ムメイサの隠れ家

放送中の深夜アニメの各話毎の感想を中心に更新しています。全話視聴したアニメ作品の総評なども。

【漫画】HUNTER×HUNTER 34巻 感想

HUNTER×HUNTER 34 (ジャンプコミックス)

【漫画】HUNTER×HUNTER 34巻 感想

現実時間で10年くらい(?)待たせたクロロvsヒソカがついに実現。それだけもったいぶった上に劇中屈指の強キャラ同士の戦いをこんな究極のヒット&アウェイ作戦みたいな形で描くところが流石冨樫とでも言うか、その発想の奇抜さと綿密さはどこまで進んでも衰えることなく本当に天才だなと思わされる。

クロロvsヒソカは正直展開が頭で追いきれず「ここではこの能力とこの能力を・・・」と考えなが何度もページを行ったりきたりしてようやく最低限の理解には達したかもしれないというような難解さだった。コミックスで読んでこの調子だと連載中の週刊誌で追うととんでもなくややこしかっただろうなこのバトル(ノ∀`)


クロロが旅団員と組んで複数人でヒソカを嵌めたのかというとそう取れる場面も多いしそう取った方がヒソカのその後の行動にも理由がつくので良い気もするけど、戦闘はあくまでクロロがサシで(モブは使ったけど)やっていたと考えても破綻は無さそうだったので決定的な描写がなかった以上は後者で取っておいてもいいんじゃないかと。

クロロが一対一で戦ったとすると戦闘中にあの作業がこなせるのかという疑問は出てきてそれに関してはあの場に居たコルトピやシャルナークに協力させたと見るほうが妥当かもしれない、でもクロロがそれをこなせないというのもまた確定できないしマチの協力を匂わす糸の推察についてはそれこそ実際に糸でも良かったわけで。

能力以外でシャルナーク達も協力していたとするならクロロが能力を返すことが必要になるけどその条件も不明ならそれらしきシーンも見当たらなかった。意味深だった「栞の誓約」によって挟んだページの能力が本人に帰るなども考えてみたけど一度挟んだ後でブラックボイスの二度目を発動しているのでそれもなさそう。

モブをヒソカに当てている間に観客に紛れてそこで返したと見るにしても気配を殺した複数の達人が一箇所で蠢いていれば流石にヒソカが何か気がつくのではないかと。それから最後の電話でシャルナークがまだアンテナは貸しているようなことを言っていたので能力の返還はまだでやはりクロロは共闘したのではなく一人で能力を駆使したのではないかと。

しかしそれにしてはコルトピ・シャルナーク・マチが現場に来ているのが腑に落ちなく、一刻も早く能力を返してもらいにきたにしてはその後クロロとは会っていないし。その説明が共闘以外だと難しいけど単に前日あたりに能力を貸すためにクロロの元にやってきていたと見ればいいのかな。ただそれだとマチの存在に説明がつかない。

クロロの100%勝つ発言にしてもその三人が現場に居合わせたことからしてもその後ヒソカがああいう行動に出たことからしてもやはり共闘だったと考えた方がいろいろとスッキリ納まる感じはする。そのあたりは上手く確定できずこういう話は方々でいろいろな反応と戦いがあるのだろうなとw


ヒソカが死亡後蘇った点については死後の念という設定が便利すぎるだろという感覚もなくはないけどヒソカが「伸縮」能力のスペシャリストだったからこそあれができたのだろうという納得はあってその関連付けが上手かった。しかしヒソカは片腕と片足を失っているけど今後あれでまともに戦えるのか、というか今もちゃんと”生きて”いるのか。

一つ気になったのはクロロに除念の時の念獣はついていないのか?という点で、アベンガネの除念を受けたならクラピカの怨念分の化物がついているんじゃないのと。あれは被除念者ではなく除念の術者につくという設定だったかな?ゴンを診た除念師は口ぶり的にそうだったみたいだけど。そのあたりの設定が少し分からなかった。でもどちらにしてもクラピカの呪いが掛かった念獣は相当厄介そう。



