ムメイサの隠れ家

放送中の深夜アニメの各話毎の感想を中心に更新しています。全話視聴したアニメ作品の総評なども。

アクセル・ワールド 第4話 「Declaration;告白」

アクセル・ワールド 1(初回限定版) [Blu-ray]
「あぁ、昨日まで使ってたやつはうっかり断線させてしまってな…短いこれしか買えなかった…」
嘘だッ!!!ということでハルユキがチユリと短距離で直結した事に対する対抗心やら羨望やらで見え透いた言い訳をして短距離直結をせがむ先輩が可愛かったw
「なるなら…あの人の彼氏になってよ」
なるならあの人の子分ではなく彼氏になれとチユリ。チユリのハルユキへの想いは恋愛感情ではなく純粋な好意であったと。そしてあの笑顔、チユリはいい娘だ。それなのにその夜にあんな夢を見てしまうハルユキってやつぁ・・・しかも黒雪姫も入れて3(ry おい!

嫉妬で加速する先輩
あの驚異的な速さの歩きも心臓の鼓動が加速して云々が絡んでいるのだろうか(ノ∀`)

短いケーブルで直結して街を歩く黒雪姫とハルユキだけどその様子が恋人が手を繋いでいる様子というよりはペットの散歩みたいに見えるから困るw ハルユキの等身だけ通常の人間とちょっと違いすぎるからなw

「ハルユキ君、私は君が好きだ──」
うがああああああああああああああああああああ!黒雪姫先輩の告白!
え?何か悲鳴が聞えたって?そんなことはない(ノ∀`)

どうしてなんですッ!?(ガタッ と数年前に原作一巻を読んでても詳しく覚えてなかったのでここで改めて思ったけど要はゲームの能力に圧倒されていずれ王になるという凄まじい威厳を感じたことと現実世界での庇護欲的なギャップの衝撃にやられたと。

先輩は小さい頃からネトゲに嵌っていたこともあり両親とのスキンシップはそれ程多く取れていなかったとも推測できるのでそういう状況から愛に関する欲求が募りそれが母性本能と相俟って愛する方向で発動したといったところかな。

復讐にやってきた荒谷。車で路上にというのは嫌な時期に重なったもんだ。でもあくまでアニメはアニメで、これを差し替えてしまうとアニメの影響で現実の事件がと暗に認めてしまうようなものだし今後の創作物のあらゆる作品にも影響があるかもしれないので一線を画し変に妥協しなかったことは良かったのではないかな。

先輩の最後の力!しかしここのBGM演出もう少しどうにかならなかったのかw
病院にやってきたタクム。そのイケメン面の下には驚くべき凶悪な笑みが・・・

残りライフが1の先輩は勝負を挑まれ敗れた時点でゲームから脱落し根源への夢を失ってしまう。そして今は意識不明で挑まれれば即敗戦は必死。それを防ぐべく先にタクムに対戦を挑んだハルユキだが果たして間に合うのか!?緊迫の展開で次回へ続く。


アクセル・ワールド〈1〉黒雪姫の帰還 (電撃文庫)アクセル・ワールド〈1〉黒雪姫の帰還 (電撃文庫)
川原 礫 HIMA

アスキーメディアワークス 2009-02
関連記事
にほんブログ村 アニメブログへ
ブログランキング参加中。押していただけると励みになります。
ギャップ萌え?!
>その様子が恋人が手を繋いでいる様子というよりはペットの散歩みたいに見えるから困るw

せめて
「ケーブルが短くて歩きにくいから、てて、手を繋ごうか」
くらい言ってくれw

あの新聞部だか報道部だかの二人はいい仕事した。
でないとハルユキには先輩の真意など想像できまいw

>要はゲームの能力に圧倒されていずれ王になるという凄まじい威厳を感じたことと現実世界での庇護欲的なギャップの衝撃にやられたと。

言い換えればギャップ萌えか。

ネトゲとはいっても、やってる人間的にはバーチャルリアリティだし、まあスポーツ選手的な格好良さもあるだろうね。マウンドに入れば一流の選手的な格好良さもあるというか。「一方で私生活では間抜け」というのも、あばたもえくぼで一度惚れちまえば可愛く見える物なのだろうか。

