RSS

企画

ごちうさ

PCゲーム

ゆずソフト

今期アニメ十話一言感想

2020haru10.jpg

2020春アニメ十話一言感想

(球詠・八男・新サクラ・乙女ゲームの破滅フラグ・継つぐもも・プリコネRe:・邪神ちゃん´)



・球詠

2020haru102.jpg

梁幽館戦開始!

試合の描写が面白い。けっこう早い段階でも書いていたけどこのアニメは野球のゲーム部分を意外としっかりと描くので一球ごとの心理的な駆け引きや流れの描写が楽しめるのが強みになっている。今週はタマちゃんの好守における各場面の思考であったり梁幽館の一番が凡退した後にnextバッターに球種を伝える場面など地味に良くできていてそういうのも見所になっているなと。

今回は劇中サウンドにブラバンを入れていたのも印象的だった。一回戦では入れなくてシード校の相手側の応援でだけ流れているのはリアリティがある。四番の強打者にトリトンというと梁幽館よりも咲桜高校モデルであろう学校のイメージだけど流石に作者はサウンドまではリクエストしていないだろうな。


打者タマちゃんの活躍!打撃はそこまで得意ではないとは言っても流石の全国経験者。希ちゃんは岡田先輩を抑えて明らかなチームNo,1バッターの風格だったのか。しかしあの9割方ヒット性というライナーから3塁ランナーはともかく1塁ランナーはよく戻ってダブルプレーを防いだな。作画の制約とかがなければあの場面はライナーを取った野手が転がる演出などを入れた方が現実味があったように思う。

梁幽館の化け物一番バッター。打率もさることながら初見の2シームを逆方向のポール際まで飛ばすとは。敬遠した4番のバッターはもっとやばそうだし優勝候補の戦力恐るべし。

オラわくわくしてきたぞ、な詠深の精神力。緊張も見えるチームの中で一人だけ常に楽しそうに試合しているこのメンタルとあの球は既に全国クラス。タマちゃん~~、詠深の天然力に押されて赤面して突っぱねる安定のタマちゃんがよかった(・∀・)


2020haru101.jpg

「私は親の都合でこっちに来ただけやもん…それに博多区やないし東区やし……」

ヤジに丸め込まれてやもん…になる希ちゃんが可愛かった(^ω^)
博多区じゃなく東区、というのはこっちの人間からするとよく分からない話だけど向こうの人からすると強いこだわりがあるのだろうな。博多とんこつラーメンズの馬場さんとかだったら長々語りだしそうw

序盤戦は戦力の差を考えれば出来すぎなくらいの拮抗した展開。これはいけるか!?となるのも束の間、ここから…というのが王道パターンで次回以降は厳しい展開になりそう。



・八男って、それはないでしょう!

杉田…。長兄杉田さんがダメすぎて領主が変わらざるをえない状況なのは分かるけど、なまじあの妻や息子たちを描写しただけにその未来を思うといろいろ複雑ですな。



・新サクラ大戦

カミンスキーさんの宣戦布告。いきなり全世界に向けてやってしまったけどあの戦力(空中要塞一隻)と要求内容を考えたら全世界に連合軍を組まれて数の力で潰されそうな気がするんだけど(;^ω^) とりあえず構図としてはGガンのウルベ石川とデビルガンダムと同じような感じになってきたw

わたしたち正義のために戦います。 たとえそれが命をかける戦いであっても、わたしたちは一歩も引きません。それが帝国華激団なのです!とサクラが決死の覚悟で新機体に乗り込む展開が熱い。初代の世界は知らないけどすみれ様の回想的にあれは前主人公真宮寺さくらの機体ということなのかな。

いよいよ物語もクライマックス。果たしてサクラたちの運命は。



・乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…

2020haru103.jpg

マリアちゃん…。消息を絶って三日も経つけど薬で眠らされた後どこでどのような状態にされているのかが気になって仕方がない。視聴者にとって無事でいてくれという光の想いと、おい黒幕分かってんだろうな?という闇の想いが絶妙なバランスで交錯しそうな強制睡眠シーンだった(ノ∀`)

黒幕は会長だった!…これはまぁ普通に誰でも予想がついたことではあるけどまさか原作ゲームにそこまで危険なルートが存在したとは。普通の恋愛乙女ゲームだと思って買ったファンはショックを受ける内容なんじゃないかw やったことないけどマブラブも最初はそんな感じだったのかな?

会長は自分が救われない不幸な人間だと思っているからカタリナに救われた仲間たちを見るのが耐えられないという感じなのだろうか。原作ではマリアが救うのだろうけど、耐闇属性のないカタリナではより苦労も大きそう。ということで物語は一気にクライマックスへ。



・継つぐもも

2020haru105.jpg

安定のすなおちゃん劇場!

