ムメイサの隠れ家

放送中の深夜アニメの各話毎の感想を中心に更新しています。全話視聴したアニメ作品の総評なども。

Aチャンネル 第12話 「宇宙人 Anytime」 (最終回)

Aチャン12-1
「あ、ありがとう…」
いつも同級生組の中ではクールなキャラとして通ってるけどそれが目の前でるんちゃんにいつものようにあやされてしまい決りが悪そうに恥かしがるトオルが可愛かった(*´д`*)
これにはトオル愛好家のユタカとミポリンもきゅるるるりんときたようでw
Aチャン12-2
男子と話すルンを見てここにトオルが来たらと危惧するユー子の表情(笑)
もう今更だしそんな目つきになるほど懸念しなくてもいいと思うんだけどな(ノ∀`)

恐るべき威力のユー子の胸!
トオルがうらやましすぎる可哀想なので是非私目が代わりましょう!(ぉ しかしこれをやられたら大抵の相手はイチコロですな、いろいろな意味でw

クラスでるんちゃんと話してた男もそうだけど校長も小野Dが演じていて本来は佐藤先生役で出ているのに幅が広い。特に校長の方なんて注意してないと分からないw

ユタカ「なぜ分かったですか!?」
と宿題をやってなかったことをなぜ分かった!?と驚くユタカだけどそりゃ分かるだろw
前の文脈的に自分からばらしていたようなものだし。むしろなんで驚くかの方が分からんw

猫といちゃつく"開眼ユタカ"。この構図はなんだか可愛いんだか可愛くないんだかよく分からなかったけどとりあえずいろいろ違和感が凄かったようなw

Aチャン12-3
ユー子「痛ったぁ~~~;ん?」
ゆうううううううこおおおおおおおおお!どこかの澪ちゃん的なハプニングシーンを起こしてしまったユー子w それにしてもあのポーズはエロすぎだろう(;´Д`)
しかし番組を通した扱いを振り返ってもユー子はこんな役ばっかりだったようなw

捨てる前のポイントを貰えばいいとふんす(`ω´)するユー子の空回りな奮闘。さっきの胸締めといいユー子は最終回はサービスだけじゃなくてドジっ子的な扱いも強く出ているなw

眼鏡るんちゃん!これでもあまり頭の良さそうなキャラに見えないのは今までのおこない故だろうかw 何気に折鶴では凄い才能を見せていたけど以前のリスのヌイグルミの件といい器用なのか不器用なのかよく分からないキャラだったなw

ナギのるんの物真似が予想以上に巧いw ここはナギというキャラを誉めるべきか声優さんを誉めるべきか迷うけどとりあえず想像以上の変わりようだった。

るん「私実は宇宙人なんだ~♪」
な、なんだってー!?最終回で明かされた衝撃の事実!るんちゃんは宇宙人だった!?
なんて夢オチというのがあまりにも分かり易かったので驚きはなかったけど(笑)

Aチャン12-4
「るんちゃんは・・・変らないね」
                   「うんっ♪」


ゆっめと はっるかっぜの かがく~♪
クライマックスで一話の挿入歌キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!!

まだ一年あるとは言っても確実に近づく別れに恐れを抱くようになったトオル。一緒にいる楽しい時間でさえ心のどこかでその終わりを感じてしまう・・・だけどいつまでも変らず自分の側で天真爛漫な笑顔を見せてくれるるんを見て、それはいつまでもどんなことがあっても変ることはないだろうし自分はそんなるんといつまでも一緒に居るんだと葛藤を乗り越えた。

これでトオルはこれからもるん達と一緒に楽しい高校生活を送れることだろう。そしてそこには卒業の時を迎えて道をたがえても永遠に変ることがない絆があると・・・


Aチャン12-5

良い最終回だった!
ここにくるまで何回か似たようなことを書いたけど今度こそ本当の良い最終回w
トオル達の楽しい日常の日々はまだまだ続く!ということでAチャンネル完!!


