RSS

企画

ごちうさ

PCゲーム

ゆずソフト

純情ロマンチカ 第12話 「袖すりあうも他生の縁」 (最終回)

アッー12-1
最終回ということでシリアスな展開になると予想していたけどアバンの入り方は、いつもどおり美咲がウサギさんのせいで心労しているというコミカルな描写から。いつもこんな入り方するけど、このシーンから何が起こったのかは全く予想もつかなかったな(笑)


アッー12-2
そういえば寝台列車で逃避行する前に孝浩が美咲を引き取ると言ってた問題があったか。ウサギさんが言ってることは確かに半分以上は事実だけど部分的に自分に都合のいいように歪曲してて笑った、いちいちキラキラ演出までついてるしw

そんなウサギさんの作り話を簡単に信じて感動までしてるあたり孝浩は流石は天然ってとこかな、ある意味この鈍感さがウサギさんとヒロさんを傷つけて来た事もあったんだろうけど。

アッー12-3
そしてなぜか突然のキスキタアッー
なぜこのタイミングでキスしたか分からん、したかったからとしか理解のしようがないなw

久々に登場のガチホモ先輩、この話の先輩の言動を見てると異常にウサギさんに固執してるし、美咲を狙ってると言うよりもウサギさんが真の狙いなんじゃないかと思えてきた。
どっちにしてもガチホモということには変わりなさそうだけどw

アッー12-6
ウサギさんの欲しがるものを想像する美咲、『美咲(おまえ)』
確かにこのセリフが思い浮かぶよな、ウサギさんはいつも表現が直球だしねw

美咲「お風呂にする?ご飯にする?それとも・・・俺?」
これは恥ずかしいw 美咲が自分自身に鳥肌が立って卒倒するのも分かるな。

アッー12-4

アッー!!!

今週はいよいよ美咲が"恋人"と自分から宣言しウサギさんを押し倒しリードしようと積極的な行動に出たけど、結局それを見てそそられたウサギさんにいいようにされてしまったというw

美咲「その後バカウサギは二人には狭すぎるシングルベッドの上で俺を一晩中ムチャクチャにしたんだ」(背景声:「アッー!」)

放送されなかったけど、扉の向こうでは相当なアッーが繰り広げられたことでしょう(笑)
おそらく原作とかDVDでは凄いことになってるんだろうなw

アッー12-5
ウサギさんのために勉強した美咲だけど結局墓穴を掘ってしまった形になり、美咲の苦労はこれからも続く、しかしそれこそが二人にとっての幸せの形とも言えるでしょう。

Cパートはプレイ調教を始めたウサギさんに美咲が口をきいてくれなくなって、
ウサギ「同居人がここ一週間一言も口をきいてくれないんだ、なんでだろう?」
ヒロ「100%お前のせいに決っている」 とヒロさんが一喝。

まさかここにヒロさんを持ってくるとは、最後の締めのコメディーまで笑わせてもらったw
このアニメは何気にCパートのコメディー締めも毎週面白かったな。


<総評>
始めは同じ時間枠に見るアニメが無かったからという理由でなんとなく見ていただけでしたが、途中からはしらぬ間に普通に毎週楽しみにして見ていたという(笑)

このアニメはアッーだけという印象も強いかもしれませんが見てみるとストーリーが面白くて、恋愛の心理描写や演出も良かったと思います、まぁ全て男同士なんですがw

それから最終話でも多く見られたようなコメディー部分もテンポが良くて面白かったです。
特にCパートコメディーによる一話のオチは見てスッキリするような内容だったと思います。

組のシャッフルも効果的で、次々に移り変わる登場人物達がみんなホモなので自然にこのアニメの特殊な世界観に慣れていくという、言うなればスト・パニの逆のような感じですね。

私の感想で毎週書いていたアッーの文字が序々に小さくなっていったのは慣れというよりも、規制のためか序盤をピークにそういう描写が弱くなっていったからだと思います。
それでも大学の図書館列車でやっちゃってるんですけどねw

組ではウサギさんと美咲キュンのロマンチカ組が一番良かったかな、他の組に比べても行動が奇抜で面白かったです。ちなみに感想を書く上では愛称を持つキャラがいると文章に和みがでる気がするので、ウサギさんという愛称は書いていて気に入ってましたw

