ムメイサの隠れ家

放送中の深夜アニメの各話毎の感想を中心に更新しています。全話視聴したアニメ作品の総評なども。

ハイスクールD×D 第5話 「元カノ、倒します!」

ハイスクールD×D Vol.1 [Blu-ray]
「赤と赤で相性ばっちりね…」
終盤でセクシーなスキンシップをお見せになったリアス先輩が良かったw 今週もシリアス展開全快だったけど常に見えているせいでどこか緊張感がないから困るw
「腐った餓鬼が気安く名前を呼ぶんじゃないわよ!」
ぶりっこしたり顔芸したりこの生天目さんは大活躍過ぎるw

リアス先輩と対峙していたかませ犬堕天使共一掃。
そのうちの一人なんて一話から出てきて思わせぶりな台詞までいっておいてこの様かw

アーシアの死に一誠覚醒。中の人的に丁度さっきまで見てた某アニメと内容が被るなw
「クズは区別しなくちゃならない」とか言い出さないでよかった(ノ∀`)

Koneko「部長…もってきました」(ズルズル
小猫ちゃんいい仕事(^ω^) しかし引きずりながらもってきました発言は笑ったw

「一誠君・・・助けて。あんなこと言ったけど(ry」 (゚д゚ )
ここにきて再びぶりっこで助かろうとするクズ堕天使、ここまでくると逆に驚いたw
もう背景を幽遊白書の暗黒武術大会会場の殺せ!殺せ!に変えたい流れ(笑)

これには流石の一誠も呆れを通り越したらしくリアス先輩の手によりゆうま消滅。
ギアは取り返さなくていいのか?と思ったら悪魔としての転生で蘇らせるのか。

「お呪いよ、強くおなりなさい。」(チュッ
リアス先輩!!先輩のご褒美と可愛がり御姉様っぷりが素敵だった!そしてアーシアも加わり賑やかな学園生活はこれからも続く。いい最終か・・・・・

子安「いい最終回だった!」 !?
この場面に対して視聴者の誰もが言おうと思った台詞を謎の新キャラに言われてしまったw
当然ジョークということでまだ続くけど今回で本当に最終回っぽい終わり方だったなw

次回予告はリアス先輩が!?うおおおおおお!久々に待ちに待った日常コメディー回か!リアス先輩にアーシアの戦力も加わり小猫ちゃんの容赦ないつっこみもありそうだし楽しみだ。
関連記事
にほんブログ村 アニメブログへ
ブログランキング参加中。押していただけると励みになります。
いい最終回
小学生は最高だぜ!とかも言い出さなくてよかったです。
子安さんきたー
セリフとらないで!
[ 2012/02/14 18:21 ] [ 編集 ]
リ:バースさん
子安さんはこういうアニメでは悪役が多いようなw
あ、でもトラブルは違ったか。
[ 2012/02/20 22:31 ] [ 編集 ]
初めまして
初めまして、管理人様。

私はレイナ-レについて、そして彼女の最期の場面とその時の彼女に対するイッセーの態度について、管理人様とは違った感想を持っています。

正直「何こいつ気持ち悪い」と思われるかもしれません。悪女に惚れたバカな人間のたわごととして聞き流していただいても構いません。

正直私はレイナーレが大好きです。上にも書きましたが「惚れた」という感じです。彼女の美貌に、彼女の仕草一つ一つに例えようもない魅力を感じて心をときめかせていました。「なぜあんな最低の悪女を?」と聞かれても「惚れたから」としか答えようがありません。そんな私が彼女について思うことを述べます。もちろん身びいきは当然入ってくるとは思います。

確かにあのレイナーレのイッセーやアーシアの言動を見たら、憤りを感じて彼女の哀れな最後を見ても同情など覚えず「自業自得だ」「溜飲を下げた」と思われる方が多いと思います。 でも、私はレイナーレの「私を馬鹿にした奴らを見返してやるのよ!」という言葉に「きっと彼女もあのようになるのにはそれなりの事情…つらく、屈辱的な体験があったのだろう」と思いました…そして、彼女が事あるごとに口にする「私は至高の堕天使」という言葉、多くの方は傲慢さの表れと思われると思いますが、前述の言葉が頭に強く残っている私は劣等感の裏返しとしか思えず、むしろとても痛々しく感じました。

