RSS

企画

ごちうさ

PCゲーム

ゆずソフト

いぬかみっ!

いぬかみっ! VOL.1っ!! 特別装丁版 [DVD]
アニメ『いぬかみっ!』の感想。ブログの方向性が定まらないような頃に今よりもさらに大雑把な形で感想を書いて以来で久々に見たので新しく書き直すことに。


インパクト抜群な凄まじい変態作品!
深夜アニメではこの変態!と思うようなキャラや作品などもけっこうあるものだけど、一番変態アニメというのがしっくりくるのがこのアニメな気がするw

でもそんな変態さもドン引きさせるのではなくキャラクターや世界観とマッチさせることで笑いとして巧く演出できていたところがこの作品の一番のポイントで、笑いながら酷い変態作品だと言えるような好印象な作品だった。

とにかくキャラクターのノリや展開で全裸になる展開がやたら多く(そのほとんどが男w)
一話から主人公が全裸で留置所にぶち込まれたり変態達から同士と崇められていたりと、ここまで主人公が変態扱いで徹底された作品は他にあったろうか(笑)

一話から変態な邪霊が街で全裸で暴れまわったりマッチョがぺろぺろだったりランジェリーアーティストという名の下着ドロが存在したり下半身丸出しの魔道師が世界征服をしようとしたらそれを倒したのは変態達の団結だったりでとにかく至る所が変態だらけな作品w

ともはねが居なくなった啓太を探す話では「きゃー変態ー!」という女性の悲鳴を聞いて「もしかして!?」と駆け出すのだけどその言葉で連想される主人公ってw しかも駆けつけた先に居たのは別の露出魔で裸コート一丁でおまわりさん俺何もしてねーよと弁明しているものだからこの世界観は酷すぎるw

変態話では河原崎先輩の話でスク水にされて街中を走る啓太が警官に「男がスク水着ちゃいけないんですか!?」と開き直るところや、温泉話で全裸で壁を登っていくところや、白布返しの話で下着ドロの師匠の杉田さんが大活躍するところなどが好きだったw


そんな変態パワーと勢いが一番の見所でもあったけど、それだけではなく物語の面白さもあり真面目にやる時は内容としても純粋に面白いのがこの作品の凄いところ。啓太とようこの出会いの話や、宗家様とはけの過去話や、死神の話や、ごきょうやの話などは良い話で印象的だった。(ごきょうや話はサイドストーリーは下着ドロで酷かったけどw)

原作者の有沢まみず氏の作品は切ない内容のもの(銀色ふわり)も読んだことがあるけどそれも面白く、作者はいろいろなタイプの作品が書ける人で、いぬかみはギャグ面とそんなシナリオ面の巧さという良さが同居した作品だったと思う。


そんな感じで演出と物語双方で楽しませてくれたけど作品一番の鍵はやはり魅力的なキャラクターで個性溢れる変態達や真面目不幸な仮名さんのキャラは実に面白かったし、そしてその中でもやはり主人公の啓太が良かった。

啓太はスケベで変態だけど自分を傷つけてでも他人を守っていくような優しさ溢れるキャラで随所に格好いいところが見える見ていて気持ちのいいキャラだった。シティーハンターのリョウさんや封神演義の太公望なんかがイメージとしては近いところがあるかもしれない。

それから目立ったのは男の変態キャラ達が中心であり最終話予告でも仮名さんがそんな作品性を指摘していたけど、なんだかんだで女の子キャラクターが可愛く、メインヒロインのようこや薫のいぬかみ達の存在でそちらの面でも十分に楽しむことができた。

薫軍団のいぬかみの中では特にたゆねとともはねが好きだった。たゆねのツンデレわーん><キャラは可愛かったし啓太からセクハラを受ける率も圧倒的に高かった気がするw ともはねは見ているうちに夢中に・・はっ!ちがう、違うぞっ!うわーーー!(次回予告風にw


