RSS

企画

ごちうさ

PCゲーム

ゆずソフト

氷菓 第3話 「事情ある古典部の末裔」

氷菓3-1
「私、折木さんに頼みがあるんです!」
えるの奉太郎への頼みとは?えるが古典部に入った目的や今後追っていく大きな謎など本筋が明かされいよいよ物語が動き出した。


氷菓3-2
頼みを告げる前のえるの仕草が色っぽすぎる(;´Д`)
折木さん何気にけっこうその気やなあんたとつっこみたくもなったけど、目の前でこのえるの反則的告白力を見せ付けられたら動揺するなという方が無理な話ですな(^ω^)

告白と言えばそうかも… → ただの頼みごとでした!
ズコー。まぁ視聴者からすれば100%分かりきっていた展開でずこーでもなかったかw
しかし奉太郎の立場だとそうでもなく、相当大きな精神的エネルギーを消費したに違いないw

えるが告げる奉太郎への頼みは叔父と古典部に纏わる話を紐解いて過去の思い出を取り戻したいというもの。その思い出を持って叔父との決別に臨みたいというえるが健気だ。

氷菓3-2-1
話の中で様々なテイストの演出が
このアニメは基本的に話中心なので動きがない展開になり易い作品かとも思うけど今週は話の中でいろいろな小物を使った映像演出などでアクセントをつけていていい感じだった。

絵本調の演出や新聞を使った演出も面白かったけど時計の針がハートになるところなどが良かった。謎の花空間といいこういうのはえるが人の心を捕える様を表現しているのかな。

そしてテーブル下からのえるの足描写ッ!
なぜあのアングルw 会話の合間一つを取っても油断できない作品だ(ぉ

氷菓3-3
ロリえるかわえええええええええ!!!
うんたん♪うんたん♪を彷彿させる可愛さw しかし奉太郎がえるの依頼を受けたのはこういった精神関係が決め手らしいけど、奉太郎にとってえるは好奇心旺盛で次々に行動を起こすけど一人遊びさせて放っておけない子供みたいなものなのかw

氷菓3-4
置鮎さんCVの先輩登場。ますますCLANNAD色の強い声優陣になってきた。
キャラデザと声優陣はほんとにクラナドとけいおんを足して割ったようなイメージだな。

名探偵折木さん劇場。今週も見事な推理力で問題☆解決。しかしタバコだったのか、赤外線センサーまでつける周到さだったのでてっきり薬関係かと思ってた。えるの風邪描写には何の意味があるのだろうと思ったけどそういう伏線だったわけね。

45年前の古典部で何が起こったのか…
叔父の雰囲気と44年前の会誌から察すると日常的ではない何かが起こったようだけど…そしてようやく会誌を手に入れたえる達だが一番重要な第一巻だけが抜けていた。今後果たしてどのように謎に挑むのか?いよいよ本筋と大きな謎が姿を現し面白くなってきた。

そして今週は描写薄だったけど夏服セーラーえるの描写にも期待!
関連記事

コメント

>告白と言えばそうかも…
「そうかも」なので、色気のない告白だろうとは思いました。w

とはいえ当人の立場だとアレだろうし、そもそもこの雰囲気のある喫茶店を指定したのは折木さんのほうなわけですよね?駅前のマクドナルドとかスタバとかではなく、なんでこういう物静かな雰囲気のある喫茶店を指定したのか。これは考えすぎかなあw

>テーブル下からのえるの足描写ッ!
足フェチのわたくしめとしては、今週一週間のアニメで最も重要なシーンがここでしたw


>45年前の古典部で何が起こったのか…
まだ何にもヒントが出てないので、自分なりの妄想。

可能性1:何も起こってなかった。正確に言うと、1年目の活動は架空のものであり、先輩も会誌第一号も最初から存在しなかった。えるの質問は「会誌1号も読みたい」で、それに対する答えは「1号は私も持ってない。誰も持ってないんだよ。」みたいな感じ。

可能性2:先輩がインドに行って、そのまま行方不明。折木の姉さんがインドに行ったらしいし、えるの叔父さんもインドに行って失踪。たった二つで偶然かもしれないけど、実は伝説の先輩がインドで失踪したために、古典部のOBはインドに墓参りに行くのが半ば伝統になっている。質問と回答は「その先輩ってどんな人?私も会ってみたい!」「……先輩は…もう、この世にいないんだよ。(ノД`)」。

>なんでこういう物静かな雰囲気のある喫茶店を指定したのか。

単純に人が多い場所にいくとエネルギーを使うからではw
でも自分に置き換えたら邪な気持ち0じゃああいうのは選べんですなw
いやよこしまと言うのかこういうのは(笑)

>足フェチのわたくしめとしては、今週一週間のアニメで最も重要なシーンがここでしたw

京アニは相変らず素晴らしい足描写をしますな!

