RSS

企画

ごちうさ

PCゲーム

ゆずソフト

世界一初恋 第12話 「After a storm comes a calm.」 (最終回)

世界一12-1
「小野寺・・好きだ・・・!」
クライマックスで律の心を揺さぶる高野さんの熱き情熱!
ということでついにこのアニメも最終回。果たして律と高野の初恋の行方は!?


世界一12-2
「嫌だ!いつもいつもぐるぐるしている。高野さんのことで…」

このままでいいのか。律は仕事に対する葛藤もついにピークに。慣れない仕事で四苦八苦していること、四六時中上司に怒られていること、そのあたりはともかく私生活でも横澤さんに目をつけられてしょっちゅう顔を合わせているからそれは確かに疲れるかも^^;

高野「はぁ!?お前感じ悪りぃーなぁ!」
高野さんお馴染みのはぁ!?キターw たしかに律の対応は酷かったけど今までの行動を見るとチェーンをあけてしまったら高野さんは暴走する危険性も大きい御方だからなぁ(笑)

ガシィ!っとドアに腕を伸ばし締めさせない高野さん黄金の右手w
律が逃げようとする時には瞬時に腕を掴むし高野さんのこの俊敏性とパワーは凄いw

世界一12-3
仕事のことで漫画家から感謝されて誉められた律
編集部ですら諦めようとした中最後まで担当作家を見捨てなかったあの話の律の漫画家への対応は物凄く親身なものだったしそれがこういう形で帰ってくるストーリーは心暖まるな。

これだけで今までの苦悩の全てが吹っ飛ぶ。単純なことかもしれないけどこういうものだよな。いろいろな悩みを抱えて移勤まで考えていた律にとってはまさに最高のタイミングの激励となった。そして律の気持ちを入れなおしてくれたことは高野さんにとっても最高のタイミングの助け舟だったと言えるかもw 律よりも律を失う高野さんの方がある意味不安だしw


「それって編集にとって最高の誉め言葉じゃねえの?言っとくが俺はお前が漫画向いてねーとは思ってねーから。本当にできねーと思ったら今までの仕事は回していない。」
高野さんかっけええええええええええええええええええええええええええ!!
ここぞと言う時には最高に格好いい上司になる高野さんが素敵すぎるw

高野「俺んちにあるから来い!」(パシッ!
高野さんお得意の連れ込み展開キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!!
「じゃあな」と今回は素直に引き下がってあれ?と思ったけどまさか前回のあれで足を怪我していてそこからこの後のシーンに繋がるとは・・・おそるべき伏線回収だ!(ぉ

律「鍵・・・閉めないと。そうすればいつもの上司と部下に戻るだけだから・・・」 と悩んだ律だけど次のシーンでは既に高野さんを招き入れて自己嫌悪していてそのシーンの移り方の演出に笑ったw

演出といえばその場面の鍵の映し方とか、この作品は例えば傘など小物を心象表現描写でよく使うけどそのあたりが非常に効果的だなと毎回感じさせられる。

世界一12-4
(すいません。俺は今どうでもいいことを考えています・・・高野さんは横澤さんと付き合っていたんですか?なんで横澤さんが高野さんの家の鍵を持っているんですか?俺のせいで高野さんが傷ついたのは本当ですか?聞きたいことがたくさんありすぎて、)
ここの律の心情描写が良かった。今まではこういう心の中ですらあと一歩素直になりきれて居なかったのだけどここでは高野さんに対する想いの全てが篭っていた気がするし、この気持ちに整理がついた時にはいよいよ気持ちと行動が一致するのかも。

「逃げるな!・・・律!」
ついに律っちゃんを名前で呼んだ高野さん!それだけでなんだかえらく盛り上がる!
ここまで温存しておいてクライマックでこの演出とはなんともにくいですなw

顔を近づけて見つめる攻撃(笑)
高野さんのこの迫り方に笑ったw いつもみたく強引じゃないし考えたのだろうな。

世界一12-5

「小野寺・・・抱くぞ・・・!」

キタアッー!っと思ったら絶妙のタイミングで邪魔が入りズコーw この組はギリギリのところで付き合わないのがテーマみたいなので最後の最後まで寸止めだったな。
最後の迫りは耳元で「好きだ・・・!」と囁くところなど高野さんの情熱が良かったw

無言で頬にキスする高野さん
今までがむしゃらにきただけにこの緩急あるソフトでロマンチックな攻めの威力は凄まじい。それと同時に高校時代の初恋を思い返させる桜吹雪が舞うという演出も良かった!

