RSS

企画

ごちうさ

PCゲーム

ゆずソフト

Fate/Zero 第2話 「偽りの戦端」

フェイトゼロ2-1
「イリヤもいっこ見~つけたっ♪」
イリヤあああああああああああああああああああああ!
ということでロリイリヤ登場!切嗣もたじたじな箱入りお姫様っぷりが可愛い(*´д`*)
それにしても一期はこの十年後のはずなのに見た目も性格もあまり変わってる気がしないのだけど、そもそも今から考えるとstay nightではあれで18前後だったということに驚きw


フェイトゼロ2-2
ウェイバー君は巷では大人気キャラと聞いたけどやはりまだどうも好きにはなれないな。
そこまで人気が出そうな要素も感じないけど、そのあたり今後の展開の注目点かな。

ウェイバー君のサーバントは「マケドニア」の英霊
マケドニアというともうかの有名なアレクサンドロス大王しかいない。これはあまりにも大物すぎるだろ(;^ω^) でもギルもそれに負けない大物という感じだし、史実がより曖昧な時代の英雄の方が幻想要素も強くなって強大な英霊になるのかな。例えば今の時代の人間が英霊となっても知っていることが多いだけに幻想が入り込む余地がないし。

どちらにしてもアーサー王にイスカンダルにギル様と今回の面子はやばすぎる。今回も出てこなかったけどジャンヌ・ダルクとかも登録はされているのかな、エジプトのファラオのツタンカーメンなども居れば面白そう。それからこれは作品としてNGになるだろうけどSBRにも出てきた「あの御方」が居たら影響力ではまず太刀打ちできないだろうとw

イスカンダルさんはライダーというけどあまりライダーというイメージではいな。
アサシンの人があまりにもピッタリとアサシンすぎるからそう感じるのかな(ノ∀`)

フェイトゼロ2-3
切嗣の掲げる"世界の救済"とは?
魔術師殺しで冷酷な手段をも厭わなかったという切嗣がなぜこのような発想に至ったのか、そしてその真意とは?セイバーも共感しているようだけど曖昧なニュアンスでもあり、そのあたりの認識のズレが最後の結果に繋がってstay nightのあの回想に繋がるのかな。

フェイトゼロ2-4
石田さん登場。あーまたこの手の屑キャラか('A`)
趣味が殺人とかシンジよりもっと酷い・・・そして召喚されたサーバントも最悪な快楽殺人者;

こいつらだけは絶対に許せない。聖杯戦争で敗れて惨たらしく散っていくがいい!
なんて思ったけどそのための枠なんだろうなw 最後はグシャッっとなりそう。
ただ一番最初に退場するタイプではないか?今回は退場者の順番の予想がつかないな。

これで今回の聖杯戦争の役者は揃った。いざ、、って言峰さん早すぎw
最後には時臣を裏切るんだろうな、なんて思ってたけどまさか2話で早くも(笑)

Assassin「あれを、恐れることはない・・・だと・・・!?」
アサシンさん早くもリタイアw?
相手が悪かったとはいえこんなにあっさりと潰されてしまうとは不幸すぎる^^;
これで出番が終わりだとしたら活躍はあのダンスくらいしかなかったんじゃないか(ノ∀`)

言峰も間違いなくこうなることは分かっていたはずで何の目的でこのタイミングで仕掛けたのかが気になる。たぶん一度こうすることで時臣よりも劣っていると明確に主従関係を示し本当の意味で油断させて後で仕掛けるのではないかと思うけど。でもアサシンさんはどうするんだろう、元々いらない子だったのかな(´・ω・`)

ということでいよいよ役者も出揃い聖杯戦争も始まり盛り上がってきた!
関連記事

コメント

どうも


>そもそも今から考えるとstay nightではあれで18前後だったということに驚きw

あの容姿で18前後は異常ですよねw
どう見ても余裕で法に引っかかる年齢にしか見えない;

>言峰さん早すぎw

笑ってしまいましたw

>アサシンさん早くもリタイアw?