<総評>
緩い雰囲気に可愛いキャラ。自分の性に合った好みの作風で見ていてすぐに馴染んだ。おまけに製作はあのストライクウィッチーズなどを手がけた会社で、緩く可愛い中でもちょっとした(?)サービスがあるAチャンネルの作風もその製作陣に良い意味で馴染んでいて製作と原作のマッチングも良かったなと感じる。

主人公的なポジションのトオルは癖の強いキャラで最初にそれが馴染むかどうかが鍵となる作品だったと思うけど、トオルは普段はよくできた子だけど溺愛する誰かのことになるとちょっとした弱みを見せてしまう、そんな自分の一番好きな属性の『溺愛キャラ』だったので個人的にはそこは余裕でクリアだったw 憂ちゃん、玉青ちゃん、バルクホルン大尉、etc、そういうキャラは見ていて微笑ましい。ヤンデレまでいくとまた別だけどw

るんちゃんも時々(というかかなりw)発想がファンタスティックすぎてついていけなくなることもあったけどトオルと同じであの天真爛漫な可愛さが好きだったし、ややものぐさ気味で厄介ごとを避けているけどけっこうオチに使われてしまっていたナギのキャラも良かった。

それからなんと言ってもユー子。弄られキャラとしての可愛さ主力サービス要員としての大活躍(笑)やナギとの買い物やハロウィン回で見せたような包容力ある優しさなど魅力的なキャラだったし、後述するけど何気ない関西弁キャラがアニメとしてCVがつくことで予想以上の破壊力を生んでいたところもありいろいろとお気に入りのキャラクターだった!

毎回入る挿入歌演出については販促的な意味合いが強いのだろうけどこのアニメは部活なども一切ないので他の緩いタイプの作品と比べても特別なテーマは薄かったと思うし、そういう中で作品の色を出すという意味ではわりと有効な手段だったとも感じる。

あれがあったからこそ何気ない日常の中にある輝きというようなものを感じてそれが作品のテーマの一つにもなったと思う。なので個人的には挿入歌演出もプラスでどこをとってもとことんポジティブに見れる作品で最後まで非常に楽しめた。

Aチャンネル 1 【通常版】 [DVD]
OP「Morning Arch」 ED「ハミングガール」

フワ・フワ・フユウして~♪
OPは曲調と歌声の爽やかさもあるけど映像に凄くセンスを感じて敢えて止め絵の切り貼りのような形にしていたけど派手に動く映像よりもむしろ流動感があってその演出に惹かれた。

ふりむ~きながら~ ばいばいっ♪
EDは最初こそは劇中歌と被ることで印象が薄かったけど、過ぎ去っていく日常の名残を惜しみつつ明日も楽しい一日になればいいなとこの作品の雰囲気にピッタリの明るく優しい曲で気に入った。サビの「じゃあね明日ね~」のフレーズの後に同じリズムのバックサウンドの追走が入るけどああいう曲演出も好み。それから過ぎ去っていく季節も感じさせて最後の季節である冬を表現したルルルン♪からの映像や雰囲気など最後の部分が凄く好きだった。


<主な出演声優>
トオル:悠木碧 るん:福原香織 ユー子:寿美菜子 ナギ:内山夕実
鬼頭先生:茅原実里 鎌手先生:沢城みゆき 佐藤先生:小野大輔
ユタカ:又吉愛 ミホ:斎藤桃子 炭酸:田村睦心 ヒラちゃん:MAKO


るんちゃん役はらき☆すたのつかさでもお馴染みの福原さんだったけどこの人のこういうキャラでのフィット感は相変らず凄いな~と再認識した。福原さんの演技で個人的に特に印象に残ったのは9話のハロウィン回の風呂シーンで「いいな~♪ユー子ちゃんスタイル良くって♪」という台詞で、あのイントネーションは自然でもなくかつ演じている不自然さもなく、なんといえばいいのか自然体も演技も超えた天然さのようなものを感じた。

何を言ってるのか分からねーと思うが(ryとポルナレフ状態な感想だけど福原さんにはそんなこういうキャラを演じる際には演技以上の天性のひきだしがあると感じる。


ユー子役の美菜ちゃんの関西弁の破壊力がやばかったw
この人は以前にうみものがたりで沖縄弁(?)キャラもやっていたけどそれも良かったしけいおん!のムギちゃんでも言えるけど癖のある喋り方のキャラをやらせるとよく嵌ると感じる。

