ムメイサの隠れ家

放送中の深夜アニメの各話毎の感想を中心に更新しています。全話視聴したアニメ作品の総評なども。

氷菓 第10話 「万人の死角」

氷菓10-1
「折木さん…わたし…えっと…」
今週のえるの出番SUKUNEEEEEEEEEEEE(゚д゚;) しかしこのまま最後まで出てこないのかもと頭を過ったけどちょこっとだけでも見れたことは良かったw
氷菓10-2
二度のドンデン返しを見せる展開!
映画の犯人の解答を「カメラマン」で出してきた時はそこで一つの大きなひっくり返しがあってそういう答えできたかーと思わされたけど最後にはそれが正解ではなかったというもう一つのドンデン返しが、この展開は面白いな。

そしてイリス先輩の導きで初めて自分に自信を持ち、ちょっとだけドヤァともなった奉太郎だけどそこでずっこけてしまうという痛恨の展開。せっかく殻を破りかけていたのにこれでは以前より塞ぎ込んで普通を強調するようになってしまうのではないかな(笑)

ザイルを用意した意図とは合わずこれが正解ではなかったということだけど発想としては面白くてありだし、おそらく本来のオチよりも良くできた答えになっていたのだろうなとも。というかイリス先輩から見ると"むしろこうでなければならなかった"のかもしれない。

氷菓10-3
実際の答えは・・・ポイントとなるのは奉太郎の指摘した"第二の密室"

これを考えると犯人はほぼ確定し犯行方法はおそらく二つに一つになると思われる。そこで個人的に考える犯人はやはり長門(登山部の彼女)。あの説明を聞くに”第二の密室”を掻い潜れるのは右側に進んだ者のみ、でその方法はザイルを使った昇り降りであると。

降りた場所がどこなのかが問題だけど、例えば映像にぼやけて映っている通路途中天井の色の違う部分が照明などではなく穴であるというのであればそこから昇り降りして密室トリックは最初から彼女がマスターキーを持っていたことで説明がつく。

もしくは降りた先は隣の舞台でそこからサイレンサー付の拳銃など(しかしそれでは跡が残るか)で遠隔攻撃で殺害した。舞台からの道は塞がっていて×がついているけど通行はできなくても隙間はあるように見えた。ポイントは犠牲者の腕が飛んでいるところだけどこれはメイク班の過剰演出で当初の計画にはないということも判明している製作ミスによる矛盾点。

ちなみに後者が正解だったとすると腕をああしてしまった時点でこの話は矛盾無く成立できなくなるのでそれを考えると奉太郎の出した答えがベストに見える。なのでたぶんイリス先輩は本来の解答と映像の矛盾まで分かっていた上で奉太郎に新たな答えを導いてほしかったのだろうなと。そう考えるとあの答えを聞かされた時の反応とも合点がいく気がする。

半分はブログ読者が出してくれたアイディアなんだけど(ボソッ これで概納得できる。
しかしそこまで計算ずくと思うとイリス先輩の狡猾さと他人を使う女帝能力は恐ろしい^^;

あれ?でもよく考えたら劇場の中から撃ったというのがまかり通るなら左に進んだ者でも犯行可能ということに?まぁそこは複数人で行動しているか否かと"ザイル"と"登山部"と"原作者の激励"というキー情報を考えれば問題ないのかな。

氷菓10-4
氷菓10-5
氷菓10-6
今週は摩耶花が良かった(^ω^)
やる気を見せた奉太郎に対するオーバーリアクションに優秀な探偵助手っぷり、それからちょっと塩らしく「ごめんね…」と一言侘びて図書室に向う場面の表情仕草もGood!

ツンデレではない絶妙なツン加減もいい、ツンと言うのもまた違う気もするけど。とにかく大天使チタンダエル様だけでなくこの摩耶花も強力なヒロインっぷりを見せていていいですな!

