RSS

企画

ごちうさ

PCゲーム

ゆずソフト

艦隊これくしょん -艦これ- 第3話 「W島攻略作戦!」

艦これ3-1
「あのね…この作戦が終わったら、話したいことがあるんだ!」
やめろおおおおおおおおおおおおお!
ここまでもいろいろ危ない気配は漂ってたけど睦月ちゃんのあまりにも分かり易すぎる死亡フラグ立ての場面を見てあ、これ…とこの後の展開が確信に近くなった(;^ω^)


艦これ3-2
「夜戦の奇襲か~緊張するね……」
テーブルにヘタる吹雪の描写が良かったw まだ普通の出撃でさえ上手くいった試がないのにそれがいきなり夜戦で奇襲じゃ顔色が悪くなるのも分かる。現実に例えると初回で事故った路上教習二回目でいきなり夜間に峠を走るようなものかなw

いなづま「夜戦だと聞いたのです。だからこれ吹雪さんに食べてほしいのです♪」
心優しい電ちゃんたちからの差し入れ!!「ブルーベリー」とついに響がハラショー以外の言葉を喋った!第六駆逐隊は吹雪達より目立ってしまいそうだから基本的に外なのかな。

愛宕「ぱんぱかぱ~ん♪」
愛宕さんのぱんぱかぱーん!そして姉妹艦の高雄も登場!うむこれは良いスリット。この東山さん重巡コンビは是非メインになる回もみたいものだ!お守りの中に入っているのは愛宕さんのアレですね分かります。

大井っちは今のところ完全にただの嫌なやつだけど株が回復する時はくるのかなw ゲームでも2013秋イベントの地獄のステージで戦闘力が高いから使うはいいけど運以外でどうにもならないところを失敗して帰った挙句「ちっ…作戦が悪いのよ」というキャラにイラっとしてた覚えがあるのでアニメのこのキャラ作りは正しいと思うけどw

艦これ3-3
睦月ちゃんがいい子すぎる!
隊に入ったばかりの頃は全然ダメだったという睦月だけど成長して今はその頃に先輩からしてもらったことと同じことを後輩に出来るようになったというエピソードが良かった。そしてしっかりと風呂シーンの回想まで入れてサービスを忘れなかったところもw

吹雪「ありがとう睦月ちゃん!大好きだよ!」
ストレートに大好きと言い合う展開はキマシタワー!!!というよりもむしろ見てて恥ずかしくなってくるようなw それからこういう場面もフラグの蓄積としてちょっと恐かったw

如月「あ~ら愛の告白かしら♪」
如月の睦月のあしらい方がいいw しかしこのシーンでフラグは確信に・・・・・でも睦月ちゃんが悪いんじゃない!悪いのは花田先生と舞茸さんだ!ということにしておこうw

艦これ3-6
「おびき出すのは任せてね♪那珂ちゃんの魅力でみーんな誘惑しちゃうから~♪」
那珂ちゃんのブレなさwwwこの存在感に敵の集中砲火不可避。第四水雷戦隊のメンバーも夕張を除いて軽巡は二人とも佐倉さんだったけどどれだけその人のキャラに偏ってるんだw

艦これ3-4
ストレートに大好きと言われて焦る夕立が可愛かったw
マイペースという印象があったけど本当は誰よりも情に厚くてストレートな好意や感謝を寄せられると弱いキャラなのかもしれないと今回を見て思った。

Naka「那珂ちゃんはみんなのものなんだから!そんなに攻撃しちゃダメなんだよ~!」
みんなの那珂ちゃん。優遇されているのかキャラが立っているのか特に目立っているw
ゲームでも序盤は一際印象が強かったしな、可愛いというよりもなんだこの娘って感じでw

吹雪の活躍!ついに吹雪が活躍し睦月の絶体絶命のピンチを救った!フラグは睦月の方にも立っていたので直前のシーンはやばいと思ったけど助かってよかった。でもこうなると犠牲になるのは・・・と同時にもう一人の方に関心が向いた^^;

金剛姉妹キタ━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!!
やはりオーラのある姉妹。登場場面もバッチリでインパクトは際立った!三式弾もゲームではエフェクトがないのでアニメでの描写は興味深かった。

艦これ3-5
如月轟沈・・・・・
この話内では明らかにそういう流れだったけどこの回を迎えるまでは正直こういう展開をやるとは思ってなかった。勿論こういう要素もあるゲームだし戦いのある世界観なのでこういう展開にするのもアリだとは思う。ただ個人的にはこれはどうなんだろうと思うところもあって、それは展開に反対というわけではなく、こういう展開を組み込むと世界観や纏め方が複雑になると思うのでアニメ作りがまた一段と難しくなってしまうのではという懸念があるため。

