ムメイサの隠れ家

放送中の深夜アニメの各話毎の感想を中心に更新しています。全話視聴したアニメ作品の総評なども。

氷菓 第11話 「愚者のエンドロール」

氷菓11-1
「まだ日が高いですね、少し川辺をお散歩しませんか?」
えるのお誘いヒャッホォーーウ!!
川辺をお散歩しませんか?この言葉をえるが放つだけでなんと心地の良い響き・・・メンタル的にダメージを受けている奉太郎に気を遣った優しい微笑のお誘いが素敵だった(^ω^)
氷菓11-2
次々と追い討ちをかけられる奉太郎
普段は省エネな人間が初めて気合を見せてドヤァとした途端にこのフルボッコの構図・・・
でも今回は弱いところやいろいろな表情を見せてキャラ魅力が上がった気もするw

ここでは三人がそれぞれ自分の尺度から奉太郎の案に異を唱えるというのが面白かった。奉太郎はタロット属性「力」の絆という意味を笑っていたけどこのメンバーそれぞれからの見解を集めることで初めて本当の推理力を発揮できるという点でそれは的を射ていると思う。

しかし里志はあそこまでシリアスな表情で怒る必要あるのかなとも思ったwそこまで大袈裟にやることないと思うくらいに京アニの表情描写が凄まじいw しかしこれにも意味はあるか。前回にも奉太郎の才能と態度に嫉妬しているような表情を見せたけどこのあたりの対立も今後の物語では出てくるのかな。

氷菓11-3
イリス先輩きさま奉太郎の純粋な心をーー!!
ということでイリス先輩は奉太郎を探偵としてではなく推理作家として利用していたことが判明。初めて自分の力を認められたと思った奉太郎は乗せられていただけと分かりショック・・・傷ついたけど殻を破るには必要な痛みなのかもしれない。

あ・た・し♪は姉だったのか
誰なのかとか全く考えていなかったけどその正体とイリス先輩の更に奥にあった真意というものには意表をつかれた。古典部に入れたこともそうだったし、この行動も奉太郎の成長を促しているところがあるので全ては姉の掌の上ということに、姉こそ真の女帝かw

映画の真相に関しては実際は死人が出ない話なのに脚本と現場ですれ違った結果だと。ザイルを使い隣の部屋の窓から入ったというのは一昨日くらいにコメントのやりとりで思いついたトリックだけど密室については最初から考える必要はなかったと。

ただこれじゃ映画として見せ場はないと思うし現場の改変も分からなくもない。それに生きているとしたらなぜ鍵を閉めたのかが分からなくなる。ガラスで切ったというなら自衛のために閉めたという理論も通用しないし、このあたりの脚本の整合性がよく分からなかったな。

氷菓11-4
実は私も人の亡くなるお話は嫌いなんです
今回のえるの推理は全て相手の気持ちを軸にしてのものだった。奉太郎のような理論を整理しての推理も大切だけど心を重視した推理の方が勝ることもあると。

この編は奉太郎が自分自身を見つめ直すこととそんな考え方を学んだ話だと思うけどこの経験は今後の物語でいったいどのように生きてくるのか、今後の奉太郎の成長も楽しみだ。
関連記事
にほんブログ村 アニメブログへ
ブログランキング参加中。押していただけると励みになります。
どうも

>しかし里志はあそこまでシリアスな表情で怒る必要あるのかなとも思ったw

全く同感ですw
責め立てるような口調と表情、それに奉太郎の目に影が差す演出が相まって、まるで犯人を追いつめる探偵さながら、どシリアス。
しかしそれ故に笑いが^^;

>イリス先輩きさま奉太郎の純粋な心をーー!!

イリス先輩きさま僕の純粋な心をーー!!
結局まともに考えようとした私もイリス先輩に踊らされていたというわけか・・・くそう!くそう!
というわけで先日投稿した意味不明なコメントについては触れなくてすみました^^

>実は私も人の亡くなるお話は嫌いなんです

実は私もあなたのことが好きなんです(←?

