RSS

企画

ごちうさ

PCゲーム

ゆずソフト

ナイトウィザード 第11話 「記憶の欠片」 ~幻想に、舞う~

アンゼロットの送り出す刺客をキリヒトが抑えている間にエリス達はおじ様の手がかりを探しに昔にエリスが居た孤児院へ向かう。孤児院の者達は皆エリスの来訪を歓迎するが、謎の人物の放った波紋のような術で孤児院時代のエリスの存在は消されてしまい・・・
ナイト11-1
アバンで灯がエリス達を一度見逃したところをみるとまだ迷いがある様子。エリスから貰った仲間の印の携帯ストラップを見て躊躇しかけるも、命(ミコト)のために世界を守るために心を鬼にする。ここは僅かなシーンですが良い演出でした。このシーンではスケートの話の灯の調整シーンとストラップのシーンが伏線になっていたことが分かります。あの話は中休みの気楽な回だと思っていたけどしっかりと伏線になっていたのですね。宝玉の入手方法が授業の炎色反応だったりと伏線には定評があるアニメですねw

キリヒトはやっぱりかなり強いな。しかしロンギヌス隊ってどういう位置づけなんだ?
全ての話で簡単にやられる雑魚キャラというイメージしかないぞ(笑)
ベル様には黒幕が思い当たるらしくリオンとともに動き始める。出てきたキャラ的に考えると、もはやゲイザーくらいしか思い浮かばないな、キリヒトの可能性も0じゃないけど。


ナイト11-2
「クラスメイトなのに先輩?」あのシスターなかなか鋭いツッコミをw
お菓子作りで子供たちに新婚みたいとからかわれるシーンや二人で写真を見るシーンなどではエリスに柊フラグが立つような良い雰囲気。そんな時に空気を読まないおじ様出現。エリスを追い詰めているところを見るとやはりおじ様はシャイマールを何かに利用するという企みがあるということですね、しかしあれはエリスにはきつい;

ナイト11-3
エリスは偽りの生で偽りの記憶を持たされていた
全てはシャイマールを復活させるため。これを仕組んだ人物=おじ様ということはもはや間違いないでしょう。あとはその人物が誰なのか、ベル様達に舞台に引きずり下ろしていただきましょう。まあ十中八九ゲイザーでしょうが。

灯と柊の戦闘シーンは今までの魔王との戦いとは違い演出もかなり良かったです。そして灯は世界を守るという使命を果たそうとするも冷酷には徹しきれなかったようです。世界を護りたいと思いつつも心の底では柊には負けたがっていたのかもしれませんね。

ナイト11-4
アンゼ宮殿に平和的に襲来するベル様とリオン。このアンゼとベル様・リオンとの話し合いでだいたいの真相が明かされそうですね。予告を見るとそれはなぜかお茶会らしいw
黒幕がゲイザーだとしたらその手下のアンゼと話し合いしても無駄じゃないかな。でもアンゼはゲイザーに騙されてるみたいだし・・・とにかく来週のお茶会は必見です!

くれは,もついにエリスに攻撃を。いろいろな葛藤があってかなり苦しんでいたので精神的にキテしまったのか、若干ヤンデレともとれる行動ですw

来週はエリスがいよいよ覚醒してしまいそう、最後の話で解決できればいいけど、もしかしたらBAD ENDになるかもしれませんね。それと今週はほとんど明かされなかったキリヒトの存在の真相もゲイザー同様、相当重要なものになっているでしょう。

<オマケ>
ナイト11-5
ベル「ひーらぎ」 灯「・・・」 アンゼ「ガッテム」 くれは「はわっ」
ベル様だけキャプに入っていませんorz
NWSD
関連記事

コメント

こんにちはー
>謎の人物の放った波紋のような術
おそらくこれは、今までかけていた仕掛けを解いた、のでしょう。
ベル様達の言うように一話の直前にエリスが「作られた」。その時に突然世界に現れたエリスという非常識な存在が世界結界に阻害されないように謎の人物は逆に「世界結界にエリスの過去を作らせた」のでしょう。月衣で常識を遮断するウィザードと違って、一般の人々は世界結界が作り出す常識に縛られます。この力はエリスが居たという記憶だけでなく、樹の傷跡や写真のような物体にすら認識変換を行わせます。謎の人物の波紋はそれらの仕掛けを取り消したのでしょう、なので、世界結界は正しく働き「エリスという少女は五歳の時に死んだ」という風に本来の歴史どおりの常識に塗り替えたという事だと思います…が、別にそこまでこねくり回して考えなくても通じますよね(まてこら)

