ムメイサの隠れ家

放送中の深夜アニメの各話毎の感想を中心に更新しています。全話視聴したアニメ作品の総評なども。

中二病でも恋がしたい! 第11話 「片翼の堕天使(フォーリン・エンジェル)」

中二11-1
「なんでも♪」
モリサマー!!!森夏の思いやりが素敵すぎる(*´д`*)
森夏はぶりっ子キャラからモリサマーになり最後はこういう役割といろいろな活躍があるキャラになったなー。ある意味主役達よりも印象に残るポジションと言えるかもしれない。
中二11-3
良くできた妹樟葉ちゃんが可愛い(^ω^)
六花の不審な挙動に笑顔で対応するところも良かったけど家の扉を開けた瞬間から可愛いオーラが出ていた!本当にもっと出番がほしかったキャラですな。

凸ちゃん・・・
今回の凸ちゃんは見ているのが辛い。言動から察しても凸守はけっして一緒にふざける仲間が欲しいというだけでなく今の六花の状況と本当の願いを理解した上で六花に呼びかけているのだろうなと。六花の父親の事を知っているのかは知らないけど。

「風が吹く・・・凸守は揺れるデス。右に・・・左に・・・マスターを想って・・・」
風に揺られる凸ちゃんがかわいいw この場面は見ていて和んだ^^

中二11-4
Nibutani「よしよし」
森夏!!!この終盤の森夏が天使過ぎる(*´д`*) かと思えば前回のように昔の中二仲間にぐぬぬしたりしていてそういうところも面白く実にいいキャラ!

森夏が勇太も六花も「意地になってるんじゃない?」と指摘してあげていたけどまさにその通りであの二人は本質的にそういうのが好きなところが各場面で見えているので自分の本来の趣味や趣向まで中二と括って押し込める必要はないと思う。凸守もそれを分かっていて六花に伝えようとしているけど巧く伝えられない、そんな感じかな。

ところで森夏のアレは何らかの気の迷いで本質的なものではなかったのだろうか(笑) あと部の閉鎖の話題の時にさり気なくマビノギオンを渡しなさいと切り出していたところがよかったw

中二11-2
ドドメンwww
ここにきてくみん先輩の猫どどめんが登場したけど本当にきめらそっくりw
くみん先輩は完全に空気化しているけどここでは何かアドバイスしてあげたのかな?

凸ちゃんの泣き顔の表現力が凄い
こういうところは流石京アニで一シーンで凄く見ごたえのある作画演出だった。

止めてほしい六花。止められない勇太──
この見送りの場面は"ここで止めなければ今ままでの中二で生き生きしていた六花は二度と戻ってこない"という意味合いもあってそれぞれのキャラクターの心情にも重みがあった。

現実的に見てここで墓参りを止めるのが正しいとも思わないけどこのまま心の答えを出さないまま行かせれば六花の心の一部が死んでしまうのは確か。全てを委ねられた勇太はどう行動するのか?そして極東魔術昼寝結社の夏の運命は!?次回いよいよ最終回!
関連記事
にほんブログ村 アニメブログへ
ブログランキング参加中。押していただけると励みになります。
何だか夢の中にいるような感じでした。

凸ちゃんが健気で可哀想です。
確かに森夏天使でしたね!
凸ちゃんの泣くシーン、作画がすごいですね。

最終回どうなるのでしょうか
六花を止めないと中二病卒業になるし
今回あまり出なかったくみん先輩が動くのかな
[ 2012/12/13 19:10 ] [ 編集 ]
リ:バースさん
>凸ちゃんの泣くシーン、作画がすごいですね。