ここでまた一区切りですか。
里志の奉太郎に対する感情やイリス先輩と折木姉のなんだかんだなど、また気になることが出てきましたね。
今後とも期待です。
出来ればもっとえr(ry
打ってから気が付きましたが、なんか上の文には二つ以上の意味が含まれているような・・・私、気になります!

それでは、また
[ 2012/07/03 00:49 ] [ 編集 ]
ズコーーーー
せ、せっかく密室トリックまで考えたのに………。
「自分から鍵を閉めた」って、そんな初心者ネタあり??orz

>えるのお誘いヒャッホォーーウ!!
しっかしまあ、良家のお嬢様が「川辺で同世代の男と二人っきりで、何か深刻な話をしていました。とても必死な表情でしたよ」とかご両親に報告されたらどうする気なんだろう。

「君、折木君とかいったかね。うちの娘に手を出して、一体どう責任を取つもりかね?(ズゴゴゴゴゴゴ)」

>ここでは三人がそれぞれ自分の尺度から奉太郎の案に異を唱えるというのが面白かった。
一応、奉太郎のメンツのことも考えて、他の人がいなくなってからコッソリ指摘している点も興味深い。

>里志はあそこまでシリアスな表情で怒る必要あるのかなとも
それはホームズに対する冒涜でもあるからでは。

自分より才能に溢れていて、その気になればずっと上を目指せる人間があんな不真面目な態度を取られると、そりゃあ腹もたつのでは。例えるなら、その気になれば実力でテストを満点とれる人間が、カンニングで90点を取って、しかも自分より良い点だった時の裏切られた感。

>ということでイリス先輩は奉太郎を探偵としてではなく推理作家として利用していたことが判明。

でも奉太郎を特別視していたのも、才能を認めていたのも事実なんだけどなあ。特別な人じゃなければ、おだてて利用する価値もありませんて。

建前:我が校の野球部のために力を貸してくれ
本音:私を甲子園に連れてって
みたいな?

ところで、ひょっとしてイリス先輩ってツンデレ?

>あ・た・し♪は姉だったのか
えー、これは別に秘密でもなんでもなかったような。
イリス先輩のさらに先輩で、奉太郎の才能と古典部のことを知っていて、外国にいて今すぐ日本に帰るのが難しい人を消去法で考えれば他にいません。その視点でチャットを読み返すと、いかにも姉ちゃん的な発言で納得できるのです。(同様に脚本が仮病なのも冒頭のやりとりで視聴者には分かっている。)

>密室については最初から考える必要はなかったと。
これはもう、力一杯『ズコーーーー-』な感じで。必死で考えたのになあ。orz

「自分の考えたトリック(しめた後もう一度外からザイルで降りて鍵を投げ入れる)の方がマシじゃね?ね?」と思うのも、今回ばかりは我田引水じゃないよね?
まあでもたしかにあれじゃ、ミステリーとしては三流だ。

奉太郎案の方は、役者の演技が下手なせいで出たカメラ目線やカメラワークの不備を逆手にとって、
「あれが実は巧妙な伏線だったんだよ!!」
「な、なんだってーーーー!!」
にした点だけでも、高校生レベルとしては上出来なシナリオなんですよね。
奉太郎は自覚してないかもしれないけど。

>それに生きているとしたらなぜ鍵を閉めたのかが分からなくなる。
ああ、これは良くある推理トリックですよ。真相を隠して、加害者である鴻巣を他メンバーの追求から守るためです。

鍵を閉めた部屋の中で怪我をしていたら、普通は「誰かに後ろから刺された」ではなく「自分のドジで大けがしちまった」と誰でも思うでしょ。

ただしこれが成立するためには、部屋の外に血痕がないことが大前提です。残ってると真相に気づかれる恐れがあります。
[ 2012/07/05 01:45 ] [ 編集 ]
MEETπさん
>しかしそれ故に笑いが^^;

たしかに。奉太郎フルボッコ場面はシリアスだけどなんだか見ていて楽しかったです(ぇー

>結局まともに考えようとした私もイリス先輩に踊らされていたというわけか・・・くそう!くそう!

