レベルかもしれないけど心の奥底の邪さを感じてしまう。

まぁそれも緒花が返事を保留したまま(それも一度も明確な異性としての好意を示してもいない)遠距離に旅立ってしまったということが原因なので考のことばかりを悪くは言えないのだけど。しかし考はそれでも緒花が好きならあの女性にはきっぱりと断るべきだろう。以前もあそこまで来ておいて会わずに引き返したしこの人はどこまで緒花が好きなのかよく分からない。内心はもう諦めかけているんじゃないか?

考の前から逃げ出す緒花。自身の罪悪感があって相手を見ていられなくなったという気持ちは分かる。だけどあんな行動を取りつつも最後に考ちゃーーーーん!と叫ぶくらいなら考に素直に思いの丈を打ち明ければいい。緒花はあれでまだ自身の気持ちに気付いていないのだろうし今回はいろいろあって気持ちが混乱の極みだったのだろうけど。

すれ違いは恋愛ものでは絶対的なものだしこういう展開になるのもなんとなく予想はしていたけど考にしても緒花にしてもなんか納得できる描き方じゃないんだよな個人的に。

ということでそんな個人的な趣向や雑誌記事への抗議展開と相まって今回は好きじゃない回だった。普通に喜翆荘での仕事や友情の物語を見たいので考ちゃんとの恋愛は早く決着ついてくれないかな。ところで民子と徹さんはなんで二人で東京にきてるんだ、普通に考えて緒花を連れ戻しにきたのか?それとも仕入れ?

いろは11-3
Nako「ど、ドキドキするねぇ・・・」
ドキドキするセーラー三つ編み菜子さん!
今週も天使!もうこれだけが癒しだ・・・あ、唯名姫と御婆さんのシーンも良かったけど。
関連記事

コメント

どうも


>クレーマー緒花。
>デモ緒花。

緒花のあの性格を考えてもギリギリアウトだと思います;

>汚い仕事で稼ぐ金も─母親の言う事は正論だし分かる。

性格とかはアレですが言ってることは正しいですね。
そのあたりは少しばかり御婆さんに似ているなぁと思ったり。
あそこまで喜翆荘に行きたくないのは何かあるんでしょうね。

>考ちゃんのバイト先の女

あれは嫌ですね;
なんかもう苦手というか嫌いなタイプです。

>緒花が駄目だったらそのままキープしておいたあの人と・・・

これは確実に選択肢としてとってありますね。
というかもうメガネさんでもいいような気も;
「去るものは日々に疎し」ということわざが似合いますね。


個人的には正直悪くない展開なんですが、如何せん描き方がまずかったかなと;
緒花の行動も若干やりすぎな気もしますし、急に孝ちゃんを異性として見始めて妬いていたのは違和感バリバリでした。
共感できるようこれまでの間に描かれていれば素直に楽しめたんですけど・・・


それでは、また

名無しさん

>緒花のあの性格を考えてもギリギリアウトだと思います;

ドラマチックな展開はいいのですが以前に覆面記者の話があって評価は自然についてくるから心をこめた接客をしようという話があったのでそれとどうも合わないなと感じました。

>あそこまで喜翆荘に行きたくないのは何かあるんでしょうね。

それも今後の展開に絡んでくるのでしょうかね

>なんかもう苦手というか嫌いなタイプです。

悪い人ではないのですけどね。どちらにしてもあの嫌なものをみつめる表情で袖を掴む行為は嫌な気分がしました。ふられたのに私の考さんが取られてしまうみたいなオーラを発していて厚かましいというか^^;

>というかもうメガネさんでもいいような気も;

自分も考ちゃんはメガネさんとでいいかと

>個人的には正直悪くない展開なんですが、如何せん描き方がまずかったかなと;
緒花の行動も若干やりすぎな気もしますし、急に孝ちゃんを異性として見始めて妬いていたのは違和感バリバリでした。

同感です。アニメの内容が良い悪いではなく視聴者として”納得”できるかどうかなのですよね。個人的には展開と描き方にどうも納得できなかった、そこが今回の問題でした。急激に考ちゃんを異性として意識するのはいいのでは?とも思います、ライバルの存在があったので。今までも自覚は薄けれど意識している節はあったかと思いますよ。

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

『花咲くいろは』 第11話 感想

女将が倒れた回以降、物凄く面白いですよ! 凄い作品だなぁ。

花咲くいろは 第11話 「夜に吼える」

「結名さんがどんな感じでも、私はぼんぼるから!!」 「喜翆荘を守るためにぼんぼるんだ…私が!」 ぼんぼる?ww ちゃんと意味をメモしてるのは、間違いなくみんちの影響ですねw 「結名さん…そんなこ...