これはかわいそうww
でも何の説明もされてなかったので、まだ生きているとは思いますが(思いたい
でもいつかは確実に(ry


急いで前作を見てきましたが、私も中々よかったと思いました。
物語の過去話は個人的に好きな類のものなので、ある程度の結末は想像できますがそこに至る過程を楽しみたいですね。
それと前作を視聴しようとした際、Fate好きな友人が原作プレイを強く推してきたので珍しく手を出してみることにします。
ちょうど分割2クールらしいのでその合間にでも^^


それでは、また

>切嗣がなぜこのような発想に至ったのか
は追々説明が入ると思うけど少年時代に起こった父親がしでかしたとある騒動が原因です。

>アサシンさん早くもリタイアw?
はタイトルのまんまですよ^^;;;

原作プレイされるのですね。ご友人GJです。
zeroは原作の第3エピソードまでやっている前提の物語なので、これからもアニメ組の人にとってよく分からない単語や設定が多く出てくると思います。(聖杯戦争の真の目的や聖杯の中身について等々)
せっかく良い作品なのに、疑問点が気になって楽しめなかったら勿体ないですよね。
クライマックスの感じ取り方も全然違って来ると思います。

>今回の面子はやばすぎる。
予定通り60年ごとに起きたZero聖杯戦争。
予定外に10年後に起きたstay night聖杯戦争の差ですな(理由はZeroの結末ゆえ)

聖杯戦争に対して知識がありそうな凛ですら召喚対象を絞るための遺物をちゃんと用意してなかったあたりがstay nightのドタバタぶりを象徴してるのではないかと。

MEETπさん

>でも何の説明もされてなかったので、まだ生きているとは思いますが(思いたい
でもいつかは確実に(ry

まあそれを言ったら最後は全員w

>それと前作を視聴しようとした際、Fate好きな友人が原作プレイを強く推してきたので珍しく手を出してみることにします。

アニメは初見としては面白かったですが今から考えると演出などにいろいろとつっこみどころも多かった気がしますね。とりあえず一番面白い設定をアニメ組では知らなかったところがあると思うので原作はやったほうがいいかもしれません。

みやさん

>は追々説明が入ると思うけど少年時代に起こった父親がしでかしたとある騒動が原因です

2クールあるのでそのあたりはじっくりと語られていきそうですね

>zeroは原作の第3エピソードまでやっている前提の物語なので、これからもアニメ組の人にとってよく分からない単語や設定が多く出てくると思います。

そうなんですか。自分も原作やってないからなー。今のところは初見者でも問題なく楽しめていますが、アニメ組は大まかなところが分かれば大丈夫なのですけどね。前作のアーチャーの正体くらいなら知り合いの原作プレイヤーに聞かされて知っています。

通りすがり さん

>予定通り60年ごとに起きたZero聖杯戦争。
予定外に10年後に起きたstay night聖杯戦争の差ですな(理由はZeroの結末ゆえ)

前作の聖杯戦争が異例だったのですね。今回60年ごとと聞いて、あれ?10年じゃなかったっけ?と感じました。それは前作でセイバーが語ったこの物語の結末と関係あるのでしょうね。

>聖杯戦争に対して知識がありそうな凛ですら召喚対象を絞るための遺物をちゃんと用意してなかったあたりがstay nightのドタバタぶりを象徴してるのではないかと。

10年後と比べて今回はみんなしっかりと強力な寄り代を用意していますよね。イリヤは大英霊を召喚していましたがそれは今回と同じようにアインツベルン家の権力者達が用意したのでしょうね。間藤家の吸血鬼の爺さんがどうなるのかが気になるところです、前作的に○○だろうとは分かるのですが。

