RSS

企画

ごちうさ

PCゲーム

ゆずソフト

2012年アニメ名言・名フレーズBEST30

2012 名フレーズ

『2012年アニメ名言・名フレーズBEST30』

2012年のアニメで印象に残ったキーワードやフレーズをあくまで自分で見た上で覚えている範囲で選出。最初に軽くノミネートしてみたら20強だったので30まで選んで今年はランキング方式で紹介。本当に気まぐれでその時の気分で決めたランキングなので順位に特に意味はないけどそうした方が記事として面白そうだったので敢えてランキング形式に。

今年は昨年よりもだいぶ視聴数を絞ったので挙げられる作品も限られているけどこうして改めて纏めてみるといろいろな作品が振り返れて面白いので今年もやることに。果たして今年はどんなフレーズが選ばれたのかッ!?企画は続きより。




※選出は基本的に全話見た作品からながらいくつかは一部のみを視聴した作品からの選出もあり。正式なフレーズだけではなくネット上の俗称や造語も印象に残ったフレーズとして選出。ジョジョやリトバスは原作から知っていることもあり今回は選出外。





<30位~21位>



-第30位-

・ラード (探偵オペラ ミルキィホームズ 第2幕)

まずはミルキィから「ラード」の選出。ミルキィ二期の話になると決まって「あぁラードの」と話題の筆頭に出てくる程で良くも悪くも作品を象徴するワードとして強く印象に残ったということは間違いない。



-第29位-

・今日は……風が騒がしいな… (男子高校生の日常)

でもこの風…少し泣いています…。冬アニメ『男子高校生の日常』にて杉田さんの爽やかボイスと日笠さんの文学少女の掛け合いの名台詞。



-第28位-

・やっほ~い! (ココロコネクト)

ココロコネクトより欲望開放で授業中に叫んでしまった伊織のやっほい!事前にCMで印象づけられていた台詞ということもあり満を持して投入された本編では実にノリの良い場面となった。



-第27位-

・(・ワ・) (人類は衰退しました)

人類が衰退しましたより。視聴者間で流行った妖精さんの顔文字(・ワ・)



-第26位-

・(」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー! (這いよれ!ニャル子さん)

巷で大流行の(」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!。個人的にニャル子さんは最後まで見なかったけどこのOP曲は一回見ただけで頭に入るようなインパクトでこの顔文字も一回は使ってみたくなる魔力を秘めていた。



-第25位-

・ぐへへ (お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ)

おに愛は最初の何話かしか見てないけどその中でも妹の変態性とこの「ぐへへ」という台詞のインパクトは際立っていた。中の人も相当若いようだけどいい演技をしていて今後注目の声優さんに成長するかもしれない。



-第24位-

・"居ない者" (Another)

"居ない者"の相手をするのはよせ!この作品はミステリーとしてもファンタジーとしてもこのフレーズが臨場感を引き立てていた印象があった。実在する者を無理やり居ない者と認定している人間関係の柵も感じさせかつ超常的存在も感じさせるミステリアスなフレーズ。一部では"居ない者"設定を利用して好き勝手する同人誌がどうとか(ry



-第23位-

・エロは愛、愛は正義。だからエロは正義なんだ!
(だから僕は、Hができない。)

今日はエロいいことなかったな~。『だから僕は、Hができない。』は1クール勢いが続かなかったけど序盤はこの台詞に象徴されるように主人公良介が凄まじい躍動感を見せていた。



-第22位-

・DT (イクシオン サーガ DT)

ディーティー。これはまさか作品タイトルのDTがそういう意味だったとはという意外性や敵キャラ達が主人公の事を一貫してDT呼ばわりし続けるどうしようもない作品性、それからあのOPの効果も相まって非常にインパクトの強い言葉となった。



-第21位-

・爆ぜろリアル!弾けろシナプス! バニッシュメントディスワールド! (中二病でも恋がしたい!)

