RSS

企画

ごちうさ

PCゲーム

ゆずソフト

2014ブラジルワールドカップ 個人的予想と展望

ロベルト

2014 WORLD CUP BRAZIL
個人的な予想と展望


本来このブログで書くような記事じゃないけどせっかくのワールドカップなので大まかな予想でもしてみることに。世界のサッカーは大して詳しくないので本当に適当な遊び予想。




(参考リンク)
sportsnavi 2014 FIFA WORLD CUP BRAZIL




<グループA>
ブラジル クロアチア メキシコ カメルーン


突破予想:ブラジル メキシコ

A組は実力的に見ても開催国という条件を見てもブラジルの突破はほぼ確実、というよりも1位突破確実とすら言えそう。2位にどこが入るかが問題に。

2位はメキシコと予想。今北中米予選では敗退寸前にまで追い込まれ前評判はそれ程高くないかもしれないけど予選と本戦は別物で予選で苦戦したチームが上に来るなんてことはよくあることだし、普段のメキシコの実力、U-23のロンドン五輪優勝、昨年コンフェデ杯でブラジルでの戦いを経験していることを考えるとメキシコもかなり有力なチーム。

クロアチアは初戦でブラジルと当たるのでそれが吉と出れば(初戦の難しさでブラジルが力を発揮しきれず引き分けるもしくは1点差以内などで終わる場合)得失点差などで2位に滑り込む可能性も。その場合勿論メキシコ・カメルーンには引き分け以上として。

カメルーンは相変わらず選手たちがボーナスの要求で飛行機の搭乗を拒否するなど揉めていたようなので今回もダメだろうと。ただ監督が2009~2010年にJリーグの浦和を率いたフォルカー・フィンケで繋ぐサッカーとコンビネーションでの崩しを志向する監督なのでそれが個人主体のカメルーンにどのように変化をもたらしているのかは個人的に興味がある。




<グループB>
スペイン オランダ チリ オーストラリア


突破予想:スペイン オランダ

前回大会優勝のスペインと準優勝のオランダの突破が最有力。いきなり初戦でその二つがぶつかるし(南葛vs明和か!)この組をを突破してもどちらかは決勝トーナメント初戦でブラジルと当たるという地獄のような組み合わせ。スペインvsオランダは引き分けで終わるのではないかと思っているけど残り試合でどちらが得失点を多く稼ぐか。

南米開催のW杯ということでチリにも突破の可能性はあるかもしれない。ドイツW杯から世代交代の進んでいないオーストラリアはこのグループに入ってしまったらまず無理。




<グループC>
コロンビア ギリシャ コートジボワール 日本


突破予想:コートジボワール コロンビア
                                 ,.へ
  ___                             ム  i
 「 ヒ_i〉                            ゝ 〈
 ト ノ                           iニ(()
 i  {              ____           |  ヽ
 i  i           /__,  , ‐-\           i   }
 |   i         /(●)   ( ● )\       {、  λ
 ト-┤.      /    (__人__)    \    ,ノ  ̄ ,!
 i   ゝ、_     |     ´ ̄`       | ,. '´ハ   ,!
. ヽ、    `` 、,__\              /" \  ヽ/
   \ノ ノ   ハ ̄r/:::r―--―/::7   ノ    /
       ヽ.      ヽ::〈; . '::. :' |::/   /   ,. "
        `ー 、    \ヽ::. ;:::|/     r'"
     / ̄二二二二二二二二二二二二二二二二ヽ
     | 答 |     コ ロ ン ビ ア       │|
     \_二二二二二二二二二二二二二二二二ノ

日本の突破の可能性は五分に近いくらいだと思う。いけそうな気もするし駄目そうな気もする本当に微妙なところ。ただ突破の見込みが五分に近いと見れるあたりは成長したと思うし今のチームは実力上では間違いなく日本代表史上で一番だとも思う。

突破予想にしなかったのは二つ理由があって一つは守備。今の日本は攻撃力はかなり高いものの守備面が壊滅的でどんな相手にも失点が止まらない、そして守備の安定しないチームは短期決戦で勝ち抜くのは難しい印象がある。