えるの今週唯一の見せ場の奉太郎に何かを言いかけて止めた場面は本能的に奉太郎の推理に疑問を感じていたということでいいのかな?だとしたらそれもけっこうな才能だよな。この,わたし気になりますレーダーの精度もえるの凄さかw
関連記事
にほんブログ村 アニメブログへ
ブログランキング参加中。押していただけると励みになります。
どうも

録り溜めしておりせっかくだからこれはちょっと考えてみようかと思ったので、まぁ少し自分なりの意見をば。
やはり犯人は長門ですかね。
殺傷に使用した武器は・・・適当に登山用具でも(ぇ
方法はザイルを使って二階右手通路の窓から降り、一階右手通路の控室の窓から入り、上手袖で被害者を殺傷。
上手袖のドアに鍵をかけて元来た道を逆に辿る。
以上です!
このままだと流石にアレ過ぎるので少し。
長門が鍵を取ったのは海藤の直後。
控室の窓は横開きであるため立てつけは問題ない(?)
そしてこれはただの推測ですが、上手袖の鍵はあそこにあるべきではなかった。
私が一番気になっているのは、制作された映像がどれだけ本郷の意図していた通りだったのか、です。
上手袖における脚本の見開きが映されましたが、あの鍵の場所については何も記載されていませんでした。
密室をつくる上で鍵の在り処はかなり重要な要素になるため、もし映像のように配置するのならそれなりの記述があるはずです。
あそこに鍵があるのは、ただ単に現場のスタッフが勘違いで置いてしまっただけで、本来なら長門が持っていて後から海藤のポケットにでも忍ばせる予定だったとか。
(しかし脚本に従うなら海藤は生きていることに)
7人目の話は・・・江波さん辺りに関係あるのかなと。
・・・とまあ以上のようなことを考えましたが、正直なんだそれですね^^;
イリス先輩には何か裏がありそうですし、他にも本郷の人間関係など・・・まだまだ何かありそうな感じですがとりあえず来週に期待です。

それでは、また
[ 2012/06/25 08:44 ] [ 編集 ]
MEETπさん
>控室の窓は横開きであるため立てつけは問題ない(?)

窓は完全に封じられているのではないですかね?
あの空け方を見るに横開きということはないとは思います。

>そしてこれはただの推測ですが、上手袖の鍵はあそこにあるべきではなかった。
私が一番気になっているのは、制作された映像がどれだけ本郷の意図していた通りだったのか、です。

                ____      /
             .......:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.....、/
           /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:\
.          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.小:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\__
.      \ ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: | \:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.≫
        X:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./|:.:.:ハ:.:.:. |   ヽ:|:.:.:.:.:.:.:.:.:\
        ::.:.:.:.:.:.:.: |:.:′:.:;′ :.:.:.:l 、  :|\:.:.:.:.:.|::ーX─
.        ':.:.:.:.:.:.:.:. |/_V / !:.:. |  \__ヽ:.:.:|:.\:.::\
        |:.:.:.:.:.:.:.:N /⌒ヾ  :.: ,  γ ⌒ ヾ l:.:|:.:.:.l\::::..
.       ;.:.:.:.:.:.:.:.:.:| {i    i} V   |i    l} ??.:.:.:.\ ⌒
       ;.:.:.:.:.:.:.:.:.: l 乂   ノ     乂 _ノ {:.:.:.:.:.|:.:.:|
.       ;:.:.:.:.:.:./ヽ:.:l  ー            ヽ:.:.:ハ:.:|
.      .:.:.:1:.:.:X :.::l し            ∪ ノ:.:;'  V
      // !:.:.:.:.:\}:|  υ/ ̄ ̄ `ヽ   ..イ|:.:/
      イ   V|/ヽ|V\|Nfー≠==テvN::/|:/ |/
                 / /V芥ハ
                 | Z《/|\》i
                 |: \|_/  \

ん?ちょっとどういうことなのか分からないのですが(挑発的な意味ではいっさいなくです)、すいませんほんとに^^;

