ムメイサの隠れ家

放送中の深夜アニメの各話毎の感想を中心に更新しています。全話視聴したアニメ作品の総評なども。

純情ロマンチカ3 第3話 「盲亀の浮木」

ロマンチカ33-1
「どうしよう…キスしたい」
金網を使ったウサギさんのスタイリッシュな迫り!
壁ドンならぬ新たなシチュエーションw そしてその次の場面では瞬間移動的に一瞬でホテルに連れ込んでいたウサギさんだけど美咲絡みのことになると超能力じみた力を発揮する(笑)
ロマンチカ33-2
「新しいパターンだな無邪気を装って俺の目をごまかしお前を惑わすつもりか」
藤堂をホモと決め付けるウサギさんの疑りに笑ったw
視聴者的には絶対に疑うところではあるけど劇中のキャラがこういう台詞を言うのはちょっとメタ的にも感じるというかウサギさんの言葉にもある"新しいパターン"だなとw

”突然のkiss”キタアッー!!!!!
なぜここでという唐突なタイミングでのキスだけどこれぞ中村春菊先生作品の真骨頂w
放送開始前から絶対にくるであろうこのシチュエーションをずっと待ってた(ノ∀`)

サイン会は女性だらけ
ザ☆漢はジャンプみたいなジャンルだと思ってたけど実際のところ少年漫画系のサイン会というのはこんな感じなのかな。リアルな出版業界LOVEを手掛ける作者の作品なだけにこのあたりも編集部の話を元にした実のあるエピソードなのかもしれない。

伊集院先生がイケメンすぎる(;´∀`)
男もトキメク素敵さw 美咲との出会いはそんなこともあったような…?と少し記憶が^^; 世界一初恋では普通にこんな風にキラキラして出てきていたのは覚えてる。あとキャラデザが少し変わったこともあってOPで出てくるところなどは高野さんに見えてもいたw

ロマンチカ33-3
嫉妬で暗黒のオーラを出すウサギさんw
丁度良くこのタイミングで美咲の視界に入ってくるところが良かったw そしてあーそういえば2の最終回で全く同じようなシチュエーションがあったっけとここで少し思い出した。

宇佐見秋彦vs伊集院響!
人気作家同士の美咲を巡る激しい戦い勃発!二人とも表面上は穏やかだけど水面下では明らかに戦いあっててワラタ。伊集院先生は美咲狙いなのは分かるけどウサギさんの属性も一発で見抜いたということでいいのかな、だとしたら凄い。

実は薫子さん狙いだった水樹
これは読めなかった。というか純情ロマンチカの主要男キャラでホモじゃなかったキャラは何気にこれが初めてなのでは?w こうなると藤堂がどうなのかが気になってくる。

ウサギさんハングからの押し倒しキタワァ━(n'∀')η━!!!
美咲がちょっと強い態度に出て去っていこうとすると絶対にこうするウサギさんw

ロマンチカ33-4
伊集院先生の変わり身w
普段はあんな感じだけどファンの前では素敵なキャラを演じて美咲を見ると急に元気が出てくるあたりこの人はウサギさんとかなり性質が近い感じがする。立場も同じ人気作家だし体格も似ているし。似たもの同士で同じ相手が好きということで強く反発しあうことは必死で今後二人の対立は激しさを増していきそう。

ロマンチカ33-5
「ダメ…なんてこと俺が言うと思ってるのか?」
ウサギさんの悪戯な話術w
美咲の心を揺さぶるウサギさんのお茶目さが良かった。普段はストレートだけどエロシーンになるとテンションが上がってこういう茶目っ気が出てくるところもウサギさんの特徴w