マチ★アソビ

昨日、マチ★アソビなるイベントに徳島県に遠征へ行ってきました。
去年を含めて2度目です。徳島県は近いので高速バスで何度か訪れましたが、眉山は2度目です。
去年はそこで生のミルキーホームスのコンサート、花澤春菜さんのトークライブで弾けまくりました。
今年は、フェイトzeroのイベントや生の虚淵玄やキタエリ、そしてまどマギのイベント。それらを見るためです。
ところが、眉山を下山したのが仇になりフェイトzeroのイベントは1時間待ちは流石に間に合わなく撤収せざる負えませんでした。
しかし、まどマギ絡みのイベントで近くで生の野中藍さんやキタエリ、そしてあのまさかの虚淵玄を間近で見れるとは・・・。
因みに場所は新町ボードウォークなるところで隣接した橋だけでなく対岸までギャラリーがいるのは虚淵作品の凄まじさを感じました。
サイン会では5時間待ちが出るほどの騒ぎだったらしいです。
その後のキタエリのミニコンサートですがスピーカの近くで生声が聴けて感激でした。(少し、響きが凄かったけど・・・。)
フェイトzeroは帰宅して録画版を見ました。
征服王は豪快でくよくよしないタイプで、恐らく数少ないまともなキャラの一人とお見受けします。
このマスターが後々の聖杯戦争に大きな関わりを持つらしいとも聞きましたが、ヘタレです。
ライダーに殴られるシーンは「親父にもぶたれたことないのに!!」を思い出しました。
しかし・・・・。ちくしょー!!生のリッキー見れなかった・・・。
これが心残りです。
二股かけたのが失策。OTL

ガブリエルさん

お疲れ様でした。面白そうなイベントで近くにあったらいってみたいところです。しかし徳島県ってなんでそんなにアニメに力を入れているのですかね。まどかとfateがあるのは強いですね今年の中でも注目度トップ3に入りそうな2作ですし。そういうイベントがあるあたり関東圏外もアニメ文化に関して捨てたものではない。

話によりとどうやらufortableのプロデューサーらしい方が徳島出身らしく、そこにもその事務所を構えているらしいです。
また、とらドラの監督と徳島県知事と親しく、それらを踏まえて、マチ★アソビの話が出て、それが発端になり今に至っている模様。
今年はアニメ雑誌3大との対話談があったり、ニュータイプの年間受賞があったり、ラストエグザエルやみのりスクランブルなど未公開ものを交えてながらも懐かしいものでまなびストレート等や今年亡くなった出崎統監督全作品を上映(あしたのジョー2やairなど)17日間の長期イベントですが、これはちと仰天しました。

とにかく、富山県や徳島県と言い力入っています。
特に徳島県はそのイベント2月と5月、10月にイベントするみたいです。
秋は今後ある種戦争になるだろうと思います。
因みに、キタエリのミニライブが終わってパラソルショップで買い物してた時に「キタエリのブース」では買った人に彼女自身から手渡しがありそこでも生で見れて「マチアソビ恐るべし」と鳥肌が立ちました。
あ、俺は予算の都合で遠慮しました。(^_^;)

ガブリエルさん

おおそういう経緯が。だんだん外部にも名前が知れ渡るようになってきているのでイベント企画として成功を収めているといえそうですかね。

>とにかく、富山県や徳島県と言い力入っています。

富山はttとかいろはでしたっけ。
PA系のアニメの舞台になることが多いですね。あれ?いろはは石川だっけか。

>「キタエリのブース」では買った人に彼女自身から手渡しがありそこでも生で見れて「マチアソビ恐るべし」と鳥肌が立ちました。

それはたしかに価値がある。
もしも余裕があればあざとくも買ってしまいそうですねw

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

Fate/Zero 第二話 偽りの戦端

Fate/Zero 第2話。 役者が揃い始め、戦いの火蓋が切って落とさる―――。 以下感想

Fate/Zero -フェイト/ゼロ- 第2話 「偽りの戦端」 感想

開戦間近―

Fate/Zero 第2話 『偽りの戦端』

7人目の英霊召喚 マスターもサーヴァントもド変態でした\(^o^)/

Fate/Zero 第2話 「偽りの戦端」 感想

イスカンダルボイスに征服された・・・!(笑)ウェイバーのこれからも楽しみですが、言峰の目的や、新たに登場した雨生も気になるところですね。Fate/Zero 第2話 「偽りの戦端」 感想です。

