RSS

企画

ごちうさ

PCゲーム

ゆずソフト

さいたまたいかい2

さいたまたいかい2-1
今年も高校野球の埼玉大会を見に聖地県営大宮公園球場にいってきた。普段はテレビ観戦が多いけどスポーツはやはり生観戦で伝わる会場の雰囲気がたまらない。特に高校野球は一試合の負けも許されない緊張感や学校をあげての応援風景など見物で少なくとも毎年一回は生で見に行きたくなるもの。続きは試合や会場の雑感を軽く。 (昨年:さいたまたいかい)


現地で見たのみで,見ていた場所的なものもあるだろうし、なにより筆者は野球に関してはど素人以下なので完全に間違った認識もあると思うけどそれに関してはご容赦を。


<今日の試合>

花咲徳栄(Aシード) vs 浦和学院(Dシード)
春日部共栄(Cシード) vs 本庄第一(ノーシード、昨年優勝校)

今日は準決勝2試合。Aシードは徳栄ながら実質の優勝候補筆頭は春の甲子園に出場した浦学という大会の評判。ただ個人的には今夏の裏学は無駄な失点や最短コールド逃しも目立っていて徳栄有利と見ていた。試合前予想スコアは7-5で徳栄。

2試合目は強豪との連戦をギリギリながら制してここまできた本庄のしぶとさに若干部があると思っていた。試合前予想スコアは4-3で本庄。ブログで書く場合は後だしに見えるけど一応開始前に実際にこんな風に思っていたということで。


<第一試合>

花咲徳栄 6-2 浦和学院

花咲徳栄有利と見ていたけど試合前の守備練習を見るとやはり浦学の方に技術・連携・身体能力の高さに目を見張るものがあった。今日のチームの中でも一番巧く、それは毎年思わされることだし基礎能力では今年も浦学が埼玉で一番なように思える。

ただ試合は追いつかれた5回を除き終始徳栄ペース。徳栄の野球はノーアウト(ワンナウト)2塁でバッターが4番でもバントさせるという徹底的な足を絡めた野球で個人的には正直あまり好きではない(バント自体はいいと思うけど2塁で高打順なら打たせたほうがいいと思うから)。この試合でもそんな場面が数多くあった。

でも会場で見てみるとそういう状況で仕掛けるのは必ず進塁打やセーフティーバント気味になっていたし理にかなってはいた。そしてこのチームを相手にすると警戒しなくてもいいような場面でもバントが頭を過るから普通のヒッティングで来た場合も守備の動作が遅れることがありそうだし、相手にしてみると分かっているが故にわりと厄介なところがあるかも。ハンターハンターのゴンの技みたいに。

ただ5点目(だっけ)のスクイズの場面は、先ほどは敢えて2球目以降にスクイズを仕掛けたことと3塁ランナーの動きを見れば今度は絶対に1球目でスクイズがくると読めたし、散々警戒してあそこで警戒を解いてやられてしまったあたりは浦学の落ち度といえるかも。

それも含めて浦学はビハインド展開になると野球が雑になる傾向がある。3点差がついたあたりからはランナーが1塁に出てもバントは一切せずに連打を狙うようになって、結果ヒット本数では負けていないのに得点でヒット本数に似つかわしくない大差がついて負ける。これはもはや甲子園などで浦学が負けるときの定番パターンになっている。

少し差が開いて苦しくなったらこつこつは返さず大物で巻き返そう、とまるでギャンブルの負けパターンを見ているようだけど浦学は一度この負の定石を払拭する必要があると思う。先ほど徳栄のバント野球があまり好きではないと書いたし、それとは対照的な強打の浦和学院野球が好きでもあるけど、この連打で打開しろ癖だけは悪いと思ってる。少なくとも今日はもっと丁寧に1点を返していくべき場面があったと感じる。

浦学は総合的に力が高く勝ってる時はバントも含めて丁寧に組み立てられるチームだし、負けている状況でのメンタル面の強化が必要なのでは。監督は毎年県内で1番を争う素晴らしいチームを作り上げていて育成では秀でていることは間違いないけど試合の指揮に関してはもっと学ぶ必要があると思う。須永を擁したあの強かった時代に負けたのもそのあたりに原因があったと思うし。

試合前練習の印象どおりこの試合でも浦学は決して力では劣っていなかったしむしろ勝っているようにさえ思えた。試合の組み立て方と負けている状況でとる戦術、この二つが欠けていたことが敗因だと感じる。

