RSS

企画

ごちうさ

PCゲーム

ゆずソフト

瀬戸の花嫁

夏休みに瀬戸内の祖母の家に帰省した満潮永澄は海でおぼれたところを人魚である瀬戸燦という少女に助けられる。人魚の掟で身内以外の人間に姿を見られた人魚は自分か相手のどちらかを消さなければならない、そこで身内になることでお互いに生き残るという選択をした永澄は燦と婚約し埼玉の実家へ燦を連れ帰る・・・

序盤は普通、それから序々に飽きてきた時期がありましたが、このアニメは
後半にいくに連れてキャラが立って面白くなったという印象です。

永澄は頻繁に顔やキャラが変わってカオスの中心的存在だったし、燦ちゃんも普段は気立ての良い嫁だけど変な番長になったり、妙な勘違いで騒動を引き起こしたりとかなりの天然ボケキャラw 豪三郎・政さん・藤代も良いキャラでしたw

留奈と巻は声優の演技を含めて凄い腹黒さだし、留奈パパはターミネーターだし、三河はかなりのアホキャラだったし、明乃は「悩ましい」ばっかりwww
とにかく瀬戸の花嫁はキャラが良かったですね。予想していたよりも楽しめました。

瀬戸の花嫁 第1巻(初回限定生産盤)
OP「Romantic summer」 ED1「明日への光」 ED2「Dan Dan Dan」
OPは好きです、曲だけでなく演出も良かったですね。踊っている人が毎週かわっていたところも良いのですが、個人的にはチャララララララのところの政さんの振り向きとその次の瀬戸組の組員達がスローモーションで永澄を追いかけているシーンの演出が大好きでしたw ED1でも政さんに笑顔でお酌する永澄の母の横で泣きながら正座をしている永澄の父演出は面白かったですw

主な声優
満潮永澄:水島大宙 瀬戸燦:桃井はるこ 瀬戸豪三郎:三宅健太
瀬戸蓮:鍋井まき子 政:村瀬克輝 巻:桑谷夏子 シャーク藤代:子安武人
江戸前留奈:野川さくら ルナパパ:玄田哲章 猿飛秀吉:矢部雅史
銭形巡:森永理科 委員長:力丸乃りこ 三河海:小野大輔 不知火明乃:喜多村英梨

永澄役の水島さんは次回予告などのハイテンションの時のノリが良かったですw
桃井さんは燦のキャラにピッタリでしたねw「仁侠と書いて人魚と読むきん!」 三宅さんは同時期にローゼンバーグ、クラウスと幅広い役をこなしますね。
子安さんの疑問系のセリフ回しも良かったw「エーベックステンタテインメントォ?」
桑谷さんと野川さんは「フナムシ」「下僕」など、本当にノリノリでしたね(笑)
それにしてもこの二人は二面性があるキャラを演じることが多いな~w
ルナパパ:玄田哲章って、シュワルツネッガーの吹き替えの人だしwww
小野さんは名古屋弁キャラ、「だぎゃー」や「なも」が印象的でしたw

個人的なこのアニメの評価 A-
関連記事

コメント

どうも、春休みと4~今日までを使って久しぶりに「瀬戸の花嫁」を見ました。
やっぱり、このアニメは良く息切れしなかったなあ・・・と感じます。OVAでも相変わらずのハイテンションぶりには笑わせてもらいました。
個人的にはあの政さんの渋さと燦ちゃんの濃い天然ぶり、ルナちゃんや巻の二面性を好んで惹かれて、ギャグアニメの中でも屈指の出来と思われますよ。ここから、深夜アニメまっしぐらの道に誤って(?)進んでしまいました。
個人的にはOVA義のOPとTV版1期EDが気にいっています。

全力丘さん

>やっぱり、このアニメは良く息切れしなかったなあ・・・と感じます。OVAでも相変わらずのハイテンションぶりには笑わせてもらいました。

こういうハイテンションものは1クールもつかもたないかのイメージが強いですが、この作品に関しては珍しく後半でも更に強くなったように感じます。それはやはり話数が進むに連れて各キャラクターがより生きてくるようなギャグ展開だったからでしょうね。下手な作りだとキャラをただ出すだけなんて作品も多いですからね。

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

永澄の心の声が聴こえますか?燦ちゃんがそばに居るだけで・・・2人の仁侠道は全てを越えて行く!

 【永澄】たちを乗せた潜水艦が【燦】のもとへと向っていた。機雷の海を進み続ける。これは【義魚】のお遊びなのか・・・。【留奈】の声が全てを爆音に変えた。【永澄】は、男の子だから・・・行かないと。【燦】が待っているよ。握りしめた手を見て【永澄】は何を想う。ほ

瀬戸の花嫁 第26話「きみの帰る場所」(最終話) 

「危なくなくなくない?」もはや危ないのか危なくないのかわかんないよwwおやっさんの拳で壊れないんじゃ、マキでも無理だろうな(;´Д`)そして待ち受けワロタwwww食う気ま...