>7人目の話は・・・江波さん辺りに関係あるのかなと。

7人目、そういえば自分はそこを完全に度外視してしまっていましたw ここも考えないとならないのか。密室を形成するのにもう一人居たら都合の良い何かがあったのでしょうかね。うーんこんがらがってきた。

         , :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. .
         / :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. \
        /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.\
     . :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.ヽ
    /  :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. Λ
            :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.  :. :. :.Λ
    ′      / :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.   :. :. :. :. : Λ
   .       / {.   l、    \ :. :. :. :. :. :. :. :.Λ
   / :. :. :. :. :. :. /{:. ハ :. :. | ヽ:. :\:. :.ヽ:. :. :. :. :. :. :. :.Λ
  /:. :. :. :. :.{:. :/ V  、 :. |  \ヽ\:. :. :. :. :. :. :. :. :、:.\
  /:ノ:. :. :. :.ハ:/ 、  , \| ー‐ '    \} :. :. :. :. :. : |  ̄
    |:. :. :. :.ハ    ̄      , ィ= ミ |:. :ハ :. :. ハ:.|     ・・・わかった。もうこの話題はやめよう。
    |:. :l:. :. :. :、 ィ=ミ   ,        ' ' |:./^/.:. :./ リ
    :.|:. :. :. | ' '           u  |/ノ:. ハ:/       はい! やめやめっ! 解散解散っ!!
    ヽ|ハ :. ハ:ヽ、   /{\──┐   ./^ヽハ/
       ∨ ∨ >rイ 丶 vr‐z</: : : : : :.
  パンッ      ノ ノ  }  }}:\V〈: : : : : : |
          ./:イ:{{ ノヽ〃: : :\< : : ノ|
    パンッ 〈 : : : 。:У.|: :\゚ 。: : : : : : :/: |
         \ ゚/ |: :ヽ\: _ :/: :|

もう次回に投げたいw
[ 2012/06/27 01:22 ] [ 編集 ]
2回目ですが;

>ちょっとどういうことなのか分からないのですが

くそう!くそう!やすながかわいい
まさかAAまで使われるとは^^;
どうせあたってはいないので華麗にスルーしてくださいw
ちなみに私はソーニャ派です(ぇ
[ 2012/06/27 18:05 ] [ 編集 ]
MEETπ さん
いやいや、自分の頭が悪いだけかもしれませんw
来週になったら「おお、このことだったのか」と思っているかもw

>ちなみに私はソーニャ派です(ぇ

なん・・・d・・・もなーみん!!
[ 2012/06/28 20:28 ] [ 編集 ]
薔薇色の青春群像劇
>ザイルを用意した意図とは合わずこれが正解ではなかったということだけど
まー一人でネチネチ考えてると、そういうチェック漏れも出るわなあと。
今回は古典部の残り三人が全員いないというのが、この伏線だったのでは。


そして奉太郎は初めて気づいた。
自分にとって一番大切な人が誰なのかを。

「ホームズにはワトソンが必要なんだ。推理の道筋を整理し、導いてくれる相棒が。
お前がオレのワトソンになってくれ。
オレがホームズを目指すには、お前というワトソンが必要なんだ!」
「奉太郎。君のためなら、僕でできることならなんでもするよ!」
「ああ、お前こそがオレの生涯のパートナーだ!」
ガシッ

薔薇色のやーくそくーーー(アーーーーーッ)v-254

まやか様直筆の薄い本のネタになったら面白い。w


>イリス先輩の狡猾さと他人を使う女帝能力は恐ろしい^^;

実はイリス先輩って、才能の壁を感じてる人何ではないかという気も。

たとえば奉太郎の姉さんが天才的な才能の持ち主で、イリス先輩が必死で頑張ってもレギュラーになれなかったのに、姉の方は才能だけでレギュラーになりMVPになった。そして彼女の前で「運が良かっただけです」というセリフを口にする。その絶望はいかほどのものか。

イリス先輩は「人を使うのが上手い」というが、ウラを返せば「自分でやるのが苦手」ってことではないか?そして今回の告白を重ねて考えると、どれだけ頑張っても、才能のある誰かに全くかなわなかった過去を持っているのではないか。たとえば、それが奉太郎の姉で、かつてその姉が口にしたセリフを、弟の奉太郎の口から再び聞かされるというのは、とても辛いことなのだと思います。

考えすぎかもしれませんが、あの告白はそういう壁にぶつかった人間でなければ、なかなか口にできるものではない気がします。


ところであの喫茶店?甘味処?はいったいなんだ。こーこーせーが後輩の男の子とお話するのに行くような店じゃないぞ。好きだった相手とデートでもするには、ちょうど良いかもしれないけどな!

