ムメイサの隠れ家

放送中の深夜アニメの各話毎の感想を中心に更新しています。全話視聴したアニメ作品の総評なども。

【PCゲーム】 しゅがてん!① ~古倉めるルート感想~

しゅがてん める (2)

しゅがてん!古倉める編感想

しゅがてん!まずはフォルクロールの看板娘める√から。体験版とカウントダウンでけっこう揺らされたけど最初の攻略は初志貫徹( ー`дー´)キリッ 続きはめる編のネタバレ有注意。


しゅがてん める (1)

めるが可愛かった!!!

基本的に犬っ子キャラで明るい元気さと無邪気な懐っこさが売りだけどそんな中で時折見せる大人(になりかけている)の色気というか余裕を持って見せてくる悪戯な仕掛けが包容力とあどけなさを同居させたような魅力で溢れていた。特にラストシーンの台詞とウインクCGはその魅力を凝縮させたような出来でこれを締めにもってきたのが上手かった。


しゅがてん める (1)

共通ルートでも見せていたけどめるは恋愛やえっちなことに対してショコラや氷織以上に意識が薄いのが特徴でそれがクロウを意識するようになって慌てだすのもこのルートの魅力。

ただ主人公がかなりの朴念仁タイプ故かHシーンに移行するにはめるが相当積極的に仕掛けなければならず一つ目のシーンでいきなりああいうことになったのはそれまでのめるの設定との不一致や構成の急さを感じた。

こたつのシーンを見るにめるはそれまでオナニーも知らなかったのではないかと思うけどそれがいきなりああだったし、恋の感情に迷い始めて揺れるめるの姿こそこの編の強みにもなりそうだったのでその持っていき方がもう少しなだらかだったらなという気はした。

可愛い女の子達の日常がメインで主人公を悪目立ちさせないためにがつがつしないキャラにしたのはいいとして、そうするとエロゲとしてのシーンへの繋ぎが難しくなると感じるめる編でもあった。ただこの編は終盤は主人公とのいちゃいちゃよりも「めると氷織の仲良しさ」をメインの構成にしてもいたのでそれを考えると主人公のキャラと立ち居地はやっぱりああいう感じがいいのだろうし、バランスのとり方はなかなか難しいところ。

そのあたりは考え出すと纏まらないけど、とりあえず事前に”この作品”に期待していたことを考えると主人公との過激なイチャイチャよりあくまでもメインに「めると氷織」の優しい展開をもってきたのは心温まって良かったと思うしミルフィーユに必要なものの答えをその二人から得ていたというオチも良かった。


しゅがてん める (2)
しゅがてん める (2)

好きだったのは二つ目のシーンでそのハプニングの強引さとショコラと小町の前であんなことになってしまったところが笑えた。それからこのままでは納まらないと店長代理権限で鍵とカーテンを閉めて続きを催促するめるが良かった(*´д`*)

ここまできたらもうエロには貪欲になっていていい段階。でも開店前というシチュとショコラ達が来ているのに目の前ですなーwという感じではあって可愛い癒し系の作風だからこそそういうところの背徳感のギャップは楽しめてそれこそこの作品の強みでもあるのかもw


しゅがてんめる

める編の全体のシナリオとしては店や家族について大きな問題が発生するわけでもなくあっさり目で主人公の記憶についてもほぼスルーで一切解決しなかったので物語としては共通ルートまでの方が面白いかなという感じではある。

ただ主人公のことなどについては他ルートがメインになるのであろうしめるの可愛さを楽しみつつ氷織との心温まる関係性も描かれたのでこの編はこれでよかったと思う。



シナリオライターのさかき傘氏については日常場面の掛け合いや展開のミスリードが上手くエロシーンに関しては割と淡白なのかなという印象。小町の扱い方がどこも面白い。

原画のしらたま先生は期待通り優しい色彩の可愛いCGで中でもめる編の最後に持ってきたCGの可愛さは最高だった。正面絵は強いけど横顔は少し不得手なのかなという印象も。

BGM演出は街並みと合った優雅で明るく賑やかな曲調が多いところが雰囲気を引き立てて良かった。えっちシーンの曲はちょっと主張しすぎじゃないかという気も(笑)