あとは2年生の佐藤に頼りすぎた部分もあったかと。今日はバッティングに専念させて結果4打数4安打1四死球と大活躍、だけど佐藤がいないとピッチャーの柱がいない。かといって佐藤をピッチャーにしてしまうと打撃に集中させられない、このあたりがなんとももったいなかった。今日の佐藤は本当にセンス溢れるバッティングだった。身体は大きくないけどセンス溢れる投球にバッティング、漫画『キャプテン』のイガラシみたいな存在かな。

浦学のことばかり書いたけど徳栄の切れ目のないバッティングも素晴らしかった。バントと足のチームという印象が強いけどまず塁に出るにはヒッティングだしどのピッチャーにも対応したチームのバッティング技術は高かったと思う。

徳栄ピッチャーは右バッターから見て外角に外れる変化球と内閣高めに外れるボール(角度的によく見えなかったけどたぶんそう)が持ち味でよく効いていた。浦学としてはそのボールに最後まで対応できなかったところが痛い。しかし1番4番5番は完全に対応できていたのでその三人の打順が繋がっていればあるいは。

他にもいろいろあるけど、とりあえずこの試合はそのピッチャー面と試合の運び方の巧さで徳栄が勝つべくして勝った試合だったと思う。



<第二試合>

春日部共栄 5-2 本庄第一

本庄第一有利かなと思っていたけど試合前の練習を見ると春日部共栄が何枚も上手に見えた。共栄は浦学と大差なく巧かった。一方本庄は練習からエラーが目立ったりと少しレベルが落ちる感じ。しかしさっきの試合もよりレベルが高く見えた浦学が負けたのでこの試合もそうなるのではとも思ったけどそうはならなかった。

共栄のピッチャーはなかなか球威があってよかった、今日の投手の中では一番ズドンときていたかな。対する本庄は速度と球威は厳しく最初からボール球を簡単に見逃されてしまっていたので苦しかった。

エラーとホームランで試合は一気に4-0と共栄リード。しかし本庄は6回に共栄のエースの球を捉えて2点を返す。ここで崩れるかと思ったら次の回で立て直した共栄バッテリー。今まではきめ球が得意のストレートで中盤になってからそれを捉らえれていたけど、ここで変化球で締めるようになり相手のリズムを一気に崩した。この采配は見事。

最終的に5-2で試合終了。全体的に力でも共栄の方が上回っていたようには思うけど本庄の第2ピッチャーが出てきてからは実質1-2で本庄のほうがスコアは上回っていた(共栄の9回裏が残っているが)。

本庄の2番手は共栄のエースにはやや劣っていたかもしれないが近いくらいの球威があって間の取り方も厭らしく共栄打撃陣はそれに苦戦していた。最初からあの選手が先発していれば結果は逆だった可能性もあるか。



<明日の決勝はどうなるか?>
あくまで素人な予想だけど花咲徳栄が勝つと思ってる。スコアは5-2くらいかな。

共栄のエースは球威があるので崩すのは簡単ではないけど徳栄には浦学の3投手に対応したバッティング能力があるので必ず捉えられるだろうと。おそらく苦しむのは共栄のバッティング。上記したように今日は本庄の2番目の投手に押し込まれていて、球威はそちらの方が若干上かもしれないけど変化球のキレで徳栄のエースの方が上だろうと見ており攻略に苦しむのではないかと。今日浦学がやられた2種類のボール球に注意する必要がある。

と言っても今日の疲れや当日になっての変化球の決まり具合など様々な要素があるのでそれに関しては予想しようがないところだけど。とりあえず花咲徳栄有利と見る。



<オマケ>
さいたまたいかい2-2
公園の入り口で貰ったもしドラうちわ。これのおかげでいくらか暑さをしのげたありがたやー。それにしてもこんなところまで出張ってくるなんて広告にもけっこう金使ってるなと。
関連記事

コメント

野球!

どうも


もう高校野球の季節ですか;
最萌トーナメントといい、いつの間にやらという感じです。


>今年も高校野球の埼玉大会を見に聖地県営大宮公園球場にいってきた。

毎年行ってるんですね。驚きました。
なんかサッカーのイメージが強いのでw
ちなみに私の母校は甲子園まであと1勝でした;

>高校野球は一試合の負けも許されない緊張感

これが魅力の一つですよね。
僅かしかない貴重な青春のほとんどを費やしてやってきたわけですからね。
そりゃあ負けたら涙も出るはずです。
そんな充実した青春を送ってきたかった・・・


以上、また遅くなりましたが感想でした;


それでは、また

MEETπさん

>もう高校野球の季節ですか;
最萌トーナメントといい、いつの間にやらという感じです。

こちらも今年は開幕したのに気がつかなかったのであっという間の出来事だったように思えます。

>毎年行ってるんですね。驚きました。
なんかサッカーのイメージが強いのでw

野球は高校野球限定ですけどね、いける年は必ずいきますよ。
運動神経はあまりよくないですがスポーツは全般的に好きです。
ブログではあまりアニメネタ以外は取り上げていませんけどね(笑)

