RSS

企画

ごちうさ

PCゲーム

ゆずソフト

うみねこep1 感想

「うみねこのなく頃に」のep1をプレイした感想と個人的適当な考察です。
※ネタバレを含むので未プレイの方は閲覧をお控えください。また既に先のepをプレイした方はネタバレコメントなどは無いようにお願いします。


ひぐらし原作をプレイしたことがあるので、始める前から今作も不可解な事件の真相は祟りや魔法と思いきや必ず人為的なものであろうと思っていたわけですが、プレイしてみると前作の体験から上記のように思っていても魔女などの概念を信じさせられるような非常に巧いつくりになっていると感じました。

今作のポイントは事件が人智を超える力を持つ魔女によって行われたのか、人がトリックを用いて行ったものなのかという点なわけですが、上に魔女の概念を信じさせられるというような書いておきながらも個人的には後者だと思っています。

確かにトリックだと証明できる根拠はないですが、全ての犯行が人間業では不可能だったとも思えないし、何より全能の魔法が使える魔女にしちゃ不自然な点が多いんですよね。


例えば終了後のお茶会で魔女は絵羽と秀吉を魔法で殺した時の再現をしたわけですが、
実際にああいう魔法が使えるなら夏妃の部屋の扉に付着した血が非常に不自然ですね。

魔法を使って遠隔攻撃で人を殺せる魔女が手に血をつけてドアのぶを触るなんて事はまずないと思います、死体だって魔法で運べそうなものですし。もっとも他死体の状況的に魔女はグロテスク趣味で血が好きなんてことも考えられるけど、仮にそうだとしたら絵羽と秀吉の遺体をもっと残酷な目に合わせていないことが不自然になると思います。

他にも死後に頭部を破壊されているキャラとされていないキャラいるのも不自然な点ですね。特にカノンと夏妃については他の者が駆けつけるまでの時間が無かったからという印象があるので、犯人が魔法が使えるならそういう事はまずないでしょう。

余談としてTIPSでは蔵臼と紗音の顔が左右対称、郷田と源次の顔が上下対象に破壊されているように個人的には見えましたがそれは単なる偶然なのかな?


まぁ疑問点を考えると尽きないのでこのへんで。とりあえずep1の時点での個人的見解では魔女自体は実在するけど実際に事件を起こしているのは人間
(オマケのベルンカステルとの会合でなんとなく魔女の存在自体は肯定できそうですしね)

魔女は魂のような形で存在して、それを感じることができる者に影響を及ぼすことはできても、直接物理的に手を加えることはできないというような感じかな。故にTIPSの魔女を殺す方法ってのは誰も存在を認識しなくなることで存在に気付く者がいない=死ってとこかな。

魔女=魂と考えると最後の登場シーンなんかは説明がつかないんですけどね・・・
考えるほど謎です。いっそ魔女ベアトリーチェ=鷹栖絢子という説を(ry


犯人が人間なら誰の仕業だということになるけど正直さっぱり分かりませんね、金蔵の焼けた遺体は胡散臭かったしあれが別人の遺体のフェイクで金蔵が生き残っていた可能性は高いと思いますが、金蔵があんな手の込んだことをやりそうなイメージはないですし・・・

ならば遺体判別が難しいルドルフ・キリエ・ローザが怪しいか、事件前になぜか自分の死を予知していたルドルフは逆に考えにくいので狡猾な犯行的に一番怪しいのはキリエかな。

とにかくep1の段階では全然分かりませんね。前作の経験からとりあえず犯人は人間であろうとは思ってますが、そう予想すると逆に魔女実在ラストなんてことも考えられますし。チェス盤をひっくり返して竜騎士07さんのこの作品で表現したいことを探ればあるいは・・・

ep2以降は今年の冬まで待てばep4までのセット販売が出るであろうのでそれまで待とうと思ってますが、それまで待つのがつらい^^; この記事を読んだ人の中には既にep3まで進んでいる方もいるでしょう、その人からみたらトンデモな予想なんでしょうねこれは(笑)


関連記事→ (うみねこep2 感想)・(うみねこep3 感想)・(うみねこep4 感想)
 (うみねこep5 感想)・(うみねこep6 感想)・(うみねこep7 感想)・(うみねこep8 感想)
関連記事