世界一12-6
「や、やっぱりこの会社必ず辞めてやる!これは恋じゃない、恋じゃない!恋じゃない!!意地でも恋とは、認めなーーーい!!!」

最後はまたもや高野さん達にあしらわれて叫ぶ律っちゃんw 良い纏めの中でもこうやって最後の最後まで笑わせるコメディー性も忘れない。そんなところも面白い作品だった!

律は"認めない"ということは既に恋ということを自覚しているようだけど、果たしてこの気持ちを再び認められる時がくるのだろうか。横澤さんの横槍は続くだろう、高野さんの猛烈なアプローチも続くだろう、そして律の葛藤も。律と高野の初恋の物語はまだまだ続く・・・


<総評>
いやー面白かった!
同原作者の作品は過去に放送された純情ロマンチカで知っていたので期待していたのだけど、その作品と同様に物語の中で揺れる心情描写の面白みに加え間に挟むコメディーにも面白味がありストロングポイントがしっかりと出ていたしこの作品に関しては出版業界の暴露話的な要素から仕事に悩む大人の葛藤という面もあってそこでも大変楽しむことができた。

この作者の作品で良いと思う点はリアリティーとドラマチックのバランスで、普段の心情描写や仕事への葛藤には納得するために必要なリアリティーがある、しかしそこでリアルを追求しすぎないで物語や世界観はファンタジックかつドラマチックに展開する。

例えば律が北海道まで原稿を取りに行った4話などは状況的に考えればまず間に合わないだろうけどそういうところでリアルを追求しすぎて仕事失敗しましたと暗い話になっても仕方なく、そのあたりではドラマチックに解決してくれる。男性好きな男性があれだけ集っていることもそうだけどリアルな心情描写がありながら世界はファンタジーに包まれていて空想世界ならではの面白さというものを強く感じる。

純ロマも含めてそのあたりのバランスが個人的に好きなところでそれ故に楽しみ易い作品なのではないかと。ストーリー中絶対に忘れないギャグもそれを手助けしている。

物語は仕事の展開も含めて律高野編が一番好きだった。編集者としての苦労話や丸川部数会議など仕事面で面白かったし、そしてなにより律高野のキャラが好きだったのでw

特に高野さんのあの自信溢れる性格と律のことになると暴走が止まらなくなる内なる熱さが良かったw 恒例の突然のkissもまさにこの人のためにあるような展開だったしw

吉野編の羽鳥さんの「じゃあ・・・俺をやる」や木佐編の雪名さんの口説き文句も良かったけど一番心に残ったのは「あんたを好きになるはずがない!」と宣言した律に対して「無理だな」の一言で一蹴した高野さん。あそこは名場面だった(ノ∀`)

終盤では高野さんが出てくるだけでキター!と感じたしいいキャラクターだった。そんな高野さんに揺さぶられる律の素直になれないけど明らかに高野さんを意識している内面が分かり易い性格も面白く毎回最後に恋じゃなーい!で終わるところも面白かった。

世界一初恋 特装版 第1巻 [DVD]
OP「世界で一番恋してる」 ED「明日、僕は君に会いに行く。」

叶えたいよ ふたりだけのストーリー
事前から期待していたのでOPは初見から好印象と良い循環。この曲は爽やかな疾走感と
手ーをーのばーせーばーわーかーるー!の部分の力強さが良かった。

君を好きだけじゃ物足りない─
EDは物凄く爽やかな良い曲で視聴後にスッキリと気分良くさせてくれるような雰囲気をもっていて良かった!映像面の儚げな青春のイメージも好き。


<主な出演声優>
小野寺律:近藤隆 高野政宗:小西克幸 横澤隆史:堀内賢雄
吉野千秋:立花慎之介 羽鳥芳雪:中村悠一 柳瀬優:神谷浩史
木佐翔太:岡本信彦 雪名皇:前野智昭 美濃奏:緑川光

律っちゃん役の近藤さんは高野さんに揺さぶられた際のきょどり方など絶妙だったし作者お馴染みのコメディーシャウトシーンでも抜群のキレがあった。それから攻められた時の演技なども純ロマで櫻井さんが見せたような熱演だったし全体を通して良い演技だった!

