RSS

企画

ごちうさ

PCゲーム

ゆずソフト

【PCゲーム】 喫茶ステラと死神の蝶④ ~明月栞那編~ 感想

Stellakanna1.jpg

喫茶ステラと死神の蝶④ ~栞那編~

涼音に続き四人目の攻略は栞那。センターヒロインなので最初か最後に置くのが定石ながらここ。最近思うのは五人制ヒロインの四番目は地味に重要な役割なのではないかと。要は一番だれて集中力が切れやすいのでそこにシナリオ要素的にも注目のヒロインを持ってきてみるかという意図もあった。


Stellakanna2.jpg
Stellakanna3.jpg
Stellakanna4.jpg

これは良い読了感の物語!

良いメインシナリオだった。ゆずはシナリオ面ではだいたいどのルートでもあとちょっとかゆいところに手が届かないんだよなーみたいなもどかしさを覚えるものが多くて感想を書いていても何かしら注文をつけたくなってしまうものが多いけど、このルートの読了感は個人的に好きで今までにプレイしたゆず作品の中でも1~2番なのではないかと素直に思えた。


勿論ご都合主義や説明不足に構成の面など気になる部分があったことはあった。例えば栞那が復活して人間に転生する展開は中盤で一気に終えてしまって、そこまでの栞那への想いの貯めも解決の展開の説得力も十分とは言えなかったのでそこをサノバウィッチみたいな構成で最後まで引っ張って掘り下げればもっと良くなったのではと途中の段階では思ったりもした。

栞那は消えた後に主人公の重荷にならないように身体を許せないという思惑があったので別れるまでの期間にその関係性を深めきれない。これがHシーンのない美少女ゲームならデートを含むイベントを重ねたりしてその尺を作れたのだろうけど、このジャンルで本番シーンを省くことはできないしアフターだけに詰め込むというのも好ましくない。と中盤で一気に解決した構成にはジャンルと設定的な泣き所があるように感じられた。

栞那がいなくなってからの時間は演出などを含めて胸を打つ展開だと感じさせられただけにそんな構成面が惜しい、もっと良くできそうな話なのにな、とその段階では少しもどかしくも感じられた。

ただこのルートが強かったのはその解決後にイチャラブをするだけではなくそこからもう一つの重要な流れが組まれている二段構成になっていたこと。そして後半の家族としての幸せを築いていき本当の意味での昂晴や栞那の願いが叶うという展開は作品の題材にも共通ルートから描かれてきたキャラクター達の描写や関係性的にも納得できる形で上手くまとめられていて非常に良いものだった。

昂晴の父親は最初は要るのかななんて思っていたけど語られた過去やどこまでも不器用ながらも確かにそこに愛があったと分かり蟠りが解ける終盤の展開が良く、最後に家族としてみんなで笑いあっている輪の中にいるところは深みを演出した。あとミカドが祖父としてまんざらでもなさそうに一緒にいるところも良かった。


そういった物語の良さは途中までの展開のみを軸にしていく形では出せなかったのでこの二段構成は良かった。まあ人によっては前半後半でどっちつかずだから片方に絞って掘り下げた方がと感じる構成でもあるとは思うけど。前者メインだとサノバ風、後者メインだとクラナド風というイメージかな?

尺が好きなだけ使えるのだったら栞那が消えるまでで一旦区切って後半はトゥルー√という形で新たにタイトルからスタートするようにしてボリュームを増して描くのもよかったかもしれない。しかしそれだとサノバの焼き増し的に思われそうなのでそれを避けるためにこういう構成にしたところもあったのかなと。

なんにしても個人的には途中までうーんちょっともったいないなーと思っていたところから終盤でもう一山作ってジーンとさせてくれたこのルートは気に入っていい話だったなと思えた。あとミユちゃんが反則的に可愛いんだけど( ;゚Д゚)こぶいち氏のロリキャラももっと見てみたい。