コメント

みんなの名前がうけますねw
漢字で無理につけてるあたりが。

アニメ化決定が決まって
戦人の声優が小野Dってことにウケw

amataiさん

>戦人の声優が小野Dってことにウケw
ゲーム中にどの声優がいいだろうか考えてましたが、あの体格の戦人に小野Dは合わないんじゃないかと思います、もう少し太い声の人の方があいそう。まぁアニメではもう少し細身でしょうしビジュアルも変わるでしょうので今のところ分かりませんが。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内人気ページ

プロフィール


Author:ムメイサ

カテゴリー

アーカイブ

2019年 09月 【3件】
2019年 08月 【4件】
2019年 07月 【4件】
2019年 06月 【4件】
2019年 05月 【8件】
2019年 04月 【7件】
2019年 03月 【15件】
2019年 02月 【23件】
2019年 01月 【23件】
2018年 12月 【8件】
2018年 11月 【7件】
2018年 10月 【11件】
2018年 09月 【6件】
2018年 05月 【5件】
2018年 04月 【13件】
2018年 03月 【16件】
2018年 02月 【30件】
2018年 01月 【33件】
2017年 12月 【11件】
2017年 11月 【4件】
2017年 10月 【10件】
2017年 09月 【8件】
2017年 08月 【8件】
2017年 07月 【8件】
2017年 06月 【8件】
2017年 05月 【16件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【37件】
2017年 02月 【13件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【15件】
2016年 11月 【7件】
2016年 10月 【13件】
2016年 09月 【14件】
2016年 08月 【14件】
2016年 07月 【12件】
2016年 06月 【14件】
2016年 05月 【9件】
2016年 04月 【13件】
2016年 03月 【15件】
2016年 02月 【10件】
2016年 01月 【7件】
2015年 12月 【27件】
2015年 11月 【16件】
2015年 10月 【26件】
2015年 09月 【34件】
2015年 08月 【17件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【32件】
2015年 05月 【26件】
2015年 04月 【27件】
2015年 03月 【20件】
2015年 02月 【18件】
2015年 01月 【33件】
2014年 12月 【35件】
2014年 11月 【38件】
2014年 10月 【26件】
2014年 09月 【26件】
2014年 08月 【14件】
2014年 07月 【22件】
2014年 06月 【20件】
2014年 05月 【17件】
2014年 04月 【14件】
2014年 03月 【37件】
2014年 02月 【32件】
2014年 01月 【34件】
2013年 12月 【26件】
2013年 11月 【29件】
2013年 10月 【29件】
2013年 09月 【23件】
2013年 08月 【17件】
2013年 07月 【27件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【25件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【27件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【37件】
2012年 12月 【26件】
2012年 11月 【27件】
2012年 10月 【34件】
2012年 09月 【28件】
2012年 08月 【26件】
2012年 07月 【39件】
2012年 06月 【35件】
2012年 05月 【30件】
2012年 04月 【43件】
2012年 03月 【36件】
2012年 02月 【36件】
2012年 01月 【20件】
2011年 12月 【34件】
2011年 11月 【25件】
2011年 10月 【72件】
2011年 09月 【42件】
2011年 08月 【52件】
2011年 07月 【53件】
2011年 06月 【45件】
2011年 05月 【49件】
2011年 04月 【59件】
2011年 03月 【36件】
2011年 02月 【47件】
2011年 01月 【49件】
2010年 12月 【43件】
2010年 11月 【43件】
2010年 10月 【43件】
2010年 09月 【42件】
2010年 08月 【41件】
2010年 07月 【40件】
2010年 06月 【41件】
2010年 05月 【38件】
2010年 04月 【41件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【45件】
2010年 01月 【49件】
2009年 12月 【42件】
2009年 11月 【36件】
2009年 10月 【35件】
2009年 09月 【57件】
2009年 08月 【47件】
2009年 07月 【46件】
2009年 06月 【58件】
2009年 05月 【63件】
2009年 04月 【52件】
2009年 03月 【52件】
2009年 02月 【39件】
2009年 01月 【51件】
2008年 12月 【61件】
2008年 11月 【61件】
2008年 10月 【68件】
2008年 09月 【69件】
2008年 08月 【59件】
2008年 07月 【63件】
2008年 06月 【50件】
2008年 05月 【49件】
2008年 04月 【47件】
2008年 03月 【59件】
2008年 02月 【68件】
2008年 01月 【64件】
2007年 12月 【62件】
2007年 11月 【71件】
2007年 10月 【63件】
2007年 09月 【59件】
2007年 08月 【52件】
2007年 07月 【51件】
2007年 06月 【31件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【21件】

検索BOX・タグ一覧