ロンギヌスはアンゼロット直属の優秀なウィザード部隊です…優秀ですよ? 優秀なんです! 優秀なんだってばぁぁぁ!!
初登場時の設定は「他の七つの異世界に派遣され世界平和の為に活動する八人の美少女ウィザード」だったのですが、その後のリプレイなどでメンバーが増え今では男女ともそれなりの数が居ます。設定では凄腕ばかりのはずですがこの役立たずぷりは、所謂「脇役」なので主人公達の活躍を際立たせる為にーなんですよねw なので「全ての話で簡単にやられる雑魚キャラ」という認識は間違ってません!w

>もしかしたらBAD END
柊なら…柊ならなんとかしてくれる!
個人的に思いついたEDなんですが、エリスもろともシャイマール消滅、しかしエリスは転生者なので転生、神は彼女の運命を狂わせた贖罪として彼女を「五歳のエリス」に転生させる。その後運命の交通事故をアンゼロットによって過去に飛ばされた、輝明学園高等部の制服を着た青年に助けられる。エリスの中で「お兄様」として刻み込まれた彼の面影を追って輝明学園へ転入、そこで下がって卒業できなかった”先輩”と出会う……あれ? くれは派のはずなのにおかしいなぁw

>ベル様だけキャプに入っていません
あぁそれは私のところにいるからげへへ…おや? 蝿の大群がこちらn(ブーンブーン)

M月さんこんにちは~
>世界結界は正しく働き「エリスという少女は五歳の時に死んだ」という風に本来の歴史どおりの常識に塗り替えたという事だと思います
と言うことはエリスは完全に無から作られた転生体ではなく、元となる人物がいたことはいたんですかね?まあとりあえず周囲にある記憶や写真は"おじ様"が術で細工したことは確かみたいですね。

>ロンギヌスはアンゼロット直属の優秀なウィザード部隊です…優秀ですよ? 優秀なんです! 優秀なんだってばぁぁぁ!!
こればっかりは信じられませんな(笑)月ではウサギに殺られ、魔王には虐殺され、柊とキリヒトにはボコボコにされ、、、主人公や魔王が桁違いで強いとして我慢しますかw
>初登場時の設定は八人の美少女ウィザード
なるほど!美少女じゃないから弱いんだ!納得しました!(マテ

>個人的に思いついたED
えwそれだと柊は留年のしすぎで退学になっているのではw?なんでもありの学園だから退学は免れても20代後半にはなってますよ、それこそBAD ENDでは(笑)エリスもろともシャイマール消滅はありそうですね。

>あぁそれは私のところにいるからげへへ
その蝿の大群は実は私が送り込みましたw

>元となる人物がいたことはいたんですかね?
完全に私の妄想なんで上記の仮説の信憑性は微妙ではありますが、そうだと思っています。わざわざモデルを過去に死亡した人物からひっぱて来てそれを成長させたのが五歳で死んだエリス自体に何か秘密があったのか、たまたま萌えキャラだったからなのか(待て)……左の蒼い目がエリス本来の力、なんて複線も出てきそうな気がしてきました。

>えwそれだと柊は留年のしすぎで退学になっているのではw?
あ、これはつまり、現エリスの魂が過去に遡って五歳エリスに転生、死亡事故の運命を過去に送り込まれた柊が改変。
そして現代には現エリスそっくりに成長した死ぬはずだったエリスがーということなんで、年代的には現代の時代。まだ…まだなんとか…w

>その蝿の大群は実は私が送り込みましたw
あんただったのかこのやろおおおおおお!?(一同爆笑)
まぁでも「ムメイサさんがわざと誰かさんだけキャプしなかったそうですよ?」と言ったら物凄い勢いでどこかへ飛んでいったような……(待て)

こんにちは

お邪魔してます。
予想通りというか、何と言うか痛い展開です。
>ロンギヌス隊
M月さんの述べている通り、エリート部隊です。いや本当に。
実際所属しているプレイヤーキャラは強いんですよ。
ただ、エリート部隊と言っても強いからと、主人公から見せ場を奪うわけにもいかず・・・哀れ。
>エリスに柊フラグが立つような
立てたフラグは多いが、同じ数だけぶっ壊してきたのも柊ですけどね(苦笑)
アンゼとフラグ立ったこともあるんですよ。
そもそも柊の場合「仲間だから」「友達だから」と言う理由だけで命をかけて相手を守ろうとすることができるんです。
熱い魂の持ち主ではありますが、女の子側からすると・・・ちょい不満?