Fate/Zero第2話「偽りの戦端」

 令呪を与えられた魔術師達は、獲得した聖遺物を媒体としてサーヴァントを召喚した。切嗣はセイバー、時臣はアーチャー、ケイネスはランサー、綺礼はアサシン、それぞれの特殊な力を持った英霊達が現代に蘇った。そして最も若く未熟なウェイバーの目の前にも、自信の手駒

Fate / Zero 第2話 「偽りの戦端」

ゆっこ「聖杯といえば、最初に問うておくべきだった。 ちゃんみおよ、貴様は聖杯をどうやって使う」 みお「え~?やっぱ、笹原先輩が私の事好きになったり~、

Fate/Zero 第02話

関連リンクhttp://www.fate-zero.jp/第二話 偽りの戦端いよいよ召喚された英霊さてここからどう動くのか!?ウェイバーはある場所に忍び込んでいたしかしウェイバーの英霊はそんなことお構いなしに派手にシャッターから出てくるその英霊はイスカンダルどうやら忍び込...

Fate/Zero 第02話 『偽りの戦端』

伝説のアーサー王は小さな女の子だった! 切嗣はいたく気分を害した様子。そりゃ普通は驚きます。だって後世に男だって伝わっている訳じゃないですか。ひょっとして違うの呼んじゃった?と冷や汗をかかされた反動もあるのかもしれない。 ・・・そう思ったら違いまし?...

Fate/Zero 2話感想

まず本作の放送形態についてですが、どうやら分割2クールとなるようです。本作は12月まででその後一旦休憩をはさみ、2期目は来春4月からスタートとのこと。 サブタイトル「偽りの戦端」 サーヴァントの...

Fate/Zero 第2話 「偽りの戦端」 感想

 好調な出だしを切ったFate/ZERO(フェイトゼロ)。この勢いはどこまで続くんでしょうか…?今回は前回召喚されたサーヴァントメインに、話は聖杯戦争に向けて進んでいきます。とにかくアニメでライダー陣営のやりとりが観れてもう幸せです~。今回も大満足な1...

【Fate/Zero 第二話 偽りの戦端 感想】

キャスター怖すぎだろ・・・jk あれは悪魔の笑顔だわー 夢に出てきそうだから困る 話のほうはまだ本格的には始まってないですが、それでも十分楽しめています

Fate/Zero 第2話「偽りの戦端」

『アインツベルンの森の中で戯れる切嗣と娘のイリヤスフィール。 その微笑ましい様子を城から見つめていたセイバーは、 召喚された時から、一度も口をきこうとしない切嗣の人柄を理解できずにいた。 また、...

Fate/Zero 第2話 「偽りの戦端」

「地を這う虫ケラ風情が、誰の許しを得て面を上げる?貴様は我を見るに能わぬ。虫ケラは虫ケラらしく、地だけを眺めながら死ね」 王の財宝(ゲート・オブ・バビロン)によってアサシンは瞬殺されちゃいました( ゚д゚) ギル様のこの我様的なセリフにしびれる(;´∀`)

Fate/Zero 第02話 感想

 Fate/Zero  第02話 『偽りの戦端』 感想  次のページへ

Fate/Zero 第2話「偽りの戦端」 感想

マスターとサーヴァントが揃い踏み 召喚されたサーヴァントを伴い聖杯戦争に向け準備を始めるマスターたち。 それぞれの思惑を胸に抱えつつ聖杯戦争が迫る中で全てのマスターが聖杯に選ばれ。 聖杯戦争開戦直前の中で早速敵対者に仕掛けるものが現れ始め…。 聖杯戦争...