>ポイントとなるのは奉太郎の指摘した"第二の密室"

1、二階の外側の窓からザイルを使って控え室に侵入。
もちろん窓の外に体をさらす前に、逆さづりで部屋の中に人がいないことを確認する。
2、開いてた扉から上手袖に入って殺害
3、被害者が持っていた鍵を使って上手袖の扉を閉める。
4、控え室経由で二階に戻る。
5、二階から再びザイルを使って、今度は上手袖の窓の外に降下。
宙づりのまま窓をこじ開け鍵を投げ入れる。
窓を閉じれば密室の完成。そのままザイルで二階に戻る。

5は舞台側からも可能かも。舞台の正面入り口部分は塞がれているので、おそらく真っ暗。うまくすれば誰にも見つからずに隙間から鍵を投げ入れることは可能かも。
ただし投げ入れた先に、ちょうど手があるようにするのは難しいかも。投げ入れずに自分も入った可能性はあるが、一刻も早く密室を完成させ元の場所に戻るには隙間から投げ入れたと考える方が素直。

これが正しいとしても、長門さんの演技は大変だわーーー。
ぜーはーぜーはーw

しかも、その犯行に及んだ後、汗もかかず息も切らさずに皆の前に戻らなければならないんだよ。自分だったら不可能犯罪になるところだw


そして残るもう一つの問題が、これが可能なだけでなく、他の方法では不可能であることを、探偵の推理として説明しなければならないことかな。

コナン君だったら「犯人は、あの人しかいない!」「問題は証拠だ。。。あの人が犯人だとすると、今も二階のどこかにはアレ(ザイル)が隠されてるはずだ。一つ試してみるか。」みたいなセリフを言ってるところですよ。
[ 2012/06/29 01:36 ] [ 編集 ]
追記:鍵について
このトリックは被害者が上手袖の鍵を取らないと成立しません。
ただし鍵をとってきたのも並べたのも鴻巣なので、被害者の前に上手袖の鍵を置くことは可能です。特に理由がなければ被害者が目の前の鍵を取るのはそんなに不自然ではないでしょう。そして彼が上手袖の鍵を取った直後に、鴻巣もほぼ二番てで(その上の部屋の)鍵を取っています。
もちろん被害者が上手袖の鍵を取らないかもしれません。もし取らなかったら、そこで犯行を諦めればすむ話です。

むしろおかしいのは、真っ先にマスターキーを取りに戻ったのも鴻巣だったということかなあ。もしもう一人がついてこなかったら、密室トリックが成立しなくなってしまうので、犯人だったら自分から取りに戻るのは不自然なのです。むしろ他の誰かに取りに行かせて、密室トリックを完全なものにしないと。
[ 2012/06/29 02:02 ] [ 編集 ]
>考えすぎかもしれませんが、あの告白はそういう壁にぶつかった人間でなければ、なかなか口にできるものではない気がします。

たしかにそんな気がしますね。しかしそれでもあの先輩の立ち振舞いなどは常人では到達できない領域とも感じさせますよね。

>好きだった相手とデートでもするには、ちょうど良いかもしれないけどな!