例えば今のザッケローニ日本と2010年の南アフリカW杯本番の岡田日本が直接戦ったとしたら、たぶん岡田のチームが2-0くらいで勝つと思う。(やっているサッカーは今の方がレベルが高く面白いけど。)なのでW杯の短期決戦では今のチームの守備力では厳しいのではないかと感じている。ただ将来的に見れば攻撃的なサッカーを志向するのはどんな結果になってもプラスになるんじゃないかとも思うしいいんじゃないかとは思う。

二つ目の理由はなんとなく感じるドイツ大会のデジャブ。特にマスコミの雰囲気がそれを思い起こさせるけど日本は持ち上げられている時よりも前回大会やロンドン五輪のように叩かれて期待されない方が結果を出す印象もあるので今のなんとなく感じるこの楽観的雰囲気は嫌なフラグなんじゃないかなとも。

ただコロンビアもエースがいないし対戦相手三国の最近の親善試合の結果を見ても決して勝てない相手ではないと思うので突破してもおかしくない、本当にどうなるか分からないというところ。まずは初戦、個人技では圧倒的に上回る相手にチームプレーで勝てるかどうか。




<グループD>
ウルグアイ コスタリカ イングランド イタリア


突破予想:イタリア ウルグアイ

ここも厳しいグループ。基本的にイタリア・イングランド・ウルグアイの3チームでの争いになると思うけど近年の欧州での成績を見てイタリア、南米開催の利を考えてウルグアイか。

ウルグアイは前回大会4位ながら今南米予選では落選ギリギリ、さらにスアレスが負傷していてフォルランも日本に来て調子を落としていないかどうかという状況なのでけっこう苦しそうな印象もある。スアレスの状態次第ではイングランドの方が突破の目が大きいかも。

(追記)イタリアも最近の親善試合の結果はよくなさそうなのでどうなるか。




<グループE>
スイス エクアドル フランス ホンジュラス


突破予想:フランス エクアドル

フランスの1位突破の可能性が高そう、そして1位で突破すれば次もそれ程強い相手と当たらないので既にベスト8は濃厚、まあそんな風に考えていると思わぬ落とし穴が・・・なんてこともあるのかも。2位はとりあえずエクアドルで。




<グループF>
アルゼンチン ボスニア イラン ナイジェリア


突破予想:アルゼンチン ボスニア

アルゼンチンの突破は濃厚。2チーム目は名前的にはナイジェリアが有力だけど親善試合の結果も鑑み、またオシムで縁のあるボスニアを応援したいこともありそこに。




<グループG>
ドイツ ポルトガル ガーナ アメリカ


突破予想:ドイツ ポルトガル

我がドイツは世界一ぃぃぃぃいいいいいいいいいいいいいいい!(なぜか昔からドイツ好き) 実はここが死の組じゃないかと思うけどドイツがGLでしくじることはまずないと思う。2位は案外ガーナあたりが来るんじゃないかとも思っているけどクリロナが好きなのでポルトガルで。




<グループH>
ベルギー アルジェリア ロシア 韓国


突破予想:ベルギー ロシア

ワッフルワッフル




WCCF/12-13/WSS4/クリスティアーノ・ロナウドマヌエル・ノイアー バイエルンミュンヘン SUPER パニーニフットボールリーグ Panini Football League 2014 01 pfl05-146WCCF/11-12/FCポルト/黒/269/フッキ




<優勝国予想>


アルゼンチン


意外!それはアルゼンチンッ!今のアルゼンチンのサッカーの内容もよく知らないしここ何大会かの結果を見るとちょっと博打すぎるかなとは思うけど。理由としては南米開催のW杯は南米の国が優勝するというデータがあること、それから決勝トーナメントまで見ても組み合わせがいいんじゃないかと思ったのでアルゼンチンにしてみた。

優勝候補No,1は当然ブラジル。実力的にも申し分ないけど不安なところは順当にいけば決勝トーナメント1回戦で必ずスペインかオランダと当たってしまうところでそのレベルの相手になると不覚を取る可能性がある。GLは快勝で乗り越え決勝T初戦で事実上の決勝とも言えそうな大きな戦い、しかも開催国で絶対に負けられないプレッシャーの中でいきなりそんなところに当たってしまうのでブラジルにとっては本当に難しい試合になるはず。

そこを乗り越えれば、とは思うものの個人的な見立てでは準決勝でもドイツが来そうでかなり厳しい。一方アルゼンチンは順当なら決勝トーナメントでも準決勝まではそこまで厳しい相手には当たらないはずで(ポルトガルは来るかもしれないけど)そこまで安定していければ残りはもう2試合。それなら何かを起こせるんじゃないかと。南米開催でもあるので。