Stellakanna5.jpg
Stellakanna6.jpg
Stellakanna7.jpg

栞那さんの安定の色情淫乱娘っぷりw

「自分でもわけのわからないことを口走って、セックスセックスって叫んでしまう始末でして」「それはほんとうにわけがわからんな」とうミカドさんとのやり取りは笑った。SDキャラでコタツの机をバンバン叩くのがあったけどリドルの七海の餃子の時みたいに絵に合わせてバックで効果音がなり続けるところが面白いw


Stellakanna8.jpg

栞那のツッコミw

一晩寝たら回復した(精力が)という主人公に対しての栞那のそんなロールプレイングゲームみたいなことが!?というつっこみ方に笑った。アールピージーじゃなくわざわざそう言っていたところもいいw


Stellakanna9.jpg

タマリマセンワー

よりにもよって車の人のヒロインのルートでこのネタやっていいのかよと(ノ∀`)


Stellakanna10.jpg
Stellakanna11.jpg

……ジー……

ゆずソフト恒例のジト目台詞キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!!

いつもは共通ルートの序盤から出てくるけど今回はなかなか見かけなかった気がして、あったとしても…の数が違うジーであったりでここにきてようやく本場のが来たかという感覚w


Stellakanna12.jpg

孤高の撃墜王ナツメさん

主人公と一緒にいるところを大家さんに見られて彼氏さん?と聞かれたのをいい笑顔で即答で否定するナツメがよかった。大家さんは照れ隠しだろうと勝手に迷惑な解釈をしたようで別れ際にもそれっぽいことを言ってきたけどそれにも全く同じように対応するナツメw


Stellakanna15.jpg
Stellakanna16.jpg

全員揃っての台詞がいい(・∀・)

このルートはこういう演出が多かった気がするけど複数ヒロインの声を合わせた台詞というのも良いもので次々にお気に入りボイスに入れたくなる。あと今作はキャプチャー機能にツイッター投稿がどうこうというボタンがあったので時期的にも是非これを使ってくださいというような意図もあるのかな。


Stellakanna13.jpg
Stellakanna14.jpg

それ、お肉♪お肉♪お肉♪お肉♪お肉♪

うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!

このシーンが最高に楽しかった!仲間たちとの楽しい時間、栞那の心を揺さぶるフラグイベントの一つではあるけど栞那だけじゃなくプレイヤーとしてもこういう空間を見せてもらえるとこのゲームをしていて楽しいという気持ちが沸き上がるもので世界観やキャラクター達との絆により一層惹き込まれる。

今作で強いと思うところは狭い職場が舞台の中心なので比較的ヒロイン同士の距離感も近くこういう仲良しな掛け合いを自然に見せられるところ。前作はスパイや秘密といった個々を分断する要素が強くその面は若干弱さがあったのでよりそれを感じるのかもしれない。

ここはみんなの合わせ台詞もいいけどSD絵も凄く楽しい雰囲気を出していて特に涼音さんや栞那の表情が良い味を出している。このルートはゆずらしいキャラのワンポイントの見せ場が多かった印象もあってお気に入りボイスとキャプチャーも一番多くなったのでそのあたりのバランスも良かったと思う。


Stellakanna20.jpg


ということで楽しめた点が多かった栞那ルートだった。内容を見ると攻略順としては最初よりは最後推奨かな。個人的には四番目になったけど、物語のピークはこことして一旦満足して残りはヒロイン100%で楽しんでいくというスタンスを取れるのでこれもけっこういい舵取りたったんじゃないかと。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内人気ページ

