RSS

企画

ごちうさ

PCゲーム

ゆずソフト

映画 『ドラゴンボールZ 神と神』 感想

劇場版 DRAGON BALL Z (ドラゴンボールゼット) 神と神 2013年 4/30号 [雑誌]
ドラゴンボールZの映画を見に行ったので軽く感想を。本編のネタバレを含むのでご注意を。


うーん、個人的には少々期待外れ

二十年近いブランクを考えればまたこの世界が見られるだけでも面白かったとも言えるしそれほど悪かったというわけでもないけど見終わってスッキリ面白かったと思ったかというとそうでもなく、ちょっと微妙な後味が残る映画だった。

雰囲気的には今までのドラゴンボールZの映画というよりも鳥山明の初期のギャグ調に近く、映画最終期の龍拳爆発やクウラのようなバトルと方向性を期待していた自分にとっては少し期待はずれなところがあった。まぁドラゴンボールは無印時代から知っているし元々そういう作風の作者でこれこそが本来描きたかった世界観なのだろうとは納得できるけど。

それから今回の相手は敵ということでもなかったので最終的に倒さずに終わって不完全燃焼な感もあった。今までの映画では必ず「敵」が存在しそれを倒す流れになっていたので短いストーリーでも入れ込めたけど今回はそれがなかったので物足らなかった。

それからベジータ、あの扱いはうけて評判がいいようだけど、個人的には少しギャグキャラ扱いしすぎだろうとも思った。GT以降はそんな風潮があって一番最近のジャンプフェスタのアニメーションでも完全に弄られキャラになっていたけど、今までの映画ではやられるなりにも格好いい登場場面があったのであそこまでネタ風にはしないでほしかった。

もちろん『楽しいビンゴ』は面白かったけど(笑)でも昔のような映画でのワイルドさを貫いてほしく残念という思いもあり複雑。プライドを捨ててまであの歌を歌ったベジータこそ真に格好いいという見方もあるしそれに対して納得できる面もあるので一概には言えないけど。

ギャグキャラ化と言えばビンゴに没頭していたりカラオケで歌っていたピッコロさんに関しては、もう仕方ないか(笑) でも欲を言えば専用テーマに乗せてピンチの場面に助っ人として登場する(けど一撃でやられる)ピッコロさんがこの映画でも見たかった。

あとは「スーパーサイヤ人ゴッド」への変身の仕方を神龍に聞く流れだったのとその方法自体、それからサイヤ人の神という設定がどうも素直に受け入れ難かった。ここまでいくと揚げ足取りになってしまうのだろうけど、サイヤ人ゴッドのビジュアル自体もあまり良くない。

ゴッドへの変身は軽すぎたのでみんなから気を送ったら簡単になれるではなく最後のデスボールをかき消す場面でようやくなれたという感じにするなりして変身することへの凄みを演出できれば良かったのではないかと個人的には感じる。

それから戦闘場面はCGを多用し移動の速さを演出してはいたけど、これは速くすればいいというものではなく、今までの戦闘と比較すると逆にクオリティが落ちてしまっていると感じた。クオリティというよりは描写の「味」とでも言うべきか。

あとピラフ一味、一部のファンには嬉しいのかもしれないけどあそこで少し尺を使いすぎだと見ながら感じていたので出さなくても良かったのではないかと。それからブウ編の後にしてはトランクス(と悟天)の精神年齢の描き方が少しおかしかった。あと悟飯は酔ったのはともかく流れ弾をビーデルさんに当てたというのはやりすぎかなと。

そんな風に気になるところが多い映画だった。しかしこれはけっして揚げ足取りをしたいのではなく、好きだからこそ細かいところまで気になったということ、それから上でも書いたように今回の映画と自分の求めている方向性が若干マッチしなかったからということ。


良かった点ももちろんあった。声優さんの演技では界王様や悟空の野沢さんは何年経っても衰えない良い演技を見せるなと感じさせた。あとビーデルさんのお腹の中のパンが6人目というところはGTでパンのキャラの印象も強く根付いているので良い設定だったと思う。

それとやはりなんだかんだ言っても久々にこの世界を見れただけでも楽しかった。界王様の星で悟空が順々にスーパーサイヤ人に変身していく場面だけでも楽しい。

ちなみにビルス様の強さはどれくらいなのかといろいろ考えてみたけど、ビルス同様に大人の超サイヤ人3悟空を余裕で倒せそう(あそこまで余裕で倒せるかは置いといて)なのは今までの登場キャラでは魔人ブウ(悪・in悟飯)、ベジータベビー、それ以降の敵で、

個人の見立てでは超一星龍>スーパーサイヤ人4>悟飯魔人ブウ>ベジータベビー(通常)、くらいじゃないかと思うので、スーパーサイヤ人ゴッドの強さを超サイヤ人4より若干強いくらいと仮定すると超一神龍に近いくらいなのかなと。

そうなるとビルスを倒せそうなのはスーパーゴジータとベジットくらいか。勿論この仮定はゴッドが超サイヤ人4より強いという根拠はないし、ベジットが超一星龍よりも強いという根拠もない。ただベジットなら超一星龍よりも強いんじゃないかとは思ってる。