>可能性1:何も起こってなかった。
>可能性2:先輩がインドに行って

何かは起こっていそうですけどね。インドは関係あるのかどうか、でもたしかに妙な繋がり。とりあえず現段階としては学校内もしくは街で何か事件があったとかそういう感じかなと思ってます。

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

氷菓 3話。喫茶店での千反田と折木のキャラを画面における配置から考察する

おじさんが何を言ったのかを知りたい。 千反田さんの想いは徐々に 折木を動かしていきます。 千反田さんが求めるものは 古典部の文集「氷菓」でした。 今回は喫茶店の千反田さんと折木の位置から ...

氷菓 第3話 「事情ある古典部の末裔」

 きっと十年後、この毎日のことを惜しまない。

氷菓 -HYOUKA- 第03話 感想

 氷菓 -HYOUKA-  第03話 『事情ある古典部の末裔』 感想  次のページへ

氷菓 #3

【事情ある古典部の末裔】 氷菓 限定版 第1巻 [DVD]出演:中村悠一角川書店(2012-06-29)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る すこんぶ?古典部? 

[感想] 氷菓 第3話 「事情ある古典部の末裔」

ロリえるちゃん可愛いすぎる!京アニが手掛けるロリっ子は流石レベルが段違いだぜ!(*´∀`) ということでロリえるちゃんが可愛すぎて生きているのが辛くなった氷菓第3話。

氷菓 第3話「事情ある古典部の末裔」

えるちゃんからのお願い (p*>ω<q) 好きだった叔父から聞いた古典部のことを思い出させて欲しい 話を聞き泣いてしまったえるを あやしもしなかった理由とは? 奉太郎も さすがにこれは困惑する相談  あまりに過去のことだし えるの人生に関わる大事なこと...

『氷菓』#3「事情ある古典部の末裔」

「私がその伯父から何を聞いたのか、 思い出させて欲しいんです!」 奉太郎を呼び出した千反田は、告白… ではなく頼みごとがあると話を切り出す。 それは彼女が幼い頃に懐いていた伯父、関谷純にまつわることなのらしい。

氷菓 第三話「事情ある古典部の末裔」

氷菓 第二話「名誉ある古典部の活動」です。 はいはい、今週も待っていました『氷菓

氷菓 第3話「事情ある古典部の末裔」

氷菓 (1) (カドカワコミックスAエース)(2012/04/25)タスクオーナ商品詳細を見る  おじさん絡みの謎については、あまり興味を抱けませんでした。ドキドキするようなミステリーに化けるかもしれませんが。奉太...

氷菓 第3話「事情ある古典部の末裔」 感想

 今回は奉太郎・えるが氷菓を探す話。目的ができたからかストーリーがさくさく進んでワクワクしながら観ていました~。そして壁新聞部の先輩の声がまさかの置鮎さんでびっくりしました。CLANNAD好きとしてはニヤニヤが…!

氷菓 第3話 「事情ある古典部の末裔」 感想

遠垣内が何を隠しているのかと思いきや、あんなことだったとは……。 拍子抜けしましたよ。 イケメン先輩、遠垣内将司、登場。 遠垣内から文集のバックナンバーを手に入れるために追いつめて行く奉太郎。 ...

氷菓 3話「事情ある古典部の末裔」

そろそろミステリー要素が濃くなるのかな? 氷菓 (角川文庫)(2001/10/31)米澤 穂信商品詳細を見る

氷菓 #03「事情ある古典部の末裔」

関谷(せきたに)⇒カンヤ⇒カンヤ祭 つまりはこういう事か? 何等かの行為で、叔父が伝説に祭り上げられたと考えるか、学校総出のスケープゴートにされたか。 勝手にありもしない与太話を作り上げて、後輩たち...

氷菓 第3話 【事情ある古典部の末裔】 感想

告白したいことは? 「折木さんに頼みがあるんです!」 私の彼氏になってください!って続くんじゃないの? ところで彼は省エネを好んでいるってことは恋愛にも興味はないってことでいいのかな? 氷菓 限定版 第1巻 [Blu-ray](2012/06/29)中村悠一、佐藤聡美 他商品?...

