ムメイサの隠れ家

放送中の深夜アニメの各話毎の感想を中心に更新しています。全話視聴したアニメ作品の総評なども。

あばばばば

こみが

こみっくがーるず

相性のいいきらら枠ながら珍しく原作読者組なので記事にしても書くことがないから感想は扱っていないけどひっそりと視聴は継続中。

原作を読んでごちうさよりはきんモザに近い作風という印象を書いたことがあるけどアニメ初見組はその意見に納得するのかそれとも全く別の印象を持ったのかは気になるところ。

かおすちゃんの声はリトバスのクドリャフカみたいなタイプがいいと漫画の初見時から思っていたけど実際にアニメで当てられた配役の演技を聞くとそこまでの癖はないものの特徴としては通じるところがあると感じて製作のCV配置の意図に納得できると感じたりもしていた。

アニメはオチの間の取り方が若干悪くテンポがよくなる反面ギャグの余韻とオチが弱くなってしまっているとは原作視点で感じていたりもするけど、メディアの違いを理解せよ、ということでアニメはアニメでその分声がついたり小夢ちゃんの下着シーンにも動きや肉付き演出の見所があったりとそちらのよいところを楽しめばいいかと。

あとは近頃のロケ地聖地ブームの影響もあるのか原作ではあまり意識させない舞台背景映像がやたら強調されてるなという点や、流姫さんのサイン回などギャグ面よりもストーリー風味を重視した構成になっていたところは原作と違うところで新鮮と言えば新鮮。

そんなこんなでいつもとは少し違う視点で見ているきららアニメこみっくがーるず。
かおすちゃんが一人で買い物に出かける話が好きなのでその回の放送が楽しみw

博多豚骨レイヴンズ

tinmogi.jpg

「ち○こもいじゃうから♪」

これが伝説のちんもぎアニメ!

当時未視聴で最近プレイしたゲームでパロ的な台詞が出てきたから思い出して調べて見たら一話からこの場面が出てくるというので見てみた。その情報にいやこれ一話のシーンだったのかよいったいどういうアニメなんだよと思うこと不可避w

それにしても18禁でも自主規制されることが多いこのワードをなぜ一般の深夜アニメで普通に言ったwしかも佐倉さんってこの当時まだけっこうな若さなんじゃないのwと思うけどこの一年前には中妹で「このおしっ○マニア!」とか言わされてたっけ。とりあえずうっせーブス!からこの台詞までの流れが面白すぎた(ノ∀`)

演出面が妙に気になった第一話で急にトンボの作画がダイナミックになったり、謎のオサレBGMが流れたり、無駄に気合の入った車CGだったり、最後のキスシーンになんでそんな恋愛アニメみたいなロマンチックな感じ出してるのと思ったりw ちんもぎもオリジナルな台詞らしいから脚本と演出がだいぶぶっ飛んでいるアニメなんだろうなとは感じた。

主人公CVは思い…出した!でお馴染みの聖剣使い石川さん。この当時だとガルガンティアの人みたいな印象だったのかな。北斗という幼馴染の娘が滑り台の予感しかしないのは最近見たりゅうおうのおしごとの姉弟子の声だからだろうか。

とにもかくにも最後の佐倉さんキャラが全てを持っていった第一話。2013年というとのんのんびよりにも出ていた年だけどその裏で「田舎は嫌いなの」とかいうキャラをやっていたのかw あと友人の男は途中までは必要なくない?と思ってたらバトルシーンで名解説要員に化けていてそのためにデートにもついてきていたのかと笑った。


ワガママ

haisupe.jpg

ハイスペックディーーズ♪

ワガハイ!!うーむこれはハイスペックなアニメ。ニコニコで全話無料で見れるようになっていたから久々に見たけどこれぞ良質な低予算感というか、ハイテンポなギャグと投げっぱなしなオチが面白かった。特にホラーな話とロボットの話が好きw

CM含めて声的に未尋が一番存在感を感じる作品で当時も印象に残ったけど二週目は兎亜ちゃんが気になった。このCVの方のやっている妹はどのキャラも強いからなぁ。

何気にエロゲ原作で主人公の男を画面から完全に排除したアニメというのはこれだけかも…なんて思ったけどよく考えたら三期までやった恋姫が普通にそんなことしてたなとw

2010年前後の祝福のなんたらというこのジャンルのアニメが主人公の男の爽やか赤面描写多用が苦手で見られなかったけどあの作品こそ男無しモードでやってくれたらよかった(ぉ