もしこれがえるだったら発狂していましたw

>里志の奉太郎に対する感情やイリス先輩と折木姉のなんだかんだなど、また気になることが出てきましたね。

全体の感情が奉太郎の成長物語として集約されそうなので面白いですね。今後どうやって絡んでいくのかわたし(ry
[ 2012/07/05 19:27 ] [ 編集 ]
>せ、せっかく密室トリックまで考えたのに………。
「自分から鍵を閉めた」って、そんな初心者ネタあり??orz

自分もそこは納得できませんでした(笑)

>ご両親に報告されたらどうする気なんだろう。

意外と両親は絡んでこない作品ですよね。きっと最後まで空気なのでしょう。

>自分より才能に溢れていて、その気になればずっと上を目指せる人間があんな不真面目な態度を取られると、そりゃあ腹もたつのでは。

やっぱりそういう嫉妬はあるのでしょうね。
今後その確執は埋まるのか広がっていくのか。

>イリス先輩のさらに先輩で、奉太郎の才能と古典部のことを知っていて、外国にいて今すぐ日本に帰るのが難しい人を消去法で考えれば他にいません。

その辺は適当に流し見してました(ぇ

>鍵を閉めた部屋の中で怪我をしていたら、普通は「誰かに後ろから刺された」ではなく「自分のドジで大けがしちまった」と誰でも思うでしょ。

なるほど。じゃあ鍵を閉めて発見されるまでは気絶したふりをしているということだったのですね。
[ 2012/07/05 19:33 ] [ 編集 ]
まんけん!
摩耶花さんは漫研と掛け持ちのようですが、以前話題になってた「だいわり」も、やっぱり漫研(or 同人誌)で身につけたんでしょうかね。w