これがこの事件最大の伏線で答えです(ぇ

>しかも、その犯行に及んだ後、汗もかかず息も切らさずに皆の前に戻らなければならないんだよ。自分だったら不可能犯罪になるところだw

その辺は今回のホータローの先輩への発言で流してしまうしかないかとw そういえばザイルを使って窓から浸入が可能なら隣の部屋に降りてきてもいいのですね。降りてきた先は隣の部屋だったという戦もあるかもしれません。その場合は鍵のすり替えなどいろいろやっていることになりますが。

>むしろおかしいのは、真っ先にマスターキーを取りに戻ったのも鴻巣だったということかなあ。

それも必要だったのではないですかね。
[ 2012/06/29 21:40 ] [ 編集 ]
残る疑問点について
前述したトリックで、鴻巣が犯人なら「密室トリック」は実現できます。
しかし彼女が犯人だとしても、不自然な点は残るんですよね。

1、最初に被害者に上手袖の鍵を取らせる部分が偶然に依存しすぎてないか?
あれで取らせることもできるが、取らない可能性もかなりある。計画的犯行なら、その部分も被害者に上手袖の鍵を必ず取らせるように工夫するはず。

2、最初に控え室に降りる所を外部の人に見られる恐れがある。
外部に出たところを誰かに見られたら、その時点でこのトリックは終わり。
あの廃墟にはほとんど誰も近づかないとしても、たとえばあのメンバーの誰かが外で立ちションでもして目撃される可能性も0ではない。計画的犯行にしては杜撰すぎないか。

3、密室にした理由は?
むしろ窓を開け放つなりなんなりして、第三者の犯行に見せかけた方が有利なのでは?

4、腕を切り落とした理由は?
たんに殺害するなら首を絞めるか心臓を一突きすればいい。
殺害した後に腕を切り落とすには時間がかかるし、返り血を浴びる危険もある。あのトリックは時間との戦いなのだから、よほどの理由が無い限りは腕を切り落とす必要が感じられない。

5、またその凶器は?
あの現場には血まみれの斧やノコギリのような凶器は見当たらなかったと思う。犯人が凶器を持って逃げたのだとしたら、床に血痕くらいは残っているのではないか。あの中に犯人がいれば、凶器を隠した場所から犯人が特定されかねない。むしろ現場に放置した方が安全ではないか。

そういえば死因もまだ明らかではないんだな。絞殺か刺殺か毒殺か、或いは自然死かも不明。


6、犯人が返り血を浴びてないのはなぜ?
腕を切り落とせば大量の血が流れるはず。床にも血が流れていた。
しかしあの中には返り血を浴びている人はいなかった。
上にレインコートでも着ていたか、それとも服を裏返したとか?

服を裏返しにしたなどでは他の人にバレないとは考えにくい。
そもそも計画的犯行なら、そんな見落としをするだろうか?


7、(鴻巣が犯人だとして)自分からマスターキーを取りに行ったのは何故?
もし鴻巣自信が犯人ならば、他の人に取りに行かせて密室トリックを完全なものにしないのは不自然。

8、果たしてどこまで計画的だったのか?
あの建物について、鴻巣は前もって調査していたのか?ならばもっと効率良く殺害する方法もあったのではないか?
そもそも他の人間がいる時に殺害に及ぶ理由があるか?たとえ密室トリックを使ったとしても、あそこにいる人間は全員容疑者になることを考えれば、他の場所で通り魔的殺人に見せかけた方が有利ではないか?


で、考えられる可能性の一つは、当初は「偶発的な事故だった」というもの。殺人事件ではなく、「鴻巣(の演じるキャラ)の軽いイタズラ」であった。(イタズラと言っても、我々が期待する性的な意味のイタズラではない。)

鴻巣が軽いイタズラで驚かせたら、思った以上の怪我をした。血が出ていて、気絶してぐったりしている。鴻巣はついあわててバレるのが怖くなって、鍵を閉めて元に戻った。ふと気づくと鍵を手にしているが、このままだと自分のせいだとバレるから元の場所に戻した。密室になったのは半ば偶然の結果であって、鴻巣にはその意図はなかった。