HUNTER×HUNTER 34 (ジャンプコミックス)HUNTER×HUNTER 34 (ジャンプコミックス)
冨樫 義博

集英社 2017-06-26
関連記事
にほんブログ村 アニメブログへ
ブログランキング参加中。押していただけると励みになります。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

Author:ムメイサ
カテゴリー
アーカイブ

2017年 07月 【7件】
2017年 06月 【8件】
2017年 05月 【16件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【38件】
2017年 02月 【13件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【15件】
2016年 11月 【7件】
2016年 10月 【13件】
2016年 09月 【14件】
2016年 08月 【14件】
2016年 07月 【12件】
2016年 06月 【14件】
2016年 05月 【9件】
2016年 04月 【13件】
2016年 03月 【15件】
2016年 02月 【10件】
2016年 01月 【7件】
2015年 12月 【27件】
2015年 11月 【16件】
2015年 10月 【26件】
2015年 09月 【34件】
2015年 08月 【17件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【32件】
2015年 05月 【26件】
2015年 04月 【27件】
2015年 03月 【20件】
2015年 02月 【18件】
2015年 01月 【33件】
2014年 12月 【35件】
2014年 11月 【38件】
2014年 10月 【26件】
2014年 09月 【26件】
2014年 08月 【14件】
2014年 07月 【22件】
2014年 06月 【20件】
2014年 05月 【17件】
2014年 04月 【14件】
2014年 03月 【37件】
2014年 02月 【32件】
2014年 01月 【34件】
2013年 12月 【26件】
2013年 11月 【29件】
2013年 10月 【29件】
2013年 09月 【23件】
2013年 08月 【17件】
2013年 07月 【27件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【25件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【27件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【37件】
2012年 12月 【26件】
2012年 11月 【27件】
2012年 10月 【34件】
2012年 09月 【28件】
2012年 08月 【26件】
2012年 07月 【39件】
2012年 06月 【35件】
2012年 05月 【30件】
2012年 04月 【43件】
2012年 03月 【36件】
2012年 02月 【36件】
2012年 01月 【20件】
2011年 12月 【34件】
2011年 11月 【25件】
2011年 10月 【72件】
2011年 09月 【42件】
2011年 08月 【52件】
2011年 07月 【53件】
2011年 06月 【45件】
2011年 05月 【49件】
2011年 04月 【59件】
2011年 03月 【36件】
2011年 02月 【47件】
2011年 01月 【49件】
2010年 12月 【43件】
2010年 11月 【43件】
2010年 10月 【43件】
2010年 09月 【42件】
2010年 08月 【41件】
2010年 07月 【40件】
2010年 06月 【41件】
2010年 05月 【38件】
2010年 04月 【41件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【45件】
2010年 01月 【49件】
2009年 12月 【42件】
2009年 11月 【36件】
2009年 10月 【35件】
2009年 09月 【57件】
2009年 08月 【47件】
2009年 07月 【46件】
2009年 06月 【58件】
2009年 05月 【63件】
2009年 04月 【52件】
2009年 03月 【52件】
2009年 02月 【39件】
2009年 01月 【51件】
2008年 12月 【61件】
2008年 11月 【61件】
2008年 10月 【68件】
2008年 09月 【69件】
2008年 08月 【59件】
2008年 07月 【63件】
2008年 06月 【50件】
2008年 05月 【49件】
2008年 04月 【47件】
2008年 03月 【59件】
2008年 02月 【68件】
2008年 01月 【64件】
2007年 12月 【62件】
2007年 11月 【70件】
2007年 10月 【63件】
2007年 09月 【59件】
2007年 08月 【52件】
2007年 07月 【51件】
2007年 06月 【31件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【21件】

アクセスランキング
検索BOX・タグ一覧
カウンター