中でもこのユー子のキャラと関西弁は雰囲気が特にお気に入りで、最初はなんとなく澪っぽいから日笠さんの声を連想したのでギャップを感じたけど聞いてるうちに凄く癖になってしまったw 是非またこういう演技がみたい^^


ナギ役の内山さんは最終回で見せたるんちゃんの物真似が抜群の印象、声優さんはやっぱりいろいろな演技ができるのだなと。 ミポリンの斉藤桃子さんは相変らず可愛い声だった。


個人的なこのアニメの評価 

特別凄みがある作品ということはなかっただろうけどキャラと雰囲気が相当性に合っていたようで通常の何倍にも楽しめた気がする。Studio五組の作品はそういう風にフィーリングが合うのが多いし今後も期待したい。
関連記事
にほんブログ村 アニメブログへ
ブログランキング参加中。押していただけると励みになります。
Aチャンネル!
どうも


>どこかの澪ちゃん的なハプニングシーンを起こしてしまったユー子w

あれは澪ちゃんを思い出しますよねw

>ナギのるんの物真似が予想以上に巧いw

巧かったですよねw驚きましたw

>まだ一年あるとは言っても確実に近づく別れに恐れを抱くようになったトオル。

るんたちが三年生になるというのが大きいですよね。
受験やら何やらで忙しくなり今までのような時間が取れなくなるので。
残り一年はありますがそれ以上に短く感じるでしょうね(泣

>良い最終回だった!
ここにくるまで何回か似たようなことを書いたけど今度こそ本当の良い最終回w

序盤はほぼ毎回見た気がしますww
でもいざ最終回となると感慨深いものが・・・

>溺愛する誰かのことになるとちょっとした弱みを見せてしまう

いいですよねぇ~♪
特にトゥルーデさんなんかは初登場のシーンでまだどんなキャラかもわからないのにグッときてしまいましたw
もしかして大尉はすでにオーラを発していたのかも・・・
おねぇちゃあああああああああん!!!
すいません話題が逸れました。

>何気ない日常の中にある輝き

これですよね。
けいおん!もそうですがこの類(ひとまとめにするのもなんですが)の作品は何気ない日常の大切さを再確認させてくれます。

>映像に凄くセンスを感じて

OP映像は今までに見たことがないような作りだったので驚きました(数を見てないだけかもしれません;
個人的に近頃の作品では一番の出来だと感じました。

>AチャンネルだからAでいいや

これはいただけないwww


この作品でよかったと感じる部分は大きく分けてふたつありました。
ひとつは原作とは違い時間の流れを取り入れたことですね。
これにより四季の変化が生まれ、それぞれの時期のイベントを見ることができ、なおかつ別れの暗示まですることができました。
この季節感が作品を引き立たせていると思います。
もうひとつはそれぞれのキャラの絡み方ですね。
いつもの4人、下級生、教師のそれぞれがほとんど干渉することなく(トオルは除く)そのグループだけでひとつの時空を形成していました。
最終回のハンバーガー屋でもなんだかんだで4人だけの空間が保たれてました。
このそれぞれのグループがそれぞれの時間を過ごしているという感じが個人的にはGOODでした。

当初は視聴を迷っていましたが、きっかけとなったのはこのブログです。
今では見てよかった!と思えるので感謝しています(普段してないわけじゃないですよ;
何より、ムメイサさんが本当に楽しんで書いているんだなぁと思わせるような記事が印象的でした^^
更新お疲れ様でした!
ばいばいっ♪