いろいろな条件を考えて優勝候補としてはブラジル・スペイン・ドイツ・オランダ・アルゼンチンあたりが筆頭だと思う。これらのチーム同士がぶつかったらどこも覚悟する必要がある。その中でアルゼンチンが一番それらの国との直接対決を避けられるのではないかということを考えこういう予想に。逆にブラジルは早い段階から確実にぶつかってしまう。

実力的に考えるとブラジル以外ではスペインとドイツが特に注目だけど「南米開催」ということを考えてそれらの国は優勝予想にはしなかった。今回で歴史は変わるのか。

一歩引いた候補はウルグアイとポルトガルとフランス。ウルグアイは南米、前回大会ベスト4で更に前回ブラジルW杯優勝国なので普通に優勝候補に挙げても良さそう。だだ前線の状態が不安。フランスは組合わせがかなり良さそうで、もしもドイツがGL2位になって逆側に行ってブラジルもオランダあたりに敗れていれば決勝までいくなんてことも。

ダークホースとして気になるのはロンドン五輪でも優勝したメキシコ、ではあるけどそこも決勝トーナメント1回戦でスペインかオランダと当たるのでおそらくそこで終わるだろうと。もしそこを乗り越えれば勢いでいけるかもしれない。コロンビアはファルカオがいれば面白そうだったけど。何気にGL突破率の高いイングランドはどうなるか。





リオネル・メッシ FC バルセロナ リビングレジェンド LIVING LEGEND パニーニフットボールリーグ Panini Football League 2014 01 pfl05-164ネイマール FC バルセロナ ST パニーニフットボールリーグ Panini Football League 2014 01 pfl05-044ロビン・ファン・ペルシー マンチェスター ユナイテッド R パニーニフットボールリーグ Panini Football League 2014 01 pfl05-072


そんな風に予想。こんな風にはしたけどブラジル・スペイン・ドイツあたりが妥当だとは思う。

日本以外で個人的に応援するのはドイツ・ポルトガル・ボスニアあたりかな。ドイツの試合は必ず国歌から見る( ー`дー´)キリッ ブログ的にはイングランドも応援するべきかもしれない。国際交流系日常コメディーで英国からの留学生と触れ合う某作品が大好きなので(笑)
関連記事

コメント

自分もアルゼンチンかなと思ってました。組み合わせイイですからね。

夕霧さん

コメントありがとうございます。

アルゼンチンはGLを1位で突破すれば順調に進めそうな組み合わせですよね。仮にドイツが2位になって同じブロックに回ってきたら厳しい戦いになるでしょうが。それでも南米開催ですし分はあるかもしれませんね。

WC!

どうも


グループEはスイスとフランス、グループFがアルゼンチンとナイジェリアで他は同じ感じかなぁと。

僕も日本敗退という予想にしましたが守備さえ安定すれば突破できると思います。

優勝予想はドイツですね(ただ単に好きなだけw
クローゼ大好きなんで、今大会で最多得点記録を更新してほしいです。
ブラジルは自国開催な上に守備がいいので、大崩れしない分最有力候補ですね。
ただ、プレッシャーも相当あると思うので(ヘタしたら命が無い)、先制された試合だとどうなるかわかりませんね...
FWの調子が良くてチームが上手く噛み合えば、地の利を生かしてアルゼンチン、ウルグアイあたりがきそうでもありますね。


4年に一度の祭典、楽しんで見届けましょう!(時間帯はえぐい


それでは、また

MEETπさん

コメントありがとうございます。

>グループEはスイスとフランス、グループFがアルゼンチンとナイジェリアで他は同じ感じかなぁと。

スイスとナイジェリアは普通にありそうですね。

>僕も日本敗退という予想にしましたが守備さえ安定すれば突破できると思います。

いやそこが難しいわけでw 守備が安定していれば普通に突破に予想しています(笑)


クローゼはあと1点で更新でしたっけね、簡単な組に入れば確実に達成できたでしょうが厳しい組に、それにしてもこんなに息の長い選手になるとは、クローゼがW杯デビューした2002年が懐かしい・・・。

ブラジルは実力的に見ても優勝候補筆頭でかなり確率が高い気はしますね、ただどこかで事故は起こりうる、組み合わせは難しいです。ウルグアイは噛み合えば優勝もあると思いますね、ただなんとなく噛み合わなそうな予感もあるんですよね。

>4年に一度の祭典、楽しんで見届けましょう!(時間帯はえぐい

睡眠不足はやばい、ごちうさのおかげで開幕戦から際どいです(笑)
お互い楽しみましょう。カールs・・・ドイツを応援しましょう!