ストーリーでは11話の教授の心の葛藤が好きでした。エゴイスト組の最終話も教授が絡んできて面白かったので、他の組同士のキャラの絡みがもっと見たかったですね。

純情ロマンチカ 限定版1
OP「君=花」 ED「ベイビーロマンチカ」
毎週OPは曲の入りを聞くだけで「今週もロマンチカが始まった」と実感してました(笑)
個人的にはEDの方が好きで、サビ背景で流れるその話の総集ドラマ演出が良かったです。

主な声優
高橋美咲:櫻井孝宏 宇佐見秋彦:花田光 上條弘樹:伊藤健太郎
草間野分:神奈延年 宮城庸:井上和彦 高槻忍:岸尾だいすけ
高橋孝浩:谷山紀章 角圭一:千葉一伸 井坂龍一郎:森川智之

櫻井さんの演技が受けシーンの声など想像以上の熱演で一番印象に残りましたw
ウサギさん役の花田さんは渋くて良かったです。
伊藤さんも演技でヒロさんの不器用なイメージが出せていたと思います。

ホモ教授役の井上さんも中年キャラの味をよく出した演技だったと思います。
岸尾さんはアニメロのCMやヴァンパイア騎士を見ると女性向け作品出演が多いのか。


個人的なこのアニメの評価 

物語は面白いし突っ込みどころも多くて見ていて全く飽きないアニメでした、感想も書いていて楽しかったです。ちなみに私がそっちの道に目覚めたかと言うとNOですが(笑)


<オマケ>

『劇中に出てきたホモキャラのまとめ』

純情ロマンチカといえば登場人物の男ほぼ全てがホモということに定評があるので、それを適当にまとめて加えて簡単なキャラ感想も。


<ロマンチカ組>
アッー番外編1
①高橋美咲:本作(ロマンチカ組)の主人公。ウサギさんからの受けに定評があり一話からアッーんなことをされてしまう。思い返すとネクタイを直すだけでもアッーな展開になっていた一話って・・・やっぱり序盤の方がいろいろな意味で過激なアニメだったみたいですなw

②宇佐見秋彦大天帝(ウサギさん):基本的に不器用だけど、いざギアが入ると「家に帰ったらお前抱くから」とか「じゃあもっと恥ずかしくしてやるよ」など直球的な表現が目立つ。
けっこう大男でパワフルキャラのわりに愛称がウサギさんというギャップがいいw


<エゴイスト組>
アッー番外編2
③上條弘樹:幼い頃にウサギさんに初恋をしてからずっと片思いだった、ウサギさんの失恋のショックの間に目隠しプレイをするが相手の心に漬け込んだことにより逆に自分に幻滅。
某動画で見た時はエゴイスト組が圧倒的人気だったけど原作もそうなのかな?
ヒロさんはツンデレの男版みたいな感じで、女性にもツンデレ人気の時代なのかも。

④草間野分:泣いていたヒロさんを見て一目惚れしたと迫ってくる男。登場当初は知らない男に対していきなり一目惚れしたと告白して迫るとか、ある意味凄いキャラだという印象w
そもそも野分はどういう経緯でホモになったんだろう?きっかけはヒロさんなのかそれとも。


<テロリスト組>
アッー番外編3
⑤宮城庸(教授):「自分にその気は無い」といいつつもヒロさんにキスを迫ったホモw
この人はコミカルな描写が多くて面白かった、それと11話の心の描写が良かった。

⑥高槻忍「運命なんだ」「責任を取って欲しい」「あんたは俺を好きになれると思う!」
キャラの紹介も無いままいきなりアバンから教授に愛の告白というぶっ飛んだ電波キャラw
と思いきや11話を見ると実際の精神上は意外に純情なキャラかなと見受けられる。
テロリスト組というのは最初は本当にテロリストなのかと思ってたけどそういうことか。


<その他(疑惑のあるキャラは推定)>
アッー番外編4
⑦井坂さん(左上キャプ右の人物):出てきた瞬間にガチホモと分かったけど、案の定いきなりウサギさんに対して「いつまでも意地張ってないで俺のもんになれよ」と迫ってて笑ったw

⑧朝比奈(井坂の隣の人物):まったく証拠はないけど名前がある男キャラだし、井坂に惚れこんでいるガチホモと推測する。

⑨・⑩忍を襲った不良二人組(上段中央):3~4人ならともかく男の二人組。純情ロマンチカ的に考えればそれだけでも十分ホモキャラの可能性があるw

⑪学部長(上段右):妻子ある身とはいえホモの聖地たるあの大学の学部長ということは軽視できない存在だ。なんせ教授・助教授・学生(先輩、後輩とも)・来年受験予定の学生・助教授の訪問者2名全てがホモという恐ろしい大学だしw