Fate/Zero #2「偽りの戦端」感想

各陣営がそれぞれの英霊と作戦を練る第二話ウェイバーはイスカンダルの征服王をライダーとして召喚こっちのペアは見ていて和むなぁそれにしても正反対の二人だわ口が豪快のライダーですが力はホンモノみたいですね一方、セイバー陣営は切嗣はアーサー王が女だと驚いた模様...

■Fate/Zero【第二話】偽りの戦端 -172:33:29

Fate/Zero #02の視聴感想です。 野望。 父娘。 救済。 殺人鬼。 強襲。 光栄であります、お姫様。 ↑さぁポチッとな

アニメ「Fate/Zero」 第2話 偽りの戦端

Fate/Zero Vol.2 -王たちの狂宴- (書籍)(2007/03/31)Windows商品詳細を見る 虫けらは虫けららしく、地だけを眺めながら、死ね。 「Fate/Zero」第2話のあらすじと感想です。 散る。 (あらすじ) シャ...

Fate/Zero 第2話 「偽りの戦端」 感想

今回も面白かったですね。 30分がアッという間でしたよ。 王の財宝(ゲート・オブ・バビロン)の演出が格好良くて素敵でした! ディーンの時とは、大違いですよ。 アインツベルンの森の中で戯れる...

Fate/Zero #2 「偽りの戦端」

Fate/Zero #2 「偽りの戦端」 いやぁ第1話は1時間で2話からは30分になったわけだけど・・・・ 面白い!!!! 惹きつけるねー。前にも書いたけど原作は未読・未プレイ・1期のアニメは途中まで見てま...

『Fate/Zero』 第二話「偽りの戦端」  ― いきなりボロボロにされたアサシンの明日はどっちだ。

ちょっと俺もクルミの冬芽探してくる。 Fate/Zero(1) 第四次聖杯戦争秘話 (星海社文庫)(2011/01/12)虚淵 玄、武内 崇 他商品詳細を見る 完全に心を持ってかれました。 Fate自体まったくと言って...

『Fate/Zero』#2「偽りの戦端」

文「貴様は俺を見るに値わぬ。 虫けらは虫けららしく地だけを見ながら死ね」 まさかの分割2クールが判明した『Fate/Zero』。 だがまぁ、このクオリティを継続させるためには、多少時間があったほうが… ...

Fate/Zero #2

【偽りの戦端】 Fate/Zero (2) (角川コミックス・エース 345-4)著者:真じろう角川書店(角川グループパブリッシング)(2011-10-01)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る やっぱ ...

Fate/Zero 第2話 「偽りの戦端」

英霊もついに最後の一人が召還され、いよいよ聖杯戦争開戦。 ライダーとウェイバーのコンビは どっちが主かわかりませんねw 時代は違っても王は 王の威厳があるというか豪快なライダー(笑) 今は小物の...

Fate/Zero 2話「偽りの戦端」感想

聖杯戦争勃発 まだ全員でそろってないのに いきなり被害者が出てしまいました 次は誰が死ぬんですカネ?

Fate/Zero 第2話

Fate/Zero 第2話 『偽りの戦端』 ≪あらすじ≫ 聖杯戦争に合わせて呼び出される過去の英雄・英霊たち。サーヴァントと呼ばれる形によって現代に一時的に蘇る彼らは、規格外の存在であった。 ウェイバー...

Fate/Zero第2話感想。

誰かが言った、この作品最大の萌えキャラはウェイバーだと。 弟分にしたいキャラって言うのかね(笑) 以下、ネタバレします。ご注意を。 (PCゲーム《Fate/Stay night》 及び 《Fate/hollow ataraxia》の重大なネタバレも含みます)

Fate/Zero 第2話「偽りの戦端」

UFOなのにEDがクレイアニメじゃないだと… そんなことを思ったFate/Zero2話の感想です。 MEMORIA(期間生産限定盤 )(アニメ盤)(DVD付)(2011/10/19)藍井エイル商品詳細を見る

【アニメ】 Fate/Zero 第2話 「偽りの戦端」 感想

  私が聖杯に託す願いもまた同じです Fate/Zero 第2話 「偽りの戦端」 の感想です。

Fate/Zero 2話「ロリイリア=ロリアが可愛すぎる。キャスターの非道さも見事」(感想)

イリア可愛い。イリア可愛い。 彼女の可愛さとは裏腹に 血生臭い展開が今後は多くなっていくのでしょうね。 1話の説明会から比べると ずいぶんすっきりした内容に収まった2話。 この見やすさが続け...