日本惨敗。対戦カードが予想以上に強かった

日本一勝もできず惨敗。
何せコートジボアールやコロンビアとか一見地味で強烈な印象が無く大して目立たなかった代表が中身開けると想像以上だった。
希薄さ故に意外な所で世界の壁をこれでもかと見せつけられた。
ブラジルやアルゼンチン、イタリアやドイツ等名のある国になら合点もいかなくは無いが、それらとは異なる別次元というか予想外の所(?)なので何か感覚的に勝手も違う。
環境面もそうだった。どこの代表チームはどこでも同じ条件だろと思うが欧米諸国や日本など温暖さ故の温室環境で育った人種では温度も湿度も高めな南米特有の環境(赤道直下や熱帯雨林の気候等)には滅入ってしまい劣性(狼狽)気味に陥っている場面が大変目立った。それは強さの順列関係なしに影響していると思う。
逆に中南米やアフリカ諸国の代表は元からそういう環境に育ったのか戦い慣れてる節が見られる。持久戦のフィジカル面(体力面)も左右されるのも多かった印象もあった。
何より2006年のドイツ大会の再現で酷似していて笑えなかったし、その要素では無いが各々の持ち味が発揮できず仕舞いだった。
2年後のブラジル五輪でも希薄さや環境面、フィジカル面や活かし方に大きな課題になると思う。個人的な意見だが戦略や技術もそうだが環境面や持久性が一番の問題だと思う。例え実力のある欧米チームでも持久力でいずれヘタレれてしまい弱体化を招く。
そういう面を克服しないとおなじ場の五輪大会で出ても二の轍を踏むと思います。
それでは。

自称な精霊さん

>ブラジルやアルゼンチン、イタリアやドイツ等名のある国になら合点もいかなくは無いが、それらとは異なる別次元というか予想外の所(?)なので何か感覚的に勝手も違う。

たしかに今回の日本のグループはそれ程厳しくはなくそういった気持ちもありますがコロンビアは名前以上にいいチームでチームとしての内容ならばアルゼンチンやイタリアを凌駕しているようにも思えますし今までの名前だけでは判断できないところもあるでしょう。


>日本など温暖さ故の温室環境で育った人種では温度も湿度も高めな南米特有の環境(赤道直下や熱帯雨林の気候等)には滅入ってしまい劣性(狼狽)気味に陥っている場面が大変目立った。それは強さの順列関係なしに影響していると思う。

これは間違いなくありましたね。南米が6チーム中5チーム決勝トーナメントに進出しているところを見ても、もちろんレベルの高さもあるのですが、気候条件と合っているのでしょう。


>個人的な意見だが戦略や技術もそうだが環境面や持久性が一番の問題だと思う。例え実力のある欧米チームでも持久力でいずれヘタレれてしまい弱体化を招く。

まったく同感です。日本の選手はまず相手と戦えるようにならないといけないと思います。例えばコロンビア戦も審判が笛を吹いてくれたからよかったものの少しのあたりでコロコロ転ぶ日本人選手が目立ちました。まずあれに耐えられるようにならなければ世界の強豪と渡り合うのは不可能でしょう。もちろんどうしても身体能力に差はあるのでそれを埋めるのがパスワークや組織だとは思いますが。

ブ、bu、部、ブラジルが大敗だと!!?