⑫角先輩(下段左):この人も出てきた瞬間に予想がついたなw 美咲を自分の家に誘って一緒の布団で寝ようと誘うとか笑った。しかし真の狙いはウサギさんという可能性も。

⑬執事の田中さん(下段中央):この人はなんとなく違う気もするけどキャプが残っていたのでとりあえず疑惑ありとする、男はホモと疑っといて損は無いアニメ(ぇ

⑭カーターさん(下段右):キャプの人物が名前だけ語っていた人物。"野分に是非とも会いたい"と熱望しているというし、個人的にかなり高確率じゃないかと思ってる。

⑮イギリスのお兄さん
名前とイメージすらないキャラがホモだとかどれだけ徹底してるんだかこのアニメはw
関連記事

コメント

おつかれさまでした!

おはようございます。

>美咲を狙ってると言うよりもウサギさんが真の狙いなんじゃないかと
私もそうだと思いました。気に食わなくても全部本読んでるってあたりでもう間違いないですよね。

>おそらく原作とかDVDでは凄いことになってるんだろうなw
これは原作読まないといけないですね。途中までは読んだんですが……。
DVDは楽しみすぎます!

>このアニメは何気にCパートのコメディー締めも毎週面白かったな。
そうですね、最初から最後まで楽しめるアニメだったように思います。

ロマンチカの評価高いですね、私もそうですけど。
>物語は面白いし突っ込みどころも多くて見ていて全く飽きないアニメでした
もう本当その通りだと……!
キャラも皆魅力的でしたね。
男性の方にこんな高評価をもらえて、きっとスタッフさんも喜んでいる事でしょう……。

ではでは、お疲れ様でした!
2期でもよろしくお願いしますねw

毎回コメントありがとうございました

isamuさんおはようございます

>気に食わなくても全部本読んでるってあたりでもう間違いないですよね。
加えて美咲には消極的ですしね、おそらく間違いないと思います。

>これは原作読まないといけないですね。途中までは読んだんですが……。
エロシーンについては自分はこのくらいでいいんですが、不満の方も多いようですのでその場合は原作とDVDで補完ということですねw

>そうですね、最初から最後まで楽しめるアニメだったように思います。
1クールとはいえ少しも飽きないように作るのは難しいことですよね。

>ロマンチカの評価高いですね、私もそうですけど。
ジャンルは不慣れですが面白かったので問題なく高評価ですね^^

>ではでは、お疲れ様でした!
2期でもよろしくお願いしますねw
isamuさんもお疲れ様でした。2期は噂ではありそうですがあるんですかね?
その時はきっとカーターさんが出てきてくれると信じておりますよ。

ちょwwホモ疑惑の人多すぎwwwww
目の付けどころが違いますねwww

KAZAさん
>ちょwwホモ疑惑の人多すぎwwwww
教授は疑いを晴らしたらあんなことになったわけで、疑ってなんぼの世界ですねw

>目の付けどころが違いますねwww
これが良いとはいえませんが、見方次第でいくらでも楽しみ方がありますよw

おつかれさまです

毎週楽しく読ませていただきました。

放送前は、BLという(一応)日陰の存在が
TVアニメという表舞台に立たされる事に一抹の不安もあったのですが
予想以上に上手く作ってくれたな、と原作ファンとしては嬉しく思います。

ムメイサさんのようなBLに馴染みの無い方の感想も
生粋のBL好きとはまた視点が違って新鮮でした。
というかムメイサさんはカーターさんが好きすぎだと思いますw

色々とフラグも立ってるので2期はきっとあるでしょうね。
というかロマンチカ組はある意味、ここからが本当のスタートなので
無いと不完全燃焼にも程があるというかw
2期の放送が決まった際には、また感想書いてもらえると嬉しいです。
カーターさんだけでなく、今回初めて名前が出てきた
新たなホモにも是非期待してくださいw

