ムメイサの隠れ家

放送中の深夜アニメの各話毎の感想を中心に更新しています。全話視聴したアニメ作品の総評なども。

氷菓 第5話 「歴史ある古典部の真実」

氷菓5-1
「思い…出しました……」
今週も可憐すぎるえるの微笑が夕暮れの部屋に映える。奉太郎が導き出した推理と全てを思い出したえるの記憶の真相とは。古典部の会誌『氷菓』を巡る謎解もクライマックス!
氷菓5-2
薔薇色に憧れているのかもしれない──
えると出会い古典部として活動していくことで奉太郎の中で新たな気持ちが芽生え始めた模様。しかし"薔薇色"を思い浮かべる場面が全てえるの姿だったけど奉太郎の中にえるの存在感がどれだけ侵略したのかとw・・・しかしこれぞ存在そのものが他人を薔薇色に変えるえるの美し可愛さクオリティー!(^ω^)

今週も摩耶花の挙動と表情変化がかわええ(*´д`*)
机から身を乗り出してえぇーとなったりがっかりしたりする際の表情変化や図書室で本を棚に納める作業をする際のいそいそとした小ささを感じさせる動作などこのキャラは表情、仕草が魅力的に作られている。あれだけ可愛いえるが居ても単純に一筋にさせない、これぞ京アニのキャラの見せ方の巧さだなとここ二話で摩耶花に惹かれながら思ったw

「そ、そんな!亡者だなんて…」
からかわれ落ち込むえるが可愛い(*´Д`)
第一話の里志の冗談を真に受けた時の焦りといいからかい甲斐がありますな^^

氷菓5-3
明かされる45年前の真相───
なるほどそういうことだったのか。物語、脚本、演出、今まで所々見せてきた全ての伏線がうまいこと繋がっていくこの鮮やかな流れは見事と思わせるもので、やはりミステリー系作品でこうして全ての場面に込められた意図が分かる瞬間というのは面白くすっきりとするもの。

過去の真相自体はスッキリするかと言うと正直胸糞悪い内容でもあったけど、えるが恐怖したものの正体は人を狂わす社会の波や人間の嫌な本質に迫るものだったという結末は仰々しい損害があったというよりも静かながら大きな恐さの余韻が残って印象的だった。

事件も一段落し奉太郎は変わりつつある己を感じながら古典部へ導いた姉へ質問と礼の手紙を送る。ひょっとしたら姉は自分が古典部に入ることでこのように変わる事など全てを見越していたのか、と───

序章のラストに相応しい良い締めくくりだった。涼宮ハルヒの憂鬱のラストとも似た感じの清涼感ある余韻がある。物語の流れも演出も巧くさすがと思わせる序章の作りだった。


<次回予告>
氷菓5-4
予告の膨れえるかわええええええええ!!
今回は物語的にもあまりこう言う流れではなかったので自重したけど(その割には↑でけっこう言ってるw)やはりこういうところも魅力の作品なので。一段落したことで来週は再び日常テイストも強くなりそうだし存分にえるの可愛さを堪能させてもらいたいですな(^ω^)
関連記事
にほんブログ村 アニメブログへ
ブログランキング参加中。押していただけると励みになります。
摩耶花腐女子仮説
>摩耶花の挙動と表情変化がかわええ

「だいわり」(台割?)とやらのスキルは、やはり同人誌作成で身につけたのだろうか。。。
実は摩耶花さんはコテコテの腐女子とか?

オレ、気になります!

>存在そのものが他人を薔薇色に変えるえるの美し可愛さクオリティー!

「奉太郎×里志」なのか「里志×奉太郎」なのか、それが問題だ。
[ 2012/05/23 14:20 ] [ 編集 ]
>「だいわり」(台割?)とやらのスキルは、やはり同人誌作成で身につけたのだろうか。。。
実は摩耶花さんはコテコテの腐女子とか?