PS
番外編のustream配信もお忘れ無く
[ 2012/07/05 19:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
氷菓 #11
【愚者のエンドロール】 氷菓 限定版 第2巻 [Blu-ray]出演:中村悠一角川書店(2012-07-27)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 俺は無意識に無視していたのか? 
[2012/07/02 02:56] 桜詩~SAKURAUTA~
氷菓 第11話 愚者のエンドロール
氷菓 第11話。 映画の脚本の真実、奉太郎に課せられた本当の役割は・・・。 以下感想
[2012/07/02 03:09] 窓から見える水平線
氷菓 #11「愚者のエンドロール」感想
おそらく今回で一区切りの山場前回折木が推理したモノで無事に上映会が終わったのだが古典部の面々は納得がいかない致命的な穴と叙述トリックが使われている事実の謎そしてえるは作者自身への気遣いへ目を向ける親友にも続きを託せないほどの訳があるのではと。折木の推理...
氷菓 第11話「愚者のエンドロール」 感想!
本郷脚本を全部読んでみたい。
[2012/07/02 04:10] もす!
氷菓 第11話
関連リンクhttp://www.kotenbu.com/第11話 愚者のエンドロール摩耶花の指摘により自分の推理の矛盾に気づいた奉太郎果たして本当の真相とは…摩耶花の指摘の後今度は里志から呼び止められ指摘されることに奉太郎の解答は叙述トリックというものしかしホームズしか読ん...
[2012/07/02 05:37] まぐ風呂
氷菓 第11話 「愚者のエンドロール」 感想
入須先輩も凄かったけど、奉太郎の姉貴はもっと凄かった! 奉太郎も大変ですね、色々と。 奉太郎に詰め寄る摩耶花。 真意を確かめる里志。 自分自身の思いを伝えるえる。 3人のいつになく厳しい表情に...
[2012/07/02 06:37] ひえんきゃく
氷菓 第十一話「愚者のエンドロール」
氷菓 第十一話「愚者のエンドロール」です。 アニメ版『氷菓』も、原作ですと2冊目
【感想】氷菓 11話 それを嘘と言うのは君の自由よ
氷菓 11話「愚者のエンドロール」 の感想を そう、それが理由
[2012/07/02 06:59] おもしろくて何が悪い
氷菓 11話「全ては入須先輩の手の内に」(感想)
今回こそ回答編。 推理を解くポイントは 映画の続きを解決することではなく 脚本家本郷の心と入須先輩の心を 読み解くところにありました。  
[2012/07/02 07:00] 失われた何か
氷菓 第11話 「愚者のエンドロール」
 奉太郎はタロットでいうと力。里志の例えが面白いですね。
[2012/07/02 07:12] つれづれ
氷菓「第11話 愚者のエンドロール」/ブログのエントリ
氷菓「第11話 愚者のエンドロール」に関するブログのエントリページです。
[2012/07/02 08:51] anilog
氷菓 -HYOUKA- 第11話 感想
 氷菓 -HYOUKA-  第11話 『愚者のエンドロール』 感想  次のページへ
[2012/07/02 09:32] 荒野の出来事
氷菓 11話感想
ドリーム「騙す方が悪いに決まってるじゃない!!」
[2012/07/02 09:41] 遊乙日記GO NEXT
『氷菓』#11「愚者のエンドロール」
「本郷さんを追い詰めたのは一体何なのか、 それが知りたかったんです」 奉太郎の推理により映画が出来上がったが、 それを見てあまり納得していない様子の古典部メンバー。 奉太郎は自分が回答に合わせて問題を捻じ曲げてしまったのかと、思い悩むが…
氷菓 第11話「愚者のエンドロール」
サブタイがなるほどで 良いですね~♪  何でも興味を示しちゃう者って意味もあるタロットの『愚者』。 好奇心の塊のえるちゃんにはピッタリですね (´▽`*) 『愚者』とは 本質を見極める目を持ってる。 えるちゃんが興味を持つのは 謎ではなく 人の方?...
[2012/07/02 12:13] 空 と 夏 の 間 ...
氷菓 第11話「愚者のエンドロール」感想
ザイルの出番がない∑(゚д゚ノ)ノ まさか名探偵、折木奉太郎が見落としてしまうなんて・・・ 入須冬実先輩に乗せられてまわりが見えなくなっちゃったんですね。 人は見たいものしか見ないってやつでしょうか(´...
[2012/07/02 15:10] 空色きゃんでぃ
氷菓 第11話 「愚者のエンドロール」 感想
ミステリー映画の犯人探し、本当の解決編です。推理に必要なもの。
[2012/07/02 18:13] Little Colors
氷菓 第11話
「愚者のエンドロール」 心からの言葉ではない …それを嘘を呼ぶのは君の自由よ…
氷菓 第11話「愚者のエンドロール」 感想
今回で原作2巻目の愚者のエンドロールが終わりに。奉太郎は本郷の真意に気づくことはできるんでしょうか…?今回の見所は追い詰められる奉太郎、奉太郎対入須。入須先輩怖すぎる~。あと7/8には11.5話が配信されるようです。お見逃しなく!
[2012/07/02 22:42] コツコツ一直線
氷菓:11話感想
氷菓の感想です。 この映画製作の真相とは。
[2012/07/02 23:48] しろくろの日常
氷菓 第11話 『愚者のエンドロール』 感想
僕の考えは、けっこう合っていたのか? 氷菓 第11話 『愚者のエンドロール』 のレビューです。
[2012/07/03 12:54] メルクマール
氷菓 第11話 「愚者のエンドロール」 感想
温故知新―
[2012/07/03 15:19] wendyの旅路
氷菓 第11話「愚者のエンドロール」感想!
氷菓 第11話「愚者のエンドロール」 いよいよ大詰め。 奉太郎は映画の結末に一つの案を考え出した。 ところが、摩耶花に「ザイルがどこにも出て来なかった」と指摘される。 そ
[2012/07/04 00:07] くろくろDictionary
(アニメ感想) 氷菓 第11話 「愚者のエンドロール」
投稿者・ピッコロ 氷菓 限定版 第1巻 [DVD](2012/06/29)中村悠一、佐藤聡美 他商品詳細を見る ☆アニメを濃く熱く語りたい人は集まれ~!毎週水曜日と金曜日夜11時からアニメ系ネット
氷菓11話 青春はやさしいだけじゃない
氷菓の11話を見ましたよ。 いやー、よかったですね。 うじうじ奉太郎くんな! 自分の考えた推理を 摩耶花、里志、える、 それぞれに批判され
氷菓 第十一話『愚者のエンドロール』感想
「カメラマンが七人目ってのは面白かったし、登場人物が一斉にカメラ目線になるシーンも迫力があったわ」 「でも・・・、あれじゃどこにもザイルの出番がないじゃない」 「っ」
[2012/07/05 22:56] アニメ好きな俺は株主
氷菓 第十一話「愚者のエンドロール」
 ……良かった。  …クラス中からハブられて体調を崩した素人脚本家女学生は、実在しなかったんだね?  いや、私は割とマヂで、最悪のシナリオとしてそういう展開が来るん...
[2012/07/08 10:21] Old Dancer's BLOG
プロフィール