主人公のクロウくんは少し前にやった『千の刃濤、桃花染の皇姫』の主人公か『アイドルマスターシンデレラガールズ』のプロデューサーさんの声を連想するようなキャラだった。口調的には後者の方が近いかな。身体が大きい設定はいるのかなw背徳感を出すため?w

めるはこの作品のおっぱい担当と聞いていたけどそれでも身体の小ささとかまだ育ちきっていないことを強調していたのでそれに対してでかい主人公というのがこの作品のミソか。
関連記事
にほんブログ村 アニメブログへ
ブログランキング参加中。押していただけると励みになります。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

Author:ムメイサ
カテゴリー
アーカイブ

2017年 06月 【7件】
2017年 05月 【16件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【38件】
2017年 02月 【13件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【15件】
2016年 11月 【7件】
2016年 10月 【13件】
2016年 09月 【14件】
2016年 08月 【14件】
2016年 07月 【12件】
2016年 06月 【14件】
2016年 05月 【9件】
2016年 04月 【13件】
2016年 03月 【15件】
2016年 02月 【10件】
2016年 01月 【7件】
2015年 12月 【27件】
2015年 11月 【16件】
2015年 10月 【26件】
2015年 09月 【34件】
2015年 08月 【17件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【32件】
2015年 05月 【26件】
2015年 04月 【27件】
2015年 03月 【20件】
2015年 02月 【18件】
2015年 01月 【33件】
2014年 12月 【35件】
2014年 11月 【38件】
2014年 10月 【26件】
2014年 09月 【26件】
2014年 08月 【14件】
2014年 07月 【22件】
2014年 06月 【20件】
2014年 05月 【17件】
2014年 04月 【14件】
2014年 03月 【37件】
2014年 02月 【32件】
2014年 01月 【34件】
2013年 12月 【26件】
2013年 11月 【29件】
2013年 10月 【29件】
2013年 09月 【23件】
2013年 08月 【17件】
2013年 07月 【27件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【25件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【27件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【37件】
2012年 12月 【26件】
2012年 11月 【27件】
2012年 10月 【34件】
2012年 09月 【28件】
2012年 08月 【26件】
2012年 07月 【39件】
2012年 06月 【35件】
2012年 05月 【30件】
2012年 04月 【43件】
2012年 03月 【36件】
2012年 02月 【36件】
2012年 01月 【20件】
2011年 12月 【34件】
2011年 11月 【25件】
2011年 10月 【72件】
2011年 09月 【42件】
2011年 08月 【52件】
2011年 07月 【53件】
2011年 06月 【45件】
2011年 05月 【49件】
2011年 04月 【59件】
2011年 03月 【36件】
2011年 02月 【47件】
2011年 01月 【49件】
2010年 12月 【43件】
2010年 11月 【43件】
2010年 10月 【43件】
2010年 09月 【42件】
2010年 08月 【41件】
2010年 07月 【40件】
2010年 06月 【41件】
2010年 05月 【38件】
2010年 04月 【41件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【45件】
2010年 01月 【49件】
2009年 12月 【42件】
2009年 11月 【36件】
2009年 10月 【35件】
2009年 09月 【57件】
2009年 08月 【47件】
2009年 07月 【46件】
2009年 06月 【58件】
2009年 05月 【63件】
2009年 04月 【52件】
2009年 03月 【52件】
2009年 02月 【39件】
2009年 01月 【51件】
2008年 12月 【61件】
2008年 11月 【61件】
2008年 10月 【68件】
2008年 09月 【69件】
2008年 08月 【59件】
2008年 07月 【63件】
2008年 06月 【50件】
2008年 05月 【49件】
2008年 04月 【47件】
2008年 03月 【59件】
2008年 02月 【68件】
2008年 01月 【64件】
2007年 12月 【62件】
2007年 11月 【70件】
2007年 10月 【63件】
2007年 09月 【59件】
2007年 08月 【52件】
2007年 07月 【51件】
2007年 06月 【31件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【21件】

アクセスランキング
検索BOX・タグ一覧
カウンター