その発想はなかったw

>「奉太郎×里志」なのか「里志×奉太郎」なのか、それが問題だ。

やっぱり百合色の方がいいですねw EDがそのままその二人に差し代わると恐ろしい光景に。まーどろみーのーやーくそくー!
[ 2012/05/24 19:44 ] [ 編集 ]
>>「だいわり」(台割?)とやらのスキルは、やはり同人誌作成で身につけたのだろうか。。。
>その発想はなかったw

えるに「どこで覚えたんですか?」と聞かれたときに、摩耶花さんがとても言いにくそうにしていたので、かなりマジにそう思ってます。w

新聞部か何かで覚えたんなら、秘密にする必要ないですよね。作る側に回ったことはないもので、「同人誌作るのにそういう技術がいるか?」って疑問はあるけど。
[ 2012/05/24 20:50 ] [ 編集 ]
>えるに「どこで覚えたんですか?」と聞かれたときに、摩耶花さんがとても言いにくそうにしていたので、かなりマジにそう思ってます。w

言われてみると薄っすらと記憶に蘇りました。しかし少し古い作品ですが(?)時代的に同人誌ネタはきますかねw昔から同人はありましたが物語でネタにするようになったのは最近の作品が多い気がしますし、作者は生粋の○○なのかw?

>新聞部か何かで覚えたんなら、秘密にする必要ないですよね。作る側に回ったことはないもので

ちょっと言い辛い新聞ネタを扱っていたのかも。でもタバコ事件といいあまりそういうのに首つっこみそうな性格じゃないですけどね。単純に作家志望とか?
[ 2012/05/24 20:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
氷菓 #5
【歴史ある古典部の真実】 氷菓 限定版 第1巻 [Blu-ray]出演:中村悠一角川書店(2012-06-29)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 好奇心の猛獣?亡者ですね! 
[2012/05/21 03:05] 桜詩~SAKURAUTA~
氷菓 第05話
関連リンクhttp://www.kotenbu.com/第5話 歴史ある古典部の真実謎を解いたけどもなぜか自分が泣いた理由がわからないというわけで本当の回答編後半です奉太郎は里志に問われるなぜ今回トイレに篭ってまで謎を解いたのか?それに対して奉太郎は自分もバラ色になりたか...
[2012/05/21 05:56] まぐ風呂
氷菓 第5話 「歴史ある古典部の真実」 感想
まるで最終回のような感じでしたね。 プロセスとしては日常的ですが、内容は深いものでした。 45年前の真実。 それを知る意外な人物。 その人物と関谷純との間に何があったのか。 えるが号泣した謎に迫...
[2012/05/21 06:18] ひえんきゃく
氷菓 第5話 「歴史ある古典部の真実」
 氷菓という言葉の意味。
[2012/05/21 06:51] つれづれ
氷菓 5話感想
伯父は犠牲になったのだ・・・
[2012/05/21 06:53] 遊乙日記GO NEXT
氷菓 5話「アイスクリーム。堀口悠紀子さん作画回」(感想)
私は叫ぶ。 生きていく事は叫ぶこと。 45年前の学園祭・古典部・そして氷菓の意味は? 全てが解決する、真相発表回です。 今回は三好一郎さん絵コンテ・演出 堀口悠紀子さん作画監督でした。 シリーズの大事な締めの回に この最強布陣。納得の出来栄えです。  ...
[2012/05/21 07:01] 失われた何か
氷菓 第5話 「歴史ある古典部の真実」 感想
謎を解いたのは彼女の笑顔のため。 薔薇色に憧れた? まぶしい彼女に恋をして、だから同じ色に染まりたいと思った(*´-ω-)? 千反田 える(佐藤聡美)に出会って、変わってく折木 奉太郎(中村悠一)。 ...
[2012/05/21 07:51] 空色きゃんでぃ
氷菓 -HYOUKA- 第05話 感想
 氷菓 -HYOUKA-  第05話 『歴史ある古典部の真実』 感想  次のページへ
[2012/05/21 08:04] 荒野の出来事
氷菓 第5話 歴史ある古典部の真実
氷菓 第5話。 45年前の出来事、「氷菓」の意味が明らかに。 以下感想
[2012/05/21 08:51] 窓から見える水平線
氷菓 第5話「歴史ある古典部の真実」 感想!
やばい、泣いてしまった。
[2012/05/21 09:20] もす!
『氷菓』#5「歴史ある古典部の真実」
「関谷純の高校生活は本当に薔薇色だったのか、 突き止めてやる」 私が生きているのは今なんです。 45年前の事件の謎解きに大活躍した奉太郎。 そんな奉太郎に、里志はついつい逃げるという道もあったのに~ と思わず茶々を入れるのだが、 それに対して奉太郎は...
氷菓 第5話「歴史ある古典部の真実」
姉からの電話で奉太郎は 45年前の真実にまだ不完全だったと知ります。 悲劇。 カンヤ祭が禁句となった意味は...? 奉太郎は さらに過去の再構成を経て 当時の生き証人にたどりつくw 氷菓の2号目の冒頭分を書いたのは 司書の先生でした! ∑(゚ω゚;) 養?...