彼女の「至高の堕天使としての誇り」が一度自分の優位が崩れるやたちまちの内に崩壊し、後はイッセーの怒りやリアスの冷たい殺意の前に全く無抵抗で脅えることしかできなかった事がそれを証明していると思います。彼女は自分の劣等感を、弱さを覆い隠すために必死で虚勢を張っていたに過ぎなかった…そう、彼女は決して「戦士」ではなかったのだと私はイッセーやリアスに追い詰められて脅える哀れな彼女を見て思いました。だから私は彼女が最後に見せたあの言動を「見苦しい」とも「卑怯」だとも思いませんでした。「戦士」ではなかった彼女は、多くの人が死の危機にさらされた時に見せる行動を取っただけなのだと…

私は彼女は(少なくとも彼女の考えでは)誰にも心から愛された事がなかったのではないかと思います。あの美貌に素晴らしい肉体美の彼女です。言い寄る男は多かったでしょう。でも、彼女はきっと「所詮、この男たちは皆、私の体だけが目当て…」と思っていたのではないかと考えます、。そこで彼女は自分の美貌を…肉体を男たちを篭絡して手玉に取る手段として用い、非道な手を使ってでも目的を達成する…そんな風になっていったのではないかと推測します。

そう考えれば彼女のあのイッセーに対する酷い態度も納得がいくんですよね…自分の豊かな胸を覗き込むイッセーに彼女はそれまで会ってきた男たちに対するのと同様の感情を抱いたのではないでしょうか…

そして思うんです…そんな彼女の前に、彼女のためならどんな危険もいとわず、自らを犠牲にしてでもただひたむきに彼女を愛する者が現れたなら、彼女はどうだったのだろうか?あの凍てついた心が癒され、彼女は「本当の幸せ」を手に入れることが出来たのではないだろうか…と。そう考えると、あの彼女の最期が痛ましくてならないのです。

確かに彼女はイッセーやアーシアに酷い仕打ちをしました。でも、それでも私はイッセーに彼女を見放して欲しくなかった。追い詰められて嘘を言って必死で命乞いをした哀れな彼女を、それでも暖かく包んであげて欲しかった…彼女を庇ってあげて欲しかったのです。それでも彼女の心が変わらなかったら、その時は処断も仕方ないと思ったでしょう。でも、せめて1度は彼女に改心のチャンスを与えてあげて欲しかったのです…でもイッセーはそのチャンスを彼女に与えてあげなかった…「またこの女は俺を利用しているだけ…」と軽蔑感と共に切り捨ててしまった…それがとても悲しかったのです…そして正直、私はイッセーを恨みました…

彼女がイッセーやアーシアにした仕打ちを思えば、彼を恨むのは筋違いなのでしょう。でも、それでも私は彼に彼女を見捨てて欲しくなかったのです。彼女が愛を知って、幸せな表情を浮かべる姿を見たかった…そう思っています。
[ 2012/06/08 19:33 ] [ 編集 ]
春日さん
レイナーレ愛に驚かされました(笑) 本編で恵まれなかったキャラを独自に解釈し補完し愛するというのは良い事だと思いますよ(^^
[ 2012/06/11 12:00 ] [ 編集 ]
返信ありがとうございます。
返信ありがとうございます。
いえいえ、独自などということは…私と同じ感じ方をされた方はいっぱいいらっしゃいますし、片方の立場から一方的な物の見方をするのではなく、両方の立場に立って物語を見ていれば普通にそう思える程度のものだと思います(笑)