氷菓 第3話 事情ある古典部の末裔

氷菓 第3話。 えるの頼みと文集のバックナンバーの在処。 以下感想

氷菓 第3話 「事情ある古典部の末裔」

これってデートよね...ねっ?  この省エネ時代にマッチした生き方を目指している奉太郎。高校生という多感な時期に無駄エネルギーを発散させないのは何故か? そんな推 ...

氷菓:3話感想

氷菓の感想です。 この作品の問題の大元が提示されたのかな。

氷菓「第3話 事情ある古典部の末裔」/ブログのエントリ

氷菓「第3話 事情ある古典部の末裔」に関するブログのエントリページです。

【感想】氷菓 3話 愛想が悪くて悪かったな

氷菓 3話「事情ある古典部の末裔」 の感想を 遠い日の悲しい思い出を抱えて、遠くい言ってしまった人を思う その言葉を胸に留めて別れを迎えたい純粋すぎる心 その輝く幼い瞳に、省エネ主義者は手を差し伸べる 『 氷菓 』の京アニ公式ホームページはここから

氷菓 第3話「事情ある古典部の末裔」感想

この作品は これからもこんな感じでお話が続くのでしょうか? それはそうと、今回も 折木くんの名推理が光りましたね。 細かい所に気が付いて、人の気持ちにも敏感だからこそ あのような推理や行動が出来るわけですよね。 きっと彼は見え過ぎて疲れてしまうのかもしれな…

氷菓~3話感想~

「事情ある古典部の末裔」 喫茶店で話すことになった奉太郎とえる。 えるは頼みがあるという。 それは、叔父が自分に何を隠していたのか教えて欲しいというもの。 氷菓とは何かというえるの問いに答えてくれなかったという。 テスト期間終了後...

氷菓 第3話 「事情ある古典部の末裔」 感想

謎が謎を呼ぶ―

氷菓 第3話 事情ある古典部の末裔

思わせぶりな態度のえるですが、告白というのは自身の問題でお願い出来る筋合いの事ではないが、まずは話だけでも聞いてくれというもの。 当然のように、愛の告白などではな ...

氷菓 第3話 「事情ある古典部の末裔」

 折木に愛の告白でなく、頼みを聞いいて欲しいと訴える千反田える。 あの眼力でこの台詞を言われたら、折木は断れませんね。 と思っていたら省エネ主義の折木は、なかなか同意しませんね。 何故なん...

氷菓 #03 「事情ある古典部の末裔」

記憶の発掘と決別すること……  どうも、管理人です。予算があまり出なかったせいで、安い自転車を購入したら今までと微妙に勝手が違ってつらい…。とりあえず間に合わせで買ったやつなので、早いうちにちゃんとしたのを買い直すかも。 奉太郎:「時効ってこと...

氷菓3話 えるの一身上の都合と奉太郎の変化

氷菓3話の感想です。 いや~、よかったですね! 風邪ひきえるちゃんな! 喫茶店での密談が終わったと思ったら いつの間にか夏になっていて、いつの間にか風邪を召されていました。 実はこれもちょっとした伏線だっ...

氷菓 第3話「事情ある古典部の末裔」感想!

氷菓 第3話「事情ある古典部の末裔」 「わたし、折木さんに頼みがあるんです!」 告白ではありませんでした^^ えるは奉太郎に頼みごとをしたいとのこと。 えるには関谷純という伯父さんがいた。 ...

氷菓 第03話 「事情ある古典部の末裔」

氷菓 第03話 「事情ある古典部の末裔」 <あらすじ>  イケメン先輩、遠垣内将司、登場。遠垣内から文集のバックナンバーを手に入れるために追いつめて行く奉太郎。 後がない遠 ...

2012年02クール 新作アニメ 氷果 第03話 雑感

[氷果] ブログ村キーワード 氷菓 第03話 「事情ある古典部の末裔」 #kotenbu2012 #ep03 京都アニメーションの渾身の作品。原作は、米澤 穂信氏。青春ミステリーということでどんな内容なのか楽し...

氷菓 第3話 「事情ある古典部の末裔」 感想

文集のバックナンバーを探し出したことで、えるの抱えている謎の解決へと物語が進みはじめたお話でした。

『氷菓』 第3話 観ました

ちょっと感想をアップするのが遅れました… 今回、アバンが長めでOP無し。 その代わり、えるちゃんから愛の告白がされるのではとドキドキしている奉太郎の気持ちの代弁として時計の振り子がハート形になっていました。ですが、えるちゃんからの台詞でそうではないこと?...