お馴染み中二病でも恋をしたいの決め台詞。序盤の方では毎回ギャグ的に使っていた台詞だけど終盤ではメインテーマと絡めて一番重要な決め手となっていたところなどが印象的。





<20位~11位>



-第20位-

・そんな素敵な日本語がこの世に存在していたとは! (ハイスクールD×D)

ハイスクールD×Dより主人公一誠の台詞。「あーおっぱい揉みてー」や「ハーレム王に俺はなる!」なども考えたけど何度も出てきたこの台詞の印象が強かったw




-第19位-

・怜・・・病んでさえいなければ・・・
(咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A)

正式なフレーズではなく千里山の怜に対して視聴者が勝手にこう反応していただけ(笑)
しかし実際この北斗の拳の名言がこの上なく嵌る準決勝先鋒戦となった。




-第18位-

・パンツァーフォー! (ガールズ&パンツァー)

アニメ本編と同じで最初は特に印象には残らない一台詞だったけど本編が馴染んでくるに連れてキター!というような決め台詞に昇華された。対戦系の部活ものでもあるのでこの一言で物語が締まるというような良い掛け声台詞。




-第17位-

・次は誰かな? (ソードアートオンライン)

ソードアートオンラインよりノリノリなキリトさんのドヤ顔の格好いい次回への引き台詞。SAOは他にも似たようなシチュエーションは多かったので単純にこのセリフというよりはキリトさん枠で一つ選出。そしてここはなんだかんだでゲームを楽しんでそして調子にも乗ってしまうキリトさんの性格がよく出ている場面だった。キリトさんが楽しそうで何よりですという感じw 




-第16位-

・こねこねこねこね (シャイニング・ハーツ ~幸せのパン~)

シャムパン♪コッペパン♪ミルクパン♪どれにいたしますか~♪ザッザッザッザ!!!
シャイニング・ハーツ ~幸せのパン~EDより。このアニメはあのEDが全てだった。




-第15位-

・\ン~リカッア/ (ゆるゆり♪♪)

ゆるゆりより二期になって登場したこの効果音。お馴染み\アッカリ~ン/の逆verでインパクトとしてはやはりアッカリーンの方があるけどこれを思いついたその発想が良かった。時をかけるあかりでのタイムマシンと絡めた使い方も凄く面白く印象的なワード。




-第14位-

・僕の王の力がああああああ! (ギルティクラウン)

ギルティクラウンより集さんの迷言。所々では未だにギルティクラウンの代名詞的に使われているところも見られまさに作品の象徴的な台詞の一つと言える。




-第13位-

・モリサマ言うな! (中二病でも恋がしたい!)

中二病でも恋がしたい!モリサマーこと丹生谷森夏より。森夏のキャラクター自体が面白かったこともあるけど歯切れの良いこの台詞は例えばARIAの「恥ずかしいセリフ禁止!」のような何度聞いても飽きない定番台詞としての良さがあった。




-第12位-

・ブリっ死 (Another)

Anotherより小椋さんの死に様に対して造られた視聴者の造語”ブリっ死”。壮絶すぎてギャグの領域までいくようなキャラクターの死に様だったけどそれに対して付けられたこの俗称があまりにも嵌りすぎていてインパクト絶大だった。



-第11位-

・まるっ! (輪廻のラグランジェ)

輪廻のラグランジェよりヒロインまどかの決め台詞「まるっ!」。今年最初のアニメだったこと、それからまどか役の石原さんがその後各アニメで大活躍だったという巡り合わせもあって一際その声が印象に残った台詞となった。





<10位~4位>




-第10位-

・西住殿 (ガールズ&パンツァー)

作品やキャラクターの印象は呼称一つで大きく変わることもある。ガールズ&パンツァーは個人的には序盤はなかなか乗れなかったのだけど主人公のみほの呼ばれ方にこの"西住殿"が加わってからなぜだか凄く愛着が持てるようになった。そしてみほをこの名前で呼ぶ秋山さんからも経緯と親しみが伝わってきて各場面の「西住殿~」は凄く微笑ましい。





-第9位-

・わさわさ (キルミーベイベー)

キルミーベイベー!どしたのワサワサッ?キルミーベイベー!なんでもナーミン?
キルミーOPより”わさわさ”。キルミーのやすなのキャラクターと赤崎さんのその演技には衝撃を受けその後も赤碕さんキャラを見かけるたびに頭をよぎるフレーズとなった。





-第8位-

・デス! (中二病でも恋がしたい!)