プロフィール


Author:ムメイサ

カテゴリー

アーカイブ

2020年 02月 【1件】
2020年 01月 【6件】
2019年 12月 【8件】
2019年 11月 【2件】
2019年 09月 【3件】
2019年 08月 【4件】
2019年 07月 【4件】
2019年 06月 【4件】
2019年 05月 【8件】
2019年 04月 【7件】
2019年 03月 【15件】
2019年 02月 【23件】
2019年 01月 【23件】
2018年 12月 【8件】
2018年 11月 【7件】
2018年 10月 【11件】
2018年 09月 【6件】
2018年 05月 【5件】
2018年 04月 【13件】
2018年 03月 【16件】
2018年 02月 【30件】
2018年 01月 【33件】
2017年 12月 【11件】
2017年 11月 【4件】
2017年 10月 【10件】
2017年 09月 【8件】
2017年 08月 【8件】
2017年 07月 【8件】
2017年 06月 【8件】
2017年 05月 【16件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【37件】
2017年 02月 【13件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【15件】
2016年 11月 【7件】
2016年 10月 【13件】
2016年 09月 【14件】
2016年 08月 【14件】
2016年 07月 【12件】
2016年 06月 【14件】
2016年 05月 【9件】
2016年 04月 【13件】
2016年 03月 【15件】
2016年 02月 【10件】
2016年 01月 【7件】
2015年 12月 【27件】
2015年 11月 【16件】
2015年 10月 【26件】
2015年 09月 【34件】
2015年 08月 【17件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【32件】
2015年 05月 【26件】
2015年 04月 【27件】
2015年 03月 【20件】
2015年 02月 【18件】
2015年 01月 【33件】
2014年 12月 【35件】
2014年 11月 【38件】
2014年 10月 【26件】
2014年 09月 【26件】
2014年 08月 【14件】
2014年 07月 【22件】
2014年 06月 【20件】
2014年 05月 【17件】
2014年 04月 【14件】
2014年 03月 【37件】
2014年 02月 【32件】
2014年 01月 【34件】
2013年 12月 【26件】
2013年 11月 【29件】
2013年 10月 【29件】
2013年 09月 【23件】
2013年 08月 【17件】
2013年 07月 【27件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【25件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【27件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【37件】
2012年 12月 【26件】
2012年 11月 【27件】
2012年 10月 【34件】
2012年 09月 【28件】
2012年 08月 【26件】
2012年 07月 【39件】
2012年 06月 【35件】
2012年 05月 【30件】
2012年 04月 【43件】
2012年 03月 【36件】
2012年 02月 【36件】
2012年 01月 【20件】
2011年 12月 【34件】
2011年 11月 【25件】
2011年 10月 【72件】
2011年 09月 【42件】
2011年 08月 【52件】
2011年 07月 【51件】
2011年 06月 【45件】
2011年 05月 【49件】
2011年 04月 【59件】
2011年 03月 【36件】
2011年 02月 【47件】
2011年 01月 【49件】
2010年 12月 【43件】
2010年 11月 【43件】
2010年 10月 【43件】
2010年 09月 【42件】
2010年 08月 【41件】
2010年 07月 【40件】
2010年 06月 【41件】
2010年 05月 【38件】
2010年 04月 【41件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【45件】
2010年 01月 【49件】
2009年 12月 【42件】
2009年 11月 【36件】
2009年 10月 【35件】
2009年 09月 【57件】
2009年 08月 【47件】
2009年 07月 【46件】
2009年 06月 【58件】
2009年 05月 【63件】
2009年 04月 【52件】
2009年 03月 【52件】
2009年 02月 【39件】
2009年 01月 【51件】
2008年 12月 【61件】
2008年 11月 【61件】
2008年 10月 【68件】
2008年 09月 【69件】
2008年 08月 【59件】
2008年 07月 【63件】
2008年 06月 【50件】
2008年 05月 【49件】
2008年 04月 【47件】
2008年 03月 【59件】
2008年 02月 【68件】
2008年 01月 【64件】
2007年 12月 【62件】
2007年 11月 【71件】
2007年 10月 【63件】
2007年 09月 【59件】
2007年 08月 【52件】
2007年 07月 【51件】
2007年 06月 【31件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【21件】

検索BOX・タグ一覧