>復讐にやってきた荒谷。車で路上にというのは嫌な時期に重なったもんだ。

いやあ、交通事故なんて年がら年中起こってることなので、珍しい話でもない。違いと言えば、たまたまマスゴミが騒ぎたくなるような「見栄えのする」事件があったというだけで。

>先輩の最後の力!
ここはなあ。。。

意識の加速だけでも眉唾なのに、肉体の加速までとなると、ゼッテームリ。
意識だけが加速しても、その速度で動けば筋肉が引きちぎれ骨が砕け散る。
あれができれば人間は100mを0.1秒で走り抜けられるぞ。

それに、そもそも神経の伝達速度も追いつかないよなあ。。。
頭で「動け!」と念じても、指先に到達するまででも、コンマ何秒かはかかるだろうし。
[ 2012/04/28 11:41 ] [ 編集 ]
>「ケーブルが短くて歩きにくいから、てて、手を繋ごうか」
くらい言ってくれw

「直結」には手を繋ぐ以上の価値があるのかも

>ネトゲとはいっても、やってる人間的にはバーチャルリアリティだし、まあスポーツ選手的な格好良さもあるだろうね。

しかしアバターも豚だったという。
まあそれは関係ないのかw

>意識の加速だけでも眉唾なのに、肉体の加速までとなると、ゼッテームリ。
意識だけが加速しても、その速度で動けば筋肉が引きちぎれ骨が砕け散る。

北斗の拳の人間の身体は僅か数%どうたらにつながるんじゃないですかねw
ブレインバーストでその本来のポテンシャルを引き出すと。
[ 2012/04/28 19:15 ] [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2012/04/29 05:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アクセル・ワールド 第4話 「Declaration;告白」
アクセル・ワールド 第4話 「Declaration;告白」です。 さてさて、春
アクセル・ワールド 4話
4話 アクセル・ワールド 「Declaration;告白」 チユリをバックドアしている者に バレないように確認だけをして閉じ、 翌朝ユキヒメと登校したハルユキ お互いなんだか変で、 ユキヒメはハルユキに対して、 友達を疑い直結して確かめるなどと 無理なお願いをして大...
[2012/04/28 12:20] アニメ・マンガ
アクセル・ワールド 4話「黒雪姫先輩の告白!京都の車事故による表現規制の余波有り?」(感想)
黒雪姫さんが自分の気持ちを知りました。 それは春雪君が好きな事。 春雪は黒雪姫さんのこの想いを 受け止める事ができるのでしょうか。 今回は自動車事故の描写に 表現規制が入っている点も注目で...
[2012/04/28 13:04] 失われた何か
アクセル・ワールド 第4話
アクセル・ワールド 第4話 『Declaration ; 告白』 ≪あらすじ≫ ハルユキは、幼馴染のチユリからバックドアという不正な存在を発見してしまう。その性質から、チユリは利用されているだけ。その場で削除...
[2012/04/28 13:29] 刹那的虹色世界
アクセルワールド 第4話「Declaration;告白」
アクセル・ワールド〈1〉黒雪姫の帰還 (電撃文庫)(2009/02)川原 礫商品詳細を見る  ネットワークが発達した近未来ぽい世界観ですね。理解して飲みこむのに、けっこう時間がかかりました。主人公は虐められっ...
[2012/04/28 13:29] 破滅の闇日記
アニメ「アクセル・ワールド」 第4話 Declaration;告白
アクセル・ワールド〈2〉紅の暴風姫 (電撃文庫)(2009/06/10)川原 礫商品詳細を見る なんでだよ、なんでなんだ拓……! 「アクセル・ワールド」第4話のあらすじと感想です。 シアン・パイル。 (あらすじ)...
[2012/04/28 15:51] 午後に嵐。
アクセル・ワールド:4話感想
アクセル・ワールドの感想です。 姫の春雪への思い入れとは。
[2012/04/28 16:11] しろくろの日常
アクセル・ワールド 第4話 「Declaration;告白」 感想
相反な気持ち―
[2012/04/28 17:27] wendyの旅路
アクセル・ワールド 第4話 あらすじ感想...