Author:ムメイサ
カテゴリー
アーカイブ

2017年 10月 【10件】
2017年 09月 【8件】
2017年 08月 【8件】
2017年 07月 【8件】
2017年 06月 【8件】
2017年 05月 【16件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【37件】
2017年 02月 【13件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【15件】
2016年 11月 【7件】
2016年 10月 【13件】
2016年 09月 【14件】
2016年 08月 【14件】
2016年 07月 【12件】
2016年 06月 【14件】
2016年 05月 【9件】
2016年 04月 【13件】
2016年 03月 【15件】
2016年 02月 【10件】
2016年 01月 【7件】
2015年 12月 【27件】
2015年 11月 【16件】
2015年 10月 【26件】
2015年 09月 【34件】
2015年 08月 【17件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【32件】
2015年 05月 【26件】
2015年 04月 【27件】
2015年 03月 【20件】
2015年 02月 【18件】
2015年 01月 【33件】
2014年 12月 【35件】
2014年 11月 【38件】
2014年 10月 【26件】
2014年 09月 【26件】
2014年 08月 【14件】
2014年 07月 【22件】
2014年 06月 【20件】
2014年 05月 【17件】
2014年 04月 【14件】
2014年 03月 【37件】
2014年 02月 【32件】
2014年 01月 【34件】
2013年 12月 【26件】
2013年 11月 【29件】
2013年 10月 【29件】
2013年 09月 【23件】
2013年 08月 【17件】
2013年 07月 【27件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【25件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【27件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【37件】
2012年 12月 【26件】
2012年 11月 【27件】
2012年 10月 【34件】
2012年 09月 【28件】
2012年 08月 【26件】
2012年 07月 【39件】
2012年 06月 【35件】
2012年 05月 【30件】
2012年 04月 【43件】
2012年 03月 【36件】
2012年 02月 【36件】
2012年 01月 【20件】
2011年 12月 【34件】
2011年 11月 【25件】
2011年 10月 【72件】
2011年 09月 【42件】
2011年 08月 【52件】
2011年 07月 【53件】
2011年 06月 【45件】
2011年 05月 【49件】
2011年 04月 【59件】
2011年 03月 【36件】
2011年 02月 【47件】
2011年 01月 【49件】
2010年 12月 【43件】
2010年 11月 【43件】
2010年 10月 【43件】
2010年 09月 【42件】
2010年 08月 【41件】
2010年 07月 【40件】
2010年 06月 【41件】
2010年 05月 【38件】
2010年 04月 【41件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【45件】
2010年 01月 【49件】
2009年 12月 【42件】
2009年 11月 【36件】
2009年 10月 【35件】
2009年 09月 【57件】
2009年 08月 【47件】
2009年 07月 【46件】
2009年 06月 【58件】
2009年 05月 【63件】
2009年 04月 【52件】
2009年 03月 【52件】
2009年 02月 【39件】
2009年 01月 【51件】
2008年 12月 【61件】
2008年 11月 【61件】
2008年 10月 【68件】
2008年 09月 【69件】
2008年 08月 【59件】
2008年 07月 【63件】
2008年 06月 【50件】
2008年 05月 【49件】
2008年 04月 【47件】
2008年 03月 【59件】
2008年 02月 【68件】
2008年 01月 【64件】
2007年 12月 【62件】
2007年 11月 【70件】
2007年 10月 【63件】
2007年 09月 【59件】
2007年 08月 【52件】
2007年 07月 【51件】
2007年 06月 【31件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【21件】

アクセスランキング
検索BOX・タグ一覧
カウンター