それでは、また
[ 2011/06/28 08:58 ] [ 編集 ]
 試写会に行ったので最初から応援していました。原作も売れていなくて部活などの個性も無かったのでアニメの企画を通すのは大変だったでしょうけど頑張ったと思います。最初の方はテンポがユルユル過ぎという意見が多かったように思いますけど5話あたりから面白いと言われるようになったと思います。二期が出来てひだまりスケッチのようにもっと人気になったら嬉しいなと思います。ひだまりは二期の方がDVDが売れましたし日常物はスロースタータ0な気がしますしね。小野監督と浦畑さんは「境界線のホライゾン」を頑張ってほしいです。
[ 2011/06/28 21:41 ] [ 編集 ]
MEETπさん
>残り一年はありますがそれ以上に短く感じるでしょうね(泣

でも仮に通う場所は変っても、何年経っても、るんちゃんはるんちゃんと最後にそういう安心感を見せてくれてそのあたりが良かったですね。

>でもいざ最終回となると感慨深いものが・・・

最初の方は茶化し半分でしたけどね(笑)

>特にトゥルーデさんなんかは初登場のシーンでまだどんなキャラかもわからないのにグッときてしまいましたw

初登場でそれとは。自分は初登場の時はどうだっただろう、あまり覚えていないかも。4話くらいから急激に印象が強くなった覚えがあるので。

>これにより四季の変化が生まれ、それぞれの時期のイベントを見ることができ、なおかつ別れの暗示まですることができました。

時間の流れがないところが4コマ漫画的なよさでもありますが、良い意味で原作を改変してくれましたよね。それにはあの挿入歌もわりと大きかったと思います。

>それぞれのグループがそれぞれの時間を過ごしているという感じが個人的にはGOODでした。

何気ないですが先生組の描写は大人になっても変ることのない縁を示していたと思います。トオルたちが大人になってもああやっていつまでも仲が良いということを暗示していたのかと。

>当初は視聴を迷っていましたが、きっかけとなったのはこのブログです。
今では見てよかった!と思えるので感謝しています

それは良かった。こんなブログでも価値があったというものです。
ついでに世界一初恋もいかがです!?(ガタッ!

ちなみに個人的にこの作品の事前期待値はやや良いくらいだったので見るには一番いい具合だったかもしれません。期待しすぎでもなくしなさすぎでもなく、緩い雰囲気にそんな視聴意欲も合ったのでしょうね。
[ 2011/06/29 21:15 ] [ 編集 ]
はるおんさん
>原作も売れていなくて部活などの個性も無かったのでアニメの企画を通すのは大変だったでしょうけど頑張ったと思います。