題名通りブラジルが、まさか幾ら超強豪のドイツとは言えあそこまで王者の名とは程遠いやられ方されるとは自分すら予想してませんでした。
ネイマールやキャプテンが出て無くても十分に強いと思っていたのが、余りにも格差つけられ過ぎで二人がいないとこうも脆過ぎるのかと痛いほど伝わりました。
眼鏡の少年が泣いているシーンがありましたが、あの自国の大敗はトラウマに残るんだろうと疑いの余地がなかった位です。
3位決定戦がまだありますが対戦国のオランダもトータルフットボールの名を馳せる強豪なので名誉挽回できるかが焦点となり得ると思います。

自称な精霊さん

実力的には完全にドイツの方が上でしたがあそこまでの差がつくとは思っていませんでしたね。しかしネイマールとシウバの欠場だけでなく今大会のブラジルは余裕がなさすぎで猪のような勢いだけの突進サッカーをしていたのであれではどこかでメッキが剥がれてもおかしくなかった、そういう意味では妥当な結果になったのではないかと思います。

3位決定戦ですがオランダは厄介ですね。中一日差があるのでブラジルにも勝機はあると思いますが相性的にはオランダの方が分が良さそうな印象はあります。ああなってしまったらフレッジはもう使えないでしょうし、難しいですな。

3位決定戦でも・・・。

ブラジル3位決定戦でも負けてしまった。
王者の意地すら断片さえも見れず、完封のまんまでオランダに敗退。
一部ではオワジルとか有り難くも無い称号も出るほど。
次の大会であるロシア大会では予選すら危ういともサポーターからの声もあった。
決勝戦は延長戦(これが多い。)の末1-0でドイツがアルゼンチンを破り、大会で初めて別大陸で優勝し、その大陸出身の代表国は別の大陸での開催時は優勝できないジンクスを初めて破った国となった。(欧州出身では南米の別大陸開催では優勝出来ない。逆もまた然り。)
余談だけど、キャプテン翼ではドイツはブラジルに大敗しています。今回はその逆が観れたけど今連載してる五輪編はどうなるのか楽しみです。
今回の大会の印象は・・・・
1、延長戦が多くPKも目立った。
今回は恐らく稀に見る白熱した競り合いと凌ぎあいで、お陰で関西では深夜アニメが急きょ放送中止になる程。因みにあのブラジルとチリの試合です

2、環境の落差(格差)が影響した。
ブラジルは広く中央から南は温暖気候、大西洋性気候で欧米諸国でも馴染めなくも無いが、北側が熱帯雨林又は亜熱帯な気候で高温だけで無く湿度も半端無い環境。
予選や本戦の場所ではそれが大きく左右されたし、日本やイタリアはそれで苦しんだ。本大会1回戦ではオランダとその対戦国が中断して水分補給タイムを設けていたのが象徴的だった。
それでも欧州勢は中にはブレない国もあった。
3、ブラジルまさかの歴史的大敗。ドイツ初のジンクス破る。
サッカー大国ブラジルが大敗し、後半になると1割未満のドイツサポーターの声援が目立っていた悲劇以外何ものでも無い敗北は今でも忘れられない。そのせいで3位すらなれずじまい。
そして、「その大陸ではその出身国が優勝し、別の大陸出身国は優勝出来ない。」
ドイツが初めてそれを破り、迷信であること証明した。南米の最後の望みであるアルゼンチンが破れ、それがブラジル大敗以上に南米諸国全体に衝撃を与えたかも知れません。

4年後はロシア大会ですが、その前にブラジルが本国開催の五輪でどう巻き返し、失った強さと誇りをどう取り戻し再生するのか。その国にとっては大会的に続けてもう1回威信を取り戻せるラストチャンスになると思います。

自称な精霊さん

>次の大会であるロシア大会では予選すら危ういともサポーターからの声もあった。

まあ予選は突破できるとは思いますが、アルゼンチン・ウルグアイ・コロンビア・チリも伸びているしたしかに危ないかもしれません。

>余談だけど、キャプテン翼ではドイツはブラジルに大敗しています。今回はその逆が観れたけど今連載してる五輪編はどうなるのか楽しみです。

ワールドユースで0-5で負けてましたね。最新の話は読んでないので分からないです^^; 天使がヌマンシアに入ったくらいまでは立ち読みしましたが。

>1、延長戦が多くPKも目立った。

力の差がなくなってきて接戦が増えたということでしょうね。

>2、環境の落差(格差)が影響した。

間違いなく影響はありますが半分は言い訳というか本当に強い国や良いサッカーをしている国は乗り越えますし、日本やイタリアは単純に実力不足だったのではないかと、厳しいようですがそう思います。

