ムメイサの隠れ家

放送中の深夜アニメの各話毎の感想を中心に更新しています。全話視聴したアニメ作品の総評なども。

甲鉄城のカバネリ

甲鉄城のカバネリ 1(イベントチケット優先販売申し込み券付)(完全生産限定版) [Blu-ray]

甲鉄城のカバネリ (2016/4~6)

どちらでもない 俺はカバネリだ

この作品におけるカバネとは人間模様を描くための舞台ツールでしかなかったのかもしれないけど美馬が登場してからはその存在感が薄くなりすぎだった。これが2クールだったら人間vs人間にシフトするまでの尺でカバネの脅威をもっと描けたのかもしれないけど1クールだと流石に短く、進撃の巨人に例えると巨人くらいの作品を象徴する敵のはずなのにRPG初期の雑魚敵くらいのイメージになってしまってそのあたりが残念だった。

カバネとの戦いの面を期待して見るとカバネへの本格的な反抗も描かれないままに定番の人との争いにシフトして集束する展開にガッカリするかもしれない。

ただ最後まで見るとこの作品は生駒と美馬の生き様と主張を軸に人間賛歌を描きたいという作品だったと分かるので最初のアクションの凄さでそちら方面に期待させたのでなんだけどカバネと人類の戦いとその決着などは最初から要点ではなかったのだろうと。


美馬の登場以降は世間は賛否両論というかどちらかといえば否の方が多く見られた気がするけどおそらく全体的には人類のカバネへの反抗戦とその結末を見たかった人が多いのだろうと思う。個人的にも作品が風呂敷を広げたことで細かい部分がより大雑把に感じられるようになったりして一時期は僕の王の力がああああというテンションで見ていたりもしたw

でも最終回の締め方は途中思っていたよりも納得した自分がいて、美馬の行動とその理念についても割と理解できたし最初の黒煙になった部下を刺す場面で冷や汗を流した意図なんかも最終話にくると納得できる形で描かれていてそれらが繋がってスッキリした部分もあった。(対カバネとこれからの世界を思うとスッキリしないんだけど)


美馬のやりたかったことは大まかには ①父親及び自分を追い詰めた者(総じて人を戦いに駆り立てる臆病な者)への復讐と粛清 ②真の勇気を持った者をその手で倒し臆病な自分を乗り越えること ③二が叶わない場合自身もその者に粛清されること(破滅)

と考えられて、美馬は臆病な者こそ戦いと憎しみを生むのでそれを粛清しようとは思っているけど半面自分も臆病な存在であるということは知っていて、それは前述した冷や汗の場面や最後の望んでいたはずのタイマンの局面でさえ相手に臆して足音を殺して隙を突こうとしてしまう描写からも分かり、あの場面でさえ勇気を持てなかった自分に諦めがついたからこそ粛清されるべき自身は果て自分の理想たる生きるべき人間(生駒)に白結晶を打ったのだろうと。破滅願望と併せて最初からそうなることが分かっていたような節もある。


そのあたりには納得はあるんだけどその美馬にどうしてあれだけの求心力があったのか、なぜ心が不安定で破滅を導くばかりの危うい美馬にあれだけ多くの部下達がついていくのか分からなかった。女がああいう男を好きになるのはなんとなく分かるけど。

あとは人質を取られていたとはいえ金剛郭滅亡へ加担してしまった菖蒲様も気にしなさすぎだろとは思ったしそもそも門の警備システムも一話も最終話手前も雑すぎだろと思ったり、細かいところで気にならないくらいの設定と脚本の詰めが欲しかったとは感じる。

2クールだったらとは書いたけど他作品を見ても細かい部分は苦手であろう構成作家なので1クールだったのはむしろよかったのかもしれない。

総合すると作画やアクション演出の良さは勿論として生駒の一本筋を通すキャラや行動動機、無名の年相応だったキャラの立ち居地と本編内でできた目標の終着点などは良かったと思うし、カバネはうやむやになったけど美馬と生駒を通して人間の弱さと強さを描いたテーマについても納得できるところもあったのでなかなか楽しめた。


甲鉄城のカバネリ 3(完全生産限定版) [Blu-ray]

