RSS

企画

ごちうさ

PCゲーム

ゆずソフト

ヒロイック・エイジ

遠い昔、未来を知り星々を創造する英知を持つ『黄金の種族』の呼びかけに応じた種族は『英雄の種族』『銀の種族』『青銅の種族』そして人類(『鉄の種族』)であった。黄金の種族は他の種族にいくつかの契約を残して別の宇宙へと旅立った。残された種族は契約の真意を知るすべもなく戦い続けることになる・・・

序盤を見てなかなか面白いと思っていたけど、青銅の種族が説明上対等だった割にはほとんど知識も無く銀の種族に利用されてるだけだし、中盤でエイジがずっとノドスになったままだったり、カルキノスをはじめ他のノドスとのワンパターンな長い戦闘ばかりで飽きてきました。しかし・・・

終盤でここまで壮大なストーリーになるとは。
黄金の種族が残した忘れ去られた星、黄金の種族との契約の真意、それぞれのノドスに宿された真の力、それら全てを見出すことにより新たな宇宙への扉が開かれる。本当に壮大でスケールの大きな話でした。最終話で惑星オロンの復興で軌道が変わることでもう一つの扉が現れエイジが戻ってくるという設定も実に良いものだったと思います。

ディアネイラのセリフは「エイジ」が異様に多かったですねw
なぜかイオラオスまで、、、あの男どれだけエイジ好きなんだww

ヒロイック・エイジ I
OP「gravitation」 ED「Azurite」
OPは好きですね、ニコニコ恒例の空耳も面白かったです、イカ出合うストーリーw
EDは普通だと思ってましたが最終話での演出が良かったです。

主な声優
エイジ:矢崎広 ディアネイラ:石川由依 イオラオス:近藤隆 ベルクロス:安元洋貴
アネーシャ:清水香里 モビード:松山タカシ テイル・メイル:田村ゆかり・釘宮理恵
ユティ:小清水亜美 カルキノス:加藤将之 メヒタカ:鈴木千尋 レクティ:沢城みゆき

矢崎さんも石川さんも俳優のようですね。エイジは男なのに癒しキャラだったなw
ベルクロスって専門の声優さんがいたのか、知らなかった。
田村ゆかり・釘宮理恵の双子役とはねw


個人的なこのアニメの評価 

中盤の時点では正直、いってもB-くらいだろうと思っていましたが、個人的に終盤のできは素晴らしいものであったと思うのでこの評価となりました。ノドスの戦闘はワンパターンでつまらなかったとも思うのですが、終わりよければということでw
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

ヒロイック・エイジ 第26話 「エイジ」 (最終回)

ヒロイック・エイジ  評価:2.5  [SF]  テレビ東京 : 04/01 25:30~ (初回:25:42)  テレビ愛知 : 04/02 25:43~  TVQ九州放送 : 04/02 26:53~  テレビ大阪 : 04/03 27:10~  テレビせとうち : 04/05 25:58~  テレビ北海道 : 04/...

ヒロイック・エイジ 第26話 「エイジ」

ビー復活^^あたふたする姿が可愛いなぁ。 欲しくなってしまいしたwパエトーがアルゴノート修復の手伝いをしてます。意外に素直なパエトーがいいですねw

ヒロイック・エイジ 第26話「エイジ」(最終回)

StarChildヒロイックエイジ別の宇宙への扉をみつけたことで、戦闘をする目的がなくなった銀の種族と鉄の種族。銀の種族は、鉄の種族のその功労を評価し、その技術力を駆使してアルゴノートの復興に努め、ディアネイラにその力を分け与えました。銀の種族は、エリュシオンの.

ヒロイック・エイジ 第26話 エイジ

今期のマイベストです。泣けましたTTb《SEO:ディアネイラ エイジ ユティ 最終話 最終回 キャプチャ 画像 感想》

ヒロイック・エイジ 第26話感想

ヒロイック・エイジ 第26話感想いきます。

ヒロイック・エイジ 第26話 「エイジ」

ディアネイラは真っ直ぐに行って。ディアネイラが思った道を――。黄金の種族が遺した外宇宙への扉。銀の種族は、扉の向こうへ旅立つことを決める。そしていつの日か、人類も同じ道を進む…。オロンで、ディアネ

(アニメ感想) ヒロイック・エイジ 第26話 「エイジ」

ヒロイック・エイジ オフィシャルガイドブック Vol.3銀の種族の大船団に遭遇するニルバール。その進路上に今まで存在しなかったスターウェーが生まれた事を知り、ディアネイラたちの仕業だと確信する。そのスターウェーこそ、ディアネイラの導きであるとし、アズ・アゾー...