再びコメント失礼します。⑪の学部長について

「来年受験予定の学生」

それ実の息子なあたりもう救いようがないですね。
それにしても恐ろしい大学だ・・・。

初めまして

こんにちは、いつも楽しく感想を読んでいる者です。
ムメイサ様の感想は読みやすくて分かりやすくて、とても伝わってきましたv

BLアニメということで、私も最初は不安に思ったりもしましたが良かったと思います。
二期があるといいですね、期待です。

それから最後、キャラの考察に笑わせて頂きましたw

それでは短文ですが失礼します、これからも運営頑張って下さい。

いつも拝見してます><

こんにちわ
ロマンチカもとうとう最終回ですね

なんとか私も某動画サイトで見る事ができましたが、ラストがロマ組で本当によかったです

ラストなだけに予想以上のアッー!を期待してたけどその辺がカットされてたのは残念で仕方なかったorz

それにラストのキャラ考察は私が思ってたより濃くてワロタw
ロマンチカの情熱度は貴方がNo1!だ


そして10月から始まる?という2期もムメイサさんの感想期待してますね~

ではでは

金令木さんありがとうございます

>放送前は、BLという(一応)日陰の存在が~嬉しく思います。
そうですね、アニメは本当に面白く作ってくれたと思いますよ。しかし日陰の存在はあくまでも日陰でいいかもしれませんよ、というのは"ひぐらし"シリーズは名前などご存知かと思いますが、あれは日の目を浴びすぎたせいで物語の本質を理解されないで誤解されていることが多いですからね。しかしTVという表舞台に立ったからこそ新たなファンも生まれたことも間違いありませんが、私とかw

>生粋のBL好きとはまた視点が違って新鮮でした。
そこを認めてくださると一番嬉しいですね。正直初めてのジャンルの感想なので受け入れてもらえるかが若干心配でしたが、皆さんは毎回暖かく迎えてくださったようで感謝してます。私のほうとしても他サイトさんの生粋のBL好きの視点の違いも楽しませていただきました。

>というかムメイサさんはカーターさんが好きすぎだと思いますw
すいません、なんか名前の響きが妙に印象的で(ぇ

>今回初めて名前が出てきた 新たなホモにも是非期待してくださいw
春彦さんもやはりホモ!?というとは夏彦、冬彦といてその方達も(ゴクリ

KAZAさん

>それ実の息子なあたりもう救いようがないですね。
それにしても恐ろしい大学だ・・・。

しかもホモ教授と学部長は義理の親子ですからね(離婚しても親族関係が相続していた場合)、もしそうだとしたら息子同士がアッーな関係でそこに新たに混ざろうと(ry

とにかく"恐ろしい大学"ということは間違いない事実です!

月人さんはじめまして

>ムメイサ様の感想は読みやすくて分かりやすくて、とても伝わってきましたv
文章力がないので伝わっているか不安でしたが、それを聞くと嬉しいです。

>BLアニメということで、私も最初は不安に思ったりもしましたが良かったと思います。
でしたね。個人的に意外とBL初心者でも見れるアニメだったんじゃないかと思いますが、この発想は既に初心者の領域じゃないのかな(汗)

>それから最後、キャラの考察に笑わせて頂きましたw
かなり無理やりですけどね、しかしかなり当たっている可能性もあります。
なぜならこのアニメは「純情ロマンチカ」なのだから!

ホモキャラまとめw

こんにちはー!毎週楽しみにしていたアーッなアニメが終わってしまってとても寂しいですね。

「ホモキャラまとめ」には驚き&尊敬の眼差しです!凄いー!!
特に疑惑推定キャラには大いに笑わせていただきました~まさかカーターさんというチョイキャラまで名を並べているとは(笑)
15番のイギリスのお兄さん、できたら画があったらもっと盛り上がれましたね~ウサギさんをホモ街道に誘ったキャラ、ぜひ見たかったです^^

ではでは~毎週お世話になりました!来期もどうぞよろしくお願いいたします。

ユナさん、黒字部分はツッコムところですか><

>なんとか私も某動画サイトで見る事ができましたが、ラストがロマ組で本当によかったです
やはりロマンチカといえばウサギさんと美咲キュンですよねw PC大変だったみたいですね、なんにしても必需品なので早めに新たなネット環境が整うことを祈っておりますよ。

>ラストなだけに予想以上のアッー!を期待してたけどその辺がカットされてたのは残念で仕方なかったorz
たしかに。最後は大々的なフォントサイズでのアッーを書けることを期待してましたが叶いませんでした。美咲が責め役というのがポイントだったと思いますが、最終回なのでもっと派手にいってもらえればw

>それにラストのキャラ考察は私が思ってたより濃くてワロタw
ロマンチカの情熱度は貴方がNo1!だ
そんな変な称号を与えられても困るw

>そして10月から始まる?という2期もムメイサさんの感想期待してますね~
一応暫くは続く予定ですのでこれからもお暇があれば気軽によってくださいね。

フル☆マルコさんこちらこそ今期はお世話になりました

>毎週楽しみにしていたアーッなアニメが終わってしまってとても寂しいですね。
本当に毎週楽しみでした。しかし終わって寂しいと思えることはある意味いいことですね。

>まさかカーターさんというチョイキャラまで名を並べているとは(笑)
いやいや、それを言ったらイギリスのお兄さんは名前すら無いチョイ役ですよ(笑)

