RSS

企画

ごちうさ

PCゲーム

ゆずソフト

たまこまーけっと 第5話 「一夜を共に過ごしたぜ」

たまこまーけっと5-1
「ねぇ、一緒に遊ぼ?」
イエスユアハイネス!水着たまこからのお誘い(^ω^)
一緒にあそぼ♪と誘ってくるたまこが可愛かった!でも水着なのに色気はなかったw

そんなたまこの場面に代表されるように流石は京アニと言うべきか今回は水着回ではあったけど水着でもそこまでサービスにならないような回に。風呂シーンもそんな感じだけど京アニのセクシーさはむしろふだんの足描写に集約されている気がするw


たまこまーけっと5-2
今回の話の解釈は?

今回の話は終わった時に結局どういうことなんだろうかと考える余地のある内容で解釈次第でいろいろ変わりそうだけど、概ねとしてはみどりちゃんがもち蔵が好きでたまことの間を妨害していたという印象はほとんど感じられなかったのでそれは除外して、みどりちゃんがもち蔵にたまこを取られたくなかったのでああいう風に動いていたと解釈できる。

そしてそれは百合的な恋愛感情というよりも一番の親友を取られたくない、もち蔵の告白が成功するとたまこが自分から離れていってしまうというような漠然とした不安だったのだろうとも思える※

なのでたまこが自分を「大好き」と言った後にもち蔵に告白を促したのは自分の方がたまこからの好感度が高いと分かったからという余裕ではなく仮にもち蔵の告白が成功してもたまこが自分から離れないと悟ったから、というような流れだったのではないかと解釈した。

※この展開でみどりが恋愛感情としてたまこを好きということになると今回の一部の行動はみどりちゃんは嫌な感じのキャラだという印象を付けることになってしまいそうなのでこう解釈した。全体的に見るとやはりたまこを好きという方が妥当だとも思えるけど、そうなるとみどりちゃんのキャラ印象に影響しそうな脚本でもあったのでそこが複雑なところ。


そして最後の三人の指立て「むふ♪」の意味。これはたまことかんなは臨海学校での二人の接近を見て変に勘違いしてしまったのではないかと。みどりちゃんはよくわからなかったけど釣られてやっているだけで、それはもち蔵との間でちょっとした感覚の共有的な友情が芽生えたという事を示していると。断じて二人の恋愛ではなく友情。

という風に今回の話を捉えてみたけど実際にはどうなのだろうか。とりあえずそれは置いといてここから先はいつも風な感想も少し(ノ∀`)


たまこまーけっと5-3
白のワンピースかんなちゃん!
かんなちゃんの私服が可愛い(*´д`*) 前回の頭巾エプロンのお手伝い姿も好きだったけど服装のバリエーションではかんなちゃんが一番好きかもしれない。

かんな「たまちゃんいやらしい子だね」
プールに行くのにもち蔵を誘ったたまこに対するかんなちゃんのつっこみが良かったw

水着!!!
冒頭で色気がないみたいな事を書いたけどなんだかんだで水着はいいものですな(ぉ
みどりちゃんとかんなちゃんの水着姿は一部しか見れなかったけど立ち絵でも見たかった。

たまこまーけっと5-7
まったく、小学生はさいk・・・二人は今の方が可愛いなw
この作品の小学生キャラはあんこちゃんが最強か(ノ∀`) でも小学生眼鏡たまこの頼りないぼんやりとした雰囲気はこれはこれでいい。みどりちゃんが守りたくなるのも分かる。

たまこまーけっと5-5
みどりちゃんのにらみ顔とべーが可愛い
たまこは私が守る!みどりちゃんの百合的な嫉妬行動はシチュエーションと描写的に見れば可愛かった。ただ脚本的に上のようなこれは百合ではないというような解釈をしなければもち蔵に対する挙動が少し嫌な感じになってしまうし、かと言ってそのように解釈するとこれらの場面の可愛さも半減してしまう、そんな風にどっちにとっても腑に落ちない少しちぐはぐな構成だったのではないかと今回の内容には少し納得できなかった面も。


いろいろ書いたけど今回を総合的に判断すると、"みどりちゃんは意識的にしろ無意識的にしろ百合的にたまこが好き"という方が嫉妬的行動動機もあって各場面の挙動は可愛く映る、そしてその上でもち蔵への各シーンのことは深く考えないで切り捨ててしまってマイナスイメージは持たない、自分に都合のいい解釈だけどそれが一番いい気がする。

たまこまーけっと5-6
「うん!起きてるよ♪」
たまこの謎の覚醒寝言シーンwこの能力はなんだったんだろうw
関連記事

コメント

みどり自身も分からないのでは?