[ 2012/06/11 21:29 ] [ 編集 ]
お久しぶりです
お久しぶりです。
言い足りない事がありましたので追加させて頂きます。
イッセーについて私がとても残念に思うのは、彼が「(レイナーレの事を)心から大切に思っていた」という言葉とは裏腹に彼女のことを知ろう、理解しようという努力をしなかったことなんですよね… 「裏切られた。心を踏みにじられた」と怒り嘆くばかりで、なぜ彼女があのようになったのか?どんな事情があったのか?ということを知ろうともしなかった。 彼女の「私を馬鹿にした連中を見返してやるのよ!」という、彼女の秘められた過去や思いがこめられていたはずの言葉についても頭から否定して、その言葉に秘められた彼女の思いを知ろうとはしない…そして最後は「心から大切に思っていた」はずの相手が泣いて必死に助けを求めているのに、改心の機会を一度すら与えなかった… そんな彼の態度がどうにも納得できなかったのです。
あえて言わせていただくと、私はリアスたちのやり方は明らかに過剰報復であると考えています。レイナーレのやった事に対する報復ならば、彼女の仲間たちを皆殺しにして、彼女自身も叩きのめして屈辱と絶望の淵に叩き込んだことで十分であったと思います。抵抗のすべも全く失った彼女をあそこまで徹底的に冷酷に追い詰め、殺す必要が本当にあったのでしょうか?
レイナーレのイッセーやアーシアに対する言動から彼女に嫌悪感しか感じず、それゆえにリアスたちのやり方に管理人様をはじめとする多くの方々は何の違和感も覚えないでいらっしゃるようですが、私からみればリアスたちの行為はレイナーレのやった事以上に苛烈で残酷であり、トータルとして見た場合、リアスたち=善、レイナーレ=悪、などとは到底いえないと考えています。
[ 2012/07/09 19:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ハイスクールD×D 第5話「元カノ、倒します!」 感想
イッセー、最強の兵士を目指しなさい 大切な人を奪った者に対する怒りと守れなかった自分に対する怒りによる力の覚醒。 王道ながらも主人公である一誠の性格も相まって熱い展開になりましたね。
[2012/02/03 21:38] 日刊アニログ
ハイスクールD×D 第05話「元カノ、倒します!」
リアスがいいね♪
[2012/02/04 01:40] 記憶のかけら*Next
ハイスクールD×D 第5話
第5話『元カノ、倒します!』ハイスクールD×D Vol.1 [Blu-ray]今回は・・・いい最終回でした。
[2012/02/04 04:05] ニコパクブログ7号館
ハイスクールD×D 第5話
「元カノ、倒します!」 イッセーを甘く見ないことね!あの子は私の最強のポーンだから! 堕天使レイナーレが怯えるほどのセイグリッド・ギアを進化させたイッセー メインブログはこちらっすw
[2012/02/04 11:25] 日影補完計画
ハイスクールD×D 第5話「元カノ、倒します!」感想
私、すこしの間だけでもお友達ができて幸せでした… アーシアちゃーん。・゚・(*ノД`*)・゚・。 十字架に磔にされて、儀式されて、セイクリットギアを奪われちゃったアーシアちゃん。健気でいい子。゚(゚*´Д⊂ しかも、敵はイッセーのはじめての彼女ゆうまちゃ?...
[2012/02/04 11:35] 空色きゃんでぃ
ハイスクールD×D 5話感想
サブタイトル「元カノ、倒します!」 本編だけでなくOP映像もよく見たら乳首出まくりなんですね。 私は地上波の放送は見ていないのですけど…どう修正されているのかちょっと興味ありますw ■アーシア救...
ハイスクールD×D 第5話「元カノ、倒します!」
いい最終回だった と子安さんも最後に言ってましたw  アーシア編の完結編となりました。  一誠は最強のポーンと言うことですね(笑) ▼ ハイスクールD×D 第5話「元カノ、倒します!」  セイクリッドギアを奪われ、命尽きたアーシア。 アーシアを返せよ?...
[2012/02/04 23:29] SERA@らくblog
ハイスクールD×D「第5話 元カノ、倒します!」/ブログのエントリ
ハイスクールD×D「第5話 元カノ、倒します!」に関するブログのエントリページです。
[2012/02/07 12:59] anilog
アニメ感想 ハイスクールD×D 第5話「元カノ、倒します!」
アニメ感想 ハイスクールD×D 第5話「元カノ、倒します!」
[2012/02/09 15:01] 往く先は風に訊け
プロフィール