たしかに個性は挿入歌などがなければ極めて薄いと言えそうですよね。それこそが緩く楽しめた要因の一つだとも思いますが。企画は難しかったでしょうね。

>最初の方はテンポがユルユル過ぎという意見が多かったように思いますけど5話あたりから面白いと言われるようになったと思います。

個人的にはむしろ序盤の話の方が好きだったかもしれません(笑)
バランス的に見れば後半の方がコメディーはいいかな。

>二期が出来てひだまりスケッチのようにもっと人気になったら嬉しいなと思います。

そうですね。二期の可能性はありそうですしこれからの様々な展開でも人気を増して人気シリーズになって欲しいところですね!
[ 2011/06/29 21:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Aチャンネル 第12話「宇宙人」(最終回)
かわいくらぶりいに最終話です。 るんちゃんべったりは相変わらずですが、高校生活最初の1年でトオルたんの世界はずいぶん広がりましたね。 3年生になった時に、ユタカとミホがきっとトオルたんを支えてくれ...
[2011/06/25 08:47] のらりんすけっち
Aチャンネル 12話(最終回) 宇宙人 Anytime 感想
るんちゃんの事をいつも、年齢的にも一歩後ろをいつもついてきていたトオル。 トオルが2年生になれば、るんちゃんは3年生になる。 そんなことはもちろんわかっているけど、寂しい。 Aチャンネル 最終回の感想です。...
[2011/06/25 08:47] KAZUの暮らし
『Aチャンネル』 第12話 感想
うわぁ。終わってしまった…。 楽しかったけれど、まさにトオルと同じような心境でしたね。
[2011/06/25 08:50] シュミとニチジョウ
Aチャンネル12話「Anytime 最後までトオルが可愛かった」(感想)
二人(四人)はいつまでも仲良し。 それがAチャンネルです!! トオルの可愛さにやられ続けて3か月。 幸せな時間に包まれながら、作品を楽しむ事ができました。 2期を期待しましょう。 まぁこのス...
[2011/06/25 08:50] 失われた何か
Aチャンネル 第12話「宇宙人 Anytime」(最終回)
最後までいつも通り・・・でも、良い最終回でした
[2011/06/25 08:51] 記憶のかけら*Next
Aチャンネル 第12話(最終回)感想「宇宙...
来年はもう卒業-----------。「じゃぁね」そう言って笑って3人が行ってしまうことを考えたトオル。新学期が始まったけれど・・・トオルはそれを思うと、寂しさを我慢できない。思わず...
Aチャンネル 第12話 「宇宙人 Anytime」 感想 (最終回)
いつまでも変わらないキミだから。 →「Aチャンネル」公式サイト Aチャンネル 第12話(終)感想です。
[2011/06/25 08:54] crystal cage
Aチャンネル Channel 12 宇宙人 Anytime
Aチャンネル 最終話。 三学期スタート、宇宙人の意味は―――。 以下感想
[2011/06/25 08:59] 窓から見える水平線
Aチャンネル 第12話(最終回) 「宇宙人 Anytime」 感想
ほのぼのとしたいい作品でした。 出来れば2期があるといいなぁ。 年も明けた1月。 新学期の始業式の日。 季節の移り変わりに、るんと過ごすことのできる限られた高校生活を 意識してしまうト...
[2011/06/25 09:08] ひえんきゃく
Aチャンネル 第12話 宇宙人
 るんの折り紙が凄いです。
[2011/06/25 09:15] つれづれ
Aチャンネル 第12話(最終回) 感想「宇宙人 Anytime」
Aチャンネルですが、トオルが2年生になると、必然的にるんちゃんたちは3年生になります。ナギは読書で夜更かしですが、ユー子は悪気なく本のネタバレをします。 るんが男子と話しているとユー子がアタフタします。トオルにバレないように、とりあえず抱擁しておきます。
Aチャンネル第12話(最終回)『宇宙人』の感想レビュー
卒業を意識したトオルは涙もろくなっていましたが、4人の友情はこれからも続くんだ!的にいつも通り丸く収まる良い最終回でした。 今までに登場したキャラがほぼオールスターで勢揃いしたのも有終の美を飾るにふさわしかったかと。 とりあえず、俺もユー子にハグされてぇ...
2011年6月第四週のアニメ(Aチャンネル)
・Aチャンネル 第12話「宇宙人 Anytime」 ナギがちょっとした事で自己嫌悪に陥る話など。 原作範囲は単行本2巻の35~40・75~80ページまで。 るんが男子と会話してるのを見させない為に、自分の胸で...
[2011/06/25 13:41] 日記・・・かも
Aチャンネル 第12話「宇宙人」
るんちゃんは、変わらないね――。 3学期もはじまり、トオルはるんとまた離れてしまうこと寂しさを感じる。 と言ってもまだ1年はあるのですけどね(^^;  ▼ Aチャンネル 第12話「宇宙人」  もう3学期なのですが、鎌手先生はナギの名前を忘れたとかw
[2011/06/25 13:50] SERA@らくblog
Aチャンネル 第12話 「宇宙人」 感想