千百合の中にバックドアを発見した春雪。だが、それ以上のことをすれば・・・今も恐らく千百合を見張っているであろう「そいつ」に、春雪がバックドアの存在を知ってしまったことが...
アクセル・ワールド 第4話「Declaration;告白」
「いつか きっとまた会えるから――」 ハルユキへの思いを告白した黒雪姫! そして、禁断の力 フィジカルフルバーストを使った黒雪姫は…    チユリと直結したハルユキは、ニューロリンカーに仕掛けられ...
[2012/04/28 20:22] WONDER TIME
『アクセル・ワールド』#4「Declaration;告白」
「強くなれ,そして速くなれ。 頂点に上りつめ、私の見たかったものをみせてくれ」 バーストリンクの根源と、究極の可能性。 チユリと直結して、バックドアの存在に気づいたハルユキ! だが翌日、チユリ...
アクセル・ワールド 第04話 感想
 アクセル・ワールド  第04話 『Declaration;告白』 感想  次のページへ
[2012/04/28 21:42] 荒野の出来事
アクセル・ワールド #4
【Declaration;告白】 アクセル・ワールド 1(初回限定版) [Blu-ray]出演:三澤紗千香ワーナー・ホーム・ビデオ(2012-07-25)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 盛り上がって参りました♪ 
[2012/04/28 21:46] 桜詩~SAKURAUTA~
アクセル・ワールド #4 Declaration;告白
アクセル・ワールド 第4話。 黒雪姫の告白と「シアン・パイル」の正体。 以下感想
[2012/04/28 22:17] 窓から見える水平線
アクセル・ワールド 第4話 Declaration;告白
バックドアを見つけた春雪ですが、仕掛けた奴は今も見ているはず、相手を突き止めるのは気付いた事を悟られない方がと、これ以上この場で探る事は断念。 千百合は黒雪姫に春雪を ...
[2012/04/28 22:46] ゲーム漬け
(アニメ感想) アクセル・ワールド 第4話 「Declaration;告白」
投稿者・鳴沢楓 アクセル・ワールド〈11〉超硬の狼 (電撃文庫)(2012/04/10)川原 礫商品詳細を見る ↑ポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるとコメントレスさせて頂きます!
アクセル・ワールド 第4話「Declaration;告白」感想
面白くなってキター! 主人公の自己評価が低すぎてなんだかイライラして しまっていたのですが、ちょっと今回男らしいなぁ。 黒雪姫を守ろうとして寝ずの番をしていました。 急に春雪の頭の回転が速くなって黒雪姫の現状からの分析や 拓武への分析が出来ていましたが 心の…
アクセル・ワールド 4話 「Declaration ; 告白」 感想
ああ、大体分かった。黒雪姫は「加速」が全ての評価基準になってるんだ。
アクセル・ワールド 第4話 【Declaration;告白】 感想
バックドアを見つけたハルユキは、あえて気づかれない為に踏み込むのをやめます。 あの時踏み込んでいたら、犯人がわかったのでしょうか? 千百合の望みは黒雪姫に子分みたいな態度を取らないこと。 その願いは多分届かないと予想…… Chase the world 【アバター盤】...
アクセル・ワールド 第4話 「Declaration;告白」 感想
チユリとの直結も終わって翌日、黒雪姫先輩にすぐ報告かと思いましたが、 二人でイチャついてたのが容易に想像出来たらしく、怒って話どころじゃ無かった この加速が面白かったわw まさかこんな嫉妬があ...
[2012/04/29 21:22] アニメは酒のつまみ
アクセルワールド 第4話 『Declaration;告白』
盛り上がってキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!! 右肩上がりに面白くなっていくねw けどまだまだここからですよね! ※以下ネタばれあり
アクセル・ワールド「第4話 Declaration;告白」/ブログのエントリ
アクセル・ワールド「第4話 Declaration;告白」に関するブログのエントリページです。
[2012/04/30 01:50] anilog
プロフィール