「ヒロイック・エイジ」26話 エイジ

銀の種族が使ってたあの力(名前忘れた)はやたら便利だなぁ。資材もないのに船を直すって…。どう見ても再起不能だったアルゴノートがちゃんと航行可能になってるのがすごい。ビーも復活したし。壊れたままかと思ってたよ

ヒロイック・エイジ 第26話「エイジ」

「ディアネイラが道を創ってくれた」戦いを終え それぞれの進むべき道へ!!ついに最終回、良いラストでした!「滅ぼすのと同じ速さで再生してやろう」最終回のパエトーが可愛過ぎるんですけど!(笑)感想は

ヒロイック・エイジ 第26話「エイジ」

    ちょwwwビーのうろたえる姿がかわえぇぇぇぇぇ(;゚Д゚)ハァハァ!! いよいよ最終回の「ヒロイックエイジ」・・・よもやこんな 萌えシーンがあろうとは(笑) 壊れたのかと思ってたビー は・・・船が壊れたことによる機能停止だけだったみたい...

ヒロイック・エイジ 第26話 エイジ

冲方サン(;´Д`)スバラスィ ...ハァハァ

ヒロイック・エイジ 第26話 「エイジ」

 ついに最終回。しかし主人公はいない…。  ヒロイック・エイジ IV矢崎広、石川由依 他 (2007/10/10)KINGRECORDS.CO.,LTD(K)(D) この商品の詳細を見る

ヒロイック・エイジ 第26話『エイジ』【最終回】(前)

今期終了のアニメ群の中でラストを飾るのはヒロイック・エイジでしたか。 ともあれ良き最終回であった、と思います。

ヒロイック・エイジ 第26話「エイジ」

ヒロイック・エイジの最終話を見ました。第26話 エイジ「エイジ…」「レクティは告げている。黄金の種族は我々を見捨ててはいなかった。我々が望む全てを知り、未来に開くべき扉を残した。かつて彼らが告げた通り。出でよ、今こそその意思に答える時だ」「アルタイア、残..

ヒロイック・エイジ 26話『エイジ』

外宇宙への扉が開き、鉄の種族と銀の種族はそれぞれの道を歩み始めました。

ヒロイック・エイジ 第26話(最終話)「エイジ」

ヒロイック・エイジ 第26話(最終話)「エイジ」

ヒロイック・エイジ 26話「エイジ」(終)

=== やヴぇ思ったより良い最終回だった(マテw ===いわゆる演出勝ちって奴か…エイジは消えた…だがそれ以外は全て解決しちゃってますw'''銀の種族達は開かれた扉へと移住しちゃって、事実上この宇宙はディアネイラ様の独裁政権になりましたwww'&#

ヒロイック・エイジ 第26話:最終話

今期は良いアニメが多すぎる・・・というか、この枠は今年神かよ???ヒロイック・エイジ 最終話好感度評価はS勢い、テンションからくる面白さはそりゃ"グレンラガン"...

[アニメ『ヒロイック・エイジ』]『ヒロイック・エイジ 第26話』

『ヒロイック・エイジ』 ※下記の日記内容には、アニメ本編に対するネタバレの要素が多々記述されています。少しでも気になさる方は御覧にならない様に注意をして下さい。 今週のお話は、第26話 『エイジ』。 ストーリーは…。 銀の種族の大船団に遭遇するニルバール。その

瀬戸の花嫁 。。。。 第26話 きみの帰る場所 (最終話)

最終話、永澄が漢になって それはもう凄い演出でした。当然、ハッピーエンドで終わるのが この手の常ってモノですが。基本的に テンションの高い ギャグで 全話通してきましたが ブッ飛び過ぎて 白ける回も あったりしましたけど。でも まぁ、今期 終了するアニメ....

ヒロイック・エイジ 第26話【最終回】

第26話「エイジ」サブタイがちょっと納得いかないかんじです・・

『ヒロイック・エイジ(HEROIC AGE)』 エイジ

『ヒロイック・エイジ』のエイジです。 エイジの無邪気さ、明るさを前面に押し出す・・・と言うよりは、彼の具え持つ神秘的、且つミステリアスな雰囲気を念頭に描いてみたのです...