そんな仮定を一笑に付すくらいにビルスとゴッドが抜けているという可能性も否めないけど。神龍の態度から見ても邪悪龍がビルスの上に立つとは思えない面もあるので。



最後はものすごく話がそれたけどそんなどうでもいいことまで考えて楽しめたのでやっぱりこの映画も十分楽しめたとは言えると思う。そんなに絶賛できる内容ではなかったとも思うけど久々にドラゴンボールの世界が見られて面白かった!
関連記事

コメント

ビルスはZ最強とわざわざ言ってますからGT上位には及ばないのではないでしょうか。
ノーマル悟空はフリーザより弱い言われていますがGTではパーアップしたセルとフリーザを圧倒しています。
この映画で悟空はノーマルでもビルスと戦えるぐらい強くなりましたからやはりGTは強さの次元が一個上がってるんでしょう。
ベジータも神の域に迫るセンスを見せましたからGTで悟飯に勝つのも納得できました。ちなみにGT悟飯は覚醒状態からさらに超化してる設定みたいですよなんでベビーとアルティメット悟飯はベビーの方が遥かに強いかと。

確かに今回の映画はZより無印時代のドラゴンボールに近い雰囲気でしたね。
ギャグもそうですが、悟空が敗北して、「上には上がいる」と学ぶ展開も無印時代を思わせますね。

ベジータの歌に関しては賛否両論ありますが、個人的には有りです。
GTでは自分からフュージョンを提案してますし。
それにあのシーンは、ジョジョの第2部で、地べたを這い死んだフリまでしてスピードワゴンやシーザーを助けようとしたジョセフに重なる部分があるので、結構好きです。
悟空も、「尊敬した」とまで言ってくれてますし、それを耳がいいピッコロだけが聞いているのも、いい演出だと思います。

ピラフ一味に関しては、今回の映画が、GTとは別世界であることを示すために登場したようにも思えます。
今回の映画で、ピラフ一味は全員が子供に若返り、マイはトランクスとフラグまで立てています。
しかし、GTの第一話では、ピラフ一味は全員がヨボヨボの老人の姿で、悟空と敵対しています。

まあ、その一方で、GTの悟空がノーマルのままセルやフリーザを圧倒できたのは、ゴットになった影響で大幅にパワーアップしたからだと考えることができますし、ベビーが御飯よりベジータを憑代に選んだのも、サイヤ人の王家に対する復讐心だけでなく、今回の映画で描かれたようにベジータが御飯を超える実力を身に付けていたからだと解釈することもできますけどね。

>ベジータも神の域に迫るセンスを見せましたからGTで悟飯に勝つのも納得できました。ちなみにGT悟飯は覚醒状態からさらに超化してる設定みたいですよなんでベビーとアルティメット悟飯はベビーの方が遥かに強いかと。

ベジータがGTで悟飯を上回る片鱗を見せたのは良かったですね。GTの悟飯がZ以上というのは少し納得できないところですが、リルド将軍がブウ以上と悟空が言っているのでやはりGTは全ての次元が上なのでしょうかね。悟飯を吸収した状態の魔人ブウはおそらくベジットとゴジータ以外で劇中最強なのであれなら4には勝てずともベジータベビーくらいの力はあるのではないかと思っていたのですが。GTは基準が曖昧で難しいところですね。

河原さん

>確かに今回の映画はZより無印時代のドラゴンボールに近い雰囲気でしたね。
ギャグもそうですが、悟空が敗北して、「上には上がいる」と学ぶ展開も無印時代を思わせますね。

そこを評価されている方も多い映画みたいですね。

>ベジータの歌に関しては賛否両論ありますが、個人的には有りです。

歌というか扱いなんですよね、あの行動自体は100%格好いいと思えますが。ジャンプフェスタのアニメもそうですが最近はあまりにも悟空とベジータを仲良しとギャグテイストにしすぎとも感じます。

>ピラフ一味に関しては、今回の映画が、GTとは別世界であることを示すために登場したようにも思えます。

たしかにそこはそんな風に感じますね。

>今回の映画で描かれたようにベジータが御飯を超える実力を身に付けていたからだと解釈することもできますけどね。

ベジータは完全に悟飯を超えていましたね。悟飯は魔人ブウ編以降はトレーニングしていない節があるのでセル編からブウ編のようにあれ以上の進化はなく、ベジータはあれから十数年修行を続けたので逆転したのでしょう。セルとフリーザに関してはゴッド関係なくもう次元が違う存在と言えるかもしれませんけどね。セルは地獄ではパイクーハンにも一撃でやられていますし。

個人的には、セルがパイクーハンにほとんど一撃で倒されたのは、フルパワー状態でなかったことと悟空に気を取られていて不意を突かれたのが大きかったと思っています。
御飯とカメハメ波の撃ち合いをした時の状態なら、あそこまで簡単に倒されなかったのではないでしょうか。
じゃないとパイクーハンは、ブウ編の時点のベジータに近い実力ということになりますし、いくらなんでもそれはないだろうと思うので。
ビルス様もノーマル状態の悟空は、フリーザより弱いという意味のセリフを言っていますしね。