偽りの戦端

キャスターだけ出番が一周遅れとか可愛そうすぎる……。 先週で出してたら、尺が足りなかったんだろうか? サーヴァントとマスターとの会話が今回多かったですが、おっさん衆 ...

Fate/Zero:2話感想

Fate/Zeroの感想です。 着々と戦争参加者が増えている模様。

Fate/Zero 第2話 10/9 あらすじと感想

それぞれの召喚。 ウェーバーくんが召喚したサーヴァント「ライダー」はイスカンダル大王らしい。アレキサンダー大王のことですね。豪快な人物らしく、マスターたるウェーバーく ...

Fate/Zero 第2話 偽りの戦端

ウェイバーの願望は己の沽券を示す事で、っそれを小さいと言うライダー。 その素性は征服王イスカンダルで、正体を知られる事が不利となる聖杯戦争なのに、隠そうともしない豪放 ...

Fate/Zero 第二話 「偽りの戦端」

小さい!狭い!あほらしい!

アニメ Fate/Zero(フェイト ゼロ) 第2話「偽りの戦端」 感想

衛宮切嗣とセイバー、ウェイバー・ベルベットとライダー、マスターとサーヴァントの関

Fate/Zero 第2話「偽りの戦端」感想

◆あらすじ アインツベルンの森の中で戯れる切嗣と娘のイリヤスフィール。 その微笑ましい様子を城から見つめていたセイバーは、 召喚された時から、一度も口をきこうとしない切嗣の人柄を理解できずにいた...

Fate/Zero 第2話「偽りの戦端」

MEMORIA(期間生産限定盤 )早く2話が見たくて待ち遠しかったですよ! 今回は、それぞれのサーヴァントの紹介的な展開とかでした。

Fate/Zero 第02話 「偽りの戦端」 感想

「一見さんお断り」  第1話はそんな雰囲気もあった、と多くの方が書いていました。 はい、その「一見さん」の管理人です。「お断り」されないよう頑張ります。 予習に第1話を見返してみたら、ちょっとは覚えてきた気分。

Fate/Zero 第2話 感想

ライダーさんデカい!結構強そうだな! ウェイバーとは相性が悪いみたいだけどね・・・ 意外とこういうペアが後から活躍するとかありそうだよな 旅に地図は必要不可欠ってなんか結構普通なも...

Fate/Zero 第2話「偽りの戦端」

ウヴァさんスマイルを彷彿とさせるありえない笑顔。

Fate/zero~第二話「偽りの戦端」

 奇跡をかなえるという聖杯を求める7人の魔術師。第2話場面1 ウェイバー&ライダー ウェイバーが召還したライダーは世界征服をたくらむ一方、ウェイバーがほしいのは教会での...

イリヤ降臨!そして青髭さんはきっとキュゥべえのおともだち。『Fate/Zero』2話。

1話の1時間スペシャルの翌週となるこの2話。クオリティを落とすことなく、やってのけた。イリヤの、父・切嗣との、温かい交流のシーンを観て、彼女の10年後の想いを考えると ...