瀬戸の花嫁 第弐拾陸話(最終話)

最終話『きみの帰る場所』永澄軍団が到着。 「キモイのはお前のほうだ!」 ってよく言った。 明乃も義魚側から永澄側へ。

瀬戸の花嫁 最終話『きみの帰る場所』

{{{瀬戸の花嫁 第26話『きみの帰る場所』}}}燦を取り戻すために源家の海底御殿へと乗り込む永澄たち待ち構えていた推定7万の兵に永澄は一人で特攻…しません(^^;)三河財閥の手下共登場て、あの潜水艦にあんなに人が乗ってたのかと海、留奈、猿に任せて永澄は義魚の元へ

瀬戸の花嫁 第26話 「きみの帰る場所」

最終話「きみの帰る場所」燦の奪還に乗り出す永澄たち。はてさて、その結末は…<瀬戸の花嫁 画像 感想 キャプ レビュー 最終回>

瀬戸の花嫁 第26話 「きみの帰る場所」

海の潜水艦で燦ちゃんのもとへと向かう永澄たち。一人でも多い方がいいと言うことで、サルも同行。サルは本格アトラクションだと本気で思ってるみたいだけど。<アニメ 感想 ...

瀬戸の花嫁 第26話 「きみの帰る場所」

今期一番、はっちゃけたこの作品もファイナル!義魚に攫われた燦ちゃんを取り戻すべく、永澄たちは敵地に突入。アトラクション番組と騙されたサル、最後まであほです(^^;永澄史上最大の怒り。最大最後の戦いへ~。

瀬戸の花嫁 最終話 きみの帰る場所

最後まで爆笑しっぱなしでしたw

(アニメ感想) 瀬戸の花嫁 第26話 「きみの帰る場所」 

瀬戸の花嫁 三それは愛に目覚めた男の物語・・・。男は、奪われた恋人を取り戻すため仲間の力を借り、敵地へ向かった。果たして男は無事恋人を取り戻すことが出来るのか!?

瀬戸の花嫁 第26話「きみの帰る場所」(最終回)

「瀬戸の花嫁」アニメオフィシャルサイト源義魚の別荘へ燦を助けに向かった永澄。三河の潜水艦には何故だかサルも搭乗してますが、視聴者参加型のイベントということで留奈が誘った模様。確かにサルの三河を称える安保さ加減と不死身さは必須かも・・・。別荘周辺には機雷..

瀬戸の花嫁 第26話 「きみの帰る場所」 (最終回)

瀬戸の花嫁  評価:3.5  [ラブコメディ ドタバタギャグ]  テレビ東京 : 04/01 26:00~  テレビ愛知 : 04/02 27:43~  テレビ大阪 : 04/06 27:40~  テレビせとうち : 04/07 26:10~  AT-X : 2007/05~  原作 : 木村太彦(『月刊ガンガ...

アニメ感想 ~瀬戸の花嫁 第26話(最終話)~

きみの帰る場所これからは靴下はちゃんと裏返します

瀬戸の花嫁 。。。。 第26話 きみの帰る場所 (最終話)

最終話、永澄が漢になって それはもう凄い演出でした。当然、ハッピーエンドで終わるのが この手の常ってモノですが。基本的に テンションの高い ギャグで 全話通してきましたが ブッ飛び過ぎて 白ける回も あったりしましたけど。でも まぁ、今期 終了するアニメ....

瀬戸の花嫁 第26話「きみの帰る場所」

笑いをありがとう

瀬戸の花嫁 第26話(最終話)「きみの帰る場所」

デレク・ルーク/アントワン・フィッシャー きみの帰る場所 ったく留奈の気分だぜ!!  今回は大目に見てやるw つか、カッコよすぎだろ永澄( ̄▽ ̄)最後の方はすっかり「グレンラガン」状態。

瀬戸の花嫁~♯26「きみの帰る場所」~

瀬戸の花嫁~♯26「きみの帰る場所」~さてさて、今期最後は瀬戸の花嫁でしたね締めとして、ふさわしかったです。それでは、本編に・・・

瀬戸の花嫁 第26話(最終話)

瀬戸の花嫁第26話、「きみの帰る場所」。燦ちゃんを救出すべく義魚の屋敷に乗り込んだ永澄たち。大量の衛兵の相手は留奈と海にまかせ永澄は奥に進み、義魚を発見する。しかしそこ...

瀬戸の花嫁 第26話(最終回)

最終回は永澄が源義魚に立ち向かうお話でした。 永澄史上最大の怒りで立ち向かう姿は格好良すぎ。 色々と凄まじく、最後まで大いに楽しませていただきました。 永澄達は海の潜水艦で義魚の居場所目指して一直線。 サルはアトラクションだと騙されて参戦しているんで...