もうすぐ新学期。 ルン達は3年生…そうすれば? ぼっちの話題はどのアニメでもありそうですが、寂しい物ですね。 トオルの母親は先に出掛けたのが気になった。 そういえば何の仕事しているのでしょうかね? そう言った些細な設定って気になりませんか? Aチャンネ
Aチャンネル 第12話「宇宙人」(最終話)
るんたちが2年生の3学期でピリオドを打った「Aチャンネル」の1クール。 シリーズ終盤は3年生に進級したるんを思うと、中学時代の別れを思い出したトオルのセンチメンタルなトーンが強く出ている。もっと軽いかと思ったが、ややシリアスが強い展開。 そのおかげかトオル
Aチャンネル第12話 「宇宙人」
Aチャンネル第12話 「宇宙人」の感想です! みんな大好きだから・・・その気持ちは変わらない
[2011/06/25 16:51] Z-in脳内妄想
Aチャンネル #12 6/25 あらすじと感想 #a_ch
 そして、二人は変わらない。  卒業して去っていくるんちゃんを夢に見て、涙ぐむトオルちゃん。  学校は三学期に入り、何かと忙しい季節。放課後、みほちゃん、ユタカちゃん、トオルちゃんは校庭掃除...
[2011/06/25 16:56] Specium Blog
Aチャンネル 第12話
 楽しかったな。日常系では、トップっていうか、今期、日常系はこれだけだったかなぁ。木曜日にノイタミナとTBSでアニメ枠を重ねないでほしいな。今期は、その上、まりほりも重なってたし、結局、TBSは全く見なかったんだけど。
[2011/06/25 17:24] ブログリブログ
Aチャンネル Channel 12(最終回)「宇宙人 Anytime」
もうじきトオルは2年生、そしてるんたちは3年生。常に一歩取り残されていくトオルは、寂しさを感じる。その思いは一晩寝ても変わらず、目を覚ましたトオルは思わず炭酸を抱きしめる。トオルのママ初登場? 中の人は折笠愛さんだ。そんな訳で最終回という事もあってか、...
Aチャンネル Channel 12 『宇宙人 Anytime』
るんちゃん命のとおるは、新学期が怖い。新学期が始まり、春・夏・秋・冬と季節がうつり、るんちゃん達が卒業する時期が来ることが怖がっていますね。
[2011/06/25 20:28] ゼロから
Aチャンネル 第12話
「宇宙人」 るんちゃん! るんちゃんは… 変わらないね! トオルとるんこのままずっと仲良しでいてほしいです♪ 三年生が卒業してしまうと次の年は、またるんと離れなきゃいけない… そう思ってしまったトオル   あまりの寂しさに夢にまで見てしま
Aチャンネル 第12話(最終話) 「宇宙人 Anytime」 感想
最終話と言って何かあるわけではない、だけどそれがこの作品らしい。 第12話(最終話) 「宇宙人 Anytime」 感想は続きから
[2011/06/25 21:39] あめいろな空模様
Aチャンネル 第12話(最終回) 「宇宙人 Anytime」
全話見た後の総括的な感想というやつ。
[2011/06/26 00:16] ハルソラ ~Spring Sky~
Aチャンネル 第12話 「宇宙人 Anytime」 最終回
関東地区では週の終わりの和みタイム。「Aチャンネル」もついに最終話。 大好きなるんと年齢はひとつ違いだけど、その差が常に別れの時期を作ってしまう。 年を越してしまえばあと一年しか一緒にいられな...
[2011/06/26 04:20] ゆる本 blog
Aチャンネル 第12話 「宇宙人」 感想
変わらないもの―
[2011/06/26 18:43] wendyの旅路
Aチャンネル Channel 12 「宇宙人 Anytime」 感想
もう最終回のラッシュがやってくる季節か・・・。 《送料無料》神前暁(音楽)/Aチャンネル おりじなるさうんどとらっく(CD)価格:3,150円(税込、送料込) 早速感想。 最後までAチャンネルは相変わら...
[2011/06/26 20:17] 物書きチャリダー日記
Aチャンネル 第12話
Aチャンネル 第12話、「宇宙人」。 原作漫画は未読です。 3学期が始まったところですが、今回でとうとう最終回です。
【Aチャンネル 最終話-宇宙人】
二人を夢の中へ連れてっておくれ。 UFO来ないかなぁ。
[2011/06/27 00:02] AQUA COMPANY
Aチャンネル #12 最終回 『宇宙人』 感想
  変わらないことって難しいし、そんな簡単なことじゃないんだけど、 でもきっと彼女たちなら大丈夫だよねとそう思える最終回でした!
[2011/06/27 17:14] 隠れオタん家
『Aチャンネル』 最終回 観ました
さてさて…やはりこのAチャンネルというお話は一貫してとおるちゃんの憂鬱と悪夢がテーマだったようです。 今回も、前回以上にとおるちゃんの悪夢、るんちゃんとの別れが強く描かれていました。その結末は、とりあえずまだそれは一年先の事だからそれまではみんな一緒な
はるかぜの化学
Aチャンネル Channel 12(最終回)「宇宙人 Anytime」 るんちゃんは、変わらないね。年も明けた1月。新学期の始業式の日。 季節の移り変わりに、るんと過ごすことのできる限られた高校生活を意識してしまうトオル。 るんやナギ、ユー子の何気ない会話にも寂しさを...
プロフィール