ところが撮影班のアドリブで、凶悪殺人になってしまったので、その設定が使えなくなったのではないかというのは、先週お伝えしたとおり。
[ 2012/06/30 01:40 ] [ 編集 ]
追記:残る疑問点について
9、ホームズ作品に挟まれたメモ。
うおう。すっかりその存在を忘れてたぜ。

たぶん、使ったネタとか脚本家の思考を暗示しているはずだけど、現時点では不明。
[ 2012/06/30 11:20 ] [ 編集 ]
>計画的犯行なら、その部分も被害者に上手袖の鍵を必ず取らせるように工夫するはず。

これは"そういう流れ"ということで流してもいいのかもしれません。ただ計画的だとしたら「後で二人きりで話したい」とでも言って方法も説明しておけばいいでしょう。殺人の動機にも繋がるかもしれません。

>たとえばあのメンバーの誰かが外で立ちションでもして目撃される可能性も0ではない。

その可能性は捨てていた。ミステリーの殺人は常に綱渡り。

>3、密室にした理由は?

フィクションのためw

>4、腕を切り落とした理由は?

製作者(演出はん)のミス

まぁこのあたりはあまり考える必要がない部分なのでしょうね。ハルヒのミクルの冒険でキョンが言っていた劇中の登場人物の考えなどなんちゃらとやらですな。あくまで旅先での密室殺人ということが前提の物語なのでそれ以外のリアリティーや要素は考える必要はないということでしょう。動機などはそこから探るしかないのですがそれはこの劇で推理することではないのでしょうね。
[ 2012/07/01 15:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
氷菓 第10話 万人の死角
氷菓 第10話。 特別扱いされた奉太郎は映画の推理に挑むが・・・。 以下感想
[2012/06/25 03:10] 窓から見える水平線
氷菓 第10話「万人の死角」 感想!
やっべぇ、面白すぎる!
[2012/06/25 04:20] もす!
氷菓 10話「万人と折木の死角!!」感想
中城 順哉(なかじょう じゅんや)たちの推理は使えない。「だが期待できる人物が1人いる。はじめからキミが目当てだった。」まるでデートのような料亭でナイスバディな入須 冬実(いりす ふゆみ)。きっとワ◯メ酒や女体盛りなども頼めそうです。「イリス先輩、俺はっ・...
氷菓 第10話
関連リンクhttp://www.kotenbu.com/第10話 万人の死角冬実に呼び止められた奉太郎まぁ説得されるのでしょうねw少し高そうなお茶を飲みに来てしまった奉太郎そこで冬実に全てを却下してしまったことを指摘されるそれも奉太郎の考えにより…しかし却下したことで明らか...
[2012/06/25 05:06] まぐ風呂
氷菓 第10話 「万人の死角」 感想
カメラマンが怪しいとは思いましたが奉太郎の推理には 疑問でしたがやっぱり……。 入須先輩は分かっていたんでしょうね。 入須冬美は思わせぶりな態度で奉太郎をお茶に誘う。 あの冷静沈着な入須のいつに...
[2012/06/25 06:26] ひえんきゃく
氷菓 -HYOUKA- 第10話 感想
 氷菓 -HYOUKA-  第10話 『万人の死角』 感想  次のページへ
[2012/06/25 07:02] 荒野の出来事
氷菓 第十話「万人の死角」
氷菓 第十話「万人の死角」です。 アニメ版『氷菓』も、原作ですと2冊目『愚者のエ
氷菓 第10話 「万人の死角!」
 えるの出番……
[2012/06/25 07:13] つれづれ
氷菓 10話感想
何故なら、彼は特別な存在だから
[2012/06/25 08:49] 遊乙日記GO NEXT
『氷菓』#10「万人の死角」
「あの場には7人目がいたんです」 3人の探偵役の推理を否定したその帰りに、入須にお茶に誘われる奉太郎。 って、本当にお茶屋だったw うぅむ、お嬢さまって感じがするな。 「最初から君が目当てだった」 だが、押しの強いお嬢さまだ…奉太郎にビデオの謎解きを...
氷菓 第10話「万人の死角」