製作者がしっかり作りきれるのか。それからこれだけの話題作なのでなるべく無難に作るんじゃないかなという事前印象もあったためこの仕掛けには意表をつかれたところもあった。

しかし無難に作るだけではゲームファンの何%かだけが買うくらいの作品で終わるかもしれないしアニメ作品としてのインパクトは残せないので新規開拓も目指してアニメはアニメで大きく仕掛けようという意図があるのではないかとも感じられた。

個人的にはゲームをプレーしているので無難に作ってくれればいいと思ってはいたけど、その挑戦心は買いたいしこれはこれでいいんじゃないかと思う。ただ作るのがより難しくなったとも。この仕掛けはより大きなヒットを生むのかそれとも逆になるのか今後に注目したい。

それから本編の方は今後は次々に艦娘が倒れていく極めてシリアスなストーリーにするのかそれとも沈むのは如月だけなのか。1クールという尺に次回は金剛達の話ということを考えてもどちらかといえば後者だとは思うけど。そうなると如月だけ沈んだのはなんだったんだと言われそうだしやはり難しい(;^ω^) 沈んだのが如月だけなら終盤ああするんじゃないかとゲームプレイヤー的に予想できる展開もあるけど・・・果たしてどんな路線になるのか。
関連記事

コメント

>悪いのは花田先生と舞茸さんだ!ということにしておこうw
今回の脚本は、花田先生ではなく吉野弘幸でしたね(--;

明善さん

そうらしいですね。でもたぶんキャラが生きる死ぬは脚本家単体で決められるものでもないと思うので構成の花田先生の名前を出しました。

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

艦隊これくしょん -艦これ- 第3話『W島攻略作戦!』 キャプ付感想

艦隊これくしょん -艦これ- 第3話『W島攻略作戦!』 感想(画像付) 史実通りの戦没艦娘が出てしまい、ショックな第3話です。 死亡フラグを回避することはできなかったか…。 仲間の死に吹雪たちはどうなるんでしょうね。 W島攻略作戦。 敵水雷戦隊を夜戦による奇襲で殲滅に行く吹雪たちだったが… 敵の偵察機に見つかり逆に窮地に陥ってしまう!  

艦これ 第3話「早すぎる轟沈!この戦いが終わったら…はやはり言ってはいけない台詞の一つ」

艦隊これくしょん -艦これ- #03「W島攻略作戦」 明暗分かれてしまった三水戦と四水戦の面々。 それはあまりにも早すぎるお別れ。

艦隊これくしょん -艦これ-  第03話 感想

 艦隊これくしょん -艦これ-  第03話 『W島攻略作戦!』 感想  次のページへ

艦隊これくしょん -艦これ- 第3話

 「W島攻略作戦!」 ありがとうって 想っていることを素直に…

アニメまとめてプチ感想(艦これ・新妹魔王・みりたり・アブソデュオ)

艦隊これくしょん -艦これ- 第3話 如月ちゃん… (ノ_・。) 結構史実に忠実なのね艦これって。 ということはこれ以降も退場キャラ続出でしょうか。 赤城さんなんか超フラグ立ってるじゃん (>_

艦隊これくしょん -艦これ- 第3話 W島攻略作戦!

艦これ 第3話。 第三、第四水雷戦隊によるW島攻略作戦。 以下感想

意外と敵がグロい 艦隊これくしょん_-艦これ- 第3話「W島攻略作戦!」 感想

敵のデザインはゲームと同じなのかな? 見た目もそうだけど、攻撃を食らった時に液体が散るところがリアルっぽい。 一応知性もあるのかな? 一体だけ残ってました。 以下ネタバレあり。 艦隊これくしょん –艦これ- 第1巻 限定版 [Blu-ray](2015/03/27)上坂すみれ、藤田咲 他商品詳細を見る

艦隊これくしょん -艦これ-  第3話

艦隊これくしょん -艦これ-  第3話 『W島攻略作戦!』 ≪あらすじ≫ 人類がその制海権を失ってしまった世界。海を蹂躙する脅威、それが「深海棲艦」。その­脅威に対抗できるのは、「艦娘」と呼ばれる在りし日の艦艇の魂を持つ娘たちだけ――。 深海棲艦に対抗する艦隊の拠点、「鎮守府」。そこは、多種多彩な艦娘が集い、そして日­々の演習などで切磋琢磨しながら、共同生活をする場所。その鎮...

艦隊これくしょん -艦これ- 第3話「W島攻略作戦!」感想

艦隊これくしょん -艦これ- 第3話「W島攻略作戦!」感想 ほっぺたふにふにしたい。

艦隊これくしょん -艦これ- 第3話「W島攻略作戦!」

第3話「W島攻略作戦!」 「あのね、この作戦が終わったら・・・」 やめてぇぇぇ!それ以上言わんといてぇぇぇ!!