Author:ムメイサ
カテゴリー
アーカイブ

2017年 08月 【8件】
2017年 07月 【8件】
2017年 06月 【8件】
2017年 05月 【16件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【38件】
2017年 02月 【13件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【15件】
2016年 11月 【7件】
2016年 10月 【13件】
2016年 09月 【14件】
2016年 08月 【14件】
2016年 07月 【12件】
2016年 06月 【14件】
2016年 05月 【9件】
2016年 04月 【13件】
2016年 03月 【15件】
2016年 02月 【10件】
2016年 01月 【7件】
2015年 12月 【27件】
2015年 11月 【16件】
2015年 10月 【26件】
2015年 09月 【34件】
2015年 08月 【17件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【32件】
2015年 05月 【26件】
2015年 04月 【27件】
2015年 03月 【20件】
2015年 02月 【18件】
2015年 01月 【33件】
2014年 12月 【35件】
2014年 11月 【38件】
2014年 10月 【26件】
2014年 09月 【26件】
2014年 08月 【14件】
2014年 07月 【22件】
2014年 06月 【20件】
2014年 05月 【17件】
2014年 04月 【14件】
2014年 03月 【37件】
2014年 02月 【32件】
2014年 01月 【34件】
2013年 12月 【26件】
2013年 11月 【29件】
2013年 10月 【29件】
2013年 09月 【23件】
2013年 08月 【17件】
2013年 07月 【27件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【25件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【27件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【37件】
2012年 12月 【26件】
2012年 11月 【27件】
2012年 10月 【34件】
2012年 09月 【28件】
2012年 08月 【26件】
2012年 07月 【39件】
2012年 06月 【35件】
2012年 05月 【30件】
2012年 04月 【43件】
2012年 03月 【36件】
2012年 02月 【36件】
2012年 01月 【20件】
2011年 12月 【34件】
2011年 11月 【25件】
2011年 10月 【72件】
2011年 09月 【42件】
2011年 08月 【52件】
2011年 07月 【53件】
2011年 06月 【45件】
2011年 05月 【49件】
2011年 04月 【59件】
2011年 03月 【36件】
2011年 02月 【47件】
2011年 01月 【49件】
2010年 12月 【43件】
2010年 11月 【43件】
2010年 10月 【43件】
2010年 09月 【42件】
2010年 08月 【41件】
2010年 07月 【40件】
2010年 06月 【41件】
2010年 05月 【38件】
2010年 04月 【41件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【45件】
2010年 01月 【49件】
2009年 12月 【42件】
2009年 11月 【36件】
2009年 10月 【35件】
2009年 09月 【57件】
2009年 08月 【47件】
2009年 07月 【46件】
2009年 06月 【58件】
2009年 05月 【63件】
2009年 04月 【52件】
2009年 03月 【52件】
2009年 02月 【39件】
2009年 01月 【51件】
2008年 12月 【61件】
2008年 11月 【61件】
2008年 10月 【68件】
2008年 09月 【69件】
2008年 08月 【59件】
2008年 07月 【63件】
2008年 06月 【50件】
2008年 05月 【49件】
2008年 04月 【47件】
2008年 03月 【59件】
2008年 02月 【68件】
2008年 01月 【64件】
2007年 12月 【62件】
2007年 11月 【70件】
2007年 10月 【63件】
2007年 09月 【59件】
2007年 08月 【52件】
2007年 07月 【51件】
2007年 06月 【31件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【21件】

アクセスランキング
検索BOX・タグ一覧
カウンター