RSS

企画

ごちうさ

PCゲーム

ゆずソフト

輪るピングドラム 第15話 「世界を救う者」

輪るピングドラム 1(期間限定版) [Blu-ray]
痺れるねぇ…
ということで今週も佐藤君のこの台詞に痺れた(ぉ 本編内容はそれぞれの因縁が交錯し桃香の日記の秘密もついに明かされていよいよ本格的に盛り上がってきた!痺れるねぇ。


桃香登場。まさか愛生さんとはw 今まで桃香日記のデスティニーなんてただの妄言かと思ってきたけどゆりの回想を見るとどうやら本当に特殊な力のある代物だったらしい。

世界の未来の運命を予知できてかつそれを世界ごと乗り替えることができる、がそれには己の体で支払う代償があり変わった世界について感知できるのは自分だけであると。未来日記とシュタゲのDメールと魔眼リーディングシュタイナーなどが混ざったようなイメージかな。

今の世界に桃香が居ないのは運命を乗り換えたためでゆりはそれを取り戻そうとしている。桃香が乗り換えた運命線というと丁度その日に生まれたという苹果に関係あるんだろうな。例えば自分の母がその日に地下鉄で死ぬ運命だったとか。

それを助けた結果として自分は事故に巻き込まれたことになって存在ごと消えてしまったが苹果として生まれ変わることとなり、母親もその日まで苹果を妊娠していた世界に変わったのかもしれない(元の世界では苹果の存在も妊娠も無かった)。もしくは多蕗を助けたのか。

とりあえず苹果の存在は乗り換えられた運命の上にあるようでゆりが桃香を取り戻すためにそれを乗り換えるというのであれば今度は苹果が消える世界線に移項するのかもしれない。ゆりも晶馬もすっきり終わるには苹果=桃香ということでゆりが納得してくれる形かな。

そんなこんなでストーリーも謎もクライマックスに向けいよいよ盛り上がってきた!


ゆりのクズ父親のアレなシーンも描かれた今回。
"彫る"や"タワー"を性的虐待の隠映だと思うと嫌な展開だ(;^ω^)

「女優を甘くみないことね」とゆりさんだけど4階くらいから飛び降りるアクションを見せて女優とかもはや関係ないレベルだろw しかも相手は暗視スコープつけてるからまだしもゆりさんは暗闇でなんで打ち返せてるの!?生身の人間とは思えない戦闘力なんだが(ノ∀`)

日記を盗られた!と思ったらダミーだった。流石は女優、抜け目ない。

ダブルHがいい娘達だー(ガビーン
あのマフラー送ったらうっざーとか言って破り捨てられるかと思ってましたサーセンw

医者の佐藤君はいったいどういう立居地の存在なんだろう。このアニメは現実を空想比喩的に誇張する表現もあれば実際にファンタジー的に突飛な展開が起こっていることもありそれらが混ざっているので巧い具合に現実と空想がぼやかされていて、どこまでが現実でどこまでが虚構なのか、普通の人間なのか特殊な存在なのかということも怪しくなってくる。

輪るピングドラム (中) (一般書籍)輪るピングドラム (中) (一般書籍)
幾原 邦彦・高橋 慶 星野 リリィ
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

【輪るピングドラム 第15話 世界を救う者 感想】

桃果可愛すぎワロタwww 髪の色ピンクとかマジ天使すぎるだろwww ピンク色だからピンクノートとか?w しかしこれ、桃果は苹果ちゃんに乗り換えをしたんだろうか? うーむ、話が進むのは嬉しいが逆に謎が増える一方だから困る(笑)

【アニメ】輪るピングドラム 15話 ゆりの運命を自由にしてあげる

輪るピングドラム 15話「世界を救う者」 の感想を 全ての中心にいたと思われていた「桃果」 でも、話はそれだけでは終わらなかった 全ての中心にいながら、世界の中心、さらに運命の中心にいたとは…

輪るピングドラム15話「荻野目桃果登場。昭和と平成で運命を乗り換える意味とは」(感想)

いよいよ物語の核心を担う荻野目桃果が登場。 彼女が持つ力は「運命を乗り換える」力。 それこそがピングドラムだったのです。 今回から新OPがお目見え。 ますます目が離せない作品です。 個人的に...

輪るピングドラム 15 「世界を救う者」

輪るピングドラム 15th STATION 「世界を救う者」 です。 なんだか、

『輪るピングドラム』#15「世界を救う者」

「今度は私が日記の呪文で運命を乗り換える。 桃果をこちらの世界に取り戻すのだ」 OP変わりましたね~。 苹果にきつく言い過ぎたと反省する晶馬。 その苹果から自暴自棄気味なメッセージが電話に入っていたため、 慌てて電話をかけなおすが、 彼女は晶馬みたい...