Author:ムメイサ
カテゴリー
アーカイブ

2017年 10月 【10件】
2017年 09月 【8件】
2017年 08月 【8件】
2017年 07月 【8件】
2017年 06月 【8件】
2017年 05月 【16件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【37件】
2017年 02月 【13件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【15件】
2016年 11月 【7件】
2016年 10月 【13件】
2016年 09月 【14件】
2016年 08月 【14件】
2016年 07月 【12件】
2016年 06月 【14件】
2016年 05月 【9件】
2016年 04月 【13件】
2016年 03月 【15件】
2016年 02月 【10件】
2016年 01月 【7件】
2015年 12月 【27件】
2015年 11月 【16件】
2015年 10月 【26件】
2015年 09月 【34件】
2015年 08月 【17件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【32件】
2015年 05月 【26件】
2015年 04月 【27件】
2015年 03月 【20件】
2015年 02月 【18件】
2015年 01月 【33件】
2014年 12月 【35件】
2014年 11月 【38件】
2014年 10月 【26件】
2014年 09月 【26件】
2014年 08月 【14件】
2014年 07月 【22件】
2014年 06月 【20件】
2014年 05月 【17件】
2014年 04月 【14件】
2014年 03月 【37件】
2014年 02月 【32件】
2014年 01月 【34件】
2013年 12月 【26件】
2013年 11月 【29件】
2013年 10月 【29件】
2013年 09月 【23件】
2013年 08月 【17件】
2013年 07月 【27件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【25件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【27件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【37件】
2012年 12月 【26件】
2012年 11月 【27件】
2012年 10月 【34件】
2012年 09月 【28件】
2012年 08月 【26件】
2012年 07月 【39件】
2012年 06月 【35件】
2012年 05月 【30件】
2012年 04月 【43件】
2012年 03月 【36件】
2012年 02月 【36件】
2012年 01月 【20件】
2011年 12月 【34件】
2011年 11月 【25件】
2011年 10月 【72件】
2011年 09月 【42件】
2011年 08月 【52件】
2011年 07月 【53件】
2011年 06月 【45件】
2011年 05月 【49件】
2011年 04月 【59件】
2011年 03月 【36件】
2011年 02月 【47件】
2011年 01月 【49件】
2010年 12月 【43件】
2010年 11月 【43件】
2010年 10月 【43件】
2010年 09月 【42件】
2010年 08月 【41件】
2010年 07月 【40件】
2010年 06月 【41件】
2010年 05月 【38件】
2010年 04月 【41件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【45件】
2010年 01月 【49件】
2009年 12月 【42件】
2009年 11月 【36件】
2009年 10月 【35件】
2009年 09月 【57件】
2009年 08月 【47件】
2009年 07月 【46件】
2009年 06月 【58件】
2009年 05月 【63件】
2009年 04月 【52件】
2009年 03月 【52件】
2009年 02月 【39件】
2009年 01月 【51件】
2008年 12月 【61件】
2008年 11月 【61件】
2008年 10月 【68件】
2008年 09月 【69件】
2008年 08月 【59件】
2008年 07月 【63件】
2008年 06月 【50件】
2008年 05月 【49件】
2008年 04月 【47件】
2008年 03月 【59件】
2008年 02月 【68件】
2008年 01月 【64件】
2007年 12月 【62件】
2007年 11月 【70件】
2007年 10月 【63件】
2007年 09月 【59件】
2007年 08月 【52件】
2007年 07月 【51件】
2007年 06月 【31件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【21件】

アクセスランキング
検索BOX・タグ一覧
カウンター