OP「KABANERI OF THE IRON FORTRESS」 ED「ninelie」

                                  
<主な出演声優>                      
生駒:畠中祐 無名:千本木彩花
菖蒲:内田真礼 来栖:増田俊樹 逞生:梶裕貴 鰍:沖佳苗
侑那:伊瀬茉莉也 巣刈:逢坂良太 吉備土:佐藤健輔 美馬:宮野真守
関連記事
にほんブログ村 アニメブログへ
ブログランキング参加中。押していただけると励みになります。
プロフィール

Author:ムメイサ
カテゴリー
アーカイブ

2017年 10月 【9件】
2017年 09月 【8件】
2017年 08月 【8件】
2017年 07月 【8件】
2017年 06月 【8件】
2017年 05月 【16件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【37件】
2017年 02月 【13件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【15件】
2016年 11月 【7件】
2016年 10月 【13件】
2016年 09月 【14件】
2016年 08月 【14件】
2016年 07月 【12件】
2016年 06月 【14件】
2016年 05月 【9件】
2016年 04月 【13件】
2016年 03月 【15件】
2016年 02月 【10件】
2016年 01月 【7件】
2015年 12月 【27件】
2015年 11月 【16件】
2015年 10月 【26件】
2015年 09月 【34件】
2015年 08月 【17件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【32件】
2015年 05月 【26件】
2015年 04月 【27件】
2015年 03月 【20件】
2015年 02月 【18件】
2015年 01月 【33件】
2014年 12月 【35件】
2014年 11月 【38件】
2014年 10月 【26件】
2014年 09月 【26件】
2014年 08月 【14件】
2014年 07月 【22件】
2014年 06月 【20件】
2014年 05月 【17件】
2014年 04月 【14件】
2014年 03月 【37件】
2014年 02月 【32件】
2014年 01月 【34件】
2013年 12月 【26件】
2013年 11月 【29件】
2013年 10月 【29件】
2013年 09月 【23件】
2013年 08月 【17件】
2013年 07月 【27件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【25件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【27件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【37件】
2012年 12月 【26件】
2012年 11月 【27件】
2012年 10月 【34件】
2012年 09月 【28件】
2012年 08月 【26件】
2012年 07月 【39件】
2012年 06月 【35件】
2012年 05月 【30件】
2012年 04月 【43件】
2012年 03月 【36件】
2012年 02月 【36件】
2012年 01月 【20件】
2011年 12月 【34件】
2011年 11月 【25件】
2011年 10月 【72件】
2011年 09月 【42件】
2011年 08月 【52件】
2011年 07月 【53件】
2011年 06月 【45件】
2011年 05月 【49件】
2011年 04月 【59件】
2011年 03月 【36件】
2011年 02月 【47件】
2011年 01月 【49件】
2010年 12月 【43件】
2010年 11月 【43件】
2010年 10月 【43件】
2010年 09月 【42件】
2010年 08月 【41件】
2010年 07月 【40件】
2010年 06月 【41件】
2010年 05月 【38件】
2010年 04月 【41件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【45件】
2010年 01月 【49件】
2009年 12月 【42件】
2009年 11月 【36件】
2009年 10月 【35件】
2009年 09月 【57件】
2009年 08月 【47件】
2009年 07月 【46件】
2009年 06月 【58件】
2009年 05月 【63件】
2009年 04月 【52件】
2009年 03月 【52件】
2009年 02月 【39件】
2009年 01月 【51件】
2008年 12月 【61件】
2008年 11月 【61件】
2008年 10月 【68件】
2008年 09月 【69件】
2008年 08月 【59件】
2008年 07月 【63件】
2008年 06月 【50件】
2008年 05月 【49件】
2008年 04月 【47件】
2008年 03月 【59件】
2008年 02月 【68件】
2008年 01月 【64件】
2007年 12月 【62件】
2007年 11月 【70件】
2007年 10月 【63件】
2007年 09月 【59件】
2007年 08月 【52件】
2007年 07月 【51件】
2007年 06月 【31件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【21件】

アクセスランキング
検索BOX・タグ一覧
カウンター