輪るピングドラム 第15話 「世界を救う者」

隣の部屋かよ!(笑) 苹果が大ピンチって 晶馬も温泉に来て隣の部屋だったw これはご都合主義の偶然でなく、運命の乗り換えが起きているのかもね。 ▼ 輪るピングドラム 第15話 「世界を救う者」  今回からOP変わりました♪ 映像がいい感じで、これから?...

輪るピングドラム 第15話 「世界を救う者」 感想

ゆりの過去話が中心のエピソード。 桃果の”能力”に驚きです。

【輪るピングドラム】15話 真砂子さんが期待を裏切らない活躍だったw

輪るピングドラム #15 世界を救う者 841 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2011/10/21(金) 02:39:16.72 ID:j3JWlrC10 すげぇ・・・としか言えない なんかやたら壮大...

「輪るピングドラム」15話 世界を救う者

あの苹果のピンチに颯爽と晶馬が現れたらかっこいいよねとは思ったけど脈絡がなさ過ぎるから無理かと思ってたら隣の部屋に居たァ! なんじゃあそりゃあ。 しかし壁にコップを当てて聞いたら隣に丸聞こえって...

輪るピングドラム:15話感想

輪るピングドラムの感想です。 愛っていうのは一番美しいようで、一番怖いものなんだろうね。

輪るピングドラム 第15話「世界を救う者」感想

 今回はゆりの過去話。ゆりの過去だけでなく、生前の桃果がどんな子だったのかも分かる大事な1話になっていました。苹果、本当に桃果に似過ぎ~。そして運命の乗り換えとは一体…?

輪るピングドラム #15

【世界を救う者】 輪るピングドラム 1(期間限定版) [Blu-ray]出演:高倉冠葉(木村昴)キングレコード(2011-10-26)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る ようやく新OPキター(゚∀゚)ー! 

輪るピングドラム 第15話「世界を救う者」

今回から新OP!! ラストの三人がそれぞれ別の場所に向かってる感じなのが気になる… …眞利はやっぱりラスボス的な立ち位置なんですかね? 商店街の福引で温泉旅行をあてた友人と旅館へやってきていた晶馬 ...

アニメ 輪るピングドラム 第15話「世界を救う者」 感想

時籠ゆりのカミングアウトから苹果ちゃん危機一髪!と思いきや、ゆりの悲しすぎる過去

輪るピングドラム 第15話 「世界を救う者」

今回はかなり重要な人物が登場。「輪るピングドラム」の第15話。 遅ればせながらの新オープニング「少年よ我に帰れ」 桃香?の後ろ姿が・・・ 晶馬に避けられた失意の苹果がゆりに連れ出された旅館...

輪るピングドラム #15 「世界を救う者」

救われた自分と願いの代償  どうも、管理人です。またしても寝落ちしてたせいで、身体がだるいです…。とりあえず、ひだラジ聞きながら記事書きますw 苹果:「私もうメチャメチャにされちゃうから、あなたのせいだからね」  今回の話は、ゆりの過去と夏芽来...

[アニメ]輪るピングドラム 第15話「世界を救う者」

「何者にもなれないお前たちに告ぐ。     世界を変え、世界を救う者となれ」

輪るピングドラム 15話 感想

輪るピングドラム 15話 感想 晶馬について。 晶馬の苹果への想いが少々複雑になり始めてきたかも。もともと晶馬は人を気遣う性格だと思うが、両親のことがあるんで人を傷つけるって事にとても敏感になっ...

輪るピングドラム 第15話 「世界を救う者」 感想

ガッガッガガッガッ。繰り返し響く「のみ」の音。まぁ痛々しいこと。 そして家族という名のもとの愛。家族愛ってなんだろうか。 最近、この作品は「謎」というよりも「問いかけ」が多いように感じます。

輪るピングドラム 15TH STATION 世界を救う者 レビュー  

新OPキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! えっっマジ?  なんと、晶馬も時籠と苹果が来ている旅館に泊まっているという奇跡! これも運命なのかっっ どうやら晶馬の友達の山下君が福引きで 当てて、晶馬を一緒に連れてきたらしい。ちょっっと…苹果から 着信してるじゃん?...