>ウサギさんをホモ街道に誘ったキャラ、ぜひ見たかったです^^
もしかしたら第二期では出てくるかもしれません、期待と不安を持って見守りますw

>ではでは~毎週お世話になりました!来期もどうぞよろしくお願いいたします。
こちらこそお世話になりました。来期はまた木曜深夜のBLあたりを中心にお世話になるかもしれませんがその際はよろしくお願いします~

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

アニメ「純情ロマンチカ」 第12(最終)話 袖すり合うも他生の縁

仮にも恋人とか言うんだったら、お互い色んな事知っててもいいと思う。 いよいよ最終回!寂しすぎるぜ、「純情ロマンチカ」第12話のあらす...

純情ロマンチカ 12話 袖すり合うも多少の縁

何かかなり微妙な最終回だ・・・。

純情ロマンチカ 12話『袖すりあうも他生の縁』

テロリストの介入(笑)で、ロマ組の話がどこまで進んでいたのか一瞬 忘れてました。美咲を孝浩が引き取るかどうか騒動でしたね。

純情ロマンチカ 第12話

第12話『袖すり合うも他生の縁』

純情ロマンチカ #12 [最終回] 「袖すりあうも他生の縁」

「まずはおフロにする?ゴハンにする?それとも、オレ?」 忍ちんもヒロさんも可愛いと思いましたが 美咲もすこぶる可愛いなおい゜*。(*´Д`...

純情ロマンチカ #12 「袖すりあうも他生の縁」

美咲。墓穴を掘るの巻 今回は美咲たん視点で。しかも一部、都合のいい解釈で・・・。

純情ロマンチカ 第12話「袖すり合うも他生の縁」

純情ロマンチカの最終話を見ました。第12話 袖すり合うも他生の縁秋彦の脚色で、美咲は兄の為に、もっと早く一人前になりたい、と泣いてすがったことにされ、弟の気持ちに心打たれた孝浩は、美咲を秋彦に預けたままにする事にするのだった。そんな中、秋彦が菊川賞を受賞...

純情ロマンチカ 【12】

___お風呂にする?ごはんにする?                                                    それとも…俺?                             ハイッ!!(゚Д゚)ゞ もちろん3つ目のヤツ...

純情ロマンチカ 第12話「袖すり合うも他生の縁」

いよいよ「純情ロマンチカ」も最終回。今まで本当純情をありがとう!!だった12回の放送。本当色んな意味でドキドキさせて楽しませてくれました!!まずはBLというジャンルで初めてこうしてTVシリーズ化してくれたこと、その勇気をたたえなきゃですね。BL好きの腐女子に...

『純情ロマンチカ』#12「 袖すり合うも他生の縁」(最終回)

「ウサギさん、俺のことほとんど知ってるのに…」 その「ほとんど」には、どこまで含まれてるんでしょうか(苦笑) ウサギさんが菊川賞を受賞...

純情ロマンチカ 第12話 袖すりあうも他生の縁

それとも・・・俺?

純情ロマンチカ 第12話 袖すり合うも他生の縁 最終話です~><

最終回です・・・。 もうアニメのロマンチカに会えなくなるのかと思うと、かなり寂しいです~>< 最終回はどうやってまとめるんだろうと考...

純情ロマンチカ 最終回「袖すりあうも他生の縁」

なんで最後まで見たんだろ・・・仕方ないねw 朝っぱらからバイトから帰ってこれを見てるのはどうだろ。てか微妙に風邪引いてるんだからとっ...

純情ロマンチカ 第12話

第12話 「袖すり合うも他生の縁」 宇佐見が美咲と一緒に住む為に、孝浩兄ちゃんを説得していました。 一体どんな風に言って、ふたりで住む...

純情ロマンチカ 12話 『袖すり合うも他生の縁』

何と言う1択問題( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽ  いよいよ最終回。まさかのBLアニメ放送という事で最初はネタとして見てましたが、かな...

純情ロマンチカ 第12話 最終回 「袖すり合うも他生の縁」

また、帰ってくるのを待ってるよ! 純情ロマンチカ、第12話の感想です。 いやー、もう1週間どころじゃなく遅れてしまって、正直書かなくて...