誰かに捧ぐ命なら



恋姫†無双 (2008)

久々にアニメ恋姫†無双の一話を見たけど面白かった。三期まで続いた作品で当時粗雑な作りが多かったエロゲ原作系アニメの中でも割とポジティブに楽しめていたことを覚えているアニメだけどやっぱりそういう作品は今見返しても楽しめる内容だなと。メンマとはわわが印象深い作品だけどやはりメインの愛紗が美人で可愛いのが良い。

[ 2018/02/16 22:27 ] 雑記 | TB(0) | CM(2)

私たちにとってのホームズはあなた

名探偵コナン・ベイカー街の亡霊 [DVD]

金曜ロードショーで名探偵コナン・ベイカー街の亡霊を見てこれが三度目くらいになるけど面白かった。ゲームを使った世界観、脚本、謎、伏線の張り方、テンポの良さ、クライマックスの演出などどれを取っても良くできている。

他の作品ではできない”退場”を使えるところがこの作品の売りで灰原の脱落場面のあの台詞なんかはメインヒロインを食ってしまうくらいの人気が出るのも分かるし、蘭の文字通りの退場も劇的でコナンのラアアアアアアアアアアアアアアアンにもいつも以上の力を感じるしその後脱力して曇り眼鏡になって座り込むコナンの演出にインパクトを感じもする。

「親子」をテーマにした作品でもあるので優作と新一の深い絆を描くところもいい。この頃の優作はたまに出てくる超有能キャラみたいな感覚があるけど最近は赤井や安室さんにそのポジションを奪われてしまった感もあり、この男の活躍が懐かしくも感じられた(笑)

しかしやはりこの時代のコナン映画は面白い。「昔の作品が楽しいのはその作品が楽しいのではなくその頃の自分が楽しかったんだと思いますよ」なんてことはよく言われるけど、実際のところ思い出補正で面白いのではなく単純に出来がいいから面白いのだろうと見るたびに改めて思う。もう一度これくらいのコナン映画が作られないものか。

こ↓こ↑みさん

ここみ

!!!!!?

ドラゴンボールでふと考えたこと

悟空3

『最後の戦いで悟飯を連れてこない理由』

漫画ドラゴンボールで超サイヤ人3の悟空よりアルティメット悟飯の方が強いというのは認めたくない心境はあるけどいろいろなページの情報を併せるとそう見ざるをえない。

しかしそれ故に劇中の悟空の台詞でも出てきていたけど何故最後の戦いでベジータは蘇らせた悟飯を連れてきて純粋ブウと戦わせないのかという考えにも必ず一度は至る。

ダイナミック一挙放送

dy (11)

DYNAMIC CHORD

ニコニコの一挙放送をタイムシフト予約していて期限が今日までだったので見たけどとても深夜遅くにやっていた放送とは思えないコメントのテンションだった。こんな一挙放送、お金じゃ買えない!

意外な繋がり②

わき
ブレンドSの苺香ちゃんとアニトレのえりって同じCVだったのかΣ(゚д゚)

冬の新アニメ刀使ノ巫女の柳瀬舞衣役で和氣あず未さんが出演していてブレンドSの苺香ちゃんの方だねとそこは直ぐに繋がったけどwkiで過去に遡ってみるとあにトレにも出ていたことが判明し、誰だと思ったら金髪ツインテのあの娘だったという。

言われてみても「え、そうだったの!?」という感じだし実際に動画で声を聞いてみても分かるような分からないようなだし驚きの情報だった。

こういう風に主演クラスの役で見て名前を意識するようになってからまだ意識する前に自身が見ていた過去作の覚えているキャラで出演していたという事実を知るのは面白いもの。

しかしあにトレは長縄さんも出ていたし意外にもきららヒロイン登竜門になっている?