ブログ内人気ページ

プロフィール


Author:ムメイサ

カテゴリー

アーカイブ

2020年 02月 【1件】
2020年 01月 【6件】
2019年 12月 【8件】
2019年 11月 【2件】
2019年 09月 【3件】
2019年 08月 【4件】
2019年 07月 【4件】
2019年 06月 【4件】
2019年 05月 【8件】
2019年 04月 【7件】
2019年 03月 【15件】
2019年 02月 【23件】
2019年 01月 【23件】
2018年 12月 【8件】
2018年 11月 【7件】
2018年 10月 【11件】
2018年 09月 【6件】
2018年 05月 【5件】
2018年 04月 【13件】
2018年 03月 【16件】
2018年 02月 【30件】
2018年 01月 【33件】
2017年 12月 【11件】
2017年 11月 【4件】
2017年 10月 【10件】
2017年 09月 【8件】
2017年 08月 【8件】
2017年 07月 【8件】
2017年 06月 【8件】
2017年 05月 【16件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【37件】
2017年 02月 【13件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【15件】
2016年 11月 【7件】
2016年 10月 【13件】
2016年 09月 【14件】
2016年 08月 【14件】
2016年 07月 【12件】
2016年 06月 【14件】
2016年 05月 【9件】
2016年 04月 【13件】
2016年 03月 【15件】
2016年 02月 【10件】
2016年 01月 【7件】
2015年 12月 【27件】
2015年 11月 【16件】
2015年 10月 【26件】
2015年 09月 【34件】
2015年 08月 【17件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【32件】
2015年 05月 【26件】
2015年 04月 【27件】
2015年 03月 【20件】
2015年 02月 【18件】
2015年 01月 【33件】
2014年 12月 【35件】
2014年 11月 【38件】
2014年 10月 【26件】
2014年 09月 【26件】
2014年 08月 【14件】
2014年 07月 【22件】
2014年 06月 【20件】
2014年 05月 【17件】
2014年 04月 【14件】
2014年 03月 【37件】
2014年 02月 【32件】
2014年 01月 【34件】
2013年 12月 【26件】
2013年 11月 【29件】
2013年 10月 【29件】
2013年 09月 【23件】
2013年 08月 【17件】
2013年 07月 【27件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【25件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【27件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【37件】
2012年 12月 【26件】
2012年 11月 【27件】
2012年 10月 【34件】
2012年 09月 【28件】
2012年 08月 【26件】
2012年 07月 【39件】
2012年 06月 【35件】
2012年 05月 【30件】
2012年 04月 【43件】
2012年 03月 【36件】
2012年 02月 【36件】
2012年 01月 【20件】
2011年 12月 【34件】
2011年 11月 【25件】
2011年 10月 【72件】
2011年 09月 【42件】
2011年 08月 【52件】
2011年 07月 【51件】
2011年 06月 【45件】
2011年 05月 【49件】
2011年 04月 【59件】
2011年 03月 【36件】
2011年 02月 【47件】
2011年 01月 【49件】
2010年 12月 【43件】
2010年 11月 【43件】
2010年 10月 【43件】
2010年 09月 【42件】
2010年 08月 【41件】
2010年 07月 【40件】
2010年 06月 【41件】
2010年 05月 【38件】
2010年 04月 【41件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【45件】
2010年 01月 【49件】
2009年 12月 【42件】
2009年 11月 【36件】
2009年 10月 【35件】
2009年 09月 【57件】
2009年 08月 【47件】
2009年 07月 【46件】
2009年 06月 【58件】
2009年 05月 【63件】
2009年 04月 【52件】
2009年 03月 【52件】
2009年 02月 【39件】
2009年 01月 【51件】
2008年 12月 【61件】
2008年 11月 【61件】
2008年 10月 【68件】
2008年 09月 【69件】
2008年 08月 【59件】
2008年 07月 【63件】
2008年 06月 【50件】
2008年 05月 【49件】
2008年 04月 【47件】
2008年 03月 【59件】
2008年 02月 【68件】
2008年 01月 【64件】
2007年 12月 【62件】
2007年 11月 【71件】
2007年 10月 【63件】
2007年 09月 【59件】
2007年 08月 【52件】
2007年 07月 【51件】
2007年 06月 【31件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【21件】

検索BOX・タグ一覧