小西さんの高野さん演技は格好良かった!自信満々なあの雰囲気も良かったし吉野編でちらりと見せた爽やかな好青年風なイメージも良かった。「俺のも触れよ」


個人的なこのアニメの評価 

丁寧なキャラクター描写に笑わせてくれるコメディー、そして高野さんの強烈なキャラを中心に楽しめた!最初から期待できていたこともあるしそのあたりはロマンチカの功績も大きい。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

世界一初恋 12話(最終話) 感想 ネタバレ

↓消されてなければココで見れます!↓  Dailymotion1/2  Dailymotion2/2  Videozer 感想は、右下にある『MORE >>』から読んでください!

世界一初恋 第12話「After a storm comes a calm.」

意地でも恋とは、認めな~~い! 小野寺の編集道と高野さんとの恋は、まだまだこれからだ! これからにも期待してくださいな最終回ですw  ▼ 世界一初恋 第12話「After a storm comes a calm.」   ...

アニメ「世界一初恋」 第12(最終)話 After a storm comes a calm.

TVアニメ 世界一初恋 キャラクターソングVol.1 向上心SPIRAL(2011/06/08)小野寺律(近藤隆)商品詳細を見る 小野寺……好きだ。 「世界一初恋」第12話のあらすじと感想です。 告白。 (あらすじ) 角遼一と...

世界一初恋 第12話(最終回)感想「Afteras...

少女マンガか、文芸か--------------!?あぁぁぁぁ、終わってしまう(><)萌え作品が!!これは内容がちゃんとしてるし、面白い設定と展開で1クール楽しませてもらえましたわ♪テン...

『世界一初恋』#12「After a storm comes a calm.」(最終回)

「やっと俺の顔まともに見たな」 まだまだこれから!というところですが最終回。 ようやく律&高野組でいい感じのニヤニヤが見れた気が☆ 文芸への部署移動を考えていたはずが、 高野がおかしくなったのはお前のせいだといわれ、そっちが気になってしょうがない律...

世界一初恋 【12】

  ___高野さんなんかに・・っ            高野さんだから・・・・  俺は・・・っ!!!                                      ハイィィッ!!( ゚Д゚)ゞ すぐに股開くんですっ!全力でっ!!...

世界一初恋 12話『After a storm comes a calm.』

高野のことをようやく立ち直らせた。 そう考えれば、横澤が律の存在を疎ましく思うのもごもっともだろう。

(アニメ感想) 世界一初恋 第12話 「After a storm comes a calm.」

世界一初恋 特装版 第2巻 [DVD](2011/07/22)近藤隆、小西克幸 他商品詳細を見る 角遼一との再会、長谷川からの助言に惑わされ、丸川書店に転職してきた時の初心を思い出した小野寺律は、このまま漫画編集...

世界一初恋 第12話「After a storm comes a calm.」

このまま俺は・・・飲み込まれてしまう・・・ 小野寺 抱くぞ・・・!くぅ~~~~これで最後か・・・!? 2期ありますよね!!当然 織り込み済みですよね!! 【送料無料】 DVD/TVアニメ/世界一初恋 第2...

世界一初恋第12話(最終話)「Afterastormcomesacalm.」

世界一初恋第12話(最終話)「Afterastormcomesacalm.」「やっぱり俺、文芸が好きなんだよな」文芸か?それともこのまま少女漫画家部門か?---公式HPより角遼一との再会、長谷川からの助...

◆世界一初恋 第12話 感想

いやはや・・・ 完 敗 です(´>ω

世界一初恋 第12話 「After a storm comes a calm.」

世界一初恋 第12話  「After a storm comes a calm.」   『小野寺…抱くぞ』    (*/∇\*)キャ   高野の部屋から出て来た横沢に責められていた律…しかし…キタ━━(゚∀゚)━━ヨ 高野さん♪でも、『失礼します…

世界一初恋 #12[最終話]「After a storm comes a calm.」

「これは恋じゃない×3  意地でも恋とは認めなーい!!!」 律っちゃんのデレ顔&デレ声 is ジャスティス。  ↓  ↓

【世界一初恋】最終話 絶対に2期をやって欲しいな

世界一初恋 #12 After a storm comes a calm. 647 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2011/06/25(土) 01:30:31.75 ID:inbcGNfoO え、これで終わり? 650 名前:風の...

世界一初恋 最終回

角遼一との再会、長谷川からの助言に惑わされ、丸川書店に転職してきた時の 初心を思い出した小野寺律は、このまま漫画編集をやっていくべきか迷い始めて いた。 そんな時、高野から「文芸に行きたいのか?」と聞かれ…? 律と横澤が揉めているところに、高野編集...