花咲くいろは  第11話 夜に吼える

 緒花、ぼんぼる?

花咲くいろは 11話 夜に吼える 感想

こないだの覆面調査の結果ですか?  

花咲くいろは 第11話「夜に吼える」

1クール目も大詰めですが、予想外の展開にちょっとびっくり。 次々に襲ってくる現実におはにゃん振り回され。 まさかママンが絡んでいたとは。 雑誌記事でゆのさぎ地区の旅館は軒並み低評価。 喜翆荘も...

花咲くいろは 11話「二人の岡田磨里さん~緒花と皐月」(感想)

緒花の「仕事」「異性」「母親」という 自分の全てを形作るものと向き合う話でした。 またその中で緒花は「喜翆荘」に 救いを故郷を見出す話でもありました。 岡田磨里さんが脚本。監督の安藤さんが絵コンテを切っている事を考えると とても重要なお話だったので...

花咲くいろは 第11話「夜に吼える」

情報誌の覆面取材の件を放置しないで今回フォロー。そこから緒花の東京編へと転換する「花咲くいろは」の第11話。 母娘の再会は仕事への取り組み方の違いを際立たせると同時に、初回で温泉旅館へやって来ることになってしまった緒花の生い立ちが書ききれていないなと思っ...

花咲くいろは 第11話 『夜に吼える』

殴り込みじゃぁあああ!!10段階評価で5点。雑誌社による喜翆荘への低評価に緒花憤慨。乗り込んで抗議すると息巻いてます。 正直「またか」という感じです。 徹が引き抜かれる→福屋に殴り込み。厨房の人手が足りない→結婚式場に殴り込み。 そして喜翆荘が

[アニメ]花咲くいろは 第11話「夜に吼える」

岡田磨里さんの凝縮されたシナリオの中から意図を探し出すのでも大変なのに、こんな話を用意してあるなんて、ずっとこの作品を愛し続けたいと思ってしまうじゃないか。

花咲くいろは 第11話「夜に吼える」

10点満点中5点/(^0^)\ でも福屋ですら6点というのを考えるとまだマシな評価なんじゃ?という気も。喜翠荘の良さを理解しているからこそこの結果に緒花が不満を持つのも分かるけど、旅館の従業員が出版社に抗議の電話しちゃダメだろう。それこそ旅館の評判を落とすこ

花咲くいろは 第11話

「夜に吼える」 ぼんぼる 喜翠荘守るためにぼんぼるんだ!! ホントに喜翠荘を大事に思ってる緒花ですね!!  街中でこんな事出来るだなんて凄いわ 緒花(`・ω・´)b 温泉雑誌の結果が早速発表され… 案外、よさ気な感じだったのに10点中5点という結

花咲くいろは 11話『夜に吼える』

緒花、菜子ち、民ちの3人は件の旅行情報誌を発見。ドキドキしつつ、その中身を拝見しようとする。 そこに載っていた評価は……

花咲くいろは 11話

ぼんぼってはみたけれど。 というわけで、 「花咲くいろは」11話 ずぶ濡れ少女の巻。 仕事の対価とは賃金であって、評価ではない。 必ずしも、いい仕事がいい評価につながるとは限らない。 そもそ...

花咲くいろは 第11話「夜に吼える」(6月3週 火曜日)

覆面記者騒動の時の温泉雑誌のランキングが発表された。 しかし、湯乃鷺の温泉はどこも低評価。喜翆荘も例外でなく、そのランキングを受けて、ただでさえ少ない予約客がいくつもキャンセルになってしまう。...