やはり京アニはこういう一つ一つの表情演出で見せてくれるので強いですね。
[ 2012/12/28 22:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
中二病でも恋がしたい! Epidsode Ⅺ 片翼の堕天使(フォーリン・エンジェル)
中二病でも恋がしたい! 第11話。 失われた邪王真眼。 以下感想
[2012/12/13 11:13] 窓から見える水平線
中二病でも恋がしたい! 第11話「片翼の堕天使(フォーリン・エンジェル)」
六花ちゃんが眼帯を外して3週間。 ホントに中二病を卒業する気になったのは意外でしたね。 現実を受け入れなきゃいけないってことは六花ちゃんも分ってはいたのでしょうね。
[2012/12/13 11:39] 空 と 夏 の 間 ...
中二病でも恋がしたい! 第11話「片翼の堕天使(フォーリン・エンジェル)」
これまでも「転」となる展開はいくつかありましたが、今回はケタが違いましたね。 最終回前でここまできつい展開になるとは。 多くの視聴者が感じたであろう違和感、それは六花ち
[2012/12/13 11:56] のらりんすけっち
中二病でも恋がしたい! #11「片翼の堕天使(フォーリン・エンジェル)」感想
前回の終わりから眼帯しなくなった決意をする六花 普通の子やな、凡である個性やらしさ、則ちアイデンティティがなくなっていくある意味で勇太が殺したみたいなものだ中二病を引退...
中二病でも恋がしたい! Episode XI「片翼の堕天使(フォーリン・エンジェル)」 感想
このアニメでこんな展開 誰も望んでいません・・・。 こんなにも辛い話になるとは。
中二病でも恋がしたい! Episode XI「片翼の堕天使(フォーリン・エンジェル)」 感想!
もやもやもやもやぁっ!
[2012/12/13 13:57] もす!
中二病でも恋がしたい! 第11話 感想
 中二病でも恋がしたい!  第11話 『片翼の堕天使(フォーリン・エンジェル)』 感想  次のページへ
[2012/12/13 14:10] 荒野の出来事
中二病でも恋がしたい!:11話感想
中二病でも恋がしたい!の感想です。 本当の六花とは。
[2012/12/13 16:04] しろくろの日常
中二病でも恋がしたい! Episode XI 片翼の堕天使(フォーリン・エンジェル) レビュー
(゚Д゚)ハァ? もう文化祭から3週間後…だと?? 六花ちゃんがぁああ 中二病じゃなくなってる!? 十花と普通に喋ってる…・  そして、十花がイタリアに 旅立っていってしまった。...
[2012/12/13 16:42] ゴマーズ GOMARZ
中二病でも恋がしたい! 第11話
第11話「片翼の…堕天使(フォーリン・エンジェル)」 六花が眼帯を外してから3週間。すでに母親とも暮らし始めているようです。 十花さんはもうイタリアへ旅立つんですね。六花
[2012/12/13 18:34] いま、お茶いれますね
中二病でも恋がしたい! 第11話 「片翼の…堕天使(フォーリン・エンジェル)」あらすじ感想
衝撃的な引きだった前回。中二病から卒業して、家族と上手くやっていこうとする六花。そしてそんな六花を見守る勇太。このまま上手くいくんでしょうか…?物語もいよいよクラ...
[2012/12/13 20:30] コツコツ一直線
中二病でも恋がしたい! 第11話 「片翼の堕天使(フォーリン・エンジェル)」 感想
心が痛い、心が痛いよ―
[2012/12/13 22:20] wendyの旅路
中二病でも恋がしたい! Episode XI「片翼の堕天使(フォーリン・エンジェル)」
中二病でも恋がしたい! Episode XI「片翼の堕天使(フォーリン・エンジェ
中二病でも恋がしたい! 11話「片翼の堕天使(フォーリン・エンジェル)」感想
中二病でも恋がしたい! 11話 「片翼の堕天使(フォーリン・エンジェル)」
[2012/12/13 23:21] 気の向くままに
中二病でも恋がしたい!第11話感想 六花が中二病卒業?凸森が切なすぎ…
中二病でも恋がしたい! 第11話『片翼の堕天使(フォーリン・エンジェル)』の感想です! 現実を受け入れようとする六花だけど…あと凸森が切なすぎるよ! 文化祭から3週
[2012/12/14 23:33] キャラソニ!
中二病でも恋がしたい! 第11話「片翼の…堕天使(フォーリン・エンジェル)」感想!
中二病でも恋がしたい! 第11話「片翼の…堕天使(フォーリン・エンジェル)」 素晴らしい。
[2012/12/15 23:19] くろくろDictionary
中二病でも恋がしたい! Episode XI「片翼の堕天使」
 うごh……だb……………ぐ………………………。  …………………………いや。  何でもない。何でもないよ。  ……何でもないったら。
[2012/12/16 12:30] Old Dancer's BLOG
プロフィール