[2012/05/21 10:16] 空 と 夏 の 間 ...
氷菓 第5話
「歴史ある古典部の真実」 氷菓ってのはくだらないダジャレだ!
氷菓 #5「歴史ある古典部の真実」感想
実はあの推理にはまだ隠された秘密があった!?バラ色の高校生での青春に憧れていたを指摘され少し恥ずかしがる折木そして真相へ近づいていく事情を知っている糸魚川さんに話を伺う 初めからそうしろよ!推理はほぼ正解らしい、気になるのは文面だけじゃ分からない当時の...
氷菓 第5話 「歴史ある古典部の真実」 感想
真実の解答編です。
[2012/05/21 17:24] Little Colors
氷菓 第5話「歴史ある古典部の真実」
こ、怖かった!やっぱりミステリーは苦手ダヨw
[2012/05/21 20:46] 妄想詩人の手記
氷菓 第5話 【歴史ある古典部の真実】 感想
奉太郎が推理をすることには驚きだ。 ここまで来てそこに突っ込みですか? しかし、そうさせたのは言うまでもないですが千反田えるのせいですよね。 氷菓 限定版 第1巻 [Blu-ray](2012/06/29)中村悠一、佐藤聡美 他商品詳細を見る
氷菓 第五話「歴史ある古典部の真実」
氷菓 第五話「歴史ある古典部の真実」です。 本日は、日蝕があるので、観想記事は後
氷菓 第5話 『歴史ある古典部の真実』 感想
よい『部活もの』になったでしょう。 氷菓 第5話 『歴史ある古典部の真実』 のレビューです。
[2012/05/21 21:55] メルクマール
氷菓 第5話「歴史ある古典部の真実」 感想
 今回いよいよタイトル名にもなっている文集「氷菓」の謎が明らかに…。1巻締め回に相応しい素晴らしい回でした。氷菓の謎が明かされた時、流れたえるの回想にはなんともいえない気持ちに…。一言では説明できない、氷菓らしい1話でした。
[2012/05/21 22:25] コツコツ一直線
氷菓 第5話 「歴史ある古典部の真実」
氷菓 第5話 「歴史ある古典部の真実」 感想です バラ色が羨ましかったんですね
[2012/05/22 01:00] きまぐれ☆しろうさぎ
氷菓 第5話「歴史ある古典部の真実」感想
月曜日の朝、私は深夜2時に目が覚めた。 何故だろう、また変な時間に目が覚めた。 寝ぼけた頭で今週も「氷菓」を観た。 やはり、真実は悲しい物語でありました。 贖罪の羊ならぬウサギとして、食い殺された関谷純の人生は 私から見たら悲しいものだと思います。 嫌なこと…
氷菓 5話 「歴史ある古典部の真実」 感想
10年後にも覚えていること、忘れてしまうこと。何を信じるかが、人生の色を決めるのかもしれない。
氷菓 第5話 「歴史ある古典部の真実」 感想
あなたの「叫び」、届きましたよ―
[2012/05/22 17:06] wendyの旅路
氷菓 第5話「歴史ある古典部の真実」感想!
氷菓 第5話「歴史ある古典部の真実」 「思い…出しました」 奉太郎に姉から電話。 奉太郎はそこで、文集“氷菓”を作っている事を話す。 関谷純の事も調べたと言うと、姉の口からとんでもない言葉が...
[2012/05/22 20:33] くろくろDictionary
氷菓 #05 「歴史ある古典部の真実」
明かされるのは、込められた思い  どうも、管理人です。雨です、そして寒いです。もう5月なのに、この気温の低さは若干異常と言っても差し支えないはず!  千反田:「……思い出しました」  今回の話は、氷菓をめぐる事件の完結編。一応種明かしの回と言う...
[2012/05/22 22:30] 戯れ言ちゃんねる
氷菓 第5話 「歴史ある古典部の真実」
 折木供恵の話からすると、関谷純のことは「禁句」。 そして、事件は悲劇だと言う。 益々、謎が深まるばかりです。 そして、明らかになった事実。 好奇心の猛獣。基、好奇心の亡者の千反田えるが...
[2012/05/22 23:24] 北十字星
氷菓 第五話『歴史ある古典部の真実』感想
「奉太郎の言うとおりなら、僕達のカンヤ祭は少なくとも一人の高校生活を代償に成り立ってることになるね」 前回、折木をはじめ古典部の面々が集めた資料を検討した結果、45年前に起きた文化祭で起きた出...
[2012/05/23 23:17] アニメ好きな俺は株主
2012年02クール 新作アニメ 氷果 第05話 雑感
[氷果] ブログ村キーワード 氷菓 第05話 「歴史ある古典部の真実」 #kotenbu2012 #ep05 京都アニメーションの渾身の作品。原作は、米澤 穂信氏。青春ミステリーということでどんな内容なのか楽し...
『氷菓』 第5話 観ました
推理だけでは、憶測だけでは真実にたどり着けない。 ということで奉太郎くんは古典部部誌第2号の序文を書いた人物を特定しアポイントメントを取って当時の事情を聴く手配をした。それが今回のお話で氷菓編の解決編となりました。 あ、それで… 今回のAパート終了時に?...
プロフィール