みどりはたまこへの感情を友情か恋愛感情か自分で捉えかねてるのでしょう
バレンタインの時に出た結論は「普通の友情とは違う、誰かを想う気持ち」だったのでしょうけど、それ即ち恋愛感情って思ったわけでもない感じで
現状はどっちとも言えないもやっとしたものだから、行動にも一貫性があまりないというか
もち蔵が絡むと対抗意識が前面に出るし、告白しようとしてると知ったら反射的に邪魔してしまった
でも、たまこから両者への気持ちを聞いた事で冷静になった感じ?

臆面もなく「大好き」と言ってくれたのは嬉しい反面、親友としか思ってないわけで、喜ぶべきか残念に思うべきか判断がつかないように見えました
もち蔵の邪魔するのは「大好き」と言ってくれたたまこの気持ちを裏切る行為だから止めた、という部分は自覚的だと思うのですが
あとまあ、「もち仲間」という評価のもち蔵は自分と似たようなポジションであり、多少親近感を持ったのもあるかも

たまこの選択は如何に?

この作品はけいおんとは違ってあくまでもたまこハーレムな様ですね。最初はOP,ED共に何故たまこだけが歌うのか疑問だったのですが、何となくわかった気がします。(山田監督の希望では?)
最終的には、家族、友達(もち蔵を含む)、商店街の人々、そして南の国の王子でたまこを取り合う事になるのでは?
そして、たまこはどのような結論を出すのか?(出さないのか?)

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

たまこまーけっと #05

『一夜を共に過ごしたぜ』

たまこまーけっと 第5話「一夜を共に過ごしたぜ」あらすじ感想

今回は海、そして水着回で、もち蔵メイン回。もち蔵メイン回待っていました〜。たまこに密かに恋心を抱くもち蔵。この夏こそ、もち蔵はたまこに告白できるのでしょうか、そしてみど...

たまこまーけっと #5「一夜を共に過ごしたぜ」感想

水着回か〜スク水があざとい女性を美しく見せる衣装だよねプールで泳ぐのを誘われて一喜一憂悶々とする男子は分からんでもないそれを見透かす鳥の煽りがまた達観しているというかた...

たまこまーけっと 第5話「一夜を共に過ごしたぜ」

お待ちかねの海回です!  泳げないたまこは、プールでみどりたちから特訓。 もち蔵は一緒に行けずに、たまこの水着姿を想像(笑) デラさんから、告白しないのかと言われますが…...

たまこまーけっと 5話はみどりともち蔵のたまこへの想いから衝突する展開を描く(感想)

みどりさんは可愛いですなぁ。 特に横顔が最高に魅力的。 今回はたまこへの想いを強く抱きつつ、 恋敵であるもち蔵と衝突しながら 夏の楽しいひと時を過ごす展開でした。 水属

たまこまーけっと 第5話「一夜を共に過ごしたぜ」

超オクテもち蔵にじぇらしいみどりちゃん。 あわやドロドロ展開でしたが、要所要所でたまちゃんとデラちゃんが空気読んでくれてソフトに。 絵だけだともち蔵とみどりちゃんがカッ

たまこまーけっと 第5話 「一夜を共に過ごしたぜ」

「男子誘ってどうするの。水着になるんだよ私たち」 「たまちゃんいやらしい子だね・・・」 たまこはいやらしい子だということが判明しましたw プールイベントはギャルゲーにとっ

たまこまーけっと第5話『一夜を共に過ごしたぜ』の感想レビュー

大人の階段を登るのかと思ったら、一つ屋根の下の範囲広すぎワロタwな臨海学校回でした。 水着回なのにヾ(*´∀`*)ノキャッキャ(´∀`*)ウフフより遠泳とは地味かなとは思いましたが...

たまこまーけっと 第5話 一夜を共に過ごしたぜ レビュー

夏!! もち蔵が店番をしているとプールに行くたまこ、みどり、かんなの 姿が見える。もち蔵と目があったたまこがもち蔵も誘うと… みどり「ちょっとたまこ!」 たまこ「ん?何?」 ...

たまこまーけっと 第5話 「一夜を共に過ごしたぜ」 感想

恋の花火を打ち上げよう―

たまこまーけっと:5話感想

たまこまーけっとの感想です。 みどりの揺れ動く気持ち。

たまこまーけっと 第5話 感想

たまこまーけっと 第5話「一夜を共に過ごしたぜ」 水着回キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! 史織ちゃん水着忘れて、そのまま来ようとしたってwww 裸で泳ぐ気かい!? たまこ...

