ムメイサの隠れ家

放送中の深夜アニメの各話毎の感想を中心に更新しています。全話視聴したアニメ作品の総評なども。

翠星のガルガンティア

翠星のガルガンティア Blu-ray BOX 1

地球が水で覆われ住めなくなった遠い未来、宇宙に進出した人類は人類銀河同盟を結成し宇宙生命体ヒディアーズとの争いを続けていた。同盟の戦士レド少尉は大規模作戦からの撤退中にヒディアーズに襲われワームホールの転送事故に巻き込まれてしまう。レドがたどり着いた先は人類の故郷地球でそこには滅んだはずの人類と文明があり・・・
物語を通したレドの成長がGood!

ストーリーを通じて人間としての生き方を覚えていくレドの精神性やその変化が上手く描かれた作品だった。根本にある世界観や様々な立場の他キャラクターとの絡ませ方も良かったし終盤でクーゲル船団と接触することで変わった今の自分が昔の自分の考え方に触れるという立場の転換なども上手かったと思う。

物語導入部の見せ方も上手く世界観に惹きつけられワクワクしたし途中にヒディアーズの正体で驚きを与えてきたところなどもインパクトが大きい作品だった。

ただ序盤の異世界でのコミュニケーションのワクワク感やヒディアーズの正体の衝撃などこのアニメで特別に際立っていた部分が終盤に向かってやや萎んだ感もあったと言うか、ガルガンティアでの生活でエイミーとの絆を深める話やヒディアーズの正体が判明してのその後などが尺的な都合が大きかったのだろうけどそれ程掘り下げられなかったとも感じた。

レドがガルガンティアから離脱するまでの尺が短すぎたり、ヒディアーズの正体が分かってから間髪入れずにクーゲル船団との最終章に入ってしまったあたりそう感じ、そんな中盤から終盤の構成には若干の盛り下がりを感じたので2クールとまでは言わずともせめてもう少し尺があればとも思った。

しかし最終話自体は良い纏まりで展開も盛り上がったと思うし物語の総括的でもあったチェインバーの言動は一つ一つが非常に印象深くキャラとして最高に輝いていていい最終回だった。この物語はレドとチェインバーの絆の物語だったとも感じた。どうでもいいけど最終話のチェインバーを見てターミネーター2を連想したのは内しy(ry

そんな風に尺的に足りないと思うところもあったけど最終話の結末自体は好きだったしレドの人としての成長の描かれ方も納得いくストーリー構成や世界観だったのでエンディングには満足感があり見ていて良かったと思えたアニメだった。


翠星のガルガンティア Blu-ray BOX 3
OP「この世界は僕らを待っていた」 ED「空とキミのメッセージ」

頑張ってる姿が嬉しくて嬉しくて──
曲調に歌声などEDの雰囲気が好きだった。余韻はすぐに始まる次番組で破壊されるけどw


<主な声優>
レド:石川界人 エイミー:金元寿子 チェインバー:杉田智和
サーヤ:茅野愛衣 メルティ:阿澄佳奈 ベローズ:伊藤静 リジット:大原さやか
ピニオン:小西克幸 ラケージ:恒松あゆみ クーゲル:小野友樹 ストライカー:藤村歩

杉田さんのチェインバー演技が印象的で機械的なのに人間味も感じる不思議な配分の演技だった。杉田さんの上手さもあったしチェインバーのキャラ自体もそう感じさせるものだった。

レド役の石川さんはカタコトから少しずつ滑らかになっていくレドの変化を上手く演じていた。クーゲルは小野さんだったのか、某悪魔大元帥といい最近は幅広く活躍されてるなw