世界結界に関する話の一つに「星を継ぐもの」という作品があります。
「ディングレイ」と言うエミュレイターに対し「星の勇者」と言う存在を作り出し、その者が世界にあるために家族や家を存在させた。
けれど勇者が覚醒し「常識」の外の存在になるに連れ、家族や家が、そして人々の記憶から彼が消滅していく。
そして彼がディングレイを倒し、世界を救うと同時にこの世界から消滅させた。
何故なら星の勇者はディングレイに対抗する為「だけ」に生み出された存在だから・・・
世界結界に例外はなく「常識」のために存在の有無が変わることは当たり前、と言う事実です。
この話はEDにちょっとしたオチがありますが、エリスはどうなるのか。
ちなみに柊・くれはの初登場作品でもあります。
では。

M月さん
元となる人物がいたのにそれが転生体となるというのはどうもしっくりときませんね、でもわざわざ無から交通事故で死んだ子供の偽記憶なんて造るはずも無いので、やはりいたのでしょうね。そうするとシャイマールがいつの時点でエリスとして転生したのかが気になります。

>年代的には現代の時代
過去を変えることでそのまま現在を帰るわけですね、バックトゥーザフューチャーの理論ですなw

>物凄い勢いでどこかへ飛んでいったような
蝿はいらないからベル様みずから来てください!


にゃふうさんこんばんは~
>エリート部隊です。いや本当に。
世界では一握りのエリートでもやはりレギュラーキャラの前では、、、せめて一度だけでも見せ場があれば良いのですがw

>立てたフラグは多いが、同じ数だけぶっ壊してきたのも柊ですけどね(苦笑)
柊のにぶさは異常ですからね、仰るとおり熱い魂の持ち主だけど女の子側からすると不満でしょう。アンゼとのフラグ、どのくらいの年齢差の恋なんでしょうね(笑)

>「星を継ぐもの」
エリスは世界を守護するためでなく逆の理由で作られたみたいですから、この話よりも複雑な状況になっていますね。

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

ナイトウィザードTheANIMATION Episode.11「記憶の欠片~幻想に...

ナイトウィザードTheANIMATIONの第11話を見ましたEpisode.11 記憶の欠片~幻想に、舞う~アンゼロットに殺されそうになったエリスを救ったのは以前から彼女達の戦いを手助けしてきた、謎の少年・キリヒトだった。彼はエリスを助けようと駆けつけた蓮司とともに、宮殿から...

■ナイトウィザード The ANIMATION 第11話「「記憶の欠片」~幻想に、舞う~」

 柊蓮司、女の子には、昔から苦労させられていたのですね。  しかも、敵味方を問わずだもん。  ベルとの接点、アニメでは殆ど無かったと思うのですが、無関係では居ら

ナイトウィザードEpisode11「記憶の欠片」

柊「みんなに迷惑がかかるだとぉ? 落ち込んだり悩んだりしてるのを、黙ってしまい込

ナイトウィザード The ANIMATION 第11話 「記憶の欠片」~幻想に、舞う~

SDキャラ全部萌えた この中にエリスがないのが非常に残念ですが、 「柊・・・」 「・・・」 「ガッデム」 「はわ!」と言ってましたが やたらはわ!くれはの印象が強かったな...