Author:ムメイサ
カテゴリー
アーカイブ

2017年 10月 【10件】
2017年 09月 【8件】
2017年 08月 【8件】
2017年 07月 【8件】
2017年 06月 【8件】
2017年 05月 【16件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【37件】
2017年 02月 【13件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【15件】
2016年 11月 【7件】
2016年 10月 【13件】
2016年 09月 【14件】
2016年 08月 【14件】
2016年 07月 【12件】
2016年 06月 【14件】
2016年 05月 【9件】
2016年 04月 【13件】
2016年 03月 【15件】
2016年 02月 【10件】
2016年 01月 【7件】
2015年 12月 【27件】
2015年 11月 【16件】
2015年 10月 【26件】
2015年 09月 【34件】
2015年 08月 【17件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【32件】
2015年 05月 【26件】
2015年 04月 【27件】
2015年 03月 【20件】
2015年 02月 【18件】
2015年 01月 【33件】
2014年 12月 【35件】
2014年 11月 【38件】
2014年 10月 【26件】
2014年 09月 【26件】
2014年 08月 【14件】
2014年 07月 【22件】
2014年 06月 【20件】
2014年 05月 【17件】
2014年 04月 【14件】
2014年 03月 【37件】
2014年 02月 【32件】
2014年 01月 【34件】
2013年 12月 【26件】
2013年 11月 【29件】
2013年 10月 【29件】
2013年 09月 【23件】
2013年 08月 【17件】
2013年 07月 【27件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【25件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【27件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【37件】
2012年 12月 【26件】
2012年 11月 【27件】
2012年 10月 【34件】
2012年 09月 【28件】
2012年 08月 【26件】
2012年 07月 【39件】
2012年 06月 【35件】
2012年 05月 【30件】
2012年 04月 【43件】
2012年 03月 【36件】
2012年 02月 【36件】
2012年 01月 【20件】
2011年 12月 【34件】
2011年 11月 【25件】
2011年 10月 【72件】
2011年 09月 【42件】
2011年 08月 【52件】
2011年 07月 【53件】
2011年 06月 【45件】
2011年 05月 【49件】
2011年 04月 【59件】
2011年 03月 【36件】
2011年 02月 【47件】
2011年 01月 【49件】
2010年 12月 【43件】
2010年 11月 【43件】
2010年 10月 【43件】
2010年 09月 【42件】
2010年 08月 【41件】
2010年 07月 【40件】
2010年 06月 【41件】
2010年 05月 【38件】
2010年 04月 【41件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【45件】
2010年 01月 【49件】
2009年 12月 【42件】
2009年 11月 【36件】
2009年 10月 【35件】
2009年 09月 【57件】
2009年 08月 【47件】
2009年 07月 【46件】
2009年 06月 【58件】
2009年 05月 【63件】
2009年 04月 【52件】
2009年 03月 【52件】
2009年 02月 【39件】
2009年 01月 【51件】
2008年 12月 【61件】
2008年 11月 【61件】
2008年 10月 【68件】
2008年 09月 【69件】
2008年 08月 【59件】
2008年 07月 【63件】
2008年 06月 【50件】
2008年 05月 【49件】
2008年 04月 【47件】
2008年 03月 【59件】
2008年 02月 【68件】
2008年 01月 【64件】
2007年 12月 【62件】
2007年 11月 【70件】
2007年 10月 【63件】
2007年 09月 【59件】
2007年 08月 【52件】
2007年 07月 【51件】
2007年 06月 【31件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【21件】

アクセスランキング
検索BOX・タグ一覧
カウンター