そんな感じで全体的に良いのだけど終盤のまとめに関してはあまり面白く感じなかったし薫となでしこのキャラもあのあたりで好感度が下がってしまった。知り合いに聞くと終盤の展開は原作と違ったらしいのだけど纏め方としてもう少し巧くできなかったものか。

そこだけはあまり納得できなかった部分だけど一応一つの作品として最後はきっちり纏めるという心意気はあるので2期前提で最後までお茶を濁すよりはよかったかも。まぁ赤道才よりも河原崎や親方などでもう少し気楽なギャグ話を見たかったというのが本音だけど。


最後にこのアニメは次回予告が非常に面白い作品で、毎回の仮名さんのダンディーボイスでのしょうもない次回予告が面白くて仕方なかったw

特に好きだったのは鶴の恩返し・メロス・ロミジュリなどの名作を変態扱いするネタや、怪談・やらず・煩悩話の予告で啓太に対してどこかホモホモしいところとか、あとは脚本家として参加した他のラノベ作家や原作者を真の変態扱いしていたところなどw

次回予告は深夜アニメ作品でも一番好きだったかもw ということで全体的に満足度の高い作品だった。これよりもよくできたアニメというのはけっこうあるだろうけどこれよりも面白いというのは簡単にはないし、なによりもこれよりも変態な作品はないだろうw

いぬかみっ! VOL2っ!! =特装版= [DVD]
OP「ヒカリ」 ED「友情物語」
OPは歌も映像もいいけどあれで一話の内容見たら詐欺だよなw
EDはデフォルメキラ目キャラが良かった。一回男verになったけどあれの印象も強すぎw


<主な声優>
川平啓太:福山潤 ようこ:堀江由衣 仮名史郎:速水奨 
川平薫:甲斐田ゆき なでしこ:名塚佳織 せんだん:松岡由貴 いぐさ:本多陽子
たゆね:森永理科 ごきょうや:木川絵理子 フラノ:廣田詩夢 てんそう:小林晃子
いまり:遠藤綾 さよか:新谷良子 ともはね:長谷川静香 はけ:中村俊洋

福山さんはどちらかと言うとギアスや狼と香辛料のような低めの声が注目されているかもしれないけど個人的にはこの啓太のハイテンションな高い声の演技が一番好き。

ようこ役は堀江由衣さんだけど思えばこの時代で印象に残っている作品には数多く主演として出演していて深夜アニメ界を引っ張る声優だったなと。勿論今でもご活躍されているけど。

仮名さんの速水さんは良すぎる配役だったけどよく引き受けてもらえたなと(笑)

薫のいぬかみの中にはこの後数多く出演数を得た人もいればそうでない人もいたり今こうして見るといろいろな縮図を感じる。ともはねの長谷川さんはこの後らき☆すたのゆたかで目立ったけどこの元気っ娘演技は嵌っていたしまたこういう役があればなー。


個人的なこのアニメの評価 

「マッチョ、覗き魔、ストリーキングに下着ドロ………変態満載の本作品を見続けてきた諸君!可愛い女の子が目に優しいアニメは他に沢山ある中、敢えて男の裸が乱舞する茨の道を踏み越え、ここまでついてきてくれた諸君に私からこの言葉を送ろう!君達も、素晴らしき変態である!!
関連記事

コメント

>インパクト抜群な凄まじい変態作品!
視聴した当時も思いましたけど、今でもその名に十分相応しいw
個人的には第13話の啓太vs暴力の海戦が一番でした。
(色んな所に式の力を隠し持って、反撃する所とかww)

誠さん

>視聴した当時も思いましたけど、今でもその名に十分相応しいw

今でもこれを越える変態作品はなかなかないですよねw

>個人的には第13話の啓太vs暴力の海戦が一番でした。
(色んな所に式の力を隠し持って、反撃する所とかww)