Author:ムメイサ
カテゴリー
アーカイブ

2017年 04月 【25件】
2017年 03月 【38件】
2017年 02月 【13件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【15件】
2016年 11月 【7件】
2016年 10月 【13件】
2016年 09月 【14件】
2016年 08月 【14件】
2016年 07月 【12件】
2016年 06月 【14件】
2016年 05月 【9件】
2016年 04月 【13件】
2016年 03月 【15件】
2016年 02月 【10件】
2016年 01月 【7件】
2015年 12月 【27件】
2015年 11月 【16件】
2015年 10月 【26件】
2015年 09月 【34件】
2015年 08月 【17件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【32件】
2015年 05月 【26件】
2015年 04月 【27件】
2015年 03月 【20件】
2015年 02月 【18件】
2015年 01月 【33件】
2014年 12月 【35件】
2014年 11月 【38件】
2014年 10月 【26件】
2014年 09月 【26件】
2014年 08月 【14件】
2014年 07月 【22件】
2014年 06月 【20件】
2014年 05月 【17件】
2014年 04月 【14件】
2014年 03月 【37件】
2014年 02月 【32件】
2014年 01月 【34件】
2013年 12月 【26件】
2013年 11月 【29件】
2013年 10月 【29件】
2013年 09月 【23件】
2013年 08月 【17件】
2013年 07月 【27件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【25件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【27件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【37件】
2012年 12月 【26件】
2012年 11月 【27件】
2012年 10月 【34件】
2012年 09月 【28件】
2012年 08月 【26件】
2012年 07月 【39件】
2012年 06月 【35件】
2012年 05月 【30件】
2012年 04月 【43件】
2012年 03月 【36件】
2012年 02月 【36件】
2012年 01月 【20件】
2011年 12月 【34件】
2011年 11月 【25件】
2011年 10月 【72件】
2011年 09月 【42件】
2011年 08月 【52件】
2011年 07月 【53件】
2011年 06月 【45件】
2011年 05月 【49件】
2011年 04月 【59件】
2011年 03月 【36件】
2011年 02月 【47件】
2011年 01月 【49件】
2010年 12月 【43件】
2010年 11月 【43件】
2010年 10月 【43件】
2010年 09月 【42件】
2010年 08月 【41件】
2010年 07月 【40件】
2010年 06月 【41件】
2010年 05月 【38件】
2010年 04月 【41件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【45件】
2010年 01月 【49件】
2009年 12月 【42件】
2009年 11月 【36件】
2009年 10月 【35件】
2009年 09月 【57件】
2009年 08月 【47件】
2009年 07月 【46件】
2009年 06月 【58件】
2009年 05月 【63件】
2009年 04月 【52件】
2009年 03月 【52件】
2009年 02月 【39件】
2009年 01月 【51件】
2008年 12月 【61件】
2008年 11月 【61件】
2008年 10月 【68件】
2008年 09月 【69件】
2008年 08月 【59件】
2008年 07月 【63件】
2008年 06月 【50件】
2008年 05月 【49件】
2008年 04月 【47件】
2008年 03月 【59件】
2008年 02月 【68件】
2008年 01月 【64件】
2007年 12月 【62件】
2007年 11月 【70件】
2007年 10月 【63件】
2007年 09月 【59件】
2007年 08月 【52件】
2007年 07月 【51件】
2007年 06月 【31件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【21件】

アクセスランキング
検索BOX・タグ一覧
カウンター