Author:ムメイサ
カテゴリー
アーカイブ

2017年 10月 【10件】
2017年 09月 【8件】
2017年 08月 【8件】
2017年 07月 【8件】
2017年 06月 【8件】
2017年 05月 【16件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【37件】
2017年 02月 【13件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【15件】
2016年 11月 【7件】
2016年 10月 【13件】
2016年 09月 【14件】
2016年 08月 【14件】
2016年 07月 【12件】
2016年 06月 【14件】
2016年 05月 【9件】
2016年 04月 【13件】
2016年 03月 【15件】
2016年 02月 【10件】
2016年 01月 【7件】
2015年 12月 【27件】
2015年 11月 【16件】
2015年 10月 【26件】
2015年 09月 【34件】
2015年 08月 【17件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【32件】
2015年 05月 【26件】
2015年 04月 【27件】
2015年 03月 【20件】
2015年 02月 【18件】
2015年 01月 【33件】
2014年 12月 【35件】
2014年 11月 【38件】
2014年 10月 【26件】
2014年 09月 【26件】
2014年 08月 【14件】
2014年 07月 【22件】
2014年 06月 【20件】
2014年 05月 【17件】
2014年 04月 【14件】
2014年 03月 【37件】
2014年 02月 【32件】
2014年 01月 【34件】
2013年 12月 【26件】
2013年 11月 【29件】
2013年 10月 【29件】
2013年 09月 【23件】
2013年 08月 【17件】
2013年 07月 【27件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【25件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【27件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【37件】
2012年 12月 【26件】
2012年 11月 【27件】
2012年 10月 【34件】
2012年 09月 【28件】
2012年 08月 【26件】
2012年 07月 【39件】
2012年 06月 【35件】
2012年 05月 【30件】
2012年 04月 【43件】
2012年 03月 【36件】
2012年 02月 【36件】
2012年 01月 【20件】
2011年 12月 【34件】
2011年 11月 【25件】
2011年 10月 【72件】
2011年 09月 【42件】
2011年 08月 【52件】
2011年 07月 【53件】
2011年 06月 【45件】
2011年 05月 【49件】
2011年 04月 【59件】
2011年 03月 【36件】
2011年 02月 【47件】
2011年 01月 【49件】
2010年 12月 【43件】
2010年 11月 【43件】
2010年 10月 【43件】
2010年 09月 【42件】
2010年 08月 【41件】
2010年 07月 【40件】
2010年 06月 【41件】
2010年 05月 【38件】
2010年 04月 【41件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【45件】
2010年 01月 【49件】
2009年 12月 【42件】
2009年 11月 【36件】
2009年 10月 【35件】
2009年 09月 【57件】
2009年 08月 【47件】
2009年 07月 【46件】
2009年 06月 【58件】
2009年 05月 【63件】
2009年 04月 【52件】
2009年 03月 【52件】
2009年 02月 【39件】
2009年 01月 【51件】
2008年 12月 【61件】
2008年 11月 【61件】
2008年 10月 【68件】
2008年 09月 【69件】
2008年 08月 【59件】
2008年 07月 【63件】
2008年 06月 【50件】
2008年 05月 【49件】
2008年 04月 【47件】
2008年 03月 【59件】
2008年 02月 【68件】
2008年 01月 【64件】
2007年 12月 【62件】
2007年 11月 【70件】
2007年 10月 【63件】
2007年 09月 【59件】
2007年 08月 【52件】
2007年 07月 【51件】
2007年 06月 【31件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【21件】

アクセスランキング
検索BOX・タグ一覧
カウンター