ブログ内人気ページ

プロフィール


Author:ムメイサ

カテゴリー

アーカイブ

2019年 09月 【3件】
2019年 08月 【4件】
2019年 07月 【4件】
2019年 06月 【4件】
2019年 05月 【8件】
2019年 04月 【7件】
2019年 03月 【15件】
2019年 02月 【23件】
2019年 01月 【23件】
2018年 12月 【8件】
2018年 11月 【7件】
2018年 10月 【11件】
2018年 09月 【6件】
2018年 05月 【5件】
2018年 04月 【13件】
2018年 03月 【16件】
2018年 02月 【30件】
2018年 01月 【33件】
2017年 12月 【11件】
2017年 11月 【4件】
2017年 10月 【10件】
2017年 09月 【8件】
2017年 08月 【8件】
2017年 07月 【8件】
2017年 06月 【8件】
2017年 05月 【16件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【37件】
2017年 02月 【13件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【15件】
2016年 11月 【7件】
2016年 10月 【13件】
2016年 09月 【14件】
2016年 08月 【14件】
2016年 07月 【12件】
2016年 06月 【14件】
2016年 05月 【9件】
2016年 04月 【13件】
2016年 03月 【15件】
2016年 02月 【10件】
2016年 01月 【7件】
2015年 12月 【27件】
2015年 11月 【16件】
2015年 10月 【26件】
2015年 09月 【34件】
2015年 08月 【17件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【32件】
2015年 05月 【26件】
2015年 04月 【27件】
2015年 03月 【20件】
2015年 02月 【18件】
2015年 01月 【33件】
2014年 12月 【35件】
2014年 11月 【38件】
2014年 10月 【26件】
2014年 09月 【26件】
2014年 08月 【14件】
2014年 07月 【22件】
2014年 06月 【20件】
2014年 05月 【17件】
2014年 04月 【14件】
2014年 03月 【37件】
2014年 02月 【32件】
2014年 01月 【34件】
2013年 12月 【26件】
2013年 11月 【29件】
2013年 10月 【29件】
2013年 09月 【23件】
2013年 08月 【17件】
2013年 07月 【27件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【25件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【27件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【37件】
2012年 12月 【26件】
2012年 11月 【27件】
2012年 10月 【34件】
2012年 09月 【28件】
2012年 08月 【26件】
2012年 07月 【39件】
2012年 06月 【35件】
2012年 05月 【30件】
2012年 04月 【43件】
2012年 03月 【36件】
2012年 02月 【36件】
2012年 01月 【20件】
2011年 12月 【34件】
2011年 11月 【25件】
2011年 10月 【72件】
2011年 09月 【42件】
2011年 08月 【52件】
2011年 07月 【53件】
2011年 06月 【45件】
2011年 05月 【49件】
2011年 04月 【59件】
2011年 03月 【36件】
2011年 02月 【47件】
2011年 01月 【49件】
2010年 12月 【43件】
2010年 11月 【43件】
2010年 10月 【43件】
2010年 09月 【42件】
2010年 08月 【41件】
2010年 07月 【40件】
2010年 06月 【41件】
2010年 05月 【38件】
2010年 04月 【41件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【45件】
2010年 01月 【49件】
2009年 12月 【42件】
2009年 11月 【36件】
2009年 10月 【35件】
2009年 09月 【57件】
2009年 08月 【47件】
2009年 07月 【46件】
2009年 06月 【58件】
2009年 05月 【63件】
2009年 04月 【52件】
2009年 03月 【52件】
2009年 02月 【39件】
2009年 01月 【51件】
2008年 12月 【61件】
2008年 11月 【61件】
2008年 10月 【68件】
2008年 09月 【69件】
2008年 08月 【59件】
2008年 07月 【63件】
2008年 06月 【50件】
2008年 05月 【49件】
2008年 04月 【47件】
2008年 03月 【59件】
2008年 02月 【68件】
2008年 01月 【64件】
2007年 12月 【62件】
2007年 11月 【71件】
2007年 10月 【63件】
2007年 09月 【59件】
2007年 08月 【52件】
2007年 07月 【51件】
2007年 06月 【31件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【21件】

検索BOX・タグ一覧