Fate/Zero 2話感想

遅れながらも更新。 まだZeroはプロローグの段階です。

Fate/Zero 第2話

 少年を殺す悪魔さんのやり方。一度逃がしてあげると見せかけて、いきなり殺すっていう残虐さ。

Fate Zero 第2話 「偽りの戦端」感想

Fate Zero 第2話 「偽りの戦端」感想 イリヤ・カワユス

Fate/Zero 第二話「偽りの戦端」~切嗣の愛した者~

作    画:10(優しい顔の切嗣は貴重かも) ストーリー:9(各陣営が動き出す) アクション:10(華麗なるアサシンの潜入能力) 萌    え:10(愛らしいイリヤとパパ切嗣に)

Fate/Zero #02「偽りの先端」

ウェイバーとロリ少女かわええええええ(*´Д`)ハァハァ 征服王イスカンダルがかっけええ。 王様ですね。自分の嘗ての領地がどうなっているかと聞くシーンはちょっとドキドキしました。 小さくなっていると聞いて...

Fate/Zero 第2話 「偽りの戦端」 感想 + プチ情報

「Fate/Zero」  第2話 「偽りの戦端」 の感想記事です。   1話同様クオリティー高いですねー。   次週への繋ぎ方が上手い!

Fate/zero #02 『偽りの戦端』 感想

  それぞれの思惑と正義を胸に徐々に交わり出す戦士の刃。 生死を賭け始まる聖杯戦争、その序章―

Fate/Zero 第2話 「偽りの戦端」

大魔術グリーンリバーライト

Fate/Zero 第2話 「偽りの戦端」

「地を這う虫ケラ風情が、誰の許しを得て面を上げる?」 30分が早い早い。先が分かっているのにイヤでも画面に釘付けになる「Fate/Zero」第2話の感想。 あまりの出来の良さに放送後は龍之介みたく「...

Fate/Zero「第2話 偽りの戦端」/ブログのエントリ

Fate/Zero「第2話 偽りの戦端」に関するブログのエントリページです。

(アニメ感想) Fate/Zero 第2話 「偽りの戦端」

Fate/Zero(1) 第四次聖杯戦争秘話 (星海社文庫)(2011/01/12)虚淵 玄、武内 崇 他商品詳細を見る アインツベルンの森の中で戯れる切嗣と娘のイリヤスフィール。 その微笑ましい様子を城から見つめてい...

Fate/Zero 第2話「偽りの戦端」

連続殺人犯の雨生龍之介は、悪魔召喚の本に書かれていた儀式を面白半分で実行した結果キャスターを召喚、マスターになってしまう。 キャスターの殺人美学に心酔した龍之介は、これから始まる狂気の日々に胸...

Fate/Zero 第2話「偽りの戦端」

続いて第2話の感想も書いて行こうと思うんだぜぇい(^-^)/ 前回は前置きが無駄に長かったので、さっさと本題いっちゃいますね o(_ _*)o ※ネタばれは含みますので・・・・ 第1話でも最後にOP流れてたけど、紹介するの忘れてた\(゜□゜)/ というか、第2話?...

Fate/Zero 2話 「偽りの戦端」 (アニメ感想)

【あらすじ】 アインツベルンの森の中で戯れる切嗣と娘のイリヤスフィール。 その微笑ましい様子を城から見つめていたセイバーは、 召喚された時から、一度も口をきこうとしない切嗣の人柄を理解できずにい...

Fate/Zero 第2話 「偽りの戦端」

前回の1時間初回スペシャルに続いて、今回も最初から最後まで超絶クオリティ! 冒頭からライダーとウェイバーコンビで俺得すぎるっ! もうね、本当に自分は原作既読なので、特にこのコンビに対しては胸熱す...