[タグ] 和氣あず未
[ 2018/01/06 20:25 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

冬に見たくなる

ダ・カーポ3

D.C.Ⅲ~ダ・カーポⅢ~

なぜかまたアニメダ・カーポ3を見ていた。思えば一昨年も見返したし昨年のこの頃は2を見返していたしなぜか毎年この時期になると繰り返し見たくなるDCアニメ。
プロフィール

Author:ムメイサ
カテゴリー
アーカイブ

2018年 11月 【7件】
2018年 10月 【11件】
2018年 09月 【6件】
2018年 05月 【5件】
2018年 04月 【13件】
2018年 03月 【16件】
2018年 02月 【30件】
2018年 01月 【33件】
2017年 12月 【11件】
2017年 11月 【4件】
2017年 10月 【10件】
2017年 09月 【8件】
2017年 08月 【8件】
2017年 07月 【8件】
2017年 06月 【8件】
2017年 05月 【16件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【37件】
2017年 02月 【13件】
2017年 01月 【17件】
2016年 12月 【15件】
2016年 11月 【7件】
2016年 10月 【13件】
2016年 09月 【14件】
2016年 08月 【14件】
2016年 07月 【12件】
2016年 06月 【14件】
2016年 05月 【9件】
2016年 04月 【13件】
2016年 03月 【15件】
2016年 02月 【10件】
2016年 01月 【7件】
2015年 12月 【27件】
2015年 11月 【16件】
2015年 10月 【26件】
2015年 09月 【34件】
2015年 08月 【17件】
2015年 07月 【21件】
2015年 06月 【32件】
2015年 05月 【26件】
2015年 04月 【27件】
2015年 03月 【20件】
2015年 02月 【18件】
2015年 01月 【33件】
2014年 12月 【35件】
2014年 11月 【38件】
2014年 10月 【26件】
2014年 09月 【26件】
2014年 08月 【14件】
2014年 07月 【22件】
2014年 06月 【20件】
2014年 05月 【17件】
2014年 04月 【14件】
2014年 03月 【37件】
2014年 02月 【32件】
2014年 01月 【34件】
2013年 12月 【26件】
2013年 11月 【29件】
2013年 10月 【29件】
2013年 09月 【23件】
2013年 08月 【17件】
2013年 07月 【27件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【25件】
2013年 04月 【25件】
2013年 03月 【27件】
2013年 02月 【24件】
2013年 01月 【37件】
2012年 12月 【26件】
2012年 11月 【27件】
2012年 10月 【34件】
2012年 09月 【28件】
2012年 08月 【26件】
2012年 07月 【39件】
2012年 06月 【35件】
2012年 05月 【30件】
2012年 04月 【43件】
2012年 03月 【36件】
2012年 02月 【36件】
2012年 01月 【20件】
2011年 12月 【34件】
2011年 11月 【25件】
2011年 10月 【72件】
2011年 09月 【42件】
2011年 08月 【52件】
2011年 07月 【53件】
2011年 06月 【45件】
2011年 05月 【49件】
2011年 04月 【59件】
2011年 03月 【36件】
2011年 02月 【47件】
2011年 01月 【49件】
2010年 12月 【43件】
2010年 11月 【43件】
2010年 10月 【43件】
2010年 09月 【42件】
2010年 08月 【41件】
2010年 07月 【40件】
2010年 06月 【41件】
2010年 05月 【38件】
2010年 04月 【41件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【45件】
2010年 01月 【49件】
2009年 12月 【42件】
2009年 11月 【36件】
2009年 10月 【35件】
2009年 09月 【57件】
2009年 08月 【47件】
2009年 07月 【46件】
2009年 06月 【58件】
2009年 05月 【63件】
2009年 04月 【52件】
2009年 03月 【52件】
2009年 02月 【39件】
2009年 01月 【51件】
2008年 12月 【61件】
2008年 11月 【61件】
2008年 10月 【68件】
2008年 09月 【69件】
2008年 08月 【59件】
2008年 07月 【63件】
2008年 06月 【50件】
2008年 05月 【49件】
2008年 04月 【47件】
2008年 03月 【59件】
2008年 02月 【68件】
2008年 01月 【64件】
2007年 12月 【62件】
2007年 11月 【71件】
2007年 10月 【63件】
2007年 09月 【59件】
2007年 08月 【52件】
2007年 07月 【51件】
2007年 06月 【31件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【21件】

アクセスランキング
検索BOX・タグ一覧
カウンター