河原さん

>個人的には、セルがパイクーハンにほとんど一撃で倒されたのは、フルパワー状態でなかったことと悟空に気を取られていて不意を突かれたのが大きかったと思っています。

あの後の地獄編で悟空がそこそこ五分に戦えていますしね。ただ復活のフュージョンを見ると魔人ブウ編の悟空とも渡り合っているのでやっぱりセルよりは上なのかも。

>じゃないとパイクーハンは、ブウ編の時点のベジータに近い実力ということになりますし、いくらなんでもそれはないだろうと思うので。

ベジータよりは下だろうと思いますが、まぁあのあたりのオリジナルはGTみたいに曖昧なノリですからね。鳥山先生自体がそういうところは割とアバウトにやっている感じもしますが。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内人気ページ

プロフィール


Author:ムメイサ

カテゴリー

アーカイブ

2019年 07月 【4件】
2019年 06月 【4件】
2019年 05月 【8件】
2019年 04月 【7件】
2019年 03月 【15件】
2019年 02月 【23件】
2019年 01月 【23件】
2018年 12月 【8件】
2018年 11月 【7件】
2018年 10月 【11件】
2018年 09月 【6件】
2018年 05月 【5件】
2018年 04月 【13件】
2018年 03月 【16件】
2018年 02月 【30件】
2018年 01月 【33件】
2017年 12月 【11件】
2017年 11月 【4件】
2017年 10月 【10件】
2017年 09月 【8件】
2017年 08月 【8件】
2017年 07月 【8件】
2017年 06月 【8件】
2017年 05月 【16件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【37件】
2017年 02月 【13件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【15件】
2016年 11月 【7件】
2016年 10月 【13件】
2016年 09月 【14件】
2016年 08月 【14件】
2016年 07月 【12件】
2016年 06月 【14件】
2016年 05月 【9件】
2016年 04月 【13件】
2016年 03月 【15件】
2016年 02月 【10件】
2016年 01月 【7件】
2015年 12月 【27件】
2015年 11月 【16件】
2015年 10月 【26件】
2015年 09月 【34件】
2015年 08月 【17件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【32件】
2015年 05月 【26件】
2015年 04月 【27件】
2015年 03月 【20件】
2015年 02月 【18件】
2015年 01月 【33件】
2014年 12月 【35件】
2014年 11月 【38件】
2014年 10月 【26件】
2014年 09月 【26件】
2014年 08月 【14件】
2014年 07月 【22件】
2014年 06月 【20件】
2014年 05月 【17件】
2014年 04月 【14件】
2014年 03月 【37件】
2014年 02月 【32件】
2014年 01月 【34件】
2013年 12月 【26件】
2013年 11月 【29件】
2013年 10月 【29件】
2013年 09月 【23件】
2013年 08月 【17件】
2013年 07月 【27件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【25件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【27件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【37件】
2012年 12月 【26件】
2012年 11月 【27件】
2012年 10月 【34件】
2012年 09月 【28件】
2012年 08月 【26件】
2012年 07月 【39件】
2012年 06月 【35件】
2012年 05月 【30件】
2012年 04月 【43件】
2012年 03月 【36件】
2012年 02月 【36件】
2012年 01月 【20件】
2011年 12月 【34件】
2011年 11月 【25件】
2011年 10月 【72件】
2011年 09月 【42件】
2011年 08月 【52件】
2011年 07月 【53件】
2011年 06月 【45件】
2011年 05月 【49件】
2011年 04月 【59件】
2011年 03月 【36件】
2011年 02月 【47件】
2011年 01月 【49件】
2010年 12月 【43件】
2010年 11月 【43件】
2010年 10月 【43件】
2010年 09月 【42件】
2010年 08月 【41件】
2010年 07月 【40件】
2010年 06月 【41件】
2010年 05月 【38件】
2010年 04月 【41件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【45件】
2010年 01月 【49件】
2009年 12月 【42件】
2009年 11月 【36件】
2009年 10月 【35件】
2009年 09月 【57件】
2009年 08月 【47件】
2009年 07月 【46件】
2009年 06月 【58件】
2009年 05月 【63件】
2009年 04月 【52件】
2009年 03月 【52件】
2009年 02月 【39件】
2009年 01月 【51件】
2008年 12月 【61件】
2008年 11月 【61件】
2008年 10月 【68件】
2008年 09月 【69件】
2008年 08月 【59件】
2008年 07月 【63件】
2008年 06月 【50件】
2008年 05月 【49件】
2008年 04月 【47件】
2008年 03月 【59件】
2008年 02月 【68件】
2008年 01月 【64件】
2007年 12月 【62件】
2007年 11月 【71件】
2007年 10月 【63件】
2007年 09月 【59件】
2007年 08月 【52件】
2007年 07月 【51件】
2007年 06月 【31件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【21件】

検索BOX・タグ一覧