艦隊これくしょん -艦これ- 第3話 「W島攻略作戦!」 感想

今回、死亡フラグって人になすり付けることができるって事を初めて知りました(笑)

艦隊これくしょん-艦これ- 第3話「W島攻略作戦!」感想

艦隊これくしょん-艦これ- 第3話 W島攻略作戦! 緊張したでごじゃる。

ブログ内人気ページ

【未来ノスタルジア】応援バナー

プロフィール


Author:ムメイサ

カテゴリー

アーカイブ

2019年 05月 【5件】
2019年 04月 【7件】
2019年 03月 【15件】
2019年 02月 【23件】
2019年 01月 【23件】
2018年 12月 【8件】
2018年 11月 【7件】
2018年 10月 【11件】
2018年 09月 【6件】
2018年 05月 【5件】
2018年 04月 【13件】
2018年 03月 【16件】
2018年 02月 【30件】
2018年 01月 【33件】
2017年 12月 【11件】
2017年 11月 【4件】
2017年 10月 【10件】
2017年 09月 【8件】
2017年 08月 【8件】
2017年 07月 【8件】
2017年 06月 【8件】
2017年 05月 【16件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【37件】
2017年 02月 【13件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【15件】
2016年 11月 【7件】
2016年 10月 【13件】
2016年 09月 【14件】
2016年 08月 【14件】
2016年 07月 【12件】
2016年 06月 【14件】
2016年 05月 【9件】
2016年 04月 【13件】
2016年 03月 【15件】
2016年 02月 【10件】
2016年 01月 【7件】
2015年 12月 【27件】
2015年 11月 【16件】
2015年 10月 【26件】
2015年 09月 【34件】
2015年 08月 【17件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【32件】
2015年 05月 【26件】
2015年 04月 【27件】
2015年 03月 【20件】
2015年 02月 【18件】
2015年 01月 【33件】
2014年 12月 【35件】
2014年 11月 【38件】
2014年 10月 【26件】
2014年 09月 【26件】
2014年 08月 【14件】
2014年 07月 【22件】
2014年 06月 【20件】
2014年 05月 【17件】
2014年 04月 【14件】
2014年 03月 【37件】
2014年 02月 【32件】
2014年 01月 【34件】
2013年 12月 【26件】
2013年 11月 【29件】
2013年 10月 【29件】
2013年 09月 【23件】
2013年 08月 【17件】
2013年 07月 【27件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【25件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【27件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【37件】
2012年 12月 【26件】
2012年 11月 【27件】
2012年 10月 【34件】
2012年 09月 【28件】
2012年 08月 【26件】
2012年 07月 【39件】
2012年 06月 【35件】
2012年 05月 【30件】
2012年 04月 【43件】
2012年 03月 【36件】
2012年 02月 【36件】
2012年 01月 【20件】
2011年 12月 【34件】
2011年 11月 【25件】
2011年 10月 【72件】
2011年 09月 【42件】
2011年 08月 【52件】
2011年 07月 【53件】
2011年 06月 【45件】
2011年 05月 【49件】
2011年 04月 【59件】
2011年 03月 【36件】
2011年 02月 【47件】
2011年 01月 【49件】
2010年 12月 【43件】
2010年 11月 【43件】
2010年 10月 【43件】
2010年 09月 【42件】
2010年 08月 【41件】
2010年 07月 【40件】
2010年 06月 【41件】
2010年 05月 【38件】
2010年 04月 【41件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【45件】
2010年 01月 【49件】
2009年 12月 【42件】
2009年 11月 【36件】
2009年 10月 【35件】
2009年 09月 【57件】
2009年 08月 【47件】
2009年 07月 【46件】
2009年 06月 【58件】
2009年 05月 【63件】
2009年 04月 【52件】
2009年 03月 【52件】
2009年 02月 【39件】
2009年 01月 【51件】
2008年 12月 【61件】
2008年 11月 【61件】
2008年 10月 【68件】
2008年 09月 【69件】
2008年 08月 【59件】
2008年 07月 【63件】
2008年 06月 【50件】
2008年 05月 【49件】
2008年 04月 【47件】
2008年 03月 【59件】
2008年 02月 【68件】
2008年 01月 【64件】
2007年 12月 【62件】
2007年 11月 【71件】
2007年 10月 【63件】
2007年 09月 【59件】
2007年 08月 【52件】
2007年 07月 【51件】
2007年 06月 【31件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【21件】

アクセスランキング

検索BOX・タグ一覧