>ちなみに私の母校は甲子園まであと1勝でした;

それは残念。と言うと在学中に母校が甲子園に出場したなんてこともあるのでしょうかね。ちなみに甲子園ではこちらの県の方が早く敗退してしまうでしょうorz

>そんな充実した青春を送ってきたかった・・・

それはそれで相当大変なものでしょうけどね。一時であっても何かうちこむものがあるほうが良い事は間違いないとは思います。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内人気ページ

プロフィール


Author:ムメイサ

カテゴリー

アーカイブ

2019年 08月 【1件】
2019年 07月 【4件】
2019年 06月 【4件】
2019年 05月 【8件】
2019年 04月 【7件】
2019年 03月 【15件】
2019年 02月 【23件】
2019年 01月 【23件】
2018年 12月 【8件】
2018年 11月 【7件】
2018年 10月 【11件】
2018年 09月 【6件】
2018年 05月 【5件】
2018年 04月 【13件】
2018年 03月 【16件】
2018年 02月 【30件】
2018年 01月 【33件】
2017年 12月 【11件】
2017年 11月 【4件】
2017年 10月 【10件】
2017年 09月 【8件】
2017年 08月 【8件】
2017年 07月 【8件】
2017年 06月 【8件】
2017年 05月 【16件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【37件】
2017年 02月 【13件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【15件】
2016年 11月 【7件】
2016年 10月 【13件】
2016年 09月 【14件】
2016年 08月 【14件】
2016年 07月 【12件】
2016年 06月 【14件】
2016年 05月 【9件】
2016年 04月 【13件】
2016年 03月 【15件】
2016年 02月 【10件】
2016年 01月 【7件】
2015年 12月 【27件】
2015年 11月 【16件】
2015年 10月 【26件】
2015年 09月 【34件】
2015年 08月 【17件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【32件】
2015年 05月 【26件】
2015年 04月 【27件】
2015年 03月 【20件】
2015年 02月 【18件】
2015年 01月 【33件】
2014年 12月 【35件】
2014年 11月 【38件】
2014年 10月 【26件】
2014年 09月 【26件】
2014年 08月 【14件】
2014年 07月 【22件】
2014年 06月 【20件】
2014年 05月 【17件】
2014年 04月 【14件】
2014年 03月 【37件】
2014年 02月 【32件】
2014年 01月 【34件】
2013年 12月 【26件】
2013年 11月 【29件】
2013年 10月 【29件】
2013年 09月 【23件】
2013年 08月 【17件】
2013年 07月 【27件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【25件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【27件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【37件】
2012年 12月 【26件】
2012年 11月 【27件】
2012年 10月 【34件】
2012年 09月 【28件】
2012年 08月 【26件】
2012年 07月 【39件】
2012年 06月 【35件】
2012年 05月 【30件】
2012年 04月 【43件】
2012年 03月 【36件】
2012年 02月 【36件】
2012年 01月 【20件】
2011年 12月 【34件】
2011年 11月 【25件】
2011年 10月 【72件】
2011年 09月 【42件】
2011年 08月 【52件】
2011年 07月 【53件】
2011年 06月 【45件】
2011年 05月 【49件】
2011年 04月 【59件】
2011年 03月 【36件】
2011年 02月 【47件】
2011年 01月 【49件】
2010年 12月 【43件】
2010年 11月 【43件】
2010年 10月 【43件】
2010年 09月 【42件】
2010年 08月 【41件】
2010年 07月 【40件】
2010年 06月 【41件】
2010年 05月 【38件】
2010年 04月 【41件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【45件】
2010年 01月 【49件】
2009年 12月 【42件】
2009年 11月 【36件】
2009年 10月 【35件】
2009年 09月 【57件】
2009年 08月 【47件】
2009年 07月 【46件】
2009年 06月 【58件】
2009年 05月 【63件】
2009年 04月 【52件】
2009年 03月 【52件】
2009年 02月 【39件】
2009年 01月 【51件】
2008年 12月 【61件】
2008年 11月 【61件】
2008年 10月 【68件】
2008年 09月 【69件】
2008年 08月 【59件】
2008年 07月 【63件】
2008年 06月 【50件】
2008年 05月 【49件】
2008年 04月 【47件】
2008年 03月 【59件】
2008年 02月 【68件】
2008年 01月 【64件】
2007年 12月 【62件】
2007年 11月 【71件】
2007年 10月 【63件】
2007年 09月 【59件】
2007年 08月 【52件】
2007年 07月 【51件】
2007年 06月 【31件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【21件】

検索BOX・タグ一覧