ナイトウィザード 第11話「記憶の欠片 ~幻想に、舞う~」

★感想・第11話  絵コンテ・佐藤順一、演出・後藤圭二、なんという豪華布陣

ナイトウィザード The ANIMATION 。。。。 Episode.11 「記憶の欠片」~幻想に、舞う~

   エリス、あかりん、くれは、の3人のCD 買っちゃったよ^^ 『 大魔王に、強化人間、世界の守護者に、神社の娘 』 で、柊が この中で 一番恐いのは くれは だったのか(笑)

『ナイトウィザード』#11「記憶の欠片 -幻想に、舞う-」

「怖い女には慣れっこだ!」 全然胸張れねー! たとえエリスがシャイマールでも、仲間だから助けたいという柊。 「魔王や強化人間、世界の守護者に神社の娘」 という怖い女と日...

ナイトウィザード #11

柊と一緒に逃亡したエリスは、おじさまの手がかりを求めて孤児院へと向かいました。しかし、そこでエリスを待っていたのは悲しい真実でした。シャイマールの転生体として抹殺されよう...

ナイトウィザード 第11話 激突!柊蓮司VS緋室灯 それぞれの守る世界

第11話 記憶の欠片 ~幻想に舞う~ 逃避行を続けるエリスと柊はキリヒトの案に乗って、 エリスの足長叔父さんを探しに孤児院へ向かう事に。 何という絵に描いたようなキリス...

ナイトウィザード 第11話 「記憶の欠片(かけら)~幻想に、舞う~」

エリスの過去消失

ナイトウィザード The ANIMATION 第11話

萌えキャラ認定中:緋室灯 『記憶の欠片 ~幻想に、舞う~』 絵コンテ:佐藤順一 演出:後藤圭二 なんちゅー豪勢な(笑)。柊とあかりんの戦闘演出は面白かったです。 ちな...

ナイトウィザード 第11話 「記憶の欠片 ~幻想に、舞う~」

皆と過ごした時間と記憶は本物だ――。 エリスのおじ様の手がかりを求め孤児院に向かった柊たち。 しかし何者かの力によってエリスの過去は消されてしまう…。 エリスに記憶を与え...

ナイトウィザード 11話

「記憶の欠片」~幻想に、舞う~ エリスの孤児院へと向かう柊とエリス。箒で向かうと追跡されるので電車で移動。エリスは自分がシャイマールだとしても助けるのかと問うが怖い女には慣れっこ一蹴する柊。にしても此処最近柊の男度が異様にアップしてま...

ナイトウィザード The ANIMATION 第11話

エリスが学園に来る前にお世話になっていたという孤児院に行く話。 しかしそこで衝撃の事実発覚、前回の予告から予想された展開とはいえ辛いものがあります。 そして柊と灯は思いっきり本気で戦闘、見応え十分でもう面白すぎました。 追撃部隊をあっさりと退けるキリ...

ナイトウィザード The ANIMATION「Episode.11 記憶の欠片~幻想に、舞う~」感想

ナイトウィザード The ANIMATION 柊蓮司と宝玉の少女<下> (ファミ通文庫 N 3-3-2 SPECIAL STORY) <今回のあらすじ>  「追手をキリヒトに任せてその場を離れた柊とエリスは、一度は箒を使って逃走手段を 誤魔化すと、電車を使ってエリスのいた孤児院を目....

ナイトウィザード十一話『記憶の欠片』-幻想に舞う-

 『エリス』という虚構。あるいは夢から醒める時。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ それでは恒例の、お世話になったブログの紹介から。 スリングさんのナイトウィザードEpisode11「記憶の欠片」 今回の...

ナイトウィザード The ANIMATION 第11話「記憶の欠片 ~幻想に、舞う~」

たまたま本屋さんに寄ったところ、たまたま「ナイトウィザード 柊蓮司と宝玉の少女」が売ってありました。 たまたま中身を見てみたところ、たまたま中表紙にパール=クールが出ていました。 買いました。 ・ナイトウィザード The ANIMATION 第11話「記憶の欠片 ~幻想に

ナイトウィザード 第11話

[助けてくれた柊とともに、ことの顛末を探るべく、エリスは自分の出身である孤児院に「おじさま」についての手がかりを求めに行く。だが最初暖かく迎えてくれて恩師の先生や、仲間...

≡ナイトウィザードEpisode11:記憶の欠片~幻想に、舞う~

ご注意:この記事には、アニメ「ナイトウィザードTheANIMATION」(原作:菊池たけし/F.E.A.R.TRPGナイトウィザード)の内容が一部記載されています。未視聴の方、ストーリー・結末などをお知りになりたくない方は、お読みにならないコトをお勧めします。エリスが、造られ...