>4年後はロシア大会ですが、その前にブラジルが本国開催の五輪でどう巻き返し、失った強さと誇りをどう取り戻し再生するのか。

ここは注目ですね。アンダー代表ならばブラジルも優勝可能でしょうし。ただフル代表の方は、ドイツは10年以上改革してきた結果が今なので、ロシア大会ではまだブラジルの復権はないでしょう。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内人気ページ

プロフィール


Author:ムメイサ

カテゴリー

アーカイブ

2019年 08月 【1件】
2019年 07月 【4件】
2019年 06月 【4件】
2019年 05月 【8件】
2019年 04月 【7件】
2019年 03月 【15件】
2019年 02月 【23件】
2019年 01月 【23件】
2018年 12月 【8件】
2018年 11月 【7件】
2018年 10月 【11件】
2018年 09月 【6件】
2018年 05月 【5件】
2018年 04月 【13件】
2018年 03月 【16件】
2018年 02月 【30件】
2018年 01月 【33件】
2017年 12月 【11件】
2017年 11月 【4件】
2017年 10月 【10件】
2017年 09月 【8件】
2017年 08月 【8件】
2017年 07月 【8件】
2017年 06月 【8件】
2017年 05月 【16件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【37件】
2017年 02月 【13件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【15件】
2016年 11月 【7件】
2016年 10月 【13件】
2016年 09月 【14件】
2016年 08月 【14件】
2016年 07月 【12件】
2016年 06月 【14件】
2016年 05月 【9件】
2016年 04月 【13件】
2016年 03月 【15件】
2016年 02月 【10件】
2016年 01月 【7件】
2015年 12月 【27件】
2015年 11月 【16件】
2015年 10月 【26件】
2015年 09月 【34件】
2015年 08月 【17件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【32件】
2015年 05月 【26件】
2015年 04月 【27件】
2015年 03月 【20件】
2015年 02月 【18件】
2015年 01月 【33件】
2014年 12月 【35件】
2014年 11月 【38件】
2014年 10月 【26件】
2014年 09月 【26件】
2014年 08月 【14件】
2014年 07月 【22件】
2014年 06月 【20件】
2014年 05月 【17件】
2014年 04月 【14件】
2014年 03月 【37件】
2014年 02月 【32件】
2014年 01月 【34件】
2013年 12月 【26件】
2013年 11月 【29件】
2013年 10月 【29件】
2013年 09月 【23件】
2013年 08月 【17件】
2013年 07月 【27件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【25件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【27件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【37件】
2012年 12月 【26件】
2012年 11月 【27件】
2012年 10月 【34件】
2012年 09月 【28件】
2012年 08月 【26件】
2012年 07月 【39件】
2012年 06月 【35件】
2012年 05月 【30件】
2012年 04月 【43件】
2012年 03月 【36件】
2012年 02月 【36件】
2012年 01月 【20件】
2011年 12月 【34件】
2011年 11月 【25件】
2011年 10月 【72件】
2011年 09月 【42件】
2011年 08月 【52件】
2011年 07月 【53件】
2011年 06月 【45件】
2011年 05月 【49件】
2011年 04月 【59件】
2011年 03月 【36件】
2011年 02月 【47件】
2011年 01月 【49件】
2010年 12月 【43件】
2010年 11月 【43件】
2010年 10月 【43件】
2010年 09月 【42件】
2010年 08月 【41件】
2010年 07月 【40件】
2010年 06月 【41件】
2010年 05月 【38件】
2010年 04月 【41件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【45件】
2010年 01月 【49件】
2009年 12月 【42件】
2009年 11月 【36件】
2009年 10月 【35件】
2009年 09月 【57件】
2009年 08月 【47件】
2009年 07月 【46件】
2009年 06月 【58件】
2009年 05月 【63件】
2009年 04月 【52件】
2009年 03月 【52件】
2009年 02月 【39件】
2009年 01月 【51件】
2008年 12月 【61件】
2008年 11月 【61件】
2008年 10月 【68件】
2008年 09月 【69件】
2008年 08月 【59件】
2008年 07月 【63件】
2008年 06月 【50件】
2008年 05月 【49件】
2008年 04月 【47件】
2008年 03月 【59件】
2008年 02月 【68件】
2008年 01月 【64件】
2007年 12月 【62件】
2007年 11月 【71件】
2007年 10月 【63件】
2007年 09月 【59件】
2007年 08月 【52件】
2007年 07月 【51件】
2007年 06月 【31件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【21件】

検索BOX・タグ一覧