物語がクライマックスに差し掛かろうともこのサービス量は流石。表面上はツンツンしているすなおちゃんだけど内面ではずっとカズヤの再訪を待っていたり新しい学園生活に胸を躍らせていたというところがかわいかった。しかし助っ人の戦力としてはすなおちゃんよりもあの母親に来てもらった方が(ry



・邪神ちゃんドロップキック’

2020haru106.jpg

いい最終回だった!

こういうそれぞれのキャラクターがいつもと変わらぬ持ち味を出しながらこれからもこんな日常が続いていくという終わり方は、続編も意識できるし仮にこれでアニメの展開が終わりだとしてもこれからもこの世界はずっとこんな感じで続いているのだろうという余韻を残し続けるので日常やギャグ系作品の終わらせ方としては好きなもの。

邪神ちゃんアニメは二期も安定感があり地味に毎週楽しませてくれた。ネタも作風も一時代ズレているイメージがあるというか撲殺天使ドクロちゃんくらいの時代にやってそうな作品という感覚もありそれくらいの時代のファンを惹きつける雰囲気もあったかもしれない。

二期はメデューサが提供画面以外では出番的に地味だった印象があるものの、ぽぽろんちゃんや管理人さんやキョンシー娘など新キャラ達が賑わせたしゆりねの美少女成分も更にパワーアップしていてよかった。ゆりねや邪神ちゃんの声優さんは他作品ではまずしない演技であろうのでそういう面でも貴重な機会。



・プリンセスコネクト!Re:Dive

ミヤコが悪霊すぎるw
害のない幽霊みたいに言われていたけどマスターへの行いと美食殿でのやりたい放題を見たらとてもそうとはw ペコリーヌの極上プリンで昇天しかけていたところで虫を見て吐き出したところに笑った(ノ∀`)

最後は唐突に主人公死亡!?ギャグアニメじゃなかったら危なかった。終盤に来ても相変わらずのプリコネだけど今回はペコリーヌの素性に迫るような描写も多く地味に重要な部分もあったかも。
関連記事

コメント

No title

>初代の世界は知らないけどすみれ様の回想的にあれは前主人公真宮寺さくらの機体ということなのかな

原作ゲームによれば、あの機体は消費霊力が大きすぎて「真宮寺さくらでさえ、完全には使いこなせなかった機体」です
すみれさんが「追い続けた夢を今こそ超える時」として与えたモノです
(天宮さくらは幼い頃に自分の命を救った真宮寺さくらに憧れて帝国華劇団に入りました)

ちなみに余談ですが旧サクラ大戦のアニメには真宮寺さくらが主人公のTV版と各キャラの外伝的な内容のOVAシリーズ、原作の公式な即変の劇場版があります
OVAシリーズと劇場版は原作準拠の設定ですが、TV版は原作一作目を元にしつつも、設定や展開の細部が大きく異なる内容でした
(そもそも原作ゲームの主人公は隊長の大神一郎でしたしね)
おかげでTV版サクラ大戦は原作ファンからの賛否両論が(否寄りで)激しいです

>やったことないけどマブラブも最初はそんな感じだったのかな?

告知でも普通の学生恋愛ゲームで実際に前半の内容はそうなんですが、一定数のヒロインを攻略するとプレイできる後半はいきなり平行世界でロボットで怪物と戦う恋愛ゲームでした
ただまあ、一作目ではそこまで鬱グロが多くなかったので、本当の意味で話題になったのは次回作に持ち越された謎の数々の方でしたね
そもそも何でいきなり平行世界に飛んだのかさえ謎のままでしたし

なお完結編のマブラヴ オルタネイティヴは進撃の巨人の作者が「元ネタにしました」と告白したシロモノです
ヒロインたちが、頭から食われたり、生首になったり、レ○プされたりと、全く容赦が無い内容です
その一方で硬派な展開と丁寧に回収された伏線の数々で今でも評価が高いです

なお同制作会社の作品である君が望む永遠と世界観が繋がっており、君が望む永遠のヒロインたちがゲスト出演してます

>いい最終回だった!

まあ、全12話なんで、あと2回やるんですけどねw

ちなみにアマプラでは独占配信で一足先に全12話が配信されてます

通りすがりの幻想殺しさん

>「真宮寺さくらでさえ、完全には使いこなせなかった機体」

おお、そんな設定が。後付けといえば後付けなのでしょうが、かつて御位入りになっていた秘密兵器が時代を超えて登場するというのも続編ならではの面白さですね。

>おかげでTV版サクラ大戦は原作ファンからの賛否両論が(否寄りで)激しいです

どんな作品でも絶対に原作ファンからの賛否は分かれるものではありますが、そういうケースだとなおさらでしょうね。まぁアニメは基本的にアニメ初見者の層を掴まえられればそれが理想なのではないかと思います、それならば後から原作をやってくれるケースもあるでしょうし。