瀬戸の花嫁 第26話

今回のお話は、永澄さんが義魚から燦さんを助け出すというお話でした。 三河さんの海王丸で義魚のもとへと向かう一同。相変わらず忠実なサルさんだと思ったら、アトラクションだと勘違いしているみたい。まぁ、あの状況を見ればわからないでもないでしょうが、いくらサ...

『瀬戸の花嫁』 瀬戸燦

『瀬戸の花嫁』の燦(さん)ちゃんです。 作品の雰囲気に合わせ、明るい感じのペイントにしてみました。 彼女の可愛くて、明るくて、それでいて、力強さの感じられる笑顔を思いな...

ブログ内人気ページ

プロフィール


Author:ムメイサ

カテゴリー

アーカイブ

2019年 09月 【3件】
2019年 08月 【4件】
2019年 07月 【4件】
2019年 06月 【4件】
2019年 05月 【8件】
2019年 04月 【7件】
2019年 03月 【15件】
2019年 02月 【23件】
2019年 01月 【23件】
2018年 12月 【8件】
2018年 11月 【7件】
2018年 10月 【11件】
2018年 09月 【6件】
2018年 05月 【5件】
2018年 04月 【13件】
2018年 03月 【16件】
2018年 02月 【30件】
2018年 01月 【33件】
2017年 12月 【11件】
2017年 11月 【4件】
2017年 10月 【10件】
2017年 09月 【8件】
2017年 08月 【8件】
2017年 07月 【8件】
2017年 06月 【8件】
2017年 05月 【16件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【37件】
2017年 02月 【13件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【15件】
2016年 11月 【7件】
2016年 10月 【13件】
2016年 09月 【14件】
2016年 08月 【14件】
2016年 07月 【12件】
2016年 06月 【14件】
2016年 05月 【9件】
2016年 04月 【13件】
2016年 03月 【15件】
2016年 02月 【10件】
2016年 01月 【7件】
2015年 12月 【27件】
2015年 11月 【16件】
2015年 10月 【26件】
2015年 09月 【34件】
2015年 08月 【17件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【32件】
2015年 05月 【26件】
2015年 04月 【27件】
2015年 03月 【20件】
2015年 02月 【18件】
2015年 01月 【33件】
2014年 12月 【35件】
2014年 11月 【38件】
2014年 10月 【26件】
2014年 09月 【26件】
2014年 08月 【14件】
2014年 07月 【22件】
2014年 06月 【20件】
2014年 05月 【17件】
2014年 04月 【14件】
2014年 03月 【37件】
2014年 02月 【32件】
2014年 01月 【34件】
2013年 12月 【26件】
2013年 11月 【29件】
2013年 10月 【29件】
2013年 09月 【23件】
2013年 08月 【17件】
2013年 07月 【27件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【25件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【27件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【37件】
2012年 12月 【26件】
2012年 11月 【27件】
2012年 10月 【34件】
2012年 09月 【28件】
2012年 08月 【26件】
2012年 07月 【39件】
2012年 06月 【35件】
2012年 05月 【30件】
2012年 04月 【43件】
2012年 03月 【36件】
2012年 02月 【36件】
2012年 01月 【20件】
2011年 12月 【34件】
2011年 11月 【25件】
2011年 10月 【72件】
2011年 09月 【42件】
2011年 08月 【52件】
2011年 07月 【53件】
2011年 06月 【45件】
2011年 05月 【49件】
2011年 04月 【59件】
2011年 03月 【36件】
2011年 02月 【47件】
2011年 01月 【49件】
2010年 12月 【43件】
2010年 11月 【43件】
2010年 10月 【43件】
2010年 09月 【42件】
2010年 08月 【41件】
2010年 07月 【40件】
2010年 06月 【41件】
2010年 05月 【38件】
2010年 04月 【41件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【45件】
2010年 01月 【49件】
2009年 12月 【42件】
2009年 11月 【36件】
2009年 10月 【35件】
2009年 09月 【57件】
2009年 08月 【47件】
2009年 07月 【46件】
2009年 06月 【58件】
2009年 05月 【63件】
2009年 04月 【52件】
2009年 03月 【52件】
2009年 02月 【39件】
2009年 01月 【51件】
2008年 12月 【61件】
2008年 11月 【61件】
2008年 10月 【68件】
2008年 09月 【69件】
2008年 08月 【59件】
2008年 07月 【63件】
2008年 06月 【50件】
2008年 05月 【49件】
2008年 04月 【47件】
2008年 03月 【59件】
2008年 02月 【68件】
2008年 01月 【64件】
2007年 12月 【62件】
2007年 11月 【71件】
2007年 10月 【63件】
2007年 09月 【59件】
2007年 08月 【52件】
2007年 07月 【51件】
2007年 06月 【31件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【21件】

検索BOX・タグ一覧