美咲の将来への決意と水樹との小さな和解を経て序章は終了。水樹は中ボス的にもう少し絡むのかなと思ってたけど基本的には3期は伊集院との絡みがメインになるらしい。藤堂はどうなるのだろう。次回はテロリスト組のようでエゴイストより先に来るとは珍しい。
関連記事
にほんブログ村 アニメブログへ
ブログランキング参加中。押していただけると励みになります。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
純情ロマンチカ3 #3「盲亀の浮木」
「…ウサギさんを襲う練習」 そ れ は 誘 い 受 と い う ヤ ツ で す か  美咲キュンまさか攻に転じようと?…ムリカナ。゚(゚^ω^゚)゚。 ところで赤ちゃん用の福岡土産って何が正解なのでしょうか(笑)
◆純情ロマンチカ3 第3話 感想
\(*[>]ω[
[2015/07/27 08:56] The Perfect Two
プロフィール

Author:ムメイサ
カテゴリー
アーカイブ

2017年 04月 【26件】
2017年 03月 【38件】
2017年 02月 【13件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【15件】
2016年 11月 【7件】
2016年 10月 【13件】
2016年 09月 【14件】
2016年 08月 【14件】
2016年 07月 【12件】
2016年 06月 【14件】
2016年 05月 【9件】
2016年 04月 【13件】
2016年 03月 【15件】
2016年 02月 【10件】
2016年 01月 【7件】
2015年 12月 【27件】
2015年 11月 【16件】
2015年 10月 【26件】
2015年 09月 【34件】
2015年 08月 【17件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【32件】
2015年 05月 【26件】
2015年 04月 【27件】
2015年 03月 【20件】
2015年 02月 【18件】
2015年 01月 【33件】
2014年 12月 【35件】
2014年 11月 【38件】
2014年 10月 【26件】
2014年 09月 【26件】
2014年 08月 【14件】
2014年 07月 【22件】
2014年 06月 【20件】
2014年 05月 【17件】
2014年 04月 【14件】
2014年 03月 【37件】
2014年 02月 【32件】
2014年 01月 【34件】
2013年 12月 【26件】
2013年 11月 【29件】
2013年 10月 【29件】
2013年 09月 【23件】
2013年 08月 【17件】
2013年 07月 【27件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【25件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【27件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【37件】
2012年 12月 【26件】
2012年 11月 【27件】
2012年 10月 【34件】
2012年 09月 【28件】
2012年 08月 【26件】
2012年 07月 【39件】
2012年 06月 【35件】
2012年 05月 【30件】
2012年 04月 【43件】
2012年 03月 【36件】
2012年 02月 【36件】
2012年 01月 【20件】
2011年 12月 【34件】
2011年 11月 【25件】
2011年 10月 【72件】
2011年 09月 【42件】
2011年 08月 【52件】
2011年 07月 【53件】
2011年 06月 【45件】
2011年 05月 【49件】
2011年 04月 【59件】
2011年 03月 【36件】
2011年 02月 【47件】
2011年 01月 【49件】
2010年 12月 【43件】
2010年 11月 【43件】
2010年 10月 【43件】
2010年 09月 【42件】
2010年 08月 【41件】
2010年 07月 【40件】
2010年 06月 【41件】
2010年 05月 【38件】
2010年 04月 【41件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【45件】
2010年 01月 【49件】
2009年 12月 【42件】
2009年 11月 【36件】
2009年 10月 【35件】
2009年 09月 【57件】
2009年 08月 【47件】
2009年 07月 【46件】
2009年 06月 【58件】
2009年 05月 【63件】
2009年 04月 【52件】
2009年 03月 【52件】
2009年 02月 【39件】
2009年 01月 【51件】
2008年 12月 【61件】
2008年 11月 【61件】
2008年 10月 【68件】
2008年 09月 【69件】
2008年 08月 【59件】
2008年 07月 【63件】
2008年 06月 【50件】
2008年 05月 【49件】
2008年 04月 【47件】
2008年 03月 【59件】
2008年 02月 【68件】
2008年 01月 【64件】
2007年 12月 【62件】
2007年 11月 【70件】
2007年 10月 【63件】
2007年 09月 【59件】
2007年 08月 【52件】
2007年 07月 【51件】
2007年 06月 【31件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【21件】

アクセスランキング
検索BOX・タグ一覧
カウンター