>一定数のヒロインを攻略するとプレイできる後半はいきなり平行世界でロボットで怪物と戦う恋愛ゲームでした

ここの部分は告知がなかったとするとプレイヤーはけっこうな混乱だったでしょうなあ。いやでも君望もけっこうハードなゲームだったと聞いたことがあるので同じメーカーと世界観ならむしろ予想通りでもあったのでしょうか。

>まあ、全12話なんで、あと2回やるんですけどねw

あれ、12話だったのですか。角川によくある10話構成なのかと思っていました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール


Author:ムメイサ

カテゴリー

アーカイブ

2020年 07月 【1件】
2020年 06月 【6件】
2020年 05月 【6件】
2020年 04月 【6件】
2020年 02月 【1件】
2020年 01月 【6件】
2019年 12月 【8件】
2019年 11月 【2件】
2019年 09月 【3件】
2019年 08月 【4件】
2019年 07月 【4件】
2019年 06月 【4件】
2019年 05月 【8件】
2019年 04月 【7件】
2019年 03月 【15件】
2019年 02月 【23件】
2019年 01月 【23件】
2018年 12月 【8件】
2018年 11月 【7件】
2018年 10月 【11件】
2018年 09月 【6件】
2018年 05月 【5件】
2018年 04月 【13件】
2018年 03月 【16件】
2018年 02月 【30件】
2018年 01月 【33件】
2017年 12月 【11件】
2017年 11月 【4件】
2017年 10月 【10件】
2017年 09月 【8件】
2017年 08月 【8件】
2017年 07月 【8件】
2017年 06月 【8件】
2017年 05月 【16件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【37件】
2017年 02月 【13件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【15件】
2016年 11月 【7件】
2016年 10月 【13件】
2016年 09月 【14件】
2016年 08月 【14件】
2016年 07月 【12件】
2016年 06月 【14件】
2016年 05月 【9件】
2016年 04月 【13件】
2016年 03月 【15件】
2016年 02月 【10件】
2016年 01月 【7件】
2015年 12月 【27件】
2015年 11月 【16件】
2015年 10月 【26件】
2015年 09月 【34件】
2015年 08月 【17件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【32件】
2015年 05月 【26件】
2015年 04月 【27件】
2015年 03月 【20件】
2015年 02月 【18件】
2015年 01月 【33件】
2014年 12月 【35件】
2014年 11月 【38件】
2014年 10月 【26件】
2014年 09月 【26件】
2014年 08月 【14件】
2014年 07月 【22件】
2014年 06月 【20件】
2014年 05月 【17件】
2014年 04月 【14件】
2014年 03月 【37件】
2014年 02月 【32件】
2014年 01月 【34件】
2013年 12月 【26件】
2013年 11月 【29件】
2013年 10月 【29件】
2013年 09月 【23件】
2013年 08月 【17件】
2013年 07月 【27件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【25件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【27件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【37件】
2012年 12月 【26件】
2012年 11月 【27件】
2012年 10月 【34件】
2012年 09月 【28件】
2012年 08月 【26件】
2012年 07月 【39件】
2012年 06月 【35件】
2012年 05月 【30件】
2012年 04月 【43件】
2012年 03月 【36件】
2012年 02月 【36件】
2012年 01月 【20件】
2011年 12月 【34件】
2011年 11月 【25件】
2011年 10月 【72件】
2011年 09月 【42件】
2011年 08月 【52件】
2011年 07月 【51件】
2011年 06月 【45件】
2011年 05月 【49件】
2011年 04月 【59件】
2011年 03月 【36件】
2011年 02月 【47件】
2011年 01月 【49件】
2010年 12月 【43件】
2010年 11月 【43件】
2010年 10月 【43件】
2010年 09月 【42件】
2010年 08月 【41件】
2010年 07月 【40件】
2010年 06月 【41件】
2010年 05月 【38件】
2010年 04月 【41件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【45件】
2010年 01月 【49件】
2009年 12月 【42件】
2009年 11月 【36件】
2009年 10月 【35件】
2009年 09月 【57件】
2009年 08月 【47件】
2009年 07月 【46件】
2009年 06月 【58件】
2009年 05月 【63件】
2009年 04月 【52件】
2009年 03月 【52件】
2009年 02月 【39件】
2009年 01月 【51件】
2008年 12月 【61件】
2008年 11月 【61件】
2008年 10月 【68件】
2008年 09月 【69件】
2008年 08月 【59件】
2008年 07月 【63件】
2008年 06月 【50件】
2008年 05月 【49件】
2008年 04月 【47件】
2008年 03月 【59件】
2008年 02月 【68件】
2008年 01月 【64件】
2007年 12月 【62件】
2007年 11月 【71件】
2007年 10月 【63件】
2007年 09月 【59件】
2007年 08月 【52件】
2007年 07月 【51件】
2007年 06月 【31件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【21件】

検索BOX・タグ一覧