中二病でも恋がしたい!より凸守早苗の語尾につく特徴「デス!」。凸ちゃんのキャラと同様にどんどん癖になっていく良さがあって初登場の当初はここまで愛着が湧く語尾になるとは思っていなかったデス。





-第7位-

・愉悦 (Fate/Zero)

Fate/Zeroより”愉悦”。覚醒した言峰綺礼の愉悦と称した非道の限りとその楽しみっぷりは印象に強い。けっして悪いニュアンスの言葉ではないはずだけど今後この言葉を聞くとまず最初に悪どいイメージが先行してしまうのではないかという程(笑)





-第6位-

・しゃーなしだな! (これはゾンビですか? OTD)

これゾンよりハルナちゃん(とバユム)の決め台詞しゃーなしだな!劇中ではこれに合わせて処刑用BGMが流れクライマックスに入るという合わせ技も多くポジティブで勢いに乗れる台詞だというニュアンスが強い。二期分の積み重ねもあり愛着のある台詞。





-第5位-

・わぁいうすしお
あかりうすしお大好き
 (ゆるゆり♪♪)

あかりがひたすら駅で独り言を呟いていた回の名言。アニメで登場する以前から他所でもよく見かけていた表現で元ネタはこれかと初めて出てきた時にはもはやお馴染みだったというフレーズでもある。延々と一人コントを繰り広げながら無邪気に放たれたこの一言は何気ないようでいてやたら印象が強かった。





-第4位-

・私のシュークリーム…
食べてください!
 (この中に1人、妹がいる!)

この中に1人、妹がいる!よりヒロイン心乃枝の「私のシュークリーム・・・」。凄まじい肉食系ヒロイン達が繰り広げる突飛な展開の数々が特徴の作品でその中でも特に心乃枝の淫乱っぷりは凄まじく"シュークリーム"は作品を象徴するような言葉として記憶に刻まれた。







<3位~1位>







-第3位-



・Anotherなら死んでた (Another)

Anotherより視聴者間で流行った造語「Anotherなら死んでた」。この言葉の凄いところは本作ではなく他の作品の実況・感想で語られるところでこの一年間至るところでAnotherなら(ryという言葉を目にしてきた気がする。Anotherは商業的には成功した分類には入らないかもしれないけど未だにこれだけ話題に登るのだからやはり凄い作品であったことは確か。







-第2位-



・くそぅ!くそぅ! (キルミーベイベー)

キルミーベイベーより折部やすなの「くそぅ!くそぅ!」。登場人物が極端に少ない作品ながらやすなの抜群のキャラクターとこの定番の台詞が大きなアクセントとなった。くそう!はバリエーションも豊富で「こうなったら靴隠してやるぅ~」など前後に繋がる台詞も見所だった。そして個人的にツイッターなどネットで一番使った台詞かもしれない(笑)








-第1位-




・わたし、
  気になります!
 (氷菓)


千反田!!!ということで今年一番印象に残った台詞に選んだのは春から秋にかけて放送されたアニメ氷菓のヒロインえるより「わたし、気になります!」。特に捻りのないオチかもしれないけど他のランクインしている言葉はほとんど1クールで、2クールかつ4月~10月の年の中央に放送された、そして作品としてもヒロインとしても魅力を感じさせそんなキャラの定番の決め台詞ということでこの言葉は圧倒的に印象に残った。







おまけ:選ばなかった言葉の中で迷ったもの(登場作品名称略)

冬アニメ:「どうする、折部やすな!」「見たいなら見てもいいわ」「なー」「Akather」
春アニメ:「輝いて~coco壱番~」「ばーぶばーぶ」「バーストリンク!」「騎士道精神」
夏アニメ:「お石様」「ちなつ無双」「ビーター」「少年同士の行き過ぎた友情を描いた話」
秋アニメ:「ジングルベージングルベールルルッルルー」「右手とさよならさ~ アバヨ!」「目には目を…歯には歯を…あ"く"に"は"あ"く"を"」「抜刀」「闇の炎に抱かれて(ry」







<まとめ>

ということでこんな感じに。改めて見るとAnotherが3つも食い込んできているけどやはりインパクトのある作品だったのだなと。昨年もBLOOD-Cでいくつか印象に残るワードがあり今年は他にもガルパンから二つ選んでいるので水島監督の演出が視聴者の心に残り易い何かを持っているとも見れるかもしれない。良くも悪くも(笑)

見ている範囲ではこんな風な選出になったけど見てない範囲では「りりちよ様」とかじょしらくの有名な台詞とかモーパイとかニャル子さん関係あたりが強かったりするのかな。

今年は昨年よりも13本視聴作品減で選べるものも少ないと思っていたけど改めて見ると挙げたいフレーズはきりがなくいろいろと印象に残っているものだなーと実感。来年のアニメからはいったいどんな名言・名フレーズが生まれるのか・・・わたし、気になります!
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール


Author:ムメイサ

カテゴリー

アーカイブ

2019年 11月 【2件】
2019年 09月 【3件】
2019年 08月 【4件】
2019年 07月 【4件】
2019年 06月 【4件】
2019年 05月 【8件】
2019年 04月 【7件】
2019年 03月 【15件】
2019年 02月 【23件】
2019年 01月 【23件】
2018年 12月 【8件】
2018年 11月 【7件】
2018年 10月 【11件】
2018年 09月 【6件】
2018年 05月 【5件】
2018年 04月 【13件】
2018年 03月 【16件】
2018年 02月 【30件】
2018年 01月 【33件】
2017年 12月 【11件】
2017年 11月 【4件】
2017年 10月 【10件】
2017年 09月 【8件】
2017年 08月 【8件】
2017年 07月 【8件】
2017年 06月 【8件】
2017年 05月 【16件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【37件】
2017年 02月 【13件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【15件】
2016年 11月 【7件】
2016年 10月 【13件】
2016年 09月 【14件】
2016年 08月 【14件】
2016年 07月 【12件】
2016年 06月 【14件】
2016年 05月 【9件】
2016年 04月 【13件】
2016年 03月 【15件】
2016年 02月 【10件】
2016年 01月 【7件】
2015年 12月 【27件】
2015年 11月 【16件】
2015年 10月 【26件】
2015年 09月 【34件】
2015年 08月 【17件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【32件】
2015年 05月 【26件】
2015年 04月 【27件】
2015年 03月 【20件】
2015年 02月 【18件】
2015年 01月 【33件】
2014年 12月 【35件】
2014年 11月 【38件】
2014年 10月 【26件】
2014年 09月 【26件】
2014年 08月 【14件】
2014年 07月 【22件】
2014年 06月 【20件】
2014年 05月 【17件】
2014年 04月 【14件】
2014年 03月 【37件】
2014年 02月 【32件】
2014年 01月 【34件】
2013年 12月 【26件】
2013年 11月 【29件】
2013年 10月 【29件】
2013年 09月 【23件】
2013年 08月 【17件】
2013年 07月 【27件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【25件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【27件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【37件】
2012年 12月 【26件】
2012年 11月 【27件】
2012年 10月 【34件】
2012年 09月 【28件】
2012年 08月 【26件】
2012年 07月 【39件】
2012年 06月 【35件】
2012年 05月 【30件】
2012年 04月 【43件】
2012年 03月 【36件】
2012年 02月 【36件】
2012年 01月 【20件】
2011年 12月 【34件】
2011年 11月 【25件】
2011年 10月 【72件】
2011年 09月 【42件】
2011年 08月 【52件】
2011年 07月 【53件】
2011年 06月 【45件】
2011年 05月 【49件】
2011年 04月 【59件】
2011年 03月 【36件】
2011年 02月 【47件】
2011年 01月 【49件】
2010年 12月 【43件】
2010年 11月 【43件】
2010年 10月 【43件】
2010年 09月 【42件】
2010年 08月 【41件】
2010年 07月 【40件】
2010年 06月 【41件】
2010年 05月 【38件】
2010年 04月 【41件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【45件】
2010年 01月 【49件】
2009年 12月 【42件】
2009年 11月 【36件】
2009年 10月 【35件】
2009年 09月 【57件】
2009年 08月 【47件】
2009年 07月 【46件】
2009年 06月 【58件】
2009年 05月 【63件】
2009年 04月 【52件】
2009年 03月 【52件】
2009年 02月 【39件】
2009年 01月 【51件】
2008年 12月 【61件】
2008年 11月 【61件】
2008年 10月 【68件】
2008年 09月 【69件】
2008年 08月 【59件】
2008年 07月 【63件】
2008年 06月 【50件】
2008年 05月 【49件】
2008年 04月 【47件】
2008年 03月 【59件】
2008年 02月 【68件】
2008年 01月 【64件】
2007年 12月 【62件】
2007年 11月 【71件】
2007年 10月 【63件】
2007年 09月 【59件】
2007年 08月 【52件】
2007年 07月 【51件】
2007年 06月 【31件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【21件】

検索BOX・タグ一覧