Fate/Zero 第二話 偽りの戦端

イリヤが可愛すぎて参る (´ー`)y-~>挨拶 ※この日記は【Fate/Zero】のネタバレが含まれています。 読まれる方は、くれぐれも御注意を。 【Fate/Zero】シリーズについて御意見、御感想あれば聞かせて下さい。 ※リョウさんへ。始まりましたねFate/…

ブログ内人気ページ

【未来ノスタルジア】応援バナー

プロフィール


Author:ムメイサ

カテゴリー

アーカイブ

2019年 06月 【4件】
2019年 05月 【8件】
2019年 04月 【7件】
2019年 03月 【15件】
2019年 02月 【23件】
2019年 01月 【23件】
2018年 12月 【8件】
2018年 11月 【7件】
2018年 10月 【11件】
2018年 09月 【6件】
2018年 05月 【5件】
2018年 04月 【13件】
2018年 03月 【16件】
2018年 02月 【30件】
2018年 01月 【33件】
2017年 12月 【11件】
2017年 11月 【4件】
2017年 10月 【10件】
2017年 09月 【8件】
2017年 08月 【8件】
2017年 07月 【8件】
2017年 06月 【8件】
2017年 05月 【16件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【37件】
2017年 02月 【13件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【15件】
2016年 11月 【7件】
2016年 10月 【13件】
2016年 09月 【14件】
2016年 08月 【14件】
2016年 07月 【12件】
2016年 06月 【14件】
2016年 05月 【9件】
2016年 04月 【13件】
2016年 03月 【15件】
2016年 02月 【10件】
2016年 01月 【7件】
2015年 12月 【27件】
2015年 11月 【16件】
2015年 10月 【26件】
2015年 09月 【34件】
2015年 08月 【17件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【32件】
2015年 05月 【26件】
2015年 04月 【27件】
2015年 03月 【20件】
2015年 02月 【18件】
2015年 01月 【33件】
2014年 12月 【35件】
2014年 11月 【38件】
2014年 10月 【26件】
2014年 09月 【26件】
2014年 08月 【14件】
2014年 07月 【22件】
2014年 06月 【20件】
2014年 05月 【17件】
2014年 04月 【14件】
2014年 03月 【37件】
2014年 02月 【32件】
2014年 01月 【34件】
2013年 12月 【26件】
2013年 11月 【29件】
2013年 10月 【29件】
2013年 09月 【23件】
2013年 08月 【17件】
2013年 07月 【27件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【25件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【27件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【37件】
2012年 12月 【26件】
2012年 11月 【27件】
2012年 10月 【34件】
2012年 09月 【28件】
2012年 08月 【26件】
2012年 07月 【39件】
2012年 06月 【35件】
2012年 05月 【30件】
2012年 04月 【43件】
2012年 03月 【36件】
2012年 02月 【36件】
2012年 01月 【20件】
2011年 12月 【34件】
2011年 11月 【25件】
2011年 10月 【72件】
2011年 09月 【42件】
2011年 08月 【52件】
2011年 07月 【53件】
2011年 06月 【45件】
2011年 05月 【49件】
2011年 04月 【59件】
2011年 03月 【36件】
2011年 02月 【47件】
2011年 01月 【49件】
2010年 12月 【43件】
2010年 11月 【43件】
2010年 10月 【43件】
2010年 09月 【42件】
2010年 08月 【41件】
2010年 07月 【40件】
2010年 06月 【41件】
2010年 05月 【38件】
2010年 04月 【41件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【45件】
2010年 01月 【49件】
2009年 12月 【42件】
2009年 11月 【36件】
2009年 10月 【35件】
2009年 09月 【57件】
2009年 08月 【47件】
2009年 07月 【46件】
2009年 06月 【58件】
2009年 05月 【63件】
2009年 04月 【52件】
2009年 03月 【52件】
2009年 02月 【39件】
2009年 01月 【51件】
2008年 12月 【61件】
2008年 11月 【61件】
2008年 10月 【68件】
2008年 09月 【69件】
2008年 08月 【59件】
2008年 07月 【63件】
2008年 06月 【50件】
2008年 05月 【49件】
2008年 04月 【47件】
2008年 03月 【59件】
2008年 02月 【68件】
2008年 01月 【64件】
2007年 12月 【62件】
2007年 11月 【71件】
2007年 10月 【63件】
2007年 09月 【59件】
2007年 08月 【52件】
2007年 07月 【51件】
2007年 06月 【31件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【21件】

アクセスランキング

検索BOX・タグ一覧