入須先輩からお茶へのお誘い! (*゚∀゚)  いや本当に 和ぽいお店でのお茶でしたw お高そうなお店って 奉太郎の馴れない場所。 古典部でなく 奉太郎個人の才能に期待してる。 特別な才能だって入須先輩は 乗せてきます (´▽`*) 「あなただけ」とか?...
[2012/06/25 11:31] 空 と 夏 の 間 ...
氷菓 第10話 「万人の死角」 感想
才能と失敗と可能性と。
[2012/06/25 16:03] Little Colors
氷菓 #10「万人の死角」感想
前回からの引き三人の探偵役は器ではなかったと切り捨てる女帝最初から君が目当てだったんだと特別な存在いう割に全然話聞いてくれないな人の動かし方、誘導の仕方が熟知してて怖い謙虚な人ほど折れてまいますな素質や才能なんて言葉が飛び交うなんてこいつら高校生か?福...
氷菓 第10話 「万人の死角」 感想
慢心にはご注意を―
[2012/06/25 17:04] wendyの旅路
氷菓 第10話
「万人の死角」 君は特別よ…
氷菓第10話感想
記事はこちら(TBもこちらへ) 元記事はhttp://sigerublog.txt-nifty.com/utakata/2012/06/post-5968.html
[2012/06/25 19:09] うたかたの日々別館
氷菓 #10「万人の死角」
ミスリードさせられたのは折木かな? カメラマンが犯人っていうのは、正解じゃない? トリックがずさん? 小道具係だけが何かに気づいたのかな? ・お茶しようって、マジもんの「茶店」ww 高校生が行...
[2012/06/25 20:19] 制限時間の残量観察
氷菓 第10話「万人の死角」
これは、決して完璧ではいられない青年たちの群像劇。とってもミステリーしてて面白かった。
[2012/06/25 20:30] 妄想詩人の手記
氷菓 10話「解決編かと思いきや、折木の見落とし」(感想)
折木の推理にも見落としがあった。 彼の推理能力を見せつけられた上でこの展開。 なかなか面白い展開です。  
[2012/06/25 20:41] 失われた何か
氷菓 第10話「万人の死角」 感想
入須に頼まれて、本格的に映画の真相を推理することになった奉太郎。奉太郎が辿り着いた結論とは…?今回は喫茶店の描写がとても素晴らしかったです。そして里志のあの表情…!2クール目楽しみ過ぎます。
[2012/06/25 22:02] コツコツ一直線
氷菓:10話感想
氷菓の感想です。 犯人は…。
[2012/06/26 00:26] しろくろの日常
氷菓 10話 「万人の死角」 感想
女帝怖ええええええええ!
氷菓 第10話「万人の死角」 感想
君は、特別よ。 魔法の言葉だw 折木奉太郎(中村悠一)に頭を下げ、ビデオ映画の謎を解いてくれと頼む入須冬実(ゆかな)先輩。 美人な先輩にそんなこと言われたら、やらないわけにいきません(。+・`ω・´) ...
[2012/06/26 11:58] 空色きゃんでぃ
氷菓 第10話「万人の死角」感想!
氷菓 第10話「万人の死角」 入須先輩にお茶に誘われた奉太郎。 コーヒーとかじゃなくて、本格的に“お茶”だった。 そこで入須先輩に、中城・羽場・沢木口3人の案がダメだったことを説明。 「もし君が...
[2012/06/26 23:19] くろくろDictionary
(アニメ感想) 氷菓 第10話 「万人の死角」
氷菓 限定版 第1巻 [DVD](2012/06/29)中村悠一、佐藤聡美 他商品詳細を見る ☆アニメを濃く熱く語りたい人は集まれ~!毎週水曜日と金曜日夜11時からアニメ系ネットラジオ「ピッコロのらじお♪」を放送!一...
濃すぎたサブキャラ描写(アクエリオンEVOLとかニャル子さんとか)
【聖闘士星矢Ω 第13話】風の塔での蝿座のシルバー聖闘士との対決と、エデンくんと栄斗くんの再登場の巻。風の塔ってことで風属性のユナさんの主役回…と思ったのですが、そうじゃ ...
氷菓 第十話『万人の死角』感想
未完成のミステリー映画の結末について2年F組の有志3人らから話を聞いたものの、その全ての案について否定をしてしまい八方塞がりとしてしまった折木。 そんな折木を帰り道で待ち構えていた入須は茶に...
[2012/07/01 20:30] アニメ好きな俺は株主
プロフィール