シリアスなのにあんな技使ってましたからねw

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内人気ページ

プロフィール


Author:ムメイサ

カテゴリー

アーカイブ

2019年 09月 【3件】
2019年 08月 【4件】
2019年 07月 【4件】
2019年 06月 【4件】
2019年 05月 【8件】
2019年 04月 【7件】
2019年 03月 【15件】
2019年 02月 【23件】
2019年 01月 【23件】
2018年 12月 【8件】
2018年 11月 【7件】
2018年 10月 【11件】
2018年 09月 【6件】
2018年 05月 【5件】
2018年 04月 【13件】
2018年 03月 【16件】
2018年 02月 【30件】
2018年 01月 【33件】
2017年 12月 【11件】
2017年 11月 【4件】
2017年 10月 【10件】
2017年 09月 【8件】
2017年 08月 【8件】
2017年 07月 【8件】
2017年 06月 【8件】
2017年 05月 【16件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【37件】
2017年 02月 【13件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【15件】
2016年 11月 【7件】
2016年 10月 【13件】
2016年 09月 【14件】
2016年 08月 【14件】
2016年 07月 【12件】
2016年 06月 【14件】
2016年 05月 【9件】
2016年 04月 【13件】
2016年 03月 【15件】
2016年 02月 【10件】
2016年 01月 【7件】
2015年 12月 【27件】
2015年 11月 【16件】
2015年 10月 【26件】
2015年 09月 【34件】
2015年 08月 【17件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【32件】
2015年 05月 【26件】
2015年 04月 【27件】
2015年 03月 【20件】
2015年 02月 【18件】
2015年 01月 【33件】
2014年 12月 【35件】
2014年 11月 【38件】
2014年 10月 【26件】
2014年 09月 【26件】
2014年 08月 【14件】
2014年 07月 【22件】
2014年 06月 【20件】
2014年 05月 【17件】
2014年 04月 【14件】
2014年 03月 【37件】
2014年 02月 【32件】
2014年 01月 【34件】
2013年 12月 【26件】
2013年 11月 【29件】
2013年 10月 【29件】
2013年 09月 【23件】
2013年 08月 【17件】
2013年 07月 【27件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【25件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【27件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【37件】
2012年 12月 【26件】
2012年 11月 【27件】
2012年 10月 【34件】
2012年 09月 【28件】
2012年 08月 【26件】
2012年 07月 【39件】
2012年 06月 【35件】
2012年 05月 【30件】
2012年 04月 【43件】
2012年 03月 【36件】
2012年 02月 【36件】
2012年 01月 【20件】
2011年 12月 【34件】
2011年 11月 【25件】
2011年 10月 【72件】
2011年 09月 【42件】
2011年 08月 【52件】
2011年 07月 【53件】
2011年 06月 【45件】
2011年 05月 【49件】
2011年 04月 【59件】
2011年 03月 【36件】
2011年 02月 【47件】
2011年 01月 【49件】
2010年 12月 【43件】
2010年 11月 【43件】
2010年 10月 【43件】
2010年 09月 【42件】
2010年 08月 【41件】
2010年 07月 【40件】
2010年 06月 【41件】
2010年 05月 【38件】
2010年 04月 【41件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【45件】
2010年 01月 【49件】
2009年 12月 【42件】
2009年 11月 【36件】
2009年 10月 【35件】
2009年 09月 【57件】
2009年 08月 【47件】
2009年 07月 【46件】
2009年 06月 【58件】
2009年 05月 【63件】
2009年 04月 【52件】
2009年 03月 【52件】
2009年 02月 【39件】
2009年 01月 【51件】
2008年 12月 【61件】
2008年 11月 【61件】
2008年 10月 【68件】
2008年 09月 【69件】
2008年 08月 【59件】
2008年 07月 【63件】
2008年 06月 【50件】
2008年 05月 【49件】
2008年 04月 【47件】
2008年 03月 【59件】
2008年 02月 【68件】
2008年 01月 【64件】
2007年 12月 【62件】
2007年 11月 【71件】
2007年 10月 【63件】
2007年 09月 【59件】
2007年 08月 【52件】
2007年 07月 【51件】
2007年 06月 【31件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【21件】

検索BOX・タグ一覧