個人的なこのアニメの評価 

中盤以降のストーリー構成は盛り上がりに欠けるとも思っていたけど最終話の盛り上がりでは満足させてくれた。世界観もキャラの成長も面白い作品だった。尺がもう少し欲しかった。
関連記事
にほんブログ村 アニメブログへ
ブログランキング参加中。押していただけると励みになります。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
翠星のガルガンティア13話感想。
んー……(汗) やっぱよう、2クール以上必要な作品だったべこれ。 以下、ネタバレします。ご注意を。
[2013/07/01 22:22] 戯言日記2nd
翠星のガルガンティア:13話感想&総括
翠星のガルガンティアの感想です。 レドが帰る場所。
[2013/07/03 00:47] しろくろの日常
翠星のガルガンティア 第13話「翠の星の伝説」感想!
翠星のガルガンティア 第13話「翠の星の伝説」
[2013/07/03 01:21] くろくろDictionary
プロフィール

Author:ムメイサ
カテゴリー
アーカイブ

2017年 08月 【8件】
2017年 07月 【8件】
2017年 06月 【8件】
2017年 05月 【16件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【38件】
2017年 02月 【13件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【15件】
2016年 11月 【7件】
2016年 10月 【13件】
2016年 09月 【14件】
2016年 08月 【14件】
2016年 07月 【12件】
2016年 06月 【14件】
2016年 05月 【9件】
2016年 04月 【13件】
2016年 03月 【15件】
2016年 02月 【10件】
2016年 01月 【7件】
2015年 12月 【27件】
2015年 11月 【16件】
2015年 10月 【26件】
2015年 09月 【34件】
2015年 08月 【17件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【32件】
2015年 05月 【26件】
2015年 04月 【27件】
2015年 03月 【20件】
2015年 02月 【18件】
2015年 01月 【33件】
2014年 12月 【35件】
2014年 11月 【38件】
2014年 10月 【26件】
2014年 09月 【26件】
2014年 08月 【14件】
2014年 07月 【22件】
2014年 06月 【20件】
2014年 05月 【17件】
2014年 04月 【14件】
2014年 03月 【37件】
2014年 02月 【32件】
2014年 01月 【34件】
2013年 12月 【26件】
2013年 11月 【29件】
2013年 10月 【29件】
2013年 09月 【23件】
2013年 08月 【17件】
2013年 07月 【27件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【25件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【27件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【37件】
2012年 12月 【26件】
2012年 11月 【27件】
2012年 10月 【34件】
2012年 09月 【28件】
2012年 08月 【26件】
2012年 07月 【39件】
2012年 06月 【35件】
2012年 05月 【30件】
2012年 04月 【43件】
2012年 03月 【36件】
2012年 02月 【36件】
2012年 01月 【20件】
2011年 12月 【34件】
2011年 11月 【25件】
2011年 10月 【72件】
2011年 09月 【42件】
2011年 08月 【52件】
2011年 07月 【53件】
2011年 06月 【45件】
2011年 05月 【49件】
2011年 04月 【59件】
2011年 03月 【36件】
2011年 02月 【47件】
2011年 01月 【49件】
2010年 12月 【43件】
2010年 11月 【43件】
2010年 10月 【43件】
2010年 09月 【42件】
2010年 08月 【41件】
2010年 07月 【40件】
2010年 06月 【41件】
2010年 05月 【38件】
2010年 04月 【41件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【45件】
2010年 01月 【49件】
2009年 12月 【42件】
2009年 11月 【36件】
2009年 10月 【35件】
2009年 09月 【57件】
2009年 08月 【47件】
2009年 07月 【46件】
2009年 06月 【58件】
2009年 05月 【63件】
2009年 04月 【52件】
2009年 03月 【52件】
2009年 02月 【39件】
2009年 01月 【51件】
2008年 12月 【61件】
2008年 11月 【61件】
2008年 10月 【68件】
2008年 09月 【69件】
2008年 08月 【59件】
2008年 07月 【63件】
2008年 06月 【50件】
2008年 05月 【49件】
2008年 04月 【47件】
2008年 03月 【59件】
2008年 02月 【68件】
2008年 01月 【64件】
2007年 12月 【62件】
2007年 11月 【70件】
2007年 10月 【63件】
2007年 09月 【59件】
2007年 08月 【52件】
2007年 07月 【51件】
2007年 06月 【31件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【21件】

アクセスランキング
検索BOX・タグ一覧
カウンター