輪るピングドラム15話の感想的な何か

ピングドラム15話がいい感じだったので 調子に乗ってレビュー()やら考察()やらを つらつらと書いてみる。

その舞台設定はもうお腹いっぱい(ギルティクラウンとかピングドラムとか)

【UN-GO 第2話】元アイドルプロデューサーさんが殺されるお話。事件捜査スタート地点が、被害者の娘がぽつりとつぶやいた一言っていうところを除けば、順当な捜査、推理モノだった ...

ブログ内人気ページ

プロフィール


Author:ムメイサ

カテゴリー

アーカイブ

2019年 09月 【3件】
2019年 08月 【4件】
2019年 07月 【4件】
2019年 06月 【4件】
2019年 05月 【8件】
2019年 04月 【7件】
2019年 03月 【15件】
2019年 02月 【23件】
2019年 01月 【23件】
2018年 12月 【8件】
2018年 11月 【7件】
2018年 10月 【11件】
2018年 09月 【6件】
2018年 05月 【5件】
2018年 04月 【13件】
2018年 03月 【16件】
2018年 02月 【30件】
2018年 01月 【33件】
2017年 12月 【11件】
2017年 11月 【4件】
2017年 10月 【10件】
2017年 09月 【8件】
2017年 08月 【8件】
2017年 07月 【8件】
2017年 06月 【8件】
2017年 05月 【16件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【37件】
2017年 02月 【13件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【15件】
2016年 11月 【7件】
2016年 10月 【13件】
2016年 09月 【14件】
2016年 08月 【14件】
2016年 07月 【12件】
2016年 06月 【14件】
2016年 05月 【9件】
2016年 04月 【13件】
2016年 03月 【15件】
2016年 02月 【10件】
2016年 01月 【7件】
2015年 12月 【27件】
2015年 11月 【16件】
2015年 10月 【26件】
2015年 09月 【34件】
2015年 08月 【17件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【32件】
2015年 05月 【26件】
2015年 04月 【27件】
2015年 03月 【20件】
2015年 02月 【18件】
2015年 01月 【33件】
2014年 12月 【35件】
2014年 11月 【38件】
2014年 10月 【26件】
2014年 09月 【26件】
2014年 08月 【14件】
2014年 07月 【22件】
2014年 06月 【20件】
2014年 05月 【17件】
2014年 04月 【14件】
2014年 03月 【37件】
2014年 02月 【32件】
2014年 01月 【34件】
2013年 12月 【26件】
2013年 11月 【29件】
2013年 10月 【29件】
2013年 09月 【23件】
2013年 08月 【17件】
2013年 07月 【27件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【25件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【27件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【37件】
2012年 12月 【26件】
2012年 11月 【27件】
2012年 10月 【34件】
2012年 09月 【28件】
2012年 08月 【26件】
2012年 07月 【39件】
2012年 06月 【35件】
2012年 05月 【30件】
2012年 04月 【43件】
2012年 03月 【36件】
2012年 02月 【36件】
2012年 01月 【20件】
2011年 12月 【34件】
2011年 11月 【25件】
2011年 10月 【72件】
2011年 09月 【42件】
2011年 08月 【52件】
2011年 07月 【53件】
2011年 06月 【45件】
2011年 05月 【49件】
2011年 04月 【59件】
2011年 03月 【36件】
2011年 02月 【47件】
2011年 01月 【49件】
2010年 12月 【43件】
2010年 11月 【43件】
2010年 10月 【43件】
2010年 09月 【42件】
2010年 08月 【41件】
2010年 07月 【40件】
2010年 06月 【41件】
2010年 05月 【38件】
2010年 04月 【41件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【45件】
2010年 01月 【49件】
2009年 12月 【42件】
2009年 11月 【36件】
2009年 10月 【35件】
2009年 09月 【57件】
2009年 08月 【47件】
2009年 07月 【46件】
2009年 06月 【58件】
2009年 05月 【63件】
2009年 04月 【52件】
2009年 03月 【52件】
2009年 02月 【39件】
2009年 01月 【51件】
2008年 12月 【61件】
2008年 11月 【61件】
2008年 10月 【68件】
2008年 09月 【69件】
2008年 08月 【59件】
2008年 07月 【63件】
2008年 06月 【50件】
2008年 05月 【49件】
2008年 04月 【47件】
2008年 03月 【59件】
2008年 02月 【68件】
2008年 01月 【64件】
2007年 12月 【62件】
2007年 11月 【71件】
2007年 10月 【63件】
2007年 09月 【59件】
2007年 08月 【52件】
2007年 07月 【51件】
2007年 06月 【31件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【21件】

検索BOX・タグ一覧