世界一初恋 12話「After a storm comes a calm.」

訳:嵐の後には静けさが来る 嵐が激しい時には何もせずに嵐が収まるのを待つのが一番であるという意味。転じて状況が悪いときに敢えて物事を行おうとするのではなく、情況が好転するのを待つべきだとい...

ブログ内人気ページ

プロフィール


Author:ムメイサ

カテゴリー

アーカイブ

2019年 07月 【4件】
2019年 06月 【4件】
2019年 05月 【8件】
2019年 04月 【7件】
2019年 03月 【15件】
2019年 02月 【23件】
2019年 01月 【23件】
2018年 12月 【8件】
2018年 11月 【7件】
2018年 10月 【11件】
2018年 09月 【6件】
2018年 05月 【5件】
2018年 04月 【13件】
2018年 03月 【16件】
2018年 02月 【30件】
2018年 01月 【33件】
2017年 12月 【11件】
2017年 11月 【4件】
2017年 10月 【10件】
2017年 09月 【8件】
2017年 08月 【8件】
2017年 07月 【8件】
2017年 06月 【8件】
2017年 05月 【16件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【37件】
2017年 02月 【13件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【15件】
2016年 11月 【7件】
2016年 10月 【13件】
2016年 09月 【14件】
2016年 08月 【14件】
2016年 07月 【12件】
2016年 06月 【14件】
2016年 05月 【9件】
2016年 04月 【13件】
2016年 03月 【15件】
2016年 02月 【10件】
2016年 01月 【7件】
2015年 12月 【27件】
2015年 11月 【16件】
2015年 10月 【26件】
2015年 09月 【34件】
2015年 08月 【17件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【32件】
2015年 05月 【26件】
2015年 04月 【27件】
2015年 03月 【20件】
2015年 02月 【18件】
2015年 01月 【33件】
2014年 12月 【35件】
2014年 11月 【38件】
2014年 10月 【26件】
2014年 09月 【26件】
2014年 08月 【14件】
2014年 07月 【22件】
2014年 06月 【20件】
2014年 05月 【17件】
2014年 04月 【14件】
2014年 03月 【37件】
2014年 02月 【32件】
2014年 01月 【34件】
2013年 12月 【26件】
2013年 11月 【29件】
2013年 10月 【29件】
2013年 09月 【23件】
2013年 08月 【17件】
2013年 07月 【27件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【25件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【27件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【37件】
2012年 12月 【26件】
2012年 11月 【27件】
2012年 10月 【34件】
2012年 09月 【28件】
2012年 08月 【26件】
2012年 07月 【39件】
2012年 06月 【35件】
2012年 05月 【30件】
2012年 04月 【43件】
2012年 03月 【36件】
2012年 02月 【36件】
2012年 01月 【20件】
2011年 12月 【34件】
2011年 11月 【25件】
2011年 10月 【72件】
2011年 09月 【42件】
2011年 08月 【52件】
2011年 07月 【53件】
2011年 06月 【45件】
2011年 05月 【49件】
2011年 04月 【59件】
2011年 03月 【36件】
2011年 02月 【47件】
2011年 01月 【49件】
2010年 12月 【43件】
2010年 11月 【43件】
2010年 10月 【43件】
2010年 09月 【42件】
2010年 08月 【41件】
2010年 07月 【40件】
2010年 06月 【41件】
2010年 05月 【38件】
2010年 04月 【41件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【45件】
2010年 01月 【49件】
2009年 12月 【42件】
2009年 11月 【36件】
2009年 10月 【35件】
2009年 09月 【57件】
2009年 08月 【47件】
2009年 07月 【46件】
2009年 06月 【58件】
2009年 05月 【63件】
2009年 04月 【52件】
2009年 03月 【52件】
2009年 02月 【39件】
2009年 01月 【51件】
2008年 12月 【61件】
2008年 11月 【61件】
2008年 10月 【68件】
2008年 09月 【69件】
2008年 08月 【59件】
2008年 07月 【63件】
2008年 06月 【50件】
2008年 05月 【49件】
2008年 04月 【47件】
2008年 03月 【59件】
2008年 02月 【68件】
2008年 01月 【64件】
2007年 12月 【62件】
2007年 11月 【71件】
2007年 10月 【63件】
2007年 09月 【59件】
2007年 08月 【52件】
2007年 07月 【51件】
2007年 06月 【31件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【21件】

検索BOX・タグ一覧