ブログ内人気ページ

プロフィール


Author:ムメイサ

カテゴリー

アーカイブ

2019年 09月 【3件】
2019年 08月 【4件】
2019年 07月 【4件】
2019年 06月 【4件】
2019年 05月 【8件】
2019年 04月 【7件】
2019年 03月 【15件】
2019年 02月 【23件】
2019年 01月 【23件】
2018年 12月 【8件】
2018年 11月 【7件】
2018年 10月 【11件】
2018年 09月 【6件】
2018年 05月 【5件】
2018年 04月 【13件】
2018年 03月 【16件】
2018年 02月 【30件】
2018年 01月 【33件】
2017年 12月 【11件】
2017年 11月 【4件】
2017年 10月 【10件】
2017年 09月 【8件】
2017年 08月 【8件】
2017年 07月 【8件】
2017年 06月 【8件】
2017年 05月 【16件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【37件】
2017年 02月 【13件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【15件】
2016年 11月 【7件】
2016年 10月 【13件】
2016年 09月 【14件】
2016年 08月 【14件】
2016年 07月 【12件】
2016年 06月 【14件】
2016年 05月 【9件】
2016年 04月 【13件】
2016年 03月 【15件】
2016年 02月 【10件】
2016年 01月 【7件】
2015年 12月 【27件】
2015年 11月 【16件】
2015年 10月 【26件】
2015年 09月 【34件】
2015年 08月 【17件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【32件】
2015年 05月 【26件】
2015年 04月 【27件】
2015年 03月 【20件】
2015年 02月 【18件】
2015年 01月 【33件】
2014年 12月 【35件】
2014年 11月 【38件】
2014年 10月 【26件】
2014年 09月 【26件】
2014年 08月 【14件】
2014年 07月 【22件】
2014年 06月 【20件】
2014年 05月 【17件】
2014年 04月 【14件】
2014年 03月 【37件】
2014年 02月 【32件】
2014年 01月 【34件】
2013年 12月 【26件】
2013年 11月 【29件】
2013年 10月 【29件】
2013年 09月 【23件】
2013年 08月 【17件】
2013年 07月 【27件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【25件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【27件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【37件】
2012年 12月 【26件】
2012年 11月 【27件】
2012年 10月 【34件】
2012年 09月 【28件】
2012年 08月 【26件】
2012年 07月 【39件】
2012年 06月 【35件】
2012年 05月 【30件】
2012年 04月 【43件】
2012年 03月 【36件】
2012年 02月 【36件】
2012年 01月 【20件】
2011年 12月 【34件】
2011年 11月 【25件】
2011年 10月 【72件】
2011年 09月 【42件】
2011年 08月 【52件】
2011年 07月 【53件】
2011年 06月 【45件】
2011年 05月 【49件】
2011年 04月 【59件】
2011年 03月 【36件】
2011年 02月 【47件】
2011年 01月 【49件】
2010年 12月 【43件】
2010年 11月 【43件】
2010年 10月 【43件】
2010年 09月 【42件】
2010年 08月 【41件】
2010年 07月 【40件】
2010年 06月 【41件】
2010年 05月 【38件】
2010年 04月 【41件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【45件】
2010年 01月 【49件】
2009年 12月 【42件】
2009年 11月 【36件】
2009年 10月 【35件】
2009年 09月 【57件】
2009年 08月 【47件】
2009年 07月 【46件】
2009年 06月 【58件】
2009年 05月 【63件】
2009年 04月 【52件】
2009年 03月 【52件】
2009年 02月 【39件】
2009年 01月 【51件】
2008年 12月 【61件】
2008年 11月 【61件】
2008年 10月 【68件】
2008年 09月 【69件】
2008年 08月 【59件】
2008年 07月 【63件】
2008年 06月 【50件】
2008年 05月 【49件】
2008年 04月 【47件】
2008年 03月 【59件】
2008年 02月 【68件】
2008年 01月 【64件】
2007年 12月 【62件】
2007年 11月 【71件】
2007年 10月 【63件】
2007年 09月 【59件】
2007年 08月 【52件】
2007年 07月 【51件】
2007年 06月 【31件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【21件】

検索BOX・タグ一覧