Author:ムメイサ
カテゴリー
アーカイブ

2017年 08月 【8件】
2017年 07月 【8件】
2017年 06月 【8件】
2017年 05月 【16件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【38件】
2017年 02月 【13件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【15件】
2016年 11月 【7件】
2016年 10月 【13件】
2016年 09月 【14件】
2016年 08月 【14件】
2016年 07月 【12件】
2016年 06月 【14件】
2016年 05月 【9件】
2016年 04月 【13件】
2016年 03月 【15件】
2016年 02月 【10件】
2016年 01月 【7件】
2015年 12月 【27件】
2015年 11月 【16件】
2015年 10月 【26件】
2015年 09月 【34件】
2015年 08月 【17件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【32件】
2015年 05月 【26件】
2015年 04月 【27件】
2015年 03月 【20件】
2015年 02月 【18件】
2015年 01月 【33件】
2014年 12月 【35件】
2014年 11月 【38件】
2014年 10月 【26件】
2014年 09月 【26件】
2014年 08月 【14件】
2014年 07月 【22件】
2014年 06月 【20件】
2014年 05月 【17件】
2014年 04月 【14件】
2014年 03月 【37件】
2014年 02月 【32件】
2014年 01月 【34件】
2013年 12月 【26件】
2013年 11月 【29件】
2013年 10月 【29件】
2013年 09月 【23件】
2013年 08月 【17件】
2013年 07月 【27件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【25件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【27件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【37件】
2012年 12月 【26件】
2012年 11月 【27件】
2012年 10月 【34件】
2012年 09月 【28件】
2012年 08月 【26件】
2012年 07月 【39件】
2012年 06月 【35件】
2012年 05月 【30件】
2012年 04月 【43件】
2012年 03月 【36件】
2012年 02月 【36件】
2012年 01月 【20件】
2011年 12月 【34件】
2011年 11月 【25件】
2011年 10月 【72件】
2011年 09月 【42件】
2011年 08月 【52件】
2011年 07月 【53件】
2011年 06月 【45件】
2011年 05月 【49件】
2011年 04月 【59件】
2011年 03月 【36件】
2011年 02月 【47件】
2011年 01月 【49件】
2010年 12月 【43件】
2010年 11月 【43件】
2010年 10月 【43件】
2010年 09月 【42件】
2010年 08月 【41件】
2010年 07月 【40件】
2010年 06月 【41件】
2010年 05月 【38件】
2010年 04月 【41件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【45件】
2010年 01月 【49件】
2009年 12月 【42件】
2009年 11月 【36件】
2009年 10月 【35件】
2009年 09月 【57件】
2009年 08月 【47件】
2009年 07月 【46件】
2009年 06月 【58件】
2009年 05月 【63件】
2009年 04月 【52件】
2009年 03月 【52件】
2009年 02月 【39件】
2009年 01月 【51件】
2008年 12月 【61件】
2008年 11月 【61件】
2008年 10月 【68件】
2008年 09月 【69件】
2008年 08月 【59件】
2008年 07月 【63件】
2008年 06月 【50件】
2008年 05月 【49件】
2008年 04月 【47件】
2008年 03月 【59件】
2008年 02月 【68件】
2008年 01月 【64件】
2007年 12月 【62件】
2007年 11月 【70件】
2007年 10月 【63件】
2007年 09月 【59件】
2007年 08月 【52件】
2007年 07月 【51件】
2007年 06月 【31件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【21件】

アクセスランキング
検索BOX・タグ一覧
カウンター