たまこまーけっと 第5話 「一夜を共に過ごしたぜ」

たまこまーけっと 第5話 「一夜を共に過ごしたぜ」です。 さて、今日はどうにか出

たまこまーけっと 第5話「一夜を共に過ごしたぜ」 感想

へたれ大路乙!! 2話以降あまり出番がなかった大路くん。 たまこへの想いを胸にいざ林間学校へ! ※仕事柄よくPhotoshop使うのでこのシーン画像合成してみました。

(アニメ感想) たまこまーけっと 第5話 「一夜を共に過ごしたぜ」

投稿者・ピッコロ たまこまーけっと (2) [Blu-ray](2013/04/17)洲崎綾、金子有希 他商品詳細を見る 夏。たまこ達は臨海学校に行くことに。 泳げないたまこは、みどり達とプールで練習を

ブログ内人気ページ

プロフィール


Author:ムメイサ

カテゴリー

アーカイブ

2019年 09月 【3件】
2019年 08月 【4件】
2019年 07月 【4件】
2019年 06月 【4件】
2019年 05月 【8件】
2019年 04月 【7件】
2019年 03月 【15件】
2019年 02月 【23件】
2019年 01月 【23件】
2018年 12月 【8件】
2018年 11月 【7件】
2018年 10月 【11件】
2018年 09月 【6件】
2018年 05月 【5件】
2018年 04月 【13件】
2018年 03月 【16件】
2018年 02月 【30件】
2018年 01月 【33件】
2017年 12月 【11件】
2017年 11月 【4件】
2017年 10月 【10件】
2017年 09月 【8件】
2017年 08月 【8件】
2017年 07月 【8件】
2017年 06月 【8件】
2017年 05月 【16件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【37件】
2017年 02月 【13件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【15件】
2016年 11月 【7件】
2016年 10月 【13件】
2016年 09月 【14件】
2016年 08月 【14件】
2016年 07月 【12件】
2016年 06月 【14件】
2016年 05月 【9件】
2016年 04月 【13件】
2016年 03月 【15件】
2016年 02月 【10件】
2016年 01月 【7件】
2015年 12月 【27件】
2015年 11月 【16件】
2015年 10月 【26件】
2015年 09月 【34件】
2015年 08月 【17件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【32件】
2015年 05月 【26件】
2015年 04月 【27件】
2015年 03月 【20件】
2015年 02月 【18件】
2015年 01月 【33件】
2014年 12月 【35件】
2014年 11月 【38件】
2014年 10月 【26件】
2014年 09月 【26件】
2014年 08月 【14件】
2014年 07月 【22件】
2014年 06月 【20件】
2014年 05月 【17件】
2014年 04月 【14件】
2014年 03月 【37件】
2014年 02月 【32件】
2014年 01月 【34件】
2013年 12月 【26件】
2013年 11月 【29件】
2013年 10月 【29件】
2013年 09月 【23件】
2013年 08月 【17件】
2013年 07月 【27件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【25件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【27件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【37件】
2012年 12月 【26件】
2012年 11月 【27件】
2012年 10月 【34件】
2012年 09月 【28件】
2012年 08月 【26件】
2012年 07月 【39件】
2012年 06月 【35件】
2012年 05月 【30件】
2012年 04月 【43件】
2012年 03月 【36件】
2012年 02月 【36件】
2012年 01月 【20件】
2011年 12月 【34件】
2011年 11月 【25件】
2011年 10月 【72件】
2011年 09月 【42件】
2011年 08月 【52件】
2011年 07月 【53件】
2011年 06月 【45件】
2011年 05月 【49件】
2011年 04月 【59件】
2011年 03月 【36件】
2011年 02月 【47件】
2011年 01月 【49件】
2010年 12月 【43件】
2010年 11月 【43件】
2010年 10月 【43件】
2010年 09月 【42件】
2010年 08月 【41件】
2010年 07月 【40件】
2010年 06月 【41件】
2010年 05月 【38件】
2010年 04月 【41件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【45件】
2010年 01月 【49件】
2009年 12月 【42件】
2009年 11月 【36件】
2009年 10月 【35件】
2009年 09月 【57件】
2009年 08月 【47件】
2009年 07月 【46件】
2009年 06月 【58件】
2009年 05月 【63件】
2009年 04月 【52件】
2009年 03月 【52件】
2009年 02月 【39件】
2009年 01月 【51件】
2008年 12月 【61件】
2008年 11月 【61件】
2008年 10月 【68件】
2008年 09月 【69件】
2008年 08月 【59件】
2008年 07月 【63件】
2008年 06月 【50件】
2008年 05月 【49件】
2008年 04月 【47件】
2008年 03月 【59件】
2008年 02月 【68件】
2008年 01月 【64件】
2007年 12月 【62件】
2007年 11月 【71件】
2007年 10月 【63件】
2007年 09月 【59件】
2007年 08月 【52件】
2007年 07月 【51件】
2007年 06月 【31件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【21件】

検索BOX・タグ一覧