プロフィール


Author:ムメイサ

カテゴリー

アーカイブ

2021年 01月 【6件】
2020年 12月 【18件】
2020年 11月 【25件】
2020年 10月 【26件】
2020年 09月 【5件】
2020年 07月 【1件】
2020年 06月 【6件】
2020年 05月 【6件】
2020年 04月 【6件】
2020年 02月 【1件】
2020年 01月 【6件】
2019年 12月 【8件】
2019年 11月 【2件】
2019年 09月 【3件】
2019年 08月 【4件】
2019年 07月 【4件】
2019年 06月 【4件】
2019年 05月 【8件】
2019年 04月 【7件】
2019年 03月 【15件】
2019年 02月 【23件】
2019年 01月 【23件】
2018年 12月 【8件】
2018年 11月 【7件】
2018年 10月 【11件】
2018年 09月 【6件】
2018年 05月 【5件】
2018年 04月 【13件】
2018年 03月 【16件】
2018年 02月 【30件】
2018年 01月 【33件】
2017年 12月 【11件】
2017年 11月 【4件】
2017年 10月 【10件】
2017年 09月 【8件】
2017年 08月 【8件】
2017年 07月 【8件】
2017年 06月 【8件】
2017年 05月 【16件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【37件】
2017年 02月 【13件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【15件】
2016年 11月 【7件】
2016年 10月 【13件】
2016年 09月 【14件】
2016年 08月 【14件】
2016年 07月 【12件】
2016年 06月 【14件】
2016年 05月 【9件】
2016年 04月 【13件】
2016年 03月 【15件】
2016年 02月 【10件】
2016年 01月 【7件】
2015年 12月 【27件】
2015年 11月 【16件】
2015年 10月 【26件】
2015年 09月 【34件】
2015年 08月 【17件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【32件】
2015年 05月 【26件】
2015年 04月 【27件】
2015年 03月 【20件】
2015年 02月 【18件】
2015年 01月 【33件】
2014年 12月 【35件】
2014年 11月 【38件】
2014年 10月 【26件】
2014年 09月 【26件】
2014年 08月 【14件】
2014年 07月 【22件】
2014年 06月 【20件】
2014年 05月 【17件】
2014年 04月 【14件】
2014年 03月 【37件】
2014年 02月 【32件】
2014年 01月 【34件】
2013年 12月 【26件】
2013年 11月 【29件】
2013年 10月 【29件】
2013年 09月 【23件】
2013年 08月 【17件】
2013年 07月 【27件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【25件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【27件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【37件】
2012年 12月 【26件】
2012年 11月 【27件】
2012年 10月 【34件】
2012年 09月 【28件】
2012年 08月 【26件】
2012年 07月 【39件】
2012年 06月 【35件】
2012年 05月 【30件】
2012年 04月 【43件】
2012年 03月 【36件】
2012年 02月 【36件】
2012年 01月 【20件】
2011年 12月 【34件】
2011年 11月 【25件】
2011年 10月 【72件】
2011年 09月 【42件】
2011年 08月 【52件】
2011年 07月 【51件】
2011年 06月 【45件】
2011年 05月 【49件】
2011年 04月 【59件】
2011年 03月 【36件】
2011年 02月 【47件】
2011年 01月 【49件】
2010年 12月 【43件】
2010年 11月 【43件】
2010年 10月 【43件】
2010年 09月 【42件】
2010年 08月 【41件】
2010年 07月 【40件】
2010年 06月 【41件】
2010年 05月 【38件】
2010年 04月 【41件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【45件】
2010年 01月 【49件】
2009年 12月 【42件】
2009年 11月 【36件】
2009年 10月 【35件】
2009年 09月 【57件】
2009年 08月 【47件】
2009年 07月 【46件】
2009年 06月 【58件】
2009年 05月 【63件】
2009年 04月 【52件】
2009年 03月 【52件】
2009年 02月 【39件】
2009年 01月 【51件】
2008年 12月 【61件】
2008年 11月 【61件】
2008年 10月 【68件】
2008年 09月 【69件】
2008年 08月 【59件】
2008年 07月 【63件】
2008年 06月 【50件】
2008年 05月 【49件】
2008年 04月 【47件】
2008年 03月 【59件】
2008年 02月 【68件】
2008年 01月 【64件】
2007年 12月 【62件】
2007年 11月 【71件】
2007年 10月 【63件】
2007年 09月 【59件】
2007年 08月 【52件】
2007年 07月 【51件】
2007年 06月 【31件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【21件】

検索BOX・タグ一覧