ブログ内人気ページ

プロフィール


Author:ムメイサ

カテゴリー

アーカイブ

2019年 09月 【3件】
2019年 08月 【4件】
2019年 07月 【4件】
2019年 06月 【4件】
2019年 05月 【8件】
2019年 04月 【7件】
2019年 03月 【15件】
2019年 02月 【23件】
2019年 01月 【23件】
2018年 12月 【8件】
2018年 11月 【7件】
2018年 10月 【11件】
2018年 09月 【6件】
2018年 05月 【5件】
2018年 04月 【13件】
2018年 03月 【16件】
2018年 02月 【30件】
2018年 01月 【33件】
2017年 12月 【11件】
2017年 11月 【4件】
2017年 10月 【10件】
2017年 09月 【8件】
2017年 08月 【8件】
2017年 07月 【8件】
2017年 06月 【8件】
2017年 05月 【16件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【37件】
2017年 02月 【13件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【15件】
2016年 11月 【7件】
2016年 10月 【13件】
2016年 09月 【14件】
2016年 08月 【14件】
2016年 07月 【12件】
2016年 06月 【14件】
2016年 05月 【9件】
2016年 04月 【13件】
2016年 03月 【15件】
2016年 02月 【10件】
2016年 01月 【7件】
2015年 12月 【27件】
2015年 11月 【16件】
2015年 10月 【26件】
2015年 09月 【34件】
2015年 08月 【17件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【32件】
2015年 05月 【26件】
2015年 04月 【27件】
2015年 03月 【20件】
2015年 02月 【18件】
2015年 01月 【33件】
2014年 12月 【35件】
2014年 11月 【38件】
2014年 10月 【26件】
2014年 09月 【26件】
2014年 08月 【14件】
2014年 07月 【22件】
2014年 06月 【20件】
2014年 05月 【17件】
2014年 04月 【14件】
2014年 03月 【37件】
2014年 02月 【32件】
2014年 01月 【34件】
2013年 12月 【26件】
2013年 11月 【29件】
2013年 10月 【29件】
2013年 09月 【23件】
2013年 08月 【17件】
2013年 07月 【27件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【25件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【27件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【37件】
2012年 12月 【26件】
2012年 11月 【27件】
2012年 10月 【34件】
2012年 09月 【28件】
2012年 08月 【26件】
2012年 07月 【39件】
2012年 06月 【35件】
2012年 05月 【30件】
2012年 04月 【43件】
2012年 03月 【36件】
2012年 02月 【36件】
2012年 01月 【20件】
2011年 12月 【34件】
2011年 11月 【25件】
2011年 10月 【72件】
2011年 09月 【42件】
2011年 08月 【52件】
2011年 07月 【53件】
2011年 06月 【45件】
2011年 05月 【49件】
2011年 04月 【59件】
2011年 03月 【36件】
2011年 02月 【47件】
2011年 01月 【49件】
2010年 12月 【43件】
2010年 11月 【43件】
2010年 10月 【43件】
2010年 09月 【42件】
2010年 08月 【41件】
2010年 07月 【40件】
2010年 06月 【41件】
2010年 05月 【38件】
2010年 04月 【41件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【45件】
2010年 01月 【49件】
2009年 12月 【42件】
2009年 11月 【36件】
2009年 10月 【35件】
2009年 09月 【57件】
2009年 08月 【47件】
2009年 07月 【46件】
2009年 06月 【58件】
2009年 05月 【63件】
2009年 04月 【52件】
2009年 03月 【52件】
2009年 02月 【39件】
2009年 01月 【51件】
2008年 12月 【61件】
2008年 11月 【61件】
2008年 10月 【68件】
2008年 09月 【69件】
2008年 08月 【59件】
2008年 07月 【63件】
2008年 06月 【50件】
2008年 05月 【49件】
2008年 04月 【47件】
2008年 03月 【59件】
2008年 02月 【68件】
2008年 01月 【64件】
2007年 12月 【62件】
2007年 11月 【71件】
2007年 10月 【63件】
2007年 09月 【59件】
2007年 08月 【52件】
2007年 07月 【51件】
2007年 06月 【31件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【21件】

検索BOX・タグ一覧